Waiting
Login processing...

Trial ends in Request Full Access Tell Your Colleague About Jove

8.14: 食事のつながり
目次

JoVE Core
Biology

A subscription to JoVE is required to view this content.
You will only be able to see the first 20 seconds.

Education
Dietary Connections
 
書き起こし

8.14: 食事のつながり

概要

代謝経路は相互に関連している。解糖、ピルビン酸酸化、クエン酸回路など、グルコースをATPに変換する細胞呼吸の工程では、他の有機化合物を分解する工程と結びついています。その結果、リンゴからチーズ、ワカモレに至るまでのさまざまな食品がATPになります。食べ物には、炭水化物のほかに、タンパク質、コレステロールや脂肪などの脂質が含まれます。これらの有機化合物はすべて、エネルギー源として(ATPを生成するために)使用されます。

炭水化物の消化

人間の体は、炭水化物を単糖に分解する酵素をいくつか持ちます。グルコースは直接解糖に入ることができますが、フルクトースやガラクトースなどの一部の単糖は、まず解糖経路の中間体である糖に変換されます。

タンパク質の消化

タンパク質は、酵素によってアミノ酸に分解され、通常新たなタンパク質を作るため再利用されます。しかし、体が飢えていたり、アミノ酸が余っていると、いくつかのアミノ酸はアミノ基を失い、その後、細胞呼吸に入ります。失われたアミノ基はアンモニアに変換され、老廃物に組み込まれます。異なるアミノ酸は、解糖、ピルビン酸酸化、クエン酸回路など、異なる段階で、細胞呼吸に入ります。また、アミノ酸は細胞呼吸過程の中間体から生成されることもあります。

脂肪の消化

コレステロールやトリグリセリド(脂肪)などの脂質も、細胞呼吸経路で生成・分解されます。例えば、トリグリセリドは、グリセロールと3つの脂肪酸から構成されます。リン酸化されたグリセロールは、解糖系に入ることができます。脂肪酸は、β酸化と呼ばれる一連の反応でアセチルCoAに変換された後、クエン酸回路に入ります。

このようにして、炭水化物、タンパク質、脂質からATPという形で生化学的エネルギーが得られます。


推奨文献

Get cutting-edge science videos from JoVE sent straight to your inbox every month.

Waiting X
Simple Hit Counter