ハイスループットマイクロカプセル化シングルセルと複数セル

Bioengineering

Your institution must subscribe to JoVE's Bioengineering section to access this content.

Fill out the form below to receive a free trial or learn more about access:

 

Summary

細胞と粒子の慣性順序を持つ単分散ドロップ生成を組み合わせることで、我々は、kHzのレートで一滴の細胞または粒子の所望の数をカプセル化する方法を説明します。我々は、二回のシングルとダブルの粒子降下を順不同カプセルのものを超えて効率を示しています。

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations

Lagus, T. P., Edd, J. F. High Throughput Single-cell and Multiple-cell Micro-encapsulation. J. Vis. Exp. (64), e4096, doi:10.3791/4096 (2012).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

Protocol

このセクションのプロトコルは、提示した実験結果を得るために特に利用する材料と機器を説明します。化学薬品や機器のための代替サプライヤーを利用することができることに注意してください。

1。デバイスの作製とソフトリソグラフィ

標準のソフトリソグラフィ技術、21以前のJoveの記事で紹介されているその数、22はガラス基板に接着ポリジメチルシロキサン(PDMS)マイクロネットワークを作成するために使用されました。脇にSU-8フォトリソグラフィーにより、マスターレプリカモールドの作製から、プロセスはクリーンルームまたはクリーンフードの外で実行される可能性がありますが、ほこりや微粒子はまだ一貫性のある結果を達成するために最小限に抑える必要があります。

  1. AutoCADの(オートデスク社)を図1に示すように、マイクロチャネル·パターンを設計します。高解像度(50,000 dpi)のトランスを印刷するには、サードパーティのメーカー(輝いているイメージング社製)を採用チャンネルは暗い背景に透明であるマイラーフィルムまたは石英で透明性マスク。
  2. レプリカ成形用シリコンおよびSU-8フォトレジストマスタを作成します。簡単に言うと、スピンクリーン7.5センチメートルまたは10cmのシリコンウェハ上に52μmの厚い層を作成するには、スピンコーター上で製造元の推奨回転数とSU-8 2050(マイクロケム)ネガ型フォトレジスト。ソフトベークした後、エッジビーズ除去、コンタクトマスクを通して紫外線露光、露光後ベーク、開発、洪水の露出は、Dektakのプロフィル(Veeco社)を使用して、SU-8層の実際の厚さを測定します。テープ4 "または5"ペトリ皿の底の上にマスターモールドは、PDMSのレプリカモールドの準備をします。
  3. 硬化剤10:1比(w / w)のベースのエラストマーの硬化剤(ダウコーニング社製)と混合したPDMSエラストマーベース。 2〜3ミリメートル、最終的な厚さの層を作成するために、シリコンマスターによく混合したPDMS前駆体を注ぐ。 2グラム硬化剤と20gのエラストマーベースの混合物を4 "径の表面をカバーするのに十分である。
  4. masteを配置脱ガス硬化PDMSの真空デシケーター内のR型とPDMS(Jencons)。圧力レギュレータ(コールパーマー)を使用して、徐々に過度の発泡を避けるために20分かけて水銀 "-27にHG" 0からのチャンバゲージ圧を減少させます。空気の泡が消えるまで30分間または-27 "Hgのでは真空チャンバー内のデバイスのままにします。
  5. 真空を解放し、65℃で4時間以上のCオーブン(サーモフィッシャーサイエンティフィック)にマスターモールドとPDMSを移動デバイスは、硬化を改善するために一晩オーブンに残ることがあります。
  6. オーブンからデバイスを削除し、冷却することができます。慎重にPDMSて精密ナイフと皮を使用して円形のウェハの周りにPDMSを切った。メスで図1に示すように、デバイスの輪郭を切り取ります。
  7. 生検パンチを用いて図1に示す3つの円形の地域でパンチ流体ポート(デバイスあたり最大3つ)。このデバイスでは、0.75ミリメートル、外径パンチ(ハリス)を使用します。
  8. いずれかを削除するには、PDMSとの剥離のパターン側にスコッチテープを付着させほこり。従来の酸素プラズマ装置のコスト削減が実行可能な代案として、21,22プラズマは、ハンドヘルド研究所コロナ処理機(エレクトロ·テクニック製品は、株式会社を使用して、PDMSとクリーン3 "×1"ガラス顕微鏡スライドのパターン側を治療する。)23このデバイスはヒュームフードやオゾン放電による換気の良い場所で使用されるべきであることに注意して、すべての時計や携帯電話は、少なくとも10フィート離れて保管してください。最小限の電スパークが発生して安定したコロナを達成するためにコロナ放電を調整します。ゆっくりと約20秒間、各表面上に "約1/4電極を振って、その後すぐにPDMSの表面が、母国の状態に戻す前に、強力な永久的な結合を形成する接触処理した表面をもたらす。
  9. 金属板上のデバイスを配置し、涼しいオーブンの場所は、120℃にオーブンを設定し、接合を完了するために、この高温ベーキング、Tの間に、元の疎水性の状態を24にPDMSを返すために一晩焼く彼は、チャネルのガラス表面は、ガラスの上に薄い疎水性の層の堆積に起因する疎水性のレンダリングされます。あるいは、このようなAquapel(PPGインダストリーズ)のような疎水性コーティングは、12が慎重に。1 mLの注射器と注射針を使用して流体ポートに注入されるかもしれませんが、しっかりとガラス結合にPDMSを壊すことなく、流体ポートに空気をパージし、続いてAquapelを注入する。乾燥時にチャネルを詰まらせる可能性がある堆積物を避けるために余分なAquapelを拭いながら、積極的にすべての入口および出口ポートでエアーパージを繰り返します。

2。試料調製

  1. 選択したセルタイプの確立されている手順に従って、細胞培養の準備をします。本研究で使用される特定のデバイスについては、8から15μmの粒子または細胞が適切にカプセル化のために発注する必要があります。小さ ​​いまたは大きい細胞タイプは、適切な再p 達成するために集束チャネルの寸法を変更する必要があります。私にとって本論文で示されthodデモの結果、9.9μmのポリスチレン微小球(G1000、サーモフィッシャーサイエンティフィック)は、細胞のサロゲートとして利用されています。
  2. 穏やかに混合を介して水粒子または細胞懸濁液を準備します。細胞やポリスチレン粒子を使用する場合は、濃度制御が不可欠である( 図4を参照)理想的な順序付けられたカプセル化を実現しています。以前のデータ12をガイドとして使用して、注文した列車の間隔とマイクロチャンネルのサイズに基づいて、所望の細胞または粒子濃度を計算するように1つのセルまたは予想される長手方向の列車の間隔の時間を中心チャネル断面積あたりの粒子。ストック濃度(1%w / wの)が不十分な場合、混合、または緩やかに混合渦によって上澄み液を除去し、穏やかに株式サンプルを遠心分離することによって(ここでは〜1.5%w / w)の濃度を増加させ、再懸濁した粒子細胞を使用するとき。目的のコレクションボリューム用とFLに関連付けられた実行時間を考慮して適切なボリュームを準備します。OWのチューニング。
  3. 細胞やポリスチレン粒子の両方が1より大きい比重を持っています。このプロトコルで実証されていませんが、時間に多くの分のオーダーで持続的な長期的な実験のために、浮力は、細胞のために溶質のような粒子のCaCl 2またはOptiPrep(Sigma-Aldrich社)として追加することによってソリューションを一致しています。
  4. 15 mLの遠心管にフッ素油FC-40(3M)とPFPE-PEGブロック共重合体界面活性剤25(2.5%w / w)で(レインダンスTechnologies)を混合することにより、連続的なフッ素油相を10 mLのサンプルを準備します。また、ライトミネラルオイル(PTIのプロセスケミカル)は、ABIL-EM 90界面活性剤(2.5%w / w)の(エボゴールドシュミット社)で利用することができます。

3。実験のセットアップ

  1. 倒立型光学顕微鏡(アクシオオブザーバー、ツァイス)、高速カメラ(ファントムV310、ビジョン研究)の電源をオンにします。またはどちらかのデバイスを手動で移動することにより、目詰まりや破片のためのチャネルを集中して検査する電動顕微鏡ステージを使用します。液体が流れるときにいくつかの小さな破片が押し出される可能性があります。焦点チャネルの破片が大幅に品質を発注低下する可能性がありますような大きなゴミや明らかな目詰まりについては、デバイス上の別のチャンネルを選択します。目詰まりがしばしば鈍ピンセットで患部上にPDMSの表面にしっかりと押すことによって、フロー下で除去できることに注意してください。
  2. 3水性入口のPVCチューブの長さ(0.01 "ID/0.03" OD、タイゴン)、オイル入口、およびエマルジョンコンセントをカットします。デッドボリュームを最小限に抑えるために、シリンジポンプから顕微鏡のステージに到達するだけで十分なチューブカット。流体ポートへの挿入を容易にするために45°の角度でチューブの両端をカットします。
  3. チューブを圧入するためにピンセットを使用して、それぞれの水溶液と油入口管(無接着剤不要)の自由端に2つの30ゲージの鈍先端のステンレス製注射針(SmallParts)を圧入して、ステップ1でパンチと流体ポートに終わる。廃棄物にアウトレットチューブを配置し、Reservoir。このチューブは、後で収集タンクに移されます。
  4. 、顕微鏡のステージに、デバイスと接続されたチューブを移動し、位置を合わせて利用可能な目標を(20倍、この実験に用いた)を使用してデバイスのノズルに焦点を当てています。最適な録音のために、必要に応じてK hler照明および他の顕微鏡の設定を調整します。
  5. ステップ2で調製した油相溶液をよく混合し、水相と3 mLシリンジ(BD)で1 mLシリンジ(BD)を記入してください。任意のボリュームのいずれかの注射器を使用することができると慎重に、目的の実行時間と、任意の拍動性の最小化に応じて選択されるべきであることに注意してください。垂直方向に1シリンジを傾けて、注射器をコンセントに気泡を移動するフリック。徐々に十分な注射器の先端に空気をプッシュするようにプランジャーを押し下げる。シリンジを垂直に保持することは、既にステップ3.3のデバイスに接続されたそれぞれの注射針にシリンジを接続します。流体がPになるまで注射針デッドボリュームを介して空気を強制的にプランジャーを押し下げるほとんどのデバイスにチューブを通してushed。しっかりとシリンジポンプ(ネクサス3000、Chemyx)にシリンジをマウントし、プランジャーブロックを行う。第二シリンジの接続を繰り返して、第2シリンジポンプにマウントします。
  6. 各シリンジポンプとポンプのメーカーのプロトコルを使用してプログラムの電源をオンにします。それぞれの油相と水相のQ オイル = 50μL/ minとQ AQ = 5μL/分に初期流量を設定します。ポンプを起動します。
  7. 残りの死んだ空気を押し出し、デバイスを入力して、チャネルを埋めるために各流体を待ちます。これには数分かかる場合があります。インレットチューブ内の空気が大量にある場合は空気が排出されるまで、一時的にそれぞれの流量を増加させます。潜在的にPDMS - ガラス結合の障害につながるチャネルの大きな圧力が発生するので、高流量を増加させない。
  8. 20倍magnificatio:最初のフローレートを使用して、ここに示されているノズル(結果を滴の形成を観察するnは、フレームレート21005のfps、露光約3μs)。フレームレートを最大化し、可能であれば、メモリ要件を減らすためにのみノズルにカメラの視野を減らすことができます。サンプルビデオをキャプチャし、サンプリングレートは、エイリアシングを回避するために十分であることを確認します。
  9. 図2を参照)噴射を避けるために、低水流量で開始します。徐々に流量が増加する限り、水溶液チャンネルで粒子の順序観察するために水溶液の流量を増加させる。
  10. 粒子濃度が比較的少数の "失われた"粒子と列車を提供するために低すぎるとサンプルは浮力が一致されていない場合は、物理的に注射器の出口に向かって粒子が徐々に沈降を提供するために、注射器の出口に向かってシリンジポンプを傾けます。このメソッドは、ビデオプロトコルで実証されています。定期的にその軸に沿って注射器を回転させることも望ましくないセトリング時間を減らすことができます。
  11. 適切な順序付けが行われると、発電周波数を調整するために油の流量を調整し、滴の大きさ。平均ドロップ量は、ビデオキャプチャによって測定されたドロップの発生頻度で割った水の流量を用いて計算することができる。繰り返して、目的のカプセル化レートおよびドロップボリュームを達成するために流量の両方を調整します。
  12. 一度安定して順序付けられたカプセル化が確認され、収集タンクに廃棄物リザーバからアウトレットチューブを移動したり、後続のテストのために別のデバイスに供給する。
  13. 液滴の所望の数と計算された発生頻度に基づいて収集時間を決定します。
  14. または検査のために収集されたエマルジョンのサンプルをピペッティングによりドロップ世代のビデオ結果のいずれかを使用して効率を定量化するために0、1、2、...、N粒子を含む液滴の割合を記録します。

4。代表的な結果

結果は、制御された単一粒子および制御二重粒子カプセル化( 図3)の両方を達成するが提示されています。切断による半分にFC-40のオイル流量、単一粒子のカプセル化は、2つの粒子のカプセル化になります。逆に、我々はより迅速にノズルに粒子を提供する水性流量を増加しているかもしれませんが、我々はまた、水性流れの噴射の危険性を増加したことになります。 図3のヒストグラムは、ポアソン統計との比較とともに、2例のドロップ当たりの粒子の小数を提示します。ゼロの粒子と時折の滴が時々縦の二重焦点位置のいずれかに向かって移動するローカル高い粒子濃度と粒子から、所望の結果よりもカプセル化された粒子がある​​場合にあっている間、順序付けられた列車に "欠けている"粒子による主になります。第2節で説明したようにマッチング浮力を利用されていないことに注意してください。代わりに、シリンジポンプは、物理的に実行中の粒子の高濃度につながる、注射器の出口に向かって粒子の沈降できるように傾いていた。

図4に示します。完全な順序付けずに、ローカライズされた粒子のためのグループとは、カプセル化されていますが、多くの滴が粒子を含まないです。ヒストグラムは、目的の2つの粒子のカプセル化のために減少したカプセル化効率を示しています。

図1
図1。カプセル化装置。インレット、アウトレット、長期発注チャネルを持つ1)全体的なデバイス。デバイスの高さは52μmであると順序のチャネル幅は27μmである。 b)のどちらの水溶液とオイル注入口はオイル注入口の拡大図の順序のチャネル幅のオーダーのギャップを持つ大規模なデブリフィルタを備えています。 c)の拡大ノズルのビューは22μmと広い61μmのチャネルへの急拡大のノズルの収縮が続く水と油のチャンネルで27μmの同じチャネル幅を示しています。ここに示されているデバイスの寸法を微細加工した後にプロフィルを使用して検証されていることに注意してくださいとマスク上の公称寸法とは若干異なります。発注チャネルとノズルの真のイメージは、オンラインで入手できます補足図1AutoCADのマスク·ファイルは 、この原稿を補完するものとしてオンラインで含まれています。

図2
図2。広いデバイス(80μm幅×22μmの高い)を使用して噴射遷移に滴り落ちるのヒステリシス。 )定数FC-40流量(Q オイル = 45μL/ min)で、安定した液滴形成は、Q AQ = 8μL/ minの水の流量を用いて、10 kHzで発生します。水の流量は徐々に10&mに増加するにつれU、L / minで、ストリームがトリガされた水性流体の噴射。 b)の流量が噴射が続く8μL/ minに返されます。安定した液滴形成が簡単に水性流ポンプ(1秒間のポーズが典型的です)一時停止して再確立できることに注意してください。

図3
図3。シングルとダブル粒子カプセル化。)6.1 kHzのドロップダウンの生成速度の平均液滴サイズがドロップごとにセル(Q オイル = 60μL/ minで、Q AQ = 9μL/ min)をドロップ形成24.4 PL、および単一セルのキャプチャ効率が2つのセルを持つD K = 79.5パーセントと、P はk = nのサンプルサイズの83.7パーセント(λ= 0.95)、D = 517滴とN P = 491粒子b)の液滴形成ドロップあたり30μにFC-40の流量Q 油を減らすことによって、単に達成されL /分。より大きい(39.8 PL)滴が2セル捕捉効率D K = 71.5パーセントと、P、K、N、D = 383滴とnのサンプルサイズのために= 79.5パーセント(λ= 1.80)と3.8 kHzのレートで形成されP = 689粒子。CD)二つのヒストグラムは、順序付けられた、シングルおよびポアソン統計(ランダム封入)を持つ二重粒子カプセル化のドロップカプセル化粒子の効率D k 比較します。両方のケースでは、流れの方向に粒子間隔が完全に順序付けられた、交互に粒子の17から18程度であることに注意してください。シングルとダブル粒子カプセル化の両方を示す補足ビデオがオンラインで入手できます。 補足ムービー3aを表示するには、ここをクリック補足ムービー3bを表示するには、ここをクリック


図4の濃度が大幅に濃度が減少すると)は 、完全な順序付けは発生しません。カプセル化効率に影響を与え、列車のため、 "穴"が予想される粒子よりも少ないといくつかの滴を残して、出てくる。b)のヒストグラムは、効率が低下を示します( D、K二重粒子降下がありますので、単一粒子の多くが下がるとほぼ存在λ= 1.57の低い値による2粒子のカプセル化= 55.9パーセント、P、K = 70.9パーセント)。 Q からこの図の結果は= 30μL/ minとQ AQ = 9μL/ minであり、 図3bと同様のフロー条件。代表的な補足ビデオがオンラインで入手可能です。 補足ムービー4を表示するには、ここをクリックしてください

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

発注の比較的高い程度にもかかわらず、すべてのドロップは、粒子または細胞の適切な数が含まれています。カプセル化効率は、その総数で割った望ましい占有と滴にカプセル化されたようになる細胞または粒子の数として計算することができる。これらの生データを収集し、エマルジョンのサンプル自動化された高速ビデオ·アルゴリズムから、またはイメージングのいずれかから取得することができます。これは、P kは k個の粒子とk個の粒子を含んでいるでしょうが値下がりしましたD kの画分を含むドロップダウンにカプセル化された粒子の割合と比較することができます。 図3から、両方のシングルとダブルの粒子のカプセル化効率は2倍以上で、ランダムなカプセル化の効率を上回る大幅粒子の所望の数より多いと液滴の数を減らす図4は、高効率のための適切な濃度の必要性を示しています。つまり、&lambd 、、粒子濃度とドロップボリュームの両方の機能は、正しくカプセル化粒子または細胞を最大限にするには、ドロップ当たり所望の細胞の数と等しいか、または近くに配置する必要があります。緻密な列車は時間の経過とともに広がると列車間のemptier領域を埋めるために傾向があるので、粒子または細胞の高濃度が完全に順序は通常良いことであることに注意してください。濃度が高すぎる一方で、粒子数が多いノズルで噴射誘導する界面不安定性を引き起こす可能性があります。特定の研究(例えば、単一セルのカプセル化、など)に、それはさらにいくつかの空の液滴を導入することを犠牲にして複数セルの液滴を避けるために、より有利かもしれないが、わずかに低くλが望まれるよう。また、これは2つの細胞間または細胞と単粒子または単一セルの液滴が細胞または粒子の一種の二つ以上の液滴よりも許容である粒子間の相互作用を目指した研究に適用されます。

jove_content ">時間をかけて定数λを維持することは一貫性のあるカプセル化のために重要です。シリンジおよびチューブ内の細胞と粒子の沈降を減少させることにより長期的濃度制御の浮力のマッチングを支援します。しかし、浮力が高い水溶液粘度でも結果に一致する可能性(長い焦点チャネルの要件になる)発注遅延、チャネルの圧力降下を増加させ、ドロップ生成に必要な流量を変更します。この実験で使用される一致浮力の代わりに、物理的に注射器のコンセントが指摘されているようにシリンジポンプを傾けることであるほぼ垂直に下向き(シリンジ内部に細胞または粒子の付着を最小限に抑えるため)。ここでは、1.3%(mL当たり約25万粒子)の粒子の体積分率で9.9μmの直径のミクロスフェアを使用しましたが、我々は、体積分率を高めるために傾斜を利用図3に示すように、データの2%に第二の選択肢は水性流体intermittを混在させることです。ently小さな外部磁石を使用して、同封のステンレススチールボールベアリング(テフロンは、細胞を操作するためのコーティング)である。ケアは、それが入口管への入り口をふさぐ可能性のあるボールベアリングは、注射器の先端に定住させることを避けるためにただし、必要があります。しかし、これらの選択肢はより多くの労働集約的と浮力のマッチング未満の再現性があるので、浮力の照合では、長いタイムフレーム上で発生する大規模な実験に最も適しています。一方、慣性順序は、水性及び油の流れが定常滴14を噴射になります( 図2を参照)、制御されていないカプセル化結果の滴り、高く高く押されたときに、高い更新を必要とし、動作するようにpを再。ここで使用さ10μmの粒子よりも小さいセルの場合、小さいチャネルの寸法は、流量を噴射することなく増加させることができない場合は、十分な再p 達成するために必要な場合があります。マイクロ流体システムで噴射のいずれかの特性は、ヒステリシスの影響がwを発生することができるということですHICHが難しく、それが観察されなかったポイントに戻って発生した後、単に水の流量を下げることによって噴射を停止するように。一つは、以前にドロップ発生率の追加の輪郭は、ドロップ当たりの細胞と軸方向の共同流れるノズル14とT-ジャンクション26から28用に開発されているようなフローマップを噴射する水滴次元または無次元を開発することができ、実験結果に基づいており、カプセル化効率。このマップは、ドロップの発生率はλ計算するため、水と油の流れ事前の推定流量を提供するために予測することができ、そこから強力なロードマップを提供するであろう。

直接ここに示されていませんが、 図3bに示されているものからの油の流量Q の追加削減はさらにその上に3つ、4つのドロップ当たりの粒子数を増やす、となります。ドロップあたりの粒子を達成するために、いずれかのQ 油が減少またはaqu必要がありますeous流量Q AQは増やす必要があります。余談ですが、私たちはオンラインで補足含まれているMATLABスクリプト滴の粒子の任意の数を捕捉するの封入効率をモデル化します。ユーザは、入力の平均粒子間隔と順序の度合いをモデル粒子間隔の標準偏差を、。注文した列車については、標準偏差は小さくなります。さらに、ユーザーの入力の平均滴径とドロップサイズドロップサイズの多分散性を占める標準偏差、。追加情報については、スクリプトのマニュアルを参照してください。

ときに水流量を増やしたり、極端な値の近くに、それぞれの流量として不安定な噴射の増加のリスクを低下当たりの粒子または細胞の数を増やすためのオイル流量を減少させる。従って、達成可能な粒子/ドロップ当たりのセルの最大数デバイスの形状と流体特性に依存します。粒子/細胞濃度と油の流量を考えると、ドロップ当たりの粒子/細胞の数は、水性の流量の上限によって制限され、順序を誘導するのに十分な大きさでなければなりませんが、噴射不安定を避ける(とせん断を制限するために十分小さくなければならない可能性を確保するために細胞のストレス)。また、順序が発生した水の流量を考えると、油の流量が滴り政権に残っているのに十分な十分な大きさでなければなりません。

ドロップダウンの生成と遷移を噴射する水滴は界面活性剤濃度に非常に敏感であることに注意してください。高い界面活性剤の濃度は、ドロップ生成パラメータを変更して、油の粘度を増加させます。余談ですが、フッ素系油の広く利用可能な生体適合性界面活性剤の不足は大きな課題を提示します。現在、一つの商業サプライヤー(レインダンステクノロジーズ)は、PFPE-PEGブロック共重合体界面活性剤、2のために存在して5しかし、研究はそのようなPFPE-HEGとして界面活性剤·グループの数の小規模な合成技術を実証する。このような光の鉱物油として29,30の代替は、使用可能な界面活性剤の広い範囲、24,31にアクセスするため生物学的なドロップ生成アプリケーションで利用されているしかし、フッ素油に比べて粘度の増加が付随するドロップ生成パラメータを変化させることに注意してください。最近のレビュー32は公開され、連続相の油と界面活性剤の多数を説明しています。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Disclosures

JEは、この原稿で利用技術に基づく特許出願中の発明です。

Acknowledgements

我々は、この研究で利用さPFPE-PEG系界面活性剤の例については、レインダンスの技術に感謝し、我々はPDMSチャネルのレプリカを作成するために使用されるシリコンウェハモールド用バイオMEMSリソースセンター(メフメットトナー、ディレクター)に感謝。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
AutoCAD AutoDesk
Transparency Mask Fineline Imaging Inc.
SU-8 Photoresist MicroChem Corp. 2050
Dektak Profilometer Veeco Instruments, Inc.
Petri Dish BD Biosciences 351058
PDMS Silicone Elastomer Kit Dow Corning Sylgard 184, Material Number (240)4019862
Vacuum Desiccator Jencons 250-030
Vacuum Pump Alcatel Vacuum Technology 2010 C2
Vacuum Regulator Cole-Parmer EW-00910-10
Oven Thermo Fisher Scientific, Inc. Lindberg Blue M, OV800F
Biopsy Punch, 0.75 mm Harris Uni-Core 15072
Laboratory Corona Treater Electro-Technic Products Inc. BD-20AC, SKU 12051A
Glass Slides Gold Seal 3010
Aquapel PPG Industries Alternative Strategy
Polystyrene Microspheres, 9.9 μm Thermo Fisher Scientific, Inc. G1000
OptiPrep Sigma-Aldrich D1556 Not Demonstrated
Luer-Lok Syringes BD Biosciences 1 mL: 309628 3 mL: 309585
FC-40 Fluorocarbon Oil 3M Inc. Sigma Aldrich, F9755
PFPE-PEG Fluorosurfactant RainDance Technologies
Light Mineral Oil PTI Process Chemicals 08042-47-5 Alternative Strategy
Mineral Oil Surfactant Evonik Goldschmidt Corporation ABIL EM 90 Alternative Strategy
Tygon PVC Tubing Small Parts, Inc. TGY-010
30 Gauge Luer-Lok Syringe Needle, 1/2" Small Parts, Inc. NE-301PL-C
Inverted Microscope Carl Zeiss Imaging Axio Observer.Z1
High Speed Camera Vision Research Phantom V310
Syringe Pumps (2) Chemyx Inc. Nexus 3000
Silicone Oil Dow Corning 200 fluid, 10 cSt Optional for Emulsion Storage

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Zagnoni, M., Lain, G. L. e, Cooper, J. M. Electrocoalescence mechanisms of microdroplets using localized electric fields in microfluidic channels. Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids. 26, 14443-14449 (2010).
  2. Niu, X. Z., Gielen, F., Edel, J. B., deMello, A. J. A microdroplet dilutor for high-throughput screening. Nat. Chem. 3, 437-442 (2011).
  3. Vincent, M. E., Liu, W., Haney, E. B., Ismagilov, R. F. Microfluidic stochastic confinement enhances analysis of rare cells by isolating cells and creating high density environments for control of diffusible signals. Chemical Society reviews. 39, 974-984 (2010).
  4. Huebner, A. Quantitative detection of protein expression in single cells using droplet microfluidics. Chemical communications. 1218-1220 (2007).
  5. Love, J. C., Ronan, J. L., Grotenbreg, G. M., van der Veen, A. G., Ploegh, H. L. A microengraving method for rapid selection of single cells producing antigen-specific antibodies. Nature biotechnology. 24, 703-707 (2006).
  6. Bradshaw, E. M. Concurrent detection of secreted products from human lymphocytes by microengraving: Cytokines and antigen-reactive antibodies. Clin. Immunol. 129, 10-18 (2008).
  7. Liu, W. S., Kim, H. J., Lucchetta, E. M., Du, W. B., Ismagilov, R. F. Isolation, incubation, and parallel functional testing and identification by FISH of rare microbial single-copy cells from multi-species mixtures using the combination of chemistrode and stochastic confinement. Lab on a chip. 9, 2153-2162 (2009).
  8. Boedicker, J. Q., Li, L., Kline, T. R., Ismagilov, R. F. Detecting bacteria and determining their susceptibility to antibiotics by stochastic confinement in nanoliter droplets using plug-based microfluidics. Lab on a chip. 8, 1265-1272 (2008).
  9. Koster, S. Drop-based microfluidic devices for encapsulation of single cells. Lab on a chip. 8, 1110-1115 (2008).
  10. Kelly, R. T., Page, J. S., Marginean, I., Tang, K., Smith, R. D. Dilution-free analysis from picoliter droplets by nano-electrospray ionization mass spectrometry. Angew Chem. Int. Ed. Engl. 48, 6832-6835 (2009).
  11. Hong, J., deMello, A. J., Jayasinghe, S. N. Bio-electrospraying and droplet-based microfluidics: control of cell numbers within living residues. Biomedical materials. 5, 21001 (2010).
  12. Edd, J. F. Controlled encapsulation of single-cells into monodisperse picolitre drops. Lab on a chip. 8, 1262-1264 (2008).
  13. Anna, S. L., Bontoux, N., Stone, H. A. Formation of dispersions using "flow focusing" in microchannels. Applied Physics Letters. 82, 364 (2003).
  14. Utada, A., Fernandez-Nieves, A., Stone, H., Weitz, D. Dripping to Jetting Transitions in Coflowing Liquid Streams. Physical Review Letters. 99, (2007).
  15. Chabert, M., Viovy, J. L. Microfluidic high-throughput encapsulation and hydrodynamic self-sorting of single cells. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 105, 3191-3196 (2008).
  16. Segrí, G., Silberberg, A. Radial Particle Displacements in Poiseuille Flow of Suspensions. Nature. 189, 209-210 (1961).
  17. Carlo, D. D. i Inertial microfluidics. Lab on a chip. 9, 3038-3046 (2009).
  18. Carlo, D. D. i, Edd, J., Humphry, K., Stone, H., Toner, M. Particle Segregation and Dynamics in Confined Flows. Physical Review Letters. 102, (2009).
  19. Humphry, K. J., Kulkarni, P. M., Weitz, D. A., Morris, J. F., Stone, H. A. Axial and lateral particle ordering in finite Reynolds number channel flows. Physics of Fluids. 22, 081703 (2010).
  20. Lee, W., Amini, H., Stone, H. A., Carlo, D. D. i Dynamic self-assembly and control of microfluidic particle crystals. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 107, 22413 (2010).
  21. Duffy, D. C., McDonald, J. C., Schueller, O. J. A., Whitesides, G. M. Rapid prototyping of microfluidic systems in poly(dimethylsiloxane. Anal. Chem. 70, 4974-4984 (1998).
  22. Kotz, K., Cheng, X., Toner, M. PDMS Device Fabrication and Surface Modification. J. Vis. Exp. (8), e319 (2007).
  23. Haubert, K., Drier, T., Beebe, D. PDMS bonding by means of a portable, low-cost corona system. Lab on a chip. 6, 1548-1549 (2006).
  24. Hatch, A. C. 1-Million droplet array with wide-field fluorescence imaging for digital PCR. Lab on a chip. 3838-3845 (2011).
  25. Holtze, C. Biocompatible surfactants for water-in-fluorocarbon emulsions. Lab on a chip. 8, 1632-1639 (2008).
  26. Garstecki, P., Stone, H., Whitesides, G. Mechanism for Flow-Rate Controlled Breakup in Confined Geometries: A Route to Monodisperse Emulsions. Physical Review Letters. 94, (2005).
  27. Garstecki, P., Fuerstman, M. J., Stone, H. A., Whitesides, G. M. Formation of droplets and bubbles in a microfluidic T-junction-scaling and mechanism of break-up. Lab on a chip. 6, 437-446 (2006).
  28. Nie, Z. Emulsification in a microfluidic flow-focusing device: effect of the viscosities of the liquids. Microfluidics and Nanofluidics. (2008).
  29. Holt, D. J., Payne, R. J., Chow, W. Y., Abell, C. Fluorosurfactants for microdroplets: interfacial tension analysis. Journal of colloid and interface science. 350, 205-211 (2010).
  30. Holt, D. J., Payne, R. J., Abell, C. Synthesis of novel fluorous surfactants for microdroplet stabilisation in fluorous oil streams. Journal of Fluorine Chemistry. 131, 398-407 (2010).
  31. Hatch, A. C., Fisher, J. S., Pentoney, S. L., Yang, D. L., Lee, A. P. Tunable 3D droplet self-assembly for ultra-high-density digital micro-reactor arrays. Lab on a chip. 11, 2509-2517 (2011).
  32. Baret, J. C. Surfactants in droplet-based microfluidics. Lab on a chip. 12, 422-433 (2012).

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Usage Statistics