細菌の活用頻度の高解像度の比較

Genetics

GE Global Research must subscribe to JoVE's Genetics section to access this content.

Fill out the form below to receive a free trial or learn more about access:

Welcome!

Enter your email below to get your free 10 minute trial to JoVE!





We use/store this info to ensure you have proper access and that your account is secure. We may use this info to send you notifications about your account, your institutional access, and/or other related products. To learn more about our GDPR policies click here.

If you want more info regarding data storage, please contact gdpr@jove.com.

 

Summary

さまざまな条件の下で様々 な細菌クェン DNA 要素の動作を理解することを目的と活用頻度、どのように効率的に推定する、高解像度の差異を検出のためのプロトコルについて述べるドナー菌活用を開始します。

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations

Shintani, M., Ohkuma, M., Kimbara, K. High-Resolution Comparison of Bacterial Conjugation Frequencies. J. Vis. Exp. (143), e57812, doi:10.3791/57812 (2019).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

細菌の活用は、クェン DNA 要素を介して抗生物質耐性遺伝子の水平伝播の重要なステップです。異なる条件下での活用頻度の詳細な比較はどのように接合要素が広がる自然の中を理解する必要があります。ただし、活用頻度を比較するための従来の方法は、高いバック グラウンドの選択板追加活用イベントが発生したため詳細な比較に適していません。我々 は正常に最確数 (MPN) 法とさらに選択的液体媒体の活用を防ぐために抗生物質の高濃度導入することによってバック グラウンドを減少しました。また、我々 は蛍光活性化セル (FACS) を並べ替えによって受信者プールへの単一ドナー細胞の並べ替えによってしばしば方法の確率を推定するためのプロトコルにドナー細胞の開始の活用を開発しました。2 種のプラスミドを使用すると、攪拌率が異なる液体培地で pBP136 と pCAR1、シュードモナスの putida細胞における共役周波数の違いを検出可能性があります。PCAR1 のより pBP136 の活用開始の頻度が高かった。これらの結果を使用して、これらの 2 種のプラスミドの活用機能をよりよく理解できます。

Introduction

モバイル遺伝的要素、接合性プラスミドと統合・ クェン要素 (Ice) の細菌の活用は、遺伝情報の横方向の広がりに重要です。急速な細菌の進化と適応を促進するため、多剤耐性遺伝子1,2を送信できます。活用頻度は暴徒と MPF タイプ3,4に従って分類される、性線毛を含む DNA (MOB) と嵌合ペア形成 (MPF) の動員のクェン要素に関する蛋白質によって影響を受けます 5。ドナーとレシピエントのペア6セル7,8,9,1011,12 (の成長条件によって影響されるも成長率、細胞密度、固体表面や液体培地、温度、養分可用性、および陽イオンの存在)。方法接合要素に広がって細菌を理解するには、詳細に共役周波数を比較する必要は。

通り、ドナーと受信者ペア交尾後の活用頻度は従来の方法では推定通常。(i) まず、ドナーとレシピエントのコロニー数がカウントされます。(ii)、(しかしながら =) 接合要素を受信した受信者のコロニーがカウントされます。(iii)、最後に、活用頻度はドナーや受領者13人でコロニー形成単位 (CFU) しかしながらを割ることによって計算されます。ただし、このメソッドを使用すると、背景が細胞密度が高い10のとき、しかしながらを取得するために使用する選択式ナンバー プレートにも発生することができます追加活用イベントのため高い。したがって、(10 倍差) の下の頻度のわずかな違いを検出することは困難です。我々 は最近、抗生物質の高濃度を含む液体培地を用いた最確数 (MPN) 法を導入しました。このメソッドは、さらに選択的な媒体の活用を阻害することによってバック グラウンドを減少したがって、高解像度の活用頻度を推定する可能性があります。

共役は、3 つのステップに分けることができます: (1) ドナーと受信者の添付ファイルのペア、伝達の開始 (2) と (3) のペア14の解離。手順 (1) と (3) の間には、ドナーと受信者セル間の物理的な相互作用です。したがって、細胞密度と環境条件が性線毛の機能も重要な手順に影響することができます。ステップ (2) は、プラスミド、ドナーと受信者のさまざまな機能によって影響を受ける可能性があります、外部の変化に対応した抱合に関与する複数の遺伝子の発現によって調整される可能性が高い。粒子として電池の予測を使用して物理的な添付ファイルやドナーと受信者のペアの剥離を数学的にシミュレートできます、ただし、ステップ (2) の周波数を実験的測定ください。いくつか報告方法の直接観測にしばしばドナーを活用 [ステップ (2)] 蛍光顕微鏡15,16; を使用して開始されています。ただし、これらのメソッドは多数のセルを監視する必要があるために、高スループットではありません。したがって、蛍光性によって作動セル (FACS) を並べ替えを使用して、ステップ (2) の発生の確率を推定する手法を開発しました。本手法は、活用に必須の遺伝子の同一証明なしのすべてのプラスミッドに適用できます。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

1. 緑色蛍光タンパク質 (GFP) とドナーの準備- とカナマイシン耐性遺伝子タグ プラスミド

  1. ターゲット プラスミド pBP136 への遺伝子の導入
    注:このプロトコルの目標は pBP136 を生成する:gfp。菌株と本研究で使用されるプラスミドの表 1のとおりです。
    1. PBP13617を 5 mL 滅菌ルリアスープ (LB)、エシェリヒア属大腸菌S17 1 λpir18 pJBA2819をかくまっているをかくまっているエシェリヒア属大腸菌DH10B の文化を育てる [カナマイシン (Km) を含む-抵抗性遺伝子とgfpmut3 * 遺伝子プロモーターとターミネーター ミニ Tn5] を 5 mL 50 μ g/mL Km 37 ° c 一晩 (O/N、16-24 h) 200 回転/分 (rpm) で振動を含む滅菌の LB の。
    2. 収穫や洗浄
      1. 収穫の各文化の 1 mL、2 mL マイクロ チューブと遠心分離機 (10,000 × g室温、2 分) に入れます。上澄みを廃棄し、2 ml の滅菌リン酸緩衝生理食塩水 (PBS) 細胞ペレットを再懸濁します。
      2. (10,000 × g室温、2 分)、遠心分離機をもう一度と滅菌 PBS の 500 μ L で再懸濁します。
    3. 交尾をフィルターします。
      1. (1.6% 寒天) と滅菌の LB の版を準備し、滅菌 0.22 μ m 孔サイズの膜フィルターを配置します。ミックス 500 μ L大腸菌DH10B と大腸菌S17-1 λpir遺伝子 pJBA28 の pBP136 とスポット LB プレートのフィルターでの混合物をかくまっています。プレート O/N 30 ° c. で孵化させなさいLB プレートからフィルターを削除、滅菌 50 mL プラスチック チューブに配置し、1 mL の滅菌 PBS を追加します。
        注: pJBA2818 pir遺伝子によって符号化される Π タンパク質の存在下で複製することができます、S17 1 λpirから DH10B に転送することができます。pBP136 は、マーカー遺伝子17を運ぶし、DH10B から S17 1 λpirに転送することができます。したがって、この段階で pBP136 と DH10B 遺伝子 pBP136 とミニ Tn5 (転置染色体または pBP136) から pJBA28 を抱いて S17 1 λpirない区別できた。その後、後続のステップ (1.1.4.–1.1.5) のドナーとしてそれらの混合物を使用しました。
    4. 揺れで 200 rpm とシュードモナスの putida KT2440 の文化で 37 ° C で 50 μ g/mL Km を含む滅菌の LB の上記の交配混合物の O/N 文化を育てる [Km 感応 (Kms), リファンピシン感受性 (リフs)ゲンタマイシン (Gms) に依存およびテトラサイクリン耐性 (Tcr)] 200 rpm で振とうしながら 30 ° C で 12.5 μ g/mL Tc を含む培地で。
    5. 収穫と 1.1.2 のステップのようにセルを洗浄後、フィルター ステップ 1.1.3 のように (O ・ N、30 ° C) を交配 (交配混合物および KT2440) それらを使用します。
    6. 50 μ g/mL Km と 12.5 μ g/mL Tc を含む滅菌の LB の版を準備 (LB + Km + Tc プレート)。
    7. 希釈滅菌 PBS でメンブラン フィルターの再懸濁液 (10 の1– 105-折る)、各希釈 LB + Km + Tc にプレートし、30 ° c 2-3 d 版を孵化させなさい伝染。
    8. プレートからコロニーを拾う、Km と Tc と同様にPを含む滅菌の LB の O/N 文化を育てます。resinovoransCA10dm4RG (リフrと Gmr)6リフを含む滅菌の LB (25 μ g/mL) と Gm (30 μ g/mL) 30 ° C、200 rpm で。
      注:(1.1.7。) からプレート LB + Km + Tc のコロニー前の注で説明したよう KT2440 遺伝子 pBP136 を運んでいるかもしれないミニ Tn5と KT2440 ミニ Tn5pJBA28 は S17 1 λpirから直接移すことができるのでpBP136 と pJBA28 KT2440 にかくまっています。だからこそ、 P. resinovorans CA10RG 別交配は以下の手順でミニ Tn5ターゲット pBP136 を取得する必要です。
    9. 収穫と 1.1.2 のステップのようにセルを洗浄後、ステップ 1.1.3 のようにフィルター (O ・ N、30 ° C) を交配に使用します。
    10. リフ、Gm、および Km を含む滅菌の LB の版を準備 (Gm Km + リフ LB プレート)。
    11. フィルターの混合物を再懸濁し、それに 10 の1– 105を希釈して-フォールド、Gm Km + リフ LB の上に広がるプレート、および 30 ° C で 2-3 d 版を孵化させなさい
    12. コロニーをピックアップし、プラスミッドのため特異的プライマーを用いた PCR による pBP136 を抱くかどうかを確認します。
  2. ターゲット プラスミド pCAR1 選択マーカー遺伝子の導入
    注: このプロトコルの目標は pCAR1 を生成する:gfp
    1. PCAR1 をかくまっているP. putida KT2440 の O/N 文化を成長 (KmsGmsリフsTcr) で 200 rpm と 30 ° C と 5 ml 滅菌 LB の pJBA28 をかくまっているエシェリヒア属大腸菌S17 1 λpir18 20200 rpm と 37 ° C で 50 μ g/mL Km を含む
    2. 収穫と 1.1.2 のステップのようにセルを洗浄後、ステップ 1.1.3 のようにフィルター (O ・ N、30 ° C) を交配に使用します。
    3. LB プレートからフィルターを削除、滅菌 50 mL プラスチック チューブに配置し、1 mL の滅菌 PBS を追加します。
    4. 希釈滅菌 PBS に再懸濁液 (10 の1– 105-折る)、滅菌選択 LB + Tc + Km に希釈混合気の拡散とプレート。
      注: pCAR1 はエシェリヒア属大腸菌の複製されませんしたがって、 P. putida KT2440 LB + Tc + Km のミニ Tn5遺伝子 pCAR1 を選択できるプレート。
    5. プレートからコロニーをピックアップし、キロ、Tc とPの文化を含む滅菌の LB の O/N 文化を育てます。resinovoransリフと Gm (200 rpm, 30 ° C) を含む滅菌の LB の CA10dm4RG。
    6. 収穫と 1.1.2 のステップと同様に洗浄後、ステップ 1.1.3 のようにフィルター交尾 (O ・ N、30 ° C) のセルを使用します。
    7. フィルターの混合物を再懸濁しますでそれを希釈、プレート、Gm Km + リフ LB に広げるし、30 ° C で 2-3 d 版を孵化させなさい
    8. コロニーをピックアップし、プラスミッドのための特異的プライマーと pcr 法による pCAR1 を抱くかどうかを確認します。
  3. タグ付きのプラスミドの伝達性を確認し、次のステップのドナーを準備
    注: このプロトコルの目標は、上記の構築されたプラスミドの伝達性を確認し、次のステップのドナーを準備します。
    1. PBP136 をかくまっているP. resinovorans CA10dm4RG の O/N 文化を育てる::gfpまたは pCAR1:: Km とP. putida SMDBS [KmsGmsリフrTcrラッチの文化を含む滅菌の LB のgfp q、どの PA1/O4/O3-gfpmut3* その染色体ラッチq遺伝子により表現されていない]21 Tc (200 rpm, 30 ° C) を含む LB の 3 mL。
    2. 収穫と 1.1.2 のステップのようにセルを洗浄後、ステップ 1.1.3 のようにフィルター (O ・ N、30 ° C) を交配に使用します。
    3. 滅菌 50 mL プラスチック チューブにフィルターを置き、1 mL の滅菌 PBS に再懸濁します。希釈滅菌 PBS に再懸濁液 (101– 105-折る)、滅菌選択 LB + Tc + Km に希釈混合気の拡散板。
    4. コロニーをピックアップし、各特異的プライマーと pcr 法によるプラスミドを抱くかどうかを確認します。
      注:ミニ Tn5プラスミド抽出後直接配列の挿入位置の確認は、挿入は、プラスミドの伝達関数には影響しませんを確認するオプションです。

2. MPN 法による共役周波数の計算

  1. 滅菌の LB + Km および LB + Gm 準備板。
  2. PBP136 をかくまっているP. putida SMDBS の O/N 文化を育てる::gfpまたは pCAR1:: Km とP. putida KT2440RGD の文化を含む滅菌の LB の 3 mL でgfp (Gmrリフr) Gm (140 rpm, 30 ° C) を含む LB 3 mL に。
  3. 収穫と 1.1.2 のステップのようにセルを洗浄後、フィルター ステップ 1.1.3 のように 45 分の 30 ° C で交尾に使用します。
  4. 連続希薄 Gm (受信者) は (CFU) の単位を形作っているコロニーをカウントする (それぞれ 3 通) をプレート + 上記のドナーと受信者 (101 – 107) を文化し LB + Km (ドナー) または LB の上に 。30 ° c 2 d 版を孵化させなさい。
  5. Km と、Gm を含む滅菌の LB のフィルターに混合物を再懸濁し、連続希釈 (2 から1 224– 107.2) (4 連) で 96 ウェル細胞培養プレートを使用します。
  6. 96 ウェル プレートを適切な時間 (30 ° C で 2 d) にインキュベートします。
  7. ドナーとレシピエント (ステップ 2.4.) のプレートに CFU をカウントし、しかしながらが成長の井戸の数をカウントします。
  8. ジャービスによって開発された MPN 計算プログラムを使用して MPN との偏差を計算します。22http://www.wiwiss.fu-berlin.de/fachbereich/vwl/iso/ehemalige/professoren/wilrich/MPN_ver5.xls で利用可能です。
    1. 実験 (例、'テスト') の名前 (例: 2018/4/9) 実験、テスト シリーズの数と最大の日付を入力します。ポップExcel の 'プログラム' の行 #7 シートで希釈 ('24' を入力) ファイル ('MPN_ver5.xls')。
    2. 入力 '2-1 (= 0.5) 2-24 (= 5.96 × 10-8)' '希釈係数d'列' 0.01' 'ml または g wのボリューム' 列、および 4 'で' 号管 n の ' '入力データ」の自動的に作り出されたテーブルで。
    3. しかしながら成長各サンプル希釈 (0-4) 井戸の数を入力します。
    4. 上部右 '計算結果' ボタンを押して、(MPN/μ L) の結果とその 95% 信頼限界 (下限と上限) を入手します。
  9. しかしながら (MPN/mL) 数を割ることによってドナーと受信者のセル (CFU/mL) の数によってプラスミッドの活用頻度を計算します。

3. ドナー主導の共役の確率の推定のための準備

  1. PBP136 をかくまっているP. putida SMDBS の O/N 文化を成長::gfpまたは pCAR1:: Km とP. putida KT2440RGD の文化を含む滅菌の LB の 3 mL でgfp (Gmrリフr) 300 mL を使用して Gm を含む滅菌 LB 3 mlフラスコ (140 rpm, 30 ° C) precultures として
  2. Km や 500 mL フラスコで Gm を含む新鮮な滅菌ポンドの 200 mL に、清酒の 200 μ L を転送し、140 rpm で振とうしながら, 30 ° C で。
  3. 600 で濁度を測定 nm (外径600) 紫外可視分光光度計とスポットを使用するカルチャのカルチャ、希釈 LB の (10 の1– 108-倍希釈)、Km を含む LB プレートまたは 30 ° c 1-2 d Gm. 加温これらの LB プレートに、CFU を決定。
  4. 外径600値とドナーとレシピエントの成長曲線を生成するため生育に伴い CFU プロットします。
  5. ドナーとレシピエントのひずみの文化を成長曲線に基づく中間ログ位相に成長します。
  6. 収穫とセルを洗浄後、101– 103 LB と 105– 107 LB の 100 μ L で受信者の CFU の 10 μ L のドナーの CFU を準備します。
  7. ドナーと受信者の文化 (3 通) で 96 ウェル プレートでさまざまな密度での 100 μ L のミックス 10 μ L。たとえば、ミックス 101ドナーの 10 CFU5 CFU 受信者の各 96 ウェルとミックス 101ドナーの CFU と 10 に追加6別の 96 ウェル プレートで受信者の CFU などなど。
  8. 45 分、30 ° C で混合物をインキュベートし、さらに活用を阻害する各ウェルに高濃度の抗生物質 (100 μ g/mL Km と 60 μ g/mL Gm) を追加します。
  9. 2 d のための 30 の ° C でプレートを孵化させなさい。
  10. しかしながらが成長の井戸の数をカウントします。
  11. ドナー主導の活用 (しかしながらは 96 ウェル プレートの少なくとも 1 で発見されるべき) 上記データに基づく確率の推定に適切な受信者の密度を選択します。
    注:しかしながらは、ドナーとレシピエントの細胞の密度が高いと、よく発生します 1 つ以上活用するときすべての井戸に成長します。対照的に、細胞密度が低すぎるとき任意の井戸でしかしながらは発見しません。次のセクションでは、1 つのドナー細胞は井戸の中へ並べ替えられます。したがって、受信者の密度は最大にする必要があります。

4. ドナー主導の共役の確率の推定

  1. PBP136 をかくまっているP. putida SMDBS ドナーの中間ログ相培養の 200 mL を準備::gfpまたは pCAR1::gfpと受信者P. putida KT2440RGD、3.6-3.7 で説明されているとのこと。
  2. 場所 106ポンドの 96 ウェル プレートの各ウェルに 100 μ L の受信者の CFU。
  3. FACS システム (ロボット アーム、488 nm アルゴン レーザー 70 μ m ノズル口径と流れ、フローサイトメトリーおよび細胞ソーター) を設定します。前方散乱 (FSC) 取得トリガーとして 1% のしきい値を設定します。H 利得と FSC のゲイン調整、ネガティブ コントロールとして PBS を使用して偽の肯定的な信号を除外することができます最大感度で側方散乱 (SSC)。FSC と SSC と極大ソート純度の 0.5 ドロップの並べ替えモードに基づく並べ替えゲートを設定します。
  4. LB プレート (384 箇所) の FACS による単一ドナー細胞の並べ替えでは、2 d をクリックし、並べ替えられた細胞からプレートに表示されますどのように多くのコロニー カウント 30 ° C でプレートを孵化させなさい。
    注:この手順は、門の設定を検証するためです。皿の上に 384 コロニーが存在する場合は、並べ替えられた細胞の 100% がコロニーを形作ることができることを意味します。並べ替えの平均の妥当性は常に 90-95% であります。
  5. 並べ替え (4.2) の受信者を 96 ウェル プレートの各ウェルに FACS による単一ドナー細胞。
  6. 30 ° C の 45 分のプレートをインキュベートし、活用をさらに防ぐためにも高濃度の抗生物質 (100 μ g/mL Km と 60 μ g/mL Gm) を追加します。
  7. 2 d のための 30 の ° C でプレートを孵化させなさい。
  8. しかしながらとして成長した井戸の数をカウント肉眼で目視検査によって決まります。
  9. しかしながら、ドナーがソートされた井戸の合計数で井戸の数を割ることによってドナー主導の活用の確率を計算します。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

MPN 法による共役周波数の比較

以前の報告では、pBP136 の活用頻度を比較した::gfpと pCAR1:: 125 mL スピナー フラスコ10を使用して 45 分交尾後攪拌率の異なる 3 倍希釈の LB (1/3 LB) 液体の媒体のgfp 。PBP136 の活用頻度を比較した::gfpと pCAR1::gfp 106 CFU/mL 別撹拌条件下でのドナーとレシピエントの系統 (0-600 rpm)。両方のプラスミドの活用頻度の高い攪拌率増加し、共役周波数の最大の差は < 10 倍 pBP136 の::gfp pCAR1 の間 (0 と 400 rpm) 間::gfpだった 〜 25-fold (0 の間200 rpm;図 1)。

ドナー主導の共役の確率の推定

ドナー主導の共役の推定された確率は表 2に示します。共役, アッセイを交配の確率を比較するために必要な受信者の細胞の密度を決定するには、ドナーと受信者の異なる密度で行った。テーブル 2pBP136 に示すように::gfpしかしながら井戸 10 を含むの 100% (96/96) で検出された3 CFU ドナーと受信者の CFU 105-107や 10、2のドナーと 10 CFU6-107CFU の受信者、細胞密度が高すぎることを示します。10 アッセイを交尾1ドナーの 10 CFU6または 10 transconjugant 肯定的な井戸の数の減少で起因した5受信者の CFU (66%、2.1%、それぞれ、表 2)。したがって、> 105 CFU 受信者の単一ドナー細胞の交配のために予測されました。同様に、pCAR1 と交尾のアッセイを行った:: ドナーとレシピエントの系統の異なる密度でgfp 。Transconjugant 肯定的な井戸の割合が pBP136 のそれらより大いに低い::gfp (表 2)。ドナーとレシピエントの細胞は互いに同様に接続することができますと仮定すると pCAR1 ドナーの活用開始の確率は pBP136 ドナーのそれよりも低かった。これらの結果に基づいて、我々 はことを決定した 107受信者の CFU は FACS によって並べ替えられて 1 つのドナー細胞の必要でした。

その後、transconjugant 肯定的な井戸の数を数えました。PBP136 用 transconjugant 肯定的な井戸の割合::gfpは pCAR1 のそれよりも大きい (1.9%) をだった::gfp (< 0.052%;表 2)。したがってがあったこれらの 2 種のプラスミド間ドナー主導の共役の確率の 36-fold 違いより。

Figure 1
図 1。PBP136 の活用頻度の比較::gfpと pCAR1::gfp 106コロニー形成単位 (CFU) mL-1ドナー (シュードモナスの putida SMDBS) と異なる受信者 (P. putida KT2440RGD)攪拌率 (0-600 rpm).誤差範囲を計算し 95% 信頼限界 MPN 法およびドナーとレシピエントの CFU の標準偏差による。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

細菌の緊張 遺伝子多型と関連する表現型 参照またはソース
大腸菌DH10B F-mcrAΔ (mrr-hsdRMS-mcrBC)、Φ80dlacZΔM15、ΔlacX74deoRrecA1araD139Δ (ara ルー) 7697、 galUgalKNupGendA1rpsL λ-
大腸菌S17-1(λpir) TmrSmrrecAティプロhsdR-M+RP4: 2-Tc: Mu: Km テネシー7 λpir 18
Pseudomoans putidaKT2440 Tcr Gmsリフskms 25
Pseudomoans putidaKT2440(pCAR1) KT2440 遺伝子 pCAR1 20
Pseudomoans putidaKT2440RGD Tcr miniTn7Gmrリフrkms(Gm) PA1/O4/O3DsRedExpress は染色体の inseted は、 10
Pseudomoans putidaSMDBS P. putida KT2440、 dapBの誘導体のひずみ-削除、TcrリフrGmsKmsラッチqが染色体に挿入されて 21
P. resinovorans CA10RG Tcs Gmrリフrkms 6
プラスミド
pBP136 解析-1、暴徒PMPFTプラスミド 17
pBP136::gfp pBP136 Kmrと PA1/04/03-パラgfpカセットを運ぶ (26,137 nt) 21
pCAR1 解析-7、暴徒HMPFF、カルバゾール分解プラスミド 26、27
pCAR1::gfp pCAR1 Kmrと PA1/04/03- ORF171 のgfpカセットを運ぶ (182,625 nt) 21
pJBA28 AprKmr、ミニ Tn5Km PA1/04/03RBSII の配信プラスミド-gfpmut3*T0T1 18

表 1。菌株、プラスミド。

プラスミド ドナー 受信者 しかしながら 96 ウェルあたりと井戸の数 割合
[CFUs またはセル] [CFUs] [%]
pBP136::gfp 103 107 96/96 100
106 96/96 100
105 96/96 100
102 107 96/96 100
106 96/96 100
105 54/96 56
101 107 71/96 74
106 63/96 66
105 2/96 2.1
1 107 23/1212 1.9
pCAR1::gfp 103 107 6/96 6.3
106 6/96 6.3
105 0/96 0
102 107 1/96 1
106 1/96 1
105 0/96 0
101 107 0/96 0
106 0/96 0
105 0/96 0
1 107 1920 年 1 月 < 0.052

表 2。しかしながら pBP136 の共役をドナー主導の確率を比較するを含む、異なるセル密度と井戸の数::gfpと pCAR1::gfp

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

ここでは、プロトコルを提案高解像度のさまざまな状況で活用頻度の差異を検出 MPN メソッドを使ってしかしながらの数を推定します。プロトコルの 1 つの重要なステップは、しかしながらが育たないまで交尾後ドナーとレシピエントの混合物を希釈です。高濃度の抗生物質の活用をさらに防ぐために選択の液体培地に別のステップを追加すること。これらのプロシージャは、選択培地での更なる活用によるバック グラウンドを減らすことができます。正常に、ドナーとレシピエントの間の短い交尾期間後も違いを検出我々 でした。このプロトコルによって計算ブラスミドの周波数は、ドナーとレシピエントの株の成長の状態のわずかな違いによって変更できます。したがって、これらの条件を慎重に設計する必要があります。

さらに、単一ドナー細胞選別の FACS を用いた共役の 2 番目のステップを推定するためのプロトコルを提案する.このプロトコルでは最も重要なステップは、並べ替えられた単一ドナー細胞の受信者の細胞の適切な密度を決定です。とき単一ドナー細胞の周囲は受信者の細胞数はドナーとレシピエントの間の十分な大きさ、物理的な接触であります。その後、活用頻度を受けます、ドナーとレシピエントの細胞が互いに接触する頻度の確率ではなく、ドナー主導の共役の確率で。FACS による単一ドナー細胞の並べ替えでは、困難です。しかし、96 ウェルは、常に確率を推定するのに十分ではありません。したがって、10-100 板を準備する必要があります。プロトコルの制限の 1 つは、それが低周波伝達性プラスミドの活用形をドナー主導の確率測定のために適切ではないです。

我々 は最近 2 種のプラスミドが抱合、添付ファイルとの剥離の最初と 3 番目の手順に影響を与えることができます攪拌のレートを変更することによって液体培地における異なる共役周波数を示したことを報告これらのメソッドとその結果に基づき、ドナーと受信者のペア。さらに、第二ステップ10の確率の違いがわかった。これらの結果は、異なる条件の下で活用頻度がどのように変化を示しています。これらのプロトコルは、特定の存在の有無でプラスミドと pH、異なる温度や異なるドナー-受信者ペア好気性または嫌気性の条件を含む、さまざまな条件下での活用機能を比較するのに役立ちます陽イオン, 栄養素, と抗生物質などの化学物質。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Disclosures

著者が明らかに何もありません。

Acknowledgements

博士 k. 蒲池の国立感染症研究所 (日本) にありがとう pCAR1 を提供するため pBP136 と東京大学 (日本) の野尻浩之教授を提供します。デンマークの技術的な大学の教授 Molin Sølen へ pJBA28 を提供することに感謝しております。この作品は、日本学術振興会科研費によって支えられた (許可番号 15 H 05618 と 15KK0278) ms (https://kaken.nii.ac.jp/en/grant/KAKENHI-PROJECT-15H05618/、https://kaken.nii.ac.jp/en/grant/KAKENHI-PROJECT-15KK0278/)。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
MoFlo XDP Beckman-Coulter ML99030 FACS
IsoFlow Beckman-Coulter 8599600 Sheath solution
Fluorospheres (10 μm) Beckman-Coulter 6605359 beads to set up the FACS
Incubator Yamato Scientific Co. Ltd 211197-IC802
UV-VIS Spectrophotometer UV-1800 SIMADZU Corporation UV-1800
96-well plates NIPPON Genetics Co, Ltd TR5003
microplate type Petri dish AXEL 1-9668-01 for validation of sorting
membrane filter ADVANTEC C045A025A for filter mating
pippettes Nichiryo CO. Ltd 00-NPX2-20,
00-NPX2-200,
00-NPX2-1000
0.5-10 μL, 20-200 μL, 100-1000 μL
multi-channel pippetes Nichiryo CO. Ltd 00-NPM-8VP,
00-NPM-8LP
0.5-10 μL, 20-200 μL
Tryptone BD Difco 211705
Yeast extract BD Difco 212750
NaCl Sigma S-5886
Agar Nakarai tesque 01162-15
rifampicin Wako 185-01003
gentamicin Wako 077-02974
kanamycin Wako 115-00342
Petri dish AXEL 3-1491-51 JPND90-15
microtubes Fukaekasei 131-815C
500 mL disposable spinner flask Corning CLS3578

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Cabezon, E., Ripoll-Rozada, J., Pena, A., de la Cruz, F., Arechaga, I. Towards an integrated model of bacterial conjugation. FEMS Microbiology Reviews. 39, (1), 81-95 (2015).
  2. Johnson, C. M., Grossman, A. D. Integrative and conjugative elements (ICEs): what they do and how they work. Annual Review of Genetics. 49, 577-601 (2015).
  3. Garcillán-Barcia, M. P., Alvarado, A., de la Cruz, F. Identification of bacterial plasmids based on mobility and plasmid population biology. FEMS Microbiology Reviews. 35, (5), 936-956 (2011).
  4. Smillie, C., Garcillán-Barcia, M. P., Francia, M. V., Rocha, E. P., de la Cruz, F. Mobility of plasmids. Microbiology and Molecular Biology Reviews. 74, (3), 434-452 (2010).
  5. Garcillán-Barcia, M. P., Francia, M. V., de la Cruz, F. The diversity of conjugative relaxases and its application in plasmid classification. FEMS Microbiology Reviews. 33, (3), 657-687 (2009).
  6. Shintani, M., et al. Recipient range of IncP-7 conjugative plasmid pCAR2 from Pseudomonas putida HS01 is broader than from other Pseudomonas strains. Biotechnology Letters. 27, (23-24), 1847-1853 (2005).
  7. Yanagida, K., et al. Comparisons of the transferability of plasmids pCAR1, pB10, R388, and NAH7 among Pseudomonas putida at different cell densities. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry. 80, (5), 1020-1023 (2016).
  8. Schuurmans, J. M., et al. Effect of growth rate and selection pressure on rates of transfer of an antibiotic resistance plasmid between E. coli strains. Plasmid. 72, 1-8 (2014).
  9. Bradley, D. E., Taylor, D. E., Cohen, D. R. Specification of surface mating systems among conjugative drug resistance plasmids in Escherichia coli K-12. Journal of Bacteriology. 143, (3), 1466-1470 (1980).
  10. Nakazawa, S., et al. Different transferability of incompatibility (Inc) P-7 plasmid pCAR1 and IncP-1 plasmid pBP136 in stirring liquid conditions. PLoS One. 12, (10), e0186248 (2017).
  11. Verma, T., Ramteke, P. W., Garg, S. K. Effect of ecological factors on conjugal transfer of chromium-resistant plasmid in Escherichia coli isolated from tannery effluent. Biotechnology and Applied Biochemistry. 102, (1-6), 5-20 (2002).
  12. Sakuda, A., et al. Divalent cations increase the conjugation efficiency of the incompatibility P-7 group plasmid pCAR1 among different Pseudomonas hosts. Microbiology. 164, (1), 20-27 (2018).
  13. Corliss, T. L., Cohen, P. S., Cabelli, V. J. R-plasmid transfer to and from Escherichia coli strains Isolated from human fecal samples. Applied and Environmental Microbiology. 41, (4), 959-966 (1981).
  14. Zhong, X., Krol, J. E., Top, E. M., Krone, S. M. Accounting for mating pair formation in plasmid population dynamics. Journal of Theoretical Biology. 262, (4), 711-719 (2010).
  15. Gilmour, M. W., Lawley, T. D., Taylor, D. E. The cytology of bacterial conjugation. EcoSal Plus. 2004, (2004).
  16. Minoia, M., et al. Stochasticity and bistability in horizontal transfer control of a genomic island in Pseudomonas. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 105, (52), 20792-20797 (2008).
  17. Kamachi, K., et al. Plasmid pBP136 from Bordetella pertussis represents an ancestral form of IncP-1beta plasmids without accessory mobile elements. Microbiology. 152, (12), 3477-3484 (2006).
  18. Simon, R., Priefer, U., Pühler, A. A broad host range mobilization system for in vivo genetic engineering: transposon mutagenesis in gram negative bacteria. Nature Biotechnology. 1, (9), 784-791 (1983).
  19. Andersen, J. B., et al. New unstable variants of green fluorescent protein for studies of transient gene expression in bacteria. Applied and Environmental Microbiology. 64, (6), 2240-2246 (1998).
  20. Shintani, M., et al. Characterization of the replication, maintenance, and transfer features of the IncP-7 plasmid pCAR1, which carries genes involved in carbazole and dioxin degradation. Applied and Environmental Microbiology. 72, (5), 3206-3216 (2006).
  21. Shintani, M., et al. Single-cell analyses revealed transfer ranges of IncP-1, IncP-7, and IncP-9 plasmids in a soil bacterial community. Applied and Environmental Microbiology. 80, (1), 138-145 (2014).
  22. Jarvis, B., Wilrich, C., Wilrich, P. T. Reconsideration of the derivation of most probable numbers, their standard deviations, confidence bounds and rarity values. Journal of Applied Microbiology. 109, (5), 1660-1667 (2010).
  23. Haagensen, J. A., Hansen, S. K., Johansen, T., Molin, S. In situ detection of horizontal transfer of mobile genetic elements. FEMS Microbiology Ecology. 42, (2), 261-268 (2002).
  24. Herrero, M., de Lorenzo, V., Timmis, K. N. Transposon vectors containing non-antibiotic resistance selection markers for cloning and stable chromosomal insertion of foreign genes in gram-negative bacteria. Journal of Bacteriology. 172, (11), 6557-6567 (1990).
  25. Bagdasarian, M., et al. Specific-purpose plasmid cloning vectors. II. Broad host range, high copy number, RSF1010-derived vectors, and a host-vector system for gene cloning in Pseudomonas. Gene. 16, (1-3), 237-247 (1981).
  26. Maeda, K., et al. Complete nucleotide sequence of carbazole/dioxin-degrading plasmid pCAR1 in Pseudomonas resinovorans strain CA10 indicates its mosaicity and the presence of large catabolic transposon Tn4676. Journal of Molecular Biology. 326, (1), 21-33 (2003).
  27. Takahashi, Y., Shintani, M., Yamane, H., Nojiri, H. The complete nucleotide sequence of pCAR2: pCAR2 and pCAR1 were structurally identical IncP-7 carbazole degradative plasmids. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry. 73, (3), 744-746 (2009).

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Usage Statistics