エア·液界面での人間の鼻上皮細胞の培養

1Center for Environmental Medicine, Asthma, and Lung Biology, The University of North Carolina at Chapel Hill, 2Department of Pediatrics, The University of North Carolina at Chapel Hill, 3Pulmonary Diseases and Critical Care, The University of North Carolina at Chapel Hill, 4Curriculum in Toxicology, The University of North Carolina at Chapel Hill
Biology

Your institution must subscribe to JoVE's Biology section to access this content.

Fill out the form below to receive a free trial or learn more about access:

 

Summary

ヒトボランティアの表面掻き取り、生検により得られた鼻上皮細胞は、組織培養インサートに展開され、転送される。コンフルエントに達したら、細胞は、繊毛および非繊毛細胞の培養物を得、空気液体界面で成長させる。差別化された鼻の上皮細胞培養物は、呼吸器粘膜を研究するための実行可能な実験モデルを提供する。

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations | Reprints and Permissions

Müller, L., Brighton, L. E., Carson, J. L., Fischer II, W. A., Jaspers, I. Culturing of Human Nasal Epithelial Cells at the Air Liquid Interface. J. Vis. Exp. (80), e50646, doi:10.3791/50646 (2013).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

in vitroモデルヒト初代上皮細胞を用いて、微生物感染または吸入薬のコンテキストで気道上皮の主要な機能を理解する上で不可欠です。病気の集団から得られた細胞の直接比較は、私たちは異なる表現型を特徴づけるし、上皮細胞の機能の変化を仲介する根本的なメカニズムを分析することができます。ヒト気管気管支領域からの上皮細胞を培養することは、十分に文書化されているが、気管支ブラシ生検の取得と関連するヒト肺組織または侵襲性の利用可能性によって制限される。鼻上皮細胞ははるかに低侵襲性表在性鼻擦り生検を介して得られ、被験者は、有意な副作用を複数回生検することができる。さらに、鼻呼吸器系へのエントリポイントであり、したがってそのような抗菌剤として空気中のストレッサーの任意の種類に露出される最初の部位、のいずれか、汚染物質、またはアレルゲン。

簡潔には、ヒトボランティアから得た鼻上皮細胞は、コーティングされた組織培養プレート上に展開し、次に細胞培養インサート上に転写される。コンフルエンシーに達すると、細胞は、より生理学的に関連する条件を作り出す数週間、例えば、気液界面(ALI)で培養され続ける。 ALI培養条件は繊毛と細胞を産生する粘液の両方で、人間の鼻上皮と同様の形態学的および機能的な特徴を示す差別化上皮につながる定義されたメディアを使用しています。分化した鼻上皮細胞と組織培養インサートは研究課題(薬理学的薬剤による治療、レンチウイルスベクター、ガスへの曝露、又は微生物剤の感染による形質導入)に応じて様々な方法で操作さに至るまで、多数の異なるエンドポイントのために分析することができる細胞および分子経路、機能的CHアンジェス、形態など

分化したヒトの鼻上皮細胞の試験管内モデルでは 、主に、生体内で鼻上皮を模倣器官実験モデルを使用して新規で重要な研究課題に対処するために研究者を可能にします。

Introduction

技術の目的

気道上皮細胞(EC)を直接このような病原体、アレルゲンまたは大気汚染物質などの吸入環境ストレスにさらされる最初の部位の一つである。 ECの構造的障壁を超えている:彼らは可溶性メディエーター4-6とそのsurfac 7-9上のリガンド/受容体の発現の解放を経由して、呼吸器、免疫応答1-3を開始し、制御する交換機として機能します。不死化細胞株は、インビトロでのEC呼吸を研究するためのモデルとして使用することができるが、それらはin vivoで観察されるものと同様の偏極繊毛および粘液産生細胞からなる不均一な細胞集団に分化することができない。 in vivoで観察気道上皮の重要な特性を再現するために、一次気道のECを使用することができる。そのため、私たちの目標は、鼻のEC(NECの)を利用し、本手法を最適化することであったヒトボランティアから得た。 NECのは、インビボで見られる鼻上皮の特徴の多くを模倣するNECの分化の細胞培養モデルを得、 インビトロで増殖培養する。

論理的根拠

生体内の状況模倣ヒト初代のEC 用いたin vitroモデルの使用は、 -この研究で説明したように- 、病気ECの具体的な違いが、気道上皮に関連する生理的パラメータ、またはECおよび他の細胞型間の相互作用を研究するユニークな可能性を提供しますこのような樹状細胞10、ナチュラルキラー細胞11やマクロファージなど。いくつかの既存の方法はbronchoscopies中に、またはそうでなければ廃棄された肺組織から12-17ブラシ生検を介して、侵襲的に得ることができる気管支電気部品を利用する。また、完全に分化したヒト気道上皮細胞培養物を得るための商業的供給源はマテック、アッシュ、MA、Clonetics社から(EpiAirwayモデルが存在調査官は異なるドナーから選択することができますロンザ、バーゼル、スイス、Epithelix SARS、スイスのジュネーブからMucilAir)から。しかし、市販されている上皮細胞の限られたプール、パラメータの限定されたまたは所定の設定、市販の一次ヒト気道のEC、そして廃棄肺組織または新たに採取したヒト気管支生検組織への限定的なアクセスを取得することで、コストの多くの研究者を禁止する完全に分化したヒト気道のECでの研究を行うから。したがって、我々は1)非侵襲的に得られたヒトNECのを利用する技術を開発するために着手し、2)分化したヒト気道上皮の文化をもたらしプロトコルを提供し、3)既存の組織培養インフラのほとんどのラボ設定で、再現性がある。

既存の技術/モデルに比べて利点

気管支や末梢気道のECに比べて、はるかに少ない侵襲的であるように、新鮮なNECの入手方法は、個々のS重大な副作用が複数回の生検することができ、表面的な鼻掻き生検は、そうでなければ、研究関連のbronchoscopiesの対象とならないだろう、罹患集団で行うことができる。 NECのを得るための非侵襲的な表面的な掻き生検は、研究者が達成される研究目的に合わせて年齢 、性別、疾患の状態を含め、 先験的ドナーの仕様を設定することができます。調査研究を設計する際にこのようにして、研究者は、商用ベンダー、またはデザイン侵襲的な気管支鏡検査の研究から、高価な分化した細胞培養モデルを購入し、臨床的に利用可能な組織/上皮試料によって限定されるものではない。また、NECの使いやすさを得るためには、観察された所見の統計的な妥当性を増強する異なるドナーからの細胞で実験を実施する能力を、増加させる。最後に、鼻に空気中のストレッサーの任意の種類に露出された最初のサイトの一つである。このように、 器官を生成する鼻上皮を模倣するインビトロ培養系は、容易にこの細胞培養系を使用することによって達成することができるウイルス粒子、汚染物質、アレルゲン、又はガスの吸入を研究するために有用である。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

1。プラスチックの構造を準備します。コートプレート

  1. 12ウェルプレートの各ウェルに500μlのPureCol(滅菌水で希釈1:100)を添加する。
  2. 30分間インキュベーター内で37℃でインキュベート、PureColを削除し、細胞をプレートに添加する前にHBSS権で洗い流し(以下のステップ3.1を参照)。

2。取得と人間NECのの前処理生検

  1. 鼻掻き生検
    1. 鏡(モデル21700)を持つオペレーティング·オトスコープに9ミリメートル、再利用可能なポリプロピレン製鼻鏡(モデル22009)を通して直視下鼻甲介の内側を覆う表面的なECのを入手します。このデバイスは、鼻甲介と運動の柔軟性の最適な可視化を提供します。
    2. わずかに後方に傾いたり診察台に仰臥位で横たわって頭をまっすぐにバックアップされた椅子に直立座っ対象で生検を行う。
    3. 鼻孔と劣っturbiに耳鏡の鏡を挿入しますネイトは、照明で可視化した。
    4. 鼻甲介の奥まで遠位延長先で鏡を通して無菌熱可塑キューレットを挿入します。
    5. 鼻甲介の下面に穏やかな圧力を使用して、キューレットは、粘膜表面5X渡って描かれ後退する。毛細管現象によって保持粘膜細胞の正常な取得は、キューレットのカップには明らかであろう。
  2. のRPMI 1640の8ミリリットル、氷上輸送を含む15ミリリットルコニカルチューブにサンプルを配置します。
  3. 、プローブを取得するために鉗子を使用して、P-1000ピペットでRhinoのプローブから組織を取り除く、プローブを破棄
  4. 遠心分離機、上清を吸引し(注意:ペレットを吸引しないように注意してください)​​を(4℃、400×gで、5分間)ペレット化する。
  5. 100X DNアーゼ1の10μlで1ミリリットルBEGMでペレットを再懸濁します。
  6. 室温で20分間インキュベートする。
  7. 遠心分離機(4℃、400×gで、5分)、上清を吸引しないでください!

3。 Sプラスチック上EED細胞(0日目)

  1. プレートからPureColを削除し、HBSSで洗い流し(も1.2ステップ参照)。
  2. (メディアのメニスカスがウェルの中央に表示されるまで、80〜100μL)塗装板の(生検サイズに応じて)1-4ウェルにBEGM +メディアの最小容積を追加します。
  3. 慎重にあまりにも多くのメディアを吸引することなく、チューブから生検組織のペレットを除去するために、P-1000ピペットを使用してください。
  4. 、井戸の中央にペレットを移し、細胞のクラスタとして一緒に生検を維持し、単一細胞懸濁液を作るために別れるません。播種することができる4つのウェルまでの良好な生検が得られます。組織培養インキュベーター(37℃、5%CO 2、> 90%相対湿度)中にプレートを置く。
  5. (メニスカスを乱すことなく)十分なメディアがあることを保証するために、2時間後に確認してください。
  6. 1日目は、24時間後に播種:すべてのウェルのすべての非接着細胞を回収(ティルトプレートとP-1000のセルでメディアを集めて、C1.5ミリリットルの遠心管中のすべてのウェルollect)。
  7. 遠心分離(4℃、400×gで、5分間)。
  8. 細胞懸濁液を遠心分離しながら:0日目に播種した細胞にBEGM + +とBEGM +メディア混合物を250μlの約250μLを加える。
  9. 繰り返し、非接着細胞用3.1から3.5を繰り返します。
  10. 日2-5:毎日の細胞の変化媒体; BEGM +メディア段階的に(播種後2日目の量減らし、各ウェルに500μlのメディアを追加します。125μLBEGM +プラス375μLBEGM +、播種後3日目と次の日:73 μLBEGM +プラス427μLBEGM +)。

4。フラスコ中の細胞を増殖

  1. 日々のセルを監視、彼らは80〜90%の集密度に達すると(彼らは時間がかかる場合には、通常5〜7日の生検後、彼らが正常に成長しない)リフト細胞以下のとおりです。慎重に培地を吸引し、0.25%トリプシン500μlのを追加細胞が剥離するまで、ウェル毎に、(それは通常は2〜3分かかります)、37℃で保管してください。
  2. 必要性を準備する15mlチューブ中の大豆トリプシンインヒビター(SBTI)(1ミリリットル当たりトリプシン750μL)のEDの音量。
  3. 繰り返しピペッティングトリプシン溶液ダウンによって細胞を取り除く。SBTIで15ミリリットルコニカルチューブを剥離した細胞を移す。
  4. 細胞とチューブにHBSSを追加、合計1ミリリットルHBSS中で全てのウェルを洗浄します。
  5. 、(4℃、400×gで、5分間)ペレットメディアを吸引し、1ミリリットルBEGM +メディアに再懸濁し、チューブを渦に遠心します。
  6. ペレットサイズに応じて、T25やT75フラスコ中の細胞を展開します(これはP1である。約2集密ウェルが1 T75フラスコに入り、1集密よく1、T25には十分ですが、通常は2融合性ウェルは1 T75)を得た。
    1. (T75のための5ミリリットルごとに、T25のための3ミリリットルずつ)フラスコにBEGM +を追加します。
    2. フラスコに細胞懸濁液を追加します。組織培養インキュベーターにフラスコを転送します。
  7. 24時間後にフラスコ播種:フラスコ(T75とT25に3ミリリットル、10ミリリットル)に追加BEGM +メディアを追加します。

5。組織培養インサート上で細胞を播種

  1. フラスコから培地を除去し、トリプシン(T25用3ミリリットル、T75フラスコのための4ミリリットル)を追加します。
  2. 細胞が剥離するまで、37℃でインキュベートする(約2〜3分)。
  3. 15ミリリットルチューブにSBTI(T25用1ミリリットルのトリプシン> 2.25ミリリットル、T75のための3ミリリットル当たり750μl)を準備します。
  4. ダウンフラスコをテーピングし、ピペッティングにより細胞を取り除くとSBTIとコニカルチューブに移す。
  5. 15mlチューブにHBSSを加え、HBSS(T25、T75のための2ミリリットルのための1ミリリットル)でフラスコを洗浄します。
  6. 遠心分離機(4℃、400×gで、5分間)ペレットにし、上清を注意深く除去します。
  7. プレートを準備します。シードされたことを行っているか多くのプレートを決定し、サンプルコードや番号、継代数( すなわち P2)と日付でプレートにラベルを付ける。基底室に700μLBEGM +メディアを追加します。
  8. チューブをボルテックスで1ミリリットルBEGM ALI培地で細胞ペレットを再懸濁します。
  9. (T25は通常、約4万個の細胞を生産、T75は、島によっては最大20万個の細胞を持つことができます。1 12ウェルプレートのための細胞の1から2000000を使用してください)​​、血球計数器で細胞をカウントして細胞懸濁液を希釈(プレート当たり2.5ミリリットルのメディアに1.2×10 6細胞)を播種する必要があり、プレートの量のために必要な総容量BEGM ALIメディア(注:細胞の一部を凍結する場合は、チューブにラベルを付け、細胞を除去ここに:我々は通常、メディアの凍結の2ミリリットル中の2×10 6個の細胞を凍結する)
  10. 各コーティングされていないコーニング12well細胞の頂端側に200μlの細胞懸濁液を追加挿入(>これは約80,000〜150,000個/挿入されます。0.4ミクロンの細孔のポリエステル(ポリエチレンテレフタレート(PET))メンブレンインサート付き12mmのトランスウェル)は、組織培養インキュベーターに移す。
  11. 24時間後、頂端メディア(200μlの増殖培地)を変更。
  12. 細胞培養の維持:(BEGM ALI媒体、700μlの基底外側および200μlの頂端)メディアを変更日おきに。インサートは、細胞が(単層に穴が見えない)、完全にコンフルエントになるまで水没維持されなければならない。それは、細胞が最も可能性の高い実行可能ではありません長い時間がかかる場合は、細胞数に依存し、これは通常、2〜6の間で日かかります。

6。エア·液界面を確立する(トランスウェル上の細胞が完全にコンフルエントのとき)一度細胞が完全にコンフルエント

  1. 細胞が完全にコンフルエントになったら48時間500nMのレチノイン酸を補給しBEGM ALIメディアの両方先端および基底外側のメディアを交換してください。
  2. レチノイン酸を添加した後の48時間はBEGM ALIメディアを補足:PneumaCult-ALI 維持培地(以下、メーカーの説明書)を準備します(基礎コンパートメントの通常8.5ミリリットル1版用)に必要な媒体の体積を計算し、1ミリリットルあたりの追加完全基礎培地をPneumaCult :

    10μLPneumaCult 100X保守サプリメント
    (2 mg / mlの保存溶液)2μlのヘパリン
    (96μL/ mlの保存溶液)5μLヒドロコルチゾン。

  3. すべてのメディアを削除し、基底外側のみ(頂端側の無培地)に700μlのPneumaCult-ALI保守メディアを追加。
  4. ALIで4週間の細胞培養を維持する。
    1. (月曜日、水曜日と金曜日のスケジュールは私たちのためにうまく動作します)一日おきにメディアを変更。
    2. ALIの1週間後、一週間(水曜日)、一度先端表面を洗浄されています慎重に吸引し、培養器で10分のためにそれらを保つため、頂端側に200μlのHBSSを追加HBSSを(HBSSをオフに吸引するピペットの先端に200μLのヒントを使用して、生物学的安全キャビネット内の真空トラップに付着したガラスピペット内の9を使用します)。

注意:変更板間のヒントだけでなく、側底対頂端面から行くときのヒントを変更する。 ALIで約2週間後、細胞は分化し始めると、繊毛が表示される。細胞培養は、ALIで約4週間後に完全な差別化を達成。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

NECのは、ここで説明するプロトコルは、生体内の状況( 図1)を表す繊毛と非繊毛細胞から構成されるECの異質層に再差別次培養した。差別化NECののいくつかは、(AB / PAS、 図1Bを用いた青色に染色細胞)を産生する粘液である。ここで紹介するプロトコルが最適化されるにもかかわらず、全体的な分化は、細胞集団(:粘液産生細胞:繊毛細胞、すなわち異なる比率の非繊毛細胞)の分布に関して変化し得る、あるいはそれ以上の扁平上皮を生じる。これらの変化は、我々が以前の喫煙者18からNECのを使用して実証したように、ドナー集団に依存し、したがって、基礎疾患表現型の要約を表すことができます。 図2は 、異なるプロトコルやメディア製剤を使用して次善の再分化NECの例を示しています。細胞は扁平であり、直方体や繊毛でもないし、多列気道上皮( 図2)を模倣しないでください。

図1
図1。再分化したヒト培養NEC。NECの4%PFAで固定し、パラフィンに包埋した。培養物を(19に記載の方法に従って)、ヘマトキシリンおよびエオシン(A)で染色し、アルシアンブルー/過ヨウ素酸-シッフ(B)した。画像は明確な組織、立方構造、粘液産生杯細胞だけでなく、繊毛のECとNECのを示しています。

図2
図2。ヘマトキシリンおよびエオシンは次善の文化のパラフィン包埋切片を染色した。次善の分化とNECの培養。細胞は、何cuboidaを扁平表示されないL構造、無繊毛細胞。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

呼吸のECは、外因性の刺激20から人体を保護するだけでなく、可溶性メディエーターまたは直接受容体-リガンドの細胞-細胞相互作用の分泌を介して開始し、呼吸器、免疫防御応答を1-3に調節するための配電盤として作用する物理的障壁だけを提供する。さらに、免疫応答におけるECの役割を研究するための病気の集団からの電気部品間の電位差を調べるために、又は電気部品に対する外因性ストレスの影響を研究するためには、in vivoでの状況を再現することが重要である。人間の気道は、繊毛細胞、杯細胞および基底細胞20などの異なる上皮細胞を含む40以上の異なる種類の細胞20を含んでいる。我々のプロトコルは、表面的な鼻掻き生検が大きく、生体内で鼻上皮を模倣した、NECの培養を得、再分化を受けることを拡大し、培養することができるNECのを得るために処理する方法について説明します

器官に分化した初代ヒトNECのこのin vitroモデルを使用すると、様々なアプリケーションのためのユニークな可能性を提供します。それがNECの疾患特異的な差異を研究できます( 例えば 、嚢胞性線維症、喘息、喫煙)、病気のメカニズムの基礎となるだけでなく、大気汚染物質への制御されたエクスポージャー( 例えばオゾン、ディーゼル排ガス、タバコの煙)18,21-23。また、組織培養インサート上で成長させた分化したNECのは、制御された環境における細胞-細胞相互作用を調べることができるように、他の細胞型( 例えば 、樹状細胞、ナチュラルキラー細胞、またはマクロファージ)10,11との共培養に役立つ。

我々は、多くの以前に公表された研究24-27において使用されている気管支上皮細胞を、培養およびNECの再分化を記載していない。の使用と比較してNECのの使用が有利であることができる、なぜ我々は、様々な理由を参照してください。気管支のEC。まず、表在性鼻スクレープ生検を得ることは、ブラシ生検を取得するために気管支鏡検査を実施するよりも安価である。第二に、既存の様々な疾患( 例えば喘息患者を断つ)、得られた下気道上皮細胞への研究に関連した気管支鏡検査を実施することは非現実的である。しかし、Rhinoのプローブで劣る鼻甲介の下面をこするの低侵襲性手順は、これらの科目で行うことができる。第三に、鼻擦り生検は、任意の重大な副作用なしに28〜30(生検の間に、通常約4週間)は、同一の個体が複数回で行うことができる。第四に、NECのは、このような大気汚染物質、病原体又はアレルゲンなどの環境ストレスを吸入するために露出される第1のセルの間であり、したがって、気道上皮細胞に対するこれらのストレスの影響を研究するためのインビトロモデルにおいて貴重表す。

再異なる種々の細胞培養系人間のECをentiated(Epithelix SARS、スイスのジュネーブからマテック、アッシュランド、マサチューセッツ、ロンザからClonetics社、スイス·バーゼル市にMucilAirから例えば EpiAirwayモデル)市販されている。これらの市販の細胞培養物は、長時間安定したままで、十分に特徴付けられている。しかしながら、これらは高価であり、研究は、通常、異なる個体からのサンプルの小さい値に制限される。加えて、供給業者によって提示可用性に依存するドナー集団を、制御することは困難である。新たに研究者が(例えば、年齢、性別、人種、体重、ボディマス指数、疾患状態、薬物の使用など )被験体の特性を制御することを可能にし、再呼び出しのボランティアが電位に戻っ表在スクレープ生検でNECのを取得するフォローアップ。

obtainin:一般的には(気管支または鼻のいずれか)の再分化ヒト気道のため、すべての公開されたプロトコルALIのECSは、同様の手順を含むgでのEC、組織培養フラスコ中で細胞を拡大し、ALIでの分化のための多孔性細胞培養インサートに転送する。プロトコルは、メディアの種類に成長因子サプリメント、継代の数、挿入体のコーティング、およびALIを確立する前にNECの活性化を変化させる。あるプロトコルにおいて、取得し、消化後に細胞をコーティングされていないインサート上に直接播種のみ使用前に13 ALIで数日間保持しながら、他のプロトコルは、数週間ALI 12,14,15に再分化するための培養を含む。コラーゲンまたは他の細胞外マトリックス成 ​​分とのインサートをコーティングについての一貫性がありません。いくつかのプロトコルは、コーティングを必要としながら、12,15他はコーティングされていないインサート13,14を使用しています。しかし、培養条件は、特にインキュベータ設定、非常に重要である。 > 90%である必要がある相対湿度、および5%に調整されるべきであるCO 2は 、非常にあるALI細胞培養物の乾燥を防ぎ、メディアをバッファリングするのに役立つ重要な要素。我々の経験を共有するために、我々は100%の成功率が存在しないことに言及したい。一部のNECのサンプルがインサートに付着しないか、密集度に到達することはありませんしながら、いくつかの鼻掻き生検サンプルは、組織培養プレートに付着しない。長年にわたり、ここに記載したプロトコルを使用して我々の全体的な成功率は約80%である。我々の経験では、喫煙者と定義され、罹患集団からNECのの培養は、健康な非喫煙者からのNECのよりも困難であることを示している

初代ヒトNECのを培養するための我々のプロトコルは、我々は長年にわたって最適化されたいくつかの重要なステップが組み込まれています1。これらは組織培養インサート上に播種される前に、NECのは二回しか展開されます。 2。インサートは、コーティングされていない使用されている。 3。組織培養プレート上に播種した後、NuSerum量を段階的に細胞が組織培養からリフトオフすることを避けるために低減されるプレート。 4。 NECの完全な再分化を確実にするために、実験で使用する前に、ALIで少なくとも25〜28日間維持される。要約すると、ここで説明するプロトコルは、文化とアリで再差別人間NECのに最適化されたプロトコルが含まれています。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Disclosures

著者らは、開示することは何もありません。

Acknowledgments

著者らは、有用入力に対してリサデイリーに感謝したいと思います。

この作品は、国立衛生研究所(ES013611とHL095163)からの補助金によって支えられて、フライトアテンダント医学研究所(FAMRI)、および環境保護庁(CR83346301)とは、利害の衝突を宣言していません。内容はもっぱら著者の責任であり、必ずしも国立衛生研究所の公式見解を示すものではありません。この資料に記載された研究は、ノースカロライナ州チャペルヒル大学の環境医学、喘息および肺生物学センターとの協力協定のCR83346301を通じて、米国環境保護庁(EPA)によって部分的に資金を供給してきたが、それが施されていない代理店の必要なピアおよび政策見直し、したがって必然的に機関の見解を反映するものではない、と公式承認は一切関係ありません。 O言及Fの商号または市販品を使用するために承認または推奨するものではありません。ロレッタ·ミュラーは、個人的な補助金とスイス国立科学財団によってサポートされています。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
Nasal speculum Welch Allyn Model 22009 9 mm, reusable polyproylene
Operating otoscope Welch Allyn Model 21700
Rhino probe cell cuvette Arlington Scientific SY-96-092 bend the head of the cuvette a little more
12-well culture plates Corning 3512
Transwell membrane cell culture inserts Corning 3460
Tissue culture flask Corning 430639 and 430641 T25 and T75 vented flask
RPMI 1640 media (with L-Glutamine) Gibco 11875
Bronchial/Tracheal Epithelial Cell Growth Medium Cell applications 511-500
BEGM Bronchial Epithelial Cell Growth Medium Lonza CC-3170 This comes as a kit of one bottle of medium and vials with supplements.
Sodium Bicarbonate 7.5% solution Gibco 25080 Use as it is.
NuSerum BD Biosciences 355104 Use as it is.
BAMBANKER freezing media BAMBANKER 302-14681 Use as it is.
CoolCell Biocision HTBCS-136 (CryoPrep alcohol-free cell freezing container)
PureCol AdvancedBioMatrix 5005-B dilute 1:100 with sterile water (should be roughly 0.03 mg/ml)use 500 μl/well of a 12-well plate
HBSS with Ca2 and Mg2+ Gibco 14025
DNAse 1 Sigma DN25 Dissolve at 1.5 mg/ml, which is a 100x solution, add 10 μl to each ml of media
Trypsin, 0.25%, 1x, with phenol red Gibco 25200-056 Use at it is
Soy Bean Trypsin Inhibitor (SBTI) Sigma T6522 Use dissolved in HBSS at a concentration of 1 mg/ml
Retinoic acid Sigma R7632 Make it up 100 μM stock solution (see below), dilute to 10 μM with absolute alcohol, take 5 μl of this and add it to 1 ml BEGM media (our working solution).

All-trans Retinol has a coefficient of extinction of 52,480 in ethanol at 325 nm. Dissolve 25 mg in 50 ml absolute ethanol. Serial dilutions need to be made, dilute 50 ml of stock in 450 ml absolute ethanol, take 50 ml of this, dilute in 450 ml absolute ethanol, take 50 ml of this, dilute in 450 ml absolute ethanol, and again take 50 ml of this, dilute in 450 ml absolute Ethanol, take 100 ml of this and dilute in 900 ml absolute ethanol and read in the spectrophotometer at 325 nm, this number is then multiplied by its’ dilution factor, then divided by the extinction coefficient of 52,480, this will give a number in mM. Make a 100 mM stock (store at -20 °C) and from this stock a 10 mM aliquot is made, the daily retinoic acid needed would be 5 ml of this 10 mM aliquot in 995 ml ALI media. Example: 325nm reading is 1.15. 1.15 x 10,000 (dilution factor) / 52,480 = 0.219 = 219 mM, make a 100 mM stock from this, in absolute ethanol.
DMEM high glucose (1x), liquid, with L-glutamine and sodium pyruvate Gibco 11995
Bovine Pituitary Extract Gibco 13028-014 Used for BEGM ALI media.
Nystatin Sigma N4014-50 mg Make up a solution of 3.3 mg/ml.
Bovine Serum Albumin Fisher Scientific BP1600-100 Make up a solution of 10 mg/ml solution in milliQ water.
PneumaCult-ALI media StemCell 5001 This comes as a kit of one bottle of medium and vials with supplements. For details see below.
Hydrocortisone StemCell 7904 Dissolve 2.4 mg hydrocortisone in 1 ml ddH2O (used to make the 200x Hydrocortisone stock solution)
Heparin Sodium Salt in PBS (2 mg/ml) StemCell 7980 Use at it is.
Filter flasks (500 ml) Corning 431097 0.22 μm pore size
Filter tubes (50 ml) Millipore SCGP00525 Steriflip, 0.22 μm pore size
Pipette tips - ART Barrier Tips Molecular Bioproducts 2139RI, 2069RI, 2179RI
Conical tubes, sterile, 15 ml and 50 ml
ddH2O, absolute ethanol, ice
CO2 incubator
refrigerated centrifuge
biological safety cabinet
pipettes (p2, p200, p1000), 9 in glass pipettes
gloves
lab coat with tight cuffs
Media and solutions used: Recipe Used for
General remark: always warm the media to room temperature
BEGM media
  • 500 ml BEGM Cell Application media with one aliquot of retinoic acid
(mix them half-half and filter )
  • 500 ml BEGM Lonza media with one aliquot of single quot supplements
  • digestion of the biopsy
BEGM+ media
  • 50 ml BEGM media
  • maintaining cells on plastic in the plates (passage0)
  • 10 μl retinoic acid (working solution)
  • seeding cells in the flask (passage1; partially)
  • maintain the cells in the flask
BEGM++ media
  • 50 ml Lonza’s BEGM media with supplements
  • seeding fresh cells in 12-well plate on plastic
  • 1 ml Sodium BiCarb
  • maintaining cells in the plates on plastic (passage0; only partially)
  • 2.5 ml NuSerum
  • seeding cells in the flask (passage1; partially)
BEGM ALI media
  • 250 ml DMEM-H
  • Maintaining cells on the transwell before they go ALI
  • 250 ml BEGM including supplements
  • 2 ml Bovine Pituitary Extract (12.5 mg/ml solution)
  • 1 ml Nystatin (3.3 mg/ml solution)
  • 75 μl BSA (10 mg/ml solution)
200X Hydrocortisone Stock Solution (96 μl/ml solution)
  • 200 μl dissolved hydrocortisone
  • As a supplement to the PneumaCult-ALI Complete Base Medium for the last day in the flask and when cells are on inserts
  • 4250 μl dissolved sodium chloride
  • 540 μl ddH2O
  • 10 μl absolute ethanol
Filter solution through 0.22 μm filter, aliquot solution and store at -20 °C, avoid additional freeze/thaw cycles
PneumaCult-ALI Complete Base Media
  • 450 ml PneumaCult-ALI Basal Medium
  • Base medium for all three PneumaCult-ALI media
  • 50 ml PneumaCult 10x Supplement
  • The PneumaCult media is light sensitive, thus always keep it in the dark
(this is stable for 2 weeks at 2-8 °C or for up to 6 months at -20 °C)
PneumaCult-ALI Maintenance Medium Per 1 ml of PneumaCult-ALI Complete Base Medium add: ALI culture on inserts
  • 10 μl PneumaCult 100x Maintenance Supplement
  • 2 μl Heparin (of a 2 mg/ml stock solution)
  • 5 μl Hydrocortisone (of a 96 μl/ml stock solution)

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Swamy, M., Jamora, C., Havran, W., Hayday, A. Epithelial decision makers: in search of the 'epimmunome. Nat. Immunol. 11, 656-665 (2010).
  2. Vareille, M., Kieninger, E., Edwards, M. R., Regamey, N. The airway epithelium: soldier in the fight against respiratory viruses. Clin. Microbiol Rev. 24, 210-229 (2011).
  3. Muller, L., Jaspers, I. Epithelial cells, the "switchboard" of respiratory immune defense responses: Effects of air pollutants. Swiss Med. Wkly. (2012).
  4. Sanders, C. J., Doherty, P. C., Thomas, P. G. Respiratory epithelial cells in innate immunity to influenza virus infection. Cell Tissue Res. 343, 13-21 (2011).
  5. Robertson, M. J. Role of chemokines in the biology of natural killer cells. J. Leukoc. Biol. 71, 173-183 (2002).
  6. Adachi, M., Matsukura, S., Tokunaga, H., Kokubu, F. Expression of cytokines on human bronchial epithelial cells induced by influenza virus. A. Int. Arch. Allergy Immunol. 113, 307-311 (1997).
  7. Borchers, M. T., Harris, N. L., Wesselkamper, S. C., Vitucci, M., Cosman, D. NKG2D ligands are expressed on stressed human airway epithelial cells. Am. J. Physiol. Lung Cell Mol. Physiol. 291, L222-L231 (2006).
  8. Groh, V., et al. Costimulation of CD8alphabeta T cells by NKG2D via engagement by MIC induced on virus-infected cells. Nat. Immunol. 2, 255-260 (2001).
  9. Obeidy, P., Sharland, A. F. NKG2D and its ligands. Int J. Biochem. Cell Biol. 41, 2364-2367 (2009).
  10. Horvath, K. M., Brighton, L. E., Zhang, W., Carson, J. L., Jaspers, I. Epithelial Cells From Smokers Modify Dendritic Cell Responses in the Context of Influenza Infection 1. Am. J. Resp. Cell. (2010).
  11. Muller, L., Brighton, L. E., Jaspers, I. Ozone exposed epithelial cells modify co-cultured natural killer cells. AJP Lung. (2013).
  12. Turi, J. L. Oxidative stress activates anion exchange protein 2 and AP-1 in airway epithelial cells. Am. J. Physiol. Lung Cell Mol. Physiol. 283, 791-798 (2002).
  13. Zimmermann, G. S., Neurohr, C., Villena-Hermoza, H., Hatz, R., Behr, J. Anti-inflammatory effects of antibacterials on human Bronchial epithelial cells. Respir. Res. 10, 89 (2009).
  14. Lopez-Souza, N., Avila, P. C., Widdicombe, J. H. Polarized cultures of human airway epithelium from nasal scrapings and bronchial brushings. In Vitro Cell Dev. Biol. Anim. 39, (2003), 266-269 (2003).
  15. Gray, T. E., Guzman, K., Davis, C. W., Abdullah, L. H., Nettesheim, P. Mucociliary differentiation of serially passaged normal human tracheobronchial epithelial cells. Am. J. Respir. Cell Mo.l Biol. 14, 104-112 (1996).
  16. Adler, K. B., Schwarz, J. E., Whitcutt, M. J., Wu, R. A New Chamber System for Maintaining Differentiated Guinea-Pig Respiratory Epithelial-Cells between Air and Liquid-Phases. Biotechniques. 5, 462 (1987).
  17. Whitcutt, M. J., Adler, K. B., Wu, R. A biphasic chamber system for maintaining polarity of differentiation of cultured respiratory tract epithelial cells. In Vitro Cell. Dev. Biol. 24, 420-428 (1988).
  18. Jaspers, I. Reduced expression of IRF7 in nasal epithelial cells from smokers after infection with influenza. Am. J. Respir. Cell Mol. Biol. 43, 368-375 (2010).
  19. Muller, L., Brighton, L. E., Jaspers, I. Ozone exposed epithelial cells modify cocultured natural killer cells. Am. J. Physiol. Lung Cell Mol. Physiol. 304, 332-341 (2013).
  20. Ochs, M., Weibel, E. R. Fishman's Pulmoary Diseases and Disorders. Fishmanetal, A. P., et al. 4, Mc Graw Hill. New York, NY. 23-69 (2008).
  21. Kesic, M. J., Meyer, M., Bauer, R., Jaspers, I. Exposure to Ozone Modulates Human Airway Protease/Antiprotease Balance Contributing to Increased Influenza A Infection. PLoS ONE. 7, e35108 (2012).
  22. Jaspers, I. Diesel exhaust enhances influenza virus infections in respiratory epithelial cells. Toxicol. Sci. 85, 990-1002 (2005).
  23. Jaspers, I., Flescher, E., Chen, L. C. Ozone-induced IL-8 expression and transcription factor binding in respiratory epithelial cells. Am. J. Physiol. 272, L504-L511 (1997).
  24. Blume, C., et al. Barrier responses of human bronchial epithelial cells to grass pollen exposure. Eur. Respir. J. (2012).
  25. Bauer, R. N. Influenza enhances caspase-1 in bronchial epithelial cells from asthmatic volunteers and is associated with pathogenesis. J. Allergy Clin. Immunol. 130, 958-967 (2012).
  26. Ostrowski, L. E., Stewart, D., Hazucha, M. Interferon gamma stimulates accumulation of gas phase nitric oxide in differentiated cultures of normal and cystic fibrosis airway epithelial cells. Lung. 190, 563-571 (2012).
  27. Jardim, M. J., Fry, R. C., Jaspers, I., Dailey, L., Diaz-Sanchez, D. Disruption of microRNA expression in human airway cells by diesel exhaust particles is linked to tumorigenesis-associated pathways. Environ. Health Perspect. 117, 1745-1751 (2009).
  28. Horvath, K. M., Brighton, L. E., Herbst, M., Noah, T. L., Jaspers, I. Live Attenuated Influenza Virus (LAIV) induces different mucosal T cell function in nonsmokers and smokers. Clin. Immunol. 142, 232-236 (2012).
  29. Horvath, K. M. Nasal lavage natural killer cell function is suppressed in smokers after live attenuated influenza virus. Respir. Res. 12, 102 (2011).
  30. Noah, T. L. Tobacco smoke exposure and altered nasal responses to live attenuated influenza virus. Environ. Health Perspect. 119, 78-83 (2011).

Comments

1 Comment

  1. Can you describe in more detail how the paraffin-embedding and sectioning is performed? We are experiencing technical issues with our attempts at H&E. The transwell membranes "curl" and cells are lost. Does the thickness of the sectioning matter (5 um)? Thank you for this great tutorial.

    Reply
    Posted by: Kathy S.
    February 22, 2016 - 12:22 PM

Post a Question / Comment / Request

You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

Usage Statistics