結合された経頭蓋磁気刺激と背外側前頭前野の脳波

Neuroscience

Your institution must subscribe to JoVE's Neuroscience section to access this content.

Fill out the form below to receive a free trial or learn more about access:

 

Summary

ここで提示されたプロトコルは、皮質内興奮性再テスト設計パラダイムを利用した TMS 脳波研究です。プロトコルの目的は、神経生理学的にうつ病などの脳神経疾患の治療における治療的介入に関連する機能を評価するための信頼性が高く、再現性のある皮質興奮性対策を生成することです。

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations

Lioumis, P., Zomorrodi, R., Hadas, I., Daskalakis, Z. J., Blumberger, D. M. Combined Transcranial Magnetic Stimulation and Electroencephalography of the Dorsolateral Prefrontal Cortex. J. Vis. Exp. (138), e57983, doi:10.3791/57983 (2018).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

経頭蓋磁気刺激 (TMS) は、簡単な時間変動磁場パルスによる皮質の神経の興奮を生成する非侵襲的な方法です。皮質活動の開始またはその変調は、皮質の地域活性化のニューロン、コイル、位置および頭部に対してその方向性の特性の背景の活性化に依存します。TMS 同時 electrocephalography (EEG) と組み合わせるし、ニューロナビゲーション nTMS 脳波により再現性のある方法で、皮質皮質興奮性とほぼすべての皮質領域での接続性の評価のため。この前進により nTMS 脳波脳ダイナミクスと神経生理学の臨床試験に必要な再テスト パラダイムを正確に評価することができます強力なツール。このメソッドの制限には、刺激に対する初期の脳反応の成果物が含まれます。したがって、成果物を削除するプロセスが貴重な情報を抽出してもできます。また、背外側前頭前野 (DLPFC) 刺激のための最適なパラメーターは完全に知られていない、現在のプロトコル利用運動皮質 (M1) 刺激パラダイムからのバリエーション。ただし、進化して nTMS 脳波デザインはこれらの問題を解決する願っています。ここで示されるプロトコルなど治療を受ける治療抵抗性の精神疾患患者に適用できる DLPFC を刺激から神経生理学的機能を評価するためのいくつかの標準的なプラクティスを紹介します。経頭蓋直流電流刺激 (tDCS)、反復経頭蓋磁気刺激 (rTMS)、磁気発作療法 (MST) または電気けいれん療法 (ECT)。

Introduction

経頭蓋磁気刺激 (TMS) は、急速な時間変動磁場パルス1を使用して大脳皮質の神経活動の非侵襲的評価では、神経生理学的ツールです。これらの磁場パルス脱分極の結果コイルの下に浅野弱い電流を誘発します。その後皮質活性化または変調は直接コイル、その角と頭蓋骨2方向の特性に関連します。コイルからパルスの波形が排出され、ニューロンの基になる状態も結果大脳皮質の活性化3に影響を与えます。

TMS によって行動またはモーター応答を換起またはタスク関連の処理の中断によって皮質機能の評価が可能にします。一方、運動野を介して単一の TMS パルスから筋電図 (EMG) 誘発を記録を通じてプロセス皮質脊髄の興奮性を評価できる皮質内興奮性 (皮質内の促進;ICF) ・阻害機構 (短くて長い皮質内抑制;SICI と李祠) は、対パルス TMS を検出できます。反復的な TMS はさまざまな認知プロセスを邪魔することができますが、さまざまな精神神経疾患の治療手段として主に使用されます。さらに、TMS の同時脳波 TMS 脳波計との組み合わせは、皮質興奮性、接続4を評価するために使用できます。最後に、TM の管理がニューロナビゲーション (nTMS) に配信される場合が刺激の正確な部位を記録することができますので正確な再テスト パラダイムの許可されます。皮質のマントルのほとんどをターゲットすることができ、刺激 (領域の測定可能な物理的または行動応答を生成しないことを含む) こうして皮質機能マッピングできます。

シングルまたはペア パルス TMS から誘発脳波信号は大脳皮質皮質接続5と脳の現在の状態の評価を促進できます。TMS 誘導電流は、シナプスをアクティブにすることができます活動電位の結果します。シナプス電流の分布は、脳波6を記録できます。脳波信号は、定量化し、双極子モデルの7または最小ノルム法8脳波が使用される場合とを占めている頭の電気伝導度構造とを介してシナプス電流分布を検索する使用できます。皮質抑制プロセス9、振動10、皮質1112半球間相互作用、大脳皮質の可塑性13研究する結合された TMS 脳波を用いることができます。最も重要なは、TMS 脳波は良い再テスト信頼性14,15認知や運動タスクの間に興奮性の変化をプローブすることができます。重要なは、TMS 脳波再テスト デザイン16,17の治療 (rTMS または薬理効果) に対する反応の予測因子となる神経生理学的信号を決定する可能性があります。

TMS のニューロナビゲーションの原則は、縁なしの stereotaxy の原則に基づいています。光を使用するシステムは追跡システム18 (参照トラッカー) 経由で頭と TMS コイルの両方に接続されている光反射の光学要素と通信する発光カメラを採用しました。ニューロナビゲーションはデジタル参照ツールやペンの助けを借りて 3-D MRI モデルでコイルのローカリゼーションのためことができます。ニューロナビゲーションの使用は、コイルの向き、場所および件名の頭に配置のキャプチャだけでなく、脳波の電極位置のデジタル化を促進します。これらの機能は、再テスト デザイン実験と背外側前頭前野内の指定された位置の正確な刺激のために不可欠です。

再テスト実験で TMS 脳波プロトコルを利用するためには、正確な信頼性の高い信号を取得する皮質領域の一貫した刺激をする必要があります。TMS 脳波記録は別の成果物に脆弱性が存在することができます。遅延19,20後に回復することができますアンプまたはアンプ飽和21をすることはできません、脳波電極の TMS によるアーティファクトをフィルター処理できます。ただし、眼球運動や瞬き、頭蓋筋の近くに脳波電極、電極のランダムな動きと、偏とコイルによって生成されるアーティファクトの他のタイプをクリックしてまたは体性感覚を考慮する必要があります。以下の 5 kΩ、電極と電極の振動 (または低周波アーティファクト22をなくすスペーサー) を抑えるとコイル間の泡をコイルの固定化電極インピー ダンスを保証する注意してください件名準備耳栓も聴覚マスキングを使用して、これらのアーティファクトの23を最小限に抑えるください。ここで提示されたプロトコルは、背外側前頭前野 (DLPFC) を適用すると刺激は、神経生理学的機能を評価するための標準的なプロセスを紹介します。M19,15,16の研究で検証されてきた共通のペアパルス パラダイムにフォーカスがあります。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

ここで示したすべての実験手順は、ヘルシンキ宣言のガイドラインに従ってローカル倫理委員会によって承認されています。

1 Neuronavigated TMS の頭登録-脳波

  1. 各参加者の高解像度全頭部 T1 強調 MRI が構造を取得します。ニューロナビゲーション製造元のガイドラインに従ってスキャンします。
  2. ナビの画像をアップロードします。Mri は正常にスキャンかどうかチェックしてください。カーディナル ポイント (耳介前方のポイント、ナジオンと鼻の先端) を選択します。刺激のターゲット (解剖学に基づいた、頭座標、MNI、または・ タライラッハ座標をに基づいて) を挿入します。
  3. 頭のトラッカーに置いてこのような方法、それはない刺激セッション中に移動し、できるように無料 TMS コイルの移動。登録を開始する前に、耳栓参加者の挿入があります。
  4. 3-D MRI モデルに参加者の頭を揃えます。MRI スタックのイメージで選択した枢機卿の点でデジタルのペンで参加者の頭の上をタップします。選択し、領域上の登録エラーを減らすために頭の頭頂葉、時間および後頭葉領域の上追加のポイントをマークします。
  5. 登録を検証します。参加者の頭の上には、デジタルのペンを配置します。コンピューター上の表現をチェックします。MR の対応するポイントにない場合は、手順 1.4 を繰り返します。
  6. (いくつかのシステムは、この手順は必要ありません) で使用で TMS コイルを調整します。
    1. トラッカーをコイルに接続します。
    2. すべてのトラッカーがカメラから見えるので、校正用試験片にコイルを配置します。
    3. コンピューター画面のキャリブレーション ボタンを押して、5 の調整位置にコイルを残す s。

2. TMS 脳波実験

  1. 頭に脳波キャップを置き、電極を準備
    1. よく頭にフィット キャップを選択します。すべての電極がしっかりと頭皮に触れている、機能を確認します。以上 2 つの電極が動作しない場合は、同じまたはより小さいサイズのもう一つのキャップを使用します。
    2. 頂点、イニオン上、ナジオンとイオンと Iz 電極を結ぶ線の間の半分の方法に Cz 電極を配置します。
      注: は、電気 (EOG) の (左左目と右から右から少し上各頬骨) (上記と目に刺激対側眼の下) に垂直または水平の電極を配置します。
    3. 注射器の鈍チップを調整し、導電性ゲルでそれを埋めます。電極の穴の内側の先端を配置し、皮膚にいくつかのペーストになるまで軽くプランジャー フランジを押します。軽くクロスのようなを使用して頭皮のスクラブは、鈍い先端と共に移動します。ブリッジを避けるために上にペーストをない流出を確認 (電極間短絡)。
  2. 筋電図の電極を配置します。右外転筋短母指筋 (APB) 腹腱モンタージュの上 2 つの使い捨てディスク電極 (約 30 mm の直径) を配置します。製造元のガイドラインに従って地面に配置します。
  3. 頭の登録を開始します。1.3-1.6 の手順に従います。DLPFC の MNI または・ タライラッハ座標を使用します。
  4. ホット スポット、運動閾値。
    1. TMS パルス中に電極上のコイル振動を最小にするために、コイルの下スポンジ (polyutherane から作られた人工繊維) を追加します。泡が約 10 mm の厚さをする必要がありますに注意してください。
    2. 安静時に参加者に指示-快適なリラックスした手、足及び脊柱。
    3. ホット スポットを見つけます。M1 の APB の皮質表現の初期のランドマークとしてモーター ノブ24をターゲットし、コイルを動かして対応する APB の動きがあります。APB を約 500 μ V の Mep を想起させる TMS 強度を使用します。その角およびホット スポットを最大の応答を換起するチルト変更によってコイルの向きを最適化します。
    4. ニューロナビゲーター ソフトウェアで位置決めコイルを保存し、2-3% の手順で出力の強度を減らします。10 パルスを与える、以上 50 μ V が得られる 10 のうち 5 MEP 反応よりも場合、強度を減らすことを続行します。
    5. 未満の 10 のうちの 5 つの応答を誘発、1-2% ずつ強度を高めます。MT は、Mep 50 μ 10 のうち 5 回25より大きい生成強度として表されます。MT の刺激間間隔 (ISI) は 1 よりも長くする必要があります s、通常 3、4 または 5 秒に設定します。
  5. 次の手順を使用して強度を調整します。
    1. 500 から 1,500 μ V に M1 に Mep を生成する MT 強度の 120% でスタート 10 この刺激装置の出力パルスを記録は、平均の応答は 1 mV。1 の平均値に達するまでの 1-2% の手順で強度を増減させる mV。
    2. 刺激強度の刺激の割合の出力、例えば強度を選択。、110% 、120% など
    3. (システム可能にする) 場合、V/m に対応する誘導フィールドを探します。コイルを置きます DLPFC;誘導磁場の計算は、同じ皮質深さを M1 上に 1 つと同じになるまで、刺激装置の出力を調整します。
  6. 脳の解剖学を彼らの位置を登録するための脳波電極をデジタル化します。
    注: これはフォロー アップ セッションで電極の正確な整復および神経活性の分布を特定するための非常に重要なステップです。
  7. TMS 脳波を記録します。
    1. オーディオ マスキングに接続する空気管と耳栓耳栓に置き換える (例えば。、ホワイト ノイズ) 利用可能な場合、それらの上のヘッドフォンを追加。TMS パルス伝送時にのみオーディオ マスキングを再生します。
      注: この手順に適用できますステップ 2.4.2 ケアとオーディオのマスキングを再生せず頭のトラッカーは移動しないので。
    2. コイル ホルダー マウント コイルとコイルの移動またはそれの下で電極を押してはいないことを確認してください。電極とコイルの間にスポンジがあることを確認します。
    3. 参加者の視界からすべてのアクティブな画面を削除します。固定ポイントで、TMS 配信中に彼/彼女の頭の位置を変えることと TMS パルス間点滅が凝視する参加者に指示を与えます。
    4. 任意の蛍光ライトをオフします。単一の実行は、各参加者のためのランダムな順序で TMS、SICI、ICF、高をパルスします。100 シングルとペアのパルスを与えます。様々 な ISI の 3-4 s (± 20%) または 3-5 s の定数の使用 (注を参照)。各々 の条件のため、参加者はリラックスでき、ストレッチの 3-5 分の休憩を与えます。
      注: SICI および ICF 閾下刺激 (CS) と閾テスト刺激 (TS) ペアパルス TMS パラダイムが伴います。このプロトコルで使用されている CS は、MT と 1 mV MEP ピーク-ピーク26を想起させる強度で TS の 80% です。最適な SICI 用パルス間間隔は 12-13272 ms で、ICF の。高パラダイムの ISI と 100 さんのパルス間間隔、1 mV MEP ピーク-ピーク別閾誘発、1 mV MEP ピーク-ピーク強度を使用して、再度 TS 続いてを想起させる強度でスープラのしきい値 CS の組み合わせを含む両方のシングルとペアのパルスのパラダイムは、刺激の充電時間によって決まります (当社システムによりすべての 4、対パルス s)、(長い実験は参加者に負担をかけずに小さく ISI に要する) セッションとは、解析の量場所を取るつもりです。この研究で 5 の一定の ISI を使用して私たちの刺激装置の制限のため s ともたいので必要な低周波数の複数の周期のバンド (θ) 時間周波数とパワー スペクトル分析のため。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

図 1Aは 1 つの健康なボランティアの各セッションから 100 の新紀元を平均化した後の F3 電極上に DLPFC 刺激後 TMSevoked 電位を示します。TS が単独で適用されるこの図では、単一パルス条件と比較して TS で CS の効果を強調表示します。CS は 1 つのテーマにおいても明確な形で N100 たわみを調節します。SICI と李祠のセッションで N100 は通常増加して ICF の SP と比較した場合の絶対値の減少条件16図 1B、地形の分布の SP の N100 コンポーネント、SICI と ICF のパラダイムにローカライズされている二国間多く以前研究16,17,28で示されているよう29

Figure 1
図 1: 皮質興奮性の TMS 脳波測定します。(A) DLPFC 刺激後 DLPFC ROI 電極から TMS 誘発脳波の反応の全体の平均。(B) セッションごとにすべての電極全体 N100 値に地形的プロットされます。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

TMS 脳波によりほとんどの皮質の直接および非侵襲的刺激と非常に良好な時空間的解像度30、結果神経活動の獲得、ニューロナビゲーションを利用する場合に特に。この方法論的前進の利点は、事実に基づく TMS 誘発脳波信号に属します電気神経活動と大脳皮質皮質興奮性の指標であるそれ。これは TMS 脳波を現在および将来の治療のバイオ マーカーとして使用できる神経の患者集団で途方もない可能性があります。

プロトコルの最も重要なステップは、電極の調製及び刺激強度の決定です。これは、TMS 脳波信号は TMS 加工品の使用アンプ31の種類に関係なく、影響を受けやすいためにです。電極は非常に慎重に準備されるべきので、彼らはお互いにブリッジを行うとそのインピー ダンスは 5 kΩ を下回るし、信号対雑音比が高い。さらに、コイルの下調整 5-10 の mm の人工 polyutherane 繊維から作られたスポンジさらに機械的な圧力と骨伝導コイル クリック音の成果物を減らすことができます。

MT 決定 TMS 強度;したがって、それはより高い強度、大きな成果物になり、焦点の刺激を小さく強度があります非常に弱い信号をつながるように正確に測定する必要があります。したがって、ニューロナビゲーションの支援を受けてモーターのホット スポットがあるし、MT は EMG の録音と見積もられている (50 μ V と筋肉の下のノイズは完全にリラックスした)。しかし、一つ忘れてはならない分布局在と各刺激の精度、形状から派生し、TMS の期間パルス32

DLPFC のしきい値のための措置の欠如はまた強さの23推定誘導電場の振幅に合わせて調整し、従来手法と刺激の強度の出力に基づいていないべきであることを提案します。MT 強度が DLPFC 刺激の刺激装置の出力強度を再計算するために使用する特定の皮質の深さと、同じ深さの V/m と V/m で推定する必要があることが必要です。これは紹介したもののような対パルス プロトコルの将来の調査のため特に重要な問題ここでは、TS が強度の閾に常にあります。しかし、それが皮質と皮質非措置によって M1 の最近の研究で示唆されている DLPFC の刺激の間記録された TEP33または振動34から DLPFC の強度を定義する必要があります。

重要なは、DLPFC 刺激部位を MNI または・ タライラッハ座標に基づいて選択し、ニューロナビゲーションの Mri に挿入する必要があります。(-35、45、38) 左 DLPFC の MNI 座標は、最適な基づいて臨床転帰と安静状態機能接続35としてこのサイトを識別する研究から描かれています。向きと傾きに関してコイルの位置は、もう一つの重要な変数です。コイルの向きをアプローチし、チルトする 2 つの方法があります: 半球9 b) 内側の現在の方向の14の外側と中間の前頭溝に対して垂直の横の部分を指すハンドルを正中線に) 45 度。最初は、ナビゲーションが存在しない場合、2 つ目は、実際 MRI を必要とし、ナビゲーション、それは、フィールドの最大値を誘導するときに通常適用されます。録音を開始する前に実行する必要刺激の生理学的反応に影響を与えずに最小筋アーティファクト5を連想させるので、コイルの微調整 (傾斜と同様にコイルの中心の 1-2 mm の小さな変更と向きの微妙な変更)。

さまざまな方向の比較は DLPFC を異なるコイルの位置の影響を検討している知られている研究がないので、実行する必要があります。さらに重要なは、メソッドの EMG で M1 のホット スポットを定義する同様の方法で脳波測定に基づく DLPFC のホット スポットを定義する必要があります。最後に、ここで非常に重要な側面は、電極との位置の彼らのデジタル化の配置です。再テスト設計でフォロー アップの実験のため、キャップが配置されるとすぐに、電極をデジタル化する必要があります。3D MRI モデル以上 (これは個々 の Mri を取得できない場合に、良い信頼性の高いソリューションをすることができます) MRI テンプレート (最初と後件部実験) の両方のメドを可視化する必要があります。実験のフォローで電極の頭蓋骨に配置最初の測定の位置と一致するので、キャップは、必要に応じて移動する必要があります。これは、正確な同じ磁場刺激電極の正確な同じ場所由来のデータが保証されます。

刺激を開始、する前に選択した皮質サイトは、コイルの下を通って脳神経のチェックしなければなりません。したがって、いくつかの TMS 脳波新紀元を記録する必要があります、および成果物の評価。したがって、信号は、70 μ V と高周波低振幅の非同期振動 (筋肉と脳神経成果物) よりも大きい振幅をチェックする必要があります。罰金と微妙なコイルの再配置によってこのようなアーチファクトの除去を行うことができます。 またはその方向勉強ばかりして、それが以前に提案されている、36。最後に、TMS 脳波セッション中に TMS コイル実時間ニューロナビゲーションによって監視してように固定化。最良の方法は、三脚または機械の腕にそれをマウントすることです。このソリューションは、それらの機械的圧力アイテムを追加して、電極に対して手でコイルを押してからも防ぎます。変更をすぐに修正する必要があります、それぞれの新紀元は、TMS 脳波の反応は非常にこれらのパラメーターの37の摂動に敏感という事実のために悪いとデータ解析から除外とマークします。これらのすべての詳細な提案は、DLPFC を単一14や対パルス パラダイム15の TMS 脳波の再テスト信頼性を確認できます。これらの重要な詳細に注目されますデータの治療上の介在に関連した変更を反映した最高のチャンスがあることを確認します。

すべての他の実験のような TMS 脳波には、特定の限界があります。主要な問題は、各種成果物、TMS と互換性のある脳波増幅器が他の成果物をなくすことはできないという事実です。頭蓋筋からアーティファクト頭蓋骨に, 正面と側面のサイトが刺激される, ときに特にあいまいなことができ、脳波信号を変調します。これらの成果物が TMS 脳波信号を超えると通常最後を長くすることができます、したがって、テプス、わかりにくくなることがあります。同様に、TMS、DLPFC など地区のみ、大きな目点滅アーティファクトを呼び起こすことができますが。さらに、電極運動、皮膚感覚、TMS コイルをクリックによる聴覚アクティブ化などの他の多くのアイテム、脳波解析さらにもっと困難に (詳細についてを参照してください以前の出版物31,38)。分野で多くの仕事は、様々 なアーティファクト、脳応答38,39,40,41の源のより信頼性の高い時空間的局在を拒否するに向けて指示されています。,42。 ただし、1 つ忘れてはならない参加者の入念な準備、機器の選択と測定の正確なパフォーマンスは、TMS 脳波の生データの品質を決定すること。

TMS 脳波は、DLPFC の刺激に関連する皮質内の励起と抑制のメカニズムを評価する強力なツールです。いくつかのパラメーターを変更するだけで GABAAR (SICI)、GABABR (高) と NMDAR (ICF) を介する回路の研究が可能です。薬理学的または電磁的治療介入によって異なる TEP コンポーネントの変調は抑制を識別するマーカーとして使用できるし、興奮性シナプス伝達は、大脳皮質の可塑性および多くより多くの脳の状態の変更条件43. TEP のほか、TMS 誘発振動活動時間周波数とスペクトル解析は自然または上記回路10の固有振動数を評価できます。電流源密度4皮質領域の該当するなど脳の電気的指標 DLPFC44で損なわれた脳回路の可塑性のメカニズムの解明に役立ちます。

さらに、DLPFC でこれらのパラダイムの薬理学的検証研究が必要です。しかし、TMS-脳波ニューロモデュレーション治療などの各種治療のメカニズムを研究するための途方もない潜在性がある (e.g、rTMS、ECT、MST) または健康なボランティアや様々 な薬理学的もの。精神疾患9,15,16,17,45,46, が、また別の介入またはそれらの組み合わせ43。最も重要なは、TMS 脳波は、介在の後で前に脳ダイナミクスを確実に評価でき、したがって潜在的バイオ マーカーとして利用することができます。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Disclosures

パンテリス Lioumis は、提出した応募作品外 Nexstim Plc。 (ヘルシンキ、フィンランド) 有料のコンサルタントをされています (すなわち。 モーターと前 2017 音声マッピング rTMS アプリケーションのために、)。レザ Zomorrodi Vielight 株式会社 (トロント、カナダ) の諮問委員会のメンバーであります。Zafiris ・ j ・ Daskalakis は、カナダ保健研究機構 (機構)、健康の国民の協会 - 米国 (NIH)、ウェストン脳研究所、脳カナダ、CAMH 財団とキャンベル研究を通じて Temerty 家族から研究支援を受け研究所。Brainsway (株) から研究支援と自主研究のため現物装置サポートを受けたし、彼は Brainsway 株式会社の 3 つのスポンサー主導研究サイト主任彼はこの自主研究のため Magventure から現物の機器のサポートを受け取った。ダニエル ・ m ・心は、カナダ保健研究機構 (機構)、健康の国民の協会 - 米国 (NIH)、ウェストン脳研究所、脳カナダ、CAMH 財団とキャンベル研究を通じて Temerty 家族から研究支援を受け研究所。Brainsway (株) から研究支援と自主研究のため現物装置サポートを受けたし、彼は Brainsway 株式会社の 3 つのスポンサー主導研究サイト主任彼はこの自主研究のため Magventure から現物の機器のサポートを受け取った。彼は Indivior から自主裁判のため薬の供給を受けた。彼はヤンセンの諮問委員会に参加しています。

Acknowledgements

この作品は、NIMH R01 MH112815 によって一部で賄われていた。この作品のもサポートされて Temerty 財団、助成財団センターでキャンベル家族精神衛生研究所、中毒と精神的健康のため。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
CED Micro1401-3 Cambridge Electronic Design Limited CED Micro1401-3 Digital Data Recocrder
BISTIM'2 Package Option 1 Magstim 3234-00 TMS paired pulse stimulator
Magstim 200'2 Unit (2 items) Magstim 3010-00 TMS stimulators
UI controller Magstim 3020-00 TMS controller
BISTIM'2 UI controller Magstim 3021-00 TMS controller
BISTIM connecting module Magstim 3330-00 TMS connecting module
D70 Alpha Coil - P/N 4150-00 (Alpha 70 mm double coil) Magstim 4150-00 TMS coil
Brainsight Rogue-Resolutions Brainsight 2 Neuronavigator
Model 2024F Intronix 2024F Electromyograph
Neuroscan SynAmps RT 64 channel System Compumedics Neuroscan 9032-0010-01 Electroencephalograph
Quick-Cap electrode system 64 Compumedics Neuroscan 96050255 EEG Cap

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Barker, A. T., Jalinous, R., Freeston, I. L. Non-invasive magnetic stimulation of human motor cortex. Lancet. 1, (8437), London, England. 1106-1107 (1985).
  2. Ilmoniemi, R. J., Ruohonen, J., Karhu, J. Transcranial magnetic stimulation--a new tool for functional imaging of the brain. Critical Reviews in Biomedical Engineering. 27, (3-5), 241-284 (1999).
  3. Matthews, P. B. The effect of firing on the excitability of a model motoneurone and its implications for cortical stimulation. The Journal of Physiology. 518, Pt 3 867-882 (1999).
  4. Casali, A. G., Casarotto, S., Rosanova, M., Mariotti, M., Massimini, M. General indices to characterize the electrical response of the cerebral cortex to TMS. NeuroImage. 49, (2), 1459-1468 (2010).
  5. Massimini, M., Ferrarelli, F., Huber, R., Esser, S. K., Singh, H., Tononi, G. Breakdown of cortical effective connectivity during sleep. Science. 309, (5744), New York, N.Y. 2228-2232 (2005).
  6. Ilmoniemi, R. J., et al. Neuronal responses to magnetic stimulation reveal cortical reactivity and connectivity. Neuroreport. 8, (16), 3537-3540 (1997).
  7. Scherg, M., Ebersole, J. S. Models of brain sources. Brain Topography. 5, (4), 419-423 (1993).
  8. Hämäläinen, M. S., Ilmoniemi, R. J. Interpreting magnetic fields of the brain: minimum norm estimates. Medical & Biological Engineering & Computing. 32, (1), 35-42 (1994).
  9. Daskalakis, Z. J., Farzan, F., Barr, M. S., Maller, J. J., Chen, R., Fitzgerald, P. B. Long-interval cortical inhibition from the dorsolateral prefrontal cortex: a TMS-EEG study. Neuropsychopharmacology: Official Publication of the American College of Neuropsychopharmacology. 33, (12), 2860-2869 (2008).
  10. Rosanova, M., Casali, A., Bellina, V., Resta, F., Mariotti, M., Massimini, M. Natural frequencies of human corticothalamic circuits. The Journal of Neuroscience: The Official Journal of the Society for Neuroscience. 29, (24), 7679-7685 (2009).
  11. Groppa, S., Muthuraman, M., Otto, B., Deuschl, G., Siebner, H. R., Raethjen, J. Subcortical substrates of TMS induced modulation of the cortico-cortical connectivity. Brain Stimulation. 6, (2), 138-146 (2013).
  12. Borich, M. R., Wheaton, L. A., Brodie, S. M., Lakhani, B., Boyd, L. A. Evaluating interhemispheric cortical responses to transcranial magnetic stimulation in chronic stroke: A TMS-EEG investigation. Neuroscience Letters. 618, 25-30 (2016).
  13. Chung, S. W., et al. Demonstration of short-term plasticity in the dorsolateral prefrontal cortex with theta burst stimulation: A TMS-EEG study. Clinical Neurophysiology: Official Journal of the International Federation of Clinical Neurophysiology. 128, (7), 1117-1126 (2017).
  14. Lioumis, P., Kicić, D., Savolainen, P., Mäkelä, J. P., Kähkönen, S. Reproducibility of TMS-Evoked EEG responses. Human Brain Mapping. 30, (4), 1387-1396 (2009).
  15. Farzan, F., et al. Reliability of long-interval cortical inhibition in healthy human subjects: a TMS-EEG study. Journal of Neurophysiology. 104, (3), 1339-1346 (2010).
  16. Cash, R. F. H., et al. Characterization of Glutamatergic and GABAA-Mediated Neurotransmission in Motor and Dorsolateral Prefrontal Cortex Using Paired-Pulse TMS-EEG. Neuropsychopharmacology: Official Publication of the American College of Neuropsychopharmacology. 42, (2), 502-511 (2017).
  17. Premoli, I., et al. TMS-EEG signatures of GABAergic neurotransmission in the human cortex. The Journal of Neuroscience: The Official Journal of the Society for Neuroscience. 34, (16), 5603-5612 (2014).
  18. Wiles, A. D., Thompson, D. G., Frantz, D. D. Accuracy assessment and interpretation for optical tracking systems. SPIE. 5367, 421-433 (2004).
  19. Iramina, K., Maeno, T., Nonaka, Y., Ueno, S. Measurement of evoked electroencephalography induced by transcranial magnetic stimulation. Journal of Applied Physics. 93, (10), 6718-6720 (2003).
  20. Virtanen, J., Ruohonen, J., Näätänen, R., Ilmoniemi, R. J. Instrumentation for the measurement of electric brain responses to transcranial magnetic stimulation. Medical & Biological Engineering & Computing. 37, (3), 322-326 (1999).
  21. Ives, J. R., Rotenberg, A., Poma, R., Thut, G., Pascual-Leone, A. Electroencephalographic recording during transcranial magnetic stimulation in humans and animals. Clinical Neurophysiology: Official Journal of the International Federation of Clinical Neurophysiology. 117, (8), 1870-1875 (2006).
  22. Ruddy, K. L., Woolley, D. G., Mantini, D., Balsters, J. H., Enz, N., Wenderoth, N. Improving the quality of combined EEG-TMS neural recordings: Introducing the coil spacer. Journal of Neuroscience Methods. 294, 34-39 (2017).
  23. Massimini, M., et al. Cortical reactivity and effective connectivity during REM sleep in humans. Cognitive Neuroscience. 1, (3), 176-183 (2010).
  24. Yousry, T. A., et al. Localization of the motor hand area to a knob on the precentral gyrus. A new landmark. Brain: A Journal of Neurology. 120, Pt 1 141-157 (1997).
  25. Rossini, P. M., et al. Non-invasive electrical and magnetic stimulation of the brain, spinal cord, roots and peripheral nerves: Basic principles and procedures for routine clinical and research application. An updated report from an I.F.C.N. Committee. Clinical Neurophysiology: Official Journal of the International Federation of Clinical Neurophysiology. 126, (6), 1071-1107 (2015).
  26. Chen, R., et al. Intracortical inhibition and facilitation in different representations of the human motor cortex. Journal of Neurophysiology. 80, (6), 2870-2881 (1998).
  27. Saisane, L., et al. Short- and intermediate-interval cortical inhibition and facilitation assessed by navigated transcranial magnetic stimulation. Journal of Neuroscience Methods. 195, (2), 241-248 (2011).
  28. Ferreri, F., et al. Human brain connectivity during single and paired pulse transcranial magnetic stimulation. NeuroImage. 54, (1), 90-102 (2011).
  29. Premoli, I., et al. Characterization of GABAB-receptor mediated neurotransmission in the human cortex by paired-pulse TMS-EEG. NeuroImage. 103, 152-162 (2014).
  30. Rogasch, N. C., Fitzgerald, P. B. Assessing cortical network properties using TMS-EEG. Human Brain Mapping. 34, (7), 1652-1669 (2013).
  31. Ilmoniemi, R. J., Kicić, D. Methodology for combined TMS and EEG. Brain Topography. 22, (4), 233-248 (2010).
  32. Peterchev, A. V., D'Ostilio, K., Rothwell, J. C., Murphy, D. L. Controllable pulse parameter transcranial magnetic stimulator with enhanced circuit topology and pulse shaping. Journal of Neural Engineering. 11, (5), 056023 (2014).
  33. Fecchio, M., et al. The spectral features of EEG responses to transcranial magnetic stimulation of the primary motor cortex depend on the amplitude of the motor evoked potentials. PLOS ONE. 12, (9), 0184910 (2017).
  34. Saari, J., Kallioniemi, E., Tarvainen, M., Julkunen, P. Oscillatory TMS-EEG-Responses as a Measure of the Cortical Excitability Threshold. IEEE transactions on neural systems and rehabilitation engineering: a publication of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. 26, (2), 383-391 (2018).
  35. Fox, M. D., Liu, H., Pascual-Leone, A. Identification of reproducible individualized targets for treatment of depression with TMS based on intrinsic connectivity. NeuroImage. 66, 151-160 (2013).
  36. Casarotto, S., et al. Transcranial magnetic stimulation-evoked EEG/cortical potentials in physiological and pathological aging. Neuroreport. 22, (12), 592-597 (2011).
  37. Casarotto, S., et al. EEG responses to TMS are sensitive to changes in the perturbation parameters and repeatable over time. PloS One. 5, (4), 10281 (2010).
  38. Wu, W., et al. ARTIST: A fully automated artifact rejection algorithm for single-pulse TMS-EEG data. Human Brain Mapping. (2018).
  39. Mutanen, T. P., Metsomaa, J., Liljander, S., Ilmoniemi, R. J. Automatic and robust noise suppression in EEG and MEG: The SOUND algorithm. NeuroImage. 166, 135-151 (2018).
  40. Ilmoniemi, R. J., et al. Dealing with artifacts in TMS-evoked EEG. Conference proceedings: ...Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Annual Conference. 2015, 230-233 (2015).
  41. Rogasch, N. C., et al. Removing artefacts from TMS-EEG recordings using independent component analysis: importance for assessing prefrontal and motor cortex network properties. NeuroImage. 101, 425-439 (2014).
  42. Mutanen, T. P., Kukkonen, M., Nieminen, J. O., Stenroos, M., Sarvas, J., Ilmoniemi, R. J. Recovering TMS-evoked EEG responses masked by muscle artifacts. NeuroImage. 139, 157-166 (2016).
  43. Farzan, F., Vernet, M., Shafi, M. M. D., Rotenberg, A., Daskalakis, Z. J., Pascual-Leone, A. Characterizing and Modulating Brain Circuitry through Transcranial Magnetic Stimulation Combined with Electroencephalography. Frontiers in Neural Circuits. 10, 73 (2016).
  44. Casula, E. P., Pellicciari, M. C., Picazio, S., Caltagirone, C., Koch, G. Spike-timing-dependent plasticity in the human dorso-lateral prefrontal cortex. NeuroImage. 143, 204-213 (2016).
  45. Noda, Y., et al. Characterization of the influence of age on GABAA and glutamatergic mediated functions in the dorsolateral prefrontal cortex using paired-pulse TMS-EEG. Aging. 9, (2), 556-572 (2017).
  46. Fitzgerald, P. B., Maller, J. J., Hoy, K., Farzan, F., Daskalakis, Z. J. GABA and cortical inhibition in motor and non-motor regions using combined TMS-EEG: a time analysis. Clinical Neurophysiology: Official Journal of the International Federation of Clinical Neurophysiology. 120, (9), 1706-1710 (2009).

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Usage Statistics