Login processing...

Trial ends in Request Full Access Tell Your Colleague About Jove
Click here for the English version

Biology

4D共焦点顕微鏡を用いたゼブラフィッシュにおける顔面形態形成を分析する

doi: 10.3791/51190 Published: January 30, 2014

Summary

タイムラプス共焦点イメージングは​​、胚発生を特徴づけるための有用な強力な技術である。ここでは、方法論を記述し、野生型では頭蓋顔面形態形成を特徴づけるとともに、PDGFRA、Smad5を、そしてSMO変異胚。

Abstract

タイムラプスイメージングは​​、形態形成の過程を直接観察を可能にした技術、あるいは形状の生成である。原因遺伝子操作への光学的透明度と従順に、ゼブラフィッシュ胚は生きている胚における形態形成の経時的分析を行うことで人気のモデル生物となっています。ライブゼブラフィッシュ胚の共焦点イメージングは​​、対象となる組織が持続的な導入遺伝子または注入された色素、蛍光マーカーで標識されている必要があります。プロセスは、胚が健全な発展が正常に進行するように麻酔し、所定の位置に保持されることを要求する。画像化のためのパラメータは、三次元成長を考慮して設定する必要があり、開発の迅速なスナップショットを取得している間に個々の細胞の解決の要求のバランスを取る。我々の結果は、蛍光標識されたゼブラフィッシュ胚のインビボイメージングにおける長期を実行し、多様な組織における行動を検出するための能力を実証頭蓋顔面異常を引き起こす頭蓋神経堤。麻酔および取り付けに起因する発達の遅れは最小限であり、胚はプロセスによって無傷である。タイムラプス画像化された胚を液体培地に戻され、その後、画像化や開発の後のポイントで固定することができる。トランスジェニックゼブラフィッシュ系統の増加量および十分に特徴付けられた運命のマッピングや移植技術を用いて、任意の所望の組織を画像化することは可能です。このように、in vivoイメージング経時は、変異型とマイクロインジェクションされた胚の分析を含めたゼブラフィッシュ遺伝的方法で強力に兼ね備えています。

Introduction

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

頭蓋顔面形態形成は、複数の細胞型の協調的相互作用を必要とする複雑な多段階プロセスである。頭蓋顔面骨格の大部分は神経堤細胞に由来し、その多くは、咽頭のアーチ1と呼ばれる一過性の構造に背側神経管から移行する必要があります。多くの組織と同様に、頭蓋顔面骨格の形態形成は、特定の発生時点での胚の静止画像によって理解することができるよりも複雑である。それは時間のかかる実行することであるが、in vivoでのタイムラプス顕微鏡は、発生中の胚の細胞や組織での連続に説明します。タイムラプスシリーズの各画像は他の人に文脈を貸すと、現象が発生する理由推測ではなく、その時点で何が起きている推測に向けて研究者の動きを支援します。

in vivoイメージングではこのように実験的なアプローチのための強力な説明的なツールです形態形成を誘導する経路を分解。ゼブラフィッシュゼブラフィッシュは、脊椎動物の胚発生の人気遺伝モデルであり、形態形成のin vivoイメージングのために特に適しています。近代的な、遺伝子導入およびゲノム修飾のための便利な方法が急速にゼブラフィッシュ研究者に利用可能なツールの数を進めています。これらのツールは、遺伝子操作し、顕微鏡検査のため、既に堅牢な方法を強化します。ほぼすべての所望の遺伝的文脈で、ほぼすべての組織のin vivoイメージングはファンタジーより現実に近い。

咽頭のアーチの形態形成運動は、神経堤と隣接する上皮、外胚葉と内胚葉の両方の間の相互作用のシグナリングによって案内される。頭蓋顔面骨格要素の形態形成を推進するために必要である上皮で表現多数のシグナル伝達分子があります。これらのシグナル伝達分子の中では、ソニック·ザ·ヘッジホッグ(Shhは)は非常に重要であるFまたは頭蓋顔面の開発2-8。 SHHは、経口外胚葉および咽頭内胚葉2,6,9,10の両方で表される。内胚葉におけるShhの発現は、アーチ10、アーチ10内神経堤のパターニング、および頭蓋顔面骨格の11の成長の形態形成の動きを規制している。

BMPシグナル伝達は、頭蓋顔面の開発12のためにも極めて重要であると咽頭のアーチの形態形成を変更することがあります。 BMPシグナル伝達は、咽頭のアーチ13,14内堤の背/腹パターン形成を調節する。ゼブラフィッシュにおけるSmad5をの破壊は深刻な口蓋欠陥や正中線15に適切に融合するメッケル軟骨の障害が発生します。さらに、変異体はまた、正中線15で融合咽頭弓の要素番目の 2 番目、3番目 、時には4で、腹側軟骨要素の減少との融合を表示。これらの融合が強くBMPシグナル伝達は、これらの咽頭要素の形態形成を指示することを示唆している。

PDGFシグナル伝達は、頭蓋顔面の開発のために必要であるが、咽頭弓の形態形成における未知の役割を持っています。マウスやゼブラフィッシュPDGFRA変異体の両方が深いmidfacial分裂文形成16〜18を持っている。少なくともゼブラフィッシュでこのmidfacial分裂文形成は、適切な神経堤細胞の遊走16の故障が原因です。神経堤細胞は、咽頭のアーチを入力した後PDGFRAを発現し続ける。さらに、PDGFリガンドは、顔の上皮で発現され、咽頭のアーチ16,19,20内で、このようにPDGFシグナル伝達はまた移行後に咽頭弓の形態形成における役割を果たしている可能性があります。しかし、PDGFRA変異体におけるアーチが行われていない咽頭の形態形成の解析を行う。

ここでは、pharyngulのインビボ共焦点顕微鏡法証明するステージトランスジェニックゼブラフィッシュとは、この期間内に咽頭のアーチの形態形成を説明します。我々はさらに、BMP、PDGF及びShhシグナル伝達経路を破壊する変異によって影響される組織の挙動を示す。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

1。畜産および変異対立

  1. 21が説明されているようにゼブラフィッシュを上げ、繁殖。
  2. 本研究で用いたゼブラフィッシュ突然変異対立遺伝子は、16 b1059 Smad5をB1100 22、及びSMOのb577 23 PDGFRAた。これらのゼブラフィッシュの株のソースはZIRCが含まれています。

2。ソリューションと実装の準備

注:全ての溶液及び器具は、事前に行われ、将来の使用のために保存することができる。

  1. 以前に21を説明したように胚のメディア(EM)を作る。
  2. 4グラム/ LのMS-222(トリカイン)を作る。 450ミリリットルの無菌の水に4gのリン酸二ナトリウムせ(Na 2 HPO 4)に溶解する。この溶液に2グラムのMS-222を追加します。 7.0〜7.2以内のpHを調整する。 500ミリリットルの全容量に滅菌水を追加します。
  3. オプション:4グラム/ Lのクローブ油を作る。 50mlコニカルチューブに0.2グラムの純粋な丁子油を秤量する。 50ミリリットルの全容量にEMを追加します。 4℃で保存する
  4. 3パーセントをするmethylcelluloSE。沸騰さのEM + 0.1のHEPESの50ミリリットルを持参してください。暑さから削除します。溶液が均質になるまで1.5グラムのメチルセルロースで撹拌する。 4℃で保存する
  5. 0.2%アガロースを作る。 50ミリリットルのEMに0.1グラムアガロースを追加します。電子レンジやホットプレート上で沸騰にEMを持参し、アガロースが溶解していることを確認してください。 4℃のマイクロチューブや店舗での500μlのボリュームに分割量注:必要に応じてボリュームを調整することができる。
  6. キャピラリー火かき棒をする。 0.9ミリメートルのキャピ​​ラリ管内のスーパー接着剤の滴を配置します。ラインの約3〜4 mmは、管の端部を越えて延びるようにキャピラリーチューブの内側に6ポンドテストモノフィラメント釣り糸4-5センチの長さを挿入します。
  7. 試料ごとに2つの橋かけカバースリップをする。スーパーグルー22 X 22から1のカバーガラス24×60から1、カバーガラスの各末端に真ん中の自由を残す。古い日未満の胚のためのシングル(エンドにつき1小さなカバーガラス)を作る、一から四Dは胚について(終了ごとに互いの上に2つの小さなカバーガラス)倍に胚5日またはそれ以上の年齢の古いAYS、またはトリプル(エンドにつき互いの上に3つの小さなカバーガラス)。
  8. 高真空グリースで10ミリリットルの注射器を埋める。注:真空グリースは、長期間にわたって標本の脱水を防止するためのシール材として機能し、より揮発性のシーラントに比べて毒性の低い可能性を有する。

3。共焦点顕微鏡用の取り付けゼブラフィッシュ胚(図1を参照してください)

  1. 麻酔メディアを準備します。完全に液体になるまで20秒間隔で電子レンジで0.2%アガロースの一定量を溶かす。 0.2%アガロースの195μLに0.2%アガロースまたは4グラム/ Lのチョウジ油の5μlを192μLに、MS-222の8μLを混ぜる。 42℃の加熱ブロックに維持する。注意:MS-222への長時間露光が胚ゼブラフィッシュ24で行いチョウジ油よりも強い発達の遅れの原因となる。
  2. 必要に応じて手動で孵化していないトランスジェニック胚は、直前に分析するために分析されるようにdechorionate。鉗子を用いて、ゆっくりテ胚が解放されるまで営業絨毛膜AR。
  3. ゼブラフィッシュ胚を麻酔。胚培地24 mlに、MS-222の4グラム/ Lの株式の1ミリリットルを追加します。代わりに、魚の水24の24ミリリットルに4グラム/ Lのチョウジ油の390μlを加える。注意:クローブ油が作用して、ゆっくりとそうタイムラプス顕微鏡検査前に、少なくとも15〜20分をこの手順を実行します。
  4. 上向きの橋かけカバースリップの中心領域の周りに真空グリースのビードを配置します。ゆっくりと、そして橋やカバーガラスのエッジの内側に隣接しており、滑らかで連続的なビーズを作り、注射器の外に真空グリースを押してください。
  5. 木製アプリケーターを用いて架橋したカバースリップの中央に4%のメチルセルロースの輪を広げた。
  6. 画像化される胚を転送します。胚を麻酔されたときにガラスピペットにそれを作成する。胚がピペット内の液体の底に沈むことができるように垂直にピペットを保持する。アガロース溶液にピペットを移動し、胚がドロップすることができますアガロースに。液体を排出しないでください。
  7. 試料を配置します。ピペットにいくつかのアガロース溶液および胚を描く。メチルセルロースの上にアガロース溶液の液滴で胚を追放。メチルセルロース上に下向きの胚を押して画像化のために必要に応じて胚を配向させる毛管ポーカーを使用してください。
  8. 試料を密閉する。
    1. 下向きにし、取り付けられた1の上に1橋かけカバーガラスを配置します。ブリッジは、両方のカバーグラスに直接接触し、アガロースドロップシールを作るまでに挟まれたカバーガラスの両側に均等に力を加える。胚が適切に配向していることを確認してください。
    2. 真空グリースビーズに亀裂や隙間を滑らかにガラスに沿って木製のアプリケーターをこする。エッジから余分なグリースを拭き取ってください。

4。トランスジェニックゼブラフィッシュ胚のタイムラプス共焦点イメージング

(このプロトコルは、ツァイスLSM 710共焦点顕微鏡私たちのために最適化されていますZENイメージングソフトウェアをING、他のシステムで使用するために改変することができる。)

  1. 機器をアクティブにします。共焦点顕微鏡と外部レーザー装置の電源をオンにします。共焦点顕微鏡に接続されたコンピュータの電源を入れます。オープンな共焦点イメージングソフトウェアおよび画像取得コントロールをアクティブにする "スタートシステム」を選択します。
  2. 加熱されたステージを準備します。共焦点顕微鏡のステージングプラットフォームを下げ、所定の位置からの対物レンズを移動させる。電子加熱段階で​​デフォルトのステージを交換してください。加熱された段階のためのコントローラの電源をオンにし、29.5℃で温度を設定
  3. 視野内の試験片を置きます。ステージ上に搭載試料を配置します。所定の位置に20倍の対物レンズを移動させ、ステージングプラットフォームを上げる。可視光発光体を活性化させ、接眼レンズに目を通す。視野内胚の頭を中央に配置します。
  4. 実験の設定を定義します。
    1. 選択することにより、蛍光チャネルを活性化する検出されるべき蛍光波長チャネルごとにカラールックアップテーブル(LUT)を選択する。必要に応じて、必要なレーザ(RFP用など 561 nm)をオンにするソフトウェアで手動制御を使用しています。各蛍光チャネルに対して、600〜700の間に10.0レーザ強度​​と光電子増倍管電圧(HV又はゲイン)を設定する。 4に平均化し、16ビットのビット深度を設定します。
    2. zスタックおよび時系列のモジュールをアクティブにします。 5μm以下のZ分解能のためのピンホールを設定し、提案し、最適な距離に、Z間隔を設定します。
      注意:一般的に、5〜Zの解像度は、個々の細胞の解決中に各zスタック画像は、特定の時点で胚の「スナップショット」のために十分迅速に収集することができます。平均値を下げると、画像あたりの時間の量を減少させる。
    3. 画像間の所望の時間間隔(通常10〜20分)、実験の全体​​の長さを規定する。
  5. 位置設定情報。
    1. ライブモードでカメラの電源を入れます。フォーカスを調整し、必要に応じて蛍光を見るためにレーザー強度を増加させる。必要に応じて、より広い視野のために0.6にデジタルズームを設定します。
    2. 関心のあるすべての構造が表示され、前方に伸長背側とのための視野に余裕があるように、ステージの位置を決めます。蛍光の上限値と下限値の胚を通じて焦点を当てています。最初と最後のZ-スタックスライス位置、これらの制限を超えて少なくとも100μm以上に設定してください。
  6. 蛍光強度を最適化します。
    1. インジケータを範囲に表示LUTを設定します。蛍光構造が今白く見えるべきであり、視野の残りの部分は、(無検出)青または黒である必要があります。
    2. ちょうど飽和場所の下のレベルにHV /ゲインを上げる(赤)の画素が表示されます。必要に応じて、バックグラウンドの大部分が(青色)が検出されないようにオフセットを調整。両方より小さいピンホール径の増加レーザー強度をDEFイメージを改善します。注initionが、レーザー強度は、生体組織を維持するために低く保たなければならない。 HV /ゲインとピンホール径を増加させた(<5μm)を、一般的に増加し、レーザ強度​​よりも好ましい。
    3. 4にセットを平均化、タイムリーに画像を収集するのに十分な幅ピンホール径を保管してください。 Z-間隔は常にピンホール径の推奨最適な距離に設定する必要があります。異なる設定で、短いスキャン(平均= 1)を実行し、所望の解像度を実現する最小のレーザー強度を使用しています。
  7. 所望の時間のための実験を​​実施します。その後、加熱された段階から胚を削除して、徐々にカバースリップを分離する。 30ミリメートルペトリ皿に、EMでのカバーガラスや胚を沈める。ガラスピペットを使用すると、静かにカバーガラスの外胚を洗浄し、ペトリ皿からカバースリップを削除します。開発を継続するために28.5℃のインキュベーターに胚を置きます。
  8. 成長を比較してください。実験の最後に、個々のZsがかかる同様に、実験の開始時に試料に上演されましたが、28.5℃のインキュベーター中で、EMで育ったアガロースマウント兄弟胚のタックイメージ。
  9. 必要に応じて、咽頭のアーチを測定します。測定値は、いくつかの共焦点ソフトウェアスイートで行うことができる。ここに見出さ測定は、個々のフレームの。LSMファイルをインポートし、Z-投影することによってFiji25を用いて行った。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

吻側方向( 動画1)に移動しながら、野生型胚において、神経堤人口以下、咽頭のアーチは、前方/後方背側/腹軸に沿って細長く。 30時間後に受精(HPF)において、第咽頭弓の前方/後方の長さは、1.8〜1.9倍の背側/腹側の高さの間である。背側/腹側伸びが速く36.5 HPFまで、前方/後方の拡張よりも、着実に進む。ここから、背側/腹側の高さの高原の周りに104程度48 HPFを通して。前方/後方の拡張子は、全体的な前方/後方の長さは48 HPFで1.95倍の背側/腹側の高さにHPF 36.5で1.5倍の背側/腹側の高さの下から増加に伴って、48 HPFまで続く。

その前端で、第咽頭弓が上顎(背側)と下顎口腔外胚葉で区切って(腹側)ドメインを形成している。最初の咽頭弓の上顎ドメインはfを測定し、口腔外胚葉の後方頂点に、その遠位端をROMをこれは、30〜48 HPF間4.6ミクロン/時(R 2 = 0.9374)で、線形回帰で近似率で成長し、48 HPF( 動画1)で約104ミクロンの長さである。

咽頭のアーチ3-7咽頭内胚葉26を介して神経堤細胞の単一の質量のセグメント化からすべてのフォーム。 30〜38 HPFの間、咽頭弓番目の 5〜7 回目は 3 番目と4 番目のアーチがすでに分離したら、塊から分離する。 37 HPFを中心に、 第3咽頭弓は2 番目のアーチに内側に移動し始める。横方向に、7 番目の咽頭弓は2 回目と7 回目のアーチ( 動画1)に6 番目のアーチの内側を通して3 回目を残して、48 HPFによる吻側運動の5 番目と6 番目のアーチを追い越す。

それが重要なTですO条約はHPFで形態を記述することであるが、顕微鏡がわずかに28.5℃のインキュベーター中で成長も同様に上演胚と比較したゼブラフィッシュの成長を遅らせることにも注意してください。例えば、顕微鏡の19時間後に、画像化された野生型胚の目と耳の間の距離は約81.7であった、そしてその直後に撮像された2つの兄弟の胚の平均アイ·耳の距離は71であった。したがって、胚をステージングシリーズ27よりも僅かに若い可能性が高い。

これらの形態形成の動きが大幅にSMO突然変異で破壊されています。前述したように、ゼブラフィッシュSMO変異体は第1アーチの上顎凝縮を形成することができ、第一咽頭弓ゼブラ48によって眼2に対して完全に尾である。後弓の動きも10を破砕する。 第3咽頭弓は2 回目の咽頭弓に内側に移動することができない、 映画2 番目の咽頭弓が48 HPFより前方のアーチに重なるように頭側に移動することができないことを示しています。

ゼブラフィッシュSmad5をB1100変異体は、口蓋骨格のほぼ完全な損失とアーチの形態形成を咽頭する欠陥があるかもしれないことを示唆している咽頭弓骨格要素15、第2、第3、そして時には4間の腹側の融合を含む多数の頭蓋顔面の欠陥を持っている。確かに、静的な共焦点イメージングは、 2 および第3 アーチの腹側のドメインの融合をします( 図2)32 HPFによって明らかで明らかにした。タイムラプス共焦点顕微鏡を使用して、我々はSmad5を突然変異体における咽頭のアーチの形態形成を分析した。タイムラプス解析では、2番目と3番目のアーチ間の融合は、静的解析( 動画3、図3)と一致して、32 HPFで最初に表示されます。さらに、Smad5を突然変異体は、最初の咽頭弓( 動画3)の成長を中断している。 30 HPFで、第咽頭弓(186.8ミクロン)の前方/後方の長さは、野生型に比べて35%以上長く、Smad5を変異型の最初の咽頭弓の2.5倍の背側/腹側の高さです。後縁が吻側移動するただし、最初の咽頭弓の前方/後方の長さは約40ミクロ​​ン30〜39の間にHPFを減少させ、その後48 HPFでこの長さを取り戻す。最初の咽頭弓の背/腹側の高さは30〜48 HPFから62.3程度に徐々に減少。この時間の間、前拡張の失敗は、野生型と比較し30 HPFで(85μm)の非常に長いです上顎ドメインに反映されています。上顎長さは30〜36 HPFから4.4ミクロン/時(R 2 = 0.9032)で、線形回帰で近似の割合で減少し、その後ほぼ ​​一貫したままになります。ここで、タイムラプスイメージングは​​、ユニークなTIを示していますSmad5を変異株で観察された口蓋骨格の損失を説明するかもしれないssue動き。

PDGFファミリーメンバーの発現は、それが咽頭弓の形態形成において広く関与し得ることを示唆しているが、後方アーチの移動は、PDGFRA変異体において正常に見える。それは、具体的には( 動画4)破砕表示される最初の咽頭弓の形態形成である。第咽頭弓の全体的なサイズは、野生型に比べて減少し、上顎ドメインは、細胞が凝縮し、経時的に吸引して、高可塑表示される。これは56.5ミクロンで約39 HPFをピーク上顎伸びの故障をもたらす。 48 HPF、上顎のドメインのみを測定44.1であった。まとめると、これらの知見は、慎重な時間経過分析は潜在的に静的解析で失われた形態形成の詳細を提供することができることを示す。

図1 図1。共焦点顕微鏡用の取付けブリッジ·カバースリップの建設と胚の模式図。

図2
。図2第二および第三のアーチがSmad5を変異体に融合する(A、B)(A)FLI1から単一のzスライス:EGFPおよび(B)FLI1:EGFP; Smad5をB1100変異体の胚(A)Smad5 するための胚は、野生型では、第2及び第3アーチの神経堤細胞は、第二咽頭嚢(矢頭)によって分離されている。セコの腹側限界で、(B)神経堤細胞NDと第三のアーチはSmad5を突然変異体(矢頭)に混在。咽頭のアーチは、番号が付けられています。 拡大画像を表示するにはここをクリックしてください。

図3
図3。中断咽頭弓の形態形成におけるSmad5を関数の結果の損失。(A、B、上側のパネル)予測と(下のパネル) 映画3アーチ融合の直交図。アーチ2と3の融合は明らか、矢じりです。咽頭のアーチは、番号が付けられています。 拡大画像を表示するにはここをクリックしてください。

映画の1。咽頭の開発野生型のアーチ(FLI1:EGFP)30-48 HPFから胚。前方左に、上に背側は、映画を見るにはここをクリックしてください。

映画の2。内側アーチは、SMOの変異体(FLI1:EGFP; 577 smob)で失敗咽頭の動き。前方左側に、トップに背。 30から48 HPF。 映画を見るにはここをクリックしてください。

映画の3。 Smad5を突然変異体における2 回目と3 回目のアーチヒューズ(FLI1:EGFP; Smad5をB1100)。前方左に、上に背側。 (A)予測、30〜48 HPF、および(B)は単一のzスライス、30〜40 HPFのシリーズ。 映画を見るにはここをクリックしてください。

映画4。上顎地域の伸びPDGFRA変異(FLI1:EGFP; PDGFRA b1059)に失敗した。前方左側に、トップに背。 30から48 HPF。 映画を見るにはここをクリックしてください。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

タイムラプス共焦点顕微鏡は、開発の分析のための強力なツールです。ここでは、神経堤細胞を標識するトランスジェニックを用いて、重要なシグナル伝達経路のための変異体であるゼブラフィッシュにおける咽頭弓の形態形成を研究する方法の有用性を示す。組織レベルに加え分析では、時間経過の分析はまた、細胞スケール28で解析に適用可能である。多くの広く使用されているゼブラフィッシュの方法はまた、モルホリノのマイクロインジェクションのmRNA、またはトランスジェニック構築物、並びに胚移植の間を含むタイムラプス顕微鏡実験、組み込むことができる。複数の現像組織の分析にのみ蛍光標識組織への能力によって、クロストークなしに異なる蛍光体の所望の数を検出するための共焦点顕微鏡の能力によって制限される。ゼブラフィッシュ胚のクラッチから撮像することができる個人の数厳しく制約されているが、高度な技術同じ期間に、いくつかの胚の自動画像化を可能にする。簡単に早い時点で識別されない突然変異体の経時的解析を実行しようとする場合に特に有用である。

タイムラプス共焦点画像から測定を行う場合には、いくつかの発達遅延がプロセスによって生じたものであることを考慮することが重要である。発達の遅れは、同様に変異胚では珍しくないので、コントロールを兄弟の画像化は、変異型/操作された胚だけでなく、野生型コントロールの両方が必要である。一度でもステージング制御、蛍光標識された構造の比較測定が困難である。蛍光強度は、個人間や同じ構造の別々の部分の間で非常に可変することができます。このように、非ディスクリートの定量的な測定は、主観性の度合いを持って、私たちは、複数の個人が一貫性を確保するための測定を実行することをお勧めします。捜査官はまた、胚を配向で規律されている必要があり比較測定のために一貫してこれを行うには失敗として何が存在しない場合がある形態的な違いが現れる原因となります。標本胚の動きは完全に実験を台無しにすることができ、我々はマイクロ波にアガロースを厚くする許可された後に麻酔薬を追加することが胚を鎮静でその有効性を減少させることを見つける。

取得するのが難しいけど、タイムラプス顕微鏡検査データは、質的に形態形成を比較する際に、静的なイメージの上明白な利点を持っている。静止画像は、多くの場合、ある時点で構造の簡単な測定を可能にするが、それらに至るまで、またはその段階後の組織行動の兆候を与えません。形態形成を受けている2つ以上の別々の組織の相互作用を研究する際にこのような情報は非常に重要です。形態形成の最良の全体的な特徴付けを得るためには、最高の各方法の利点を利用するために、両方の時間経過および静的解析を行うことが有益である。時間が経過アナ溶菌は、動的な細胞および組織の挙動は、静的解析で、胚の多数の変動性の最も良い理解を得るために調べることができる分析することができる。 生体データのリアルタイムでの形態形成の研究者間のゴールドスタンダードになるような他の技術のゼブラフィッシュトランスジェニック系統と進歩が増えて、当たり前の複数の組織の経時的共焦点顕微鏡を行います。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Disclosures

著者は、彼らが競合する経済的利益を持っていないことを宣言します。

Acknowledgments

我々は彼らの専門家の魚のケアのためのメリッサ·グリフィンとジェナRozackyに感謝します。 PDMのおかげEGN支援、寛大さ、そして忍耐を書くため。この作品は、JKEにNIH / NIDCR R01DE020884によってサポートされていました。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
6 lb Test monofilament line Cortland Line Company SLB16
Agarose I Amresco 0710
Argon laser LASOS Lasertechnik GmbH LGN 3001
Calcium chloride Sigma-Aldrich C8106
Capillary tubing, 100 mm, 0.9 mm ID FHC 30-31-0
Clove oil Hilltech Canada, Inc. HB-102
High vacuum grease Dow Corning 2021846-0807
Isotemp dry-bath incubator Fisher Scientific 2050FS
Laser scanning microscope Carl Zeiss AG LSM 710
Magnesium sulfate hexahydrate Sigma-Aldrich 230391
Microscope cover glass, 22 x 22-1 Fisher Scientific 12-542-B
Microscope cover glass, 24 x 60-1 Fisher Scientific 12-545-M
Potassium chloride Fisher Scientific M-11321
Potassium phosphate dibasic Sigma-Aldrich P3786
Sodium chloride Fisher Scientific M-11624
Sodium phosphate dibasic Sigma-Aldrich S7907
TempController 2000-2 PeCon GmbH
Tricaine-S Western Chemical, Inc.

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Trainor, P. A., Melton, K. R., Manzanares, M. Origins and plasticity of neural crest cells and their roles in jaw and craniofacial evolution. Int. J. Dev. Biol. 47, 541-553 (2003).
  2. Eberhart, J. K., Swartz, M. E., Crump, J. G., Kimmel, C. B. Early Hedgehog signaling from neural to oral epithelium organizes anterior craniofacial development. Development. 133, 1069-1077 (2006).
  3. Wada, N., et al. Hedgehog signaling is required for cranial neural crest morphogenesis and chondrogenesis at the midline in the zebrafish skull. Development. 132, 3977-3988 (2005).
  4. Roessler, E., et al. Mutations in the human sonic hedgehog gene cause holoprosencephaly. Nat. Genet. 14, 357-360 (1996).
  5. Jeong, J., Mao, J., Tenzen, T., Kottmann, A. H., McMahon, A. P. Hedgehog signaling in the neural crest cells regulates the patterning and growth of facial primordia. Genes Dev. 18, 937-951 (2004).
  6. Hu, D., Marcucio, R. S. A SHH-responsive signaling center in the forebrain regulates craniofacial morphogenesis via the facial ectoderm. Development. 136, 107-116 (2009).
  7. Cordero, D., et al. Temporal perturbations in sonic hedgehog signaling elicit the spectrum of holoprosencephaly phenotypes. J. Clin. Invest. 114, 485-494 (2004).
  8. Westphal, H., Beachyr, P. A. Cyclopia and defective axial patterning in mice lacking Sonic hedgehog gene function. Nature. 383, 3 (1996).
  9. Moore-Scott, B. A., Manley, N. R. Differential expression of Sonic hedgehog along the anterior-posterior axis regulates patterning of pharyngeal pouch endoderm and pharyngeal endoderm-derived organs. Dev. Biol. 278, 323-335 (2005).
  10. Swartz, M. E., Nguyen, V., McCarthy, N. Q., Eberhart, J. K. Hh signaling regulates patterning and morphogenesis of the pharyngeal arch-derived skeleton. Dev. Biol. 369, 65-75 (2012).
  11. Balczerski, B., et al. Analysis of Sphingosine-1-phosphate signaling mutants reveals endodermal requirements for the growth but not dorsoventral patterning of jaw skeletal precursors. Dev. Biol. (2011).
  12. Nie, X., Luukko, K., Kettunen, P. BMP signalling in craniofacial development. Int. J. Dev. Biol. 50, 511-521 (2006).
  13. Alexander, C., et al. Combinatorial roles for BMPs and Endothelin 1 in patterning the dorsal-ventral axis of the craniofacial skeleton. Development. 138, 5135-5146 (2011).
  14. Zuniga, E., Rippen, M., Alexander, C., Schilling, T. F., Crump, J. G. Gremlin 2 regulates distinct roles of BMP and Endothelin 1 signaling in dorsoventral patterning of the facial skeleton. Development. 138, 5147-5156 (2011).
  15. Swartz, M. E., Sheehan-Rooney, K., Dixon, M. J., Eberhart, J. K. Examination of a palatogenic gene program in zebrafish. Dev. Dyn. 240, 2204-2220 (2011).
  16. Eberhart, J. K., et al. MicroRNA Mirn140 modulates Pdgf signaling during palatogenesis. Nat. Genet. 40, 290-298 (2008).
  17. Soriano, P. The PDGF alpha receptor is required for neural crest cell development and for normal patterning of the somites. Development. 124, 2691-2700 (1997).
  18. Tallquist, M. D., Soriano, P. Cell autonomous requirement for PDGFRalpha in populations of cranial and cardiac neural crest cells. Development. 130, 507-518 (2003).
  19. Ho, L., Symes, K., Yordan, C., Gudas, L. J., Mercola, M. Localization of PDGF A and PDGFR alpha mRNA in Xenopus embryos suggests signalling from neural ectoderm and pharyngeal endoderm to neural crest cells. Mech. Dev. 48, 165-174 (1994).
  20. Liu, L., Korzh, V., Balasubramaniyan, N. V., Ekker, M., Ge, R. Platelet-derived growth factor A (pdgf-a) expression during zebrafish embryonic development. Dev. Genes Evol. 212, 298-301 (2002).
  21. Westerfield, M. The Zebrafish Book; A guide for the laboratory use of zebrafish (Brachydanio rerio). (1993).
  22. Sheehan-Rooney, K., Swartz, M. E., Lovely, C. B., Dixon, M. J., Eberhart, J. K. Bmp and Shh Signaling Mediate the Expression of satb2 in the Pharyngeal Arches. PloS one. 8, e59533 (2013).
  23. Varga, Z. M., et al. Zebrafish smoothened functions in ventral neural tube specification and axon tract formation. Development. 128, 3497-3509 (2001).
  24. Grush, J., Noakes, D. L. G., Moccia, R. D. The efficacy of clove oil as an anesthetic for the zebrafish, Danio rerio. 1, 46-53 (2004).
  25. Schindelin, J., et al. Fiji: an open-source platform for biological-image analysis. Nat. Methods. 9, 676-682 (2012).
  26. Crump, J. G., Maves, L., Lawson, N. D., Weinstein, B. M., Kimmel, C. B. An essential role for Fgfs in endodermal pouch formation influences later craniofacial skeletal patterning. Development. 131, 5703-5716 (2004).
  27. Kimmel, C. B., Ballard, W. W., Kimmel, S. R., Ullmann, B., Schilling, T. F. Stages of embryonic development of the zebrafish. Dev. Dyn. 203, 253-310 (1995).
  28. Alexandre, P., Reugels, A. M., Barker, D., Blanc, E., Clarke, J. D. Neurons derive from the more apical daughter in asymmetric divisions in the zebrafish neural tube. Nat. Neurosci. 13, 673-679 (2010).
4D共焦点顕微鏡を用いたゼブラフィッシュにおける顔面形態形成を分析する
Play Video
PDF DOI DOWNLOAD MATERIALS LIST

Cite this Article

McGurk, P. D., Lovely, C. B., Eberhart, J. K. Analyzing Craniofacial Morphogenesis in Zebrafish Using 4D Confocal Microscopy. J. Vis. Exp. (83), e51190, doi:10.3791/51190 (2014).More

McGurk, P. D., Lovely, C. B., Eberhart, J. K. Analyzing Craniofacial Morphogenesis in Zebrafish Using 4D Confocal Microscopy. J. Vis. Exp. (83), e51190, doi:10.3791/51190 (2014).

Less
Copy Citation Download Citation Reprints and Permissions
View Video

Get cutting-edge science videos from JoVE sent straight to your inbox every month.

Waiting X
simple hit counter