Login processing...

Trial ends in Request Full Access Tell Your Colleague About Jove
Click here for the English version

Biology

腫瘍の電気化学

doi: 10.3791/1038 Published: December 15, 2008

Summary

電気化学療法は、シスプラチンとブレオマイシンと治療腫瘍結節に適用される電気的パルスとして特定の化学療法薬の併用です。我々は、皮下のtreatmenとメラノーマの皮膚転移のための電気化学の臨床プロトコルを提示する。

Abstract

電気化学療法は、治療を受けた腫瘍結節に適用される特定の化学療法薬と電気パルスを併用することです。腫瘍への電気パルスのローカルにアプリケーションから明確に電気パルスの適用部位で、細胞への薬物送達を向上させます。電気パルスの配信による薬物の取り込みは、その輸送、細胞膜を介して阻害されている場合にのみ、それらの化学療法薬のために増加しています。これまでにテストされている多くの薬物の中で、ブレオマイシンおよびシスプラチンは、前臨床試験から臨床使用への道を見いだし。臨床試験の数内で収集した臨床データは、さまざまな悪性腫瘍の治療を受けた皮膚や皮下の腫瘍結節の約80%が電気化学の単一の適用後に完全な応答の約70%、これらから、客観的な反応になっていることを示している。通常、1つだけの治療が必要な、しかし、電気化学は、同等の有効性を数週間ごとにそれぞれの時間を複数回繰り返すことができる。組織が瘢痕化せずに良い化粧品の効果を持つ治療結節の効果的な撲滅の治療の結果、。

Protocol

電気化学療法の治療の手順は、腫瘍を1に印加されるパルスの配信に続いて局所的または全身的な薬物注射で構成されています。治療に関する詳細情報は、標準作業手順(SOP)2に掲載されています。

治療の適応症:

  1. 腫瘍のタイプ:基底細胞癌、悪性黒色腫、乳癌、副腎腫、カポジ肉腫などの皮膚転移。
  2. 腫瘍の位置:体のあらゆる部分にアクセス可能な皮膚と皮下の腫瘍結節。
  3. 腫瘍の大きさは3mmから直径3-5 cmにすることができます。
  4. 結節の数は、1から最大100まで。

治療の手順:

  1. 治療結節と場所の数に応じて、局所または全身麻酔、。
  2. 薬剤の選択:シスプラチンまたはブレオマイシン。シスプラチンとブレオマイシンは15000 IU / m 2の用量で静脈内にも、腫瘍内にブレオマイシンを注入することができる。ブレオマイシンのintratumouralアプリケーションのための注射投与は、腫瘍組織の250から1000 IU / cm 3であると腫瘍組織のシスプラチン0.5 -1 MG / cm 3の
  3. 薬物投与と電気パルスのアプリケーション間の時間間隔、薬剤の腫瘍内注射後すぐに、8分後に静脈内投与後。最大28分まで。
  4. 電気化学のための電気パルス発生器は1Hz〜5 kHzの振幅1000 V以上、繰り返し周波数の方形波電気パルスを提供する必要があります。
  5. 電気パルスのパラメーター:2つのプレート電極、周波数1 Hzまたは5 kHzで、パルスの持続時間100μsの間に8mmの間隔で例えば、1000 Vの8パルス。
  6. 全体の腫瘍が電極間に包含されることができない場合は、電気パルスのアプリケーションが何度が非常に安全性のマージンを含めて全腫瘍面積を、カバーするようなことが繰り返される必要があります。
  7. 電極の種類:プレート電極が小さく、表在性腫瘍の結節のために使用される、針電極は、皮膚の下深く播種結節の治療のためのものです。

治療のその他の特徴:

  1. 通常、単一の治療は、腫瘍結節根絶のための効果的ですが電気化学は、残りの腫瘍の組織または他の腫瘍の小結節で4週間の間隔で繰り返すことができます。

全身毒性の欠如のために - ブレオマイシンまたはシスプラチンの非常に低用量が必要とされているため、 - 患者は外来患者ごとに治療することができます、そして治療後すぐに病院を残すことができます。

Discussion

electroporative電気パルスへの細胞の曝露によるブレオマイシンの細胞毒性の増加は、最初の沖野MとミールLM 3,4によって記述されていた。その後、電気化学は、シスプラチン5のためにも有効であることが実証された。広範な前臨床データは、次の年に、in vitroおよびin vivo腫瘍モデルの上で収集された。治療効果は薬剤の投与量、その投与経路、電気パルスの薬物注射とアプリケーションのタイミング、電界の強さ、十分に高い電界(E)との報道、及び電極の適切な選択と尊敬とポジショニングに関連して決定された腫瘍1,6,7,8へ。さらに、電気化学の有効性のメカニズムは、腫瘍細胞、血管かく乱作用と免疫応答への電気化学の直接的効果の他に1,6,9を関与している、ことを示す、精緻化された。これらの収集されたデータのすべては、診療所に電気化学の翻訳を可能にした。

最初の臨床試験では、頭頸部およびメラノーマ腫瘍の結節10電気化学の有効性を示した。その後、その効果は、皮膚の基底細胞癌、メラノーマの皮膚転移、乳腺腫瘍、副腎腫およびカポジ肉腫のような他の腫瘍型、に示された。総称ブレオマイシンおよびシスプラチン11月15日で電気化学に掲載されたすべての臨床データを評価するいくつかの報告があります。全体的に、処置された腫瘍の奏効率は約80%の客観的応答と約70%、完全寛解15,16でした。効果は、反復的な治療法17によってさらに高くなることがあります。

これらの臨床データのすべては、様々な腫瘍で、緩和の目的で、標準的な治療法としていくつかの欧州諸国で採用される電気化学を有効にしている。この治療法の将来は遺伝子治療や放射線療法のいずれかで、内部の腫瘍および転移の治療と併用治療で電気化学を導入することである。これらの試みは、すでに進行中です。

Acknowledgments

作者は感謝して第五次フレームワーク計画の下に資金を供給、スロベニア語研究機関や欧州委員会のESOPEプロジェクト(QLK - 2002から02003)の国家予算から資金援助を認める。著者らは、profの貢献を認める。マルコSnoj、教授。マハCemazar、このビデオ - 記事の準備でマテイMerkacとラドーLikon。

Materials

Name Type Company Catalog Number Comments
Bleomycin (Blenamax) Reagent Teva Pharmachemie chemotherapeutic drug used in electrochemotherapy
Cliniporator Other IGEA Generator of electric pulses

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Mir, L. M. Bases and rationale of the electrochemotherapy. EJC Suppl. 4, 38-44 (2006).
  2. Mir, L. M., Gehl, J., Sersa, G., Collins, C. G., Garbay, J. R., Billard, V., Geertsen, P., Rudolf, Z., O'Sullivan, G. C., Marty, M. Standard operating procedures of the electrochemotherapy: instructions for the use of bleomycin or cisplatin administered either systemically or locally and electric pulses delivered by the CliniporatorTM by means of invasive or non-invasive electrodes. EJC Suppl. 4, 14-25 (2006).
  3. Okino, M., Mohri, H. Effects of high-voltage electrical impulse and an anticancer drug on in vivo growing tumors. Jpn. J. Cancer Res. 78, 1319-1321 (1987).
  4. Mir, L. M., Banoun, H., Paoletti, C. Introduction of definite amounts of nonpermeant molecules into living cells after electropermeabilization: direct access to the cytosol. Exp. Cell Res. 175, 15-25 (1988).
  5. Sersa, G., Cemazar, M., Miklavcic, D. Antitumor effectiveness of electrochemotherapy with cis-diamminedichloroplatinum(II) in mice. Cancer Res. 55, 3450-3455 (1995).
  6. Sersa, G., Cemazar, M., Miklavcic, D., Rudolf, Z. Electrochemotherapy of tumours. Radiol. Oncol. 40, 163-174 (2006).
  7. Miklavcic, D., Beravs, K., Semrov, D., Cemazar, M., Demsar, F., Sersa, G. The importance of electric field distribution for effective in vivo electroporation of tissues. Biophys. J. 74, 2152-2158 (1998).
  8. Miklavcic, D., Corovic, S., Pucihar, G., Pavselj, N. Importance of tumour coverage by sufficiently high local electric field for effective electrochemotherapy. EJC Suppl. 4, 45-51 (2006).
  9. Sersa, G., Jarm, T., Kotnik, T., Coer, A., Podkrajsek, M., Sentjurc, M., Miklavcic, D., Kadivec, M., Kranjc, S., Secerov, A., Cemazar, M. Vascular disrupting action of electroporation and electrochemotherapy with bleomycin in murine sarcoma. Brit. J. Cancer. 98, 388-398 (2008).
  10. Mir, L. M., Belehradek, M., Domenge, C., Orlowski, S., Poddevin, B., Belehradek, J. Jr, Schwaab, G., Luboinski, B., Paoletti, C. Electrochemotherapy, a new antitumor treatment: first clinical trial. C. R. Acad. Sci. III. 313, (1991).
  11. Mir, L. M., Glass, L. F., Sersa, G., Teissie, J., Domenge, C., Miklavcic, D., Jaroszeski, M. J., Orlowski, S., Reintgen, D. S., Rudolf, Z., Belehradek, M., Gilbert, R., Rols, M. P., Belehradek, J. Jr, Bachaud, J. M., DeConti, R., Stabuc, B., Cemazar, M., Coninx, P., Heller, R. Effective treatment of cutaneous and subcutaneous malignant tumours by electrochemotherapy. Brit. J. Cancer. 77, 2336-2342 (1998).
  12. Gothelf, A., Mir, L. M., Gehl, J. Electrochemotherapy: results of cancer treatment using enhanced delivery of bleomycin by electroporation. Cancer Treat. Rev. 29, 371-387 (2003).
  13. Byrne, C. M., Thompson, J. F., Johnston, H., Hersey, P., Quinn, M. J., Hughes, M., McCarthy, W. H. Treatment of metastatic melanoma using electroporation therapy with bleomycin (electrochemotherapy). Melanoma Res. 15, 45-51 (2005).
  14. Sersa, G. The state-of-the-art of electrochemotherapy before the ESOPE study: advantages and clinical uses. EJC Suppl. 4, 52-59 (2006).
  15. Sersa, G., Miklavcic, D., Cemazar, M., Rudolf, Z., Pucihar, G., Snoj, M. Electrochemotherapy in treatment of tumours. EJSO. 34, 232-240 (2008).
  16. Marty, M., Sersa, G., Garbay, J. R., Gehl, J., Collins, C. G., Snoj, M., Billard, V., Geertsen, P. F., Larkin, J. O., Miklavcic, D., Pavlovic, I., Paulin-Kosir, S. M., Cemazar, M., Morsli, N., Soden, D. M., Rudolf, Z., Robert, C., O'Sullivan, G. C., Mir, L. M. Electrochemotherapy - an easy, highly effective and safe treatment of cutaneous and subcutaneous metastases: results of ESOPE (European Standard Operating Procedures of Electrochemotherapy) study. EJC Suppl. 4, 3-13 (2006).
  17. Quaglino, P., Mortera, C., Osella-Abate, S., Barberis, M., Illengo, M., Rissone, M., Savoia, P., Bernengo, M. G. Electrochemotherapy with intravenous bleomycin in the local treatment of skin melanoma metastases. Ann. Surg. Oncol. 15, 2215-2222 (2008).
腫瘍の電気化学
Play Video
PDF DOI DOWNLOAD MATERIALS LIST

Cite this Article

Sersa, G., Miklavcic, D. Electrochemotherapy of Tumours. J. Vis. Exp. (22), e1038, doi:10.3791/1038 (2008).More

Sersa, G., Miklavcic, D. Electrochemotherapy of Tumours. J. Vis. Exp. (22), e1038, doi:10.3791/1038 (2008).

Less
Copy Citation Download Citation Reprints and Permissions
View Video

Get cutting-edge science videos from JoVE sent straight to your inbox every month.

Waiting X
simple hit counter