閉塞性睡眠時無呼吸における目標制御注入(TCI)とバイスペクトル解析による薬剤誘発性睡眠内視鏡検査(DISE)

Medicine

Your institution must subscribe to JoVE's Medicine section to access this content.

Fill out the form below to receive a free trial or learn more about access:

 

Summary

本研究の目的は、閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)で閉塞パターンを区別するために睡眠内視鏡検査のための標準化されたプロトコルを確立することでした。鎮静の目標制御注入(TCI)のバイスペクトル分析を使用して鎮静の深さをリアルタイムでモニタリングと組み合わせました。

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations | Reprints and Permissions

Traxdorf, M., Tschaikowsky, K., Scherl, C., Bauer, J., Iro, H., Angerer, F. Drug-Induced Sleep Endoscopy (DISE) with Target Controlled Infusion (TCI) and Bispectral Analysis in Obstructive Sleep Apnea. J. Vis. Exp. (118), e54739, doi:10.3791/54739 (2016).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

本研究の目的は、閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)で閉塞パターンを区別するための薬物誘発性睡眠内視鏡検査(DISE)のための標準化されたプロトコルを確立することでした。鎮静薬プロポフォールの目標制御注入(TCI)のバイスペクトル分析を使用して鎮静の深さをリアルタイムでモニタリングと組み合わせました。

観察研究では57人の患者が(、44.8年±SD 10.5平均年齢、BMI 28.2キロ/ m 2であり、±SD 5.3を意味する、無呼吸低呼吸指数(AHI)30.8 / hrで、±SD 21.6平均)とのDISE続い心肺睡眠ポリグラフを受けましたTCIとバイスペクトル分析。睡眠は、2.0μgの/ mlの初期目標血漿レベルで、TCIポンプとプロポフォールの静脈内注入によってのみ誘導されました。患者の呼吸の継続的な監視の下では、意識とバイスペクトル分析の値の状態は、対象の血漿中プロポフォールレベルがデまで0.2 / mlの/ 2分の段階で育ちました鎮静の産ま深さに達しました。鎮静の目標深さでのバイスペクトル分析の平均値が決定され、DISE-TCI-バイスペクトル分析時の閉塞パターンは、その後、投票システムに応じて分類しました。その後の結果は、睡眠ポリグラフと身体測定データに基づいて分析しました。 OSAの重症度のすべての度渡ってマルチレベルの閉塞部位の発生は、上気道手術前に睡眠内視鏡検査の必要性を明確にしています。

この技術の利点はあっても、患者の不均質なグループのためのプロトコルの再現性です。また、バイスペクトル指数のリアルタイム制御とプロポフォールの血漿レベルの緩やかな制御された、標準化の増加は、鎮静の、正確に制御深さにつながります。 DISE-TCI-バイスペクトル解析手順睡眠内視鏡検査の必要な再現可能なプロトコルへの第一歩である - 標準化することができます。しかし、それはまだwが知られていませんhetherこれらの観察された閉塞パターンも自然な睡眠における知見に対応しています。

Introduction

閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)は、睡眠中の上気道の完全な(無呼吸)または部分的(低呼吸)崩壊の繰り返しの段階に​​よって特徴づけられます。これらのフェーズは、多くの場合、動脈血酸素飽和度の低下と覚醒によって引き起こされる睡眠の断片化と関連しています。女性1で5% -男性では7%と2 -一般集団で昼間の症状を伴うOSAの報告有病率は3です。 60%2 -重度のOSAに中等度の治療でのゴールドスタンダードは、国際的には約40として報告されているコンプライアンスのための経鼻的持続気道陽圧呼吸(nCPAP)、です。 4未満の時間3のために定期的にOSA患者の83% -この処理は29で使用されます。 CPAP使用の長期的なコンプライアンスに関する正と負の両方の予測因子は、よく、今日4知られています。また、感情的および臨床的な副作用は、多くの場合、かなりのコンプライアンスを低下させます。このような上気道手術番目のような代替治療の選択肢erefore OSAの治療において重要な役割を果たす。しかしながら、手術の成功率(応答速度)が換気療法と比較して相対的に低いことが問題である5,6。

これは、1991年クロフトとプリングルによって睡眠内視鏡検査の導入は、OSAの病態生理へのさらなる洞察を提供するだけでなく、個別の外科治療7を介して応答速度を向上させる可能性があることを期待されました。早ければ2011年のように、デ・ヴィートによる研究安全性、安定性および精度8に対する目標制御注入(TCI)とバイスペクトル分析に基づいて、調査技術を使用することの利点を実証しました。一方で、睡眠内視鏡検査の妥当性と信頼性は、これまで2014年の欧州ポジションペーパーので、それが標準化9-11への道上にあり、確立されています。本研究の目的は、睡眠のための標準化されたプロトコルを確立することであるendoscopOSA-重症度に応じて障害物のパターンを区別するために、バイスペクトル分析を用いて鎮静の深さのリアルタイム監視と組み合わせた鎮静剤プロポフォールの目標制御注入によるY、。

症例提示:

研究デザイン:

後ろ向き研究は、地元の倫理委員会による承認後、2012年9月と2014年11月の間フリードリヒ・アレクサンダー大学エアランゲン・ニュルンベルク科耳鼻咽喉科の、頭頸部外科で行われました。 20〜73歳のすべての57参加した患者は、耳鼻咽喉科、頭頸部外科によって募集されました。 52人の患者は、男性と女性5人でした。標準化されたインタビューに加えて、彼らは耳鼻咽喉科医によって検査され、上気道を評価する目を覚まし内視鏡検査を受けました。心肺睡眠ポリグラフは、その後、学科の中で行われました彼らの睡眠関連呼吸障害の正確な分類を可能にするために睡眠検査室。睡眠医学タスクフォース12のアメリカアカデミーの基準に従って、 - (15 / hrでAHI 5)(> 15 <30 / hrでAHI)または重度(AHI> 30 /時間)中程度のOSAの重症度は軽度に分類されました。睡眠内視鏡検査のための指示は、上気道(一次適応症)の計画された外科的介入のコンテキストでまたはNCPAP非準拠(二次またはアジュバント表示)の場合に設立されました。

睡眠ポリグラフによって診断、軽度、中等度または重度のOSAで75年 - この研究のための包含基準は、18歳の男性と女性でした。除外基準は、米国麻酔学会分類(ASA)IV / V、中枢性睡眠時無呼吸、鎮静剤、アルコールや依存性薬物、プロポフォールに対するアレルギー、妊娠中の女性の誤用の正履歴でした。

診断、評価、およびプラン:

車diorespiratory睡眠ポリグラフ(PSG):

睡眠ポリグラフは、33チャンネル心肺診断システムを用いて行きました。ポリグラフの診断のための技術的な手順は、脳波を用いて、標準化された技術で睡眠医学のアメリカアカデミー(AASM)の勧告に従った(EEG; F4-M1、C4-M1、O2-M1)、右眼電位左、オトガイと脛骨筋、鼻腔圧力カニューレ、胸部と腹部の呼吸努力センサ(誘導プレチスモグラフ)、ボディ位置センサ、パルス酸素濃度計、いびきマイクの電は、1チャンネルECGおよび赤外線ビデオは13を記録します。評価はAASM基準に従って行った(バージョン2.0、2012)とドイツ睡眠学会(DGSM)13、14の公認医療睡眠の専門家によって行われました。睡眠ポリグラフは、OSAを確認した後、すべての57人の患者は、標準化されたプロポフォールベースの薬剤誘発性SLEを受けましたTCIとバイスペクトル分析(DISE-TCI-バイスペクトル分析)とEP内視鏡検査(DISE)。

術前の準備:

筋弛緩効果に、ベンゾジアゼピンとの前投薬は、診断目的のためだけに行わ睡眠内視鏡検査の場合には与えられませんでした。睡眠内視鏡検査を予定外科処置中に行われた場合には、クロニジンを考慮に対応する禁忌を取って、ベンゾジアゼピンのための代替として、前投薬のために使用しました。

障害物の分類:

投票システムは、分類の目的15のために使用しました。障害物の以下のサイトを考慮した:帆、中咽頭(横口腔咽頭壁、扁桃)、舌根と喉頭蓋。閉塞の重症度は3段階(;部分と完全閉塞無閉塞)に分割しました。障害物の構成は、前部ポストに分けましたerior、横方向と同心。

目標制御注入(TCI):

目標制御注入(TCI)は、血液中の標的濃度を達成するために、マイクロチップ制御注入ポンプを使用して、薬の注入を説明します。この方法の目的は、指定された(定義された)血漿レベルまたは効果部位TCIの場合の効果レベルに基づいて一定の効果( 例えば、鎮静)の迅速な達成と維持です。血漿レベルまたは効果部位レベルの計算は、ボランティア人口16-18で決定された薬理学的半減期値と分配係数を使用します(マーシュまたはシュナイダーに応じて)薬物動態3コンパートメントモデルに基づいています。迅速に達成し、血漿中のプロポフォールの指定された目標レベルを維持するのに必要な注入速度を自動的に計算し、注入ポンプによって制御されます。本研究は、注入ポンプからなるシステムとデータMAを使用しましたマーシュの事前にプログラムされた薬物動態モデルと一緒にnager。鎮静の目的深度が同時にバイスペクトル分析によってモニターしました。

バイスペクトル解析:

バイスペクトル分析/インデックスは、脳内の電気的活動と相関しています。バイスペクトル分析レコードのモニタは、様々な独自のアルゴリズムの助けを借りて、EEGパワースペクトルの分布を分析し、EEG信号を前頭と。バイスペクトル指数は0と100 19の間の無次元数です。一般的に、90程度の値は、高周波ベータ波の優勢を反映し、患者が起きていることを示しています。 10以下のバイスペクトル分析値は、EEG抑制20,21を示しています。このスケールは、したがって、脳に鎮静剤の効果の間接的な測定を提供します。麻酔の十分な深さを維持し、患者の望ましくない術中覚醒を回避するために、BISP60 <のectralインデックスが推奨されます。一方、<40のバイスペクトル指数の値が不必要に深い麻酔を防止するために、避けるべきです。

すべての睡眠内視鏡検査は、睡眠医学(TM 59.6パーセント(57分の34)、AF 40.4パーセント(57分の23)で追加の資格を持つ経験豊富な2耳鼻咽喉科コンサルタントによって行われました。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

プロトコルは、フリードリヒ・アレクサンダー大学エアランゲン・ニュルンベルク(FAU)の地域倫理委員会のガイドラインに従います。

1. DISE-TCI-バイスペクトル解析手順

  1. 静脈穿刺を行い、鎮静剤を投与するための静脈アクセスを得るために、手の甲や肘正中皮静脈の左患者にIVカテーテルを配置します。
  2. 室温(22℃)で調査を行います。
  3. 手術室の中に目を覚まし患者を持参してください。手術台に仰臥位で患者を置きます。
  4. この後、麻酔科医は、バイタルサインの監視システムに接続しています。 3分間隔で周辺パルス酸素濃度計、3チャネルのECGと非観血血圧測定による全手順中に患者をモニタリング。
  5. 麻酔科医と麻酔機器の両方が患者の左側にあることを確認してください。
  6. 麻酔科医の場所を持っているとtを修正バイスペクトル分析のために、彼はシングルユースセンサー。
    1. これを行うには、消毒剤で皮膚を拭くと、それが乾燥してみましょう。
    2. 斜めに患者の額に位置センサ(4相互接続された接着剤電極):額の中央に一方の電極(数1)、電極2と直接目や髪の生え際の角の間のテンプルに眉と電極4上記3。
    3. バイスペクトル分析モニタにインタフェースケーブルを介してセンサを接続します。プレス電極をしっかりと撮像素子の自動テストに合格していることを確認します。
  7. 麻酔科医は、マーシュ17の予めプログラムされた薬物動態学的モデルとデータ・マネージャーにプロポフォールの患者の個々の性別、年齢、身長、体重および血漿目標濃度を入力してもらいます。
    注:このモデルによると、TCI-データマネージャは、プロポフォールの注入速度を計算し、確立し、自動的に設定された目標血漿中濃度を維持するために接続されたTCI注入ポンプを作動させます。
  8. 手術室で光を暗く。
  9. 2.0 / mlの初期目標血漿レベルとTCI注入ポンプとプロポフォールの静脈内注入によってのみ睡眠を誘発します。
  10. 鎮静の所望の深さに達するまで、患者の呼吸、意識とバイスペクトル分析の値の状態を連続的に監視の下では、/ミリリットル/ 2分の0.2μgの段階での目標血漿中プロポフォールレベルを上げます。
    注:鎮静の目標深さは維持し自発呼吸および/またはいびきを開始および/または内視鏡または麻酔医との審査官によって観測された閉塞性無呼吸と睡眠の患者(目を閉じ)、です。
  11. 鎮静の目標深さでのバイスペクトル分析の録音を手動平均値。
  12. 次の患者に右側のヘッドレベルでの内視鏡スタンドで審査官を持っています。
  13. 鎮静の目標深さでは経鼻infを介して、柔軟な繊維の内視鏡を挿入erior鼻道。
  14. 内視鏡検査を撮影し、デジタルで保存します。製造業者の指示に従って、画像取得システムを使用。
    注:鼻中隔のずれや劣る甲介の肥大の場合には、大径の下鼻道を選択すべきです。
  15. 鼻咽頭限り下咽頭入口から先端方向に近位にvideoendoscopyによって上気道を調べます。
  16. 閉塞部位(単数または複数)(帆、中咽頭、舌根、喉頭蓋)および構成/障害物のパターン(前後、横、同心円状)と度/重大度(無閉塞/振動のない、部分的な閉塞/振動、完全閉塞を分類し鎮静15の目標深さでの投票システムに応じて/崩壊)。
  17. 分離された睡眠内視鏡検査の場合には、内視鏡検査を完了した後にプロポフォール注入を停止することにより、患者の鎮静を終了します。
  18. トンで計画された外科処置の一部として彼の睡眠内視鏡検査の場合、麻酔科医は、(TCIモードでのレミフェンタニルを使用して、 例えば )オピオイドの注入を開始することで、総静脈麻酔を実行してみましょうし、プロポフォールの注入を増加させる( 例えば 、4μgのにTCIレベルを設定/ ml)を意識消失まで。筋弛緩剤( 例えば、ロクロニウム)を注入し、患者に挿管。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

患者の特徴を表1に示します。鎮静の所望の深さでのバイスペクトル分析の平均値は60(SD 10.4、範囲±35から80;間隔42.0 95%信頼 - 47.6)でした。障害物の単一または複数の組み合わせのサイトでは、OSAの重症度のすべてのレベルにわたって発見されました。障害物の同定された部位は、周波数の順に、あった:軟口蓋59.6パーセント(57分の34)、舌根43.9パーセント(57分の25)、中咽頭42.1パーセント(57分の24)や喉頭蓋29.8パーセントのレベルで(57分の17)。軟口蓋または口腔咽頭障害物は、それぞれの場合に単離された、または組み合わせて、患者の49.1%(57分の28)で見られました。すべてのOSA患者の38.6パーセント(57分の22)が閉塞し、61.4パーセント(57分の35)は、少なくとも2つの部位の単一の部位を示しました。閉塞部位の構成は、OSAの重症度( 図1)に応じて異なります。

軽度のOSA

「FO:キープtogether.within-ページは= "1">患者の特徴を表1に示した軽度のOSA患者で、半数以上(53.8パーセントが(7/13))単一で完全閉塞を示しました。部位( 図2)。つ以上の閉塞部位46.2%(6/13)で存在しました。

適度なOSA

患者の特徴を表1に示します。適度なOSA患者の半数(52.6パーセント(10/19))の上に二つ以上の部位で閉塞を示す47.4パーセント(9/19)で、孤独な完全閉塞( 図3)を有しいました。

重度のOSA

患者の特徴を表1に示します。重度のOSA患者の唯一の20.0%(5/25)は、単一のサイトで障害物を示した( 図4 図5)。

図1
図1:妨害パターンの有病率(%で)(x軸)OSA重症度によります。一つ一つの閉塞部位は100%以上がOSAの各学年に応じて累積的に達成することができ、マルチレベルの崩壊内で複数回発生する可能性があるという事実によります。 この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

"図2" 図2:軽度のOSA。上気道閉塞部位(有病率%および上気道閉塞部位の比率)のすべての可能な関係を示すベン図。 この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

図3
図3:中程度のOSA。上気道閉塞部位(有病率%および上気道閉塞部位の比率)のすべての可能な関係を示すベン図。 この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

図4
図4:重度のOSA。上気道閉塞部位(有病率%および上気道閉塞部位の比率)のすべての可能な関係を示すベン図。 この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

図5
図5:(%)で有病率軟口蓋閉塞パターン(x軸)のOSA重症度によります。 この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

表1
表1:患者の特徴。 SD =標準偏差、BMI =体格指数(キログラム/ m 2)で、AHI = APNE低呼吸指数(/時)。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

閉塞部位を検出するために、自発的な睡眠中に柔軟な光ファイバrhinopharyngolaryngoscopyを使用して、最初の実験は、1970年代22早けれとして記載されました。しかし、この調査手法のルーツは、最初は純粋に記述的な病態生理学的な性質のでした。このような藤田口蓋垂口蓋咽頭形成術(UPPP)としてOSAを治療する外科的技術の確立時に、それは、しかし、操作の成功は、患者23の慎重な術前の選択に明らかに依存していたことが示されました。 1991年プリングルとクロフトによる薬剤誘発性睡眠内視鏡検査(DISE)の導入は、患者の選択の史上初の客観的な方法とOSA患者7で得られた個別の治療概念につながりました。その後の数年間で、DISEの世界的な人気が増加し、多数の睡眠内視鏡検査プロトコルが公開されました。患者の約年間で数多くの論争の議論へ選挙は、 などの鎮静、障害物の分類、有効性、信頼性、自発的な睡眠への結果の適用可能性、の選択、手続きのための標準プロトコルを確立することは不可能でした。一つの小さなマイルストーンは、この検査法11の標準化への最初のアプローチとして機能するようになっているDISEに関する欧州ポジションペーパーの2014年に出版しました。

それは2 TCIの標準化した技術やバイスペクトル分析を組み合わせたことで、この研究で説明DISE手順は、標準化プロセスにさらに一歩進みます。 TCIの一環として、患者個別の薬物動態と鎮静剤(プロポフォール)の動的監視は、バイスペクトル監視の助けを借りて達成されるべき鎮静の所望の深さを可能にします。 70 11 -バイスペクトル分析の我々の結果の平均値(60±10.4)は50の、既に説明したターゲットの廊下に対応しています。標準化されたTプロポフォールのための母集団薬物動態モデルに基づいているCIプロトコルは、また、患者の体重、身長、性別、年齢に固有の鎮静を可能にします。それは結果が異なるセンターの今後の調査で再現可能なので、比較可能にするための基本的な要件です。

あるいは、バイスペクトル指数の監視に、EEG-分析は鎮静の深さを制御するために実行することができます。しかし、生の脳波データは解釈が困難と間および個体内変動によってバイアスする傾向があります。バイスペクトル指数の利点は、0と100との任意の審査官の解釈とは独立の間に無次元数であるという事実です。また、中央値またはスペクトルエッジ周波数のような脳波パワースペクトル解析によって得られた処理されたパラメータは、バイスペクトル指数の監視に比べてはるかに少ない使用され、術中の設定で評価されています。従って、バイスペクトル分析は、現在最高の臨床的です評価され、容易に得られるパラメータは、鎮静の深さを判断し、研究結果の比較を可能にします。

プロポフォール注入の血漿TCIモード、効果部位(脳)の代替としてTCIを用いてもよいです。ただし、このモードと同じ目的の標的濃度を用いて、患者は、ほとんどの場合、このような低血圧、意図しない深い鎮静および無呼吸のようなより多くの負の副作用に直面することになります。これはすぐにセット効果部位濃度を達成するために実装された薬物動態プロトコルの結果として、非常に高いとプロポフォールの血漿レベルをオーバーシュートによるものです。睡眠内視鏡検査時の臨界低酸素症を回避するために、鼻酸素カテーテルが反対側の鼻孔及び酸素流内に配置することができる(3 - 5リットル/分)を適切な周辺の酸素飽和度を維持するように調整することができます。患者の再酸素化と検査の不要な中断は、このように抑制することができます。

preoperaの値広く古典軟口蓋の操作として実行されている - - 的な睡眠内視鏡検査は、間接的にUPPPの成功率から測定することができ、また、マルチレベルの手術の。現在の文献では、平均は、非選択された患者におけるUPPPの成功率は33%と50%の5の間であると報告しました。排他的に軟口蓋のレベルで臨床的に疑われる障害物との選択されたグループでは、報告された成功率は52.3パーセント5です。私たちの調査では、OSAの重症度のすべてのレベルにわたって、私たちは帆や中咽頭または両方のレベルで49.1パーセント(57分の28)障害物を観察しました。この文献では、両方の<50%の選択及び非選択された患者群におけるUPPPの応答速度を確認することになります。

侵襲的な、マルチレベルの手術の面では、(シェールに従って)手術の成功率は、ドイツS2E-ガイドラインに記載さ約53.8パーセント5,6です。このメタ分析の結果は、全Oに基づいていますF 66レトロスペクティブ研究および平均AHI 40.17と将来のケースシリーズ。最も興味深い事実は睡眠内視鏡検査が唯一の66の研究(4.5%)の3で行ったということです。覚醒患者における調査は、特にレベルで、障害物のパターンを過小評価することは、様々な研究で示すことができたが、残りの研究では、障害物の部位を検出する唯一の技術は、剛性光学素子や柔軟rhinopharyngolaryngoscopyきっかけに、時には座った患者でした舌根、喉頭蓋及び下咽頭24、25の。ドイツS2E-ガイドラインでマルチレベルの手術で治療された患者に関する我々の研究の結果を適用すると、喉頭蓋に少なくとも一つの閉塞部位は、重度のOSAの患者の52%で期待されるべきです。マルチレベルの手術で53.8パーセントの貧弱な応答速度は、したがって、潜在的な閉塞部位「喉頭蓋は「時々過小診断されており、連続して完全に治療されていない可能性があることを示唆しているかもしれません。私このn個の結論は、特に重度のOSA患者では、事前介入睡眠内視鏡検査の賛成で別の引数です。

VOTE-分類の制限要因は、しかし、それはプライマリ(独立崩壊喉頭蓋)を区別しませんまたはセカンダリ(喉頭蓋が喉頭蓋吸引現象による連続した気道閉塞と舌根によって後方に押されている)という事実であります喉頭蓋崩壊。 、中程度(5.3%; 10.5%)、重度のOSA(12%; 40.0%)、私たちの集団では、軽度(7.7%0%)のプライマリおよびセカンダリ喉頭蓋崩壊の増加有病率を見つけることができます。

我々の調査結果は、1249睡眠内視鏡検査のベルギーの研究と比較している場合、私たちの比較的小さなグループにもかかわらず、流通、閉塞部位の両方の周波数が再現可能(口蓋/軟口蓋を表示されていることは明らかである:81%Vroegop らアル 59.6パーセント;舌根:46.6パーセントVroegop ら。 43.9パーセント。下咽頭/喉頭蓋:38.7%Vroegop ら。 29.8パーセント、マルチレベル:68.2パーセントVroegop ら。 61.4パーセント)26 。ベルギーの研究では鎮静がミダゾラム(呼吸うつ効果の筋弛緩ベンゾジアゼピン)とプロポフォールで達成されたのでしかし、結果の転写性が依然、問題が残っています。また、鎮静の深さを客観的に測定されなかった - さらに結果の比較可能性を制限します。これは、睡眠内視鏡検査のさらなる標準化を提唱するためのもう一つの理由です。さらに、それはまだ、睡眠内視鏡検査及び処置の決定への影響で得られた結果は、最終的にも外科的転帰の改善につながることが示されなければなりません。私たちのプロトコルの制限要因は、とDISEに障害物のパターンを比較するデータが存在しないという事実であります自然な睡眠中の閉塞パターン。これは、例えば、自然な睡眠の磁気共鳴イメージング中に閉塞パターンとDISEの間に障害物のパターンを比較することによって、今後の調​​査の対象とすべきです。

マルチレベルの閉塞がで、重度のOSAの症例の80%に存在するという事実は、喉頭蓋の関与を示す場合(52%)の半分以上が、計画された上気道手術前に睡眠内視鏡検査の必要性を示しています。これは術後の転帰を改善するという点でも同様です。 DISE-TCI-バイスペクトル解析手順睡眠内視鏡検査の必要な再現可能なプロトコルへの第一歩である - 標準化することができます。これらの観察された閉塞パターンはまた、自然な睡眠における知見に対応しているかどうかしかし、それはまだ知られていません。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Materials

Name Company Catalog Number Comments
Cardiorespiratory polysomnography 
SOMNOscreen  SOMNOmedics, Randersacker, Germany SBT202
Sedation
Propofol-Lipuro 20 mg/ml; 2,6-diisopropylphenol B. Braun Melsungen AG, Melsungen, Germany
Target-controlled infusion (TCI)
Infusion pump Orchestra Module DPS Visio Fresenius Kabi, Germany GmbH  Z082420
Data manager Orchestra Base Primea Fresenius Kabi Germany GmbH Z081320
Bispectral analysis (BIS)
BIS single-use electrode BIS Quatro Sensor Covidien, Neustadt/Donau, Germany GmbH 186-0106
BIS monitor BIS VISTA Covidien, Neustadt/Donau, Germany GmbH 186-0210
Endoscope 
Laryngo fiberscope, length 30 cm, diameter 3.5 mm KARL STORZ GmbH & Co. KG, Tuttlingen, Germany 11101RP
Picture Archiving  System 
AIDA Karl STORZ GmbH & Co. KG, Tuttlingen, Germany WD 200-XX
Premedication 
Catapresan; Clonidin-HCl 0.075 mg/0.15 mg/0.3 mg Boehringer Ingelheim Pharma, GmbH & Co. KG, Ingelheim am Rhein, Germany

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Punjabi, N. M. The epidemiology of adult obstructive sleep apnea. Proc Am Thorac Soc. 5, (2), 136-143 (2008).
  2. Giles, L. T., Lasserson, T. J., Smith, B., White, J., Wright, J. J., Cates, C. J. Continuous positive airways pressure for obstructive sleep apnoea in adults. Cochrane Database Syst Rev. 19, (3), Review (2006).
  3. Mayer, G., et al. Deutsche Gesellschaft für Schlafforschung und Schlafmedizin (DGSM), S3-Leitlinie. Nicht erholsamer Schlaf/Schlafstörungen. Somnologie. 13, Supplement 1 1-160 (2009).
  4. McArdle, N., Devereux, G., Heidarnejad, H., Engleman, H. M., Mackay, T. W., Douglas, N. J. Long-term use of CPAP therapy for sleep apnea/hypopnea syndrome. Am J Respir Crit Care Med. 159, (4), Pt 1 1108-1114 (1999).
  5. Verse, T., et al. HNO-spezifische Therapie der obstruktiven Schlafapnoe bei Erwachsenen. AWMF. http://www.awmf.org/uploads/tx_szleitlinien/017-069l_S2e_Obstruktive_Schlafapnoe_Erwachsene_2015-12.pdf (2015).
  6. Sher, A. E., Schechtman, K. B., Piccirillo, J. F. The efficacy of surgical modifications of the upper airway in adults with obstructive sleep apnea syndrome. Sleep. 19, (2), Review 156-177 (1996).
  7. Croft, C. B., Pringle, M. Sleep nasendoscopy: a technique of assessment in snoring and obstructive sleep apnoea. Clin Otolaryngol Allied Sci. 16, (5), 504-509 (1991).
  8. De Vito, A., et al. Drug-induced sleep endoscopy: conventional versus target controlled infusion techniques--a randomized controlled study. Eur Arch Otorhinolaryngol. 268, (3), 457-462 (2011).
  9. Kezirian, E. J., et al. Interrater reliability of drug-induced sleep endoscopy. Arch Otolaryngol Head Neck Surg. 136, (4), 393-397 (2010).
  10. Rodriguez-Bruno, K., Goldberg, A. N., McCulloch, C. E., Kezirian, E. J. Test-retest reliability of drug-induced sleep endoscopy. Otolaryngol Head Neck Surg. 140, (5), 646-651 (2009).
  11. De Vito, A., et al. European position paper on drug-induced sedation endoscopy (DISE). Sleep Breath. 18, (3), 453-465 (2014).
  12. Sleep-related breathing disorders in adults: recommendations for syndrome definition and measurement techniques in clinical research. The Report of an American Academy of Sleep Medicine Task Force. Sleep. 22, (5), No authors listed 667-689 (1999).
  13. Iber, C., Ancoli-Israel, S., Chesson, A., Quan, S. F. The AASM Manual for the Scoring of Sleep and Associated Events: Rules, Terminology and Technical Specifications. 1st ed. American Academy of Sleep Medicine. Westchester, Illinois. (2007).
  14. Berry, R. B., et al. Rules for scoring respiratory events in sleep: update of the 2007 AASM Manual for the Scoring of Sleep and Associated Events. Deliberations of the Sleep Apnea Definitions Task Force of the American Academy of Sleep Medicine. J Clin Sleep Med. 8, (5), 597-619 (2012).
  15. Kezirian, E. J., Hohenhorst, W., de Vries, N. Drug-induced sleep endoscopy: the VOTE classification. Eur Arch Otorhinolaryngol. 268, (8), 1233-1236 (2011).
  16. Ihmsen, H., Schraag, S., Kreuer, S., Bruhn, J., Albrecht, S. Target-controlled infusion. Clinical relevance and special features when using pharmacokinetic models. Anaesthesist. 58, (7), Review, German 708-715 (2009).
  17. Marsh, B., White, M., Morton, N., Kenny, G. N. Pharmacokinetic model driven infusion of propofol in children. Brit J Anaesth. 67, (1), 41-48 (1991).
  18. Schnider, T. W., et al. The influence of method of administration and covariates on the pharmacokinetics of propofol in adult volunteers. Anesthesiology. 88, (5), 1170-1182 (1998).
  19. Sigl, J. C., Chamoun, N. G. An introduction to bispectral analysis for the electroencephalogram. J Clin Monitor. 10, (6), 392-404 (1994).
  20. Avidan, M. S., et al. Anesthesia awareness and the bispectral index. New Engl J Med. 358, (11), 1097-1108 (2008).
  21. Kissin, I. Depth of anesthesia and bispectral index monitoring. Anesth Analg. 90, (5), 1114-1117 (2000).
  22. Borowiecki, B., Pollak, C. P., Weitzman, E. D., Rakoff, S., Imperato, J. Fibro-optic study of pharyngeal airway during sleep in patients with hypersomnia obstructive sleep-apnea syndrome. Laryngoscope. 88, (8), Pt 1 1310-1313 (1978).
  23. Fujita, S., et al. Evaluation of the effectiveness of uvulopalatopharyngoplasty. Laryngoscope. 95, (1), 70-74 (1985).
  24. Zerpa Zerpa,, Carrasco Llatas, M., Agostini Porras, G., Dalmau Galofre, J. Drug-induced sedation endoscopy versus clinical exploration for the diagnosis of severe upper airway obstruction in OSAHS patients. Sleep Breath. 19, (4), Epub 2015 1367-1372 (2015).
  25. Fernandez-Julian, E., Garcia-Perez, M. A., Garcia-Callejo, J., Ferrer, F., Marti, F., Marco, J. Surgical planning after sleep versus awake techniques in patients with obstructive sleep apnea. Laryngoscope. 124, (8), Epub 2014 1970-1974 (2014).
  26. Vroegop, A. V., et al. Drug-induced sleep endoscopy in sleep-disordered breathing: report on 1,249 cases. Laryngoscope. 124, (3), Epub 2013 797-802 (2014).

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Usage Statistics