Waiting
Login processing...

Trial ends in Request Full Access Tell Your Colleague About Jove
Click here for the English version

Medicine

増加肺動脈の拍動流が豚における低酸素性肺高血圧を改善しました

doi: 10.3791/52571 Published: May 11, 2015

Abstract

肺動脈高血圧症(PAH)は、遠位肺動脈(PA)に影響を及ぼす疾患です。これらの動脈は右心室不全につながる、変形しています。現在の治療は限られています。生理学的に、拍動性血流が血管系に有害です。持続的な拍動性のストレスに応答して、血管が自己防衛のための血管拡張を誘導する一酸化窒素(NO)を放出します。この観察に基づいて、本研究は、人工肺の脈動血流が肺動脈圧のNO依存性減少を誘導することができるかどうかを評価するためのプロトコルを開発しました。子豚の1つの群は3週間の慢性低酸素状態にさらされると、子ブタの対照群と比較しました。週に一度、子豚は、PAHの重症度を評価するために心エコー検査を受けました。低酸素曝露の終了時に、子ブタは脈動カテーテルを用いて脈動プロトコルに供しました。麻酔をかけ、手術の準備をされた後、子ブタの頸静脈を単離し、CAtheterは、X線透視制御下で、右心房、右心室と肺動脈を介して導入されました。肺動脈圧(PAP)は、直ちに(T1)及び(T2)拍動プロトコル後の30分後、(T0)の前に測定しました。これは、この脈動プロトコルがNO依存性機構を介して、平均PAPの有意な減少を誘導する、安全で効率的な方法であることが実証されました。これらのデータは、PAHの臨床管理のための新たな道を開きます。

Introduction

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

肺動脈高血圧症は、肺血管系に影響を与える生命を脅かす疾患です。血管収縮剤の増加(エンドセリン、セロトニン)および血管拡張剤の減少(NO、プロスタサイクリン)の間の不均衡は、PAHの発展に貢献する分野での合意があります。時間が経つにつれて、このプロ収縮表現型は、血管病変1の発展に貢献し、複雑なプロ増殖性および抗アポトーシス表現型に発展します。

血管収縮薬への長期暴露は、の[Ca 2+]における有意かつ持続的な増加をもたらす肺動脈平滑筋細胞におけるIにPASMC増殖および抵抗を促進する、例えば、NFAT 2-4のようないくつかのカルシウム調節性転写因子の活性化を可能にしますアポトーシス表現型5。この表現型は、PA圧および肺解像度の両方の増加に寄与し、肺血管病変につながります最終的に致命的な右心不全6につながるistance、。

現在、生活7の患者の質を向上させること、いくつかありますが、PAHを逆転させる利用可能な治療法はありません。これらの処理の中で、NO吸入治療の有効性が実証されているが、その短い半減期のために、臨床診療に使用することは困難です。このため、より安定した耐久性のある治療法は、そのようなプロスタサイクリン類似体、またはエンドセリン受容体遮断剤7として、好まれています。より良い治療法を開発するためには、PAHの病態生理学の知識を向上させ、拡張することが不可欠です。

脈動は、高圧流傷害8,9からの非弾性の遠位動脈を保護し、せん断応力誘発性血管拡張を活性化する周知の刺激です。大動脈肺動脈の外科的シャントへの二次PAHのモデルでは、ヌール実証肺内せん断STRESS-媒介内皮機能の強化10。いくつかの研究は、NO、プロスタサイクリン及びET-1発現が厳密に拍動流の変化により調節されることを実証しました。実際、拍動流の緩やかな増加は、PAHに低減され、どちらもeNOSの活性およびプロスタサイクリンのレベルを増加させます。拍動流の変調は、おそらくPAHの病因に関与し、人工的にそれが肺循環内にNOとプロスタサイクリン産生を増加させる魅力と斬新な方法で増加しています。

本研究は、低酸素状態が誘導された人に子ブタにおける肺高血圧症(PH)モデルで血行動態測定に新たに開発された拍動性のカテーテルを用いて、10分間の拍動流の効果を評価することを目的とします。これは、肺動脈の拍動性を増加させること、それによって肺動脈圧を低下させる、肺動脈の血管弛緩を誘導することが仮定されています。

右心猫heterization(RHC)は、診断のための重要な臨床的介入であり、PAH患者のフォローアップ。実際、PAHを診断する最も信頼性の高い方法であり、医師が血管反応11,12ならびに疾患の進行を評価することができます。実際、すべてのPAH患者はRHC数回受けます。大型動物での本研究は、評価し、定期的なRHC手順中PAHの治療に拍動カテーテルの有効性と安全性を実証することを目的とします。拍動カテーテルが既に利用可能であり、RHCは日常PAH患者において行われるため、この研究は急速に臨床試験を実施することができるように必要なすべての情報を提供します。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

注:この研究は倫理委員会の数CEEA34.PB.103.12によって承認されました。

動物モデルとして子豚の1.

  1. 性別、年齢(15±3ヶ月)と重量(30±10キロ)(対照群および慢性低酸素症(CH)基)の点で一致した2群(各群n = 6)で実行します。ハウスCHの低圧室(0.4気圧)での3週間のグループ、および社内規則的normobaric(1気圧)の条件で、対照群。
  2. 図1に示すように、2平方メートルのフットプリントとプレキシグラスボックスと1.6メートルの高さからなる低圧室を使用してください。
  3. 継続的に監視し、18℃の温度および0.4気圧の圧力を維持します。時間当たり8メートル3の空気更新率を可能にする、真空ポンプで十分な換気を確保してください。
  4. 適切なごみのチャンバー内に2匹の動物を配置します。 48時間ごとに、半分をnormobaric条件にあるボックス内の圧力を戻しますボックスで、2匹の動物の存在下で、ボックスをきれいにする時間は、彼らが逃げるのを防止closedto続けました。肺高血圧症を誘導するこの方法は、広く13を検証てきました。
  5. 動物の麻酔
    1. チオペンタールナトリウム(10mg / kg)の最初の静脈内注射で子豚を麻酔し、イソフルラン(1.5から3.5パーセント)の連続吸入により麻酔を維持します。角膜の乾燥を防ぐために、子ブタの目にカーボポールゲルの2滴を適用します。
    2. 胸を露出させる屈曲位に縛ら自分の前足と左側臥位で動物を配置します。石鹸と水で肌をきれいにしてから胸を介して超音波の浸透を妨げる可能性のある毛を除去するために、電気シェーバーを使用して剃ります。
  6. 心エコー図
  7. 心エコー検査により、長手方向と非侵襲的にPAHの開発を監視します。 3 MHzのトランスデューサを使用して、毎週のエコーを実行します。レクリエーション左右の足にと胸の右側に3電極を配置することにより心電図をORD。
  8. ドップラープローブを使用して、3つの異なる発生率(長手方向、短軸および頂端)で記録した二次元およびMモード撮像データ。第四及び第五左肋間空間の間の右手、所定の位置にプローブを保持します。良好な画像の解像度が異なる心の構造( すなわち隔壁)が得られるまで左右に回転、ゆっくり上下プローブを移動します。音響窓は、胸の中の心臓の位置に応じて別の動物からは少し異なります。
  9. これらの発生率のそれぞれについて、およびオフライン分析を使用可能にするには、少なくとも10の心臓サイクルの間に同時にECGを記録します。拡張末期は、心電図上のQ波の開始と一致する心周期内の点として定義されています。エンド収縮は、T波の始まりと一致します。
  10. によって僧帽弁と三尖弁の血流を測定しますピカルビュードップラー超音波。胸骨柄の胸骨の先端に、ドップラープローブを配置します。サンプリング領域は、弁を横切る血流を記録するだけで、バルブの上方に配置しました。
  11. 僧帽弁と三尖弁と大動脈と肺動脈弁を通る血流の積分速度 - 時間を得るために、ドップラー流量計によって心周期中の血流速度を記録します。エコーグラフによって設けられた固定画像又は画像シーケンスを取得するために、毎秒25フレームのレートで画像を保存するためにエコーグラフのビデオ·グラフィックス·アレイを使用します。
  12. 測定器を用いて心臓の空洞および国際勧告14に従ってエコーグラフに統合されたソフトウェアによって提案された表面領域の輪郭の寸法や面積を測定します。
  13. TM(時間モーション)マイナー軸入射14で記録することにより、拡張期および収縮期に右心室の自由な壁の厚さを測定します。
  14. メア短軸図14の肺動脈弁の先端の肺動脈根径を ​​確認してください。
  15. ECG 14のT波の先端のECG上と収縮期におけるQ波の開始時に長手方向の図の中隔とTM運動における拡張期に左心室の後壁を測定します。
  16. 左室拡張末期径(LVEDD)、左心室収縮末期径(LVESD)を測定します。短縮率(FS)式FS(%)=(LVEDD-LVESD)/ LVEDDを使用して計算します。大動脈の直径と右と左心房の表面積を測定します。
  17. 持続時間、速度、時間インデックス14を流れ、Eおよび波、E波の減速ハーフタイムの最大振幅:僧帽弁と三尖弁血流の積分速度-timeから、次のように測定します。
  18. 肺動脈のドップラー測定値から、以下の測定:最大速度を、アセンションハーフタイム、持続時間および14の積分を流します。
  19. シンプソン15の方法を用いて、左心室容積を評価します。
  20. グループ全体のその後の統計分析のためにデータベース内の各子豚のためのデータを格納します。

2.右心カテーテル法

  1. 動物の準備
    1. 拍動カテーテル留置の前に、ブタは、肺高血圧を誘導するために3週間の間に低圧のチャンバ内に配置されています。
    2. (固形食品用の24時間の水は8〜12時間)、手術前に24時間のために動物を絶食。
    3. 前RHCの24時間は、よく訓練された獣医は、直腸温度計を使用して、粘膜の色、キャピラリーリフィル時間、地球の肺と聴診器を用いて心臓の機能や体温を評価するために、前麻酔の臨床試験を行っています。
    4. 誘導Oの前にミダゾラム(筋肉内、0.5ミリグラム/ kg)および塩酸モルヒネの注射を投与(筋肉内、0.1ミリグラム/ kg)を15〜30分F麻酔。誘導時のモルヒネ塩酸塩(0.05〜0.5ミリグラム/ kgの筋肉)の繰り返し注射ごとに4〜6時間。
    5. それが効果的になるまで部分的な注射により、その後5 10mg / kgの初期ボーラス注射を介して、チオペンタールナトリウム(10mg / kgの静脈内)を管理します。気管内挿管までバッグとマスク換気によりこれに従ってください。
    6. ピグレット挿管
      1. pramocaineゲルでチューブに注油してください。それを補強し、挿管プロセスを容易にするために、チューブに金属針を挿入します。
      2. 深麻酔を確実にするために瞼をタッチします。舌を上げ、声帯への損傷を避けるために、喉頭鏡を使用して、喉頭の直接可視化することにより挿管を実行します。逆流に関連する問題を防止するために、チューブのバルーンを膨らませます。
    7. 毎分10〜12回の呼吸で呼吸速度を制御します。 7〜10ミリリットル/ kgでの現在のボリューム、正の電子を持つ25のH 2 Oおよび2秒の吸気相センチ〜30の通気圧力5cmのH 2 OのND-呼気圧力
    8. 100%酸素(誘導2 /分で、1 L /分の1.5から2.5パーセントの酸素流を維持L 3への酸素の流れとの3〜5%)でイソフルランで動物を麻酔。ステップ1.5.1のように角膜にカルボポールゲルを適用します。
    9. 尾耳介動脈にヘパリン化カテーテルを挿入し、縫合糸のステッチで所定の位置に固定された緑のカニューレと皮下注入を介して(0.9%生理食塩水5mlを5,000 IU / mlのヘパリンでスパイク)。
    10. 乳酸リンゲル液(10〜20ミリリットル/ kg /時間)を注入します。
    11. わずかに傾いた診察台の上に動物を配置します。唾液の分泌を促進するために、わずかに下方に傾斜ヘッドにしてください。
  2. 監視
    1. 粘膜の色とキャピラリーリフィル時間、下顎筋緊張と眼球位置、縮瞳/散瞳、眼瞼反射:5分ごとに、個々の麻酔症例報告書に次の値を確認し、記録します。
    2. 継続的に心とrespiraを監視トーリーレート、パルス酸素濃度計、体温や心電図。大腿動脈に動脈イントロデューサを挿入します。大腿動脈に、大口径長さ10cmのカテーテルを挿入し、全身血圧を監視します。
  3. 拍動カテーテルの設定
    注:この医療機器は、横並びに配置され、互いに溶接2つのカテーテルで構成されています。最初の遠位部分は、20mmの直径及び5mlを最大ボリューム容量の標準バルーンに接続されています。第二のカテーテルは、肺動脈の位置決めを容易にするために、ワイヤの挿入を可能にします。デバイスは、0.035の内部ゲージと12神父の外径と750ミリメートルの長さであります
    1. 実験のために、パルス毎に2.5ミリリットルの容量で、膨張時デフレと正圧の間にバルーンへのアクティブな真空を適用し、小さなハーバード683動物の人工呼吸器との脈動を行います。ボールのための噴射剤ガスとしてヘリウムを使用しますOONガス塞栓症を防止するために、ポンプ。
    2. プロトコル中に心臓のリズムの乱れを文書化するために継続的に表面心電図の追跡を記録します。左大腿動脈では、血行動態モニタリングシステムに接続された20ゲージカテーテルのセンサデバイスを接続します。
  4. 右心カテーテル検査
    1. 動物の首を洗い、剃ります。ガーゼ圧縮を使用して皮膚の消毒液(ベタジンスクラブ)で皮膚をきれいにしてください。手術部位を画定するために、右の肩と胸骨柄の胸骨の間に右頸静脈の周りに滅菌ドレープを配置します。
    2. ハーフウェイ右肩と胸骨柄の胸骨の間の滅菌はさみで4センチメートル縦切開を行います。
    3. 慎重にピンセットで皮膚や筋肉層を除去。そして静かに約5cmの長さにわたって静脈を周囲の結合組織を除去。出血を防ぐために、遠位側クリップ。広報の周りのバインダー線を配置oximal側半部の後に静脈開口部を制御することができるようにします。
    4. 特定の小さな非常に鋭いノミを使用して、横方向に半分に静脈を切りました。切開部のエッジがきちんとしていることを確認してください。薄いフォームを使用して、切開部の一方の端を上げ、ゆっくりと静脈の近位側へのカテーテルを押してください。バインダーワイヤーで出血コントロール。
    5. 頸静脈にカテーテルを導入し、順次上大静脈、右心房、右心室と、最終的には、肺動脈を押し通します。
    6. 各心腔および肺動脈(T0)に、10安定した心サイクルにわたって圧力を記録します。心臓の血液を1分間隔で3回のフロー測定します。
    7. 透視制御下肺動脈内にバルーンカテーテルを配置します。膨らませるとヘリウムから1cm 3でバルーン(脈動)を収縮させます。 10分間の拍動を続けます。レコード各心腔で10安定した心サイクルにわたって圧力、および肺アルテRYおよび10分(T1)後の心臓の血流を測定します。
    8. 30分拍動プロトコル(T2)後に再び心臓の血流を測定します。

3. NOの測定

  1. それが完全に満たされるまで、呼気呼吸ガス出口管にダグラスバッグを接続します。 NO呼気分析器の中にパイプの上に置きます。
  2. ゆっくりと常に弾性ダグラスバッグを圧縮することにより分析装置に呼気を強制します。一定の流れを維持するために、分析装置の流量計によって袋流出を測定します。

4.組織学測定

  1. 麻酔下で、中心部に配置された拍動性のカテーテル内にDolethalの30ミリリットル(安楽死のための注射液)を注入します。
  2. すぐに安楽死の後、わずかに、縦方向胸骨柄をソーイングすることによって胸を開き、心臓を移動し、右肺を保持します。そして解剖ハサミを使用して、2つの2cmまたは3cmにマイルから3のサンプルをカット肺のddleローブ。
  3. スナップは、液体窒素中で一つの試料を凍結し、-80℃で保存しました。 24時間、3.7%パラホルムアルデヒド中で第二のサンプルを修正してから、その後の組織学的分析のためにパラフィン中に埋め込みます。
  4. 以前に16を説明したように組織学測定を行います。 2測定/動脈を10動脈/子ブタおよび6子豚/グループに次のようにPAの壁の厚さを測定します。
  5. 統計分析を実行します。値は平均±SEM倍率変化として表しました。
    1. 2つの手段を比較するには、対応のないスチューデントのt検定を使用しています。以上の2つの手段を比較するには、ダンの試験が続く一方向ANOVAを使用。 P <0.05(*)、統計的に有意とみなしました。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

増加肺動脈の拍動流が豚に誘導される慢性低酸素性肺高血圧を改善しました

拍動流の増加に動物を曝露する前に、超音波は、子豚が、肺高血圧症を発症していたことを確認するために非侵襲的に使用されました。 図2に示すように、慢性低酸素の三週間は、肺動脈の加速時間(ドップラー)の有意な減少とRV肥大(Mモード)の増加によって特徴付けられる子ブタにおける肺高血圧症の発症を誘導しました。 RHCの間に、右心室収縮期圧(RVSP)とPA圧力を意味両方の侵襲的測定値は対照子豚(値T0)( 図3)対慢性低酸素の子ブタにおける肺高血圧症の存在を確認しました。右心室拡張期圧が-3対照群の±1 mmHgのと-2 PAH群では±1とした心房圧-4 EACで±2 mmHgのH基。全身圧力は106±13 PAH群対照群の95±18 mmHgでした。肺高血圧症はまた、組織学的切片の血管リモデリングの定量化によって確認されました。肺高血圧に拍動流の可能性治療効果を評価するために、脈動カテーテル10分間人工肺拍動流を発生するために使用されました。 10分間図3の脈動流の増加を示すように、両方のRVSPの有意な減少を誘導し、ベースライン(T0値)と比較して、PA圧(T1値)を意味します。心拍出量が変更されていないので、脈動は対照群で26±3%、血管、肺動脈の抵抗が減少し、PAH群で41±4%です。 PA圧力の低下は時間をかけて維持されたことを確認するために、右のカテーテルは、さらに拍動流を発生しなかったで動物をさらに30分間の場所に滞在しました。両方RVSPは、(T2値)を示すように平均PA圧力がベースライン(T0値)と比較して減少し続けました。これは、全身の血管パラメータが肺動脈に拍動流の発生による影響を受けると全身圧も心拍出量のいずれも大幅に変更されたことをしなかったことに留意すべきです。

呼気NOが6慢性的に低酸素の子豚(T0)と人工拍動流(T2)を生成した後40分間測定しました。確認する必要がある。この予備的結果は、 - 有意な(p <0.001)は2±1ppmの8±22 ppmでの呼気のNOの増加を実証しました。

最後に、拍動流がPA圧力の低下は主にNO生成の増大によるものであったことを示唆し、ET-1、および5-HTの循環レベルに有意な効果を示さありませんでした。

図1
図1:ダイヤ議定書のグラム。必要な機器と低酸素ボックスの(A)図。 (B)実験のタイムライン。 Echocardiographsは、低酸素状態の間と後に、前の3週間、毎週実施した。 この図の拡大版を表示するには、こちらをクリックしてください。

図2
図2:心エコー検査結果の典型的な分析非侵襲的に測定しました。 (A)は、慢性低酸素曝露(0.4気圧)の3週間(W1、W2、W3)を介して、心拍数の変更が右心室肥大が観察されたが、次第に(B)を増加させました。また、肺動脈加速時間(PAAT)測定(C)は PAATはPAH piglに有意に減少することを実証しました何も修正が対照群で発生していないのに対し、PAHなどのETSは、進行しました。実行された当該少数の動物に適合ANOVA統計解析(* P <0.05; ** P <0.005; *** P <0.001)。 この図の拡大版を表示するには、こちらをクリックしてください。

図3
図3:肺動脈圧が脈動カテーテルの曝露後に逆転されたが、(A)子豚を10分間の拍動カテーテル法に曝露しました。肺動脈圧平均(PAPcm H 2 O)は、直ちに(T1)の後に、(T0)の前に評価され、脈動(T2)後30分でした。各時間は、圧力が結果の代表値を得るために、安定した10心周期にわたって測定しました。 (B)血管remod elingを定量し、コントロールの子豚に比べPAHの子豚に増加しました。実行された当該動物の少数に適合するANOVA統計分析(* P <0.05; ** P <0.005; *** P <0.001)。

図4
図4:脈動カテーテルは、血行動態パラメータを変更しなかった全身収縮期圧(A)および心拍出量(B)は、拍動性のプロトコルの間と後に、前のPAHおよび制御子豚で評価しました。有意差は、群と異なる時刻の間で観察されませんでした。 (C)収縮期肺動脈圧は、T0、T1およびT2で右カテーテルにより(mmHgで)を測定しました。実行された当該動物の少数に適合するANOVA統計分析(* P <0.05; ** P <0.005; *** P <0.001)。ww.jove.com/files/ftp_upload/52571/52571fig4large.jpg「ターゲット= "_空白">この図の拡大版を表示するには、こちらをクリックしてください。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

初めて、それは肺の拍動流の変化を原因として、慢性低酸素曝露に続発するPAHの開発に関連していることが示されています。この翻訳アプローチは、特別に設計されたカテーテルを用いて肺の拍動流人工増加を誘導することはおそらくNO生成を増加しないことによって、肺高血圧症を改善するという証拠を提供します。

これらの知見は、オリジナルだけではない、彼らは、内因性NO産生が全身の機能に影響を与えることなく、肺循環の中に機械的にかつ安全に刺激され得ることを実証し、大きな治療的関心もあります。研究デザインは、新しいメソッドが診療所で採用される前に、最近、大型動物でテストを推奨している肺高血圧症の最新の前臨床研究の勧告に準拠しています。これらの知見の翻訳可能性は非常に高いです。

しかし、病態生理学PAHのメカニズムは一意ではありません。 PAHの分類は、5つの異なるグループを区別します。グループ3は、慢性低酸素症に続発内側肥大の代表です。それは、このグループに含めることができますが、モデルは完全に人間のPAHを表すものではありません。慢性低酸素症に続発するヒトPAHは、主に気管支及び肺実質の病変は末梢肺の対全身シャントを誘発する慢性気管支炎にリンクされています。これらのシャントは、モデルで使用されるものとは異なる機構を介して低酸素血症を誘発します。ここでは、モデルは、肺疾患よりも高い高度での生活に近いです。同じ心拍数、同じ心拍出量と同じ肺動脈圧:しかしモデルの心血行動態は、ヒトのものに近いです。

ヌールによる以前の研究は、脈動に続発17冠状動脈と肺循環10血管拡張を実証しました。 PAHの彼らのモデルは、大動脈肺動脈シャントました。大動脈肺動脈の狩りは、肺動脈内の血流を増加させます。これは、肺動脈にバルーンを配置する彼らの実験で観察された肺動脈圧の低下を妨げる可能性の右心室吐出に障害物を作成することが我々の見解です。これは、心臓の出力には影響を与えませんPAHのモデルが選ばれたことの理由です。代わりに、心臓の血流が全体で一定のまま 実験

動物の胸は、通常の換気と肺循環を変更する脈動の適用中に外科的に開放されるので、その実験条件は全く異なります。これは、2つの実験を比較することは困難です。

拍動がPAHを減少する介して、機構が証明されていません。私たちは、呼気NOの増加を実証しながら、ヌールが行った研究では、E-NOSの増加を示しました。これらの二つの結論は役割を強く示唆しているナンプラーPAHの減速機構でNOによってYED。しかし、他のメディエーターは18を関与している可能性があります。これは、脈動によって誘発される血管拡張に関与するバイオマーカーを調べるためにさらなる研究を行うのに有用であろう。

NO送達は、PAH患者19-21に有益であると報告されていません。しかし、NOは非常に短い半減期を有し、従って、患者を治療するためのその使用は、複雑な手順を含みます。加えて、拍動流のNO二の放出がより明確に実証する必要があります。 eNOSの増加やヌールによって行われた研究ではなく、研究で観察された全身の血管拡張は、拍動と血管拡張におけるその役割によって誘導されたNO放出を調査していない更なる研究を行うことが必要であることを示唆しています。これは、NO治療はまだ臨床で使用されていないされていないもう一つの理由です。

右心カテーテル法は、症状の重症度を評価し、patienを監視するために使用される標準的な手順でありますT処理16,18。これは、拍動カテーテルの代わりに定期的にカテーテルを使用することは完全に可能であろう。これは、任意の追加の手順を必要とせず、PAHの重症度を評価するだけでなく、患者を治療し、その症状を改善するために使用することができます。この技術の別の利点は、少数の、もしあれば、毒性効果を有することです。これらのデバイスは、生理学的プロセスを介してNO生成を誘発しないので、他の治療法との有害な相互作用はほとんどありません。したがって、脈動カテーテルを迅速かつ安全に継続的な治療を必要とする患者で使用することができます。

小説が、本研究の知見は、二次性肺高血圧症を発症し、左心不全患者で行われた以前の観察を確認します。実際、慢性うっ血性心不全に関連した肺高血圧症の患者は、心臓移植、次の罹患率および死亡の重大なリスクを持っています。トレAmione 22の観測番目補助装置拍動左心室を受けた患者で心臓移植のために修飾することが可能になり、肺動脈圧の有意な減少がありました。研究で検討されていないが、NO放出はおそらく、本研究のように、肺動脈圧の改善を説明することができませんでした。本研究では、以前の知見を確認するが、拍動カテーテルの使用は、高い臨床的意義の二次性肺高血圧症を発症左心不全患者で検討されるべきであることを示唆しているだけではなく。

非常に有望であるにもかかわらず、この研究にはいくつかの制限を有します。まず、本装置の有効性は、肺高血圧症の一つのモデルでテストされています。現在、非常に少数の大型動物の肺高血圧症モデルは23があります。これは、新しいモデルを開発することが不可欠です。トレAmione らの知見に照らして二次性肺高血圧症、肺高血圧モデル仲間に関する22左心不全のdは大きな治療的関心であろう。 NO放出の拍動カテーテルの効果がPA内で循環NOを介して直接呼気NOを測定しないことによって推定しました。オズカン 24は、NOがPA循環内のNOの量の良好な指標で吐き出さことが示されています。確かに彼らの研究では、彼らは呼気NOがPA用いてエポプロステノールでNO生成を刺激しないこと呼気NOに反映されたPAH患者対照において、その減少したことを実証しました。 NO測定を吐き出さないこの手段は、PA内で循環NOレベルを推定しないの有効な方法です。この研究はまた、30分以上かけてPAの圧力を測定しますが、長期的影響(週、月、年)が検討されていません。この技術を共有すると、他のチームは、異なるプロトコル(他の治療との組み合わせ、すなわち )をテストの利点を分析し、おそらく影響を発見することができます。中でも、本研究は、につながる可能性が期待されていますヒトPAH患者におけるデバイスの迅速かつ安全な使用。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Materials

Name Company Catalog Number Comments
Drugs for anesthesia
sodium thiopental, THIOPENTAL SODIUM Abbott, France 0000071-73-8 powder
3 place Gustave Eiffe 94518 RUNGIS CEDEX.
 isoflurane, FORANE Abbott, France 05260-05 glass bottle 250 ml
3 place Gustave Eiffe 94518 RUNGIS CEDEX.
midazolam, Hypnovel Accord Healthcare  Vidal injectable ampoules 1mg/ml
45 Rue du Faubourg de Roubaix 59000 Lille France
pramocaine,TRONOTHANE 1%  Laboratoires LISAPHARM Vidal Gel appl locale T/30g
3, rue Scheffer. 75016 Paris.
morphine chlohydrate Lavoisier CMD Lavoisier Laboratoires CHAIX et DU MARAIS Vidal injectable ampoules 
7, rue Labie -75017 Paris - France
Acrylates Copolymer-Carbopol® Aqua SF-1 Polymer Lubrizol gel appl local
Elysées La Défense 19 le Parvis 92073 Paris la défense
Material 
Ventilateur Harvard 683 Harvard apparatus Harvard apparatus DRIM 75 rue des Anglais - 78700 Conflans Ste Honorine   
Echographe Voluson E8 with a 3.5 MHz probe General Electric GEHealthcare DRIM 75 rue des Anglais - 78700 Conflans Ste Honorine   
Pulsatil Catheter Cardio inovating system Cardio innovative systems, 33 rue Vivienne, Paris, France 75002
NO breath Analyseur Respur Respur 26 rue Felix Rouget 95490 Vaureal France

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Malenfant, S., et al. Signal transduction in the development of pulmonary arterial hypertension. Pulm Circ. 3, (2), 278-293 (2013).
  2. Paulin, R., et al. Signal transducers and activators of transcription-3/pim1 axis plays a critical role in the pathogenesis of human pulmonary arterial hypertension. Circulation. 123, (11), 1205-1215 (2011).
  3. Courboulin, A., et al. Role for miR-204 in human pulmonary arterial hypertension. J Exp Med. 208, (3), 535-548 (2011).
  4. Bonnet, S., et al. The nuclear factor of activated T cells in pulmonary arterial hypertension can be therapeutically targeted. Proc Natl Acad Sci U S A. 104, (27), 11418-11423 (2007).
  5. Meloche, J., et al. Role for DNA damage signaling in pulmonary arterial hypertension. Circulation. 129, (7), 786-797 (2014).
  6. Humbert, M., et al. Cellular and molecular pathobiology of pulmonary arterial hypertension. J Am Coll Cardiol. 43, (12 Suppl S), 13S-24S (2014).
  7. Archer, S. L., Michelakis, E. D. An evidence-based approach to the management of pulmonary arterial hypertension. Curr Opin Cardiol. 21, (4), 385-392 (2006).
  8. Li, M., Scott, D. E., Shandas, R., Stenmark, K. R., Tan, W. High pulsatility flow induces adhesion molecule and cytokine mRNA expression in distal pulmonary artery endothelial cells. Ann Biomed Eng. 37, (6), 1082-1092 (2009).
  9. Li, M., Stenmark, K. R., Shandas, R., Tan, W. Effects of pathological flow on pulmonary artery endothelial production of vasoactive mediators and growth factors. J Vasc Res. 46, (6), 561-571 (2009).
  10. Nour, S., et al. Intrapulmonary shear stress enhancement: a new therapeutic approach in pulmonary arterial hypertension. Pediatr Cardiol. 33, (8), 1332-1342 (2012).
  11. Barst, R. J., et al. Diagnosis and differential assessment of pulmonary arterial hypertension. J Am Coll Cardiol. 43, (12 Suppl S), 40S-47S (2004).
  12. Galie, N., et al. Guidelines on diagnosis and treatment of pulmonary arterial hypertension. The Task Force on Diagnosis and Treatment of Pulmonary Arterial Hypertension of the European Society of Cardiology. Eur Heart J. 25, (24), 2243-2278 (2004).
  13. Naeije, R., Dewachter, L. Animal models of pulmonary arterial hypertension. Rev Mal Respir. 24, (4 pt 1), 481-496 (2007).
  14. Via, G., et al. International evidence-based recommendations for focused cardiac ultrasound. J Am Soc Echocardiogr. 27, (7), e681-e683 (2014).
  15. Folland, E. D., et al. Assessment of left ventricular ejection fraction and volumes by real-time, two-dimensional echocardiography. A comparison of cineangiographic and radionuclide techniques. Circulation. 60, (4), 760-766 (1979).
  16. Meloche, J., et al. Critical role for the advanced glycation end-products receptor in pulmonary arterial hypertension etiology. J Am Heart Assoc. 2, (1), e005157 (2013).
  17. Nour, S., et al. Intrapulmonary shear stress enhancement: a new therapeutic approach in acute myocardial ischemia. Int J Cardiol. 168, 4199-4208 (2013).
  18. Barrier, M., et al. Today's and tomorrow's imaging and circulating biomarkers for pulmonary arterial hypertension. Cell Mol Life Sci. 69, (17), 2805-2831 (2012).
  19. Budev, M. M., Arroliga, A. C., Jennings, C. A. Diagnosis and evaluation of pulmonary hypertension. Cleve Clin J Med. 70, Suppl 1. S9-S17 (2003).
  20. Barst, R. J., Channick, R., Ivy, D., Goldstein, B. Clinical perspectives with long-term pulsed inhaled nitric oxide for the treatment of pulmonary arterial hypertension. Pulm Circ. 2, (2), 139-147 (2012).
  21. Pepke-Zaba, J., Higenbottam, T. W., Dinh-Xuan, A. T., Stone, D., Wallwork, J. Inhaled nitric oxide as a cause of selective pulmonary vasodilatation in pulmonary hypertension. Lancet. 338, (8776), 1173-1174 (1991).
  22. Zapol, W. M., Rimar, S., Gillis, N., Marletta, M., Bosken, C. H. Nitric oxide and the lung. Am J Respir Crit Care Med. 149, (5), 1375-1380 (1994).
  23. Stenmark, K. R., Meyrick, B., Galie, N., Mooi, W. J., McMurtry, I. F. Animal models of pulmonary arterial hypertension: the hope for etiological discovery and pharmacological cure. Am J Physiol Lung Cell Mol Physiol. 297, (6), L1013-L1032 (2009).
  24. Torre-Amione, G., et al. Reversal of secondary pulmonary hypertension by axial and pulsatile mechanical circulatory support. J Heart Lung Transplant. 29, (2), 195-200 (2010).
増加肺動脈の拍動流が豚における低酸素性肺高血圧を改善しました
Play Video
PDF DOI DOWNLOAD MATERIALS LIST

Cite this Article

Courboulin, A., Kang, C., Baillard, O., Bonnet, S., Bonnet, P. Increasing Pulmonary Artery Pulsatile Flow Improves Hypoxic Pulmonary Hypertension in Piglets. J. Vis. Exp. (99), e52571, doi:10.3791/52571 (2015).More

Courboulin, A., Kang, C., Baillard, O., Bonnet, S., Bonnet, P. Increasing Pulmonary Artery Pulsatile Flow Improves Hypoxic Pulmonary Hypertension in Piglets. J. Vis. Exp. (99), e52571, doi:10.3791/52571 (2015).

Less
Copy Citation Download Citation Reprints and Permissions
View Video

Get cutting-edge science videos from JoVE sent straight to your inbox every month.

Waiting X
Simple Hit Counter