Login processing...

Trial ends in Request Full Access Tell Your Colleague About Jove
Click here for the English version

Medicine

定量的3D doi: 10.3791/54868 Published: December 26, 2016

Summary

私たちは、アルツハイマー病のげっ歯類モデルにおいて単核食細胞によって脳アミロイドβ(Aβ)食作用のインシリコモデリング (q3DISM) 定量的な3Dのための方法論を開発しました。この方法は、 インビボで実質的に任意の食イベントの定量のために一般化することができます。

Abstract

神経炎症は現在、神経変性疾患の主要な病因因子として認識されています。単核食細胞は、破片や残骸の食作用およびクリアランスを担当する自然免疫細胞です。これらの細胞は、CNS常駐ミクログリアとして知られるマクロファージ、および周囲から浸潤性単核食細胞が含まれます。光学顕微鏡は、一般に、齧歯類またはヒトの脳標本で食作用を視覚化するために使用されています。しかし、定性的な方法は、in vivo食作用の決定的な証拠を提供していません。ここでは、 シリコモデリング(q3DISM)、げっ歯類アルツハイマー病(AD)モデルにおける単核食細胞によるアミロイドβ(Aβ)食作用の真の3D定量化を可能にする堅牢な方法定量的な3Dを説明します。この方法は、蛍光齧歯類の脳切片におけるファゴリソソーム内にカプセル化Aβを可視化することを含みます。大型のz次元共焦点のデータセットは、その後、3Dは、A&の定量のために再構築されます#946;空間的にファゴリソソーム内で共局在。我々は、マウスおよびラットの脳にq3DISMの適用が成功を実証したが、この方法論は、任意の組織で事実上すべての貪食イベントに拡張することができます。

Introduction

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

アルツハイマー病(AD)、最も一般的な加齢に関連する認知症1は 、「老人」βアミロイド斑、慢性低レベルの神経炎症、タウオパチー、神経細胞の喪失、および認知障害2などの脳アミロイドβ(Aβ)の蓄積によって特徴付けられます。 (末梢起源対それらの中心は依然として不明であるものの、ミクログリアと呼ばれる)は、AD患者の脳では、神経炎症がAβ沈着物3を取り囲む反応性星状細胞および単核食細胞によって計上されています。 CNSの自然免疫番人として、ミクログリアは中心部の脳Aβをクリアするように配置されています。しかし、Aβプラークのミクログリアの募集は、もしあれば、非常に少ないのAβ貪食4,5を伴っています。 1つの仮説は、ミクログリアがAβの小さなアセンブリをphagocytozingことで、最初は神経保護的であるということです。しかし、最終的にこれらの細胞は圧倒的なAβ負荷および/または年齢関連機能dと神経毒性になりますecline、神経毒性および認知機能の低下6に貢献し、機能不全の前炎症性表現型へのミクログリアを引き起こします。

最近のゲノムワイド関連研究(GWAS)貪食8-11を調節コア先天性免疫経路7に属するADのリスク対立遺伝子のクラスターを同定しました。その結果、脳アミロイド沈着に対する免疫応答は、ADの病因を理解するという点で、および12月14日 、新しい治療法を開発するために、両方の、関心の主要なエリアとなっています。しかし、 生体内でのAβ食作用を評価するための方法論のための重要な必要性があります。この満たされていないニーズに対処するために、我々は、アルツハイマー様疾患のげっ歯類モデルにおいて単核食細胞によって脳のAβ食作用の真の3D定量を可能にするためにシリコモデリング(q3DISM) 定量的な3Dを開発しました。

それらは、動物モデルは、疾患を有する再現する程度によってのみ制限ADのpathoetiologyを理解するために、実験治療法を評価するための貴重な実証済み。プレセニリン(PS)及びアミロイド前駆体タンパク質(APP)遺伝子における変異は、独立して、常染色体優性ADを引き起こすという事実のため、これらの変異導入遺伝子は、広範ジェニック齧歯類モデルを生成するために使用されてきました。同時に「スウェーデン」変異ヒトAPP(APPのSWE)と加速脳アミロイドーシス及び神経炎症15,16を備えた本Δエクソン9変異ヒトプレセニリン1(PS1ΔE9)を共発現するトランスジェニックAPP / PS1マウス。さらに、我々は、(フィッシャー344背景にラインTgF344-AD)のAPP SWEとPS1ΔE9構築物で同時注入二重トランスジェニックラットを生成しました。脳アミロイドーシスのトランスジェニックマウスモデルとは異なり、TgF344-ADラットはタウオパチー、神経細胞のアポトーシス損失、および行動障害17の前脳アミロイドを開発します。

本稿では、IMMのためのプロトコルを記述しますミクログリア、APP / PS1マウスとTgF344-ADラットからの脳切片におけるファゴリソソームおよびAβ沈着物、および大のz次元共焦点画像の取得をunostaining。 シリコ世代とミクログリアのファゴリソソームにAβの取り込みの定量化を可能にする共焦点データセットから真の3D再構成の分析私たちは、詳細。より広義には、ここでは詳細を、我々の方法は、 インビボでの食作用の実質的に任意の形状を定量化するために使用することができます。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

研究倫理の声明:本明細書に詳述動物に関わる全ての実験は、南カリフォルニア制度動物実験委員会(IACUC)の大学によって承認され、研究室の評価および認定協会からの国民健康ガイドラインの研究所や勧告に厳密に従って行きましたアニマルケア国際。

1.齧歯類の脳の単離と免疫染色のための準備

1日目:

  1. 連続深いイソフルラン麻酔(4%)の下で(12ヶ月齢)エージングTgF344-ADラット(14ヶ月齢)またはAPP / PS1マウスを置きます。つま先のピンチと引っ込め反射の欠如によって麻酔の深さを評価します。
  2. 胸郭の両側を切断し、心臓を露出するように持ち上げます。心臓の左心室に23 G針を挿入し、右心房に小さな切開を行います。氷冷リン酸緩衝生理食塩水でtranscardial灌流によって放血に進みます(PBS)蠕動ポンプ(マウス用の30ミリリットル、150 - ラットでは200ミリリットル)を使用。
  3. 皮膚に尾側正中切開を行い、脇の皮膚や筋肉を動かします。正中線に沿って頭蓋骨の上部を通過し、目の間にカットします。骨プレートを取り外して、頭蓋骨から脳全体を隔離します。
  4. 冠状齧歯類の脳マトリックス中に脳を置き、四半期にそれをスライス。 4℃でパラホルムアルデヒド固定液(PBS中の4%PFA)で後部四半期O / N(16時間)インキュベートします。その後、洗浄PBSで3倍、および70%エタノールに移します。注意:PFAは毒性があり、適切な個人保護装置を有する化学フードの下で処理する必要があります。

2日目:

  1. カセットを埋め込むに脳の四半期を置き、次第に順次より濃縮1時間エタノール浴中の組織(70%、80%、95%、および100%×3)を脱水。
  2. 3つの連続した100%のキシレン浴(1時間毎)で組織から明らかエタノール。注意:キシレンは、毒性およびSHであります適切な個人保護装置を有する化学フードの下に扱うことウルド。
  3. 2溶融パラフィンワックス槽後のパラフィンブロックに埋め込む組織(56から58°C、90分ごと)。

3日目:

  1. ミクロトームを用いてパラフィン包埋脳の10μmの厚さの切片をカット。ディップセクション水浴(1分間50°C)へとスライドを顕微鏡に適用されます。スライドに組織接着性を確保、O / Nを乾燥させるためにスライドを残します。

2.免疫染色

注:抗体の異なる組み合わせは、後述する染色手順のために利用することができます。ラットおよびマウスの脳組織と適合する抗体カクテルは、 表1に記載されています。

4日目:

  1. 2×100%キシレン浴(12分毎)を用いて脱パラフィン脳切片。
  2. 連続エタノール浴中で脳切片を再水和 - 100%10分間、5分間、95%、10分間、80%、および15分間、最後に70% - followe3倍PBS洗浄[光攪拌しながら室温で5分、]により、D。一方、95への熱の抗原回復溶液 - 磁気攪拌棒でホットプレート上で97°C。
  3. 30分間97°C - 95での抗原回復溶液に脳切片をインキュベートします。その後、PBSで3回洗浄(光攪拌しながら室温で5分間、)。
  4. 組織の乾燥を避けるため、および疎水性バリアペンで組織領域の周りに疎水性の障壁を描画するために繊細なタスクワイパーを使って素早く乾燥スライド。ブロッキング緩衝液で囲まれた組織領域を埋める[PBS 0.3%トリトンX-100および10%正常ロバ血清(NDS)を含む]、加湿チャンバー内で室温で1時間インキュベートします。
  5. 単核食細胞を標識し、加湿チャンバー内で4℃でO / Nインキュベートし(ブロッキング緩衝液で希釈)IBA1一次抗体でブロッキング緩衝液交換してください。抗体のホストと作業希釈液については、 表1および材料の表を参照てください。

5日目:

  1. リンス3倍PBS風呂で一次抗体(光攪拌しながら室温で5分)。 3倍PBS浴場(光攪拌しながら室温で5分間)に続いて(暗所で室温でブロッキング緩衝液中で)1時間(594 nm放射蛍光団と結合した)蛍光二次抗体とインキュベートします。このとき、蛍光シグナルの漂白を避けるために、暗闇の中でセクションを維持します。

DAY 6から7:

  1. 繰り返しは、ファゴリソソームを標識するCD68(ラット脳)またはLAMP1(マウス組織)抗体および(488nmの発光蛍光体で結合された)適切な二次抗体を用いて2.5&2.6を繰り返します。

DAY 7から8:

  1. 繰り返しは、Aβ沈着を標識する(647 nmの蛍光団に結合された)OC(ラット組織)または4G8(マウスの脳)抗体および適切な二次抗体と2.5&2.6繰り返します。
    注:また、6E10抗体は、マウスおよびラット組織で正常に両方を使用することができます。適切な抗体の組み合わせについては、 材料の表を参照してください。
  2. セクションでは、暗所で室温で完全に乾燥O / Nすることを可能にします。その後、DAPIを含む蛍光マウント媒体によって封止されたカバースリップで標本をカバーしています。

大Zスタック共焦点データセットの3買収

注:このプロトコルは、60X対物レンズと405 nmの、488 nmの、594 nmの、および647 nmのレーザーを搭載した完全に自動化されたレーザー走査型共焦点顕微鏡を必要とします。すべての装置は、画像及びレーザ制御ソフトウェアで制御するコンピュータです。撮影プロトコル、コンピュータの電源をオン、落射蛍光ランプ、顕微鏡、レーザーとカメラを開始する前に。

DAY 9:

  1. 60X顕微鏡の対物レンズを選択します。レンズにイマージョンオイルを追加し、顕微鏡ステージのスライドホルダーにサンプルを配置します。オイルがスライドに接触するまで目的を上げます。接眼レンズを通して落射照明を使用して、海馬や大脳皮質におけるアミロイド斑を見つけるために焦点面を調整します。
  2. 共焦点イムを買収共焦点顕微鏡によって、げっ歯類の海馬や大脳皮質におけるアミロイド沈着を囲む活性化した単核食細胞の年齢(60X倍率、zスタックのステップ:0.25μmの<Z <0.40μmで、ステップ25 <N <35の数)。

4. q3DISM

注:有意な結果を得るために、我々は、関心のある動物/領域当たり3画像の最小値を分析することを示唆しています。各画像について、分析する細胞の存在量は、実験パラダイムによって異なる場合があります。この報告書に示されている代表的な結果では、我々は( 例えば 、単核食細胞から離れまたはプラークに関連した、 図1Cを参照てください- Dおよび2C - D)3細胞/条件を分析しました。

DAY 10:

  1. 科学的な3D画像処理と解析ソフトウェア共局在(coloc)同時にすべてのz平面でIBA1 / CD68(ラット組織)またはIBA1 / LAMP1(マウス組織)染色の空間的に近接するためのモジュールとの共焦点データセットを分析します。伊庭+ / CD68 +または活性化単核食細胞内のファゴリソソームに対応伊庭+ / LAMP1 +共局在化チャネルを作成します。
    1. チャネルB(CD68または488 nmの蛍光体で結合されたランプ1染色に対応する)のために、チャネルA(594 nmの蛍光体で結合されたIBA1染色に相当)およびFITC用のTRITCを選択します。 「モードチェック、「選択」のしきい値を、 'のとするためのソフトウェアのウィンドウの右側には「coloc強度、' 'ソースチャンネル」を選択します。
    2. ソフトウェアのウィンドウの右側にある「coloc色」を選択する[編集]をクリックします。
    3. 独立チャネルごとに、特異的な染色を含み、バックグラウンド/非特定の信号を除外するようにしきい値を調整します。調整後は、公平な分析を確実にするために、画像間のしきい値を変更しないでください。共局在ボクセル(すべてのz-スタックからのピクセル)は、すべてのzスタックSIMのステップ4.1.2で選択した色で表示されますultaneously。
    4. 「colocチャネルを構築する」をクリックします。作成された共局在チャネルが表示調整ウィンドウに表示されます。
    5. チャネル統計を開くためにcolocチャンネルをクリックします。 「共局在閾値以上のボリューム/材料Aの%は、「LAMP1またはCD68のシグナル(488 nmの蛍光団に対応するボクセル)と共局在IBA1信号(594 nmの蛍光団に対応するボクセル)の%を表します。より簡単には、これは、ファゴリソソーム( 図1Cおよび2Cを参照)によって占有される単球の体積です。
      注:「共局在した閾値以上のボリューム/材料Bの%は「IBA1と共局在LAMP1またはCD68シグナルの%に相当します。ファゴリソソームは細胞内構造であるので、これは、100%に近いものでなければなりません。値は、共局在しきい値以上のすべてのz-スタックからの信号の比に基づいています。
  2. colocモジュールを使用して、OC(ラットTIと空間的に近接するため、ステップ4.1で作成したcolocチャネルを分析しますssue)または4G8(マウス組織)Aβ信号。これは、ファゴリソソーム内にカプセル化Aβの定量を可能にします。
    1. (647 nmの蛍光団に結合されたOCまたは4G8染色に対応する)チャネルBのためのチャネル(ステップ4.1で作成したIBA1 / CD68またはIBA1 / LAMP1のcolocチャンネルに対応する)colocデータセットおよびCy5を選択します。
    2. ステップ4.1.5に4.1.2で説明したようにcolocチャネルを構築します。
    3. チャネル統計を開くためにcolocチャンネルをクリックします。 「共局在閾値以上のボリューム/材料Aの%は「IBA1 / LAMP1またはIBA1 / CD68の%を表す(ステップ4.1.5で構築されたcolocチャネルに対応するボクセルを。)OCまたは4G8信号と共局在(647に対応するボクセルnmの蛍光団)。これは、Aβ( 図1Dおよび2Dを参照)によって占有されるファゴリソソームボリュームです。
      注:「共局在した閾値以上のボリューム/材料Bの%は、「ファゴリソソームと共局在総Aβシグナルの%に相当します。これは、ファゴリソソーム内でカプセル化された総Aβ沈着物(本代表的な結果は示されていない)の一部を評価することができます。
  3. 共焦点画像スタックを再構築し、単球のファゴリソソーム内に封入されたAβの3Dモデルを生成するために上回るモジュールを使用してください。
    1. 「表示調整」ウィンドウで、(のみIBA1染色を示すために)TRITCを選択します。 「ボリュームのプロパティ」ウィンドウで、「新しい面を追加」をクリックします。
    2. 「1/5のアルゴリズム」、ステップで「設定」、「表面を]を選択します。また、中に「色、 '(赤が図1Bおよび図2Bに60%の透明度に設定されている)、パレットまたはRGBの色の種類を選択して、透明度を調整します。ボックスにチェックを入れ「関心領域を選択します」。 [次へ]をクリック。
    3. ステップの関心の2/5の領域、「xは、yの調整することにより、目的の細胞の周りに窓を描き、z座標は、( 図1A中の白いボックスを参照してください2A)。 [次へ]をクリック。
    4. ステップ "3/5ソースチャンネル」では、TRITCのソースチャンネルを選択します。 '、スムーズ」ボックスをチェックし、0.4μmの表面積の詳細レベルを設定します。 「しきい値、 'の絶対強度を選択します。 [次へ]をクリック。
    5. ステップ "4/5しきい値、「作成されたボリュームは、TRITCチャネル信号と完全に重なるようにしきい値を調整します。 [次へ]をクリック。
    6. ステップに含めるか、または作成されるボリュームから除外されるように、その大きさに応じてオブジェクトを選択」、フィルタタイプ」セクションの「5/5の表面を、分類します」。 、[完了]をクリックし、すべての創造のステップを実行し、ウィザードを終了します。
    7. 繰り返しは、FITCチャネル(LAMP1 +またはCD68 +ファゴリソソーム)用の3D表面を作成するために、4.3.6に4.3.1を繰り返します。
    8. 繰り返しは、Cy5のチャネル(OC +または4G8 +Aβ沈着)のための3D表面を作成するために、4.3.6に4.3.1を繰り返します。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

上記で詳述しq3DISMのための多段階方法論を使用して、我々はAPP / PS1マウス( 図1)とTgF344-ADラットの脳における単球のファゴリソソーム( 図2)にAβの取り込みを定量化することができます。したがって、q3DISMの方法論は、ADのマウスおよびラットモデルにおける単核食細胞の解析を可能にしました。興味深いことに、CD68 +ファゴリソソームの占有体積を大幅APP / PS1マウス( 図1B、C)およびTgF344-ADラット( 図2B、C)の両方のプラークから遠くに比べに関連付けIBA1 +単核食細胞で増加します。これらのデータは、プラークの近くに、単核食細胞が離れたプラークから位置する細胞に比べて食作用のために態勢を整えていることを示しています。異なるAβ配座異性体を染色からのデータの範囲を示すために、我々は、マウスおよびラットの組織における様々な抗体を用いタンタル(Taに詳述BLE 1とディスカッション) -私たちは、直接Aβの食作用に関して、ADのマウスおよびラットモデルを比較しようとされていません。それにもかかわらず、プラーク関連する単核食細胞は、プラーク( 図1D)から離れた細胞と比較してAPP / PS1マウスにおいてAβの取り込みが増加したことは注目すべきでした。 TgF344-ADラットは非常に控えめな、全体的なAβ原線維の取り込み、およびプラークからの距離の関数としてのAβ線維食作用に変化がない( 図2D)を有しいました。

表1
表1:免疫染色単核食細胞、ファゴリソソームおよびAPP / PS1マウスまたはTgF344-ADラットからの脳組織におけるアミロイドβ。ラットやマウスに特異的な抗体カクテルは、括弧内のそれぞれのホストと記載されています。色は、二次抗体のために使用される蛍光団を示しています。レッド:アレクサフルオロ594;緑:アレクサフルオロ488;マゼンタ:アレクサフルオロ647。

図1
図1:可視化とAPP / PS1マウスの脳内のアミロイドβ食作用の定量。 APP / PS1マウスIBA1 +細胞(赤)を示す、LAMP1 +ファゴリソソーム(緑)、4G8 +アミロイド沈着物(マゼンタ)からの脳切片の(A)共焦点画像。挿入図2は、プラークに関連した単核食を示しながら挿入図1は、プラークから離れた単核食細胞を強調しています。スケールバーは50μmです。右側の小さいパネルは、1と2のスケールバーが3μmを表しインセットするための挿入図1及び2内にIBA1、LAMP1および4G8信号の(B)3D再構成IBA1、LAMP1および4G8信号の拡大です。 (C)LAMP1 +ファゴリソソームによって占有IBA1 +単核食細胞の量の定量。 ( +Aβによって占有オング> D)細胞内LAMP1の定量+ファゴリソソームボリューム。値が共局在している閾値以上の信号の比(ボクセル)に基づいています。データは、平均±平均の標準誤差として示す(N = 6個の細胞)のプラークから離れた単核食細胞(1)、またはプラーク(2)と関連しています。 **スチューデントのt検定によりp <0.01。 この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

図2
図2:TgF344-ADのラットの脳内のアミロイドβ食作用の可視化と定量。 (A)共焦点IBA1 +細胞を示すTgF344-ADラットからの脳切片の画像(赤)、CD68 +ファゴリソソーム(緑)、およびOC +可溶性線維状のA&# 946; (マゼンタ)。挿入図2は、プラークに関連した単核食を示しながら挿入図1は、プラークから離れた単核食細胞を強調しています。スケールバーは50μmです。挿入図1及び2のスケールバーが3μmを表すために右の小さいパネルは、インセット1と2内にIBA1、CD68およびOC信号の(B)3D再構成IBA1、CD68およびOC信号の拡大です。 CD68 +ファゴリソソームによって占有IBA1 +単核食細胞の量の(C)定量。 (D)細胞内のCD68 + OC +Aβによって占有ファゴリソソーム量の定量。値が共局在している閾値以上の信号の比(ボクセル)に基づいています。データは、平均±平均の標準誤差として示す(N = 6個の細胞)のプラークから離れた単核食細胞(1)、またはプラーク(2)と関連しています。 **スチューデントのt検定によりp <0.01。rge.jpg "ターゲット=" _空白 ">この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

我々は、単核食細胞によりin vivoでのAβ食作用の真の3D定量化のために、この報告書に記載したプロトコルは、特定の細胞と細胞内区画の標識だけでなく、Aβ沈着に依存しています。具体的には、脳単核食細胞を染色するためにIBA1(イオン化カルシウムの結合アダプター分子1)、細胞の活性化18、19時に細胞膜の波打ち現象および食作用に関与するタンパク質を、使用しています。 IBA1 +細胞は、一般的に脳常駐ミクログリアとみなされているが、それは末梢浸潤性単核食細胞は、免疫標識細胞のサブセットを含んでいる可能性が残っています。 LAMP1 20またはCD68 21:細胞内のファゴリソソームは、リソソーム/エンドソーム関連膜糖タンパク質(LAMP)ファミリーのメンバーを認識する抗体を用いて明らかにされています。後者は主として細胞sに循環小さい画分と、リソソームおよびエンドソームに局在していますurface。 ( 表1参照)LAMP1およびCD68抗体は、正常ラットおよびマウスの組織で使用されている両方、及び使用の決定は、共染色に使用される他の抗体をホストに主に依存しています。様々な抗体が、Aβの検出のために使用することができることを認識することが重要です。マウス組織では、4G8(ヒトおよびマウスのアミノ酸残基17認識する- Aβペプチド22、 図1の24)及び6E10(ヒトのアミノ酸残基1認識する- 17 23、データは示さず)を検出および定量を可能にする、首尾よく使用されていますLAMP1 +またはCD68 + IBA1 +単核食細胞内に存在するファゴリソソーム中のAβ含有量の。他の人が示したのに対し、マウス16 <IBA1 +にAβの取り込みを減少させた- / -私たちのq3DISMの方法論を使用して、我々はAPPPS1 / IL-10の脳内のAβ負荷のグローバルな減少と関連IBA1 +細胞において増加Aβ負荷を観察しました / SUP> RAG-5xfADマウス24の脳内増加Aβ負荷およびプラーク体積を伴う細胞。これらの結果は、貪食物質を効率的に消化し、クリアされた場合に我々の方法論を予測するために使用することができないが、観察された現象は、アクティブAβ食作用の「スナップショット」であることを示唆しています。

ラット組織では、OC(可溶性Aβ42オリゴマー/原線維を25,26を認識図2)または6E10 17(図示せず) 用いてAβ沈着を検出しました。興味深いことに、非常に少ないOC +フィブリルはTgF344-ADのラット脳における単球ファゴリソソームに存在しました。この現象は、以前に免疫染色し、3D再構成27を使用して、APP23トランスジェニックマウスで報告されています。注:異なるAβ種/配座の検出のための種々の抗体が利用可能であり、潜在的にテストされ、利用者の判断で使用することができます。

我々 q3DISM技術は、米国及びその他によって採用されている> NT」は、AD 16,24,28の文脈においてAβ食作用を定量化する。しかし、この方法は、食作用の実質的に任意の形状を評価するように構成することができる。また、組織に適用することができます脳以外、および(ヒトを含む)他の動物種に他の。このプロトコルで説明する手順は、蛍光を用いて検出し、共焦点顕微鏡で画像化し、標準的な免疫染色​​に依存している。本稿では、ガイドラインに従ってパラフィン包埋組織を使用していました所望される場合、抗体の製造業者によって提供される。本プロトコルはまた、(PBS中の2%アガロース中に埋め込まれた)新たな組織のために最適化することができる。プロトコルは、タンパク質を共凝集の食作用を検出するために最適化することができる。これは、染色および取得することが可能となります画像は、4つ以上の蛍光色29からなる。この場合、最初の共局在チャネル(単球/ファゴリソソーム)の作成が作成が続きます第二共局在チャネル(凝集タンパク質1 /共凝集タンパク質2)の。そして、2つのチャネルは、3D解析とモデリングのために使用されるであろう。

q3DISM技術は、特異性および免疫染色、抗体の質の感度、及び共局在化アプローチによって主として制限されます。この多段階の手順では、染色の品質と、Aβの取り込みのため、3D定量に影響を与えることができるいくつかの潜在的な落とし穴があります。手順の最初の重要なステップは、げっ歯類の脳の単離であります。確かに、慎重な組織取り扱いは、脳への損傷を避けるためにと区分するときの脳の構造がそのまま残ることを保証するために基本的です。第二に、組織固定時間がオーバー固定(4%PFAで16以上の時間)は細胞内ファゴリソソームおよびAβのコンテンツの検出を制限するので、非常に重要です。重要なのは、連続した1)単球、2)ファゴリソソームの染色および3)Aβは、メソッドの成功のために重要です。それはessentです抗体を使用することがIALは付随しませんconsecutively-。 3D細胞、ファゴリソソームおよびAβペプチドのモデリングだけでなく、共局在の分析は組織切片の厚さを介した細胞と細胞内構造のイメージングの品質に依存するためさらに、zスタック共焦点画像の取得は、最も重要です。最後に、ソフトウェアにおける閾値の調整は、3Dモデリングのためと共局在解析のために重要です。彼らは分析から(特定の)または除外(バックグラウンド)信号が含まれるかを決定しますので、実際には、異なるチャネルのしきい値は、慎重に選択する必要があります。選択されたしきい値が異なる動物/標本の比較した場合のサンプル間の一貫性を維持することも基本的です。これまでに、古典的な免疫組織染色、磁気共鳴イメージング及び陽電子放出断層撮影法は、Aβのインビボ可視化および定量化のための最適な撮像方法となっています30。げっ歯類またはAD患者の脳におけるアミロイド負荷の大規模な定量化のために非常に有用であるが、これらの方法は、細胞内Aβの可視化のために非効率的です。共焦点顕微鏡、蛍光分光法およびフローを使用して、他の技術は、フローサイトメトリーが存在し、in vitro 16,31,32 における細胞内Aβコンテンツを識別し、定量化するために、私たちと他のユーザーによって使用されています。 3D再構成と相まって免疫染色は、以前APP23トランスジェニックマウス27in vivoでのミクログリア内のアミロイド線維が存在しないことを強調するために使用し、別の研究では、正常に制限されたAβを表示するミクログリア関連βアミロイドプラークとの共焦点画像と3D表面再構成を使用しました相互作用および取り込み33。しかし、これらの技術は、イントラファゴリソソームAβ種の定量を可能にするものではありません。他のものは、最近、蛍光ベースのインビボアッセイ測定を可能に開発しましたラット34における末梢マクロファージによる食作用活性の。この方法は巧みに、in vivoでのファゴリソソーム中の蛍光バイオプローブの定量を可能にするが、これまでに利用可能なデータは、周辺部に限定されています。

我々の知る限り、q3DISMはげっ歯類のADモデルの脳内のAβ食作用の3次元可視化と定量化を提供する第一の方法です。この恐るべきツールは、間違いなく、脳のAβ食作用のより深い理解に道を開くであろうし、また他の文脈で有用であろう。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Disclosures

著者らは、開示することは何もありません。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
Isoflurane Abbott NDC 0044-5260-05
Dissecting scissors VWR 82027-582
Dissecting scissors Blunt tip VWR 82027-588
Tweezers VWR 94024-408
23 G needle VWR BD305145
peristaltic pump FH10 Thermo Scientific 72-310-010
PBS 10x Bioland Scientific PBS01-02 Phosphate-buffered Saline; Working concentration 1x
Adult Mouse Brain Matrix, Coronal slices, Stainless Steel 1 mm  Kent Scientific RBMS-200C
Adult Rat Brain Matrix, Coronal slices, Stainless Steel 1 mm  Kent Scientific RBMS-305C 
32% Paraformaldehyde aqueous solution (PFA) EMS 15714-S Caution: Toxic. Working concentration: 4% in PBS
Ethanol VWR 89125-188 Various concentrations, see protocol
Tissue-Tek Uni-cassettes Sakura VWR 25608-774
Embedding and Infiltration Paraffin VWR 15147-839
Microtome Leica RM2125 Leica Biosystems
Disposable Microtome Blades  VWR 25608-964
Water bath Leica HI 1210 Leica Biosystems
Micro slide Superfrost plus VWR 48311-703
Xylene Sigma-Aldrich 534056-4X4L Caution: Toxic 
Target Retrieval Solution 10x DAKO S1699 Working concentration 1x
KimWipes VWR 21905-026
Hydrophobic PAP pen VWR 95025-252
Triton X-100 VWR 97062-208
Normal Donkey Serum (NDS) Jackson Immuno 017-000-121
Coverslips VWR 48393081
Prolong Gold antifade reagent with DAPI Life Technologies P36935
Glass Slide Rack VWR 100492-942
Iba1 antibody (polyclonal, rabbit) Wako 019-19741  Working concentration 1:200
Iba1 antibody (polyclonal, goat) LifeSpan Bioscience LS-B2645 Working concentration 1:200
rat CD68 [KP1] antibody (monoclonal, mouse) Abcam ab955 Working concentration 1:200
mouse CD68 [FA-11] antibody (monoclonal, rat) Abcam ab53444 Working concentration 1:200
mouse CD107a (LAMP1) antibody (monoclonal, rat) Affymetrix 14-1071 Working concentration 1:100
Beta-Amyloid, 17 - 24 (4G8) antibody (monoclonal, mouse) Covance SIG-39220 Working concentration 1:200
Beta-Amyloid, 1 - 16 (6E10) antibody (monoclonal, mouse) Covance SIG-39320 Working concentration 1:200
OC antibody (polyclonal, rabbit) Gifted by D. H. Cribbs and C. G. Glabe (UC Irvine) Working concentration 1:200
Alexa Fluor 488 mouse secondary antibody Invitrogen A-11001 Working concentration 1:1,000
Alexa Fluor 488 rat secondary antibody Invitrogen A-11006 Working concentration 1:1,000
Alexa Fluor 594 rabbit secondary antibody Invitrogen A-11037 Working concentration 1:1,000
Alexa Fluor 594 goat secondary antibody Invitrogen A-11080 Working concentration 1:1,000
Alexa Fluor 647 mouse secondary antibody Invitrogen A-21235 Working concentration 1:1,000
Alexa Fluor 647 rabbit secondary antibody Invitrogen A-21443 Working concentration 1:1,000
Immersion oil Nikon 
A1 Confocal microscope Nikon 
NIS Elements Advanced Research software Nikon 
Imaris:Bitplane software version 7.6 Bitplane "coloc" and "supass" modules are used. Alternatively, the open-source freeware ImageJ can be used for colocalization analysis of confocal z-stacks datasets.

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Brookmeyer, R., et al. National estimates of the prevalence of Alzheimer's disease in the United States. Alzheimers Dement. 7, (1), 61-73 (2011).
  2. Selkoe, D. J. Alzheimer's disease. Cold Spring Harb Perspect Biol. 3, (7), (2011).
  3. Heneka, M. T., Golenbock, D. T., Latz, E. Innate immunity in Alzheimer's disease. Nat Immunol. 16, (3), 229-236 (2015).
  4. Mawuenyega,, et al. Decreased clearance of CNS beta-amyloid in Alzheimer's disease. Science. 330, (6012), 1774 (2010).
  5. Hickman, S. E., Allison, E. K., El Khoury, J. Microglial dysfunction and defective beta-amyloid clearance pathways in aging Alzheimer's disease mice. J Neurosci. 28, (33), 8354-8360 (2008).
  6. Johnston, H., Boutin, H., Allan, S. M. Assessing the contribution of inflammation in models of Alzheimer's disease. Biochem Soc Trans. 39, (4), 886-890 (2011).
  7. Gjoneska, E., et al. Conserved epigenomic signals in mice and humans reveal immune basis of Alzheimer's disease. Nature. 518, (7539), 365-369 (2015).
  8. Reitz, C., Mayeux, R. Alzheimer disease: epidemiology, diagnostic criteria, risk factors and biomarkers. Biochem Pharmacol. 88, (4), 640-651 (2014).
  9. Hazrati, L. -N., et al. Genetic association of CR1 with Alzheimer's disease: a tentative disease mechanism. Neurobiol Aging. 33, (12), 2949 (2012).
  10. Griciuc, A., et al. Alzheimer's Disease Risk Gene CD33 Inhibits Microglial Uptake of Amyloid Beta. Neuron. 1-13 (2013).
  11. Li, X., Long, J., He, T., Belshaw, R., Scott, J. Integrated genomic approaches identify major pathways and upstream regulators in late onset Alzheimer's disease. Scientific reports. 5, 12393 (2015).
  12. Weitz, T. M., Town, T. Microglia in Alzheimers Disease: "Its All About Context". Int J Alzheimers Dis. 314185 (2012).
  13. Guillot-Sestier, M. -V., Doty, K. R., Town, T. Innate Immunity Fights Alzheimer's Disease. Trends Neurosci. 38, (11), 674-681 (2015).
  14. Guillot-Sestier, M. -V., Town, T. Innate immunity in Alzheimer's disease: a complex affair. CNS Neurol Disord Drug Targets. 12, (5), 593-607 (2013).
  15. Jankowsky, J. L., Slunt, H. H., Ratovitski, T., Jenkins, N. A., Copeland, N. G., Borchelt, D. R. Co-expression of multiple transgenes in mouse CNS: a comparison of strategies. Biomol Eng. 17, (6), 157-165 (2001).
  16. Guillot-Sestier, M. -V., et al. Il10 deficiency rebalances innate immunity to mitigate Alzheimer-like pathology. Neuron. 85, (3), 534-548 (2015).
  17. Cohen, R. M., et al. A transgenic Alzheimer rat with plaques, tau pathology, behavioral impairment, oligomeric aβ, and frank neuronal loss. J Neurosci. 33, (15), 6245-6256 (2013).
  18. Imai, Y., Ibata, I., Ito, D., Ohsawa, K., Kohsaka, S. A novel gene iba1 in the major histocompatibility complex class III region encoding an EF hand protein expressed in a monocytic lineage. Biochem. Biophys. Res. Commun. 224, (3), 855-862 (1996).
  19. Ohsawa, K., Imai, Y., Sasaki, Y., Kohsaka, S. Microglia/macrophage-specific protein Iba1 binds to fimbrin and enhances its actin-bundling activity. J Neurochem. 88, (4), 844-856 (2004).
  20. Bandyopadhyay, U., Nagy, M., Fenton, W. A., Horwich, A. L. Absence of lipofuscin in motor neurons of SOD1-linked ALS mice. Proc Natl Acad Sci U S A. 111, (30), 11055-11060 (2014).
  21. Holness, C. L., Simmons, D. L. Molecular cloning of CD68, a human macrophage marker related to lysosomal glycoproteins. Blood. 81, (6), 1607-1613 (1993).
  22. Connor, T., et al. Phosphorylation of the translation initiation factor eIF2alpha increases BACE1 levels and promotes amyloidogenesis. Neuron. 60, (6), 988-1009 (2008).
  23. Cai, D., et al. Phospholipase D1 corrects impaired betaAPP trafficking and neurite outgrowth in familial Alzheimer's disease-linked presenilin-1 mutant neurons. Proc Natl Acad Sci U S A. 103, (6), 1936-1940 (2006).
  24. Marsh, S. E., et al. The adaptive immune system restrains Alzheimer's disease pathogenesis by modulating microglial function. Proc Natl Acad Sci U S A. 113, (9), 1316-1325 (2016).
  25. Lefterov, I., et al. Apolipoprotein A-I deficiency increases cerebral amyloid angiopathy and cognitive deficits in APP/PS1DeltaE9 mice. J Biol. Chem. 285, (47), 36945-36957 (2010).
  26. Blurton-Jones, M., et al. Neural stem cells improve cognition via BDNF in a transgenic model of Alzheimer disease. Proc Natl Acad Sci U S A. 106, (32), 13594-13599 (2009).
  27. Stalder, M., Deller, T., Staufenbiel, M., Jucker, M. 3D-Reconstruction of microglia and amyloid in APP23 transgenic mice: no evidence of intracellular amyloid. Neurobiol Aging. 22, (3), 427-434 (2001).
  28. Leinenga, G., Götz, J. Scanning ultrasound removes amyloid-β and restores memory in an Alzheimer's disease mouse model. Sci Transl Med. 7, (278), 33 (2015).
  29. Liarski, V. M., et al. Cell distance mapping identifies functional T follicular helper cells in inflamed human renal tissue. Sci Transl Med. 6, (230), 46 (2014).
  30. Nichols, L., Pike, V. W., Cai, L., Innis, R. B. Imaging and in vivo quantitation of beta-amyloid: an exemplary biomarker for Alzheimer's disease. Biol Psychiatry. 59, (10), 940-947 (2006).
  31. Skovronsky, D. M., Zhang, B., Kung, M. P., Kung, H. F., Trojanowski, J. Q., Lee, V. M. In vivo detection of amyloid plaques in a mouse model of Alzheimer's disease. Proc Natl Acad Sci U S A. 97, (13), 7609-7614 (2000).
  32. Lian, H., Litvinchuk, A., Chiang, A. C. -A., Aithmitti, N., Jankowsky, J. L., Zheng, H. Astrocyte-Microglia Cross Talk through Complement Activation Modulates Amyloid Pathology in Mouse Models of Alzheimer's Disease. J Neurosci. 36, (2), 577-589 (2016).
  33. Novotny, R., et al. Conversion of Synthetic Aβ to In Vivo Active Seeds and Amyloid Plaque Formation in a Hippocampal Slice Culture Model. J Neurosci. 36, (18), 5084-5093 (2016).
  34. Tartaro, K., et al. Development of a fluorescence-based in vivo phagocytosis assay to measure mononuclear phagocyte system function in the rat. J Immunotoxicol. 12, (3), 239-246 (2015).
定量的3D<em&gt;インシリコ</emアルツハイマー病の齧歯類モデルにおける脳アミロイドベータ食作用の&gt;モデリング(q3DISM)
Play Video
PDF DOI DOWNLOAD MATERIALS LIST

Cite this Article

Guillot-Sestier, M. V., Weitz, T. M., Town, T. Quantitative 3D In Silico Modeling (q3DISM) of Cerebral Amyloid-beta Phagocytosis in Rodent Models of Alzheimer's Disease. J. Vis. Exp. (118), e54868, doi:10.3791/54868 (2016).More

Guillot-Sestier, M. V., Weitz, T. M., Town, T. Quantitative 3D In Silico Modeling (q3DISM) of Cerebral Amyloid-beta Phagocytosis in Rodent Models of Alzheimer's Disease. J. Vis. Exp. (118), e54868, doi:10.3791/54868 (2016).

Less
Copy Citation Download Citation Reprints and Permissions
View Video

Get cutting-edge science videos from JoVE sent straight to your inbox every month.

Waiting X
simple hit counter