Login processing...

Trial ends in Request Full Access Tell Your Colleague About Jove

Biology

エピソームおよびHDAC阻害剤を用いて血液からの効率的なiPS細胞の生成

doi: 10.3791/52009 Published: October 28, 2014

Summary

ここでは、再プログラミング戦略とヒス​​トンデアセチラーゼ阻害剤ベースのエピソームを用いて末梢血からのヒト人工多能性幹細胞を生成するためのプロトコルを記述している。

Abstract

この原稿を効率的にエピソームプラスミドおよびヒストンデアセチラーゼ(HDAC)阻害剤を用いて末梢血からの統合を含まないヒト誘導多能性幹細胞(iPS細胞)を作成するためのプロトコルを示す。このアプローチの利点は、(1)原料として、末梢血の最小量の使用。 (2)リプログラミングベクター非統合。 (3)ベクトルフリー性IPSCを生成するための費用効果的な方法。 (4)シングルトランスフェクション。 (5)小分子の使用は、エピジェネティックな再プログラミングを容易にする。簡単に述べると、末梢血単核細胞(PBMC)ルーチン瀉血サンプルから単離し、次いで、再プログラミングに著しく適している、高度に増殖性の赤血球前駆細胞集団を得た定義された成長因子の中で培養される。非統合、OCT4、SOX2、KLF4、MYCL、LIN28A、およびp53の短いヘアピン(SH)RNAを発現する非伝播エピソームのプラスミドはintroduですシングルクレオによって派生赤芽球へのced。強化された緑色蛍光タンパク質(EGFP)を発現するエピソームの同時トランスフェクションは、トランスフェクションされた細胞の容易な同定を可能にする。エプスタイン-バー核抗原1(EBNA1)を発現する独立した複製欠損プラスミドはまた、エピソームのタンパク質の増大した発現のための反応混合物に添加される。トランスフェクションされた細胞は、その後の継続的再プログラミングのために照射したマウス胚性線維芽細胞(iMEFs)の層上にメッキされている。否やIPSC様コロニーはヌクレオ後約12日目に現れるように、HDAC阻害剤は、エピジェネティックなリモデリングを促進するために培地に添加される。我々は、HDAC阻害剤を含めることが日常的に2倍にすることによって完全に再プログラムIPSCコロニーの生成を増加させることを見出した。 IPSCのコロニーは典型的なヒト胚性幹細胞(hESCの)形態を示したら、それらを穏やかに継続的な成長および増殖のための個々のiMEFコーティングした組織培養プレートに移す。

Introduction

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

iPS細胞は、多能性遺伝子の最小限のセットの異所性発現を介して細胞組織から誘導される。この技術は、最初に非常に多能性状態1で表現されるOCT4、SOX2、KLF4、およびcMYCはヒト線維芽細胞のレトロウイルス形質導入によって実証された。これらの一時的に発現「再プログラミング因子」は、ヒト胚性幹細胞2に、標的細胞のエピジェネティックな風景や遺伝子発現プロファイルが類似して変更する。作成後は、性IPSCは、潜在的に、さらなる調査のための任意の組織型に分化させることができる。したがって、それらは、再生医療、疾患モデル、および遺伝子治療用途において使用するための有望。しかし、統合ウイルスのゲノムを破壊することは、内因性遺伝子発現、細胞の表現型の影響を変化させる可能性があり、最終的に科学的な結果にバイアスをかける。さらに、ランダムウイルス統合は有害な携帯電子につながる可能性悪性形質転換3または発癌導入遺伝子4の再発現の可能含めffects、。将来の臨床応用は、非組み込みIPSCの生成が必要になります。

染色体外環状DNA分子であるエピソーム、効果的なコストを発生させるための戦略を提供し、統合のないiPS細胞5。 表1に示したエピソームベクターの組み合わせは、再プログラミングは、OCT4、SOX2、KLF4、MYCL、およびLIN28A因子発現する。 pCXLE_hOCT3 / 4-shp53-Fプラスミドは、細胞リプログラミング6を強化するため、TP53の一時的な抑制のためのp53 shRNAを含まれています。複製欠損pCXWB-EBNA1ベクター、EBNA1式 7の一過性の増加を提供することで、初期化因子の増幅および増加初期化の効率を促進する。 pCXLE_EGFPプラスミドはDETEの目的のためにヌクレオ混合物に加えることができるトランスフェクション効率をrminingまたはセルソーティングアプリケーションに最適です。 p個のCXWB-EBNA1を除いて、このプロトコルで使用されるエピソームプラスミドは、宿主細胞の分裂8中エピソームの複製およびパーティションを媒介する、ウイルス複製およびEBNA1遺伝子のエプスタイン-バーウイルス起点を含む。エピソームは自然に連続したIPSC拡張7で失われます。サブクローニングおよびeGFP発現の損失から推測できるエピソームベクターの損失を有するiPS細胞の特徴付けは、将来の臨床応用のための完全に統合フリー性IPSCをもたらすことができる。

IPSCの生成のプロセスに固有の系統特異的遺伝子および多能性関連遺伝子の再活性化の抑制である。遺伝子発現の調節は、転写因子、調節DNAエレメント、およびRNAポリメラーゼのアクセスが対象とすることを可能にするDNAとクロマチンの修飾を含む、核内の複数のレベルで生じる遺伝子。グローバルクロマチン修飾を介したエピジェネティックな風景のリモデリングは、多能性遺伝的プログラムの再発現に重要なコンポーネントです。遺伝子発現の調節に重要である特定のクロマチン修飾は、ヒストンDNAコイルの減少緊張を通して遺伝子を標的とするためのアクセスを許可する特定のリジン残基でのヒストンのアセチル化である。 HDAC阻害剤は、アセチル化状態11を支持する可能性が、IPSCの再プログラミングおよびhESCの自己再生9,10を増強することが示されている小分子である。統合レンチ12を用いて、公開前から適合以下に記載されるプロトコルは、エピソームおよびHDAC阻害剤を用いて、末梢血から最適化IPSCを生成するためのステップバイステップの方法を提供する。ここで使用されるHDAC阻害剤の濃度は、ウェアによって記載されたものの半分である 9、日常標準にわたって完全に再プログラムIPSCコロニーにおける2倍の増加につながっているHDAC阻害剤なしでエピソーム再プログラミングプロトコル。再プログラミングのこのレベルは、我々は、レンチウイルスの方法で観察する効率と同等である。このプロトコルを用いて、効率的に年齢87歳と同じくらい古い個人からのIPSCを生成した。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

フレッド·ハッチンソンがん研究センターの治験審査ボードと子どもの "sフィラデルフィアの病院で承認され、インフォームドコンセントを書かれ、末梢血サンプルを採取する前に、患者から得られた。すべての施設のガイドラインが観察された。MEF生成を含む全ての動物実験と奇形腫形成は施設内動物管理使用委員会によって承認された。

PBMCおよび赤芽球の拡大1.フィコール分離 - 0日

  1. ダルベッコのリン酸緩衝生理食塩水(DPBS)で1:末梢血1に希釈する。 15ミリリットル丸底ポリスチレンチューブでは、慎重に室温フィコール - ハイパックの3ミリリットルに希釈した血液7mlのレイヤ。
  2. 30分間400×gでサンプルを遠心。
  3. PBMCをプラズマと曇った白色層として見フィコール - ハイパックとの間のインタフェースに定住しているでしょう。滅菌したトランスファーピペットを使用して、PBを収集1 15ミリリットルコニカルチューブにMCを。 DPBSを用いて10 mlにボリュームを持参してください。
  4. 血球計を使用して、PBMCをカウント。
  5. ピペットで5分間300×gで別々の15ミリリットルコニカルチューブと遠心分離機に2×10 6のPBMC。 90%ウシ胎児血清(FBS)/ 10%ジメチルスルホキシド(DMSO)中で2×10 6のPBMC / mlの濃度で残存する細胞凍結スピンダウンする。
  6. QBSF 60無血清培地(光から保護)+ペニシリン/ストレプトマイシン(1%)+アスコルビン酸(50 ng / ml)を+細胞因子(SCF、50 ng / ml)を+インターロイキン3(IL-幹:増殖培地を準備3、10 ng / ml)を+エリスロポエチン(EPO、2 U / ml)を+インスリン様成長因子1(IGF-1、40 ng / ml)を+デキサメタゾン(1μM、光から保護し、新鮮なアリコートを解凍し、各メディア変化する)。
  7. 作りたての拡張培地2mlおよび再懸濁2×10 6 PBMCを12ウェル組織培養プレートの1ウェルに置き、5の雰囲気を37℃の加湿インキュベーター中でインキュベート%O 2、5%CO 2、90%N 2。
  8. 3日目と6日目に、培地を交換してください。
    1. 細胞を回収し、残りの細胞を収集するためにQBSF-60の2ミリリットルとよく洗う。
    2. 5分間300×gで細胞懸濁液を遠心し、上清を吸引除去する。
    3. 新しい増殖培地2mlに細胞を再懸濁し、同じ12ウェルプレートに戻す。

ヌクレオ2.リプログラミング細胞 - 9日目

  1. 滅菌した1.5mlのエッペンドルフチューブ( 表1)に再プログラミングプラスミドをピペット。
  2. 滅菌1.5ミリリットルエッペンドルフチュー​​ブに補足(メーカーにより供給)とピペットでヌクレオソリューションを混ぜる。
  3. ピペット2加湿37℃インキュベーター中で12ウェルプレートの場所の1つのウェルに増殖培地(5%O 2、5%CO 2および90%N 2)の前に細胞を添加する平衡化のための溶液。
  4. 集める培養した細胞と、残りの細胞を収集するためにQBSF-60の2ミリリットルとよく洗う。
  5. 5分間300×gで細胞を遠心し、上清を吸引除去する。
  6. DPBS 5mlに再懸濁し、5分間300×gで遠心分離して細胞を洗浄する。
  7. 上清を吸引除去する。
  8. 生成気泡を避けるように注意しながら、クレオ液+サプリメント100μlの細胞ペレットを再懸濁する。
  9. 、リプログラミングプラスミドを含有するチューブに細胞懸濁液をピペットピペット上下回、およびヌクレオキュベットの底にサンプルをピペット。
  10. クレオマシンにキュベットを配置し、プログラムのT-019を実行します。
  11. クレオキュベットに(ステップ2.3で平衡化プレートから)予め温め拡大培地100μlを移す。
  12. すぐに予め温め増殖培地のウェルにサンプル全体と預金を集める。白、フローティング死んだ細胞の破片を集めることは避けてください。 成長のために加湿した37℃インキュベーター(5%O 2、5%CO 2、90%N 2)にプレートを置き。

3.メッキフィーダー細胞 - 10日または11

  1. 10日目に、プレートフィーダー細胞。
    1. ゼラチンコート1 6ウェル組織培養プレート。
      1. プレートの各ウェル中にハンクス緩衝生理食塩溶液(HBSS)中の0.1%ゼラチンのピペットから1m
      2. 少なくとも5分間、加湿した37℃のインキュベーターでプレートを置きます。
      3. 使用直前に、プレートからゼラチン溶液を吸引する。
    2. 予め温めMEF培地(ダルベッコ改変イーグル培地(DMEM)+ FBS(10%)+ペニシリン/ストレプトマイシン(1%))の10ミリリットルに3000 cGyをで照射し、2×10 6マウス胚線維芽細胞の1バイアルを解凍する。
    3. 5分間300×gで細胞を遠心し、上清を吸引除去する。 12 MEF培地mlのピペット2mlに細胞を再懸濁Iゼラチンコート6ウェルプレートの各ウェルNtoの。 12日目まで、加湿した37℃インキュベーター(5%O 2、5%CO 2、90%N 2)にプレートを置き。

4.フィーダー細胞上で細胞をプレーティングし、培地を交換 - 12日目

  1. 1 15ミリリットルコニカルチューブにヌクレオフェクト細胞を収集し、QBSF-60の2ミリリットルとよく洗浄することにより、残った細胞を収集します。 5分間300×gでサンプルを遠心。
  2. 準備再プログラミング中:イスコフ改変ダルベッコ培地(IMDM)+ FBS(10%)+非動物L-グルタミン(1mM)を+非必須アミノ酸(NEAA、1%)+ペニシリン/ストレプトマイシン(1%)+β β-メルカプトエタノール(0.1ミリモル)+塩基性線維芽細胞成長因子(bFGF、摂食、10ng / mlの新鮮な追加)+アスコルビン酸(摂食、50μg/ mlの新鮮な追加された)。
  3. 上清を吸引し、リプログラミング培地12ミリリットルで細胞を懸濁します。細胞懸濁液をウェルあたりピペットを2mlにフィーダー細胞の6ウェルプレート(セクション3で調製した)。室温で30分間、50×gでプレートを遠心する。
  4. 成長のために加湿した37℃インキュベーター(5%O 2、5%CO 2、90%N 2)にプレートを置き。 IPSCコロニーは(1-2週間)に出現し始めるまで、一日おきにリプログラミングミディアムに変更します。
  5. 準備したhESC培地:DMEM / F12 1:1 +ノックアウト血清代替(20%)+ペニシリン/ストレプトマイシン(1%)+ NEAA(1%)+非動物L-グルタミン(1mM)を+ピルビン酸ナトリウム(1%) +炭酸水素ナトリウム(0.12%)+βメルカプトエタノール(0.1 mM)の+のbFGF(給餌、10ng / mlの新鮮な追加)
  6. HDAC阻害剤を準備します(給餌で​​新鮮な追加、100μM)酪酸ナトリウム、suberanilohydroxamic酸(SAHAは、200 nMの、給餌で新鮮な追加された)。 IPSCコロニーが出現したら、毎日培地を交換、hESCの培地+ HDAC阻害剤で細胞を供給し始める。
    NOTE:ナトリウム酪酸プラスチックチューブに吸着する小分子であり、tはherefore 4℃でホウケイ酸ガラス管に入れて保管してください。

5.切り分けIPSCクローン

  1. IPSCのコロニー(20-25細胞)を単離するのに十分な大きさになったら、P20ピペットでそれらを選ぶ。
  2. HDAC阻害剤の準備:酪酸ナトリウム(給餌、100μMで新鮮な追加された)を、SAHAは(摂食、200 nmで新鮮な追加)
  3. のhESC培地+ HDAC阻害剤+クローニングとリカバリサプリメントを含む個々の35mm皿でiMEFs上に分離したコロニーを置きます。
  4. コロニーをピッキングした翌日には、ヒトES細胞培地+ HDAC阻害剤に培地を変更します。
  5. IPSCコロニーは継代のために準備が整うまで、毎日培地を変更してください。
  6. コロニーが継代2-3で安定いったん媒体からHDAC阻害剤を除去します。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

三日後、およびヌクレオiMEFsにヌクレオフェクト細胞を播種する前に、成功したヌクレオの効率は、eGFPのために蛍光顕微鏡によって推定されるべきである。 図1のeGFPを発現する全細胞集団の約5〜10%の典型的なヌクレオ実験を示す。

再プログラムIPSCコロニーは約2週間後にヌクレオ表示されるようになります。コロニーが明確に定義された境界線を有するほぼ円形であり、高い核-細胞質比、(2)可視小体( 図2、明視野)(1)小さい、密に詰まった細胞を含む特徴的なhESC形態によって同定することができる。不完全に再プログラムされた細胞が劣化したり、容易に真のIPSCコロニーとは区別される不均一な細胞塊を形成することになるのどちらか。

我々は完全に特徴づけるために選択した代表的な株のうち、すべては、sを表現tandard多能性マーカー( 図2)、(図2)の内因性多能性遺伝子を再活性化、およびフォーム奇形腫NOD-SCIDマウスに注射した場合。

図1

1:OCT4、SOX2、KLF4、MYCL、EBNA1、p53のshRNAを、及びeGFP(スケールバーは100μmである)を含むプラスミドと3日後にクレオヌクレオフェクト細胞刺激したPBMC。

図2
図2:IPSCキャラ IPSCはiMEFアルカリホスファターゼ活性のための陽性(明視野)、テスト(AP)上に成長させたときに、このメソッドを呈するのhESC様形態を使用して生成し、陽性である多能性マーカーTRA-1-60、TRA-1-81、およびSSEA4のための免疫組織化学による。さらに、多能性遺伝子の内因性発現のOct4(O)、Sox2の(S)、Klf4の(K)、およびCMYC(M)は、RT-PCRによって検出可能である。 (すべてのスケールバーは100μmである)。 この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

エピソーム 反応当たりの質量(NG)
pCXLE-hOct3 / 4-shp53-F 830
pCXLE-HSK 830
830
pCXLE-EGFP 500
pCXWB-EBNA1 500

表1:リプログラミングプラスミド6の最適な比率は、これらのプラスミドは、Addgeneを通じて注文するために利用可能である。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

このプロトコルを使用するときに成功したIPSCの生成のために、考慮すべきいくつかの重要な注意事項があります。偏差が目標前駆細胞集団の非効率的な刺激およびIPSCの生成の低い効率につながる可能性がある赤芽球の膨張段階で、培地交換スケジュールは厳密に従わなければならない。各培地交換新鮮デキサメタゾンで新しい増殖培地を作ることが重要である。そしてQBSF-60基本培地およびデキサメタゾンは、貯蔵中に光から保護されるべきである。ヌクレオ中、DPBS洗浄は広範な細胞死を生じる、アークヌクレオから電流が発生することがあり、細胞懸濁液から過剰の溶質を除去することが重要である。約10日後にヌクレオ、プレートはIPSCコロニーの外観のために毎日検査しなければならない。いくつかの小さなコロニーが存在していると、リプログラミング培地はprolongeとして(HDAC阻害剤で)のhESC中]に変更する必要があります血清に対するdの曝露は、自発的な分化を誘導することができる。

実験用のセットアップおよび使用可能なリソースに応じて、プロトコルへの変更が考えられる。低酸素状態は、IPSCの生成13の効率を高めることが示されているので、我々は、低O 2インキュベーターを好む。しかし、我々は、5%CO 2で正常酸素条件を用いて末梢血からiPS細胞を生成する成功を収めている。したがって、標準的な加湿CO 2インキュベーターを使用することもできる。このプロトコルで使用されたMEFは、生命科学のベンダーから購入することができる。しかし、商業バッチの変動のために、我々は、MEFの分離、文化、照射14の公表プロトコルに従って、CF-1マウスからiMEFsを生成することを好む。エピジェネティックなリモデリングは細胞の再プログラミング9,15の重要な側面であるようなHDAC阻害剤の包含は、このプロトコルの好ましい態様である。 HDAC阻害剤は、FULのしかし数を省略することができるLyはIPSCコロニーが削減される再プログラム。最後に、不要追加の修飾を有する骨髄サンプルをこの方法を用いてiPS細胞を生成した。

要約すると、このプロトコルは、ランダムな宿主ゲノムへの挿入および組換えウイルスの取り扱いに関する安全性の問題を含む組込みベクター、とIPSC世代の欠点のいくつかを回避するプラスミドベースのリプログラミングシステムを使用しています。プラスミドの生成と比較した場合、さらに、小規模のウイルス産生および特徴付けは比較的労働集約的である。品質のプラスミドのいずれかの大規模生産が経時的一貫IPSCの生成をもたらすことができるが、再プログラミング効率はまた、原因ウイルス産生に固有のバッチの変動に大きく変化することができる。 HDAC阻害剤と組み合わせることで、このプロトコルは、無料の統合を生成し、幹細胞研究のための無料のiPS細胞をフットプリント、効率的な方法を提供しています。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Disclosures

著者は、彼らが競合する経済的利益を持っていないことを宣言。

Acknowledgments

著者は、この研究を支援するため、NIHから次の助成認めることを望む:K08DK082783(AR)、P30DK56465(BTS)、U01HL099993(BTS)、T32HL00715036(SKS)、およびK12HL0806406(SKS)を。とJPマッカーシー財団(AR)。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
Ficoll-Paque PLUS Fisher Scientific 45-001-750 Store at 4 °C. Warm to room temperature before use.
DPBS Life Technologies 14190-250 Store at 4 °C.
RPMI 1640 Life Technologies 11875-093 Store at 4 °C.
fetal bovine serum (FBS) Life Technologies 10437028 Store at -20 °C until needed. Thaw, aliquot, store at 4 °C.
dimethyl sulfoxide (DMSO) Sigma-Aldrich 154938 Store at room temperature.
QBSF-60 serum-free medium Fisher Scientific 50-983-234 Store at 4 °C.
penicillin/streptomycin Life Technologies 15140122 Store at 4 °C.
Cell Line Nucleofector Kit V Lonza VCA-1003 Store at 4 °C.
2% gelatin solution Sigma-Aldrich G1393 Store at 4 °C, liquify in 37 °C water bath before use.
Hank's Balanced Saline Solution (HBSS) Life Technologies 14175-103 Store at 4 °C.
Dulbecco's Modified Eagle Medium (DMEM) Life Technologies 11965-092 Store at 4 °C.
Iscove's Modified Dulbecco's Medium (IMDM) Life Technologies 12440-061 Store at 4 °C.
L-glutamine, 200 mM Life Technologies 25030-081 Aliquot, freeze at -20 °C.
non-essential amino acids (NEAA), 100X Life Technologies 11140-050 Store at 4 °C, away from light.
DMEM/Ham's F12, 1:1 Fisher Scientific SH30023.02 Store at 4 °C.
KnockOut Serum Replacement Life Technologies 10828-028 Aliquot, freeze at -20 °C.
sodium pyruvate, 100 mM Life Technologies 11360-070 Store at 4 °C.
sodium bicarbonate, 7.5% Life Technologies 25080094 Store at 4 °C.
basic fibroblast growth factor (bFGF) Life Technologies PHG0263 Make 10 mg/ml stock in DPBS, aliquot, freeze at -20 °C. Once thawed, store at 4 °C.
sodium butyrate  Sigma-Aldrich B5887-1G Make 2000x stock (400 mM) in DPBS, aliquot, freeze at -20 °C. Once thawed, store at 4 °C.
hES Cell Cloning & Recovery Supplement Stemgent 01-0014-500 Store at -20 °C until needed. Once thawed, store at 4 °C.
ESC-qualified BD matrigel BD Biosciences 35-4277 Thaw overnight on ice at 4 °C, aliquot into pre-chilled tubes using pre-chilled pipette tips. Store at -20 °C until needed. Thaw at 4 °C, use immediately.
StemSpan SFEM  STEMCELL Technologies 9650 Aliquot, freeze at -20 °C.
ascorbic acid, powdered Sigma-Aldrich A4403-100MG Make 5 mg/ml stock in DPBS, sterile filter, store at 4 °C.
recombinant human stem cell factor (SCF) R & D Systems 255-SC-010 Make 100 μg/m stock in SFEM, aliquot, freeze at -20 °C. Once thawed, store at 4 °C.
recombinant human interleukin 3 (IL-3) R & D Systems 203-IL-010 Make 100 μg/ml stock in SFEM, aliquot, freeze at -20 °C. Once thawed, store at 4 °C.
erythropoietin (EPO) R & D Systems 287-TC-500 Make 1000 U/ml stock in SFEM, aliquot, freeze at -20 °C. Once thawed, store at 4 °C.
recombinant human insulin-like growth factor 1 (IGF-1) R & D Systems 291-G1-200 Make 100 μg/ml stock in SFEM, aliquot, freeze at -20 °C. Once thawed, store at 4 °C.
β-mercaptoethanol Sigma-Aldrich M7522 Make 1000x stock (100 mM) in DPBS.
dexamethasone Sigma-Aldrich D4902-25MG Make 50x stock (50 μM) in DPBS, sterile filter, store at 4 °C.
SAHA (vorinostat) Cayman Chemical 149647-78-9 Make 2,000x stock (400 mM) in DPBS, aliquot, freeze at -20 °C. Once thawed, store at 4 °C.
12 well tissue culture plate Fisher Scientific 08-772-29
15 ml conical tube Sarstedt 62553002
1.5 ml Eppendorf tube Fisher Scientific 05-408-129
6 well tissue culture plate Fisher Scientific 08-772-1B
35 mm tisue culture plates BD Biosciences 353001
10 ml disposable serological pipettes Fisher Scientific 13-675-20
5 ml disposable serological pipettes Fisher Scientific 13-675-22
2 ml disposable serological pipettes Fisher Scientific 13-675-17
20 μl pipette tips, barrier tips Genessee 24-404
glass Pasteur pipettes Fisher Scientific 13-678-20D
pipette aid Fisher Scientific 13-681-15
pCXLE-hOCT3/4-shp53-F Addgene 27077
pCXLE-hSK Addgene 27078
pCXLE-hUL Addgene 27080
pCXLE-EGFP Addgene 27082
pCXWB-EBNA1 Addgene 37624

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Takahashi, K., et al. Induction of pluripotent stem cells from adult human fibroblasts by defined factors. Cell. 131, (5), 861-872 (2007).
  2. Koche, R. P., et al. Reprogramming factor expression initiates widespread targeted chromatin remodeling. Cell Stem Cell. 8, (1), 96-105 (2011).
  3. Baum, C., Kustikova, O., Modlich, U., Li, Z., Fehse, B. Mutagenesis and oncogenesis by chromosomal insertion of gene transfer vectors. Human Gene Therapy. 17, (3), 253-263 (2006).
  4. Okita, K., Ichisaka, T., Yamanaka, S. Generation of germline-competent induced pluripotent stem cells. Nature. 448, (7151), 313-317 (2007).
  5. Yu, J., et al. Human induced pluripotent stem cells free of vector and transgene sequences. Science. 324, (5928), 797-801 (2009).
  6. Hong, H., et al. Suppression of induced pluripotent stem cell generation by the p53-p21 pathway. Nature. 460, (7259), 1132-1135 (2009).
  7. Okita, K., et al. A more efficient method to generate integration-free human iPS cells. Nature Methods. 8, (5), 409-412 (2011).
  8. Yates, J. L., Warren, N., Sugden, B. Stable replication of plasmids derived from Epstein-Barr virus in various mammalian cells. Nature. 313, (6005), 812-815 (1985).
  9. Ware, C. B., et al. Histone deacetylase inhibition elicits an evolutionarily conserved self-renewal program in embryonic stem cells. Cell Stem Cell. 4, (4), 359-369 (2009).
  10. Mali, P., et al. Butyrate greatly enhances derivation of human induced pluripotent stem cells by promoting epigenetic remodeling and the expression of pluripotency-associated genes. Stem Cells. 28, (4), 713-720 (2010).
  11. Azuara, V., et al. Chromatin signatures of pluripotent cell lines. Nature Cell Biology. 8, (5), 532-538 (2006).
  12. Sommer, A. G., et al. Generation of human induced pluripotent stem cells from peripheral blood using the STEMCCA lentiviral vector. J. Vis. Exp. (68), e4327 (2012).
  13. Yoshida, Y., Takahashi, K., Okita, K., Ichisaka, T., Yamanaka, S. Hypoxia enhances the generation of induced pluripotent stem cells. Cell Stem Cell. 5, 237-241 (2009).
  14. Abbondanzo, S. J., Gadi, I., Stewart, C. L. Derivation of Embryonic Stem Cell Lines. Methods in Enzymology. 225, 803-823 (1993).
  15. Kim, H. J., Bae, S. C. Histone deacetylase inhibitors: molecular mechanisms of action and clinical trials as anti-cancer drugs. American Journal of Translational Research. 3, (2), 166-179 (2011).
エピソームおよびHDAC阻害剤を用いて血液からの効率的なiPS細胞の生成
Play Video
PDF DOI DOWNLOAD MATERIALS LIST

Cite this Article

Hubbard, J. J., Sullivan, S. K., Mills, J. A., Hayes, B. J., Torok-Storb, B. J., Ramakrishnan, A. Efficient iPS Cell Generation from Blood Using Episomes and HDAC Inhibitors. J. Vis. Exp. (92), e52009, doi:10.3791/52009 (2014).More

Hubbard, J. J., Sullivan, S. K., Mills, J. A., Hayes, B. J., Torok-Storb, B. J., Ramakrishnan, A. Efficient iPS Cell Generation from Blood Using Episomes and HDAC Inhibitors. J. Vis. Exp. (92), e52009, doi:10.3791/52009 (2014).

Less
Copy Citation Download Citation Reprints and Permissions
View Video

Get cutting-edge science videos from JoVE sent straight to your inbox every month.

Waiting X
simple hit counter