局所または全身薬理学的介入後のマウスの揮発性全身麻酔の感度変化を評価する

Medicine

Your institution must subscribe to JoVE's Medicine section to access this content.

Fill out the form below to receive a free trial or learn more about access:

 

Summary

立ち直り反射の消失は、長い実験動物でも催眠呼ばれる、意識不明のための標準的な行動の代理を務めています。薬理学的介入によって引き起こされる揮発性麻酔薬感受性における変化は、任意の吸入治療剤の送達のために適合させることができる注意深く制御されたハイスループット評価システムを用いて検出することができる。

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations

McCarren, H. S., Moore, J. T., Kelz, M. B. Assessing Changes in Volatile General Anesthetic Sensitivity of Mice after Local or Systemic Pharmacological Intervention. J. Vis. Exp. (80), e51079, doi:10.3791/51079 (2013).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

全身麻酔の一つの望ましいエンドポイントはまた、催眠として知られ、無意識の状態です。動物で催眠状態を定義すると、それは人間の患者には投与しないほど簡単です。げっ歯類での催眠のための広く使用されている行動の代用には反射(ロア)、あるいは動物がもはや背側横臥位の脆弱性を回避するために、自分の生来の本能に応答する点を立ち直りの損失である。我々は慎重に、温度変動を含むとガスの流れを変える可能性のある交絡のために制御しながら、同時に24匹のマウスでLORRを評価するシステムを開発した。これらのチャンバは、固定麻酔曝露後の立ち直り反射(RORR)を返すために、待ち時間によって測定された麻酔薬感受性の信頼性の評価を可能にする。代替的に、麻酔薬濃度を段階的に増加する(または減少)を用いて、チャンバはまた、誘導(又は発生)に集団の感受性の決定を可能にすることによって測定されるようEC 50およびヒル勾配。最後に、ここで説明する制御された環境チャンバーは他の薬物、毒物学研究、及びバイタルサインの同時リアルタイムモニタリングの吸入送達を含む代替的な用途、様々に適合させることができる。

Introduction

全身麻酔薬は、薬のような多様なクラスがすべて単数形エンドポイントが分かりにくいままで誘発することができる方法についての種の多種多様な、まだ説明で催眠の可逆的な状態を引き起こす能力によって定義されています。理論の数は、催眠、1,2の基礎としての一般的なメンブレンの混乱を示唆した麻酔薬の効力および脂溶性の間マイヤー·オーバートン相関、で始まる、年間で断定されています。より最近の証拠は、神経細胞のシグナル伝達に影響を与えるタンパク質標的は麻酔効果に寄与することを示唆している。マウスが原因マウスおよびヒトの麻酔応答間の相同性のこれらの理論を探索するのに不可欠なモデルであることが証明されている。マウスは全身麻酔下で主観的な意識について質問することができませんが、ある種の原始反射はげっ歯類の催眠の有用な代理尺度として役立つ。出産後の最初の数日で、マウスは反射的復原RESPを開発受動的に仰臥位3に配置されるのを防ぎますオンセ。マウスは、その立ち直り反射を失うれる麻酔の投与量は、人間の催眠用量4とよく相関する。

正向反射(LORR)の損失の評価は、マウスにおける麻酔薬の感度をテストするだけでなく、ラット、モルモット、ウサギ、フェレット、ヒツジ、犬5-8を含む他の種の様々な広く使用されている実験室の標準となっている。 LORRの種のメンバーのために行うために、所与の麻酔剤の用量は非常に一貫しているが、それは環境因子によって有意にシフトさせることができる。例えば、睡眠不足のラットは、高い有酸素容量の揮発性および静脈麻酔薬9およびラットの両方に対してより敏感であるイソフルラン10にあまり敏感である。低体温はまた、11〜14種の大スペクトルにおいて催眠ために必要な多数の麻酔薬の投与量を減少させることが示されている。順番に確実にLORR実験動物の群において発生する麻酔薬の投与量を同定するために、評価環境は注意深く、応力を最小限euthermiaを維持し、全ての被験者への薬剤の等量を送達するように制御することが重要である。驚くことではないが、遺伝的因子もまた麻酔15-18感度変えることが知られている。そのため、慎重に検討し、また遺伝的背景19をコントロールに与えられるべきである。

我々は一定の37°Cの環境を維持しながら、24匹のマウスのそれぞれに同一の気体の麻酔薬の配信を保証する装置を開発した。エクスポージャー室の透明の円筒形デザインは、高速LORR評価と遠隔測定生理学的測定を容易に統合することができます。このシステムは、正確に、野生型マウス20で出現にイソフルラン、ハロタン、セボフルラン及び誘導EC 50および時間を測定することが示されている。また、使用している遺伝的変異を持つマウスでは麻酔薬の感度の変化を観察し、21〜23視床下部の病変を対象とするこのシステム。ここでは、麻酔薬の感度が私達の制御された環境装置を用いて、薬理学的介入の後に評価することができる2つの方法について説明します。揮発性麻酔導入及び出現感度の定常状態の表現型は、8〜10時間を必要とし、結果的に最高の​​慢性または長時間作用薬理学的介入のような実験条件が変化しないような研究のために調整されています。しかし、その効果が時間の経過とともに大幅に放散する短時間作用型の治療のために我々はまた、定位的に標的とするマイクロインジェクションまたは大幅に麻酔薬の出現に影響を​​静脈内薬物処置後立ち直り反射の変化を評価するための簡単​​な手順を紹介します。これらの試験は、首題の任意の数に適合させることができるこの制御された環境システムのための潜在的な用途の小さなサブセットを表す様々な種のクトは、吸入治療のいずれかのタイプを受信する。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

本明細書に概説動物に関わるすべての手順は、ペンシルベニア州の機関動物実験委員会の大学によって承認されている。

1。試験装置の概要

  1. 試験装置24は、透明なアクリル製円筒チャンバ長さ10cmおよび直径5cm(合計200ml容量)から構成されている。このサイズは、一般的な25グラムの成体マウスに適しています。チャンバは、ガス入口及び出口のための各端部にポートを有する。動物がチャンバ内に容易に装填することができるように出口端部は、取り外し可能である。ゴム製のOリングガスケットは、円筒状チャンバの取り外し可能な端部をシールするために使用されている間、ガスポート開口部を慎重に、テフロンテープで封止されている。
  2. 各チャンバは、水浴の内部に着座ラックに取り付けられている。 (ガス入口以下)チャンバの下部のみが浸漬されるように、ラックが嵌合されている。安定性のために、チャンバーのバックエンドは、支持体上に載るように全体CHAMBERは、水平方向に位置しています。これはバス付きのチャンバ全体のさえ接触を保証する。
  3. ポリエチレン管は、麻酔剤気化器に酸素タンクを接続し、次いで、10 L /分の流量計を通過する。チューブは等しい流れがチャンバ24の各々に、エージェント·アナライザに配信されていることを確認する等しい長さの25小径抵抗に分かれる。
  4. 真空ラインは、ガス入口の反対側の端部に各チャンバを出る。これは呼気の二酸化炭素の再呼吸を排除一方向の流れを促進する。真空ラインは、社​​内吸引ラインに接続するためのマニホールドに結合します。主真空ラインに沿ってポップアップ遮断弁は、各チャンバ内の気圧条件を確実にする。
  5. 浴は、完全に各チャンバの底部に接触するように十分な水で満たされている。水は、ポンプ37により一定°Cの浴に通って循環され、維持される。

2。露光前のシステムをチェックしてください

  1. C言語一体これは水浴の温度が浴を通して37 度Cである。
  2. 5 L /分(チャンバ+エージェント·アナライザあたり200 ml /分)の速度で酸素を流す。リークを示すもので、どちらも、水の下に各チャンバ水没し、気泡や室内への水の浸入を探します。実験を開始する前に、任意の漏れをシールする。
  3. 各室には、フローは25ガスラインのそれぞれを渡ってバランスをとられていることを確認するために、チャンバの後の行に500ミリリットル/分の流量計を接続します。これは、各チャンバが200ml /分の流れを受け取るように入力5 L /分の流れが均等に分散されることを確実にする。予想される流れを受けていない任意のチャンバーは、その流入および流出管は障害物がないかチェックしている必要があります。
  4. 100%酸素が流れているときに0.00%のイソフルランの読み取りを保証するために、エージェント·アナライザを較正する。

3。インプラント温度トランスポンダー

  1. 馴化の前に一週間、2%イソフルランで各マウスを麻酔。
  2. ベタジンと背側首エリアを殺菌。
  3. 滅菌されたパッケージ化された注射器の針を用いて肩甲骨の間の温度トランスポンダ皮下に注射する。
  4. 感染およびトランスポンダの移行のための毎日の注射部位を監視します。

4。試験室に動物を慣らす

  1. 四日間最初の評価の前に、100%の酸素を流しながら2時間、個々の室にすべてのマウスを置く。
  2. により新しい環境にストレスの交絡の影響を避けるために、事前評価に4日間毎日、手順4.1。

5。あなたは麻酔感度に対する効果についてテストする薬理学的介入を行う

  1. この介入は、脳24、静脈内または腹腔内注射25、またはカニューレ26を介して特定の脳領域への薬物の送達の特定の部分に定位注入することがあります。
  2. これらの手順自体は、ナイーブ動物に比べて麻酔感度を変更する場合がありますので、適切な対照群は、ビヒクル注射と同様の手順を経る必要があります。
  3. あなたは、以下の手順6に示すように増加させること、および/または麻酔薬感受性の決定を減少段階的に行うことを計画している場合は薬理学的介入は、アクションの適切長い持続時間を持っていることを確認し、そうでない場合は、手順7に進みます。

6。段階的なEC 50誘導の判定と創発を使用して麻酔感度を評価

  1. 100%の酸素が流れると、個々の室にそれぞれの動物を配置します。
  2. 15分間0.4%*にイソフルラン濃度を設定します。マウスは、その背中に配置されるまで、この期間の最後の2分の間に、そっとチャンバーを圧延することにより、各動物の正向反射を評価する。正向反射、マウスは、すべてを復元することがある場合に限り、無傷であると考えられている2分以内室の床に、その足の。
    1. * 0.4%イソフルランをC57BL/6Jマウスにおけるsubhypnotic用量であることに注意してください。任意のマウスは、最初のステップで、その立ち直り反射を紛失した場合、初期投与量が大きすぎ、後続の日に減少させなければならない。
  3. 各マウスについて正向反射の状態を記録し、温度データのために、各マウスをスキャンします。テンプレートレコードを表1に示す。
  4. 15分間〜0.05%でイソフルラン濃度を増加させ、ステップ7.2を繰り返します。すべての動物が彼らの立ち直り反射を失ったまで、これを実行し続ける。
  5. オプション:すべての動物は彼らの立ち直り反射を取り戻しれるまで(ステップ6.3参照)を段階的にイソフルラン投与量を減少させるための同じ手順を繰り返します。
  6. 、実験を終了し、イソフルランをオフにして、15分間100%酸素で、システム全体をフラッシュする。マウスは彼らのホームケージに戻す前に回復し、experimeを保護しますので、これは低酸素症を防ぐことができますいずれの麻酔薬の曝露からNTER。
  7. オプション:動物や麻酔薬の濃度の数の数が原因で、リソースや時間の制約に制限されている場合には、カーブフィットパラメータ推定値、特にはヒル勾配-は過小評価、不当に低い誤差推定している。このような場合には、十分に真のヒル勾配のパラメータとそれに対応する誤差推定を得るために最大2つの追加の実験日に6.1から6.6に記載の手順麻酔感度測定を繰り返す必要があり得る。

7。出現に時間とともに麻酔感度の短期変化を評価

  1. 100%の酸素が流れると、個々の室にそれぞれの動物を配置します。
  2. 野生型C57BL/6Jマウス20用の誘導のED 99に対応して1.2%のイソフルラン濃度を設定します。急性介入の作用の予想される期間に応じて、30〜60分間維持する。
  3. LORRを確認で静かにマウスまで、各チャンバーを圧延することにより、全ての動物を背中に配置されます。
  4. イソフルランをオフにして、100%酸素を流す。各動物がその立ち直り反射を取り戻すまでの時間を測定します。これは、チャンバの床にすべての4つの足の配置によって定義され、無傷の立ち直り反射を有する3つの連続した​​試験の存在によって確認される。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

図1に、薬理学的介入の長期的影響を決定するための段階的なLORRアッセイの有用性を実証している。イボテン酸(IBA)は、多くの場合、永久的な神経損傷を引き起こす興奮毒として使用されるグルタミン酸N-メチル-D-アスパラギン酸(NMDA)受容体のアゴニストである。ここでは、試験前に両側性C57BL/6Jマウスの腹外側視索前野(VLPO)1週に1%のIBAの10 ​​NLを注入された。この核のニューロンの大多数は、覚醒中に発火の低料金を示し、特に非急速眼球運動睡眠、レム睡眠、そして全身麻酔23,27-29の催眠用量への曝露との間にその活性を増加させる。 VLPOで成功した病変はイソフルラン誘発性催眠に対する抵抗性を引き起こす必要があります。イソフルランの各増加レベルでは、立ち直り反射を失ったマウスの割合は、対数10スケールの麻酔薬濃度に対してプロットした。データマウスの各群(ビヒクルを注射し、注射したIBA)、次いでシグモイド用量反応曲線に適合させた。このアッセイは、常に直立すべての動物で始まり、常に正向反射を失ったすべての動物で終わっているので、下部と上部の定数は、それぞれ0と1に拘束された。曲線の残りの自由パラメータは、その催眠状態遷移中に母分散を反映して、EC 50、またはマウスの50%が彼らの立ち直り反射を失っているの麻酔薬の濃度、およびヒルスロープ、ある。 F検定は、共有のEC 50およびヒルスロープパラメータを持つ単一の誘導曲線が最高の車とIBAのグループの両方に合うかどうか、より良い個別のパラメータを持つ別々の誘導曲線がデータに適合するかどうかを照会するために使用された。この試験の自由度は、カーブフィットの根底にある生データポイントから生じ、その結果、試験された麻酔薬の濃度の数に依存し、パラメータの数がFiのあるT-EC 50と、この場合のヒル勾配。段階的出現データが分析され、誘導のためのデータと同一にモデル化した。出現のEC 50は 、ほとんどの場合のためにも、神経慣性30として知られている麻酔薬ヒステリシス誘導に比べて低いことに注意してください。 予想結果に反して、VLPOでIBAを受けた動物は、ビヒクルを注射し、対照と比較して、EC 50または誘導もしくは出現のためのヒル勾配に有意差は認められなかった(F 2,80 = 1.73およびp =誘導のための0.184、F 2 88 = 2.89およびp =出現のための0.061)。これは、マウスVLPOニューロンが1%IBA、死後組織学(図示せず)を用いて確認事実と病変に耐性であることを示している。 Lu 。以前に10%のIBAの投与量は、10パーセントの注射後のラットVLPO 31が、マウスのVLPOの組織学的検査を病巣に必要であることを証明したIBAもないsignifiを示さなかったカント細胞消失(図示せず)。ラットVLPOはNMDA受容体32を発現することが知られている。 10パーセントのIBAはVLPOに注射した場合( 図2、下の説明を参照)麻酔感度に対する急性効果を発揮することができますので、これはマウスVLPOもIBAの行動のために必要なNMDA受容体を有していなければならないと主張している。このように種間の不一致の理由は不明のままである。成功したマウスVLPO病変は、標的ガラニン-サポリン23を使用して達成された。

VLPOに注射した場合に、IBAは、イソフルラン感度への長期的な効果はありませんが、この薬の急性興奮性質はVLPOニューロンを刺激し、一過麻酔感度を上げることが期待される。 図2では、我々は著しく長期化によって証明されるように、すぐにVLPOに二国間のIBAマイクロインジェクションを次のイソフルラン感度が大幅に急性のシフトを実証するために出現テストする時間を使用していた麻酔薬の配信(P <0.001)の停止後催眠。逆に、近くの内側中隔にIBAのマイクロインジェクションは、車両注射対照(P> 0.05)に比べて出現するまでの時間に変化は生じなかった。この知見は、この核の不活性化が出現33,34までの時間を延長することを示す以前の研究は興味深いファセットを追加します。発芽テストする時間での実験群と対照群のデータを平均し、一元配置の分散分析と比較した。

時間イソフルラン(%のATM) マウス#1 マウス#2 マウス#3 ···
0.4 - - - -
12:15 0.45 - X - -
12:30 0.5 - X X -
12:45 0.55 - X X
··· 0.6 - X X X

。長期麻酔感度評価のためのログシートの表1例:15分ごとに麻酔薬の投与量は0.05%増加したと正向反射を各動物について評価した。 「X」は、所与の時点について、その立ち直り反射を失った動物を示し、「 - 」は、それらの正向反射を維持するものである。

図1
図1は一週間腹外側視索のNucにおけるイボテン酸注入後の正向反射の評価leus:長期麻酔感受性アッセイは、車両やイボテン酸(IBA)のいずれかでマウスについて行ったが腹外側視索前野(VLPO)1週間の試験の前にに注入。各グループの誘導および出現データが最良適合曲線(斜線棒)ブラケット95%信頼区間とともに(実線、破線で出現における誘導)シグモイド用量応答曲線にフィットさせた。麻酔薬濃度は、対数10スケールでプロットした。重複する95%信頼区間は、紫色で示されている。シグモイド用量応答を知らせるには、車両とIBAグループは、EC 50およびヒル勾配に基づく特殊ベストフィットカーブの証拠を提示しないの両方に適合します。 拡大画像を表示するには、ここをクリックしてください

図2
図2。 Eまでの時間イボテン酸のローカルマイクロインジェクション後、併合:アセスメントの直前に、マウスは腹外側視索前核(VLPO)にN-メチル-D-アスパラギン(NMDA)受容体作動薬イボテン酸(IBA)のマイクロインジェクションを受けた。この領域は、イソフルラン誘発性催眠中に活性化されることが知られている。 IBA注入は車両注射対照(P <0.001)と比較して、正向反射の戻る時間の急激な増加につながった。 IBAと動物のための出現までの時間が(P> 0.05)のコントロールと差がなかった内側中隔に注入。 拡大画像を表示するには、ここをクリックしてください

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

シングルマウスLORRの評価は、一見単純な作業ですが、それは動物の群から信頼性の高いデータを収集するために、対象者との間で同一の生理学的条件を維持するためにもかかわらず、必要不可欠である。ここで紹介する厳密に調整、大容量のLORR装置は、実験を標準化し、効率を最大化する方法を提供しています。体温調節と同等の流量分布の基本的な教義に従うことによって、このシステムは、簡単に再作成し、個々の実験者のニーズに合わせてカスタマイズすることができます。チャンバサイズは、例えば、ラットなどの他の種のためにスケーリングすることができる、追加チャンバは、流入し、真空にさらに分岐点を付加することによって対応することができる。すべての被験者は、結果の二次的事後確認のためにビデオ記録実験することを可能にする透明アクリルチャンバーを通して簡単に見ることができます。アクリルはまた、温度を監視するために使用することができる無線周波数遠隔測定システムと互換性があるTURE、血圧、および生体電位。

私たちは、薬理学的介入、次の麻酔薬感受性を評価するための2種類の方法を提示する。両方の出現と段階的に誘導試験に時間が立ち直り反射の有無を獲得するために実験を必要とする。でも、このような「その後ろにロールバックされることが2分以内室フロアにすべての4本の足を置くことができない」、評価はやや主観的なようにLORRの明示的な定義を持つ。それは、一貫性を確保するために同じ処理盲検、個々の得点は実験期間中、各動物を持っているのがベストです。麻酔薬感受性の評価に使用するテストを選択する場合は、薬理学的介入の効果の予想長さが決め手にする必要があります。多くの薬物が出現パラダイムに対する急性の時間が限られた期間中に麻酔薬感受性に関する有用な情報を提供できるための作用時間が短いが、持っている時間。しかし、薬物が優先的というよりも、催眠出芽の誘導に対する動物の感受性に影響を与えることができ、誘導が急速に起こるので、継続的な評価を必要とするので、誘導するための時間の変化は、多くの場合、検出が難しい。誘導および出現のEC 50より長い段階的にテストが入り口と催眠からの出口の両方の情報を与えることができます。実験の全体​​の長さは約8時間持続する典型的な誘導+出現試験と、麻酔薬濃度は、各ステップで変更する増分量の大きさに依存します。予想EC 50の周りに麻酔ステップサイズを減少させ、各群の動物数を増やすと、より良いフィット用量応答曲線を与えるだけでなく、アッセイを完了するのに必要な時間が長くなる。

そのコントロールと比較した場合、いくつかの薬理学的介入は、示差的実験動物の分時換気量を変化させることができる。 T彼は、このような結果を混乱させる、1グループは、より迅速に、他より出現テストする時間で、揮発性麻酔薬を吐き出すことがありました。 SOLT 。このシナリオ35に麻酔薬の感度をテストするための良い代替方法について説明します。彼らの実験では、全身性のメチルフェニデートは、すでに麻酔で平衡化した動物では一定イソフルラン露光中に配信されます。定常状態時の麻酔薬の取り込みと分布を正確に代謝·排泄でバランスされる分時換気量に対する潜在的な交絡の影響は、このように連続した麻酔薬の曝露の際に除外されます。我々が記述するチャンバが容易に静脈内または脳内薬物送達のための管の通過を可能にする追加の気密ポートに変更することができる。また、段階的アッセイにおける麻酔薬の各濃度の平衡の15分の記載が一定の場合に十分でないかもしれないことに留意すべきである。 Anesthetこのようなハロタンなどのイソフルラン、より高い溶解性を有するICは、組織内の彼らの完全な濃度に到達するまで時間がかかります。麻酔薬濃度の大きなステップを経るより大きな動物や動物も、平衡化に時間が必要な場合があります。 15分の平衡化のために本当に適切であるかどうかを判断するには、昇順と降順の露出の手足両方で麻酔薬の同じ濃度の麻酔薬組織レベルを測定する必要があります。

移動する動物の能力を物理的または薬理学的に阻害されている例では、LORRは催眠の良い代替的測定値として機能しない場合があります。最も信頼性が広く使用されている選択肢は、皮質脳波(EEG)の記録である。脳波は、麻酔薬感受性のより多くの微妙な変化をピックアップするより良いことができるかもしれないが、それはかなり高価我々が説明する装置よりも設定することです。 EEG電極を植え込むことは侵襲的で時間のかかる手順であり、obtaする能力複数のマウスからのデータを同時に、多くの場合、機器の利用可能性によって制限されます。また、EEG記録の分析はLORR評価の単純なバイナリ出力よりも概念的に、より抽象的で解釈が困難である。これらの理由から、ここで説明したような行動試験は、多くの場合、より迅速に麻酔薬感受性をスクリーニングするための実行可能な方法である。覚醒と催眠を示唆する脳波パターンは行動とよく相関しない場合があります。 LORRと脳波は、おそらく麻酔感受性に関する有用な情報を記載した個別のエンドポイントです。

分時換気量及び移動度の潜在的な薬物誘発性の変化に加えて、本明細書に記載した方法と他のいくつかの制限がある。ロアは、フィールド全体の催眠のための標準的な代用ですが、その測定に用いる基準と方法論は、研究室間で異なっている。マウスは、立ち直り反射を評価するために、一定速度で回転すべきであるいくつかの提唱者。継続的な評価は、論理的に立ち直り反射が失われ、および/またはリターンされていると正確なタイミングを狭めたが、仰臥位をオンされる行為は、単純に仰向けの残りよりも刺激的かもしれません。また、段階的LORR評価は、各ステップでの15分間の平衡が不十分であることが判明した場合、さらに延長することができる時間のかかるアッセイである。

これらの制限にもかかわらず、このプロトコルの潜在的なアプリケーションは、私たちが提示した特定のインスタンスを超えて伸びている。明らかに、薬理学的介入は、麻酔薬の感度が変更されるかもしれない唯一の方法ではありません。対象となる病変、解剖学的異常、および遺伝的変異は、すべて同じ階段状のEC 50決定を使用して試験することができる。ここに提示され、制御された環境システムは、コルチコステロイド、抗生物質、または実験的治療剤としての吸入薬、任意の種類を送達するために使用することができる。同じAMOに多くのマウスを公開する機能一度、薬物のUNTは、毒性試験のため、このセットアップに最適です。さらに、チャンバーは、規制環境温度と新鮮な酸素流量との理想的な手術後のリカバリ環境として機能します。この装置は、基本的な動物のバイタルサインを監視し、制御する必要がある任意のインスタンスのために有用である。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Disclosures

著者らは、開示することは何もありません。

Acknowledgements

この作品は、R01 GM088156およびT32 HL007713-18でサポートされていました。私たちは、立ち直り反射装置を組み立てる際の彼らの助けのためにペンシルベニア研究計装ショップ大学ビル·ペニーとマイケルカーマンに感謝したいと思います。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
Name of the Reagent Company Catalogue Number Comments
Oxygen Airgas OX300
Isoflurane Butler Schein Any volatile anesthetic of interest may be substituted
Name of Material Company Catalogue Number Comments
Mass flow meter- 10 SLPM Omega Engineering FMA-A2309
Mass flow meter- 500 SCCM Omega Engineering FMA-A2305
Anesthetic agent analyzer/gas indicator AM Bickford FI-21 Riken
Heating water pump Fisher Scientific 13-874-175
Temperature transponders BMDS IPTT-300
RF temperature reader BMDS DAS-6007

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Meyer, H. H. Zur theorie der alkoholnarkose. I. Mittheilung. Welche Eigenschaft der An#228;sthetica bedingt ihre narkotische Wirkung? Naunyn Schmiedebergs Arch. Exp. Pathol. Pharmakol. 42, 109-137 Forthcoming.
  2. Overton, C. E. Studien über die Narkose: Zugleich ein Beitrag zur allgemeinen Pharmakologie. Fischer. Jena. (1901).
  3. Bignall, K. E. Ontogeny of levels of neural organization: the righting reflex as a model. Exp. Neurol. 3, (3), 566-573 (1974).
  4. Franks, N. P. General anaesthesia: from molecular targets to neuronal pathways of sleep and arousal. Nat. Rev. Neurosci. 9, (5), 370-386 (2008).
  5. Smith, W. Responses of laboratory animals to some injectable anaesthetics. Lab. Anim. 27, (1), 30-39 (1993).
  6. Schernthaner, A., Lendl, C., Busch, R., Henke, J. Clinical evaluation of three medetomidine--midazolam--ketamine combinations for neutering of ferrets (Mustela putorius furo)]. Berliner und Münchener tierärztliche Wochenschrift. 121, (1-2), 1-10 (2008).
  7. Mohammad, F. K., Zangana, I. K., Abdul-Latif, A. R. Medetomidine sedation in sheep. Zentralblatt für Veterinärmedizin. Reihe A. 40, (5), 328-331 (1993).
  8. Nicholls, E. A., Louie, G. L., Prokocimer, P. G., Maze, M. Halothane anesthetic requirements are not affected by aminophylline treatment in rats and dogs. Anesthesiology. 65, (6), 637-641 (1986).
  9. Tung, A., Szafran, M. J., Bluhm, B., Mendelson, W. B. Sleep Deprivation Potentiates the Onset and Duration of Loss of Righting Reflex Induced by Propofol and Isoflurane. Anesthesiology. 97, (4), 906-911 (2002).
  10. Pal, D., et al. Determination of Minimum Alveolar Concentration for Isoflurane and Sevoflurane in a Rodent Model of Human Metabolic Syndrome. Anesth. 2, (2), 297-302 (2012).
  11. Eger, E. I., Saidman 2nd,, J, L., Brandstater, B. Temperature dependence of halothane and cyclopropane anesthesia in dogs: correlation with some theories of anesthetic action. Anesthesiology. 26, (6), 764-770 (1965).
  12. Vitez, T. S., White, P. F., Eger, E. I. 2nd Effects of hypothermia on halothane MAC and isoflurane MAC in the rat. Anesthesiology. 41, (1), 80-81 (1974).
  13. Antognini, J. F. Hypothermia eliminates isoflurane requirements at 20 degrees C. Anesthesiology. 78, (6), 1152-1156 (1993).
  14. McKenzie, J. D., et al. Effects of temperature on the anaesthetic potency of halothane, enflurane and ethanol in Daphnia magna (Cladocera: Crustacea). Comp. Biochem. Physiol. C. 101, (1), 15-19 (1992).
  15. Icaza, E. E., et al. Isoflurane-Induced Changes in Righting Response and Breathing are Modulated by RGS Proteins. Anesth. Analg. 109, (5), 1500-1505 (2009).
  16. Drexler, B., Antkowiak, B., Engin, E., Rudolph, U. Identification and characterization of anesthetic targets by mouse molecular genetics approaches. Can. 2, (2), 178-190 (2011).
  17. Wafford, K. A., et al. Differentiating the role of gamma-aminobutyric acid type A (GABAA) receptor subtypes. Biochem. 32, (Pt3), 553-556 (2004).
  18. Lakhlani, P. P., et al. Substitution of a mutant α2a-adrenergic receptor via "hit and run" gene targeting reveals the role of this subtype in sedative, analgesic, and anesthetic-sparing responses in. Proc. Natl. Acad. Sci. 94, (18), 9950-9955 (1997).
  19. Sonner, J. M., Gong, D., Eger, E. I. Naturally Occurring Variability in Anesthetic Potency Among Inbred Mouse Strains. Anesth. 91, (3), 720-726 (2000).
  20. Sun, Y., et al. High throughput modular chambers for rapid evaluation of anesthetic sensitivity. BMC Anesthesiol. 6, (1), 13 (2006).
  21. Hu, F. Y., et al. Hypnotic Hypersensitivity to Volatile Anesthetics and Dexmedetomidine in Dopamine β-Hydroxylase Knockout Mice. Anesthesiology. (2012).
  22. Kelz, M. B., et al. An essential role for orexins in emergence from general anesthesia. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 105, (4), 1309-1314 (2008).
  23. Moore, J. T., et al. Direct Activation of Sleep-Promoting VLPO Neurons by Volatile Anesthetics Contributes to Anesthetic Hypnosis. Curr. 22, (21), 2008-2016 (2012).
  24. Kirby, E. D., Jensen, K., Goosens, K. A., Kaufer, D. Stereotaxic Surgery for Excitotoxic Lesion of Specific Brain Areas in the Adult Rat. J. Vis. Exp. (65), e4079 (2012).
  25. Machholz, E., Mulder, G., Ruiz, C., Corning, B. F., Pritchett-Corning, K. R. Manual Restraint and Common Compound Administration Routes in Mice and Rats. J. Vis. Exp. (67), e2771 (2012).
  26. Geiger, B. M., Frank, L. E., Caldera-Siu, A. D., Pothos, E. N. Survivable Stereotaxic Surgery in Rodents. J. Vis. Exp. (20), e880 (2008).
  27. Szymusiak, R., Alam, N., Steininger, T. L., McGinty, D. Sleep-waking discharge patterns of ventrolateral preoptic/anterior hypothalamic neurons in rats. Brain Res. (1-2), 178-188 (1998).
  28. Nelson, L. E., et al. The sedative component of anesthesia is mediated by GABAA receptors in an endogenous sleep pathway. Nat. Neurosci. 5, (10), 979-984 (2002).
  29. Li, K. Y., Guan, Y., Krnjević, K., Ye, J. H. Propofol Facilitates Glutamatergic Transmission to Neurons of the Ventrolateral Preoptic Nucleus. Anesthesiology. 111, (6), 1271-1278 (2009).
  30. Friedman, E. B., et al. A Conserved Behavioral State Barrier Impedes Transitions between Anesthetic-Induced Unconsciousness and Wakefulness: Evidence for Neural Inertia. PLoS ONE. 5, (7), e11903 (2010).
  31. Lu, J., Greco, M. A., Shiromani, P., Saper, C. B. Effect of lesions of the ventrolateral preoptic nucleus on NREM and REM sleep. J. Neurosci. 20, (10), 3830-3842 (2000).
  32. Sun, X., Whitefield, S., Rusak, B., Semba, K. Electrophysiological analysis of suprachiasmatic nucleus projections to the ventrolateral preoptic area in the rat. Eur. J. Neurosci. 14, (8), 1257-1274 (2001).
  33. Ma, J., Shen, B., Stewart, L. S., Herrick, I. A., Leung, L. S. The septohippocampal system participates in general anesthesia. J. Neurosci. 22, (2), RC200 (2002).
  34. Leung, L. S., Ma, J., Shen, B., Nachim, I., Luo, T. Medial septal lesion enhances general anesthesia response. Exp. Neurol. (2013).
  35. Solt, K., et al. Methylphenidate Actively Induces Emergence from General Anesthesia. Anesthesiology. 115, (4), 791-803 (2011).

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Usage Statistics