Waiting
Login processing...

Trial ends in Request Full Access Tell Your Colleague About Jove
Click here for the English version

Behavior

ラットの社会組織と相互作用を調査するための複雑なダイビング・フォー・フード・タスク

doi: 10.3791/61763 Published: May 8, 2021
* These authors contributed equally

Summary

このプロトコルは、ラットモデルにおける社会階層を調べる方法を記述する。ラットは、水中でダイビングし、食べ物のペレットを得るために泳ぐ意欲に応じて明確な階層を形成する複雑なダイビング・フォー・フード・タスクを実行します。この方法は、小さなグループの非常に社会的な動物間の意思決定と社会的関係を理解するために使用されます。

Abstract

多くの種にとって、ステータスが健康に影響を与える重要な動機である場合、社会階層は行動に影響を与えます。支配的な従順な関係を含む社会階層は、動物社会と人間社会の両方で一般的です。これらの関係は、他者との相互作用や環境との相互作用の影響を受ける可能性があり、制御された研究で分析することが困難になります。単純な支配階層ではなく、この形成は、ラットが侵略を避けることを可能にする複雑なプレゼンテーションを持っています。ステータスは停滞または変更可能であり、複雑な社会階層化をもたらす可能性があります。ここでは、げっ歯類の社会的階層と行動の相互作用を調査するための複雑な食用ダイビングタスクについて説明します。この動物モデルは、幅広い精神疾患と社会組織との関係を評価し、社会的機能不全に対する治療の有効性を研究することを可能にするかもしれない。

Introduction

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

ラットは非常に社会的な動物であり、社会的行動と意思決定との関係を理解するための理想的なモデルです。ラットは、支配的な関係と従順な関係に基づいて、階層的なグループに分けられます。ラットは、他のラット1,2の決定に応じて変化する協力、リスク管理、欺瞞的な行動、行動を表現するタスクについて訓練することができます。これらの行動を表現するラットモデルを用いる研究は、人間の心理学に関連した意思決定との社会構造とその関係を理解するのに役立つ。

必要な資源として、食べ物へのアクセスはラット3の社会的組織の大きな理由である。ナイーブラットは、食物へのアクセスが1、2、4、5、6、7、8に制限された状況で社会的相互作用と差別化に従事することが観察されている。ある研究では、成虫のラットは、食物にアクセスするために水中のトンネルを横断し、トンネルを通ってケージ9に食べ物を戻す必要がありました。各群内の個々のラットは、それらの食物の入手方法に従って分類することができた。2つの行動プロファイルが出現しました:最初は、水中を飛び降りてフィーダーに向けて泳ぎ、ペレットを得て、ペレットを口の中に保持してケージに戻る「キャリア」です。第2のグループは、キャリアから盗むことによってのみダイビングや食べ物を得ない「非キャリア」です。6匹のラットのグループでは、およそ1/2がキャリアで、残りの半分は9でした。すべてのラットは、ダイビング装置10で個別に訓練を受けた際にキャリアであることが観察された。

同様の動物行動タスクは、食べ物や空間のための競争を伴い、鶏11、げっ歯類12、13、14、15、および豚16で採用されています。チューブテストでは、2匹のマウスが反対側の端から狭いチューブを通って送られ、一方のマウスは必ずしも他方に道の権利を与える。このテストは、社会的優位性17、18、19測定する際に補助します。ウォームスポットテストと呼ばれる行動テストは、マウスがそれ以外の場合はコールドケージ19、20の小さな暖かい場所で位置を競

より複雑なその後のダイビング・フォー・フード・タスクにより、キャリアラットは非キャリアから離れた第2のケージにアクセスでき、そこで別々に食べ物を消費することができますこのプロトコルでは、ラットの社会的階層と行動の代替モデルとして、食用ダイビングタスクを提示します。このダイビング・フォー・フード・タスクは、ラットがメインケージの社会的グループを避け、したがって侵略と他のラットの社会的相互作用を逃れる方法を提供する。このタスクは、社会的侵略に対する我々の理解を解明することができるラットの社会的行動を避けるオプションを導入する。

正常な社会的役割に従事する能力を記述する社会的機能は、うつ病3などの状態によって影響を受ける可能性があります。うつ病の個人は失業に苦しむことが多く、社会的接触が少なく、レジャー活動にほとんど従事していない3.うつ病の効果的な治療は、しばしば社会的および対人機能21の改善によって測定される。しかし、抗うつ薬治療は、うつ病に関連する社会的機能の障害の治療におけるその有効性が異なる3.

この方法論では、慢性ストレス試験を通じてラットのうつ病のような状態を誘発し、うつ病のような状態の特徴の1つであるラットのアンヘドニアレベルをスクロース好みテストで評価した。抗うつ薬を投与されたアンヘドニックラットと同様に、抗うつ薬を投与した抗ヘドニックラットは、対照群と比較してダイビング・フォー・フード・タスクを通じて監視された。

前述のダイビング・フォー・フード・タスクは、キャリアや非キャリアなどの比較ポイントとして1組の動物または1つの二分法のみを使用することが多い食品競争テストに似ており、提出物を支配15、17、22と比較する単一の分析を行。私たちの方法は、キャリアと非キャリア、食べ物のために戦う人とそうでない人、食べ物を共有したり、別々のケージに行くラットなど、複数のタイプの行動に分割を介してラット間のより複雑な相互作用を定義します。このプロトコルは、ペアではなく、動物のグループ内の社会的相互作用の複雑な構造を評価するために階層を使用する唯一のタイプであると考えています。食べ物の好みに基づいて優位性をテストする研究や、支配的な従順なモデルに限定されないより階層的な関係を明確にすることを目的とした研究に役立ちます。

このプロトコルでは、特にアンヘドニアの発達後に、個々の行動の変化を伴うラットの社会的組織および相互作用を調査するための複雑な食用ダイビングタスクについて詳細に説明する。この動物モデルは、社会的行動や階層の変化に関連する他の精神状態を研究するために利用されてもよい。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

実験は、ヘルシンキ宣言と東京宣言および欧州共同体の実験動物使用に関するガイドラインの勧告に従って行われた。実験は、ネゲブのベングリオン大学の動物ケア委員会によって承認されました.この実験の認証コードは IL-55-8-12 でした。

1. ラットの準備

  1. 施設動物の世話と使用委員会(IACUC)から実験の承認を得る。
  2. 大人のスプレイグ・ドーリーラットを選択します。発作や他の運動障害などの異常な物理的特徴を示す動物を除外する。
    注:このプロトコルでは、4〜8ヶ月の体重300〜350gの成人雄ラットを使用しました。雌ラットも同様に使用することができる。
  3. ラットを室温(22°C±1°C)で、12時間光、12時間の暗いサイクルで維持します。ラットチャウと水のアドリビタムを提供します。ケージあたり3匹のラットを収容する。
    注: 同じケージに収容されているすべてのラットは、同じ実験グループに属している必要があります。
  4. 120匹のラットを3つの実験群のいずれかに無作為に配置する。グループ 1 (n=60) w を制御グループとして使用します。以下に詳述するストレータを用いて、実験グループ2(n=30)を誘導する。グループ3を誘導し、実験群を治療(n=30)、アンヘドニア、続いて抗うつ薬治療を行う。実験プロトコルのタイムラインは 図 1にあります。
  5. 実験の開始時に、ラットを色付きのペンでマークし、個々の識別を可能にします。
  6. 6:00 a. .m~ 12:00 p.m の間ですべての実験を行います。
  7. 可能な減量のための手順を通して毎日ラットを計量.20%以上の減量は、研究からラットを除外します。セクション3.1.3を参照してください。

2. ラットにおけるアンヘドニアの誘導

  1. 慢性的な予測不可能な応力モデル
    1. 実験群および実験群から、慢性予測不可能ストレスモデルによるうつ病様状態の特徴を持つ治療を行い、先に詳述した23を誘発する。
  2. 慢性的な予測不可能な応力モデル
    1. 前に詳述した23のように、慢性予測不可能ストレスモデルによるうつ病のような行動を持つ2つの実験群からラットを誘導する。
      注:ラットはランダムな順序で毎日7ストレッサーのうちの2つにさらされます。昼間に1つ、夜に2番目の週24、25。
    2. 次のストレータをランダムな順序で導入します。
      1. 18時間の3の代わりにケージあたり6匹の動物を持つラットを飼育する。
      2. 3時間の垂直軸に沿って45°の傾きケージ配置。
      3. 18時間食べ物の動物を奪う。
      4. 18時間の水の動物を奪い、その後、空の水のボトルを導入します。
      5. 寝具に300mLの水がこぼれた8時間の汚れたケージを維持します。
      6. 連続照明を維持し、週に48時間の光/暗いサイクルを逆にします。
      7. 環境を40°Cに加熱し、5分間加熱します。
    3. うつ病様の特徴の一つであるアンヘドニアの発症を、ショ糖嗜好試験を行うことにより確認する。セクション4を参照してください。
  3. 抗うつ薬療法
    1. 20mg/kg イミプラミン塩酸塩(三環系抗うつ薬)を1日1回、実験群26、27、28からラットに3週間投与する。
      注:実験群のサブグループ(ラットの各セットのn=3)は、抗うつ薬治療群と同じ体積で、3週間の間、1日1回、腹腔内に0.9%の生理食音(プラセボ)を投与される。

3. 社会組織テスト(複合食用ダイビングタスク)

注:実験装置は、以前の研究説明しました9,29,30マイナーな変更を伴います.装置のすべての部分は透明なプレキシガラスから構成されるべきである。

  1. 装置を準備し、ラットを順応する。
    1. トンネル(45 cm x 15 cm x 15 cm)を介して2つのケージ(50 cm x 50 cm x 50 cm)を水族館(130 cm x 35 cm x 50 cm)に接続します(図2)。水槽25に飛び込まずにケージから別のケージにアクセスできないようにしてください。水温を25°Cに保つ。
    2. 水槽の一端に食品ペレット(各チューブに1つの食品ペレット)を入れてチューブを置きます。
      注:出発ケージ内の食物ペレットのアクセシビリティの低下は、そうでなければ盗む習慣を開発するラットが食物に到達するために潜ることを徐々に奨励する必要があります。
    3. 実験の1日目に、6匹のラットの各群を水なしで実験装置に導入し、3時間のセッションを行う。セッション後にラットを標準ケージに戻す。
      1. ラットフードのアクセスを3時間のセッションに制限し、残りの日は食べ物にアクセスできません。
      2. ベースライン体重の20%以上を失ったラットを社会集団と共に実験から取り除き、 アドリビタム の食べ物と水を与える。
      3. 手動で乾燥したラットをタオルまたは低体温症を避けるために、乾燥するまで、通常の住宅に戻す前に熱源へのアクセスを提供します。
      4. 2 日から 3 日の間、これらのセッションを繰り返します。
        注:ビデオは、3時間のセッションのために連続して装置内のラットを記録します。カメラが高精細(720p)に設定され、オートフォーカスがオフになっていることを確認します。
  2. 食用ダイビングタスクの実行
    1. 4~17日目に、前述の4に示すように、最大水位に達するまで徐々に水を加える。17-21日に、最大水位を維持します。
    2. ペレットアクセスのためにダイビングラットを観察してください。
    3. 各ラットについて以下のパラメーターを記録します。
      1. トンネルへの入り口の頻度を評価します。
      2. 食べ物のために飛び込む試みを数えます。
        注:ケージから水族館への旅行は、ペレットが食べられるままであることを保証する5〜6秒を超えてはならない。
      3. 食べ物のために泳ぐラットとしないラットとの間の攻撃によって食物が得られる回数を評価する。
      4. 泳ぐネズミが食べ物を運んだ回数を記録する。
      5. ラットが別々のケージで過ごした時間を、元のケージで過ごした時間と比較して記録します。
        注:すべてのデータは、連続的な視覚観察によって得られました。

4. アンヘドニアの評価:スクロースの好性試験

  1. 以前に説明した23、25、31、32、33のように、マイナーな修正を伴うスクロースの好みのテストによってアンヘドニア評価する。このテストは、手順の -6、0、35、41、62、68 日に実行します (プロトコルタイムラインについては図 1を参照)。
    1. ラットは、各ケージ内の2つのボトルへの無料アクセスによって24時間スクロース溶液を消費することを可能にします, スクロース溶液の100 mLを含みます (1%, w/v).
    2. 24時間後、ボトルの1つを水に入れ替えて24時間追加します。
    3. 12時間34のために水のラットを奪う。
    4. ラットに両方のボトル(水とショ糖を含む1つ)を与えます。4時間後、消費されたスクロース溶液と水の両方の体積を記録する。
    5. スクロースの好み(%)=スクロース消費量(mL)/(ショ糖消費量(mL)+水消費量(mL))×100%としてショ糖の好みを計算します。
      注:社会組織テストと組み合わせて慢性予測不可能応力モデルを利用する場合は、平均ショ糖と水消費量を記録するだけでなく、個々のラットの行動の変化にも注意することをお勧めします。これにより、ダイビング・フォー・フード・タスクなどの階層モデルに直面したとき、グループ内ではなく個人内の行動変化をより具体的に理解できるようになります。

5. 統計分析

  1. クルスカル・ウォリスを使用したグループ間の比較を決定し、ノンパラメトリックデータまたは一方向分散分析(ANOVA)のマン・ホイットニーを使用した後、ボンフェローニのポストホック検定またはパラメトリックデータのスチューデントt検定を使用して比較します。
    注: 結果は、p < 0.05 の場合は統計的に有意であると見なされ、p < 0.01 の場合は非常に有意です。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

体重の変化
一方向のANOVAは、ダイビング・フォー・フード・タスクの21日間の実験群間の体重の変化に違いを示さなかった。2日目から21日目まで、3群すべてで体重が変化しました(p<0.01,表1)。

ショ糖選好検定
実験開始時(0日目)には、アンヘドニアで誘導されたラットの実験群(85.6%±18.6)、抗うつ薬療法で治療した実験群(85.1%±18.8)、対照群(85.7%±9.9)の間にショ糖好みの割合に差はなかった。35日目は、対照群(84.13%±12.3)と比較して、実験群(62.69%±17.7、p<0.01)と治療を受けた実験群(68.48%±13.9、p<0.01、 図3A)で有意に低いショ糖好みがあった。実験群と治療を受けた実験群との間にはまだ違いはなかった。62日目、実験ラットは、対照群(78.5%±16)および処置を伴う実験群(77%±16、p<0.05、 図3B)よりも低いショ糖好み(68%±15)を有していた。この時点では、治療群と対照群の間に違いはなかった。データは、スクロースの好み±標準偏差のパーセントとして提示されます。

ダイビング・フォー・フード・タスク
食べ物へのアクセスが制限された状況におけるラットの社会活動を 図4に示す。実験群のラットは、トンネルへのエントリーの頻度の増加を示しました (113% ± 3.7, p<0.01, 図 4A),食べ物のためのダイビング (141% ± 7, p<0.01, 図4B),運ぶことによって得られた食品 (168% ± 12, p<0.01, 図4C)、別々のケージに費やされた時間(123%±7.9、p<0.01、 図4D)、および攻撃によって得られた食品(232%±26、p<0.01、 図4E)を治療対象の実験群と比較して(44%±、53%±6、54 ±%5、55%±6.7、67%±4 ±7%)。抗うつ薬で治療された実験ラットとの間の違いは、食用ダイビング試験の全5パラメータにおける実験群と対照群の差よりも統計的に大きかった(p<0.05)。データは、平均の標準誤差±コントロールと比較して、平均パーセントとして表示されます。

Figure 1
図 1.実験プロトコルのタイムライン。この図の大きなバージョンを表示するには、ここをクリックしてください。

Figure 2
図 2.ダイビング・フォー・フード装置の図。この図の大きなバージョンを表示するには、ここをクリックしてください。

Figure 3
図 3.スクロース好み試験(A)35日後及び(B)62日後。 実験の開始時にスクロースの消費量に違いはありませんでした。(A)実験の35日目までに、抗うつ薬療法で治療されたアンヘドニック群(p<0.01)とアンヘドニック群(p<0.01)は対照群よりも有意に低いショ糖好みであった。 (B)62 日目に、アンヘドニアで誘導されたラットは、抗うつ薬治療で治療された対照群およびアンヘドニック群の両方に比べてより低い%スクロース好みであった(p<0.05)。 この図の大きなバージョンを表示するには、ここをクリックしてください。

Figure 4
図 4.食べ物へのアクセスが制限された状況におけるラットの社会的活動 (A) トンネルへのエントリの頻度。(B)食べ物のためのダイビング。(C)運送で得られる食品。(D) 別々のケージで過ごした時間。(E) 攻撃によって得られる食品。データは平均制御値+ 平均の標準誤差と比較した平均パーセンテージで表示されます。 この図の大きなバージョンを表示するには、ここをクリックしてください。

ラットの体重変化
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21
コントロールグループ
断言。 0 -0.02 -0.04 -0.04 -0.06 -0.06 -0.07 -0.08 -0.09 -0.1 -0.11 -0.12 -0.12 -0.13 -0.14 -0.15 -0.16 -0.18 -0.19 -0.2 -0.21
SD 0 0.01 0.01 0.02 0.01 0.02 0.02 0.01 0.01 0.02 0.02 0.01 0.01 0.01 0.02 0.02 0.02 0.02 0.02 0.02 0.03
治療を受けた実験グループ
断言。 0 -0.02 -0.03 -0.04 -0.05 -0.06 -0.07 -0.08 -0.09 -0.1 -0.1 -0.12 -0.12 -0.14 -0.14 -0.15 -0.16 -0.17 -0.18 -0.19 -0.2
SD 0 0.02 0.02 0.02 0.02 0.03 0.03 0.02 0.03 0.03 0.03 0.02 0.03 0.03 0.03 0.04 0.03 0.03 0.03 0.02 0.02
実験群
断言。 0 -0.01 -0.03 -0.04 -0.05 -0.05 -0.07 -0.07 -0.08 -0.1 -0.11 -0.12 -0.13 -0.14 -0.15 -0.15 -0.17 -0.18 -0.19 -0.2 -0.21
SD 0 0.01 0.02 0.02 0.02 0.02 0.02 0.02 0.03 0.03 0.03 0.03 0.03 0.03 0.03 0.03 0.03 0.03 0.02 0.02 0.02

表 1.食用ダイビングタスク中の体重の変化(パーセンテージ)。 タスクの21日間の間に体重の変化のための3つの実験群の間に違いはなかった。2日目から21日目まで、体重の変化(p<0.01)として表される日の間に全体的な効果がありました。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

社会階層は、人間を含む多くの種の行動を決定し、しばしば侵略と提出に基づいて関係によって定義されます。これらの関係は、社会構造に加えて環境要因に依存することが多い35.優位性と提出に基づく社会的形成は、多面的な36、37です。人間の間では、非身体的いじめから戦争や暴力に至るまで、38、39、40に至るまでの行動から成る侵略が記述されています。これらの形成は、うつ病および他の障害状態3、21の影響を受ける可能性がある。

複雑なダイビング・フォー・フード・タスクでは、ラットは侵略を避け、小さな社会的グループの他のラットなしでケージに戻るオプションがあります。装置の設計は約1メートルの水の下でダイビングおよび水泳にラットを義務付ける。フィーダーの配置は、ラットが自分の食べ物を食べるためにケージに戻ることを必要とします。代替ケージへのアクセスは、おそらく水族館で泳ぐことを通じてのみ行われています。したがって、キャリアラットは、彼らがホームケージまたは代替ケージで自分の食物を消費するかどうか決定します。

実験はラットの順応を可能にする。最初の3日間で、動物たちは水槽の空間的特徴と中に水のない食べ物の場所を学びます。4~17日目から、水が徐々に添加されます。17日目以降、水位は十分に高いため、動物は餌を供給から餌を得るためにダイビングをしなければなりません。彼らは17-21日から食べ物のために飛び込みます。我々は、ラットの行動群が実験の11日目まで出現しなかったことを観察し、その日から最も重要な結果であることを示唆した。21日目までに、ラットは重みを失い、これは可能なデータを収集する最後の日であるように見えます。ラットは9日か10日目にすべてのグループで食べ物を攻撃し始めました。

このプロトコルには、いくつかの重要な手順があります。減量の除外は、方法が最良のデータを与えることを確実にするために重要です.典型的には、20%の減量は実験41、42、43、44からラットを取り除くのに十分なほどである。ラットは少なくとも1日1回体重を量るべきである。同様に、ラットがペレットを容易に獲得できるように、十分なペレットチューブが必要です。途中でネズミがペレットを失う可能性が高く、これによりすぐに再び試みることができます。トンネルを渡るときにラットが床に触れないように水位が十分に高くなければなりません。また、研究者がラットの行動をリアルタイムで観察していても、追加のデータ収集を可能にするためにビデオ録画が必要であることを強調する。

6匹のラット群において、一般的なパターンは、5匹のキャリアラットと1匹の非キャリアラット25の行動群を明らかにした。他のダイビング・フォー・フード・タスクは、キャリアの割合が非キャリアと似ている各グループで異なる数のラットを使用しました。ここで示されたタスクでは、キャリアラットの1または2は、他のラットを避けるために、食べ物にアクセスするために出入りする新しいベースとしてそれを使用して、代替ケージに残った。ペレットを持ってメインケージに戻ったキャリアラットのうち、1-2は、共通のケージで彼らの食べ物を保護しようとしたときにあまり活性ではなかった。

別の研究では、6匹のラットのグループは、以前の実験1から決定された非キャリアのみで構成された。行動役割の分担は、典型的なグループの割合を維持しました:1匹のラットは泳いでおらず、5匹のラットはキャリアでした。これは、ラットが状況と周囲のラットに応じて行動の役割を変えることを示唆している。これは人間に反響し、その行動は自分の状況によって、そして社会的不安定性45、46によって変化する。

このプロトコルの結果は、うつ病のような状態の特徴の1つであるアンヘドニアを持つラットは、攻撃、ダイビング、または運送を介して、より積極的で食物を得る傾向があり、別々のケージに残る可能性が高いことを示唆している。アンヘドニックラットは、社会的関係を変え、水泳などの危険と考える活動に従事する意欲が高いようです。リスクテイク行動を規制できないことと、期待される社会的役割を果たすことの間に関係が存在する可能性があります。

ラットの行動のビデオ録画の分析に伴う労力を削減するために、ビデオソフトウェア(例えば、Ethnovision)を使用しようとしました。しかし、ソフトウェアはこの行動タスクに適しておらず、グループ外の個々のラットを識別できませんでした。私たちは、ビデオを分析するために特別なソフトウェアを使用することが可能であると考えています, または視覚的に各ラットをマークしたり、個々のラットを区別するためにコンピュータプログラムのためのラットの皮膚の下にカプセルを置くために.プロトコルのもう一つの可能な制限は、トレーニング期間と手順の長い期間を含みます。

この方法を改善する可能性のある他の選択肢は、装置1,25に1つまたは2つのセルを含む代替方法を含む。他のモデルも同様に機能する可能性がありますが、階層関係で異なる動作を誘発する方法として、予測不可能な応力モデルを特定しました。

結論として、このダイビング・フォー・フード・タスクは、げっ歯類の社会的階層と行動の相互作用の調査を可能にする。我々のプロトコルはラットのペアではなくラットのグループを有意にテストし、より多層的な階層関係の分析を可能にする。ここで説明する手法の主な用途は 2 つ見ています。これは、ラットモデルにおける精神疾患の病態生理学を研究するだけでなく、不安うつ病に関連する病気の新しい治療法のテストに適用することができます。この動物モデルはまた、幅広い精神疾患と社会組織との関係を評価し、社会的機能不全に対する治療の有効性を研究することを可能にするかもしれない。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Disclosures

著者らは開示するものは何もない。

Acknowledgments

オレナ・スイヴノフスカ教授、アナスタシア・ハリンスカ教授、生物学・生態学・医学部生理学科のマリナ・クシェリアワ教授、ウクライナのドニプロ大学のオレス・ホンチャー教授の皆さんに、社会組織テストのビデオ録画の分析に協力していただきありがとうございます。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
Alcohol Pharmacy 99% pharmaceutical alcohol diluted to 5% and used for cleaning the open field test box before the introduction of each rat
Bottles Techniplast ACBT0262SU 150 mL bottles filled with 100 mL of water and 100 mL of 1% (w/v) sucrose solution
Equipment for Diving for Food Task (Plexiglas) self made in Ben Gurion University of Negev Two cages (50 x 50 x 50 cm) to an aquarium (130 x 35 x 50 cm) via tunnels
Imipramine hydrochloride SIGMA Lot# SLBB9914V (Tricyclic antidepressant) 20 mg/kg intraperitoneally once per day for 3 weeks
Purina Chow Purina 5001 Rodent laboratory chow given to rats, mice and hamster is a life-cycle nutrition that has been used in biomedical researc for over 5
Rat Cages Techniplast 2000P Conventional housing for rodents. Was used for housing rats throughout the experiment
Video Camera Canon Digital video camera for high definition recording of rat behavior under plus maze test

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Colin, C., Desor, D. Differenciations comportementales dans des groupes de rats soumis a une difficulte d'acces a la nourriture. Behavioural Processes. 13, (1-2), 85-100 (1986).
  2. Boyko, M., et al. The effect of depressive-like behavior and antidepressant therapy on social behavior and hierarchy in rats. Behavioural Brain Research. 370, 111953 (2019).
  3. Hirschfeld, R. M., et al. Social functioning in depression: a review. Journal of Clinical Psychiatry. 61, (4), 268-275 (2000).
  4. Grasmuck, V., Desor, D. Behavioural differentiation of rats confronted to a complex diving-for-food situation. Behavioural Processes. 58, (1-2), 67-77 (2002).
  5. Grasmuck, V., Desor, D. Behavioural differentiation of rats confronted to a complex diving-for-food situation. Behavioural Processes. 58, (1-2), 67-77 (2002).
  6. Thullier, F., Desor, D., Mos, J., Krafft, B. Effect of group size on social organization in rats with restricted access to food. Physiology & Nehavior. 52, (1), 17-20 (1992).
  7. Schroeder, H., Toniolo, A., Nehlig, A., Desor, D. Long-term effects of early diazepam exposure on social differentiation in adult male rats subjected to the diving-for-food situation. Behavioral Neuroscience. 112, (5), 1209 (1998).
  8. Helder, R., Desor, D., Toniolo, A. -M. Potential stock differences in the social behavior of rats in a situation of restricted access to food. Behavior Genetics. 25, (5), 483-487 (1995).
  9. Thullier, F., Desor, D., Mos, J., Krafft, B. Effect of group size on social organization in rats with restricted access to food. Physiology & Behavior. 52, (1), 17-20 (1992).
  10. Krafft, B., Colin, C., Peignot, P. Diving-for-food: a new model to assess social roles in a group of laboratory rats. Ethology. 96, (1), 11-23 (1994).
  11. Lee, Y. -p, Craig, J., Dayton, A. The social rank index as a measure of social status and its association with egg production in White Leghorn pullets. Applied Animal Ethology. 8, (4), 377-390 (1982).
  12. Timmer, M., Sandi, C. A role for glucocorticoids in the long-term establishment of a social hierarchy. Psychoneuroendocrinology. 35, (10), 1543-1552 (2010).
  13. Ujita, W., Kohyama-Koganeya, A., Endo, N., Saito, T., Oyama, H. Mice lacking a functional NMDA receptor exhibit social subordination in a group-housed environment. The FEBS journal. 285, (1), 188-196 (2018).
  14. Merlot, E., Moze, E., Bartolomucci, A., Dantzer, R., Neveu, P. J. The rank assessed in a food competition test influences subsequent reactivity to immune and social challenges in mice. Brain, Behavior, and Immunity. 18, (5), 468-475 (2004).
  15. Cordero, M. I., Sandi, C. Stress amplifies memory for social hierarchy. Frontiers in Neuroscience. 1, 13 (2007).
  16. Hessing, M., Tielen, M. The effect of climatic environment and relocating and mixing on health status and productivity of pigs. Animal Science. 59, (1), 131-139 (1994).
  17. Fan, Z., et al. Using the tube test to measure social hierarchy in mice. Nature Protocols. 14, (3), 819-831 (2019).
  18. Lucion, A., Vogel, W. H. Effects of stress on defensive aggression and dominance in a water competition test. Integrative Physiological and Behavioral Science. 29, (4), 415-422 (1994).
  19. Zhu, H., Hu, H. Brain's neural switch for social dominance in animals. Science China Life Sciences. 61, 113-114 (2018).
  20. Zhou, T., et al. History of winning remodels thalamo-PFC circuit to reinforce social dominance. Science. 357, (6347), 162-168 (2017).
  21. Bech, P. Social functioning: should it become an endpoint in trials of antidepressants. CNS Drugs. 19, (4), 313-324 (2005).
  22. Saxena, K., et al. Experiential contributions to social dominance in a rat model of fragile-X syndrome. Proceedings of the Royal Society B. 285, (1880), 20180294 (2018).
  23. Zeldetz, V., et al. A New Method for Inducing a Depression-Like Behavior in Rats. Journal of Visualized Experiments. (132), e57137 (2018).
  24. Boyko, M., et al. Establishment of an animal model of depression contagion. Behavioural Brain Research. 281, 358-363 (2015).
  25. Boyko, M., et al. The effect of depressive-like behavior and antidepressant therapy on social behavior and hierarchy in rats. Behavioural Brain Research. 370, 111953 (2019).
  26. Castagné, V., Moser, P., Roux, S., Porsolt, R. D. Rodent models of depression: forced swim and tail suspension behavioral despair tests in rats and mice. Current Protocols in Neuroscience. 55, (1), 11-14 (2011).
  27. Elgarf, A. -S. A., et al. Lipopolysaccharide repeated challenge followed by chronic mild stress protocol introduces a combined model of depression in rats: reversibility by imipramine and pentoxifylline. Pharmacology Biochemistry and Behavior. 126, 152-162 (2014).
  28. Ismail, B., et al. Behavioural, metabolic, and endothelial effects of the TNF-α suppressor thalidomide on rats subjected to chronic mild stress and fed an atherogenic diet. Canadian Journal of Physiology and Pharmacology. 92, (5), 375-385 (2014).
  29. Helder, R., Desor, D., Toniolo, A. M. Potential stock differences in the social behavior of rats in a situation of restricted access to food. Behavior Genetics. 25, (5), 483-487 (1995).
  30. Deviterne, D., Peignot, P., Krafft, B. Behavioral profiles of adult rats in a difficult food supply social situation, related to certain early behavioral features. Developmental Psychobiology. 27, (4), 215-225 (1994).
  31. Kuts, R., et al. A Middle Cerebral Artery Occlusion Technique for Inducing Post-stroke Depression in Rats. Journal of Visualized Experiments. (147), e58875 (2019).
  32. Boyko, M., et al. The influence of aging on poststroke depression using a rat model via middle cerebral artery occlusion. Cognitive, Affective, & Behavioral Neuroscience. 13, (4), 847-859 (2013).
  33. Boyko, M., et al. The neuro-behavioral profile in rats after subarachnoid hemorrhage. Brain Research. 1491, 109-116 (2013).
  34. Boyko, M., et al. Establishment of an animal model of depression contagion. Behavioural Brain Research. 281, 358-363 (2015).
  35. Malatynska, E., Pinhasov, A., Crooke, J. J., Smith-Swintosky, V. L., Brenneman, D. E. Reduction of dominant or submissive behaviors as models for antimanic or antidepressant drug testing: technical considerations. Journal of Neuroscience Methods. 165, (2), 175-182 (2007).
  36. Chase, I. D., Tovey, C., Spangler-Martin, D., Manfredonia, M. Individual differences versus social dynamics in the formation of animal dominance hierarchies. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 99, (8), 5744-5749 (2002).
  37. Cordero, M. I., Sandi, C. Stress amplifies memory for social hierarchy. Frontiers in Neuroscience. 1, (1), 175-184 (2007).
  38. Lewon, M., Houmanfar, R. A., Hayes, L. J. The Will to Fight: Aversion-Induced Aggression and the Role of Motivation in Intergroup Conflicts. Perspectives on Behavior Science. 42, (4), 889-910 (2019).
  39. Ingram, K. M., Espelage, D. L., Davis, J. P., Merrin, G. J. Family Violence, Sibling, and Peer Aggression During Adolescence: Associations With Behavioral Health Outcomes. Frontiers in Psychiatry. 11, 26 (2020).
  40. Semenyna, S. W., Vasey, P. L. Bullying, Physical Aggression, Gender-Atypicality, and Sexual Orientation in Samoan Males. Archives of Sexual Behavior. 46, (5), 1375-1381 (2017).
  41. Gauthier, C., Griffin, G. Choosing an appropriate endpoint in experiments using animals for research, teaching and testing. Alternatives to Laboratory Animals. 27, 374 (1999).
  42. Organisation for Economic Co-operation and Development. ENV/JM/MONO, 2000. Organisation for Economic Co-operation and Development. (2000).
  43. Stokes, W. S. Humane endpoints for laboratory animals used in regulatory testing. ILAR Journal. 43, Suppl_1 31-38 (2002).
  44. Savvas, I., Anagnostou, T., Kazakos, G. Choosing an appropriate endpoint in experiments using animals. Archives of Hellenic Medicine. 26, (6), 778-786 (2009).
  45. Vives, A., et al. Employment precariousness in Spain: prevalence, social distribution, and population-attributable risk percent of poor mental health. International Journal of Health Services. 41, (4), 625-646 (2011).
  46. Bossarte, R. M., Blosnich, J. R., Piegari, R. I., Hill, L. L., Kane, V. Housing instability and mental distress among US veterans. American Journal of Public Health. 103, 213-216 (2013).
ラットの社会組織と相互作用を調査するための複雑なダイビング・フォー・フード・タスク
Play Video
PDF DOI DOWNLOAD MATERIALS LIST

Cite this Article

Gruenbaum, B. F., Frank, D., Savir, S., Shiyntum, H. N., Kuts, R., Vinokur, M., Melamed, I., Dubilet, M., Zlotnik, A., Boyko, M. A Complex Diving-For-Food Task to Investigate Social Organization and Interactions in Rats. J. Vis. Exp. (171), e61763, doi:10.3791/61763 (2021).More

Gruenbaum, B. F., Frank, D., Savir, S., Shiyntum, H. N., Kuts, R., Vinokur, M., Melamed, I., Dubilet, M., Zlotnik, A., Boyko, M. A Complex Diving-For-Food Task to Investigate Social Organization and Interactions in Rats. J. Vis. Exp. (171), e61763, doi:10.3791/61763 (2021).

Less
Copy Citation Download Citation Reprints and Permissions
View Video

Get cutting-edge science videos from JoVE sent straight to your inbox every month.

Waiting X
Simple Hit Counter