製作手順と磁気応答性ランタノイド イオンのキレート リン脂質アセンブリを設計するための複屈折測定

Engineering

Your institution must subscribe to JoVE's Engineering section to access this content.

Fill out the form below to receive a free trial or learn more about access:

 

Summary

高磁気応答性希土類金属イオンのキレート polymolecular アセンブリの製作手順が掲載されています。磁場に対する応答は、ナノ細孔膜間押出しによる合わせたアセンブリのサイズによって決まります。アセンブリの磁気無順序と温度誘起構造変化は、複屈折測定, 核磁気共鳴と中性子小角散乱に無料技術によって監視されます。

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations | Reprints and Permissions

Isabettini, S., Baumgartner, M. E., Fischer, P., Windhab, E. J., Liebi, M., Kuster, S. Fabrication Procedures and Birefringence Measurements for Designing Magnetically Responsive Lanthanide Ion Chelating Phospholipid Assemblies. J. Vis. Exp. (131), e56812, doi:10.3791/56812 (2018).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

膜は、多種多様な脂質の混合物から形成される可変のディスクのような polymolecular のアセンブリです。アプリケーションの範囲は、核磁気共鳴 (NMR) による膜タンパク質の構造研究から光学活性と磁気切替可能なゲルの形成を含むナノテクノロジー開発です。このようなアセンブリのサイズ、磁気応答と熱抵抗の高いコントロールが必要です。1, 2 の混合物-dimyristoyl -sn- グリセロホスファチジン-3-phosphocholine (DMPC) とそのランタニド イオン (Ln3 +) キレート リン脂質共役、1, 2-dimyristoyl -sn- グリセロホスファチジン 3 リン酸エタノールアミン ジエチレング triaminepentaacetate (DMPE-DTPA)、DMPC/-ln/DTPA による3 +など高い磁気応答性アセンブリにまとめる (モル比 4:1:1) 膜。コレステロール (哲-オハイオ州) と 2 層でステロイド誘導体の導入は、固有の物理化学的性質を提供するアセンブリの別のセットの結果します。特定の脂質組成の磁気無順序は bicelle サイズに比例します。Ln3 +の錯形成反応の大きさと配置の両方の方向の点で前例のない磁気応答の結果します。暖房時に小胞にディスクのような構造の熱可逆性崩壊によりメンブラン フィルター定義された細孔径間押出しによるアセンブリの寸法の仕立てができます。磁気整列膜、小胞前駆体によって定義されたアセンブリ寸法で 5 ° C に冷却することにより再生されます。ここで、この作製手順を説明し、アセンブリの磁気無順序は 5.5 T の磁場下における複屈折測定によって定量化されます。複屈折の信号リン脂質二重膜からは、さらに 2 層 polymolecular の変化を監視できます。この単純な手法は膜の特性によく採用されている NMR 実験に補足であります。

Introduction

膜は、多数の脂質の混合物から得られたディスクのような polymolecular のアセンブリです。1,2,3,4,5広く使用されます膜の生体分子の構造解析の NMR 分光法による。6,7ただし、最近の取り組みが可能なアプリケーションのフィールドの拡大を目指してください。5,8,9最も研究の bicelle システムは、1, 2 の混合物から成る-dimyristoyl -sn- グリセロホスファチジン-3-phosphocholine (DMPC)、アセンブリ、および 1, 2 の平面な部分-dihexanoyl -sn- グリセロホスファチジン-3-phosphocholine (DHPC)リン脂質は、エッジをカバーします。1,2,3膜を構成するリン脂質の分子幾何学は、polymolecular の自己組織化構造の建築を指示します。4,5による DTPA と交換 DHPC 高磁気応答性と調整可能な bicelle システムを生成します。10,11 DMPC/-ln/DTPA による3 + (モル比 4:1:1) 膜強化磁気応答の結果、膜の表面に多くより常磁性希土類金属イオン (Ln3 +) を関連付けます。10また、希釈耐性膜の形成による DTPA/Ln3 +と DHPC の水溶性分子を交換します。11

平面 polymolecular アセンブリの磁気無順序は彼らの全体的な磁気エネルギーによって決定されます。

Equation 1(1)

B が、磁場の強さ、Equation 2磁気定数、n 集計数とEquation 3、膜を構成する脂質分子の反磁性帯磁率異方性。したがって、磁場に対する DMPC/-ln/DTPA による3 +膜の応答はサイズ (集計番号 n) および分子磁性磁化率異方性 Δχ で合わせています。後者は容易にキレート Ln3 +の性質を変えることによって行われます。12,13,14,15紹介コレステロール (哲-オハイオ州) や 2 層他のステロイドの誘導体は、集計番号 n とアセンブリの帯磁 Δχ チューニングの可能性を提供しています。11,16,17,18,19特定の脂質組成の大きいアセンブリを含めるより脂質 Eマグ(集計数 n が大きいほど) に貢献できるより整列種の結果します。DMPC/DHPC 膜のサイズはたとえば、従来構成脂質の比率または合計濃度の最適化を通じて制御されます。20,21,22これは DMPC/-ln/DTPA による3 +膜可能ですが、提供を加熱すると小胞へ bicelle からの熱可逆性転換は仕立てオプションを追加しました。機械は、メンブラン フィルター押出により、小胞の形成などを意味します。5 ° C に冷却される磁気整列の膜が再生され、小胞前駆体からの寸法を決定します。11 ・・・、我々 に焦点を当てると DMPC/による DTPA/Tm3 +機械加工手順の可能性 (モル比 4:1:1) または DMPC/哲-ああ/による-DTPA/Tm3 + (モル比 16:4:5:5) 参照システムとして。その他 Ln3 + Tm3 +よりもを使用するとき、プロセスはおおむね正確に働きます。これらの技術によって提供される可能性の広い範囲が図 1に強調され、広く他の所で議論。23

Figure 1
図 1: 可能な製作手順の図式的な概観します。調査磁気整列 Ln3 +キレート polymolecular アセンブリのいずれか DMPC/による DTPA/Tm3 +で構成されています (モル比 4:1:1) または DMPC/哲-ああ/による-DTPA/Tm3 + (モル比 16:4:5:5)。PH 値 7.4 の 50 mM リン酸緩衝と乾燥脂質膜が水分補給し、総脂質濃度は 15 mM。脂質膜の効果的な水分補給が必要か凍結融解のサイクル (フィート) または加熱・冷却サイクル (H & C)。H & C サイクルが最後フリーズの分解の手順の後のサンプルを再生成するか、またはさらに押出成形せずに使用する場合、時間の長時間にわたって凍結保存試料を再生成する必要。これらの手順は、Isabettiniに広く議論されています。23最大限に整列 polymolecular アセンブリを実現、脂質組成に基づく別のアセンブリのアーキテクチャを提供します。Bicelle サイズと磁気無順序ナノ細孔膜フィルター (Ext) 間押出しによる可変です。提示された線形要因 Afは 800、400、200、100 のいずれかを通して押し出さ DMPC/哲-ああ/による-DTPA/Tm3 + (モル比 16:4:5:5) サンプルの 2次元小角中性子散乱 (SAN) パターンから計算された nm 毛穴。SANS の測定、詳細はここでは扱いません bicelle 配置の定量化の補完的な手段です。11,16 Af -1 (並列中性子散乱または磁場方向に対する膜の垂直配置) から等方散乱の 0 の範囲します。この図の拡大版を表示するのには、ここをクリックしてください。

膜の構造は、解析技術の広い範囲で幅広く研究されています。13磁場にさらされる膜の配置は、NMR 分光法又は小角中性子散乱 (SAN) 実験のいずれかを使用して定量化されています。5,10,11,12,13,16,17,18,19,24,25ただし、shift キーを押し Ln3 +の存在下で発生する NMR ピークの広がりは深刻な制限メソッドに。15,26,27,28が SAN 実験に苦しむしないこの制限、代替、ソリューション内のアセンブリの磁場誘起配向のルーチンの定量化のために望ましいより使いやすいテクニックです。複屈折測定可能な比較的簡単な代わりであります。NMR 実験に同様する複屈折測定では、脂質の語順換えおよび 2 層で発生する脂質段階に関する貴重な情報を明らかにします。また、温度などの環境条件を変更すると polymolecular アセンブリの幾何学的な変化が監視されます。11,12,13,16磁気誘導複屈折 Δn′ は、リン系の様々 な種類を勉強する使用されています。13,29,30磁場下における位相変調法を用いた複屈折測定は、膜の向きを検出するための現実的な方法です。12,16,18,29,31,32 35 T までの高磁場下における複屈折膜の調査の可能性 m. Liebiによって示したも13

偏光異方性材料が入ったら、普通と異常な波で屈折します。11 2 つの波は別の速度がある、位相差 δ によって段階にシフトされます。位相差 δ の程度を測定し、複屈折信号に変換Equation 5材料を用いた異方性の度合いを定量化するには

Equation 6(2)

λ ある波長レーザーと d は、試料の厚みです。リン脂質は、光学異方性とその光軸の長い分子軸は、炭化水素の尾に平行と一致しています。11,12位相差計測されますないリン脂質はソリューションでランダムに配向されています。リン脂質は、互いに平行に並んでいる場合、遅滞は測定されます。磁気誘導複Equation 5磁気フィールドに、分子の方向に応じて正または負の符号を持つことができます図 2を参照してください。負の x 軸に平行にリン脂質になりますEquation 5、肯定的な z 軸に沿って整列それら結果Equation 5。光軸が y 軸に平行に配置されます、リン脂質、光の伝搬方向と一致する場合は複屈折認められなかったです。

Figure 2
図 2: リン脂質と磁場誘起複屈折の対応する記号の配置 Equation 12 .測定の記号Equation 12磁場下におけるリン脂質の向きによって異なります。破線は、分子の光軸を示しています。光は 45 ° で偏光し、y 方向に伝達します。磁場 B は z 方向です。この図は、M. Liebi から変更されています。11 この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

膜の異方性のコロイド分散液、場合、膜リン脂質の配置による配向は失われ、位相差 δ をゼロになります。膜は、偏光の位相差 δ を引き起こして、その膜の光学活性なリン脂質をオリエンテーションするためにも揃える必要があります。その結果、複屈折は、polymolecular アセンブリの磁気無順序を定量化する敏感なツールです。配向膜磁場に対して垂直に行えば、肯定的なEquation 5、平行にこれらの否定的な利回りがEquation 5。サインはセットアップの配置に依存し、参照サンプルでチェックすることがあります。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

1. DMPC/による DTPA/Tm3 +施工 (モル比 4:1:1) と DMPC/哲-ああ/による-DTPA/Tm3 + (モル比 16:4:5:5) polymolecular アセンブリ

  1. 予備の準備
    1. 一度エタノール安定・ クロロホルム洗浄フラッシングによってすべてのガラス (> 99% クロロホルム) と圧縮空気で乾燥。
    2. 2 個別 10 mg/mL 原液 DMPC と DTPA によるクロロホルムのエタノール安定を生成 (> 99% クロロホルム)、クロロホルムのエタノール安定哲-オハイオ州の 10 mM 在庫ソリューション (> 99% クロロホルム) と 10 mM の原液に都民3メタノール。
    3. 0.121 g ナトリウム二水素リン酸塩二水和物と無水ナトリウムの 0.599 g 超純水 H2o. の 100 mL の水素リン酸を混合することによって pH 値 7.4 の 50 mM リン酸バッファーを準備します。
  2. 乾燥脂質膜の作製
    1. 2.5 mL のガラス製注射器で別 3 mL ガラス スナップ カップに両親媒性物質 (DMPC による検査、必要に応じて哲-オハイオ州) および Ln3 +原液必要量重量を量る。
      1. DMPC/による造影の 3 mL サンプル ボリュームの/Tm3 + (モル比 4:1:1、総脂質濃度 15 mM)、DMPC 原液による DTPA 原液と都民3原液 0.7126 g 1.4731 g 3.6435 g の重量を量る。
      2. DMPC/哲-ああ/による-DTPA/Tm3 + (モル比 16:4:5:5、15 mM の総脂質濃度) の 3 mL サンプル ボリュームの 0.7126 g の哲ああ原液の 1.0749 g、1.4731 g による DTPA 原液の DMPC 原液の 2.9148 グラムの重量を量る都民3原液。
        注意: クロロホルム、メタノールは有毒、常温で揮発性です。ヒューム フードの下で動作し、速やかに質量測定を続行します。
    2. 25 mL の丸底フラスコにスナップ カップの内容を転送します。対応する溶剤の約 2.5 mL の丸底フラスコに各スナップ カップをフラッシュします。
    3. 40 ° C で回転蒸発器の真空下で溶媒を除去します。初期圧を 30 000 に設定 Pa 溶剤のほとんどが削除されるまで。圧力を 100 に減らす Pa とドライ 2 h の最低の回転の下でサンプル フラスコのガラス壁に均一乾燥脂質膜を得る。
    4. 空気中の脂質酸化を回避し、水分補給する前に冷凍庫にサンプルを格納するアルゴンの着実なストリームの下 1 分乾燥脂質膜を配置します。
  3. 乾燥脂質膜の水和
    1. 15 mM の総脂質濃度に到達する丸底フラスコに 3 mL のリン酸バッファーを追加します。
    2. それは (沸騰液体窒素停止)、完全に凍結し、加熱するまで液体窒素中での回転の下でフラスコを突っ込むことにより凍結融解 (フィート) サイクルを行うに継続的に、フラスコを渦巻く水のお風呂に 5 分のサンプルを置くことによって 60 ° C までをバックアップします。溶融プロセスを支援します。30 の適用サンプルが液体脂質膜の水和を支援するために各冷凍サイクルの前にボルテックスの s。
      注: 脂質膜がない表示されますフラスコの壁に 2 つ目凍結融解サイクル後。
    3. 1.3.2 を合計 5 回繰り返します。リン酸バッファーの不要な蒸発を避けるためサンプルが熱いときにキャップ フラスコを閉じます。サンプルが固定されるプロトコルを一時停止する場合があります。
    4. 2 つの加熱と冷却に進みます (H & C) 凍結最後出てくるサンプルを安定化または最大 2 ヶ月間凍結を維持するサイクル。DMPC/による DTPA/Tm3 + 40 または 60 ° C にサンプルの熱 (モル比 4:1:1) または DMPC/哲-ああ/による-DTPA/Tm3 + (モル比 16:4:5:5)、それぞれ、1 ° C/分で 5 ° C に冷却する前に維持するためサンプルの最大値と最小 5 分サイクルの温度。
    5. 今、いずれか (ステップ 2) の外部磁場中試料の複屈折信号を決定するまたは bicelle 寸法と磁気無順序 (手順 1.4) に合わせてサンプルをさらに押し出します。
      注: DMPC/による DTPA/Tm3 + (モル比 4:1:1) のサンプル、主に 70 の平均流体力学的直径 DH膜の 5 ° C で動的光散乱 (DLS) の測定から得られる nm 番号分布によって明らかにされました。これらのサンプルはまた 500 の平均 DHより大きい polymolecular アセンブリを含む nm 強度分布によって明らかにされました。DMPC/哲-ああ/による-DTPA/Tm3 + (モル比 16:4:5:5) のサンプルは非常に明らかに平均 DH 700 の典型的な強度分布を持つサイズの多 nm、数の分布が小さいによって支配される人口を明らかにしながら200 のサイズの範囲で膜 nm。詳細なサイズ分布とこれらのサンプルの低温電子顕微鏡透過電子顕微鏡像は、Isabettiniによって報告されています。23
  4. Polymolecular アセンブリの押し出し。
    1. 図 3に示すように、押出機を組み立てます。手袋やピンセットを使用し処理用石英管を保護します。ろ紙 (5) を (6) メンブレン フィルターの最適配置を可能にするバッファーの数滴にぬれます。紙の上に o リング (7) を配置した後ひだを持たないことを確認します。
      注: 押出成形プロセスは、800、400、200、100 の孔径膜フィルター (6) でテストされた nm;図 7を参照してください。
    2. DMPC/による DTPA/Tm3 +のための 40 ° C に風呂の水を設定 (モル比 4:1:1) サンプルまたは DMPC/哲-ああ/による-DTPA/Tm3 + (モル比 16:4:5:5) サンプル extrudable 小胞の形成を保証するための 60 ° C。
    3. 高圧ポリ塩化ビニール管を用いた加圧窒素瓶に押出機を接続 (> 4 MPa) serto アダプターを搭載し、膜を通して液体材料を押し出します。圧力 1 MPa、200 の孔径のメンブラン フィルター (6) 押し出しの通常必要な nm 以上。1.5-2.5 MPa が必要小さい膜フィルター (6) 孔径 100 nm。
      注: 膜フィルターを変更は、場合異常高圧 (> 2.5 MPa)、(これは目詰まりの最初の兆候) サンプルを押し出す必要。
    4. カバー (10) を開き、2 mL ガラス ピペットを使用してサンプルを挿入します。その後、カバー (10) を閉じて、サンプル アウトレット チューブ (2) を押しながら圧力弁 (12) を開きます。プレッシャー バルブ (12) 押出成形サイクルが完了した後、口を閉じて次のサイクルを続行します。
      注: 長すぎると蒸発によって過剰なサンプルの損失を避けるためにホット ジャケット容器 (8) 連絡先のサンプルを放置しないでください。
30-60 s は圧力弁 (12) を開く前に、押出機で平衡に 3 mL のサンプルは十分な時間です。
  • 図 3に示すように、与えられた膜細孔寸法 10 押出成形サイクルに進んでください。ほとんどの bicelle システム 10 回 100 の孔径膜を通して 200 と別の 10 倍の孔径膜を通して押し出されますサンプル比較可能性を保証する nm。
  • (ステップ 2) の外部磁場中試料の複屈折の信号を確認します。
  • Figure 3
    図 3: 研究所押出機 bicelle と小胞の準備に使用します。押出機を下から組み立てられる: マウント (1)、(2) サンプル (8) ジャケット容器 (7) o リング、(6) 膜フィルター、2.4 mm (内径) プラスチック排水チューブ o リング、(3) と (4) 大小の安定メッシュ (5) フィルター ペーパー空間を収集 (9。) (12) 圧力弁 (11) 蝶ネジ、(10) カバー入口および圧力接続トップカバーします。右のサイドの組み立ての押出機のスケッチが表示されます。窒素 (N2) は圧力容器によって指定され、温度制御のための水のお風呂に外周 (9) が接続されています。サンプルは、任意の与えられた膜フィルター孔径 (青で示されているパスのサンプル) 10 押出成形サイクルを経る。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

    2 DMPC/による DTPA/Tm3 +複屈折測定 (モル比 4:1:1) と DMPC/哲-ああ/による-DTPA/Tm3 + (モル比 16:4:5:5) polymolecular アセンブリ。

    1. 構築し図 4に示すように複屈折セットアップを接続し、それぞれの電子素子に電源を供給します。置かないでください PEM、サンプル、および第 2 の偏光レーザーの経路にこの段階で。反映の表面、たとえばアルミ ミラー ホルダー、黒い紙で覆うことによって後方散乱光の検出を避けるため。
    2. 直流電流の強度によって表される検出器ではレーザーの強度を最大限にミラーを調整Equation 7図 4 bでローパス フィルターから得られます。
      注意: ミラーを調整するときに、適切な眼の保護を着用初めてレーザーを操作する場合、レーザー安全インストラクターと相談してください。
    3. 最大限に最初交差の直線偏光子 (入射レーザー光を垂直に維持) をオンに、 Equation 7

    Figure 4
    図 4: 複屈折のセットアップおよび光信号の接続の概略図A)超伝導電磁石は、5.5 T の磁場を提供します。635 でダイオード レーザーからの光 nm が 2 つ交差偏光板によって偏波します。光弾性変調器 PEM 90、50 KHz で動作し振幅0 2.405 rad の偏光フィルターを 2 つの間に配置。サンプルは、PEM と 2 つ目の偏光板の磁石であります。非偏光ミラーは、さまざまな要素を光を導く、光検出器で検出は最終的に。最初と 2 番目の高調波Equation 10Equation 11の AC 信号を監視する Ln3 + polymolecular アセンブリをキレート磁気無順序で情報を与えて複屈折信号の計算を許可します。サンプルのキュベットは、温度制御 (青) の外部水風呂に接続されます。サンプルの温度は、温度プローブ (赤) で監視されます。B)光検出器からの信号は、± 12 V DC 電源供給バラケませんケーブル (3) を 360 Hz のカットオフ周波数を持つ 2 次 Sallen キー ローパス フィルター (24 V AC 電源) に供給されます。ローパス フィルターは DC 成分を抽出Equation 7し、BNC 50 Ω ケーブルを介して PC インターフェイス (4) に配信します。光検出器からの信号は 2 つのロックイン アンプに配信 (最初と 2 番目の高調波を抽出するEquation 10Equation 11 ) BNC 50 Ω ケーブル (1) & (2)。高調波の強度は、位相敏感検出によって検出されます。その結果、PEM 信号は (1 階 - 最初のロックイン アンプに PEM および第二に 2f 出力の出力ケーブルの接続、BNC 50 Ω) ロックイン アンプの基準信号として使用されます。出力信号は BNC 50 Ω ケーブルを介して PC インター フェース ユニットに配信されます。アナログ集録ユニット cFP-AI-110 と cFP CB 1 を監視するための rs-232 ケーブルを介してコンピューターに転送される信号をデジタル化します。K タイプ温度プローブは、アナログ集録 3 号 cFP CB 機と cFP TC 120 は、監視するための rs-232 ケーブル経由でコンピューターに転送する前の信号をデジタル化 PC インター フェース ユニットにも接続されます。C) B. キー要素でスケマティックのセットアップの写真は 1 から 4 に対応する番号で示されます。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

    1. 図 4 aに示すように、入射レーザー光に垂直な 2 番目の交差した直線偏光子を配置します。最小限に抑えるため、Equation 7最初に対して 90 ° の角度で 2 つ目の偏光板を設定することによって。
    2. 2 つの交差した直線偏光板と垂直入射レーザービーム図 4 aに示すように間 0 ° 光弾性変調器 (PEM) の場所。図 5 aに示すように 50 kHz と 2.405 rad に A0 振幅の周波数に PEM を調整します。これは DC コンポーネントを複屈折とブーストの独立して、 Equation 7
      注: 定数を維持するために、数度の PEM の光軸に調整されるかもしれませんEquation 7任意のサンプルを測定する前に空気で。
    3. レーザーおよび電子機器の信号を安定させるために電源を入れた後 1 時間待ちます。
    信号は、一定のまま自動位相ロックイン アンプの後に安定しています。
  • パス長 10 mm で温度制御された石英キュベット内サンプルを置き、最初に 5 ° C で設定外部水浴に接続
  • サンプルの温度を監視するサンプルに直接 0.5 mm 厚タイプ K 熱電対 (温度プローブ) を配置します。プローブが (後でキュヴェット) レーザーの経路にホワイト ペーパーを置き、プローブによって引き起こされる影を探してのレーザー光と干渉しないことを確認します。
    注:、風呂の水の温度記録と試料の温度差 2 ~ 3 ° C があります。
  • 図 4 aに示すように、磁石の穴にキュヴェットを配置します。レーザー光は、非偏光ミラーによって偏向は、光検出器で検出されたサンプルを水平方向に伝播します。
    注: レーザーは、ファラデー効果 (すなわち、反対方向に出ても下りが取り消されたとき、磁場による光の偏光面の回転) のために、ダウン サンプル、同じパスをバックアップを使用されます。
  • 部屋の温度と 10000 で圧縮空気の定常空気流を適用、信号の強度を減らすと、ノイズを増加させる細胞壁上の水の凝縮を避けるためにキュヴェットの Pa。5 ° C で測定するとき、これは特に重要です。
  • 最初と 2 番目の高調波を検出Equation 10Equation 112 つのロックイン アンプの AC 信号の。自動ロックイン アンプを図 5 bに示すように (2) のボタンを押すことによって相し、図 5 b (1) に示すように感度を調整します。信号のオーバー ロードを避けるために図 5 b (3) で示すように、アンプに 4 つ以上の赤いバーがないことを確認します。図 5 (8) に示すように、プログラムTesla_Magnet_Const_V092で両方のロックイン アンプの採用の感度を書き留めます。プログラムは、補足情報として提供されます。
  • 図 5 (5) に示すように、 Tesla_Magnet_Const_V092プログラムを通じて磁石に電流を供給することにより 5.5 T まで磁場をランプします。
  • 複屈折を取得Equation 5方程式 2、遅延で計算されます。
    Equation 13(3)
    どこEquation 14Equation 15最初の種類のベッセル関数は、 Equation 16Equation 1711,13,18,33,34は、図 5 (4) に示すように、 Tesla_Magnet_Const_V092プログラムの遅滞をプロットします。
    メモ: 2 つのロックイン アンプ、同じ感度で動作していない場合、複屈折信号を計算するプログラムによって提供される遅延を使用できませんする必要があります (手順 2.12 参照)。ログに記録された高調波強度Equation 10Equation 11に正しいサイズを取得するロックイン アンプの感度が乗算されますが。また、マグネット フィールド下で測定した複屈折信号は 0 t 得られた平均複屈折信号を減算することによって正規化する必要があります。
  • サンプルの複屈折信号定数または温度 (1 ° C/分) を図 4に示すようにキュベットに接続されている風呂の水の温度を調整することによって変更を監視します。
  • (9) のファイル名を指定して (10) ログ開始」ボタンを押して記入図 5 (8) の実験の説明で実験データを記録します。
  • Figure 5
    図 5: 雇用の設定、プログラムのスクリーン ショットのイラストA) PEM 設定: 遅滞 2.405 rad、波長 635 nm の, 周波数 50 hz ホワイト サークルを示すアクティブにする設定 (USR ユーザー定義遅滞、LOC を = = 操作のローカル モード)。B)ロックイン アンプの設定。感度 (1) 必要に応じてステップ 2.11 に各測定の前に選択するがあります。信号のオーバー ロードを避けるために表示 (3) 上に赤いバーが 4 つ以上があるないはずです。オーバー ロードは、測定は不可能、赤色 (1) led が点灯したときに発生します。すべての測定の前に自動フェーズ ボタン (2) を押します。C) Tesla_Magnet_Const_V092補足情報として提供プログラムのスクリーン ショット。プログラムには、磁気フィールドの制御と信号を時間の関数として出力すべての録音ができます。磁場の強さとサンプル温度は (1) でプロットされます。最初と 2 番目の高調波Equation 10Equation 112 つのロックイン アンプによって測定される AC 信号の (2) でプロットされます。直流電流の強度Equation 7(3) でプロットされます。遅延は、2.13 の手順で説明するように計算され、(4) でプロットします。磁場強度は、(5) に設定されています。K 型熱電対によって記録された温度の直接測定は、(6) で表示と出力信号 (Equation 23Equation 22 ) (7)。その他のサンプルについては、増幅器、サンプル名、等の採用の感度など (8) 挿入されるかもしれません。データを記録され、(9) で提供される .txt ファイルにエクスポートされた可能性があります。起動し、ログ開始」ボタン (10) でデータ集録を停止します。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

    Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

    Representative Results

    非押し出し DMPC/による DTPA/Tm3 +複屈折信号 (モル比 4:1:1) 冷暖房サイクル 5 から 40 ° c、1 ° C/分 (図 6) のレートで 5.5 T の磁場中観察したサンプル。複屈折の結果は、1.5 倍の報告された押出成形システムにも強い、10-5倍の値で 5 ° C で高磁気線形を確認しました。6,7,23は、非整列の小胞の形成によって引き起こされた 24 の ° C で DMPC の Tm以上複屈折信号のゼロします。液体の無秩序相の運動の外観には、polymolecular アセンブリの主要な再編成がトリガーされます。これらの再配置は、熱可逆性です。Tm以下で冷却時に再生した整列種と複屈折の信号は、加熱と同じ傾向を辿った。Tm周りに発生する明確なピークは、非整列の小胞によって整列アセンブリの交換をマークします。23応用加熱と冷却 1 ° C/分の速度に関して分子語順換えの遅い速度は、ピークが重複していない理由について説明します。代わりに、両方のピークは二分子膜脂質必要がありますある程度整列種の形成を支持するための示唆 DMPC の Tmで開始。

    Figure 6
    非押し出し DMPC/による DTPA/Tm3 +温度の関数として図 6: 複屈折信号 (モル比 4:1:1) サンプル (赤) を加熱と冷却 1 ° C/分 (ブルー)サンプルでは、プロトコルの手順 1 に 1.3.5 が用意されていた。複屈折測定は、次のプロトコル手順 2 を実施しました。磁場強度は 5.5 T 最大傾斜し、サンプルが 5 °、加熱と冷却のサイクルに進む前に 10-5 x 1.5 の複屈折信号を達成するために保たれました。ない配置サンプルとして観察された 35 の ° C の上の温度で複屈折信号総司令官だった小胞のみで構成されます。冷却時に、膜が再生したし、5.5 T と 5 ° C で 10-6 x 7.2 の最終的な複屈折信号を達成しました磁場強度は 0 T にランプアップし、サンプルは 5 ° C で維持されました。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

    DMPC/哲-ああ/による-DTPA/Tm3 + (モル比 16:4:5:5) サンプル次の加熱ハイドレイトされましたと 1.3.4 をステップでプロシージャを冷却し、別孔サイズの膜フィルターを 60 ° C で 10 回押出後、1.4 の手順を参照してください。60 ° c、脂質混合物は押出成形プロセスによって形作られる小胞にアセンブルします。16,35,36,37押し出しを完了すると、膜が 5 ° C に冷却することにより再生成された、DLS により流体力学的直径 DHを測定しました。8 T での san Afを計算することによって、5.5 T; で複屈折の信号を測定することにより、膜の磁気無順序は 5 ° C で評価しました。図 7を参照してください。複屈折の信号は、図 7Aのように、5.5 T までと 0 T までフィールドを変化させることによって得られました。ピークの複屈折は、最高度の配置の 1 の方程式によると期待されていた 5.5 T で発生しました。91、106、190 220 に、膜の流体力学的直径 DHが減った 800、400、200、100 の細孔径を持つ膜を通して連続押し出しで nm nm それぞれ。磁場配向の対応する減少されたゼロの図 7 bに接近f減少の複屈折信号と絶対値の減少によって確認されました。結果は bicelle サイズと 60 ° C での押出によって、小胞の仕立て、5 ° C に冷却して磁場配向制御の可能性を確認しました。

    Figure 7
    図 7: 様々 な細孔寸法の膜フィルターを通して押し出さ DMPC/哲-ああ/による-DTPA/Tm3 + (モル比 16:4:5:5) サンプルの磁場配向。A) B 800 nm の細孔を通して押し出さサンプル上下ランプの磁場強度の関数として複屈折信号 Δn′。式 1 に従い 5.5 T でピーク複屈折に達しました。この最大複屈折値を報告B).同じサンプルは 400 nm 毛穴から押し出されます。磁場配向評価 (同様に A の前の押出成形の手順をやった) 5.5 T で両方の複屈折測定 (黒い正方形)、f (赤丸) で 8 T の関数としてプロット配置要素の計算、流体力学的直径 DH DL.によって得られる磁場配向は、200 nm 毛穴と 100 nm の細孔を通して押し出し後 1 つの最後の時間を通して押し出さ同じサンプルで同様に評価しました。5 ° C ですべての測定を行ったこの図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

    Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

    Discussion

    複屈折測定された SAN との組み合わせで使用する方法の詳細な説明は、高磁気応答 Ln3 +アセンブリは Isabettiniリンをキレートを生成するための方法を評価する実験します。23提案作製プロトコルは、や、膜ステロイド誘導体化学エンジニア リングを含む、長い DPPC とヒドリド錯体を用いたリン脂質から成るアセンブリに適用されるも。11,12,17,18,19唯一の要件、サンプルが十分に高温に加熱されるの手順 1.3.2、1.3.3、1.3.4 および 1.4.2。温度は、乾燥の脂質膜またはサンプル再生の最適の水和を保証液体無秩序相を入力する膜脂質を許可しなければなりません。DPPC/ヒドリド錯体-DTPA/Tm3 + (モル比 4:1:1) アセンブリ、たとえば、類似 DMPC ベース システムは 24 ° C 以上加熱する必要がありますしながら DPPC の相転移温度 42 ° c 以上に加熱する必要があります十分に高温も脂質二重膜は、1.4 の手順で乱れた状態時に発生する extrudable の小胞の形成を保証するために必要です。1.3.2 の手順で凍結融解サイクルを完全に H に置き換えられます可能性があります & C サイクル。23サンプル完全にこの手順で脂質膜の水和物へのより多くの時間を必要とし、時 5 ° C、60 ° C で 2 分 20 分 vortexed をする必要があります。追加 H & 乾燥脂質膜の要素はまだフラスコのガラス壁に観察される場合、C サイクルが実施。

    Tm3 +キレート膜このプロトコルでは、磁界の方向に垂直なを合わせます。この配向方向は、Tm3 +大正帯磁率から起きる。11,14 Dy3 + Yb3 +などの他の希土類金属イオンが適用されますも可能性があります。11,13,19の Ln3 +別の磁気異方性は、膜の磁場配向を仕立ての追加の手段を提供しています。たとえば、Dy3 +磁場方向に平行の膜の配置の高度の結果、膜リン脂質の本質的に負の磁化率が向上します。13配向方向のこの変更が複屈折信号と異方性 2次元から計算された配置要素の符号に変化によって検出されたパターンの SANS。Ln3 +の化学的性質によって、Ln3 +のキレートの幾何学によって、帯磁、だけで決まるいないに注意することが重要だ-複雑なリン脂質。19,38合成別 Ln3 +リン脂質 headgroups、結果として得られるアセンブリの磁気応答の定義をキレートし帯磁を設計する可能性があります。38

    すべてのサンプルは光学的採用構成脂質の性質によって異なります。温度の機能としてサンプルの濁度を監視、アセンブリの温度誘起構造変換を評価する相補的な方法です。これらの測定値は通常、分光光度計、磁場のない状態で行われますが監視レーザーの直流電流の強度Equation 7ここに提案するセットアップと磁場の存在下で同じ情報を提供しています。フィールド。11,16 DMPC/による-DTPA/Tm3 + (モル比 4:1:1) のサンプルは、5 ° C で哲 OH 含む DMPC/哲-ああ/による-DTPA/Tm3 + (モル比 16:4:5:5) 同等よりより少なく通常混濁5 ° C の水に似ているサンプルは、一般的に磁場で整列ではありません。At 部屋温度、透明の両方のサンプル見て DMPC/による DTPA/Tm3 + (モル比 4:1:1) サンプルは、膜および小胞間の移行段階と DMPC/哲-ああ/による-DTPA/Tm3 + に大きな同心円の穴が表示されます(モル比 16:4:5:5) 膜。11,16,23 DMPC/による DTPA/Tm3 +で小胞を膜の遷移状態 (モル比 4:1:1) 室温でサンプルの粘性の増加も伴います。2.11 の手順で右の感度を選択する困難をこの濁度の温度依存性の変更になります。5 ° C で濁ったサンプルの感度を調節して高すぎる、暖房のサンプルのより透過的な性質はアンプのオーバー ロードを引き起こす可能性があります。また、非常に濁ったサンプルはノイズと信号の比率が大きく増加、複屈折測定に適さない場合があります。レーザー光は、検出するために、サンプルを通過できる必要があります。

    非押し出しサンプルは、いつもより濁り、傾向がある冷蔵庫の中に短期記憶に集計します。それにもかかわらず、磁気応答のサンプルは H で再生容易に & C サイクル。非押し出しサンプルは、冷凍の状態では、容易に保存される場合も H で再生成 & C サイクル。押出成形サンプルを冷蔵庫に保管し、1 週間サンプルの準備の後で一般に測定します。液体または凍結状態で押し出しの種の長期貯蔵に関する研究レポートがないです。したがって、押出から取得したアセンブリのサイズ分布は、長期の保管を保証できません。

    同様の bicelle システムにこれらの磁気整列平面アセンブリはのみ脂質組成と濃度の定義済みの範囲で存在します。脂質の比率を変更すると、ミセル、リボン、および小胞の形成を含む別のアセンブリのアーキテクチャになります。5,11,16,18,20リン酸緩衝溶液濃度と 1.1.3 の手順で pH、膜および磁気応答の形成に重要な役割を果たしています。バッファーは、polymolecular アセンブリを取り巻く親水性の環境を支配する物理化学的相互作用を定義します。高濃度サンプル集計と超過料金審査による降水を引き起こすしながら濃度バッファーは別のアセンブリのアーキテクチャで結果します。3 と 4 の間の pH 値を酸性条件下でによる DTPA/Ln3 +の配位子として複雑なカルボン酸基がプロトン化です。これは、結果の集約とサンプルの沈殿物で観測された磁気応答性 polymolecular アセンブリの破壊。磁気応答の Ln3 + polymolecular アセンブリより基本的な pH 値に向かって適度な抵抗があります。ただし、DMPC/による DTPA/Tm3 + (モル比 4:1:1) 膜 pH 値 12.9 のミセルに分かれることが示されました。11サンプルは、水道水または他の塩に決して公開する必要があります。他のイオンが邪魔、Ln3 +キレート処理または電荷スクリーニングによるアセンブリの集計結果します。測定では、SANS バッファー用意しています D2O の超純水 H2o. 注 pH メーターの読み取りが 7.0 (7.4 の pD 値に対応する) ことではなく、1.1.3 ステップで説明したよう。

    熱可逆性に加熱対象 polymolecular アセンブリで発生して、冷却サイクル構造の変換されます。したがって、5 ° C で最終的な複屈折信号は温度サイクルの前と同じにする必要があります。11,16複屈折信号が高い場合サイクルの後、サンプルは正しく再生成されません 1.3.4 の手順で。これは時間の長時間にわたって保存されているサンプルでよく発生します。後温度サイクル図 6に見られる低複屈折の信号は、実験のセットアップで問題を示します。最も一般的には、レーザー光路は、後方散乱または別のオブジェクトによって妨げられました。これは特に問題となるサンプルに直接挿入された温度プローブ (手順 2.8 参照) するレーザー光のダイレクトパスに干渉しないよう配置必要があります。邪魔光路の秋を引き起こす、 Equation 7 、ノイズの多い信号や複屈折-温度曲線に異常ピークが生じる。たとえば、図 6の約 35 ° C で加熱で発生するピークは、レーザー光のダイレクトパスに水冷チューブの拡大によって引き起こされました。複屈折の信号は、その時点以降から信頼できない場合があります。冷却曲線の一般的な形状は、通常は、5 ° C で得られた低複屈折信号は干渉によって引き起こされました。

    このプロトコルを次の中から得られた複屈折値は絶対的ではなく、自分の中でサンプルを比較する使用されます。文献値との比較、参照システムと校正が必要です。たとえば、測定障害の兆候はセットアップの配置によって異なります、3.27 × 10− 9 T− 2の定数の綿ムートン トルエンでチェックすることがあります。39,40

    サンプルの磁場配向の変化から発生した複屈折信号は 2 層分子語順換えによって引き起こされる信号から切り離される場合があります。異方性 2次元 SAN から計算された配置要素磁場下で得られたパターンのみ polymolecular アセンブリの一括配置によって影響を受けています。2 つの方法は相補、複屈折信号への貢献の分離を許可します。提案の複屈折のセットアップは、外部の磁界への暴露とのサンプルの同時モニタリングを可能にするレーザー ビームを分割することによって完成されることが。磁場下におけるサンプルの複屈折の結果は、0 T、効果的に背景の会計でサンプルの得られた信号によって正規化可能性があります。

    複屈折測定は、膜の磁場配向を定量化に限定されません。多数の柔らかい材料は、その内部構造の順序による複屈折信号を生成します。提案のセットアップは、外部磁界の有無と温度の関数としてこのような材料の複屈折を監視できます。アントラセン organogel 繊維、流れ、ナノ結晶セルロースやアミロイド Fe3O4線維の下の蠕虫状ミセルが複屈折現象を提案のセットアップを正常に行ったいくつかの例があります。29,30,32,41

    Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

    Disclosures

    著者が明らかに何もありません。

    Acknowledgments

    著者は、SMhardBi (プロジェクト番号 200021_150088/1) を資金調達のためのスイスの全米科学財団をご了承ください。SAN の実験は、スイスの核破砕中性子源 SINQ、ポール ・ シェラー工業、Villigen、スイス連邦共和国で行われました。著者は温かみのある SAN 実験で彼の指導の博士ヨアヒム Kohlbrecher をありがとうございます。強磁場下での複屈折測定セットアップは、既存の強磁場磁性研究室で HFML、ナイメーヘン、オランダのセットアップから触発されました。博士ベルンハルト コラー継続的な技術サポートとレーザーの罰金と安易な配置を許可するフレームワークを構築するためのダニエル Kiechl 1 月コルサーノ ブルーノ フィスター複屈折セットアップのエレクトロニクスの開発に彼の助けを感謝いたします。

    Materials

    Name Company Catalog Number Comments
    1,2-dimyristoyl-sn-glycero-3-phosphocholine (DMPC) Avanti Polar Lipids 850345P >99%
    1,2-dimyristoyl-sn-glycero-3-phospho-ethanolamine-diethylene triaminepentaacetate acid hexammonium salt (DMPE-DTPA) Avanti Polar Lipids 790535P >99%
    Thulium(III) chloride Sigma-Aldrich 439649 anhydrous, powder, 99.9% trace metals basis
    Dysprosium(III) chloride Sigma-Aldrich 325546 anhydrous, powder, 99.9% trace metals basis
    Ytterbium(III) chloride Sigma-Aldrich 439614 anhydrous, powder, 99.9% trace metals basis
    Chloroform Sigma-Aldrich 319988 contains ethanol as stabilizer, ACS reagent, ≥99.8%
    Methanol Sigma-Aldrich 34860 ≥99.9%
    Cholesterol Amresco 433 Ultra pure grade
    D2O ARMAR chemicals 1410 99.8 atom % D
    Ultrapure water Millipore Synergy pak2 (SYPK0SIX2), Millipack GP (MPGP02001)
    electronic pH meter Metrohm 17440010
    Whatmann Nuclepore 25 mm 100nm membrane filter VWR 515-2028
    Whatmann Nuclepore 25 mm 200nm membrane filter VWR 515-2029
    Whatmann Nuclepore 25 mm 400nm membrane filter VWR 515-2030
    Whatmann Nuclepore 25 mm 800nm membrane filter VWR 515-2032
    Whatmann Filter paper VWR 230600
    25 ml round bottom flask VWR 201-1352 14/23 NS
    3 ml glass snap-cup VWR 548-0554 ND18, 18x30mm
    2.5 ml glass syringe Hamilton
    Sodium dihydrogen phosphate dihydrate Merk 1.06342 Salt used to make phosphate buffer
    di-Sodium hydrogen phosphate Merk 1.06586 Salt used to make phosphate buffer
    Liquid Nitrogen Carbagas -
    Pressurized Nitrogen gas Carbagas - 200 bar bottle
    Lipid Extruder 10 ml Lipex - Fully equipped with thermobarrel
    High-pressure PVC tube GR NETUM - must resist more than 4 MPa
    Serto adaptors Sertot -
    Nitrile gloves VWR -
    2 ml glass pipettes VWR 612-1702 230 mm long
    Diode Laser Newport LPM635-25C
    DSP Dual Phase Lock-in Amplifier SRS SR830
    Photodiode Detector Silonex Inc. SLSD-71N5 5mm2, Silicon, photo-conductive
    5.5 T Cryogenic Magnetic Cryogenic/Oerlikon AG - 12 bar He-cooled. RW4000/6000 compressor, RGD 5/100 TA cryo-head
    Second order low pass filter home-built - Linear power supply 24V DC, second order, Sallen Key, cut-off frequency 360 Hz, +/- 12V, max 10 mA
    Photoelastic modulator Hinds instruments PEM-90
    Glan-Thompson Calcite Polarizer Newport 10GT04 25.4mm diameter
    Quartz sample cuvette Hellma 165-10-40 temperature controlled cell, 0.8 ml, 10mm path length
    Temperature probe Thermocontrol - Type K, 0.5mm diameter, Thermocoax
    Non-polarizing mirrors Newport 50326-1002 25.4mm
    RS 232 cables National Instruments 189284-02 For Connecting to the RS-232 Port on the front of Compact FieldPoint Controllers
    BNC 50 Ω cable and connectors National Instruments 763389-01
    cFP-AI-110 National Instruments 777318-110 8-Channel Analog Voltage and Current Input Module for Compact FieldPoint
    cFP-CB-1 National Instruments 778618-01 Integrated Connector Block for Wiring to Compact FieldPoint I/O
    cFP-CB-3 National Instruments 778618-03 Integrated Isothermal Connector Block for Wiring Thermocouples to the cFP-TC-120 Module
    cFP-TC-120 National Instruments 777318-120 8-Channel Thermocouple Input Module for Compact FieldPoint
    cFP-1804 National Instruments 779490-01 Ethernet/Serial Interface for NI Compact FieldPoint
    LabView 2010 National Instruments -
    Industrial power supply Traco Power TCL 060-124 100-240V AC
    Waterbath Julabo FP40-HE refrigerated/Heating Circulator

    DOWNLOAD MATERIALS LIST

    References

    1. Sanders, C. R., Hare, B. J., Howard, K. P., Prestegard, J. H. Magnetically-oriented phospholipid micelles as a tool for the study of membrane-associated molecules. Prog. Nucl. Magn. Reson. Spectrosc. 26, 421-444 (1994).
    2. Glover, K. J., et al. Structural evaluation of phospholipid bicelles for solution-state studies of membrane-associated biomolecules. Biophys. J. 81, (4), 2163-2171 (2001).
    3. Katsaras, J. H. T. A., Pencer, J., Nieh, M. -P. "Bicellar" lipid mixtures as used in biochemical and biophysical studies. Naturwissenschaften. 92, (8), 355-366 (2005).
    4. Sanders, C. R., Prosser, R. S. Bicelles: a model membrane system for all seasons? Structure. 6, (10), 1227-1234 (1998).
    5. Dürr, U. H. N., Soong, R., Ramamoorthy, A. When detergent meets bilayer: birth and coming of age of lipid bicelles. Prog. Nucl. Magn. Reson. Spectrosc. 69, 1-22 (2013).
    6. Dürr, U. H. N., Gildenberg, M., Ramamoorthy, A. The magic of bicelles lights up membrane protein structure. Chem. Rev. 112, 6054-6074 (2012).
    7. Ujwal, R., Abramson, J. High-throughput crystallization of membrane proteins using the lepidic bicelle method. J. Vis. Exp. (59), (2012).
    8. Barbosa-Barros, L., et al. Bicelles: lipid nanostructured platforms with potential dermal applications. Small. 6, 807-818 (2012).
    9. Lin, L., et al. Hybrid bicelles as a pH-sensitive nanocarrier for hydrophobic drug delivery. RSC Adv. 6, 79811-79821 (2016).
    10. Beck, P., et al. Novel type of bicellar disks from a mixture of DMPC and DMPE-DTPA with complexed lanthanides. Langmuir. 26, (8), 5382-5387 (2010).
    11. Liebi, M. Tailored phospholipid bicelles to generate magnetically switchable material. ETH Zürich. Switzerland. PhD Thesis n° 21048, ISBN 978-3-905609-55-4 (2013).
    12. Liebi, M., et al. Magnetically enhanced bicelles delivering switchable anisotropy in optical gels. ACS. Appl. Mater. Interfaces. 6, (2), 1100-1105 (2014).
    13. Liebi, M., et al. Alignment of bicelles studied with high-field magnetic birefringence and small-angle neutron scattering measurements. Langmuir. 29, 3467-3473 (2013).
    14. Prosser, R. S., Hwang, J. S., Vold, R. R. Magnetically aligned phospholipid bilayers with positive ordering: a new model membrane system. Biophys J. 74, 2405-2418 (1998).
    15. Prosser, R. S., Bryant, H., Bryant, R. G., Vold, R. R. Lanthanide chelates as bilayer alignment tools in NMR studies of membrane-associated peptides. J. Magn. Reson. 141, 256-260 (1999).
    16. Liebi, M., Kohlbrecher, J., Ishikawa, T., Fischer, P., Walde, P., Windhab, E. J. Cholesterol increases the magnetic aligning of bicellar disks from an aqueous mixture of DMPC and DMPE-DTPA with complexed thulium ions. Langmuir. 28, (29), 10905-10915 (2012).
    17. Liebi, M., et al. Cholesterol-diethylenetriaminepentaacetate complexed with thulium ions integrated into bicelles to increase their magnetic alignability. J. Phys. Chem. B. 117, (47), 14743-14748 (2013).
    18. Isabettini, S., et al. Tailoring bicelle morphology and thermal stability with lanthanide-chelating cholesterol conjugates. Langmuir. 32, 9005-9014 (2016).
    19. Isabettini, S., et al. Mastering the magnetic susceptibility of magnetically responsive bicelles with 3β-Amino-5-Cholestene and complexed lanthanide ions. Phys. Chem. Chem. Phys. 19, 10820-10824 (2017).
    20. De Angelis, A. A., Opella, S. J. Bicelle samples for solid-state NMR of membrane proteins. Nat. Protoc. 2, (10), 2332-2338 (2007).
    21. Son, W. S., et al. "Q-Titration" of long-chain and short-chain lipids differentiates between structured and mobile residues of membrane proteins studied in bicelles by solution NMR spectroscopy. J. Magn. Reson. 214, 111-118 (2012).
    22. Avanti Polar Lipids Inc. Bicelle Preparation. Available from: https://avantilipids.com/tech-support/liposome-preparation/bicelle-preparation (2017).
    23. Isabettini, S., et al. Methods for Generating Highly Magnetically Responsive Lanthanide-Chelating Phospholipid Polymolecular Assemblies. Langmuir. 33, 6363-6371 (2017).
    24. Nieh, M. -P., Glinka, C. J., Krueger, S., Prosser, R. S., Katsaras, J. SANS study on the effect of lanthanide ions and charged lipids on the morphology of phospholipid mixtures. Biophysical Journal. 82, (5), 2487-2498 (2002).
    25. Watts, A., Spooner, P. J. R. Phospholipid phase transitions as revealed by NMR. Chem. Phys. Lip. 57, 195-211 (1991).
    26. Bleaney, B. Nuclear magnetic-resonance shifts in solution due to lanthanide ions. J. Magn. Reson. 8, 91-100 (1972).
    27. Prosser, R. S., Volkov, V. B., Shiyanovskaya, I. V. Solid-state NMR studies of magnetically aligned phospholipid membranes: taming lanthanides for membrane protein studies. Biochem. Cell Biol. 76, 443-451 (1998).
    28. Prosser, R. S., Volkov, V. B., Shiyanovskaya, I. V. Novel chelate-induced magnetic alignment of biological membranes. Biophys. J. 75, 2163-2169 (1998).
    29. Shklyarevskiy, I. O., et al. Magnetic alignment of self-assembled anthracene organogel fibers. Langmuir. 21, 2108-2112 (2005).
    30. Christianen, P. C. M., Shklyarevskiy, I. O., Boamfa, M. I., Maan, J. C. Alignment of molecular materials in high magnetic fields. Physica B: Condens. Matter. 346, 255-261 (2004).
    31. Maret, G., Dransfeld, K. Biomolecules and polymers in high steady magnetic fields. Top. App. Phys. 57, 143-204 (1985).
    32. Gielen, J. C., Shklyarevskiy, I. O., Schenning, A. P. H. J., Christianen, P. C. M., Maan, J. C. Using magnetic birefringence to determine the molecular arrangement of supramolecular nanostructures. Sci. Tech. Adv. Mater. 10, (1), 014601 (2009).
    33. Shklyarevskiy, I. O. Deformation and ordering of molecular assemblies in high magnetic fields. Nijmegen University. The Netherlands. PhD Thesis, ISBN 90-9018956-4 (2005).
    34. Fuller, G. G. Optical rheometry of complex fluids. Oxford University Press. NY. (1995).
    35. Walde, P., Cosentino, K., Engel, H., Stano, P. Giant vesicles: preparations and applications. ChemBioChem. 11, 848-865 (2010).
    36. Avanti Polar Lipids Inc. Liposome Preparation. Available from: https://avantilipids.com/tech-support/liposome-preparation (2017).
    37. Avanti Polar Lipids Inc. Preparing Large, Unilamellar Vesicles by Extrusion (LUVET). Available from: https://avantilipids.com/tech-support/liposome-preparation/luvet (2017).
    38. Isabettini, S., et al. Molecular engineering of lanthanide ion chelating phospholipids generating assemblies with a switched magnetic susceptibility. Phys. Chem. Chem. Phys. 19, 20991-21002 (2017).
    39. Battaglia, M. R., Ritchie, G. L. D. Molecular magnetic anisotropies from the Cotton-Mouton effect. J. Chem. Soc., Faraday Trans. 2. 73, (2), 209-221 (1977).
    40. Sprunt, S., Nounesis, G., Litster, J. D., Ratna, B., Shashidhar, R. High-field magnetic birefringence study of the phase behavior of concentrated solutions of phospholipid tubules. Phys. Rev. E. 48, (1), 328-339 (1993).
    41. Zhao, J., et al. Continuous paranematic ordering of rigid and semiflexible amyloid-Fe3O4 hybrid fibrils in an external magnetic field. Biomacromolecules. 17, (8), 2555-2561 (2016).

    Comments

    0 Comments


      Post a Question / Comment / Request

      You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

      Usage Statistics