拡散反射率分光用光学ファントムを模倣したアガロース ベース組織

* These authors contributed equally
Bioengineering

Your institution must subscribe to JoVE's Bioengineering section to access this content.

Fill out the form below to receive a free trial or learn more about access:

Welcome!

Enter your email below to get your free 10 minute trial to JoVE!





We use/store this info to ensure you have proper access and that your account is secure. We may use this info to send you notifications about your account, your institutional access, and/or other related products. To learn more about our GDPR policies click here.

If you want more info regarding data storage, please contact gdpr@jove.com.

 

Summary

アガロース ベース組織模倣光ファントムが作られて 方法を示すここでは、その光学特性は、積分球を用いた従来の光学系を使用して決定されます。

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations

Mustari, A., Nishidate, I., Wares, M. A., Maeda, T., Kawauchi, S., Sato, S., Sato, M., Aizu, Y. Agarose-based Tissue Mimicking Optical Phantoms for Diffuse Reflectance Spectroscopy. J. Vis. Exp. (138), e57578, doi:10.3791/57578 (2018).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

このプロトコルは、組織模倣ファントムの agarose ベースの作り方を説明し、積分球を用いた従来の光学系を用いた光学的性質を決定する方法を示します。拡散反射率および全透過率スペクトルの取得がブロード バンド白色光源、光ガイド、アクロマティック レンズ、積分球、試料ホルダー、光ファイバープローブで構築されているために、計測システムとマルチ チャンネル分光器です。2 つの長方形のアクリル部分と U 形のアクリル作品から成るアクリル金型は、全血を表皮のファントムと真皮のファントムを作成する構築されます。ナトリウム (Na2S2O4) ハイドロサルファイト溶液の皮膚ファントムへの応用により皮膚ファントム分散赤血球中のヘモグロビンを deoxygenate に研究員。吸収係数スペクトルμ(λ) を決定する逆拡散反射と全透過率スペクトル積分球を用いた分光計によって測定されるモンテカルロ ・ シミュレーションを実行し、散乱係数スペクトルμsを削減 ' (λ) 各層のファントムの。人間の皮膚組織の拡散反射を模倣した二層ファントムも皮膚ファントムに表皮のファントムを積むことによって示します。

Introduction

生体組織の光学特性を模倣したオブジェクトは、光と生体医用光学分野で広く使用されています。彼らは、生きている人間や動物組織の光散乱と吸収係数などの光学特性が一致するように設計されています。光のファントムは一般的に次の目的に使用される: 品質とパフォーマンスを比較する、既存のシステムのパフォーマンスを評価、新開発の光学系の設計を調整、生体組織の光トランスポートをシミュレートします。システムと光学特性1,2,3,4,5を定量化するための光学的手法の能力の検証します。したがって、光安定性、再現性の高いシンプルな作製プロセス取得簡単な物質、光ファントムを作るために必要。

各種水性懸濁液6、ゼラチンなどの異なる基本材料と光のファントムのゲル7agarose のゲル8,9,10, ポリアクリルアミドゲル11, 樹脂12 13,14,15,16部屋温度加硫シリコーン17以前文献で報告されています。それは、ゼラチンやアルギン酸ベースのゲルが不均質構造18光ファントムの有用であることが報告されています。アルギン酸ファントム レーザー アブレーション研究などレーザーを用いた温熱療法研究18光熱効果を評価するための適切な機械的および熱的安定性があります。異種構造を作製することは Agarose のゲルとの機械的及び物理的性質が安定して長い時間18。高純度 agarose のゲルがある非常に低い濁り度および弱い光吸収。したがって、ファントムの agarose ベースの光学特性は適切な光散乱及び吸収剤で簡単に設計できます。面白いファントム材料として最近では、報告されているスチレン-エチレン-ブチレン-スチレン (SEBS) ブロック共重合体19ポリ塩化ビニル (PVC) ゲル20光と音響技術。

高分子微小球7,12,21,22、チタン酸化物粉末1、および脂質エマルジョン23,24,25,26牛乳など脂質エマルジョンは黒インク27,28と分子色素29,30光吸収材として使用するのに対し、光散乱剤として使用されます。拡散反射スペクトルの臓器が赤血球で酸素と脱酸素化ヘモグロビンの吸収によって支配されるほとんどの生活。したがって、ヘモグロビン ソリューション31,32および全血8,9,10,33,36における光の吸収体として使用される、拡散反射率分光法とマルチ スペクトル イメージング用ファントム。

この資料に記載メソッドを使用するは、生体組織の光トランスポートを模倣した光学ファントムを作成し、その光学特性を評価します。例として、2 層ファントム模倣した光の光学特性人間の皮膚組織が示されています。このメソッドの代替技術優位が可視近赤外波長域として、それを使用して簡単に利用できるようにシンプルに生きている生体組織の拡散反射スペクトルを表現する能力材料は、従来の光学機器。したがって、この方法によって作られた光のファントムは拡散反射分光法とマルチ スペクトル イメージングに基づく光学的手法の開発に有用になります。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

1 従来型拡散反射率および全透過率分光システムの構築

注: は、拡散反射率および全透過率スペクトル広帯域白色光源、光ガイド、色消しレンズ、積分球、試料ホルダー、光ファイバー、およびマルチ チャンネル分光器を使用して測定システムを構築します。ライト トラップの役割は、反射スペクトルから鏡面反射成分を削除することです。積分球のサンプル ホルダーは取り付け用プレートと蟻とポートに対してサンプルを保持するスプリング式クランプ アセンブリから成っています。蟻とバネ クランプアセンブリ サンプル ホルダーから削除され、発泡スチロールの手作り立方台座代わりに取り付けプレートに取り付け。図 1 a1 bに示すように、光学部品のレイアウトにそれぞれ拡散反射測定と全透過率測定の施工手順を参照できます。

  1. 分光計と付属のユニバーサル シリアル バス (USB) ケーブルを使用してパソコンに接続します。
  2. ポート アダプターを積分球検出器ポートに接続します。分光計と光ファイバーを用いた積分球のポート アダプターに接続します。150 W ハロゲン ランプ光源と光のガイドに接続します。
  3. 試料ホルダーを積分球のサンプル ポートに接続します。拡散反射測定を実行するとき、積分球の適切なポートにライト トラップを添付します。導べ光板・色消しレンズ、サンプルを介して点灯するハロゲン ランプ光源を入れます。
  4. 分光器のオペレーティング ソフトウェアを開きます。

2. アクリル金型の準備

注: 2 つの長方形のアクリル部分と U 形のアクリル作品で構成されるアクリル金型は、単分子膜のファントムを作成する構築されます。図 2は、この施工手順を参照するをことができます。

  1. オプションのサイズを 2 mm 厚のアクリル板から長方形 2 つのアクリル部分をカットします。
  2. オプションのサイズに 1 mm 厚のアクリル板からアクリル部分をカットします。1 mm 厚い表皮ファントムを作るために金型を使用する U 字型の部分になる、1 mm 厚のアクリル部分をカットします。
  3. 省略可能なサイズに 5 mm 厚のアクリル板からアクリル部分をカットします。5 mm 厚のアクリル部分をカット 5 mm 厚い皮膚ファントムに金型として使用する U 字型の部分になります。
  4. 金属ファイルを使って各アクリル部分からすべてバリを削除します。
  5. 2 つの 2 mm 厚アクリル部分 1 mm 厚 U 字部分を押しながら 5 つのフォールド バック クリップを固定して表皮のファントムの金型を作る。
  6. 2 つの 2 mm 厚アクリル部分 5 mm 厚 U 字部分を押し、5 つのフォールド バック クリップを固定皮膚のファントムの金型を作る。

3. 母材の準備

  1. 0.9% (w/v) ポッドで NaCl と標準的な生理食塩水 500 mL を入れてください。ゆっくりと凝集を避けるために混合物を攪拌しながら agarose 粉末 5 g を追加します。
  2. 5 分の 1,000 W 電源設定と電気クッキング ヒーターによる agarose 粉末と生理食塩水の混合物を加熱します。
  3. 混合物の沸騰、一度 3 分間弱火で混合物を維持します。
  4. 約 70 ° C の温度に混合物を冷却します。容器に混合物を注ぐし、ファントムを行う前に 30 分の 60 ° C で恒温槽で保管してください。

4. 皮膚模倣光ファントムの作製

メモ: コーヒー液は、メラニンの吸収スペクトルを模倣する使用されます。コーヒー液には、メラノイジンと呼ばれる褐色の色素が含まれています。メラノイジンの吸収スペクトルは、メラニン10のそれに似ていると報告されています。

  1. 表皮のファントムを準備します。
    1. コーヒー メーカーの貯水池に純粋な水を 100 mL を注ぐ。コーヒー メーカーのバスケット フィルターを配置します。フィルターに挽いたコーヒーの 24 g を追加します。コーヒー メーカーをオンにし、醸造を開始する brew ボタンを押します。
    2. コーヒー液をガラス瓶の中の醸造されたコーヒーと 16 mL の生理食塩水 4 mL を置きます。
    3. 脂質エマルジョン (例えば、イントラリピッド 10%) 5 mL を入れ、透明なプラスチックのカップにコーヒー溶液 10 mL。ゆっくりと攪拌しながらこの混合物に基材の 35 mL を追加します。
    4. 注射器に混合物を吸引し、任意の気泡を回避しながら表皮ファントム金型にゆっくりと挿入します。20 分間 5 ° C の混合物を含むアクリル金型を冷却します。
    5. 金型からフォールド クリップを削除します。外側アクリル作品の一つ、型から外します。金型からファントム 1 mm 厚固化したゲルを取るし、手術用のメスを使用して希望のサイズにカットします。
    6. 置き、ファントムの 2 つのスライド ガラスの間を保持します。
  2. 酸素を含んだ血液を含む皮膚ファントムを準備します。
    1. 脂質エマルジョン 5.0 mL と 45% ヘマトクリットで全馬の血の 0.4 mL を取るし、透明なプラスチックのカップに置きます。ゆっくりと混合物を攪拌しながら基材の 44.6 mL を追加します。
    2. 注射器に混合物を吸引し、任意の気泡を回避しながら皮膚ファントム型にゆっくりと挿入します。20 分間 5 ° C の混合物を含むアクリル金型を冷却します。
    3. 金型からフォールド クリップを削除します。外側アクリル作品の一つ、型から外します。金型からファントム 5 mm 厚固化したゲルを取るし、手術用のメスを使用して希望のサイズにカットします。
    4. 置き、ファントムの 2 つのスライド ガラスの間を保持します。
  3. 脱酸素化血を含む皮膚ファントムを準備します。
    1. 幻のガラス皿の上 (ステップ 4.2.3) から酸素を含む血液を含む皮膚ゲルを置きます。
    2. 亜ジチオン酸ナトリウム (Na2S2O4) の 1 g をガラス瓶の中には、生理食塩水 20 mL に溶解します。
    3. Na2S2O4怪人の血を deoxygenate に注射器を用いたファントムに液の 0.05 g/ミリリットルを追加します。
    4. 置き、乾燥を防ぐために 2 つのスライド ガラスの間ファントムを保持します。
  4. 2 層ファントムを準備します。
    1. 表皮と真皮層の間の光結合を確保するため皮膚ファントムに生理食塩水を 0.1 mL をドロップします。皮膚のファントムに表皮のファントムを配置します。
    2. 空気の泡が層の間に存在する場合を押してそれらを指先で 2 層ファントムの表面をなでます。
    3. 乾燥を防ぐために 2 つのスライド グラスの間 2 層ファントムを保持します。

5. 拡散反射スペクトルの取得

  1. 暗いスペクトルの取得
    注: 分光計の電荷結合素子 (CCD) センサーは、光の強度が入射光に対する応答として生成される電気信号に基づいてを見積もることができます。しかし、光子によって生成された信号とは無関係ですが、センサーが光を検出しない場合でもデバイスの温度に依存して、暗37があります。光のスペクトル強度を正確に計測するには、暗電流信号でダーク スペクトルとして測定、サンプル スペクトルから引かれます。暗いスペクトルはブロック光路で撮影したスペクトルであります。
    1. 積分球を拡散反射測定 (図 1 a) の最適な位置に配置します。
    2. ハロゲン ランプ光源をオフにします。ポート プラグまたはシールド プレートを使用して分光器と光のパスをブロックします。
    3. ダーク スペクトルを保存するには、[ファイル] メニューから暗い保存コマンドを選択します。
    4. 測定サンプル スペクトル (下記参照) からダーク スペクトルを減算するには、[ファイル] メニューから減算ダーク スペクトルコマンドを選択します。
  2. 参照スペクトルの取得
    メモ: 光源、導べ光、色消しレンズ、光ファイバー、分光光度計など、この実験で使用されるコンポーネントの光学特性独自の波長依存性があります。したがって、参照スペクトルとしてこれらの光学部品を通過する光のスペクトルの強度を測定する必要があります。拡散反射スペクトルの測定、参照スペクトルはスペクトルの光源からの光で照らされた標準的な白いディフューザーで撮影しました。
    1. 電源ボタンを押すことによってハロゲン ランプ光源をオンにします。参照スペクトルを取得する前に、少なくとも 10 分間ランプを暖かい。
    2. 積分球のサンプル ポートで標準的な白いディフューザー (例えばスペクトラロン) を配置します。
    3. 分光器の積分時間をピーク信号強度が最大の分光強度の約 75% ように装置のオペレーティング ・ ソフトウェアのドロップ ダウン リストから適切な値を選択して調整します。
    4. 参照スペクトルを保存するには、[ファイル] メニューから参照を格納するコマンドを選択します。
  3. サンプル スペクトルの取得
    メモ: サンプルの拡散反射スペクトルは取得、同じ取得条件を使用してパーソナル コンピューターのハード ドライブに保存されています。
    1. サンプル ポートで 2 つのスライド ガラスに挟まれた表皮のファントムを配置します。拡散反射スペクトルをファイルに保存するには、[ファイル] メニューから[上書き保存] を選択します。
    2. ステップ 5.3.1、皮膚のためと 2 層ファントムを繰り返します。

6 総透過スペクトルの取得

  1. 暗いスペクトルの取得
    注: 分光計のセンサーは、光の強度が入射光に対する応答として生成される電気信号に基づいてを見積もることができます。しかし、光子によって生成された信号とは無関係ですが、センサーが光を検出しない場合でもデバイスの温度に依存して、暗騒音があります。光のスペクトル強度を正確に計測するには、暗電流信号でダーク スペクトルとして測定、サンプル スペクトルから引かれます。暗いスペクトルはブロック光路で撮影したスペクトルであります。
    1. 積分球を総透過率測定 (図 1 b) の最適な位置に配置します。
    2. 積分球のポートから光トラップを外し、ポートにポートのプラグを取り付けます。
    3. ハロゲン ランプ光源をオフにします。ポートのプラグを使用してまたは遮蔽板の積分球に光路をブロックします。
    4. ダーク スペクトルを保存するには、[ファイル] メニューから暗い保存コマンドを選択します。
    5. 測定サンプル スペクトル (下記参照) からダーク スペクトルを減算するには、[ファイル] メニューから減算ダーク スペクトルコマンドを選択します。
  2. 参照スペクトルの取得
    メモ: 光源、導べ光、色消しレンズ、光ファイバー、分光光度計など、この実験で使用されるコンポーネントの光学特性独自の波長依存性があります。したがって、これらのコンポーネントを通過した光のスペクトルの強度は参照スペクトルとして測定する必要があります。合計透過スペクトルの測定、参照スペクトルはスペクトルの光源からの光は直接サンプル ポートを介して積分球に入るときです。
    1. 電源ボタンを押すことによってハロゲン ランプ光源をオンにします。参照スペクトルを取得する前に、少なくとも 10 分間ランプを暖かい。
    2. 最大の光強度が最大値の約 75% は、信号を示すように装置のオペレーティング ソフトウェアの統合時のドロップ ダウン リストから適切な値を選択することで分光器の積分時間を調節します。値。
    3. 参照スペクトルを保存するには、[ファイル] メニューから参照を格納するコマンドを選択します。
  3. サンプル スペクトルの取得
    メモ: サンプルの合計透過率スペクトルは取得、同じ取得条件を使用してパーソナル コンピューターのハード ドライブに保存されています。
    1. サンプル ポートで 2 つのスライド ガラスに挟まれた表皮のファントムを配置します。合計透過スペクトルをファイルに保存するには、[ファイル] メニューから[上書き保存] を選択します。
    2. ステップ 6.3.1、皮膚のためと 2 層ファントムを繰り返します。

7. 吸収と光散乱特性の推定

注: 一連の拡散反射スペクトルと全透過率スペクトルはパーソナル コンピューターのハード ドライブに保存、オフライン分析します。吸収係数スペクトルμ(λ) と散乱係数を推定する逆モンテカルロ シミュレーション8,38,39,40が実行されスペクトルμs'(λ)。この逆モンテカルロ シミュレーション、散乱の推定係数μs、異方性因子gが 0 であるという仮定の下で減らされた散乱係数μsとみなされる」.反射率と透過率のデータは、1 つのシミュレーションを実行に使用されます。このプロトコルで使われるアルゴリズムの詳細は、以前の文学8,39で報告されています。吸収係数スペクトルμ(λ) と散乱係数スペクトルμs'(λ) 拡散反射のセットから表皮層の推定スペクトルと表皮層から得られた総透過率スペクトル。同じ方法で我々 はμ(λ) とμs'(λ) 拡散反射スペクトルと、皮膚から得られる全透過率スペクトルのセットから真皮層の推定レイヤー。

  1. モンテカルロ ・ シミュレーションのための入力ファイルを開きます。
  2. 測定された反射と 400 から 700 の特定の波長範囲で全透過率の値を入力入力データ ファイルの 10 nm 間隔で nm。入力データ ファイルのファントムの厚みの値を入力します。
  3. 入力データ ファイルの適切な値に層の屈折率nを設定 (例えば n = 550 で 1.33 nm)。入力データ ファイルの 0 にする異方性係数gの値を設定します。
  4. 吸収係数μ入力データ ファイル内の適切な値に散乱係数μsの初期値を設定 (例えば μ 0.01 μs = = 0.1).
  5. 逆モンテカルロ シミュレーション プログラムを実行します。
  6. 入力ファイル名を入力し、シミュレーションを実行します。
  7. 出力ファイルを開き、繰り返しシミュレーションを終了した後、 μμsの最終的な値を確認します。
  8. その他ご希望の波長に対して、手順 7.1 7.7.

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

代表的な推定スペクトル散乱係数とファントムの表皮と真皮ファントムの吸収係数を図 3に示します。図 3に示す結果の反射率と透過率スペクトル 10 測定の平均であります。散乱係数μs'は、短い波長でより高い大きさを示す広い散乱スペクトル。スペクトルの特徴は、軟部組織の典型的な散乱スペクトルに対応しています。吸収係数μ波長につれて指数関数的に表皮のファントム崩壊のメラニンの吸収スペクトルに類似しています。ファントム表皮の光吸収係数スペクトルとメラニン41として指数関数に適合しました。
Equation

0.009 メラニンの推定されたに対し表皮層のBの値が 0.011 を求めた。吸収係数μ真皮のファントムを格納するための波長依存性は、血液を酸素化し、脱酸素化血が酸素化ヘモグロビンと脱酸素化ヘモグロビンの分光特性によって支配されています。それぞれ。

図 4は、2 層の皮膚ファントムの代表的なデジタル カラー写真を示しています。図 4 aは、2 層の皮膚ファントムの断面画像を示しています。図 4 b 4 cは、酸素を含む血液と脱酸素化血をそれぞれ含む 3 によって 3 ファントム行列のトップ ビューを表示します。上から下の行があるコーヒー ソリューション濃度Cc 5%、10%、20% の。列を左から右に 0.2% 0.4%、0.6% の血液濃度Cbがあります。幻の色はCb増加の値としてピンクになり、それに対し表皮層の増加でCcの値としてより暗くなります。酸素を含む血液を持つファントム脱酸素化血とのそれよりもより赤みがかった色があります。これらのバリエーションは、それぞれ日焼けなど低酸素血症、生理学的な条件のための肌の色の変化を表します。

図 5に示しますの代表例はコーヒー ソリューションCc(濃度 (図 5 a) の異なる条件を持つ 2 層の皮膚組織ファントムからの拡散反射スペクトルを測定図 5 b)全血Cb、および血の酸素の状態 (図 5 c) の濃度。図 5 aの短い波長域で反射が大幅に低下に比較してCの値としてより長い波長領域cが大きくなります。これはより短い波長域でコーヒー溶液による強い光吸収によるもの (図 3b参照)。図 5 bは、 Cb、500 から 600 にヘモグロビンによる強い光吸収の波長範囲を表す値を持つ中間の波長域で反射顕著な変化 nm。図 5 cに示すように拡散反射スペクトルの酸素化ヘモグロビンと脱酸素化ヘモグロビンとヘモグロビン等ポイントのスペクトル機能の違いがはっきりしています。

Figure 1
図 1: 実験装置の概略図。これらのパネルは、() 拡散反射スペクトルと (b) 全透過率スペクトル測定のためのセットアップを表示します。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 2
図 2: agarose ベース光ファントムの準備手順です。これらのパネルにはファントム表皮層と真皮層ファントムの (b) の意思表示 ()。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 3
図 3: 代表者ファントムの光学特性を推定した.平均削減散乱係数スペクトルμsを示します () のこのパネル ' (λ) 表皮及び真皮層。(b) このパネルが表示されます吸収係数スペクトルμ(λ) 表皮層と真皮層の。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 4
図 4: 2 層皮膚ファントムの代表的なデジタル カラー写真。() このパネルを示しています 2 層皮膚の断面図ファントム。(b) このパネルは酸素を含んだ血液を含む 3 によって 3 ファントム行列のトップに表示。(c) このパネルは脱酸素化血を含む 3 によって 3 ファントム行列のトップに表示。上から下の行があるコーヒー ソリューション濃度Cc 5%、10%、20% の。列を左から右に 0.2% 0.4%、0.6% の血液濃度Cbがあります。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 5
図 5: 代表 2 層皮膚組織ファントムからの拡散反射スペクトルを測定した。これらのパネルの表示 () コーヒー ソリューションCc、(b) の濃度の異なる条件でファントムの拡散反射スペクトル全体酸素血Cb(の濃度c) 血液の酸素化状態。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

このプロトコルの最も重要なステップは、基材の温度コントロールです。58 から 60 ° C 〜 基本の材料を維持する温度温度は 70 ° C 以上、脂質エマルジョンと全血の変性が発生します。結果として、幻の光学特性が悪くなります。温度が 40 ° C 未満の場合基材が不均一ゼリー状になるし、したがって、光散乱及び吸収剤が不均一幻に配布されます。基材は 60 ° C に保ったが、温度を下げる注射器で吸引します。血のソリューションに追加するとき基材の温度を 50 ° C に下げます。

この資料に記載されている光のファントムは通常 1 日以内に限定されている使用可能な有効期間の短いに苦しみます。密封された容器で基材にファントムをカプセル化や防腐剤を使用して、使用可能な有効期間を延長があります。1 mm 厚の表皮層ファントムは、人間の表皮の厚さより大きい大きさの順序です。プロトコルではこのアクリルの金型で、しかし、困難であった膜厚を作成する 0.5 mm 未満のもの。拡散反射スペクトルと同様のスペクトルを示したので、ファントムの表皮の散乱及び吸収係数が規制されたファントムの測定の拡散反射スペクトルにこの厚さの期待される効果を減らすためには、人間の皮膚に。スピン コーティング法42は 0.5 ミリメートルよりも薄い層を作るために有望に見えます。Μ(λ) とμsの値 ' (λ) ヒトの皮膚の文学43で報告されています。

メラニンや寒天ファントム層におけるビリルビンの一様分布は、それらの発色団は完全に水溶性でないために、ここで説明したプロトコルを使用して難しいかもしれません。タートラジン ローストのコーヒー豆から抽出したメラノイジンの使用は同等として使用することができます。 または代替品メラニン、ビリルビン、それぞれ。逆反射測定と全透過率から光学特性の推定に使用されるモンテカルロ ・ シミュレーションは、反復的な方法のため比較的時間がかかる。別の光輸送計算モデル計算時間を短縮する追加倍増法44を使用することができます。散乱係数μs'は集中光散乱係数μsと異方性係数gを組み込みます。Μsgを別々 に推定するには、合計の透過率と拡散反射38,40に加えて幻の平行透過率を測定しなければなりません。本研究で我々 は各層の屈折を測定しなかった。我々 は公開文献45逆モンテカルロ シミュレーションの入力データ ファイルの代わりに agarose のゲルは、水の主にで構成されていますので水の屈折を設定します。私たちは 2 つの層の屈折率の差がないと仮定。ガラスの屈折の公称値を用いて (例えば n = λで 1.524 = 546.1 nm) のモンテカルロ ・ シミュレーション。

このプロトコルは、2 つの積分球の代わりに 1 つの積分球はコスト効果の高いが有利です。その一方で、単一の積分球を用いた時間がかどうか測定は全透過率、拡散反射によると積分球の配置は変更する必要がありますかかります。金型のデザインを変更して様々 な形、サイズおよび介在物の単層または多層膜の光学ファントムを作成するこの資料に記載されているプロトコルを拡張できることが有利です。幻層の表面は、その金型から撮影した後すぐに接液だったしたがって、表皮層と真皮層が密接に最初の層の上に第 2 層を積層することにより一緒に付着しました。最初の 1 つよりもむしろそれらを個別に製造とその後それらを取り付ける上で直接 2 番目の層を固化することが可能ででしょう。その場合は、正確に均一な層厚の薄い表皮層を作りにくいがあるしかしがあります。我々 は幻の乾燥を防ぐためにメガネとファントムが挟まれています。我々 は、光学的性質と逆モンテカルロ シミュレーションのガラスの厚さと見なされます。したがって、ファントムの推定の光学特性に影響はありません。既存のメソッドに対する本手法の意義は、生体組織の可視 〜 近赤外波長域の拡散反射スペクトルを表現する能力です。このプロトコルによって作られた光のファントムは拡散反射分光法と分光に基づく新開発光学方法の検証に利用できるでしょう。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Disclosures

著者が明らかに何もありません。

Acknowledgments

この作品の一部は (25350520、22500401、15 K 06105) 振興と米陸軍 ITC PAC 研究開発プロジェクト (FA5209-15-P-0175, FA5209-16-P-0132) の日本社会から Scientific Research (C) の補助金によって支えられました。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
150-W halogen-lamp light source Hayashi Watch Works Co., Ltd, Tokyo, Japan LA-150SAE
Light guide Hayashi Watch Works Co., Ltd, Tokyo, Japan LGC1-5L1000
Integrating Sphere Labsphere Incorporated, North Sutton, NH, USA RT-060-SF
Port adapter Labsphere Incorporated, North Sutton, NH, USA PA-050-SMA-SF
Light trap Labsphere Incorporated, North Sutton, NH, USA LTRP-100-C
Spectralon white standard with 99% diffuse reflectance Labsphere Incorporated, North Sutton, NH, USA SRS-99-020
Optical fiber Ocean Optics Inc., Dunedin, Florida, USA P400-2-VIS-NIR
Miniature Fiber Optic Spectrometer Ocean Optics Inc., Dunedin, Florida, USA USB2000
Achromatic lens Chuo Precision Industrial Co.,Ltd, Tokyo, Japan ACL-50-75M
Intralipid Fresenius Kabi AB, Uppsala, Sweden Intralipid 10%
Coffee
(Blendy Mocha Blend Regular Coffee)
Ajinomoto AGF, Inc. Tokyo, Japan Unavailable
Whole blood Nippon Bio-Test Laboratories Inc. Saitama, Japan 0103-2
Agarose Nippon Genetics Co., Ltd, Tokyo, Japan NE-AG02
Cooking heater TOSHIBA CORPORATION Tokyo, Japan HP-103K

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Pogue, B. W., Patterson, M. S. Review of tissue simulating phantoms for optical spectroscopy, imaging and dosimetry. Journal of Biomedical Optics. 11, (4), 041102 (2006).
  2. Cohen, G. Contrast--detail--dose analysis of six different computed tomographic scanners. Journal of Computer Assisted Tomography. 3, (2), 197-203 (1979).
  3. Seltzer, S. E., Swensson, R. G., Judy, P. F., Nawfel, R. D. Size discrimination in computed tomographic images. Effects of feature contrast and display window. Investigative Radiology. 23, (6), 455-462 (1988).
  4. Pifferi, A., et al. Performance assessment of photon migration instruments: the MEDPHOT protocol. Applied Optics. 44, (11), 2104-2114 (2005).
  5. Prahl, S. A. Project: Optical Phantoms. Available from: http://omlc.org/~prahl/projects/phantoms.html (2014).
  6. Linford, J., Shalev, S., Bews, J., Brown, R., Schipper, H. Development of a tissue-equivalent phantom for diaphanography. Medical Physics. 13, (6), 869-875 (1986).
  7. Durkin, A. J., Jaikumar, S., Richardskortum, R. Optically dilute, absorbing, and turbid phantoms for fluorescence spectroscopy of homogeneous and inhomogeneous samples. Applied Spectroscopy. 47, (12), 2114-2121 (1993).
  8. Nishidate, I., Aizu, Y., Mishina, H. Estimation of melanin and hemoglobin in skin tissue using multiple regression analysis aided by Monte Carlo simulation. Journal of Biomedical Optics. 9, (4), 700-710 (2004).
  9. Nishidate, I., Maeda, T., Aizu, Y., Niizeki, K. Visualizing depth and thickness of a local blood region in skin tissue using diffuse reflectance images. Journal of Biomedical Optics. 12, (5), 054006 (2007).
  10. Nishidate, I., et al. Noninvasive imaging of human skin hemodynamics using a digital red-green-blue camera. Journal of Biomedical Optics. 16, (8), 086012 (2011).
  11. Bharathiraja, S., et al. Multi-modality tissue-mimicking phantom for thermal therapy. Physics in Medicine & Biology. 49, (13), 2767-2778 (2004).
  12. Firbank, M., Oda, M., Delpy, D. T. An improved design for a stable and reproducible phantom material for use in near-infrared spectroscopy and imaging. Physics in Medicine & Biology. 40, (5), 955-961 (1995).
  13. Hebden, J. C., Hall, D. J., Firbank, M., Delpy, D. T. Timeresolved optical imaging of a solid tissue-equivalent phantom. Applied Optics. 34, (34), 8038-8047 (1995).
  14. Firbank, M., Delpy, D. T. A phantom for the testing and calibration of near-infrared spectrometers. Physics in Medicine & Biology. 39, (9), 1509-1513 (1994).
  15. Sukowski, U., Schubert, F., Grosenick, D., Rinneberg, H. Preparation of solid phantoms with defined scattering and absorption properties for optical tomography. Physics in Medicine & Biology. 41, 1823-1844 (1996).
  16. Beaudry, S., P, Fabrication and characterization of a solid polyurethane phantom for optical imaging through scattering media. Applied Optics. 38, (19), 4247-4251 (1999).
  17. Lualdi, M., Colombo, A., Farina, B., Tomatis, S., Marchesini, R. A phantom with tissue-like optical properties in the visible and near infrared for use in photomedicine. Lasers in Surgery and Medicine. 28, (3), 237-243 (2001).
  18. Dabbagh, A., Abdullah, B. J., Ramasindarum, C., Abu Kasim, N. H. Tissue-mimicking gel phantoms for thermal therapy studies. Ultrasonic Imaging. 36, (4), 291-316 (2014).
  19. Cabrelli, L. C., Pelissari, P. I., Deana, A. M., Carneiro, A. A., Pavan, T. Z. Stable phantom materials for ultrasound and optical imaging. Physics in Medicine & Biology. 62, (2), 432-447 (2017).
  20. Vogt, W. C., Jia, C., Wear, K. A., Garra, B. S., Pfefer, T. J. Biologically relevant photoacoustic imaging phantoms with tunable optical and acoustic properties. Journal of Biomedical Optics. 21, (10), 101405 (2016).
  21. Bays, R., et al. Three-dimensional optical phantom and its application in photodynamic therapy. Lasers in Surgery and Medicine. 21, (3), 227-234 (1997).
  22. Ramella-Roman, J. C., Bargo, P. R., Prahl, S. A., Jacques, S. L. Evaluation of spherical particle sizes with an asymmetric illumination microscope. IEEE Journal of Selected Topics in Quantum Electronics. 9, (2), 301-306 (2003).
  23. Waterworth, M. D., Tarte, B. J., Joblin, A. J., van Doorn, T., Niesler, H. E. Optical transmission properties of homogenised milk used as a phantom material in visible wavelength imaging. Australasian Physical and Engineering Science in Medicine. 18, (1), 39-44 (1995).
  24. Moes, C. J., van Gemert, M. J., Star, W. M., Marijnissen, J. P., Prahl, S. A. Measurements and calculations of the energy fluence rate in a scattering and absorbing phantom at 633 nm. Applied Optics. 28, (12), 2292-2296 (1989).
  25. van Staveren, H. J., Moes, C. J., van Marie, J., Prahl, S. A., van Gemert, M. J. Light scattering in intralipid-10% in the wavelength range of 400-1100 nm. Applied Optics. 30, (31), 4507-4514 (1991).
  26. Flock, S. T., Jacques, S. L., Wilson, B. C., Star, W. M., Vangemert, M. J. C. Optical-properties of intralipid - a phantom medium for light-propagation studies. Lasers in Surgery and Medicine. 12, (5), 510-519 (1992).
  27. Madsen, S. J., Patterson, M. S., Wilson, B. C. The use of India ink as an optical absorber in tissue-simulating phantoms. Physics in Medicine & Biology. 37, 985-993 (1992).
  28. Cubeddu, R., Pifferi, A., Taroni, P., Torricelli, A., Valentini, G. A solid tissue phantom for photon migration studies. Physics in Medicine & Biology. 42, (10), 1971-1979 (1997).
  29. Ebert, B., et al. Near-infrared fluorescent dyes for enhanced contrast in optical mammography: phantom experiments. Journal of Biomedical Optics. 6, (2), 134-140 (2001).
  30. Sukowski, U., Schubert, F., Grosenick, D., Rinneberg, H. Preparation of solid phantoms with defined scattering and absorption properties for optical tomography. Physics in Medicine & Biology. 41, 1823-1844 (1996).
  31. Yoshida, K., Nishidate, I., Ishizuka, T., Kawauchi, S., Sato, S., Sato, M. Multispectral imaging of absorption and scattering properties of in vivo exposed rat brain using a digital red-green-blue camera. Journal of Biomedical Optics. 20, (5), 051026 (2015).
  32. Lo, J. Y., et al. A strategy for quantitative spectral imaging of tissue absorption and scattering using light emitting diodes and photodiodes. Optics Express. 17, (3), 1372-1384 (2009).
  33. Bednov, A., Ulyanov, S., Cheung, C., Yodh, A. G. Correlation properties of multiple scattered light: implication to coherent diagnostics of burned skin. Journal of Biomedical Optics. 9, (2), 347-352 (2004).
  34. Hull, E. L., Nichols, M. G., Foster, T. H. Quantitative broadband near-infrared spectroscopy of tissue-simulating phantoms containing erythrocytes. Physics in Medicine & Biology. 43, (11), 3381-3404 (1998).
  35. Kienle, A., Patterson, M. S., Ott, L., Steiner, R. Determination of the scattering coefficient and the anisotropy factor from laser Doppler spectra of liquids including blood. Applied Optics. 35, (19), 3404-3412 (1996).
  36. Srinivasan, S., Pogue, B. W., Jiang, S., Dehghani, H., Paulsen, K. D. Spectrally constrained chromophore and scattering NIR tomography improves quantification and robustness of reconstruction. Applied Optics. 44, (10), 1858-1869 (2004).
  37. Ocean Optics Inc. Glossary. Dark Noise. Available from: https://oceanoptics.com/glossary/#d (2018).
  38. Friebel, M., Roggan, A., Müller, G., Meinke, M. Determination of optical properties of human blood in the spectral range 250 to 1100 nm using Monte Carlo simulations with hematocrit-dependent effective scattering phase functions. Journal of Biomedical Optics. 11, (3), 34021 (2006).
  39. Nishidate, I., Aizu, Y., Mishina, H. Estimation of absorbing components in a local layer embedded in the turbid media on the basis of visible to near- infrared (VIS-NIR) reflectance spectra. Optical Review. 10, (5), 427-435 (2003).
  40. Friebel, M., Helfmann, J., Netz, U., Meinke, M. Influence of oxygen saturation on the optical scattering properties of human red blood cells in the spectral range 250 to 2000 nm. Journal of Biomedical Optics. 14, (3), 034001 (2009).
  41. Jacques, S. L., Glickman, R. D., Schwartz, J. A. Internal absorption coefficient and threshold for pulsed laser disruption of melanosomes isolated from retinal pigment epithelium. SPIE Conference Proceedings. 2681, 468-477 (1996).
  42. Park, J., Ha, M., Yu, M., Jung, B. Fabrication of various optical tissue phantoms by the spin-coating method. Journal of Biomedical Optics. 21, (6), 065008 (2016).
  43. Jacques, S. L. Skin Optics. Available from: https://omlc.org/news/jan98/skinoptics.html (1998).
  44. Prahl, S. A., van Gemert, M. J. C., Welch, A. J. Determining the optical properties of turbid media by using the adding-doubling method. Applied Optics. 32, (4), 559-568 (1993).
  45. Hale, G. M., Querry, M. R. Optical constants of water in the 200-nm to 200-um wavelength region. Applied Optics. 12, (3), 555-563 (1973).

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Usage Statistics