Login processing...

Trial ends in Request Full Access Tell Your Colleague About Jove
JoVE Journal
Biology

A subscription to JoVE is required to view this content.
You will only be able to see the first 20 seconds.

遺伝的にコードされた分子プローブは、Gタンパク質共役受容体を研究する
 
Click here for the English version

遺伝的にコードされた分子プローブは、Gタンパク質共役受容体を研究する

Article doi: 10.3791/50588
September 13th, 2013

Summary September 13th, 2013

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the English version.

我々のGPCRの様​​々な標的位置に非天然アミノ酸p-アジド-L-フェニルアラニンを遺伝的に符号化し、異なる用途におけるアジド基の汎用性を示している。これらは、GPCRのリガンド結合ポケットに残基を同定するために目標と光架橋技術、およびペプチドエピトープタグまたは蛍光プローブでのGPCRの部位特異的バイオ直交修飾を含む。

Read Article

Get cutting-edge science videos from JoVE sent straight to your inbox every month.

Waiting X
simple hit counter