新生児母子分離のマウスモデルにおけるPerigenital感度と前立腺肥満細胞の活性化の評価

Medicine

Your institution must subscribe to JoVE's Medicine section to access this content.

Fill out the form below to receive a free trial or learn more about access:

 

Summary

慢性前立腺炎/慢性骨盤痛症候群の前臨床モデルを誘導するために、新生児の母体の分離 - 私たちは、初期生活ストレスパラダイムを受けた雄のC57BL / 6マウスの前立腺におけるperigenital機械的感度および肥満細胞の活性化を測定しています。

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations

Fuentes, I. M., Pierce, A. N., O'Neil, P. T., Christianson, J. A. Assessment of Perigenital Sensitivity and Prostatic Mast Cell Activation in a Mouse Model of Neonatal Maternal Separation. J. Vis. Exp. (102), e53181, doi:10.3791/53181 (2015).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

慢性前立腺炎/慢性骨盤痛症候群(CP / CPPS)14%の生涯有病率を持っており、50歳未満の男性のための最も一般的な泌尿器科診断である、まだそれは少なくとも、慢性骨盤痛障害を理解し、研究しています。著しく視床下部 - 下垂体 - 副腎(HPA)軸の機能および調節に影響を与える可能性が初期生活ストレスや虐待を経験した慢性骨盤痛の報告、患者のかなりの部分集合。両方の尿中で増加することが示されており、CP / CPPS患者の前立腺分泌物を発現しているマスト細胞の活性化は、部分的にHPA軸の下流の活性化によって調節されます。新生児母性分離(NMS)は、HPA軸と内臓感度の変更を含む、齧歯類モデルで初期生活ストレスの成果を研究するために20年以上前から使用されてきました。ここでは、雄のC57BL / 6マウスにおいて、CP / CPPSの前臨床モデルとしてNMSを使用するための詳細なプロトコルを提供します。我々は、方法論を記述しますNMSを行うため、perigenital機械的異痛症、及び肥満細胞の活性化の組織学的証拠を評価します。また、初期の心理的ストレスがマウスにおいて男性の泌尿生殖器系の長期的な効果を持つことができるという証拠を提供します。

Introduction

慢性骨盤痛自体は病気ではなく、過敏性腸症候群(IBS)と診断された患者が経験した継続的な自発的および/または誘発痛、間​​質性膀胱炎/膀胱痛症候群(IC / PBS)、外陰部痛に関連した用語、または慢性前立腺炎/慢性骨盤痛症候群(CP / CPPS)。これらの症候群は、機能不全が、免疫系、中枢神経系および末梢神経内のシステムは、これらの疾患1の維持および進行に寄与することが示されているが、彼 ​​らは、いかなる関連する病状または同定根底にある病因を持っていない多くの場合、合併され、その中に多くの特徴を共有します-3。慢性骨盤痛を有する患者は、視床の変更された機能に関連付けられている不安、うつ病、パニック障害4-6を含む追加の非骨盤に関連する機能性疼痛障害および気分障害の症状で存在する可能性が高いです下垂体副腎(HPA)軸7-10。初期生活ストレスやトラウマへの暴露がHPAの異常と関連する慢性疼痛症候群10,11と、などを開発するための重要な危険因子であり、機能性骨盤痛障害を有する患者のかなりの部分集合は、虐待やネグレクトなどの有害幼年期の事象を経験したと報告します12-14。

離乳前の期間に設定された時間のために彼らのダムから子犬を除去することを含む、新生児母体の分離(NMS)のげっ歯類モデルは、初期の生活上のストレスの成果を研究するために過去20年間のために使用されています。一般に、NMSは、直接視床下部内での遺伝子発現に影響を与えるだけでなく、辺縁構造15-18から下流調節を破壊することによって、HPA軸の活性化、及び得られた不安様行動を増加させることが示されています。適切なHPA軸機能の破壊が増加大腸19-22に寄与することが示されています16の感度は、げっ歯類NMSモデルによって表示されますが、出生後の膀胱炎23-25 ​​の長期的な効果の大規模な特性評価にもかかわらず、早期の生活上のストレスの影響は、主に尿生殖器官で自然と口から出た行ってきました。そのため、以下の研究は、マウスにおけるNMSを実行し、それ以降のCP / CPPSのための前臨床モデルとしての雄NMSマウスの使用を検証するために、前立腺にperigenital機械的感度および肥満細胞の浸潤/活性化を評価する方法について説明します。

診断慢性骨盤疼痛性障害のすべての、CP / CPPSは、おそらく最もよく認識し、シンドロームを特徴とする、約14〜26%の生涯有病率を有し、4400ドルで推定年間患者のコストにもかかわらず、(その倍腰痛やリウマチの関節炎27)。 CP / CPPS報告会陰部の痛み、直腸、前立腺、陰茎、睾丸、および/ ​​または腹部28の患者は、ハイテクを体験しますgher対照患者よりも心理的ストレス度29、およびまたは症状と共通して存在が併存する慢性骨盤痛や気分障害5,29-31と診断されています。再発感染、漏れやすい上皮、神経性炎症、および自己免疫は、すべての潜在的な基礎となるCP / CPPS 2,32,33の原因だけでなく、肥満細胞の活性化および脱顆粒34として推測されてきました。 CP / CPPS有する男性から発現前立腺分泌物は、マスト細胞トリプターゼおよび神経成長因子(NGF)のレベル34が増加した、後の研究では(CPA3)のトリプターゼおよびカルボキシペプチダーゼことが確認され、マスト細胞活性化のマーカーもで増加しましたCP / CPPS患者35の尿。 CP / CPPSの発症と維持に肥満細胞の潜在的な役割は、これまでにこの症候群の動物研究の主要な焦点となっています。 CP / CPPSを研究するために使用される最も一般的に用いられる齧歯類モデルは、実験的自己免疫性前立腺炎(EAP)モデルGENです34,36-39使用される種および株に依存前立腺の炎症の多様度になり、完全フロイントアジュバント、前立腺抗原の皮下注射によってerated。マスト細胞の浸潤および活性化/脱顆粒は、EAP 34,35,40の次の誘導を増加させることが示されています。マスト細胞34またはトリプターゼ受容体PAR2 35のいずれかを欠損したトランスジェニックマウスは、野生型EAPマウスとは異なり、EAP次の前立腺戦術感度を開発することはありません。この前臨床モデルがヒトのCP / CPPSの特徴の多くを複製しながら、誘導プロトコールは、多様な病因を持っており、多くの場合、直接炎症、感染、または前立腺の傷害を伴わない人間の状態、を示すものではありません。

ヒトでのCP / CPPSの開発に初期の生活上のストレスの影響は、主に未調査行ってきました。しかし、胡 41による研究では、私のことを実証しましたN人は、物理的、感情的、および/または性的虐待の子供時代の歴史は、CP / CPPSを示唆する症状を経験する可能性が有意に高かったと報告しました。さらに、彼らは痛みや尿のスコアの両方が物理的および精神的虐待の既往歴のある患者において増加していることが示されました。我々は以前の雌C57BL / 6マウスは、膣および機能不全HPA軸出力16の両方を示唆する膀胱内、膣過敏症および異常な遺伝子発現を生成するのと同じNMSパラダイムことを実証しました。より明確に初期生活ストレス暴露12-14と関連していることが示されているIC / PBSおよび気分障害を含む他の併存疾患42、と提示CP / CPPS患者の有病率が高いと組み合わせてこの証拠は、使用するための理論的根拠を提供しますNMSモデルは、マウスにおけるCP / CPPSを調査します。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

このプロトコルで説明されているすべての実験は、カンザスメディカルセンター制度動物実験委員会の大学で指定されたガイドラインに従ってNIHガイドラインに準拠しています。

1.新生児母子分離(NMS)

  1. ごみの出生のために毎日妊娠ダムを監視します。
    注:ゴミが生まれた日はP0と考えられています。
  2. P1には、ホームケージからダムを削除し、クリーンな二次容器内に配置します。
  3. ホームケージの香りを維持するために、クリーン手袋をはめた手の間のベッドのほんの一握りをこします。
  4. きれいな、適切に標識された2リットルのガラス製ビーカーにホームケージ寝具2cmの1 - 1の深さを追加します。ガラスビーカーに、ホームケージ内に存在する任意の追加の濃縮寝具材料、 例えば、nestlet、クリンクル紙の約半分を追加します。
  5. 静か同じビーカーに、個別に、単一のごみから仔のすべてを配置します。
  6. すぐに場所インキュベーター中でビーカーを180分間、33 O Cおよび50%の湿度で開催されました。
  7. 第2の容器からダムを外し、ホームケージに彼女を返します。ビバリウム内での適切な住宅の場所にホームケージを返します。
  8. 各リットル/ダムのために清潔な手袋と二コンテナを使用して、NMSを受けて、各ごみについて、この手順を繰り返します。
  9. 180分の分離時間の終わりに、それらを除去したのと同じ順序でそれらのホームケージにリターを返します。
  10. 以前の日に分離した最初のごみのホームケージを取得します。ホームケージからダムを取り外し、きれいな二次容器内に配置します。
  11. インキュベーターから第1のビーカーを削除し、子犬の処理中にホームケージの香りを維持するために、きれいな手袋をはめた手の間のベッドのほんの一握りをこします。
  12. 静かにビーカーからホームケージに、個別に、子犬を移動します。
  13. のビーカーに残っている濃縮および寝具を返しますホームケージ。
  14. ホームケージに第2の容器からダムを返し、ビバリウム内の適切な住宅の場所に戻してください。
  15. 水でビーカーをすすぎ、インキュベーターに戻します。分離手順を通して各ごみに同じビーカーを使用してください。
  16. 彼らはインキュベーターに入れたのと同じ順序でNMSを受けて、各ごみについて、この手順を繰り返します。
  17. 各リター受けるNMS P21を介して、毎日のために、この手順全体を繰り返します。
  18. 食料と水との完全なクリーンケージに一緒に同性の同腹仔を配置することによって、P22のNMSとナイーブ子犬を離乳させます。ナイーブ仔が生まれ、収容されたNMSマウスと同様の条件ではなく、通常の畜産タスクの外で追加の取り扱いを受けるべきではありません。

2. Perigenital機械的感受性

  1. フォン·フレイ装置のセットアップ
    1. 試験室にマウスを持参し、それらを30順応することができます分は、ホームケージのまま。
    2. 研究者は、マウス、高さ約55センチ驚くべきことなく、下側から接近できるようにするために十分なスペースを提供して上昇したワイヤーメッシュトップ·テーブル(79​​センチメートル×28センチ)の下に、吸収性アンダーパッドを配置することにより、テスト領域を準備します。
    3. ワイヤーメッシュテーブルの上に透明な、穿孔プラスチックチャンバー(12センチ×5センチメートル×3.5 cm)の下で、個別に、12匹まで入れます。逃げるのマウスを防止するために、チャンバーの上に重い物を配置します。
    4. 離脱閾値の評価に先立って、画面上でさらに30分間、マウスを順応させます。
  2. Perigenital機械的感受性評価
    1. 傾斜のvon Freyモノフィラメント43の標準セットを使用して、アップダウンの方法を実行します。 1.65グラム、2.36グラム、2.83グラム、3.22グラム、3.61グラム、4.08グラム、4.31グラム、および4.74グラム以下のモノフィラメントを使用します。
      1. 3.22グラムモノフィラメントのベースを持ち、後退モノを公開フィラメント。
        注:一部のモデルでは、退避モノフィラメントがない場合があります。
      2. モノフィラメントが垂直に配向されるようにプローブを置くとマウスは、警告不動であり、その体重は後足の間で均等に分散されたときに、わずかになるまで、正中線を避け、陰嚢の左側または右側のいずれかに適用します曲げフィラメントで観察されます。
      3. 10秒間、または動物が陽性反応を示すまで、所​​定の位置にモノフィラメントを保持します。
        注:正の応答がモノフィラメントアプリケーションまたは舐めるまたはモノフィラメントに向け痛烈な行動に応じて、活発なジャークまたはジャンプであると考えられています。これらの動作を表示せずに10秒モノフィラメントアプリケーションの間マウスが移動した場合、モノフィラメントは、最小1分、長い休止期間後の再テストする必要があります。マウスはどちらも移動でも10秒モノフィラメント中に記載されているアプリケーションの挙動上記のいずれかを示す場合には、否定応答とみなされます。
      4. 実験ノートまたはラップトップに、正または負のいずれか、応答を記録し、3.22グラムのモノフィラメントを用いて、残りのマウスのすべてでこの手順を繰り返します。
      5. 再び次の適切なモノフィラメントを用いて、全てのマウスをテストします。注:マウスは3.22グラムモノフィラメントに負の応答を示した場合は、同様にして3.61グラムのモノフィラメントを適用し、応答を記録します。マウスは3.22グラムモノフィラメントに陽性反応を示した場合は、2.83グラムのモノフィラメントを適用し、応答を記録します。
    2. 最初の陽性反応が観察された後、さらに4アプリケーションのために、必要に応じて、次に大きいか小さいモノフィラメントを用いて、各マウスのテストを続行。
    3. ホームケージにマウスを返します。
    4. Chaplan 43に記載されているように、50%のG引っ込め閾値を計算するためにログ単位で裁判シリーズに適用され、最終のvon Freyモノフィラメントの値を使用してください。
タイトル "> 3。酸性化トルイジンブルーマスト細胞染色

  1. 組織処理
    1. 心臓内の氷冷4%パラホルムアルデヒド45で灌流されたマウスからの前立腺組織44を解剖。 PostfixのRTで1時間、4%パラホルムアルデヒド中で組織した後、4°CO / Nに1×PBS中30%スクロース中cryoprotect。
    2. ヘプタンの小さい(30ミリリットル)バスを準備し、ドライアイス上に置きます。
    3. 1×PBS中の前立腺組織をすすぎ、軽量ワイプ使用して乾燥させます。
    4. それが凍結されるまで冷ヘプタンに前立腺組織を挿入します。
    5. 凍結まで直ちにドライアイス上に取り付けるメディアと場所を含むcryomoldで凍結前立腺組織を配置します。
    6. ストアを-20℃でcryomolds。
    7. 横クライオスタットを用いて、7ミクロンの厚さの凍結切片に前立腺組織を切断します。
    8. 正に帯電した顕微鏡スライド上に、組織の長さに及ぶ12の非連続凍結切片 - 8を配置します。
    9. ストアは、さらなる処理まで-20℃でスライドを終えました。
  2. 酸性化トルイジンブルーの準備
    1. 1%ストック溶液を調製し、溶液中まで100ミリリットルの70%エタノールと渦にトルイジンブルーO 1gを加えます。ストック溶液は、最大3週間室温で保存することができます。
    2. 撹拌プレートの上に置いたビーカーに100mlの水に1グラムのNaClを加えます。
    3. 1.0が達成される - 0.5のpH範囲をするまで12 M HClを用いてNaCl溶液のpHを調整します。
    4. トルイジンブルーストック溶液8mlの1%NaCl溶液32 mlで組み合わせることによって、0.25%トルイジンブルー使用液を調製します。トルイジンブルーストック溶液の総取り込みを確保し、ボルテックスを用いて混合するために上下にピペット。作業溶液は、新たに作製し、使用後に廃棄しなければなりません。
  3. 前立腺凍結切片を染色
    1. 冷凍庫から処理対象のスライドを削除し、約30メートルを室温に平衡化することを可能にしますです。
    2. 個々のスライドに取り付けられた組織切片を完全に水没されることを保証するために、1×PBSの十分な量を含む50 mLのコニカルチューブに約1秒間スライドを浸漬することにより組織切片を洗浄します。スライドをペーパータオル上で空気乾燥することができます。
    3. 15 rpmで設定プラットフォームロッカー上ながら15分 - スライドに取り付けられた組織切片が完全に水没されていることを確認し、10インキュベートするのに十分な0.25%の作業トルイジンブルー溶液を含むガラス染色ジャーに入れスライド。
    4. ディップは、過剰なトルイジンブルーを洗い流すために、約1秒間、1×PBS中でスライドします。
    5. スライドは、排水を可能にするために彼らの側にあるような方法でスライドボックスやラックにスライドを置きます。
    6. 2時間または室温でO / Nの最低37℃のオーブンでスライドを乾燥させます。
    7. スライドはアルコール露光間の完全に乾燥させ、アルコールを使用して、迅速にスライドを脱水。ペーパータオルAに排出することによってドライスライドND軽量で拭い背中とエッジが拭いてください。
      1. 約1秒間95%エタノールでスライドを浸し、完全に乾燥することができます。組織が紫より青乾くまで10回 - この手順1を繰り返します。
      2. 約1秒間100%エタノールでスライドを浸し、完全に乾燥することができます。組織は、中青に濃いが、紫色でなくなるまで10回 - この手順1を繰り返します。
    8. 3分間、100%キシレン中でスライドをインキュベートすることによって汚れを修正しました。乾燥することができます。
    9. グリセロール、PBS、またはキシレン系永久マウント培地でスライドをカバースリップ。 RTで余分なメディアや店舗を排出します。
  4. マスト細胞の定量化
    1. 光学顕微鏡( 図2)を用いて20X倍率でトルイジンブルー染色した組織切片を視覚化。
    2. 可視化領域内に存在するマスト細胞の合計数をカウントし、非脱顆粒および脱顆粒マスト細胞を区別。 40Xのマニフィカイオンはいくつかのマスト細胞における造粒状態を確認する必要があるかもしれません。
      注:非脱顆粒肥満細胞は、核の輪郭および/または細胞の周囲の無顆粒押出ないか、かすかに密な異染性を示します。脱顆粒肥満細胞は、あまり強く異染性を示し、細胞質内およびセル境界の外核および/または遊離顆粒の明らかな明確な輪郭を持っています。
    3. 現在の組織切片の全体が非脱顆粒および脱顆粒肥満細胞の総数を評価し続けています。長さを各組織にまたがる、少なくとも7追加の別のセクションでこの手順を繰り返します。
    4. 以下の式に従って各組織/マウスの合計肥満細胞の脱顆粒(DG)の割合を計算し(DGマスト細胞/総肥満細胞)×100。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

NMSを受けたマウスは、CP / CPPSを示す行動の証拠を示しました。フォン·フレイモノフィラメント、8週齢のマウスNMS一連の段階的に試験した場合(N = 4)ナイーブ対応物と比較した場合、perigenital機械的異痛を表示(N = 5、 図2)。モノフィラメントに向けモノフィラメントアプリケーションまたは舐めるまたはかむ行動に応じて、活発なジャークまたはジャンプとして記録、正の行動反応を誘発し、機械的引っ込め閾値で、これは有意な減少(スチューデントのt検定P <0.01)のように証明されます。

NMSに曝露されたマウスはまた、CP / CPPSの組織学的証拠を示しました。前立腺組織のクリオスタット切片を、肥満細胞( 図3A-D)内に収容されたトリプターゼ顆粒を観察するために酸性化o-トルイジンブルーで染色しました。活性化の証拠を示した肥満細胞の割合、 例えば、拡散metachromaSIA、セル境界( 図3D)の顆粒外に存在は、かなりナイーブに比べ、8週齢のNMSマウスからの前立腺組織において増加した(P <0.0001、スチューデントのt検定、 図3E)。浸潤した肥満細胞の総数は、関係なく、造粒状態の、ナイーブ(99.5±15.2個/セクション)とNMSマウス(108.2±22.5細胞/セクション)の間で有意差はなかったです。

図1
図1.手続きのタイムライン。概略は、記載の方法を実行するための推奨されるタイムラインの概要を説明します。 P21とマウスをP22に引き離されるまで、新生児母体分離(NMS)が1生後日(P)から、毎日行われます。彼らはperigenital機械SENSについて試験する場合、マウスを生後8週間まで、通常の畜産の外に平静されたままitivity。同じマウスは、肥満細胞の染色について評価しようとしている場合は、一週間は、解決するために、任意の残留応力の影響を可能にするために、次の行動試験を経過させる必要があります。

図2
図2. Perigenital機械的感度。Perigenital機械的感度は、フォン·フレイモノフィラメントアプリケーションを使用して測定しました。新生児母体の分離(NMS)を受けた雄マウスは、機械的異痛を示す未処理マウスと比較して、引っ込め閾値の有意な減少を示しました。データは、平均±SEMを表し、各群n = 4。 * P <0.05、スチューデントのt検定を。

図3
図3.マスト細胞の活性化。酸性化トルイジンブルートリプターゼ顆粒を可視化し、前立腺組織のクリオスタット切片における活性化/脱顆粒マスト細胞の割合を計算しました。代表的な顕微鏡写真は、活性化(脱顆粒)肥満細胞を示す無傷の(非脱顆粒)と矢じりを示す矢印でナイーブ(A)からのトルイジンブルー染色切片とNMS(B)は 、前立腺の図示されています。ナイーブ(C)NMS(D)膀胱からの高倍率画像は、非脱顆粒(C)からの組織学的な違いを説明するために示し、(D)肥満細胞を脱顆粒されています。ナイーブマウス(E)と比較した場合、脱顆粒マスト細胞の有意に高い割合がNMSマウスからの前立腺切片において観察されました。データは、平均±SEMを表し、各群n = 4。 **** P <0.0001、スチューデントのt検定。= "_空白">この図の拡大版を表示するには、こちらをクリックしてください。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

このプロトコルは、成体雄マウスにCP / CPPSを示す症状を誘導するために、NMSの形で、新生児のストレスを使用するための方法を提供します。大人として、NMSマウスはかなりのperigenital機械的異痛、ならびに前立腺組織における肥満細胞の脱顆粒の証拠が表示されます。 NMSを使用すると、として、それは多くの場合、慢性骨盤痛12-14の患者によって報告された初期の生活上のストレスを、複製することで、CP / CPPSの前臨床モデルを開発するだけでなく、非侵襲性の誘導を組み込むための新規なアプローチでありますより一般的に使用される、化学的におよび前立腺34,36-39の免疫学的に誘導される炎症に反対しました。さらに、マウスにおけるNMSが変化した不安様および快感喪失の行動を含む共存症状を産生することが示されており、排尿速度を増加させ、および過敏症の後肢(16;データは示さず)によって示される併存の体性、気分、および内臓疾患に類似CP / CPPS patieNTS 4-6。

マウスにCP / CPPSを誘導するためにNMSを使用することの主な利点は、それが生理的変化を開始するために心理的な介入を使用することです。 CP / CPPSの患者の大部分は、以前の感染や前立腺1-3に直接損傷を伴わない変異体病因を持っています。この事実にもかかわらず、CP / CPPSの公開モデルはperigenital領域および/または肥満細胞の活性化の過敏症を誘導するために、前立腺の直接的または間接的な炎症が組み込まれています。 CP / CPPSおよび一般に慢性骨盤痛の患者のかなりの割合が、報告書は、主に尿生殖器疼痛症候群のげっ歯類モデルで自然と口から出たてしまった初期生活逆境を経験しました。私たちの研究室から以前の研究では、NMSは、膣過敏症およびHPA軸16の適切な機能の関連する混乱を誘発することが示されています。このモデルを使用して、今後の作業はトンを生産するために早期の生活上のストレスによって駆動されるメカニズムを調査します彼は大人になって表現型を変化させただけでなく、前臨床または臨床設定において適用することができる潜在的な薬理学的またはライフスタイル介入を探求します。

このプロトコルの最適かつ再現性のある結果を達成する使用環境や機器に応じて最適化する必要があるかもしれないいくつかの重要なステップを観察に依存しています。それはHPA軸の機能に影響を与える劇的NMS考えると、それは両方の新生児と成人の期間中に外部の刺激や環境ストレスのために制御することが重要です。年齢をマッチさせた、非取り扱いナイーブマウスは、HPA軸の発達に影響を与える可能性があり、環境中に存在する外部のストレス要因を制御するために、NMSのマウスの各コホートと一致で生まれ、収容されるべきです。これは、繁殖を開始するか、動物施設に妊娠した雌を注文する前に、意図された実験を実行するのに必要とされるマウスの数を決定することが重要です。実行中にNMS、greatesTの問題は、したがって、それはNMSプロトコルを通してホームケージの香りを維持するために不可欠である、ダムによる仔の拒絶です。日周リズムの影響を最小限に抑えるには、NMSのための提案された分離時間は(午前11時から午後2時まで)光サイクルの途中です。 Perigenital感度の測定は、日周リズムの谷と一致するように、好ましくは、初期の光サイクルでは、年齢の約8週間、完全に成熟したオスの成体マウスで得られた、各グループのために一日の同じ時間に取られるべきです。 ( - 20,000 Hzの20)は、この手順の間、非誘発運動の発生を低減するために、評価は再生ホワイトノイズの温度制御、防音室で行われてもよいです。同じ研究者は、正と負の応答の遵守の一貫性を維持するために、研究を通じて、すべての逃避閾値を評価すべきです。 50%機械的閾値は、単一のモノフィラメントCOUに離脱周波数を測定する代替案として、LDは評価され、電子フォン·フレイ装置46を利用することができました。マスト細胞の可視化のために、分析されるすべてのスライドは染色強度は実験間で変化することができるように、肥満細胞の同等の染色を確実にするために一緒に処理されるべきです。 1.0以下のpHは、深い紫色の肥満細胞と薄い青色の背景色との間の適切なコントラストのために必要です。アルコールにあまりにも多くのすすぎは、肥満細胞からの汚れを洗い流すと負のコントラストに影響を与えることができます。最後に、組織上にグリッドを重畳すると、全体の組織切片全体の細胞を計数するのに役立ちます。

いくつかの考慮事項は、CP / CPPSまたは関連する集中型の疼痛性障害を誘導するために前にNMSの使用になされるべきです。 P14 - まず、初期の生活上のストレスが組み込まれている出版物の大半は、P1の切断分離期間を使用して、NMSのラットモデルで行われてきました。多くのグループが、このパラダイムをrにIBS様症状を発生させることが示されていますATSとマウス15と、しかしながら、我々の以前の研究でP1 - C57BL / 6マウスにおいてP14分離期間が膣感度16の有意な増加を生じなかった、また、それは、結腸直腸過敏症を発生なかった(データは示さず)。このため、NMSの種類と長さは症状の重症度および影響を受ける特定の器官(単数または複数)を含む、成人期に特異的な結果を決定することができます。第二に、NMSから生じる行動および分子変更は効果が中央に媒介され、anxiety-の変化および/ ​​またはうつ様行動を含む併存結果を持つことができることを示唆し、HPA軸15-18の調節不全によるところが大きいです他の骨盤内の臓器以上離れた場所での感度を増加させました。この併存表現型は、一般的に臨床的に見られ、全体5,28-31,42としてCP / CPPS患者のより表すことができるものであることを示しています。第三に、HPA軸dysregulの結果として生じるこれらの変化に基づいて、ationが、ストレスの影響は、NMSの手順以降の行動試験の両方の間および in vitro分析における最大の関心事であるべきです。 HPA軸からの出力は、行動またはインビトロ分析では、テストの時間に応じての結果に影響を与える可能性がより多くの静止光サイクル中に、より積極的な暗サイクルの間に大きな出力およびより少ない出力で、昼行性である/ 47を生け贄に捧げます。同様に、perigenital機械的感受性試験を受けているなどのストレス要因への曝露は、一過軸18 HPAの機能に影響を与えることができ、潜在的に関連する脳領域と下流の末梢組織内の遺伝子発現を変化させます。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Materials

Name Company Catalog Number Comments
Pregnant C57BL/6 female mice  Charles River 027 Timed or untimed pregnant females should be monitored daily for in-house birth.
2 L glass beaker(s) Sigma-Aldrich CLS10002L Each NMS litter will be held in the same beaker throughout the 21 day separation period.
VWR Forced Air Incubator, Basic VWR International 414005-124 The incubator should be held at 33°C and 50% humidity.
Touch Test Sensory Evaluator, Kit of 20 (Semmes-Weinstein Von Frey Aesthesiometer for touch assessment) Stoelting 58011 The following monofilaments should be used for perigenital sensitivity assessment: 1.65 g, 2.36 g, 2.83 g, 3.22 g, 3.61 g, 4.08 g, 4.31 g, and 4.74 g.
Animal Enclosure (12 mice 6 rats) IITC 435 Be sure to place a heavy object on top of the individual, acrylic animal enclosures to prevent mice from escaping. 
Mesh Stand for mice and rats (12 mice 6 rats) IITC 410 Place stand on a stable table top for comfortable access.
Phosphate buffered saline Sigma-Aldrich P5493 Dilute the 10x PBS stock to 1x PBS.
Paraformaldehyde Sigma-Aldrich P6148 A 4% paraformaldehyde solution is needed to intracardially perfuse mice and postfix tissue in preparation for mast cell staining.
Sucrose Sigma-Aldrich S5016 Cryoprotect fixed tissue in 30% sucrose solution at 4°C overnight.
Heptane Sigma-Aldrich 246654 Chill heptane on dry ice to freeze tissue.
Standard Cryomold  VWR International 4557 To assist in freezing prostate tissue prior to cryostat sectioning
Tissue-Tek OCT Compound Sakura 4583 12 x 125 ml
VWR Superfrost Plus Micro Slide VWR International 48311-703 75 x 25 x 1 mm
Toluidine Blue O Sigma-Aldrich 198161 Certified by the Biological Stain Commission. Suitable for use as a metachromatic stain for mast cells.
Ethanol, Absolute (200 Proof) Fisher Scientific BP2818-4 Molecular Biology Grade, Fisher Bioreagents; 95% and 100% solutions will be needed to dehydrate stained cryosections before mast cell visualization.
Sodium Chloride Sigma-Aldrich S9888 Acidified NaCl solution should be made fresh before staining cryosections.
GeneMate Sterile 50 ml Centrifuge Tubes  BioExpress C-3394 Disposable tubes used to mix toulidine blue elements or dip slides into 1xPBS.
Coplin staining dish for 10 slides, with ground glass cover Fisher Scientific 08-815 Hold up to 10 standard 3 x 1 in. (75 x 25mm) slides back-to-back. Use separate dishes for Toluidine Blue working solution, 95% EtOH, 100% EtOH, and xylene.
Xylenes (Histological) Fisher Scientific X3P Once dehydrated, tissue is cleared with xylene.
Microscope Slide Boxes, 100-Place VWR International 82003 Boxes can be used for storage and transportation of slides.
Fisherbrand Microscope Slide Box Fisher Scientific 22-363-400 These slide boxes are typically small enough to fit inside a cryostate.
Glycerol Sigma-Aldrich G5516 Glycerol is a traditional mounting medium.
Mounting Medium, Richard-Allan Scientific VWR International 4111 Mounting medium firmly bonds the coverslip to the slide.
Micro Cover Glasses, Rectangular, No. 1 VWR International 48393-106 A coverslip is placed over the dehydrated and cleared tissue to protect the sample.
Light Microscope Nikon The Advanced Automated Research Microscope Eclipse 90i, used by our lab, has been discontinued and replaced Eclipse Ni-E.  

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Mehik, A., Leskinen, M. J., Hellstrom, P. Mechanisms of pain in chronic pelvic pain syndrome: influence of prostatic inflammation. World journal of urology. 21, 90-94 (2003).
  2. Schaeffer, A. J. Epidemiology and evaluation of chronic pelvic pain syndrome in men. International journal of antimicrobial agents. 31, Suppl 1. S108-S111 (2008).
  3. Wesselmann, U. Neurogenic inflammation and chronic pelvic pain. World journal of urology. 19, 180-185 (2001).
  4. Arnold, L. D., Bachmann, G. A., Rosen, R., Kelly, S., Rhoads, G. G. Vulvodynia: characteristics and associations with comorbidities and quality of life. Obstetrics and gynecology. 107, 617-624 (2006).
  5. Bullones Rodriguez, M. A., et al. Evidence for overlap between urological and nonurological unexplained clinical conditions. The Journal of urology. 189, S66-S74 (2013).
  6. Warren, J. W., van de Merwe, J. P., Nickel, J. C. Interstitial cystitis/bladder pain syndrome and nonbladder syndromes: facts and hypotheses. Urology. 78, 727-732 (2011).
  7. Heim, C., Newport, D. J., Bonsall, R., Miller, A. H., Nemeroff, C. B. Altered pituitary-adrenal axis responses to provocative challenge tests in adult survivors of childhood abuse. The American journal of psychiatry. 158, 575-581 (2001).
  8. Mayson, B. E., Teichman, J. M. The relationship between sexual abuse and interstitial cystitis/painful bladder syndrome. Current urology reports. 10, 441-447 (2009).
  9. Rao, U., Hammen, C., Ortiz, L. R., Chen, L. A., Poland, R. E. Effects of early and recent adverse experiences on adrenal response to psychosocial stress in depressed adolescents. Biological psychiatry. 64, 521-526 (2008).
  10. Videlock, E. J., et al. Childhood trauma is associated with hypothalamic-pituitary-adrenal axis responsiveness in irritable bowel syndrome. Gastroenterology. 137, 1954-1962 (2009).
  11. Tyrka, A. R., et al. Childhood parental loss and adult hypothalamic-pituitary-adrenal function. Biological psychiatry. 63, 1147-1154 (2008).
  12. Chitkara, D. K., van Tilburg, M. A., Blois-Martin, N., Whitehead, W. E. Early life risk factors that contribute to irritable bowel syndrome in adults: a systematic review. The American journal of gastroenterology. 103, 765-774 (2008).
  13. Jones, G. T., Power, C., Macfarlane, G. J. Adverse events in childhood and chronic widespread pain in adult life. Results from the 1958 British Birth Cohort. 143, 92-96 (2009).
  14. Peters, K. M., Killinger, K. A., Ibrahim, I. A. Childhood symptoms and events in women with interstitial cystitis/painful bladder syndrome. Urology. 73, 258-262 (2009).
  15. Mahony, S. M., Hyland, N. P., Dinan, T. G., Cryan, J. F. Maternal separation as a model of brain-gut axis dysfunction. Psychopharmacology. 214, 71-88 (2011).
  16. Pierce, A. N., Ryals, J. M., Wang, R., Christianson, J. A. Vaginal hypersensitivity and hypothalamic-pituitary-adrenal axis dysfunction as a result of neonatal maternal separation in female mice. Neuroscience. 263, 216-230 (2014).
  17. Ladd, C. O., Huot, R. L., Thrivikraman, K. V., Nemeroff, C. B., Plotsky, P. M. Long-term adaptations in glucocorticoid receptor and mineralocorticoid receptor mRNA and negative feedback on the hypothalamo-pituitary-adrenal axis following neonatal maternal separation. Biological psychiatry. 55, 367-375 (2004).
  18. Malley, D., Dinan, T. G., Cryan, J. F. Neonatal maternal separation in the rat impacts on the stress responsivity of central corticotropin-releasing factor receptors in adulthood. Psychopharmacology. 214, 221-229 (2011).
  19. Chung, E. K., Zhang, X. J., Xu, H. X., Sung, J. J., Bian, Z. X. Visceral hyperalgesia induced by neonatal maternal separation is associated with nerve growth factor-mediated central neuronal plasticity in rat spinal cord. Neuroscience. 149, 685-695 (2007).
  20. Coutinho, S. V., et al. Neonatal maternal separation alters stress-induced responses to viscerosomatic nociceptive stimuli in rat. Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol. 282, G307-G316 (2002).
  21. Moloney, R. D., et al. Early-life stress induces visceral hypersensitivity in mice. Neuroscience letters. 512, 99-102 (2012).
  22. Wijngaard, R. M., et al. Peripheral alpha-helical CRF (9-41) does not reverse stress-induced mast cell dependent visceral hypersensitivity in maternally separated rats. Neurogastroenterol Motil. 24, 274-282 (2012).
  23. DeBerry, J., Ness, T. J., Robbins, M. T., Randich, A. Inflammation-induced enhancement of the visceromotor reflex to urinary bladder distention: modulation by endogenous opioids and the effects of early-in-life experience with bladder inflammation. J Pain. 8, 914-923 (2007).
  24. Randich, A., Uzzell, T., DeBerry, J. J., Ness, T. J. Neonatal urinary bladder inflammation produces adult bladder hypersensitivity. J Pain. 7, 469-479 (2006).
  25. Shaffer, A. D., Ball, C. L., Robbins, M. T., Ness, T. J., Randich, A. Effects of acute adult and early-in-life bladder inflammation on bladder neuropeptides in adult female rats. BMC urology. 11, 18 (2011).
  26. Pontari, M. A., Joyce, G. F., Wise, M., McNaughton-Collins, M. Urologic Diseases in America, P. Prostatitis. The Journal of urology. 177, 2050-2057 (2007).
  27. Calhoun, E. A., et al. The economic impact of chronic prostatitis. Archives of internal medicine. 164, 1231-1236 (2004).
  28. Nickel, J. C., et al. Category III chronic prostatitis/chronic pelvic pain syndrome: insights from the National Institutes of Health Chronic Prostatitis Collaborative Research Network studies. Current urology reports. 9, 320-327 (2008).
  29. Mehik, A., Hellstrom, P., Sarpola, A., Lukkarinen, O., Jarvelin, M. R. Fears, sexual disturbances and personality features in men with prostatitis: a population-based cross-sectional study in Finland. BJU international. 88, 35-38 (2001).
  30. Clemens, J. Q., Brown, S. O., Calhoun, E. A. Mental health diagnoses in patients with interstitial cystitis/painful bladder syndrome and chronic prostatitis/chronic pelvic pain syndrome: a case/control study. The Journal of urology. 180, 1378-1382 (2008).
  31. Rodriguez, M. A., et al. Evidence for overlap between urological and nonurological unexplained clinical conditions. The Journal of urology. 182, 2123-2131 (2009).
  32. Murphy, S. F., Schaeffer, A. J., Thumbikat, P. Immune mediators of chronic pelvic pain syndrome. Nature reviews. Urology. 11, 259-269 (2014).
  33. Parsons, C. L. The role of a leaky epithelium and potassium in the generation of bladder symptoms in interstitial cystitis/overactive bladder, urethral syndrome, prostatitis and gynaecological chronic pelvic pain. BJU international. 107, 370-375 (2011).
  34. Done, J. D., Rudick, C. N., Quick, M. L., Schaeffer, A. J., Thumbikat, P. Role of mast cells in male chronic pelvic pain. The Journal of urology. 187, 1473-1482 (2012).
  35. Roman, K., Done, J. D., Schaeffer, A. J., Murphy, S. F., Thumbikat, P. Tryptase-PAR2 axis in experimental autoimmune prostatitis, a model for chronic pelvic pain syndrome. Pain. 155, 1328-1338 (2014).
  36. Donadio, A. C., Depiante-Depaoli, M. Inflammatory cells and MHC class II antigens expression in prostate during time-course experimental autoimmune prostatitis development. Clinical immunology and immunopathology. 85, 158-165 (1997).
  37. Keetch, D. W., Humphrey, P., Ratliff, T. L. Development of a mouse model for nonbacterial prostatitis. The Journal of urology. 152, 247-250 (1994).
  38. Rivero, V. E., Cailleau, C., Depiante-Depaoli, M., Riera, C. M., Carnaud, C. Non-obese diabetic (NOD) mice are genetically susceptible to experimental autoimmune prostatitis (EAP). Journal of autoimmunity. 11, 603-610 (1998).
  39. Rudick, C. N., Schaeffer, A. J., Thumbikat, P. Experimental autoimmune prostatitis induces chronic pelvic pain. American journal of physiology. Regulatory, integrative and comparative physiology. 294, R1268-R1275 (2008).
  40. Rivero, V. E., Iribarren, P., Riera, C. M. Mast cells in accessory glands of experimentally induced prostatitis in male Wistar rats. Clinical immunology and immunopathology. 74, 236-242 (1995).
  41. Hu, J. C., Link, C. L., McNaughton-Collins, M., Barry, M. J., McKinlay, J. B. The association of abuse and symptoms suggestive of chronic prostatitis/chronic pelvic pain syndrome: results from the Boston Area Community Health survey. Journal of general internal. 22, 1532-1537 (2007).
  42. Riegel, B., et al. Assessing psychological factors, social aspects and psychiatric co-morbidity associated with Chronic Prostatitis/Chronic Pelvic Pain Syndrome (CP/CPPS) in men - A systematic review. Journal of psychosomatic research. 77, 333-350 (2014).
  43. Chaplan, S. R., Bach, F. W., Pogrel, J. W., Chung, J. M., Yaksh, T. L. Quantitative assessment of tactile allodynia in the rat paw. Journal of neuroscience. 53, 55-63 (1994).
  44. Watkins, S. K., Zhu, Z., Watkins, K. E., Hurwitz, A. A. Isolation of immune cells from primary tumors. Journal of visualized experiments : JoVE. e3791 (2012).
  45. Gage, G. J., Kipke, D. R., Shain, W. Whole animal perfusion fixation for rodents. Journal of visualized experiments : JoVE. (2012).
  46. Martinov, T., Mack, M., Sykes, A., Chatterjea, D. Measuring changes in tactile sensitivity in the hind paw of mice using an electronic von Frey apparatus. Journal of visualized experiments : JoVE. e51212 (2013).
  47. Lutgendorf, S. K., et al. Diurnal cortisol variations and symptoms in patients with interstitial cystitis. The Journal of urology. 167, 1338-1343 (2002).

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Usage Statistics