Login processing...

Trial ends in Request Full Access Tell Your Colleague About Jove

Developmental Biology

馬の卵母細胞における染色体分離、ヒストンアセチル化およびスピンドル形態の解析

doi: 10.3791/55242 Published: May 11, 2017

Summary

この原稿は、形態学的および生化学的に馬の卵母細胞を特徴付けるための実験的アプローチを記載している。具体的には、超音波誘導卵子ピックアップ(OPU)による未成熟および成熟ウマの卵母細胞の採取方法および染色体分離、紡錘体形態、全球ヒストンアセチル化およびmRNA発現を調べる方法を具体的に説明する。

Abstract

補助生殖の分野は、女性、コンパニオンアニマル、絶滅危惧種の不妊症を治療するために開発されました。馬では、補助生殖により、スポーツキャリアを中断することなく、高パフォーマーからの胚の生産が可能になり、高い遺伝子価値の牝馬からの仔馬の数の増加に寄与する。本稿は、卵巣ピックアップ(OPU)を用いて、馬の卵巣から未熟かつ成熟した卵母細胞を採取するために用いられる手順を記載している。次いで、これらの卵母細胞を使用して、以前にマウスで開発されたプロトコールを適合させることにより異数性の発生率を調べた。具体的には、共焦点レーザー顕微鏡走査後に、中期II(MII)卵母細胞の染色体およびセントロメアを蛍光標識し、逐次焦点計画でカウントした。この分析は、未成熟卵母細胞を卵胞から採取し、インビトロで成熟させた場合の異数性率が高いことを明らかにしたインビボで。特異的リジン残基でのチューブリンおよびアセチル化形態のヒストン4の免疫染色も、減数分裂紡錘体の形態およびヒストンアセチル化の全体的パターンにおける差異を明らかにした。最後に、ヒストンデアセチラーゼ(HDAC)およびアセチルトランスフェラーゼ(HAT)をコードするmRNAの発現を、逆転写および定量PCR(q-PCR)によって調べた。 インビトロおよびインビボで成熟した卵母細胞の間転写物の相対的発現に差異は観察されなかった。卵母細胞成熟中の転写活性の一般的なサイレンシングと一致して、全転写量の分析は、mRNAの安定性または分解しか示さない。したがって、これらの知見は、他の翻訳および翻訳後の規制が影響を受ける可能性があることを示している。

全体として、本研究は、形態学的および生化学的に馬の卵母細胞サンプルの入手可能性が低いため、研究するのが非常に困難です。しかし、それは、生殖生物学および不妊症種についての私たちの知識を拡大することができます。

Introduction

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

女性、コンパニオンアニマル、絶滅の危機に瀕している種の不妊症を治療するための支援された生殖技術の広範な配列が開発されています。臨床設定における最も一般的な手順の1つは、超音波誘導経膣吸引、卵巣ピックアップ(OPU) 1による卵胞からの中期II(MII)ステージ卵母細胞の回収である。次いで、これらの卵母細胞をin vitro (IVF)で受精させ、得られた胚をレシピエント子宮に移植する。 MII期(成熟)卵母細胞は、外因性ゴナドトロピンの投与後に回収される。しかしながら、この治療は、一部の患者において、卵巣過剰刺激症候群(OHSS) 2の発症と関連している。

いったん卵胞から単離された減数分裂を自発的に再開する完全に増殖した未成熟卵母細胞(GVステージ)の本質的能力を利用して、投与することなく成熟卵母細胞を得ることが可能である性腺刺激ホルモンを摂取する3 。この手順は、卵母細胞のインビトロ成熟(IVM)と呼ばれ、繁殖技術を補助するために薬物志向性が低く、費用が低く、患者にやさしいアプローチです。しかし、 インビトロ 成熟した卵母細胞を用い胚発生の成功は、一般にインビボで成熟した卵母細胞よりも低い4,5 。可能性のある説明は、インビトロで成熟した卵母細胞が染色体分離の誤りによってより影響を受け、その結果生じる異数性が正常な胚発生を損なうということである6

IVM中の染色体の誤分離の分子的基礎を理解することは、最終的にこの技術の完全な可能性を明らかにするであろう。この静脈では、 インビボで成熟した卵母細胞の形態学的および生化学的特徴をin vivoでの成熟と比較し調べるために実験的アプローチが用いられたここに記載されている7,8 。具体的には、未成熟卵母細胞および成熟卵母細胞のOPUおよび未成熟卵母細胞のIVMの手順を、実験モデルとして成体および自然循環馬を用いて説明する。次いで、免疫蛍光および画像分析を用いて、染色体分離、紡錘体形態およびこれらの配偶子上のヒストンアセチル化の全体的パターンを調べる。最後に、mRNA発現の分析のための逆転写および定量的PCRのプロトコルが記載される。

げっ歯類の動物モデルと比較して、馬は遺伝子操作を許さず、操作が容易でなく、高価なメンテナンスを必要とする。しかしながら、このモデルは、ヒト卵巣生理学との類似性のために、卵母細胞の成熟9,10の研究にかなりの関心を集めている11,12。/ sup>。さらに、馬におけるIVM-IVFの信頼できるプロトコールの開発は、高い遺伝的価値の牝馬からの仔馬の数の増加を可能にするので、実質的な経済的関心を有する。

卵母細胞、特に、単核種の実験を行うことの限界の1つは、制限されたサンプルの入手可能性である。この制限は、以前にマウスで開発された方法を、馬の卵母細胞13,14に調整して、サンプルの損失を最小限にする染色体計数を行うことによって克服されてきた(利用可能な他の技術との比較の説明を参照)。さらに、三重蛍光染色プロトコルを最適化して同じサンプルについて複数の分析を行い、q-PCR分析を2個の卵母細胞のプールのみで行った。

全体的に、本研究は、形態学的および生化学的なcha低いサンプルの入手可能性のために勉強することが非常に困難な細胞型であるウマ卵母細胞を狂わせる。しかし、それは生殖生物学および不稔性種の不妊症に関する知識を拡大することができる。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

すべての手順は、動物保護および使用委員会CEEA Val de Loire Number 19によって承認され、実験動物のケアおよび使用のための基本原則に従って実施された。

1.卵母細胞の回収およびインビトロ成熟

  1. オーバムピックアップ
    1. 大人の牝馬のコホートにおける卵胞卵胞の直径を超音波で毎日評価する。 33 mm以上の卵胞が出現したら、頸静脈上部に1,500 IUのヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)を注射する(iv)。
      1. 注射を行う前に、アルコールで綿棒を拭き取り、頸静蓋を見つけ、注射部位の下に親指を2〜3cm置いて、静脈を上昇させる。針を首にほぼ平行に差し込み、針が静脈にあることを確認する(血液が注射器に入る)。この時点で、注入します。 hCGは、支配的な卵胞の卵母細胞の成熟。
    2. hCG注射の35時間後、デトミジン(15μg/ kg、静脈注射)、ブトルファノール酒石酸塩(10μg/ kg、静脈注射)およびブチルスコポラミンブロムア(0.2-0.3mg / kg、15mL / mare、静脈注射)で牝馬を鎮静させる。
    3. 針を超音波プローブに接続します。超音波プローブを膣内に挿入し、超音波プローブに直面するように卵巣を直腸的に保持する。あるオペレーターに針を操作させ、他のオペレーターに、卵胞を超音波プローブに向けて卵巣を所定の位置に保持させるように指示する支配的な卵胞と卵巣から開始します。
    4. 膣壁および支配的な卵胞の壁を針で穿刺する(OPU用の超音波プローブには、吸引システムに接続された針用のチャネルが装備されている)。エコーグラフ画像ではその瞬間が表示されます。
    5. 吸入システムに接続された50mLコニカルチューブで濾胞液を吸引する。円錐の内容物を注ぐ大型ペトリ皿に入れ、実体顕微鏡を用いて卵丘 - 卵母細胞複合体(COC)を検索する。
    6. COCは常に卵胞液で回収されるわけではないので、5IU / mLのヘパリナットを含有するダルベッコ改変リン酸緩衝食塩水(DPBS)37℃で卵胞を洗い流す。ステップ1.1.5の卵胞液について先に記載したように、DPBSのCOC存在を調べる。 COCが回収されるまで数回洗い流します。
    7. 優性濾胞からのCOCが回収されると、ステップ1.1.3-1.1.4の優性濾胞について記載したように、≧5mmおよび≦25mmの濾胞を穿刺して洗い流す。 5以上≧25の小胞は黄体形成ホルモン/絨毛性ゴナドトロピン受容体(LHCGR)を発現しないため、卵母細胞はhCGに応答して成熟せず、GV期(未成熟)で収集される。卵丘細胞のいくつかの完全な層と褐色の細かく顆粒化した卵質を有するCOCのみを保持する。他の人は捨てる。
    8. OPUの終わりに、感染を防ぐために、雌雄にベンジル - ペニシリン15,000IU /動物を投与する。
    9. 少なくとも2時間静かできれいな安定した場所に馬を飼おう。他の動物の会社に牝馬を戻す前に、耳の位置、刺激に対する反応( 例えば騒音)、歩き方などを意識して兆候を確認します。
  2. インビトロ成熟
    1. ヘパリン1,790IU / L、0.4%ウシ血清アルブミン(BSA)、ペニシリン、およびストレプトマイシンを37℃に添加した温かいHEPES緩衝TCM199(20mM Hepes)。この媒体を事前に準備する。フィルター滅菌し、4℃で6ヶ月間保管してください。
    2. 50ng / mL表皮成長因子(EGF)および20%子ウシ血清7を補充してIVM培地を調製する(NaHCO 3緩衝化TCM199(25mM NaHCO 3 ))。新しいボトルを開けてから3週間以内にNaHCO 3を補充したTCM199を使用してください。 EGFを予め100倍のストックとして調製し、-20℃で凍結させる。6ヶ月以内に使用してください。 4ウェルディッシュのウェルに500μLを分注し、5%CO 2を含む加湿空気中、38.5℃で少なくとも2時間インキュベートする。
    3. ≧5および≦25 mmの卵胞からCOCを回収した後、2 mLのHEPES-TCM199を充填したペトリ皿(直径3.5 cm)に入れます。細胞破片を洗い流すためにCOCをディッシュの異なる領域に移動します。
    4. COCをIVM培地に移し、38.5℃で5%CO 2を含む加湿空気中で28時間インキュベートする。

2.免疫蛍光法と画像解析

  1. 染色体数
    1. 優性卵胞またはIVMの終わりに収集した後、38.5℃で5%CO 2を含む加湿空気中で100μMモナステロールと1時間COCをインキュベートする。モナストロールを100倍のストックとして事前に調製し、-20℃で最大1年間保管してください。
    2. 卵丘細胞を除去するそれらを0.5%ヒアルロニダーゼで処理することによって、または穏やかにピペッティングにより; 0.2%プロナーゼでそれを処理することにより透明帯を除去する。ヒアルロニダーゼとプロナーゼを予め10倍のストックとして調製し、-20℃で1年間保存してください。
    3. 38.5℃で15分間DPBS中の4%パラホルムアルデヒド中で卵母細胞を固定し、次いで4℃でさらに45分間固定する。
      注意!パラホルムアルデヒドを取り扱うときは、個人用保護具を着用し、有害廃棄物のガイドラインに従って汚染された物質を廃棄してください。
    4. 0.1%ポリビニルアルコール(PVA)を補充した500μLのDPBSで満たした3つのウェルに順次移すことによって卵母細胞を洗浄する。 0.3%Triton X-100中で室温(RT)で10分間浸透させる。
    5. RTで少なくとも30分間、1%ウシ血清アルブミン(DPBS-1%BSA)および10%正常ロバ血清を添加したDPBS中での非特異的結合をブロックする。試料は、4℃で3〜4日間ブロッキング溶液中で保存することができます。
    6. 一次染色のために、1%BSA(希釈1:50)を添加したDPBS中のウサギ抗Aurora B phospho-Thr232中の卵母細胞を4℃で一晩インキュベートする。
    7. ステップ2.1.4で説明したように卵母細胞を洗浄する。灰色のRTで1時間、テトラメチルローダミンイソチオシアネート(TRITC) - 抱合ロバ抗ウサギIgG(DPBS-1%BSA中1:100)の溶液中で卵母細胞をインキュベートする。
    8. ステップ2.1.4に記載されているように卵母細胞を洗浄し、ガラススライド上に20μMのYOPRO1を補充した1滴の非硬化性の退色防止培地に3-4個の卵母細胞を置く。すべての卵母細胞がマウントされるまで手順を繰り返します(1スライドあたり3〜4個の卵母細胞)。
    9. 卵母細胞をマウント培地中で約10分間沈降させ、次いでそれらをカバーグラスで覆う。卵母細胞を粉砕することを避けるために、ガラススライド上にカバーガラスを敷く前に、両面テープの2つのストリップを塗布する。
      注記:この予防措置は、すべてのサンプルがガラススライドdeとカバースリップ。ガラススライドは-20℃で凍結され、2〜3日後に画像化される。
    10. 赤色(セントロメア)および緑色(染色体)チャンネル7,13,14,20,21を使用して、60X対物レンズを備えた共焦点レーザー走査顕微鏡上のサンプルを画像化する。 z軸上の骨幹全体プレートにまたがるサンプルをスキャンし、0.35μmごとにステップを実行します。すべての単一計画のデジタル化されたイメージを保存します。
    11. NIH ImageJソフトウェアの細胞計数機能(https://imagej.nih.gov/ij/plugins/cell-counter.htmlから入手可能)を使用して、直列共焦点部分のセントロメアを計数する。
      注:隣接するセクションに表示されるセントロメアの繰り返しカウントを避けるには、数値コードを使用して連続したセクションに表示、滞在、消滅するセントロメアを特定します。
    12. 染色体を再現するステップ2.1.11で独立した演算子でuntingする。
      注:卵母細胞を倍数体(32染色体)、倍数体(32倍体)、または低倍体(<32)として分類する。
  2. スピンドル形態およびヒストンアセチル化
    1. 優性卵胞またはIVMの終わりに集めた後、ステップ2.1.2に記載されているように、0.5%ヒアルロニダーゼでの処理または穏やかなピペットで卵丘細胞を除去する。
    2. ステップ2.1.4のようにDPBS-PVAで卵母細胞を洗浄し、38℃で20分間2.5%パラホルムアルデヒドで固定する。ステップ2.1.4に記載されているようにして広範に洗浄し、0.1%Triton X-100で5分間室温で透過処理する。
      注意:パラホルムアルデヒドを取り扱うときは、個人用保護具を着用し、有害廃棄物のガイドラインに従って汚染物質を処分してください。
    3. 2%ウシ血清アルブミン(DPBS-2%BSA)、0.05%サポニン、および10%正常ロバ血清を添加したDPBS中での非特異的結合のブロックRTで2時間。
      注:サンプルは、4℃で3〜4日間ブロッキング溶液に保存することができます。
    4. 一次染色のために、0.05%サポニンを含むDPBS-2%BSA中、マウス抗アルファ - チューブリン(1:150)およびウサギ抗acH4K16(1:250)中の卵母細胞を4℃で一晩インキュベートする。
    5. ステップ2.1.4のように卵母細胞を洗浄する。 0.05%サポニンを含むDPBS-2%BSA中、緑色蛍光色素結合ロバ抗マウスIgG(1:500)およびTRITC結合ロバ抗ウサギIgG(1:100)の溶液中で卵母細胞を1時間インキュベートする。暗闇の中のRT。
    6. ステップ2.1.4のように卵母細胞を洗浄した後、1μg/ mLの4 '、6-ジアミジノ-2-フェニルインドール(DAPI)を補充した非硬化性の抗フェードマウント培地の液滴に3-4個の卵母細胞を置き、スライドガラスに。
    7. ステップ2.1.8で説明したように、卵母細胞をガラススライド上にマウントする。
    8. 赤色(acH4K16)、緑色(アルファ - チューブリン)、および青色(DNA)チャネルを使用して、60x対物レンズを備えた共焦点レーザー走査顕微鏡上のサンプルをイメージする。
      注:赤と青チャンネルのレーザー設定は、すべてのサンプルの取得中一定に保ちます。 0.35μmごとにステップを使用して、減数分裂紡錘体および星状板全体に及ぶ試料をz軸上で走査する。デジタル化された画像(単一の計画と投影された3D画像)を保存します。
    9. NIH ImageJソフトウェア(https://imagej.nih.gov/ij/docs/guide/146-30)の測定機能を使用して、投影画像上の最大幅での極 - 柱スピンドル長さおよびスピンドル直径を測定する。 .html)。それぞれ3回繰り返し、平均を計算する。
    10. NIH ImageJソフトウェアの統合密度関数(https://imagej.nih.gov/ij/docs/guide/146-30.html)を使用して、acH4K16の相対蛍光を定量する。それをDAPI染色の統合密度について標準化する。

mRNA発現の解析

  1. COCを5〜25mmの小胞から回収した後、顆粒膜細胞を収集するペトリ皿に残っている浮遊液を除去し、10,600×gで2分間遠心分離することにより冷たいDPBS中で2回洗浄する。液体窒素中で急速冷凍。サンプルを-80℃で6ヶ月間保存する。細胞は標準曲線のために働くであろう。
  2. 未成熟(GV)、 インビトロで成熟した、およびインビボで成熟した卵母細胞から、ステップ2.1.2に記載されているように卵丘細胞を慎重にすべて除去する。
  3. 2.1.4に記載されているように、卵母細胞をDPBS-PVA中で洗浄し、1μLの体積でそれらを単独で収集し、2μLのRNALaterを上に置く。液体窒素中でスナップフリーズする。サンプルを-80℃で6ヶ月間保存する。
  4. 2μgのルシフェラーゼ RNAを各サンプルにスパイクインとして加える 。 2 x 2の卵母細胞をプールし、小さなサンプルからRNAを回収するのに適したシリカメンブレンフィルターベースのキットを使用して全RNAを抽出する。
  5. 0.25μgのランダムヘキサマーおよびマウスモロニー白血病ウイルス逆転写酵素で10μLのRNAを逆転写し、37& 176℃。サンプルを-20℃で6ヶ月間保存する。
  6. RNAseを含まない水中の顆粒膜細胞からcDNAを50ng /μLに希釈する。この溶液を1:10に希釈して5ng /μL、0.5ng /μL、0.05ng /μL、および0.005ng /μL溶液を得る。
  7. 基質として0.05卵母細胞に相当するcDNA、または顆粒膜細胞cDNAの連続希釈物5μL、SYBRグリーンスーパーミックス10μLおよび各特異的プライマー0.3μMを用いて、反応あたり総量20μLで反応を3回組み立てる。 表1 )。
  8. 95℃で30秒間、60℃で30秒間、および72℃で20秒間を40回反復する3ステッププロトコールを使用して、サーマルサイクラーで反応を実行する。最後に、60℃から開始する融解曲線を取得し、95℃まで20秒ごとに0.5℃ずつ温度を上昇させます。
  9. 検量線を用いて、卵母細胞サンプル中の特定のmRNAの開始量(SQ)を評価する対象とする遺伝子のSQとハウスキーピング遺伝子のSQとの比としてデータを表現する。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

これらの実験の最初の知見は、以前に詳細に記載されており、記載されたプロトコルを使用して得ることができる結果の例としてここに報告されている。

成熟率

優性濾胞からO​​PUによって回収された32個のCOCのうち、28個(88%)がMII段階にあった。 5〜25mmの大きさの小胞から集められた58個のCOCの14個は、mRNA発現研究のための未熟な卵母細胞として直ちにスナップ凍結された。残りの44例はin vitroで成熟し、37例はMII段階(85%)に達した。成熟の効率は2つの群で有意に異ならなかった(Fisher's exact test P> 0.05)。

異数性率

IVMかどうかを調べるために、ca二次卵母細胞と最初の極体との間の忠実な染色体分裂を混乱させ、減数分裂I中の染色体分離の結果を表すので、MII段階の染色体数を数えた。 図1Aに示すように、抗オーロラBホスホ-Thr232抗体はウマ卵母細胞中の動原体領域を特異的に染色し、染色体の数を数えた。 インビトロ 成熟した卵母細胞は、インビボで成熟した卵母細胞と比較し異数性(5/11)により有意に影響された(0/12;フィッシャーの正確な検査、P <0.05; 図1B )。異数性卵母細胞(4/5)のほとんどは倍数体であった。したがって、異数性率は、染色体スプレッドで起こるように、染色体損失を決定する試料の調製におけるアーチファクトに起因しない。動原体領域の免疫染色も抗CENPA抗体および抗AURKB抗体で試みられたが、シグナルはなかった両方の場合において実現された(データは示されていない)。

H4K16のスピンドル形態およびアセチル化

図2に示すように、ポールツーポールスピンドルの長さと最大幅でのスピンドルの直径を測定しました。これらの測定によれば、インビトロ成熟卵母細胞(長さ14.57±1.7μmおよび直径13.56±0.91μm;未対合卵母細胞)と比較して、インビトロで成熟した卵母細胞は有意に長く(19.89±1.15μm)、より広い(17.28±0.81μm)試験、P <0.05)。同じサンプルでは、​​H4K16の全体的なアセチル化レベルも測定され、H4K16でのアセチル化が、インビボの対応物( 図2 、赤色)と比較してIVM卵母細胞で有意に低かったことが確認された

トランスの表現ヒストンアセチルトランスフェラーゼおよびデアセチラーゼをコードするスクリプト

ヒストンアセチル化 - 脱アセチル化プロセスに関与する遺伝子の発現がインビトロで成熟した卵母細胞において変化したかどうかをq-PCRによって調べた。推定標的としてヒストンアセチルトランスフェラーゼ1( HAT1 )、K-アセチルトランスフェラーゼ8 (KAT8 )、ヒストンデアセチラーゼ1( HDAC1 )、およびNAD依存性タンパク質デアセチラーゼサーチュイン1( SIRT1 )が同定された。未成熟、 インビトロで成熟した、およびインビボ成熟した卵母細胞におけるこれらの転写物の発現における有意差は、使用された標準化とは無関係に観察されなかった。具体的には、 図3に報告された転写発現分析の結果を、SQ法を用いて標準曲線に対して計算し、ハウスキーピンググリセルアルデヒド-3-リン酸デヒドロゲナーゼ( GAPDH )について正規化した。同様に、diffeルシフェラーゼのスパイクに対して正規化した場合またはΔΔct法を使用した場合(図示せず)に、腎臓が観察された。

ターゲット Fwプライマー Rvプライマー アンプリコンサイズ
ギャプド ATCACCATCTTCCAGGAGCGAGA GTCTTCTGGGTGGCAGTGATGG 241bp
HAT1 CTGACATGAGTGATGCTGAACA TAACGCGTCGGTAATCTTCC 219 bp
HDAC1 GAAGGCGGTCGCAAGAAT CCAACTTGACCTCCTCCTTGA 166bp
KAT8 ACTGGTCTTGGGTCCTGCTG GGGCACTTTTGAGGTGTTCC 198 bp
ルシフェラーゼ TCATTCTTCGCCAAAAGCACTCTG d> AGCCCATATCCTTGTCGTATCCC 148 bp
SIRT1 GACTCGCAAAGGAGCAGATT GGACTCTGGCATGTTCCACT 169bp

表1:プライマーセット。グリセルアルデヒド-3-リン酸デヒドロゲナーゼ( GAPDHヒストンアセチルトランスフェラーゼ1( HAT1ヒストン( HAT1 およびヒストンアセチルトランスフェラーゼ1( HAT1 )の5 '> 3'配列および予想されるアンプリコンサイズを脱アセチル化酵素1( HDAC1 K-アセチルトランスフェラーゼ8( KAT8、ルシフェラーゼおよびNAD依存性タンパク質デアセチラーゼサーチュイン1( SIRT1 )である。 参考文献7の許可を得て転載。

/55242fig1.jpg "/>
図1: インビトロおよびインビトロで成熟したウマの卵母細胞における異数性率。A )モナステロールで処理したMIIステージ馬卵子のオーロラBリン酸化Thr232(赤色)染色およびDNA(緑色)染色を示す代表的な画像。倍数性卵母細胞(32個の染色体)が示されている。スケールバー=5μm。 ( B )棒グラフは、インビボ (n = 12)およびインビトロ (n = 11)成熟卵母細胞における倍数体および異数性MII期卵母細胞の分布を示す。 *異数性率の有意差を示す(Fisher's exact test、P <0.05)。参考文献7の許可を得て転載。 この図の拡大版を見るには、ここをクリックしてください。

図2 図2: インビトロおよびインビトロで成熟したウマの卵母細胞におけるスピンドル測定およびH4K16アセチル化。 インビボ (n = 4)またはインビトロ (n = 14)成熟後のMII卵母細胞におけるチューブリン(緑色)、アセチル化H4K16(赤色)、およびDNA(青色)を示す代表的な画像。チューブリン画像は、スピンドルの長さおよび直径の測定に使用される軸を示す。スケールバー=5μm。参考文献7から変更。 この図の拡大版を見るには、ここをクリックしてください。

図3
図3:KAT8、 SIRT1HAT1 ImmatuのHDAC1Re、 In Vivo およびin vitro成熟卵母細胞。棒グラフは、 KAT8SIRT1HAT1の相対的mRNA発現の平均±SEMを表し HDAC1 ハウスキーピングとして使用される、 GAPDHの SQと比較した、興味のある転写物の開始量(SQ)として表される。未成熟(GV、n = 14)、 インビボ (n = 14)およびインビトロ (n = 12)成熟卵母細胞(一元配置ANOVA、 P > 0.05)の間に統計的差異は観察されなかった。参考文献7の許可を得て転載。 この図の拡大版を見るには、ここをクリックしてください。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

IVMは20年以上にわたって馬で行われてきたが、我々は卵母細胞が胚性異数性の起源であるかどうかはまだ分かっていない17 。その理由は、おそらく、染色体計数のための卵母細胞増殖の準備が、かなりの試料損失をもたらすことであろう。このことを念頭に置いて、染色体分離の誤りを調べるために用いた方法の調査を行って、馬の卵母細胞に適用する最も適切な技術を探索した。 1)染色体スプレッド5,18,19,2)蛍光in situハイブリダイゼーション(FISH)4,6,17,20,3)モナトロール崩壊スピンドルのセントロメアカウント

既に述べたように、ギムザ染色後の染色体スプレッドの調製は、サンプル損失の速度が速いために複雑である。この方法は、多くの場合、特定のプローブを用いて異なる染色体をマッピングするFISHに置き換えられました。 FISH技術の欠点は、少数のプローブが使用される場合、偽陰性の発生率が増加する( すなわち、欠損したまたは過剰な染色体がプローブされていないために異数性である細胞を正常であると特定する)ことである。したがって、FISHの信頼性の高い使用は、主に異数性によってより頻繁に影響を受ける染色体の先験的な知識に基づいている( 例えば、ヒトの21番染色体)。 FISHは、以前に2番染色体、2番染色体および4番染色体20に対する2つのプローブを用いて、ウマの胚における染色体異常を調査するために使用されてきた。これらの実験によれば、 インビトロで産生された胚の核は、インビボで産生された胚よりも染色体異常の影響を受けやすい。この知見は、IVM卵母細胞におけるモナストロール崩壊法を用いた上記の観察と一致する。しかし、IVM卵母細胞における異数性の発生率は、インビトロで産生された胚20 において FISHを用いて報告されたものよりもさらに高かった。この部分的な相違は、2つの染色体特異的プローブのみがFISH実験に使用されたという事実によって説明することができる。このアプローチは、他の染色体を含む異数性の発生率を過小評価している可能性があり、特に馬は32染色体を有すると考えている。しかし、それは厳しいaneuを除外することはできません重大な遺伝的異常の影響を受けた配偶子がさらに発達しない可能性があるため、卵母細胞で検出可能な倍数体は胚に維持されない。

モナトロール処理、染色体およびセントロメア染色、および共焦点顕微鏡検査の組み合わせは、最小の試料損失でMII段階の馬の卵母細胞における染色体数の一貫したカウントを可能にした。馬の卵母細胞についてこの技術を開発する際に遭遇する技術的限界は、馬特異的抗体の利用可能性であった。オーロラBホスホ(Thr232)を使用する前に、2つの他の抗体(抗オーロラBおよび抗CENPA)はセントロメア染色を生じなかった。注目すべきことに、抗オーロラBおよび抗CENPAは、ウシおよびヒト細胞ですでにうまく使用されている26,27,28;したがって、彼らは馬に特異的ではないと結論づけられました。この技術は、共焦点レーザーscanning顕微鏡および画像分析ソフトウェア。また、2つの独立した演算子によるブラインドカウントは、演算子に起因するアーティファクトを排除するために不可欠です。 monastrol collapsedスピンドルの染色体数は、細胞の形態をよりよく保存し、試料の損失を防ぐアプローチであるにもかかわらず、この技術は染色体の基本数の差異の観察のみを可能にする。 Karyotypingや場合によってはFISHによって明らかになる可能性のある他の染色体異常( 例えば転座、分節間相互作用など )については有益ではない。

染色体分離におけるエラーは、紡錘体および染色体免疫蛍光によっても調査されており、染色体数23,24,25は実施されていない。この場合、重度の異常および遅れたまたは散乱した染色体を有するスピンドルは、不規則な染色体の徴候と考えられる私の分離。従って、紡錘体から散乱された染色体は、インビトロで成熟した卵母細胞7 (異数性の影響を受けやすいクラス)で観察され 。しかし、染色体計数は、定量化可能な情報を伝達する利点を有する。

要約すると、記載された他の技術と比較して、モナストロールおよびセントロメア染色の使用は、サンプルの損失を防止し、偽陰性の発生を最小限にし、定量化できるという利点を有する。

エピジェネティックな改変の変化は、卵母細胞の異数性の発症における可能なメカニズムとして提唱されている18,24,25。三重蛍光染色を用いて、減数分裂紡錘体を視覚化し測定し、遅れ/散乱染色体を観察することが可能であった。同時に、抗体の開発のおかげで、H4K16のアセチル化レベルを同じサンプルで実施した。このアプローチは、分析に必要な卵母細胞の量を減らし、H4アセチル化をスピンドルの形態と相関させるという二重の目的に役立った。

共有タンパク質修飾の定量は、ウエスタンブロットによって行うことができる。しかしながら、この技術は、より大きなサンプルサイズを必要とし、形態学的研究のためにサンプルの完全性を保存しない。三重蛍光染色アプローチは、他のヒストン修飾に、そして潜在的に、異なる二次抗体によって認識され得る任意のタンパク質に適用することができる8 。唯一の制限要因は、ウマ特異的抗体の利用可能性である。この文脈では、著者らは、馬モデルへの関心を高めることは、この種の基本的な生物学的メカニズムの研究への関心を高め、したがって、開発専用のツールがあります。

最後に、逆転写および定量PCR(q-PCR)によって行われるヒストンデアセチラーゼ(HDAC)およびアセチルトランスフェラーゼ(HAT)をコードするmRNAの発現研究も記載されている。 q-PCRは広く普及した技術である。しかし、馬の卵母細胞に対するその使用は拡散していない。卵母細胞の成熟29中の転写活性の一般的なサイレンシングのために、全転写量の分析は、このバックグラウンドにおけるmRNAの安定性または分解を明らかにするのみであることを特定することが必須である 30,31インビトロ成熟とインビボ成熟との間の転写物の相対的発現の差異は観察されなかった。これらの知見は、翻訳および翻訳後の規制がIVMによって影響を受けることを示しており、翻訳および偽を調べることを目的とする他​​の実験的アプローチの開発の必要性を指摘している単一細胞レベルでの翻訳開始メカニズムを示す。

全体として、本研究は形態学的および生化学的に馬の卵母細胞を特徴付けるための実験的アプローチを記載する。このアプローチは、ヒトまたは絶滅の危機に瀕している種を含む同様の低い回収率によって同様に影響される他の種の卵母細胞に適用することができる。これらの研究は、哺乳動物の生殖生物学に関する知識を拡大し、不妊症の理解に寄与する。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Disclosures

著者は何も開示することはない。

Acknowledgments

著者たちは毎日超音波卵巣スキャンとhCG注射を行うために、レーザースキャニング共焦点顕微鏡(LSCM) フィリップ・バリエールとティエリー・ブラードのサポートについてFabrice Vincentに感謝したい。この作品は、「Regione Sardegna and Regione Lombardia」プロジェクト「Ex Ovo Omnia」(無償で26096200からAMLへ)によって部分的に支持されました。 「L'Oreal Italia per le Donne e la Scienza 2012」フェローシップ(2012年からFFへの契約)、FP7-PEOPLE-2011- CIG、Research Executive Agency(REA)「Pro-Ovum」(付与番号303640からVL)欧州ソーシャルファンド、人的資源開発セクター別運営プログラム2007〜2013(契約番号POSDRU / 89 / 1.5 / S / 62371〜IM)と共同で資金を調達した農林水産省獣医学部によって実施された。 in vivoでの卵母細胞の回収は、Françaisdu Cheval et de l'Equitation研究所によって資金提供された。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
ultrasound probe Aloka UST-5820-7,5
human chorionic gonadotrophin centravet CHO004 1,500 unit/animal IV
detomidine centravet MED010 9 - 15 µg/kg IV
butylscopolamine bromure centravet EST001 0.2 mg/kg IV
stereomicroscope NIKON SMZ-2B
butorphanol centravet DOL003 10µg/kg IV
benzyl-penicillin centravet DEP203 IM 15,000 UI/animal
TCM199 Sigma-Aldrich M3769 10X1L powder for hepes-buffered TCM199
Hepes sodium salt Sigma-Aldrich H3784-100G
bovine serum albumin Sigma-Aldrich A8806
heparin  Sigma-Aldrich H3149-10KU
NaHCO3-buffered TCM199 Sigma-Aldrich M2154-500ML liquid for IVM medium
epidermal growth factor Sigma-Aldrich E4127
newborn calf serum Sigma-Aldrich N4762-500ML
4-well dishes NUNCLON 144444
incubator Heraeus BB6060
monastrol Sigma-Aldrich M8515
hyaluronidase Sigma-Aldrich H3506
pronase Sigma-Aldrich P5147
paraformaldehyde Sigma-Aldrich P6148
polyvinyl alcohol Sigma-Aldrich 341584
triton-X 100 Sigma-Aldrich T8787
normal donkey serum Sigma-Aldrich D9663
rabbit anti-Aurora B phospho-Thr232 BioLegend 636102
TRITC-conjugated donkey anti-rabbit IgG Vector Laboratories 711-025-152
Vecta-Shield Vector Laboratories H-1000
YOPRO1 Thermofisher Scientific Y3603
confocal laser scanning microscope LSM 780 Zeiss
confocal laser scanning microscope LSM 700 Zeiss
ImageJ software rsb.info. nih.gov/ij/download.html free resource
mouse anti-alpha-tubulin Sigma-Aldrich T8203
rabbit anti-acH4K16 Upstate Biotechnology 07-329
AlexaFluor 488-coniugated donkey anti-mouse IgG Life Technologies A21202
4’,6-diamidino-2-phenylindole Sigma-Aldrich D8417 DAPI
centrifuge Eppendorf 5417R
RNALater Invitrogen AM7020
Luciferase RNA Promega L4561
PicoPure RNA Isolation Kit Applied Biosystems 12204-01
random hexamers Thermofisher Scientific N8080127
mouse Moloney leukaemia virus reverse transcriptase Thermofisher Scientific 28025013
SYBR green supermix BioRad 1708880
specific primers Sigma-Aldrich specific primers were designed using Primer3Plus software (free resource)
thermal-cycler BioRad MyiQ
mouse monoclonal anti-CENPA Abcam ab13939
mouse monoclonal anti-Aurora B Abcam ab3609

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Dellenbach, P. Transvaginal, sonographically controlled ovarian follicle puncture for egg retrieval. Lancet. 1, (8392), 1467 (1984).
  2. Humaidan, P. Ovarian hyperstimulation syndrome: review and new classification criteria for reporting in clinical trials. Hum Reprod. (2016).
  3. Pincus, G., Enzmann, E. V. The Comparative Behavior of Mammalian Eggs in Vivo and in Vitro : I. The Activation of Ovarian Eggs. J Exp Med. 62, (5), 665-675 (1935).
  4. Emery, B. R., Wilcox, A. L., Aoki, V. W., Peterson, C. M., Carrell, D. T. In vitro oocyte maturation and subsequent delayed fertilization is associated with increased embryo aneuploidy. Fertil Steril. 84, (4), 1027-1029 (2005).
  5. Nichols, S. M., Gierbolini, L., Gonzalez-Martinez, J. A., Bavister, B. D. Effects of in vitro maturation and age on oocyte quality in the rhesus macaque Macaca mulatta. Fertil Steril. 93, (5), 1591-1600 (2010).
  6. Requena, A. The impact of in-vitro maturation of oocytes on aneuploidy rate. Reprod Biomed Online. 18, (6), 777-783 (2009).
  7. Franciosi, F. In vitro maturation affects chromosome segregation, spindle morphology and acetylation of lysine 16 on histone H4 in horse oocytes. Reprod Fertil Dev. (2015).
  8. Franciosi, F. Changes in histone H4 acetylation during in vivo versus in vitro maturation of equine oocytes. Mol Hum Reprod. 18, (5), 243-252 (2012).
  9. Choi, Y. H., Gibbons, J. R., Canesin, H. S., Hinrichs, K. Effect of medium variations (zinc supplementation during oocyte maturation, perifertilization pH, and embryo culture protein source) on equine embryo development after intracytoplasmic sperm injection. Theriogenology. (2016).
  10. Hendriks, W. K. Maternal age and in vitro culture affect mitochondrial number and function in equine oocytes and embryos. Reprod Fertil Dev. 27, (6), 957-968 (2015).
  11. Carnevale, E. M. The mare model for follicular maturation and reproductive aging in the woman. Theriogenology. 69, (1), 23-30 (2008).
  12. Ginther, O. J. The mare: a 1000-pound guinea pig for study of the ovulatory follicular wave in women. Theriogenology. 77, (5), 818-828 (2012).
  13. Chiang, T., Duncan, F. E., Schindler, K., Schultz, R. M., Lampson, M. A. Evidence that weakened centromere cohesion is a leading cause of age-related aneuploidy in oocytes. Curr Biol. 20, (17), 1522-1528 (2010).
  14. Duncan, F. E., Chiang, T., Schultz, R. M., Lampson, M. A. Evidence that a defective spindle assembly checkpoint is not the primary cause of maternal age-associated aneuploidy in mouse eggs. Biol Reprod. 81, (4), 768-776 (2009).
  15. Larionov, A., Krause, A., Miller, W. A standard curve based method for relative real time PCR data processing. BMC Bioinformatics. 6, (62), (2005).
  16. Choi, Y. H., Hochi, S., Braun, J., Sato, K., Oguri, N. In vitro maturation of equine oocytes collected by follicle aspiration and by the slicing of ovaries. Theriogenology. 40, (5), 959-966 (1993).
  17. Hassold, T., Hunt, P. To err (meiotically) is human: the genesis of human aneuploidy. Nat Rev Genet. 2, (4), 280-291 (2001).
  18. Akiyama, T., Nagata, M., Aoki, F. Inadequate histone deacetylation during oocyte meiosis causes aneuploidy and embryo death in mice. Proc Natl Acad Sci U S A. 103, (19), 7339-7344 (2006).
  19. Homer, H. A. Mad2 prevents aneuploidy and premature proteolysis of cyclin B and securin during meiosis I in mouse oocytes. Genes Dev. 19, (2), 202-207 (2005).
  20. Rambags, B. P. Numerical chromosomal abnormalities in equine embryos produced in vivo and in vitro. Mol Reprod Dev. 72, (1), 77-87 (2005).
  21. Nabti, I., Marangos, P., Bormann, J., Kudo, N. R., Carroll, J. Dual-mode regulation of the APC/C by CDK1 and MAPK controls meiosis I progression and fidelity. J Cell Biol. 204, (6), 891-900 (2014).
  22. Shomper, M., Lappa, C., FitzHarris, G. Kinetochore microtubule establishment is defective in oocytes from aged mice. Cell Cycle. 13, (7), 1171-1179 (2014).
  23. Luzzo, K. M. High fat diet induced developmental defects in the mouse: oocyte meiotic aneuploidy and fetal growth retardation/brain defects. PLoS One. 7, (11), e49217 (2012).
  24. Ma, P., Schultz, R. M. Histone deacetylase 2 (HDAC2) regulates chromosome segregation and kinetochore function via H4K16 deacetylation during oocyte maturation in mouse. PLoS Genet. 9, (3), e1003377 (2013).
  25. Yang, F., Baumann, C., Viveiros, M. M., De La Fuente, R. Histone hyperacetylation during meiosis interferes with large-scale chromatin remodeling, axial chromatid condensation and sister chromatid separation in the mammalian oocyte. Int J Dev Biol. 56, (10-12), 889-899 (2012).
  26. Luciano, A. M. Oocytes isolated from dairy cows with reduced ovarian reserve have a high frequency of aneuploidy and alterations in the localization of progesterone receptor membrane component 1 and aurora kinase B. Biol Reprod. 88, (3), 58 (2013).
  27. Luciano, A. M., Lodde, V., Franciosi, F., Ceciliani, F., Peluso, J. J. Progesterone receptor membrane component 1 expression and putative function in bovine oocyte maturation, fertilization, and early embryonic development. Reproduction. 140, (5), 663-672 (2010).
  28. Terzaghi, L. PGRMC1 participates in late events of bovine granulosa cells mitosis and oocyte meiosis. Cell Cycle. 1-14 (2016).
  29. Susor, A., Jansova, D., Anger, M., Kubelka, M. Translation in the mammalian oocyte in space and time. Cell Tissue Res. 363, (1), 69-84 (2016).
  30. Chen, J. Genome-wide analysis of translation reveals a critical role for deleted in azoospermia-like (Dazl) at the oocyte-to-zygote transition. Genes Dev. 25, (7), 755-766 (2011).
  31. Ma, J., Flemr, M., Strnad, H., Svoboda, P., Schultz, R. M. Maternally recruited DCP1A and DCP2 contribute to messenger RNA degradation during oocyte maturation and genome activation in mouse. Biol Reprod. 88, (1), 11 (2013).
馬の卵母細胞における染色体分離、ヒストンアセチル化およびスピンドル形態の解析
Play Video
PDF DOI DOWNLOAD MATERIALS LIST

Cite this Article

Franciosi, F., Tessaro, I., Dalbies-Tran, R., Douet, C., Reigner, F., Deleuze, S., Papillier, P., Miclea, I., Lodde, V., Luciano, A. M., Goudet, G. Analysis of Chromosome Segregation, Histone Acetylation, and Spindle Morphology in Horse Oocytes. J. Vis. Exp. (123), e55242, doi:10.3791/55242 (2017).More

Franciosi, F., Tessaro, I., Dalbies-Tran, R., Douet, C., Reigner, F., Deleuze, S., Papillier, P., Miclea, I., Lodde, V., Luciano, A. M., Goudet, G. Analysis of Chromosome Segregation, Histone Acetylation, and Spindle Morphology in Horse Oocytes. J. Vis. Exp. (123), e55242, doi:10.3791/55242 (2017).

Less
Copy Citation Download Citation Reprints and Permissions
View Video

Get cutting-edge science videos from JoVE sent straight to your inbox every month.

Waiting X
simple hit counter