Waiting
Login processing...

Trial ends in Request Full Access Tell Your Colleague About Jove
Click here for the English version

Biology

二層弾性特性の変化をモニタリングするための単一分子法

Published: November 3, 2008 doi: 10.3791/1032

Summary

膜タンパク質の機能は、細胞膜の脂質組成によって調節されている。どのように二重層パッチ電極を使用してパッチを形成するだけでなく、改変された膜特性の記者としてグラミシジンのチャンネルを使用する方法をこのビデオ - 記事の詳細。

Abstract

膜タンパク質の機能は、細胞膜の脂質組成によって調節されている。この規則は、特定の脂質 - タンパク質相互作用や、より一般的な脂質二重層 - タンパク質相互作用の組み合わせによるものです。市場に出回っている多くの現在の医薬品は、変更された膜タンパク質の機能につながることができる脂質二重層の材料特性を、変更できるように、これらの相互作用は、薬理学的研究で特に重要です。グラミシジンのチャンネルの形成は、順番に脂質の性質に依存しているグラミシジンサブユニットのコンフォメーション変化に依存している。したがって、グラミシジンのチャンネル電流は、特定の化合物に起因する二重層の変化した特性のレポーターです。

Protocol

をご覧くださいシュプリンガープロトコルを人工脂質二重層を作製し、膜の弾力性をプロービングするためのグラミシジンのチャンネルを使用する方法の詳細については。

二層弾性特性の変化をモニタリングするための単一分子法
Play Video
PDF DOI

Cite this Article

Ingolfson, H., Kapoor, R., Collingwood, S. A., Sparre Andersen, O. Single Molecule Methods for Monitoring Changes in Bilayer Elastic Properties. J. Vis. Exp. (21), e1032, doi:10.3791/1032 (2008).More

Ingolfson, H., Kapoor, R., Collingwood, S. A., Sparre Andersen, O. Single Molecule Methods for Monitoring Changes in Bilayer Elastic Properties. J. Vis. Exp. (21), e1032, doi:10.3791/1032 (2008).

Less
Copy Citation Download Citation Reprints and Permissions
View Video

Get cutting-edge science videos from JoVE sent straight to your inbox every month.

Waiting X
Simple Hit Counter