Waiting
Login processing...

Trial ends in Request Full Access Tell Your Colleague About Jove
Click here for the English version

Medicine

強烈なパルス光マイボーム腺機能不全によりドライアイの治療のため

doi: 10.3791/57811 Published: April 1, 2019

Summary

ドライアイは、強く患者さんの生活の質を損なうますます一般的な条件です。最近では、眼周囲領域の設計、超短パルス光を用いた新しいデバイスは、涙膜安定性とマイボーム腺機能不全によりドライアイで眼の不快症状を改善するために示されています。

Abstract

ドライアイ (DED) は、ますます共通の条件と患者の最も一般的な苦情の一つです。DED の大半は、マイボーム腺機能不全 (MGD) によって引き起こされる主にいわゆる「蒸発」のサブタイプが原因です。強烈なパルス光 (IPL の) デバイスでは、白色光の波長 (nm 515-1200) の広い範囲での高強度パルスを採用しています。IPL 治療は、皮膚科の分野で長年利用されているし、その使用は眼科 MGD の治療のために適用されました。最近では、IPL を用いた新しいデバイスは、眼周囲のアプリケーション用に設計されました。このプロシージャによって決まります熱の選択的凝固・表在血管のアブレーション眼瞼の毛細血管拡張肌、炎症性メディエーターの放出を減らすとサイトカイン レベルを引き裂くし、改善のマイボーム腺の流出します。IPL 治療ではオフィスの設定で行うことがあり、非侵襲的かつ簡単に実行、数分間続きます。本研究では、19 の患者は、IPL 治療の 3 つのセッションを施行した.治療後、非侵襲的解散時間と脂質層厚さグレード大幅増加、涙膜の安定性や品質の改善の結果として両方を意味します。逆に、統計的に有意な変更されたマイボーム腺の損失と涙の浸透圧に見つかりませんでした。さらに、治療を受けた患者の大半 (17/19; 全体の 89.5%) IPL 治療後の眼の不快症状の改善を認識します。IPL 治療では、3 つのセッションの 1 サイクル後眼表面パラメーターと眼の不快症状の改善を提供しています、その有益な時間の経過と共に永続性を維持するために通常正規の繰り返し治療が必要効果。

Introduction

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

ドライアイ (DED) は、ますます共通条件と眼医者1の臨床の訪問の最も一般的な理由の一つです。主な症状を訴えることによって被害を受けた患者 DED と慢性的な異物感、刺すような燃焼、かゆみ、過度な裂け、痛み、再発性感染症と過渡視覚的に発赤、眼の不快感の様々 なグレードは異なります妨害2。DED の患者の生活の質への影響と比較されていますが中等度から重症の狭心症や透析治療3、によって引き起こされる、毎日の活動、作業生産性4の損失の制限と関連付けられる。以来、複雑な異機種混在環境の異なった変化が発症と病気の2の維持に重要な役割を再生、TFOS 露 II によって定式化されたドライアイの最新の定義はその多因子の性質を強調表示します。

ドライアイの大半は世界5の地域は主にマイボーム腺機能不全 (MGD)、特に人口の 70% まで影響を与える条件によるいわゆる「蒸発」サブタイプが原因です。マイボーム腺機能不全は、上下のまぶたの内側にあるマイボーム腺の慢性的な変化によって引き起こされます。病気が hyperkeratinization 腺の外部ダクトと涙不安定6、その結果、破損のフィルムの外部脂質層の機能しない、不十分な生産と開口部の閉塞によって特徴付けられる 7,8

現在、いくつかの異なる治療戦略はドライアイの悪循環を中断することを目指して利用と抗生物質、抗炎症薬、まぶた衛生、温湿布、涙の代替9から主に成っています。ただし、これらの治療法は慢性であり、後続のコンプライアンスの問題症状の頻繁にだけ部分的または短期的な救済を提供します。したがって、高い有効性と忍容性と新しい治療法が望ましいです。近年では、超短パルス光 (IPL の) 治療用いられている皮膚科でにきび、酒さ、毛細血管拡張、血管や色素性病変などのさまざまな皮膚疾患の治療のため (例えば.、血管腫、静脈奇形ポートワイン汚れ)10。光を肌に適用すると、それは血球と凝固する、11の異常な血管を破壊するその後の熱産生との teleangectasias などの色素の構造によって吸収されます。最近、MGD のため DED の治療のため点眼フィールドに本手法を適用します。プロシージャの治療の効果を説明するいくつかのメカニズムが提唱されました。まず、IPL 治療は、熱凝固性、表在血管の選択的焼灼法と眼瞼皮膚の毛細血管拡張を誘発する役割を果たします。さらに、プロシージャは炎症性メディエーターの放出と mebomian 腺ターミナル ダクト12,13の角化を促進する可能性が涙のサイトカインのレベルを低減します。第二に、光のエネルギーが熱に変わり、原因地球温暖化とその後融解と改良された流出11,14マイボーム腺の分泌物の液化します。15より最近では、他のメカニズムはそのようなコラーゲン合成と改造する結合組織の強化、皮膚上皮細胞の売り上げ高の減少、細胞の炎症性マーカーの変調もされているという仮説を立てた。

本研究で使用と述べるを IPL で排出規制されている」「MGD の治療用に開発された、最近商品化された IPL デバイスの治療効果の複数の白色鉄道で校正とゆくシーケンスされたパルスを送ります。したがって、本研究の目的は、MGD の治療のための現在の装備一式を展開する眼科医に機会を与える科学的な医療を普及するために、詳細に治療の手順を記述するためです。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

いずれかはプロシージャを勉強する前に、すべての参加者は両方の口頭および書面によるインフォームド コンセントを提供されました。研究のプロトコルはヘルシンキ宣言に従って行われ、地元の制度検討委員会によって承認されました。

1. 眼表面の精密検査の自動化

  1. 非侵襲的解散時間 (しかし) と脂質層の厚さ (LLT) 評価
    1. "デバイスに接続されているコンピューターに SBM Sistemi によって「溶液」プログラムをインストールします。
    2. スリップ ランプにデバイスを適用します。
    3. アプリケーションを開き、患者さんのデータを挿入します。
    4. メニュー内で実行する試験の選択: 脂質層の種類と厚さグレードを評価する非侵襲的、または干渉を測定するNIBUTを選択します。
    5. デバイスにスリット ランプ上の正しい位置であごと額を置くように患者に指示し、正しい距離 (約 1-2 cm) で患者さんの目の前にデバイスのカメラを配置します。
    6. 2 回点滅し、可能な限りの点滅せず凝視患者を求めます。
    7. 楽器をまだしビデオを取得する適切なボタンをクリックします。システムを使用する非侵襲的であるが、(s の時間) 値または LLT (等級 1 から 7 まで)。
      注: これらの試験が完全に非侵襲的と、局所麻酔または重要な染色の買収と測定を使用する必要はありません。
    8. 必要な場合は、他の目の同じ手順を繰り返します。
  2. マイボーム腺 (MGL) の損失評価
    1. デバイスに接続されているコンピューターに SBM Sistemi によって「溶液」プログラムをインストールします。
    2. プログラムを開き、患者さんのデータを挿入します。
    3. 試験のメニューでマイボーム腺を選択します。
    4. スリップ ランプにデバイスを適用します。
    5. 綿棒を使用して下眼瞼を軽く中村します。
    6. マイボーム腺は、白っぽい表示の質の良い画像を得るために下眼瞼の内側の部分の赤外線画像を取得します。
    7. タッチ スクリーン上まぶたの下部の余白に描画領域をクリックします。
      注: システムは自動的にまぶたの関係総面積のマイボーム腺領域の割合を計算します。さらに、それは、先ほど説明した、まぶたの瞼板面積に関連して腺損失の割合として ImageJ ソフトウェア (国立衛生研究所; http://imagej.nih.gov/ij)、画像を分析し、MGL 値を測定を使用すること16
    8. 必要な場合は、他の目の同じ手順を繰り返します。
  3. 涙の浸透圧測定
    1. ペンの上部にマイクロ チップを単一の使用テスト カードをクリップします。ペンは、テストのカードが正しく取り付けられているときを確認します。
    2. そっと眼球とまぶたの間に少しスペースを作成する綿棒を使用して外側の下眼瞼下移動します。
    3. 涙液のサンプルを収集するためにこの空間でテスト カード先端を置きなさい (50 nL) 破損のフィルムの下の外側半月板から。ペンは、涙液のサンプルが正しく収集されている場合を確認します。
      注: 角膜損傷のリスクを最小限に抑えるために瞼の最も外側の領域で涙液を収集することをお勧めします。
    4. リーダー ユニットでペンをドッキングします。システム リーダーが測定し、画面上表示涙の浸透圧を mΩ/l.
    5. 必要な場合は、他の目の同じ手順を繰り返します。
      注: 別のテスト カードそれぞれの目が必要です。
  4. 自覚症状の評価
    1. 眼表面の病気インデックス (OSDI) アンケートを管理します。
    2. 質問患者 12 OSDI アンケートのそれぞれの答えを最もよく表しているボックスの番号を円します。
      注: 患者は、12 の質問に答えると、それぞれの答えを 4 に 0 からスコアを与える必要があります。
    3. 各質問のスコアの合計と回答の合計数を計算します。
    4. 特定のグラフを使用して患者さんの眼の不快感症状の重症度を評価します。
  5. フィッツパ トリック皮膚写植アセスメント
    1. 患者の皮膚と太陽への露出、フィッツパ トリック17によって上記のようにその反応の色に基づいて患者のフィッツパ トリック皮膚写植スコアを決定します。
      注: 患者のフィッツパ トリック皮膚写植スコアは患者ごとに適切な治療パラメーターを決定する必要は。

2. 強烈なパルス光 (IPL の) 治療

  1. 患者治療椅子やオフィスのソファに横になっての快適シートします。
  2. デバイスを有効にするコントロール ユニットの液晶タッチ スクリーン上には、スタート ボタンを押します。
  3. LCD のタッチ スクリーンの適切なボタンを押して、MGD の治療を選択します。
  4. 使用して所望の治療エネルギー レベルを選択し、上下の液晶タッチ スクリーン上の矢印押しチェック] ボタンをクリックして、選択内容を確認します。9 J/cm2から 13 J/cm2に至るまで、六つの異なるエネルギー レベルを選択できます。
    注: 治療エネルギー レベルは v から満点フィッツパ トリック皮膚のフォトタイプに基づいて決定されます (等級 VI は IPL 治療に適していない)。暗い皮はエネルギー レベルを下げる必要があります。
  5. 六つのアイコン ボタン 1 つずつキーを押して各六つの安全機能を検証し、総合的な安全プロシージャが実行されることを確認するチェックボタンを押します。
    注: LCD のタッチ スクリーンに行ったすべての選択の概要が現れます。
  6. デバイスを起動し、デバイス治療の準備が整うまで数秒待ってからチェック マークボタンを押します。
  7. 放射治療光から目を保護するために、患者の目に眼鏡やアイマスクを置きます。
  8. (200-1400 nm) の放射の光から目を保護するために保護メガネを着用します。
  9. 下まぶたの下の皮膚に光を行い、均一にエネルギーを広めるを助けるために、寺院まで鼻の端から光ゲルの厚い層を適用します。
    注: ゲル層は少なくとも 1 cm の厚さにする必要があります。
  10. 中央のユニットからデバイスのハンドピースを取るし、扱われる領域の皮膚との直接接触をその頭を優しく押し込みます。
  11. 単一治療 IPL パルスを出力するハンドピース上のスタートボタンを押します。
  12. 5 単一 IPL パルス エリア、内眼角から始まって、最大の効果を得るために下眼瞼縁にできるだけ近くになろうとして、時間領域に進んでに沿って分布を適用します。(図 1)
    注: 上のまぶたは可能の光吸収とその後の被害瞼を通して光透過性のリスクや眼の色素の構造の炎症のために直接は扱われない (すなわち、虹彩組織。毛様体、脈絡膜組織)。
  13. 処理した皮膚領域から光ゲルを優しく除去します。
  14. 2-3 分の両方の目のまぶたの上には、温湿布を配置します。
  15. 必要な場合は、他の目の同じ手順を繰り返します。
    注: 合計時間セッション続きますわずか数分 (約 10 分)。医師の選択に基づいて、両眼の眼瞼のマイボーム腺は、または鉗子または 2 つの綿棒を使用して IPL 治療後手動で表される可能性があります。

3. 治療後療法

  1. IPL の最初のセッションの後の 10 日間次の 1 日 2 回外用ステロイド点眼薬を処方します。
    注: 患者は温湿布を継続するよう勧めて、局所潤滑剤を治療期間中に毎日少なくとも 2 回使用します。
  2. 開始の治療プロトコルを完了する 15 〜 45 日後の IPL 治療を繰り返します。
    注: 標準的なプロトコルは、0 日目、15 日目、45 日で 3 つのセッションで構成されています。もう一つの追加オプションのセッションは、日 75、医師と患者の設定に基づいて実行でした。繰り返し治療は定期的フォロー アップ単一の臨床ケースに応じて 3 つの初期セッション (読み込みフェーズ) 後の有効性を維持するために必要かもしれない。

4. 治療後の評価

  1. 診察を慎重に ' 目と細隙灯でまぶた。
  2. 非侵襲的しかし、マイボグラフィー LLT を繰り返し、治療効果を評価するための浸透圧を涙します。
  3. 患者さんの症状を評価する患者に OSDI アンケートを管理します。
  4. かどうか彼は認識改善彼のベースラインから 5 段階評価によると眼の不快症状患者の要求: なし = 0、トレース = 1、軽度 = 2、中程度 = 3、高 = 4。
    注: 手順により得られた臨床結果を評価する前に 3 番目のセッションの後、少なくとも 15 日を待つことをお勧めします。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

(7 男女 12 名, 平均年齢 39.3 ± 7.0 歳) 19 人の患者 (平均 ± 標準偏差) は、2016 年 9 月と 2017 年 6 月間の IPL 治療を受けた。3 番目の IPL 治療セッション後 15 日非侵襲が大幅増資 7.6 ± 0.6 s から 9.8 ± 0.7 秒 (平均の平均 ± 標準誤差) (p = 0.017)、LLT グレード 2.3 ± 0.1 に 3.4 ± 0.3 大幅改善と (p = 0.003)。MGL と涙の浸透圧の統計的に有意な変動は見られなかった (23.9 ± 3.6% 対 25.4 ± 2.6%、304.5 ± 2.4 mΩ/L 対 300.6 ± 2.4 mΩ/L、それぞれ; 常にp> 0.05) (図 2)。さらに、最後の治療セッションの前後に、OSDI スコアは有意差はなかったことを意味 (p> 0.05)。

17 例 (89.5%) は、(平均グレード 2.0 ± 1.2 のうち 4) 治療後の眼の不快症状の改善を示した。図 3は、5 段階評価によると症状の患者の認識改善の分布を示します。LLT の治療後の改善と相関を認めた症状の認識の改善 (r = 0.476、 p = 0.039)。

Figure 1
図 1。治療領域。治療領域では、下まぶた、眼、頬骨、時間ゾーンに内側から含まれています。それぞれの赤い四角形は、模式的単一 IPL パルス アプリケーションのサイトを表します。数字は、IPL パルス アプリケーションのシーケンスを示します。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 2
図 2。治療の前後に眼表面の精密検査を自動化します。非侵襲的、脂質層の厚さ (LLT)、マイボーム腺損失 (MGL) とベンバーにする前に、第三に強烈なパルス光治療セッションの後の 15 日間。誤差範囲は、平均値の標準誤差を表しています。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 3
図 3。患者の治療後にドライアイ症状の改善を認識します。その知覚症状改善について 5 段階評価によると患者の分布は、3 番目の強烈なパルス光治療セッションの後の 15 日を評価しました。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

強烈なパルス光デバイスは、キセノン フラッシュ ランプの表示からの広範な波長スペクトルの白色非コヒーレント光の非レーザー光源の高強度パルスを生産するガス充填を採用 (515 nm) 赤外線 (1200 nm)18に。光エネルギー パルスはサファイア、石英ブロックによるハンドピースの頭部によって解放され、ので、直接皮膚の表面に適用されます。

IPL のシステムの作用のメカニズムは発色団と呼ばれる、特定のターゲットが可能によると、選択的 thermolisis の原則に基づきますを吸収し、その光を熱エネルギー12に変換します。

IPL デバイスの特定の特性は同時に 2 つの主な発色団ひと皮膚に存在すなわちターゲットできるように異なる波長ライト (緑、黄色、赤、赤外線) の同時排出できるようにします。ヘモグロビンとメラニン14,18

強烈なパルス光治療は、皮膚科の分野で長年利用されていて、最近では、その使用が顔面の IPL 治療を受けた患者におけるドライアイ症状の改善の結果として、MGD の治療のため眼科に翻訳されました。酒19

使用、MGD の治療のために特別開発された最近商品化された IPL の装置の治療効果について述べる。このデバイスは、「規制」複数の白色鉄道での校正とゆくシーケンスされたパルス IPL 排出がされています。

まで、以前の研究では、IPL 後蓋マージン機能 (例えば、ふた肥厚、血管、毛細血管拡張、外れている腺の数) と分泌品質とマイボーム腺の表現面でいくつかの改善を報告治療20,21,22,23,24。ただし、これらの措置は主観的・標準化度が低いため観測者バイアスする傾向があります。逆に、これらの欠点を克服し、データの客観性を向上させるため、私たちは IPL 治療25,26後ドライアイ疾患の経過を評価するのに眼表面の自動定量分析を使用しました。

我々 の患者に非侵襲が大幅に増加他研究グループ11,20,21,22,23,27 によって報告された前述の IPL 治療後、涙膜安定性の改善と涙の蒸発量の減少の結果として。また、涙の膜特性の大幅な増加がわかったし、品質測定 LLT は、クレイグは、合意によって27

重要な変更が見つかりませんでした涙浸透圧の他研究21,23,27との合意の IPL 治療後。最近 TFOS 露 II は、ドライアイ疾患8コア メカニズムとして涙の蒸発誘起高を確認、MGD だけで、その他の眼表面異常なしおそらくできない場合があります特にこのパラメーターを変更するには病気のより穏やかなまたは初期段階で実際には、私たちの研究では、同様に他の MGD 集団、涙浸透圧値は正常範囲21,26,28,29内にいたに強調表示する必要があります。さらに、我々 の患者の IPL 治療後は MGL の領域が変わりませんでした。逆に、非接触赤外線マイボグラフィーによってこのパラメーターを評価、唯一の以前の研究は、マイボーム腺 parenchima30にこの療法の影響の可能性を示唆している IPL 治療後 MGL の 5% 減少を報告しました。

OSDI アンケートと治療後の症状の患者の認識改善に重点を 5 段階評価の管理によって患者の主観的な眼不快感を調べた。IPL 後 OSDI スコアの有意な減少の欠乏にもかかわらず患者の大半が眼の不快症状の全体的な改善を報告し、患者の 1 つの約 3 分のこの改善が中程度または高いとして分類されました。これらの調査結果は、先行研究と一致しているアンケート21,22,23,24,27,31との特定のスケールに検証両方の雇用満足11,20

注意患者選択 IPL から最良の結果を取得する非常に重要です。実際には、治療は選択的にマイボーム腺、その機能不全は蒸発 DED のドライアイの最も共通のサブタイプの原因行為します。ただし、DED は、多因子性の条件は、ので、治療的なアプローチは動的、病気の自然なコースの間に支配のメカニズムの治療を目指すはずです。したがって、IPL が考慮するもドライアイの混合形態でも使用可能な他の治療オプションとの組み合わせで。

IPL 治療は、眼表面パラメーターと不快症状の改善を提供します。3 時間にわたる手術の有益な効果を維持するためにセッションの開始後正規の繰り返し治療が必要。ただし、まだ治療法は、逆に、患者さんの満足度と客観的なパラメーターの変更に応じてカスタマイズする必要があります間の時間間隔についてのコンセンサスはありません。

本研究の主な制限は、制御グループの欠乏によって表されます。さらに、人口の比較的小さいサイズは、パラメーターのうちの小さな相違の場合さらに意義の検出を妨げる可能性があります。

結論としては、マイボーム腺機能不全によりドライアイ患者の治療のための IPL は、解散時間の非侵襲的、脂質層の厚さ、自覚症状を改善しました。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Disclosures

著者が明らかに何もありません。

Acknowledgments

著者を宣言する承認があります。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
I.C.P. Tearscope SBM Sistemi, Turin, Italy 1340864/R Device for noninvasvive break-up time and lipid layer thickness evaluation
I.C.P. MGD SBM Sistemi, Turin, Italy 15006 Device performing infrared meibomography and meibomian gland loss evaluation
TearLab Osmolarity System TearLab Corporation, San Diego, CA, USA 83861QW Device for the measurement of tear osmolarity 
E>Eye E-Swin, Paris, France Intense pulsed regulated light treatment device
BM 900 Slit Lamp Biomioscropy Haag-Streit, Koeniz, Switzerland BM 900 Slit Lamp Biomiscroscopy
Tobradex eye drops Alcon Inc., Fort Worth, TX, USA S01CA01 Eye drops instilled immediately after the procedure in office

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Schaumberg, D. A., Dana, R., Buring, J. E., Sullivan, D. A. Prevalence of dry eye disease among US men: estimates from the Physicians' Health Studies. Arch Ophthalmol. 127, (6), 763-768 (2009).
  2. Craig, J. P., et al. TFOS DEWS II Definition and Classification Report. Ocul Surf. 15, (3), 276-283 (2017).
  3. Buchholz, P., et al. Utility assessment to measure the impact of dry eye disease. Ocul Surf. 4, (3), 155-161 (2006).
  4. Uchino, M., et al. Dry eye disease and work productivity loss in visual display users: the Osaka study. Am J Ophthalmol. 157, (2), 294-300 (2014).
  5. Schaumberg, D. A., Nichols, J. J., Papas, E. B., Tong, L., Uchino, M., Nichols, K. K. The international workshop on meibomian gland dysfunction: report of the subcommittee on the epidemiology of, and associated risk factors for, MGD. Invest Ophthalmol Vis Sci. 52, (4), 1994-2005 (1994).
  6. Baudouin, C., et al. Revisiting the vicious circle of dry eye disease: a focus on the pathophysiology of meibomian gland dysfunction. Br J Ophthalmol. 100, (3), 300-306 (2016).
  7. Knop, E., Knop, N., Millar, T., Obata, H., Sullivan, D. A. The international workshop on meibomian gland dysfunction: report of the subcommittee on anatomy, physiology, and pathophysiology of the meibomian gland. Invest Ophthalmol Vis Sci. 52, (4), 1938-1978 (1938).
  8. Bron, A. J., et al. TFOS DEWS II pathophysiology report. Ocul Surf. 15, (3), 438-510 (2017).
  9. Qiao, J., Yan, X. Emerging treatment options for meibomian gland dysfunction. Clin Ophthalmol. 7, 1797-1803 (2013).
  10. Papageorgiou, P., Clayton, W., Norwood, S., Chopra, S., Rustin, M. Treatment of rosacea with intense pulsed light: significant improvement and long-lasting results. Br J Dermatol. 159, (3), 628-632 (2008).
  11. Toyos, R., McGill, W., Briscoe, D. Intense pulsed light treatment for dry eye disease due to meibomian gland dysfunction; a 3-year retrospective study. Photomed Laser Surg. 33, (1), 41-46 (2015).
  12. Vora, G. K., Gupta, P. K. Intense pulsed light therapy for the treatment of evaporative dry eye disease. Curr Opin Ophthalmol. 26, (4), 314-318 (2015).
  13. Liu, R., et al. Analysis of Cytokine Levels in Tears and Clinical Correlations After Intense Pulsed Light Treating Meibomian Gland Dysfunction. Am J Ophthalmol. 183, 81-90 (2017).
  14. Goldberg, D. J. Current Trends in Intense Pulsed Light. J Clin Aesthet Dermatol. 5, (6), 45-53 (2012).
  15. Dell, S. J. Intense pulsed light for evaporative dry eye disease. Clin Ophthalmol. 11, 1167-1173 (2017).
  16. Pult, H., Riede-Pult, B. H. Non-contact meibography: keep it simple but effective. Cont Lens Anterior Eye. 35, (2), 77-80 (2012).
  17. Fitzpatrick, T. B. The validity and practicality of sun-reactive skin types I through VI. Arch Dermatol. 124, (6), 869-871 (1988).
  18. Raulin, C., Greve, B., Grema, H. IPL technology: a review. Lasers Surg Med. 32, (2), 78-87 (2003).
  19. Toyos, R., Buffa, C. M., Youngerman, S. Case report: Dry-eye symptoms improve with intense pulsed light treatment. Eye World News Magazine. (2005).
  20. Jiang, X., et al. Evaluation of the Safety and Effectiveness of Intense Pulsed Light in the Treatment of Meibomian Gland Dysfunction. J Ophthalmol. (2016).
  21. Albietz, J. M., Schmid, K. L. Intense pulsed light treatment and meibomian gland expression for moderate to advanced meibomian gland dysfunction. Clin Exp Optom. 101, (1), 23-33 (2018).
  22. Gupta, P. K., Vora, G. K., Matossian, C., Kim, M., Stinnett, S. Outcomes of intense pulsed light therapy for treatment of evaporative dry eye disease. Can J Ophthalmol. 51, (4), 249-253 (2016).
  23. Dell, S. J., Gaster, R. N., Barbarino, S. C., Cunningham, D. N. Prospective evaluation of intense pulsed light and meibomian gland expression efficacy on relieving signs and symptoms of dry eye disease due to meibomian gland dysfunction. Clin Ophthalmol. 11, 817-827 (2017).
  24. Vegunta, S., Patel, D., Shen, J. F. Combination Therapy of Intense Pulsed Light Therapy and Meibomian Gland Expression (IPL/MGX) Can Improve Dry Eye Symptoms and Meibomian Gland Function in Patients With Refractory Dry Eye: A Retrospective Analysis. Cornea. 35, (3), 318-322 (2016).
  25. Roy, N. S., Wei, Y., Kuklinski, E., Asbell, P. A. The Growing Need for Validated Biomarkers and Endpoints for Dry Eye Clinical Research. Invest Ophthalmol Vis Sci. 58, (6), BIO1-BIO19 (2016).
  26. Giannaccare, G., Vigo, L., Pellegrini, M., Sebastiani, S., Carones, F. Ocular Surface Workup With Automated Noninvasive Measurements for the Diagnosis of Meibomian Gland Dysfunction. Cornea. Epub ahead of print (2018).
  27. Craig, J. P., Chen, Y. H., Turnbull, P. R. Prospective trial of intense pulsed light for the treatment of meibomian gland dysfunction. Invest Ophthalmol Vis Sci. 56, (3), 1965-1970 (1965).
  28. Meadows, J. F., Ramamoorthy, P., Nichols, J. J., Nichols, K. K. Development of the 4-3-2-1 meibum expressibility scale. Eye Contact Lens. 38, (2), 86-92 (2012).
  29. Finis, D., Hayajneh, J., König, C., Borrelli, M., Schrader, S., Geerling, G. Evaluation of an automated thermodynamic treatment (LipiFlow®) system for meibomian gland dysfunction: a prospective, randomized, observer-masked trial. Ocul Surf. 12, (2), 146-154 (2014).
  30. Yin, Y., Liu, N., Gong, L., Song, N. Changes in the Meibomian Gland After Exposure to Intense Pulsed Light in Meibomian Gland Dysfunction (MGD) Patients. Curr Eye Res. 43, (3), 308-313 (2018).
  31. Guilloto Caballero, S., García Madrona, J. L., Colmenero Reina, E. Effect of pulsed laser light in patients with dry eye syndrome. Arch Soc Esp Oftalmol. 92, (11), 509-515 (2017).
強烈なパルス光マイボーム腺機能不全によりドライアイの治療のため
Play Video
PDF DOI DOWNLOAD MATERIALS LIST

Cite this Article

Vigo, L., Giannaccare, G., Sebastiani, S., Pellegrini, M., Carones, F. Intense Pulsed Light for the Treatment of Dry Eye Owing to Meibomian Gland Dysfunction. J. Vis. Exp. (146), e57811, doi:10.3791/57811 (2019).More

Vigo, L., Giannaccare, G., Sebastiani, S., Pellegrini, M., Carones, F. Intense Pulsed Light for the Treatment of Dry Eye Owing to Meibomian Gland Dysfunction. J. Vis. Exp. (146), e57811, doi:10.3791/57811 (2019).

Less
Copy Citation Download Citation Reprints and Permissions
View Video

Get cutting-edge science videos from JoVE sent straight to your inbox every month.

Waiting X
Simple Hit Counter