Login processing...

Trial ends in Request Full Access Tell Your Colleague About Jove
Click here for the English version

Medicine

CD133の患者由来の細胞培養および分離 doi: 10.3791/50200 Published: March 13, 2013

Summary

この記事では、初代培養細胞に新たに取得したメラノーマ組織の調製を記述する方法、および腫瘍細胞から赤血球および線維芽細胞の汚染物を除去する。最後に、我々はどのように説明したCD133

Abstract

利用できるメラノーマ今日のための改良さ治療オプションにもかかわらず、高度な悪性黒色腫の患者は、まだ無増悪生存期間および全生存期間のため予後不良である。したがって、トランスレーショナルリサーチは、悪性黒色腫のための標的療法を改善するためのさらなる分子の証拠を提供する必要があります。過去には、黒色腫に関連する発癌メカニズムが広く確立された細胞株を用いて検討した。個々の遺伝的プロファイルに基づいて、よりパーソナライズされた治療法への道に、私たちは、患者由来の細胞株の代わりに、汎用的な細胞株を使用することを提案する。特に患者のフォローアップ一緒に高品質の臨床データと、これらの細胞は、より良いメラノーマの進行の背後にある分子メカニズムを理解する手段になるでしょう。

ここでは、解剖した新鮮な腫瘍組織からの原発性メラノーマ培養の設立を報告している。この手順は、単一細胞にミンチと組織の解離、再を含む赤血球と線維芽細胞と同様に細胞の悪性黒色腫由来の初代培養で信頼性の検証と汚染のmoval。

最近の報告では、腫瘍の大部分のようなメラノーマ、港もっぱら転移状態に向かって腫瘍の発生と進行を煽るように見える癌幹細胞(CSCが)、少量の亜集団が明らかになった。黒色腫におけるCSCの同定および単離するための重要なマーカーの一つはCD133です。バルク、栽培と機能的に分析することができます-原発性黒色腫の培養液から、CD133 + CSCを単離するために、我々は、CD133の高い選別純度および生存率で+ CSCおよびCD133を生じMiltenyi社からの磁気活性化細胞選別(MACS)の手順を変更し、最適化したその後。

Introduction

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

皮膚の悪性黒色腫は皮膚癌の最も一般的でない、まだ最も致命的なタイプです。増加率、死亡の1,2に関連悪性皮膚腫瘍の75%は悪性腫瘍であり、急速な普及のハイグレード、今やメラノーマアカウントが原因。原発腫瘍の外科的切除、化学療法、放射線療法、免疫療法と組み合わせた化学療法と転移性黒色腫の免疫療法に加えメラノーマ治療3,4の最先端の戦略があります。しかし、悪性黒色腫は化学療法への反応が不良(5-12%)、5,6、およびのみvemurafenib 7〜による治療などの新しい標的治療に有望からBRAF V600E遺伝子変異の利益を運ぶメラノーマ患者のものと50から70パーセントによって特徴付けられる全生存期間を改善し、メラノーマ腫瘍形成のメカニズムのより良い理解が必要である。

過去には、十分に確立された商業でそれらのメカニズムを研究するために、cially可能な細胞株を用いた。がんの発生と進行の分子事象を研究するための、より最近のアプローチは、腫瘍組織に直接由来初代培養活用 - 戦略ベアリングマニホールドの利点を:研究者は、患者と組織選択の完全なコントロールを持っています。サンプリングされた細胞は巧妙に選ば腫瘍組織から得られた、そのすべての異質性腫瘍に似ているとフォローアップの患者のデータと詳細な病理学は、文化の特性は元の腫瘍8のものと比較することを許容するために利用可能です。

これとは対照的に、がん研究における関連モデルシステムとして確立された細胞株の使用は論争議論されている。すでに1987年にオズボーンらは異なる研究室9からMCF-7ヒト乳癌細胞株の間に有意な生物学的な違いについて説明しました。継代中のRNA発現のこの大規模なゲノム不安定性とバリエーションが共同であったHiorns によるnfirmed。および細胞株は、それによってヒト癌10のモデルのような確立された文化の直接の関連性を弱める、文化の中で進化しないという証拠のための支援データを提供した。

大部分は長年にわたって無視されてきたもう一つの重要な考慮事項は、最初の細胞株の多数がHeLaによって汚染されたことを実証することによって、20年以上前に強調表示されていた無関係の 'false'細胞と培養液の汚染や増殖のリスクである細胞8,11。 'false'の細胞株からのデータの誤った解釈は、最近になって再び文学で明るみになってきた。 DNAプロファイリングと分子細胞遺伝学の組み合わせを使用して、マクラウドらは 252の新しい腫瘍由来のヒト細胞株の、微生物や培養細胞(DSMZ)のドイツCollectionに寄託ほぼ18%が種内であることが判明したまたはクロス種差ことを明らかにした·汚染物質12,13。

これらの問題を回避するためと、上記の利点を活用するために、我々は新たに摘出転移からの低通路メラノーマ細胞株を樹立することを決めた。

強固な細胞分離·解析技術は、同時に特徴的な表面のタンパク質の細胞死と破壊を制限しながら、単一セルの準備が生成する必要があります。単細胞懸濁液中に組織の解離のための自動化されたベンチトップ測定器は、ミルテニー製gentleMACSの解離です。抗原エピトープを維持し、セル損失を低減しつつ、gentleMACS Cチューブ、最適化された解離ソリューションと組み合わせて使用​​すると、クローズドシステム内の腫瘍組織の効果的かつ穏やかな解離が達成される。楽器は、特定のアプリケーションや保証で即時メラノーマ組織14から単細胞懸濁液の標準製剤の様々な最適化され、あらかじめ設定されたプログラムを提供しています。

<Pクラス= "jove_content">最近の報告では、腫瘍の大部分が専ら腫瘍の開始と自己再生能力発揮いわゆる癌幹細胞(CSCが)の小集団を抱いていることを明らかにした。皮膚の真皮にメラノサイト産生幹細胞の同定はUVA放射への曝露が悪性形質転換15のためにこれらの細胞を準備することができるので、これらの細胞がメラノーマにおける癌幹細胞(CSCが)の原点かもしれないという仮説につながった。このような遺伝的病変の結果は、腫瘍と幹細胞の特性の組み合わせを抱い細胞であろう。

メラノーマでCSCの亜集団を表現するために提案された重要なマーカーの一つは、CD133の16から20です。 CD133(またプロミニン1とも呼ばれます)、pentaspan膜貫通糖タンパク質のメンバーは、造血幹細胞、内皮前駆細胞、ニューロンおよびグリア幹細胞21から23で表されます。 CD133の発現と相関している非対称細胞分裂24、CD133のグリコシル化エピトープが細胞分化25時にダウンレギュレートすることが示された。最近では、CD133 +メラノーマ細胞は自己複製および腫瘍イニシエーション容量19,20を有すること示された。

細胞- CD133の機能+推定メラノーマCSCを勉強するために、我々は、CD133 +およびCD133の高濃縮および生存個体を得るためにミルテニーバイオテクから磁気活性化細胞選別(MACS)システムを変更し、最適化しました。

Matheu によって示されているように磁気ビーズベースの細胞分離はどちら負の選択が可能になります26、または正の選択我々がここで示しているよう。正の選択中に特定の標的細胞型、 例えば CD133発現する細胞は、磁気に対して非常に特異的な抗体に結合しているMicroBeadsは、50 nmの超常磁性粒子で標識されている特定の細胞表面抗原。非標識細胞が通って流れるのに対し分離中、磁気標識した細胞は、セパレータの磁場中でカラム内に保持されています。洗浄工程の後、カラムセパレータの磁場から削除され、標的細胞をカラムから溶出される。 LSまたはMSカラムは、高純度の標識および非標識細胞の分画における正の選択の結果の間に使用。一方、負の選択に使用されるLDの列、、標識された画分の純度が若干低い結果。その行列のパッキング密度が高いのために、これらの列の流量は、カラムの中に閉じ込められる非標識細胞のリスクが高い低いに起因している。 LDの列は、望ましくない細胞亜集団の厳しいプリーションするためにのみ使用する必要があります。ポジティブ選択incubatio以下MicroBeadsで直接(MicroBeadsに結合した抗体)または間接磁気標識(インキュベーションによって行うことができるn個の一次抗体を使用)。特定のMACS MicroBeadsは前立腺または黒色腫27のような原発腫瘍細胞の多くの種類の細胞の正の選択のために用意されています。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

初代培養細胞、線維芽細胞の枯渇とCD133の磁気細胞選別の腫瘍組織、特性評価からの主なシングル細胞の調製を含む実験の全体的なスキームは、+およびCD133 -メラノーマ細胞を図1に示します。

1。サンプル取得

  1. 次のステップを検討する前に、倫理的な承認のために確認してください。
  2. 手術やチームに上に1%ペニシリン - ストレプトマイシン最終濃度と手を補充滅菌PBSで50mlチューブを準備します。
  3. 4℃で手術から細胞培養ラボに腫瘍組織の迅速な輸送を整理

2。腫瘍組織から原発性黒色腫シングルセルを調製し

  1. 無菌条件下でのすべての手順を実行します。
  2. 腫瘍を切除する前に、1つは解離ミックスを準備する必要があります。 2〜4グラム組織当たり10ミリリットル解離ミックスが必要となります。ミックスはimmediaを使用することができますtelyまたは後で使用するために-20℃で10 mlのアリコートに格納されている。
    1. 150mM塩化ナトリウムを含む溶液を調製します。溶液が透明になるまでボルテックスを用いて混ぜる。 0.22μmのフィルターを使用して、必要な滅菌ろ過液塩化ナトリウム溶液ます。
    2. DNase Iを秤量し、150mMの塩化ナトリウムで10 mg / mlのDNase Iを含む溶液を調製します。溶液が透明になるまで転倒混和する。
    3. PBS中で100mg/mlコラゲナーゼIVを含む溶液を調製します。溶液が透明になるまで転倒混和する。コラゲナーゼ溶液のアリコートは、数ヶ月のために-20℃で保存することができます。
    4. クアンタム263媒体で1 mg / mLのコラゲナーゼIVおよび0.1 mg / mlのDNase Iを、1%ペニシリン - ストレプトマイシンの最終濃度で解離ミックスを調製する。渦を使って混ぜる。オプション:1.5μg/ mlのアムホテリシンBの最終濃度に解離ミックスにスキンアドオンアムホテリシンB溶液由来メラノーマ組織を使用する場合
  3. プリ暖かいREQ37〜解離ミックス、PBSおよび量子263媒体のuired金額℃、
  4. 滅菌シャーレに腫瘍組織を置きます。組織から過度の液を除き、500μlの解離·ミックスを追加します。新鮮な、滅菌外科用メスを使用して2〜4mmの小さな部分に腫瘍をミンチ。
  5. 転送2〜4グラムは5ml解離ミックスを含むgentleMACS Cチューブに腫瘍組織のみじん切り。追加の4.5ミリリットル解離ミックスとペトリ皿をすすぎ、gentleMACS Cチューブに残った組織片を追加します。
  6. gentleMACS C管を閉じ、gentleMACSの解離のスリーブの上に逆さまに貼り付けてください。 gentleMACSプログラム "h_tumor_01"を実行します。
  7. 解離からgentleMACS Cのチューブを外し、37℃で30分間、サンプルをインキュベート℃で落ち着いた組織片を再懸濁するために、5分毎に最高走行速度(12回転)にするか、手動でチューブを回してMACSmixチューブローテーターを用いた連続回転下。
  8. トンのスリーブの上に逆さまにgentleMACS C管を取り付け彼gentleMACS解離とgentleMACSプログラム "h_tumor_02"を実行してください。
  9. 解離からgentleMACS Cのチューブを外し、37℃で30分間、サンプルをインキュベート℃で落ち着いた組織片を再懸濁するために、5分毎に最高走行速度(12回転)にするか、手動でチューブを回してMACSmixチューブローテーターを用いた連続回転下。
  10. gentleMACSの解離のスリーブの上に逆さまにgentleMACS C管を取り付け、gentleMACSプログラム "h_tumor_03"を実行してください。
  11. 解離、再懸濁したサンプルからgentleMACS Cのチューブを外し、50 mlチューブに置か70μmのセルストレーナーに細胞懸濁液を適用します。フィルターの目詰まりが発生した場合、完全な懸濁液が駆け抜けまで、滅菌フィルター先端で細胞懸濁液をかき混ぜる。
  12. 5ミリリットルクアンタム263培地で細胞ストレーナーを洗浄します。
  13. オプション:あなたはまだ量子263媒体と種子、それらを適切な細胞培養DISでのフィルタ、再懸断片に残って組織片を持っている場合hである。 37℃および5%CO 2のフラグメントをインキュベートする。
  14. セルストレーナーを破棄し、消化細胞懸濁液を50 mlチューブを閉じます。 300 xgで5分間、細胞懸濁液を遠心し、上清を捨てる。
  15. オプション:細胞ペレットによる赤血球の大量に赤く表示された場合は、蒸留水で10倍ソリューション1:10に希釈して500μlのPBSに再懸濁し、細胞ペレットを1X赤血球溶解液を調製し、5 mlの1X赤血球溶解を追加ソリューション。 10分間室温でボルテックス5秒間インキュベートする。 300 xgで5分間遠心し、上清を捨てる。
  16. クアンタム263およびシード適切な細胞培養フラスコ内の細胞と腫瘍細胞を再懸濁します。彼らは80%のコンフルエンスに到達し37℃、5%CO 2で、日常的に継代細胞での培養腫瘍細胞。

3。初代培養細胞および線維芽細胞枯渇のキャラクタリゼーション

  1. 表現型がmicroscoを使用して初代細胞培養を分析PE。
  2. 初代細胞培養の少量(0.5×10 6細胞)を採取し、腫瘍-、メラノーマ、幹細胞と間質細胞マーカー遺伝子のプライマーを用いてRT-PCRを行った。分析するための最も重要な遺伝子は、CD90(線維芽細胞マーカー)、TYR(メラノーマ/メラニン細胞マーカー)、CD133(癌幹細胞マーカー)、CD83(成熟樹状細胞のマーカー)およびハウスキーピング遺伝子( 例えば HPRTまたはGAPDH)です。
  3. RT-PCRの間の微視的分析およびCD90高発現は、線維芽細胞を使用して、プライマリメラノーマ文化の高い汚染が明らかになった場合は、ミルテニーからAnti-線維芽細胞のマイクロビーズとD列を使用した線維芽細胞を枯渇させる必要があります。

4。磁気細胞はCD133 +およびCD133のソート- LS列を使用したメラノーマ細胞を

  1. PBS中2mMのEDTA、5%FCSを含むMACSバッファーを準備します。 0.22μmのSteritop-GPフィルターユニットを使用して反転し、無菌ろ過バッファによるミックス。 4から8℃〜チル·バッファ使用前とドガ。
  2. プリ暖かいAccutase、37〜PBSと量子263媒体℃、
  3. PBSで80%コンフルエントの細胞を洗浄します。 Accutaseの適切な量を追加し、細胞が培養面からデタッチするまでインキュベートする。クアンタム263培地を用いて50 mlチューブに細胞を回収する。
  4. 細胞数を決定し、5分間細胞を必要な数(2×10 9細胞の最大数はLSカラムごとにロードすることができます。セルラインの特定の最適な数値が決定されるべきであるとかなり低くなる可能性がありますMiltenyi社のプロトコルによる。)遠心300 xgで4〜8℃上清を完全に吸引します。
  5. 350μlのMACSバッファーを用いて1×10 8個の細胞の最大値(より高い細胞数に応じて、以下のすべてのMACSバッファーをスケールアップ、FcRブロッキング試薬CD133/1-BiotinとAnti-Biotin MicroBeadsは、ボリューム用)に再懸濁します。
  6. 100μlのFcRブロッキング試薬を追加します。
  7. 50μlのCD133/1-Biotinを追加します。 4月8日に渦とインキュベートを使ってよく混ぜ°C Fまたは10分。
  8. 300 xgで4〜8℃で5分間、10ミリリットルのMACSバッファーおよび遠心分離機を追加することにより、細胞を洗浄上清を完全に吸引します。
  9. 洗浄工程(4.8)を繰り返し
  10. 400μlのMACSバッファーを用いて再懸濁した細胞ペレット。
  11. 100μlのAnti-Biotin MicroBeadsはを追加します。 15分のための4-8℃で渦とインキュベートを使用してよく混ぜる。
  12. 一方、磁気分離におけるMACSセパレータを準備します。 MACSセパレーターマルチスタンドにQuadroMACSを取り付けます。 QuadroMACSの磁場中でのフロントへの列の翼を持つLS必須列の番号を挿入します。各カラムの下に各LSカラムおよび適切なコレクションチューブ(15 mlまたは50 ml)にプレセパレーションフィルター(30μmのナイロンメッシュ付き)を配置します。 3ミリリットルのMACSバッファーでリンスすることにより、フィルタとカラムを準備します。フロースルーを捨てる。
  13. 300 xgで4〜8℃で5分間、10ミリリットルのMACSバッファーおよび遠心分離機を追加することにより、細胞を洗浄上清を完全に吸引します。
  14. 500μlの細胞を再懸濁MACSはバッファとプレセパレーションフィルターを持つLSカラムに細胞懸濁液を適用します。
  15. 列ごとに3ミリリットルのMACSバッファーで3回洗浄する。カラムリザーバが空であるときにのみ、新しいバッファを追加します。
  16. 細胞分画-収集された合計の流出物は、非標識CD133が含まれています。
  17. プレセパレーションフィルターを捨てて、セパレーターから列を削除し、適切な収集チューブの上に置きます。
  18. 5ミリリットルMACSバッファーを適用します。すぐにしっかりと列にプランジャーを押すことにより、標識されたCD133 +細胞を洗い流す。
  19. 陰性分画の純度を高めるために、QuadroMACSに挿入された新しい平衡化したLSカラムに細胞懸濁液を適用します。分数-排水はCD133が含まれています。
  20. 列を破棄します。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

腫瘍組織からの単一細胞の調製

図2(B)は、機械的解離は2-4 mmの小片にする前に、(A)と後の後期メラノーマ患者の切除リンパ節転移を例示している。 70μmのナイロンメッシュを通して組織とろ過の酵素的解離の後、細胞をペレットにし、上清を捨てる。このステップでは、我々は、 図2Cの細胞ペレットの赤みを帯びた色で示されるように赤血球と高い汚染を観測しました。その後、我々は、ライトブラウン色( 図2D)の細胞ペレットをもたらした赤血球を、枯渇。これらの細胞は、℃、5%CO 2、37℃クアンタム263培地で再懸濁し、培養した。

初代培養細胞のキャラクタリゼーション

細胞が腫瘍からではなく、周囲間質に由来するかどうかを検証するために、我々は、RT-PCRを行ったmelanocyte/melanoma-の、線維芽細胞、樹状突起と、幹細胞マーカー遺伝子。アダルトメラノサイト 、Tyrおよび幹細胞マーカーCD133の陽性コントロールとして、胚性癌細胞株のNCCITのための正常なコントロール細胞を務めていました。 図3に示されているPCRの結果は、いくつかの主要な細胞がメラノサイトの起源確かにある(TYR用正)及び成熟樹状細胞(CD83)のマーカーが陰性であることを明らかにした。また、メラノーマ細胞株は急行CD133、非対称細胞分裂と既知の癌幹細胞マーカーのための重要な遺伝子を発見された。HPRTがローディングコントロールとして使用した。

CD90高発現( 図3左、上のパネル)によって示されるように、当初、初代培養細胞はまた、線維芽細胞で高い汚染が含まれていました。

線維芽細胞の枯渇後、この細胞培養のみTYR +メラノーマ細胞が含まれていたsともう芽細胞(CD90 - )( 図3左、下のパネル)。 図4に示すように、線維芽細胞の不在は、明視野顕微鏡で確認することができた。

CD133 +およびCD133の磁気細胞選別-メラノーマ細胞

-細胞RT-PCR法によって示されるように、CD133発現を示す原発性黒色腫細胞は、CD133 +およびCD133に並べ替えることができます。間接CD133マイクロビーズキット、高純度(> 99.75パーセント)から変更されたプロトコルや、CD133 +およびCD133-フラクションと同様、ソート後の両方の画分の高い生存率、収率が達成される。 図5AおよびBに示すように、ソートの有効性と純度は常に免疫蛍光染色またはウェスタンブロット分析によって検証する必要があります。

図1 図1。実験の全体的なスキームはプライマリメラノーマ細胞培養及びCD133 +推定癌幹細胞の単離はDNase IおよびコラゲナーゼIVおよびgentleMACSのDissociatorと解離ミックスを用いて腫瘍細胞の機械的および酵素的解離続く腫瘍の切除が含まれています。腫瘍細胞は非常に赤血球で汚染されている場合には、赤血球枯渇ステップが推奨されます。初代培養細胞は、その後、彼らはメラノーマ細胞であるかどうか確認するために顕微鏡およびRT-PCR解析によって特徴づけされなければならない。 CD90の発現によって示される線維芽細胞で高い汚染がMiltenyi社の抗線維芽細胞のマイクロビーズを用いた線維芽細胞の枯渇によって除去することができる。最後に、CD133 +およびCD133-メラノーマ細胞はミルテニーから人間の間接CD133マイクロビーズキットを用いて分画することができる。ソート後、純度が確認され、CD133 +D CD133-メラノーマ画分を並べて分析することができます。

図2
図2。腫瘍組織からの単一細胞の調製。 :単一細胞に解離する前に切除した悪性黒色腫の転移のサンプルB:2つの滅菌外科用メスを使用して2〜4ミリメートル片に腫瘍組織の機械的解離後のメラノーマ転移C:。非常に赤血球Dで汚染された単一細胞のペレット:赤血球枯渇続く単一細胞のペレット。

図3
図3。初代培養細胞の発現解析。メラニン産生に関与する遺伝子のRT-PCR分析(TYR)、線維芽細胞マーカー(CD90)、樹状細胞マーカー( CD83)と非対称細胞分裂(CD133)のための重要な遺伝子は当初、初代培養細胞は、CD133 +メラノーマ細胞(TYR +)と無樹状細胞(CD83-)を含有していたが、非常に繊維芽細胞(CD90 +)(左上段)で汚染されたことを示した。以下の線維芽細胞の枯渇この細胞培養のみTYR +およびCD90-メラノーマ細胞(左、下のパネル)が含まれていました。 HPRTはローディングコントロールとして使用した。 NCCITと大人のメラノサイトは、それぞれ、CD133TYRのポジティブコントロールとして役立った。

図4
図4。線維芽細胞の枯渇前後の初代培養細胞の顕微鏡写真。 :高度に汚染された線維芽細胞と初代培養細胞の明視野顕微鏡写真B:線維芽細胞が枯渇した後、同じプライマリメラノーマ細胞培養の明視野顕微鏡写真。

e_content "のfo:キープtogether.withinページ=" always "を> 図5
図5。免疫蛍光染色およびウェスタンブロッティングを経由してMacの検証。 :メラノーマ細胞の免疫蛍光顕微鏡写真Miltenyi社からの間接CD133マイクロビーズキットでソート後24時間。細胞はカバースリップ上に播種とAlexa Fluor 488ヤギ抗ウサギ二次抗体とのインキュベーションに続いて、CD133 / 1(W6B3C1)抗体で染色した。白い矢印(左パネル)で示されるようにのみ、CD133 +画分に細胞膜にある特定のシグナルが観察された。 CD133-細胞は、タンパク質(右パネル)の存在について染色しなかったB:ブロッティング定量蛍光ウェスタンによって選別純度の確認。非常に弱いCD133の発現が目に観察された強力なCD133シグナルは、CD133 +画分に検出されました電子CD133-集団。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

腫瘍細胞ペレットから赤血球汚染を除去するために、我々は非常にミルテニーから赤血球細胞溶解液の使用をお勧めします。伝統的なフィコール密度勾配遠心分離の上赤血球を溶解することの利点は、それがより速く、より簡単であることです。さらに、フィコールまたは赤血球細胞と腫瘍細胞の喪失と汚染が回避されます。長すぎる待っているとき、彼らは通常、腫瘍細胞がはびこるので、あなたが初代細胞培養における線維芽細胞の成長を観察するとき、彼らはすぐに削除されるべきである。

ミルテニーのMACS技術を用いて細胞をソートするときに我々は、酵素的に細胞を収穫お勧めします。セルスクレーパーを使用すると、細胞とその表面エピトープに穏やかかもしれませんが、MACSカラムに非特異的に結合し、カラムを詰まらせる細胞断片をも生み出すだろう。従来のトリプシン/ EDTA処理上Accutaseの利点が減少し細胞ストレス、LEAを含める改善された生存率および細胞培養物に外来性物質を導入するリスクを最小化する鼎。 Accutaseの準備は、任意の哺乳動物又は組換え細菌タンパク質28が含まれいません。

細胞表面と非特異的細胞標識1に対する抗体のキャッピングを防止するため、高速に動作細胞は冷たくしておくと、あらかじめ冷却したソリューションを使用する必要があります。低い温度でのインキュベーション時間を増加させるかもしれないので全てのインキュベーションステップは2〜8℃ではなく、氷の上で行われるべきである。列ごとに理想的な細胞数は、それぞれの新しい細胞培養のために決定されなければならない。私たちの研究室では、4倍の10 7個の細胞の最大セル数は、LSカラムごとに適用される可能性メラノーマ細胞系で働いていました。 MSのカラムはこの細胞型ではまったく動作しませんでした。非常に大規模な細胞についてミルテニーも代わりに使用されるべきである大細胞列が用意されています。

Miltenyi社が推奨するMACSバッファーは、2 mM EDTAおよびPBS中の0.5%BSAを含んでいます。を介して減少した場合磁気選別後の細胞のビリティが認められ、これはバッファ内のBSAおよび/またはEDTAによるものであろう。細胞の生存率を向上させるためにBSAは、一般的に良いのBSAよりも容認されている5%のFCSに置き換えることができる。 MACSバッファー中のEDTAは、細胞の生存率を高めるために省略することができますが、2〜3%選別純度が低下します。

カラムを平衡化するために使用されるのMACSバッファーは捨てられるべきです。それは細胞を損傷することができるので、この平衡化溶液で選別された細胞を回収することは推奨されません。その代わりに、ソートされた細胞を直接ソートされた後、細胞を安定化させるための培養培地に付属のチューブに回収しなければならない。

カラムの目詰まりを避けるためには、30μmのナイロンメッシュ(=プレセパレーションフィルター)を介して細胞を通過することにより、磁気選別する前に、単一の細胞懸濁液を得ることが重要である。新鮮な、平衡化LSカラムあるいはLDカラムを通して陰性分画、セカンドランの純度を高めるために(=細胞の枯渇のために)提案されている。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Disclosures

著者らは、彼らが競合する経済的利益を持っていないことを宣言します。

Acknowledgments

作者はこの仕事をサポートし、批判的に原稿を読み取るための教授M. Dietelとディルク·シューマッハに感謝します。

これらの結果につながる研究は助成合意nは下革新的医薬品イニシアティブの共同事業からの支持を受けています°の115234は、リソースは、欧州連合(EU)の第7次フレームワークプログラム(FP7/2007-2013)とEFPIA会社の中から拠出金で構成されています現物出資。この作品はまた、ベルリンKrebsgesellschaft(BKG)によってサポートされていました。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
Reagent
Accutase PAA Laboratories GmbH L11-007
Amphotericin B solution 250 μg/mL in deionized water Sigma-Aldrich, Inc. A2942-50ml
anti-fibroblasts microbeads Miltenyi Biotec GmbH 130-050-601
CD133/1 (W6B3C1) Miltenyi Biotec GmbH 130-092-395
Collagenase IV Sigma-Aldrich, Inc. C5138
DNase I Applichem GmbH A3778.0050
D-PBS without Ca, Mg PAA Laboratories GmbH H15-002
Ethylenediaminetetraacetic acid disodium salt dehydrate (EDTA) Sigma-Aldrich, Inc. E-7889
FBS Superior Biochrom S0615
Indirect CD133 Micro-Bead Kit human Miltenyi Biotec GmbH 130-091-895 Includes: CD133/1(AC133)-Biotin, anti-Biotin MicroBeads and FcR Blocking Reagent
Penicillin-Streptomycin, liquid (100x) Invitrogen GmbH 15140-122
Quantum 263 PAA Laboratories GmbH U15-815
Red Blood Cell Lysis Solution (10x) Miltenyi Biotec GmbH 130-094-183
Equipment
Cell strainer (70 μm) BD Biosciences 352350
gentleMACS C Tubes Miltenyi Biotec GmbH 130-093-237
gentleMACS dissociator Miltenyi Biotec GmbH 130-093-235
MACS Separator Multi Stand Miltenyi Biotec GmbH 130-042-303
MACS Seperation Columns 25 LS Columns Miltenyi Biotec GmbH 130-042-401
MACSmix Tube Rotator Miltenyi Biotec GmbH 130-090-753
Natriumchloride Merck KGaA 567440-1KG
Pre-Separation Filters Miltenyi Biotec GmbH 130-041-407
QuadroMACS Separator Miltenyi Biotec GmbH 130-090-976
Rotilabo-syringe filters (0.22 μm, PES) Carl Roth GmbH Co. KG P668.1
Steritop-GP Filter Unit 500 ml Miltenyi Biotec GmbH SCGPS05RE

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Garibyan, L., Fisher, D. E. How sunlight causes melanoma. Curr. Oncol. Rep. 12, 319-326 (2010).
  2. Radovic-Kovacevic, V., et al. Survival analysis in patients with cutaneous malignant melanoma. Srp. Arh. Celok. Lek. 125, 132-137 (1997).
  3. Lens, M. B., Eisen, T. G. Systemic chemotherapy in the treatment of malignant melanoma. Expert Opin. Pharmacother. 4, 2205-2211 (2003).
  4. Nashan, D., Muller, M. L., Grabbe, S., Wustlich, S., Enk, A. Systemic therapy of disseminated malignant melanoma: an evidence-based overview of the state-of-the-art in daily routine. J. Eur. Acad. Dermatol. Venereol. 21, 1305-1318 (2007).
  5. Eigentler, T. K., Meier, F., Keilholz, U., Hauschild, A., Garbe, C. Der Onkologe. 16, Springer-Verlag. 1160-1166 (2010).
  6. Keilholz, U., Tilgen, W., Hohenberger, W. Systemische Therapie des metastasierten Melanoms: Ergebnisse randomisierter Studien der letzten zehn Jahre. Deutsches Ärzteblatt. 100, (2003).
  7. Chapman, P. B., et al. Improved survival with vemurafenib in melanoma with BRAF V600E mutation. N. Engl. J. Med. 364, 2507-2516 (2011).
  8. Burdall, S. E., Hanby, A. M., Lansdown, M. R., Speirs, V. Breast cancer cell lines: friend or foe. Breast Cancer Research : BCR. 5, 89-95 (2003).
  9. Osborne, C. K., Hobbs, K., Trent, J. M. Biological differences among MCF-7 human breast cancer cell lines from different laboratories. Breast Cancer Research and Treatment. 9, 111-121 (1987).
  10. Hiorns, L. R., et al. Variation in RNA expression and genomic DNA content acquired during cell culture. Br. J. Cancer. 90, 476-482 (2004).
  11. Nelson-Rees, W. A., Daniels, D. W., Flandermeyer, R. R. Cross-contamination of cells in culture. Science. 212, 446-452 (1981).
  12. MacLeod, R. A., et al. Widespread intraspecies cross-contamination of human tumor cell lines arising at source. Int. J. Cancer. 83, 555-563 (1999).
  13. Masters, J. R. Human cancer cell lines: fact and fantasy. Nature reviews. Molecular Cell Biology. 1, 233-236 (2000).
  14. Pennartz, S., Reiss, S., Biloune, R., Hasselmann, D., Bosio, A. Generation of Single-Cell Suspensions from Mouse Neural Tissue. J. Vis. Exp. (29), e1267 (2009).
  15. Zabierowski, S. E., Fukunaga-Kalabis, M., Li, L., Herlyn, M. Dermis-derived stem cells: a source of epidermal melanocytes and melanoma. Pigment Cell Melanoma Res. 24, 422-429 (2011).
  16. Singh, S. K., et al. Identification of human brain tumour initiating cells. Nature. 432, 396-401 (2004).
  17. Ieta, K., et al. Biological and genetic characteristics of tumor-initiating cells in colon cancer. Ann. Surg. Oncol. 15, 638-648 (2008).
  18. Bertolini, G., et al. Highly tumorigenic lung cancer CD133+ cells display stem-like features and are spared by cisplatin treatment. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 106, 16281-16286 (2009).
  19. Monzani, E., et al. Melanoma contains CD133 and ABCG2 positive cells with enhanced tumourigenic potential. Eur. J. Cancer. 43, 935-946 (2007).
  20. Gedye, C., et al. Cancer/testis antigens can be immunological targets in clonogenic CD133+ melanoma cells. Cancer Immunology, Immunotherapy : CII. 58, 1635-1646 (2009).
  21. Kobari, L., et al. CD133+ cell selection is an alternative to CD34+ cell selection for ex vivo expansion of hematopoietic stem cells. J. Hematother. Stem Cell Res. 10, 273-281 (2001).
  22. Quirici, N., et al. Differentiation and expansion of endothelial cells from human bone marrow CD133(+) cells. Br. J. Haematol. 115, 186-194 (2001).
  23. Pfenninger, C. V., et al. CD133 is not present on neurogenic astrocytes in the adult subventricular zone, but on embryonic neural stem cells, ependymal cells, and glioblastoma cells. Cancer Res. 67, 5727-5736 (2007).
  24. Dubreuil, V., Marzesco, A. M., Corbeil, D., Huttner, W. B., Wilsch-Brauninger, M. Midbody and primary cilium of neural progenitors release extracellular membrane particles enriched in the stem cell marker prominin-1. J. Cell Biol. 176, 483-495 (2007).
  25. Florek, M., et al. a neural and hematopoietic stem cell marker, is expressed in adult human differentiated cells and certain types of kidney cancer. Cell Tissue Res. 319, 15-26 (2005).
  26. Matheu, M. P., Cahalan, M. D. Isolation of CD4+ T cells from Mouse Lymph Nodes Using Miltenyi MACS Purification. J. Vis. Exp. (9), e409 (2007).
  27. Watkins, S. K., Zhu, Z., Watkins, K. E., Hurwitz, A. A. Isolation of Immune Cells from Primary Tumors. J. Vis. Exp. (64), e3952 (2012).
  28. Mollamohammadi, S., et al. A simple and efficient cryopreservation method for feeder-free dissociated human induced pluripotent stem cells and human embryonic stem cells. Hum. Reprod. 24, 2468-2476 (2009).
CD133の患者由来の細胞培養および分離<sup&gt; +</supメラノーマから&gt;推定されるがん幹細胞
Play Video
PDF DOI DOWNLOAD MATERIALS LIST

Cite this Article

Welte, Y., Davies, C., Schäfer, R., Regenbrecht, C. R. A. Patient Derived Cell Culture and Isolation of CD133+ Putative Cancer Stem Cells from Melanoma. J. Vis. Exp. (73), e50200, doi:10.3791/50200 (2013).More

Welte, Y., Davies, C., Schäfer, R., Regenbrecht, C. R. A. Patient Derived Cell Culture and Isolation of CD133+ Putative Cancer Stem Cells from Melanoma. J. Vis. Exp. (73), e50200, doi:10.3791/50200 (2013).

Less
Copy Citation Download Citation Reprints and Permissions
View Video

Get cutting-edge science videos from JoVE sent straight to your inbox every month.

Waiting X
simple hit counter