Waiting
Login processing...

Trial ends in Request Full Access Tell Your Colleague About Jove
Click here for the English version

Chemistry

サイト監督スピン標識および五量体リガンド依存性イオンチャネルのEPR分光研究

Published: July 4, 2016 doi: 10.3791/54127

Introduction

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

過去10年間、五量体リガンド依存性イオンチャネル(pLGIC)の構造的理解は、家族のいくつかのメンバーの高分解能構造の群衆に起因して、飛躍的に成長してきました。フィールド内の現在の進歩につながった主な要因は、構造決意アプローチ中の原核pLGICチャンネルの発見、真核生物の膜タンパク質の発現に1-3主要な進展、4-6と驚異的なブレークスルーを含む。7これらの構造は、上の明確なコンセンサスを提供しますpLGICの3次元構造の全体的な保全。しかし、背後に引きずるように見える二つの主要な分野は、これらのチャネル製剤の機能的特徴およびチャネル機能のメカニズムの説明があります。

ゲーティングコンフォメーション変化は複雑であり、チャネルの長さに沿って60オングストロームの距離にわたって起こり、これらの遷移は広くによって調節されます膜脂質。具体的には、負の脂質、コレステロール、およびリン脂質はpLGIC 8-11の機能を調節することが示されています。チャネル機能におけるこれらの脂質成分の正確な役割は不明のままであるが、ゲーティングの完全な分子的理解は、彼らのネイティブ環境でこれらのチャネルを研究が必要となります。部位特異的スピンラベリング(SDSL)および電子常磁性共鳴(EPR)分光法は、再構成されたシステムでは、タンパク質のダイナミクスを研究するための選択肢の技術です。 EPR分光法(蛍光分光法のように)分子の大きさ(NMRのように)、またはサンプルの光学的特性によって制限され、それによって天然の脂質状態に再構成全長構築物の測定が可能です。技術は非常に敏感であり、(ピコモルの範囲内で)比較的低いサンプル要件があります。これらの両方の側面がミリグラム以上で表現することが困難な大規模な膜タンパク質を研究するための技術は非常に適して作ります量。

部位特異的スピン標識と組み合わせて、EPR分光法を使用することは、ウェインハベルらによって開発された、およびタンパク質の種類の範囲を研究するために適合されている。12-24 EPRデータは、二次構造を調査するために使用されている、タンパク質の変化を立体構造、膜挿入深さ、およびタンパク質 - タンパク質/タンパク質 - リガンド相互作用。

この方法は、部位特異的突然変異誘発により、目的の位置にシステイン置換を含みます。部位特異的な標識化を確実にするために、システインレステンプレートを作成する別のアミノ酸( 例えば 、セリン)で天然のシステインを置換することが必要です。これまでのところ、最も人気のあるスピン標識は、チオール特異的MTSLである:(1-オキシル2,2,5,5-テトラメチルΔ3-ピロリン-3-メチル)ジスルフィド結合のブリッジを介してタンパク質に付​​着methanethiosulfonate。その高い特異性、比較的小さいサイズ(トリプトファンよりわずかに大きい)、およびフレキシへリンカー領域の性は、このスピン標識も埋め込みシステインに優れた反応性を有することが示されています。さらに、反応性を最大化するために、タンパク質の標識反応は、界面活性剤可溶化形態で行われます。サイズ排除クロマトグラフィーにより過剰の遊離スピン標識を分離した後、タンパク質は、リポソームまたは定義された脂質組成物の二重層模倣システムに再構成されています。一般的には、システイン突然変異誘発はよくタンパク質のほとんどの地域では許容され、かつスピンプローブの比較的小さいサイズは、二次および三次構造に最小限の摂動を引き起こします。修飾は、野生型の機能を保持することを保証するために、標識され、再構成されたチャネルは、パッチクランプ測定によって研究することができます。

標識機能性タンパク質は、その後、本質的に情報の主に3つのタイプを提供する分光測定に供される:lineshにより12,14,15,20,22,23,25-27スピンプローブダイナミクスを猿の分析;常磁性緩和剤に対するプローブのアクセス;距離分布27 EPR距離は、2つの異なるアプローチによって測定されます。最初は(8 - 20Åの距離範囲)をスピン標識との間の双極子相互作用に起因するスペクトルの広がりは連続波(CW)技術に基づいている。距離を決定するために使用されている28,29秒パルス、EPRであります距離測定は、二重電子電子共鳴(DEER)で70Å。30-34にまで拡張することができる方法は、スピンエコー振幅の振動は、距離と距離の分布を決定するために分析されます。ここでのスピンエコーは双極子相互作用の周波数で変調されます。一緒に、これらのパラメータは、タンパク質のトポロジーは、二次構造要素、およびタンパク質コンホメーション変化を決定するために使用されます。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

1.部位特異的変異誘発およびCys変異

  1. クローニングおよび変異導入
    注:GLIC野生型(WT)35、システインレス背景を作成するために、セリンに変異された単一の天然システイン(C27)を、持っています。システイン変異は、所望の位置36にシステインコドンを運ぶプライマーを用いて、部位特異的突然変異誘発により、システイン少ない背景に導入されています。
    1. 10×反応緩衝液5μl、100 ngの1μlのミックス/μlのシステインレスGLIC鋳型DNA 35、0.5μlの前方に40μMの各プライマーおよびリバースプライマー36、dNTP類(100 mM)の1μlの、および脱イオン水41μlの。それを徹底的に混合するために、サンプルを数回ピペットで、スピン(6000回転)、最終的には、DNAポリメラーゼの1μlを添加します。
    2. 次のプロトコルにサーモサイクラーを設定します。
      1. 4分95ºCでの変性。
      2. 30秒間、95ºCでの変性。
      3. 焼きなまし1分間55ºCでる。
      4. 10分間、68ºC(kbのプラスミド長さ当たりおよそ1分)での伸び。
      5. 18サイクルの1.1.2.4 - を繰り返して、1.1.2.2を繰り返します。
      6. 10分間68ºCでの最終伸長。
      7. 4ºCで温度を保持
        注:アニーリング温度は、プライマーのTmに基づいて計算されます。
    3. 、反応混合物にDpnIのの1μl加え、ピペッティングにより完全に混合し、1分間(6,000 rpm)をスピンダウン。 37℃で2時間インキュベートします。
  2. 変換
    1. 雪解けE.氷上で大腸菌コンピテントセル。 14ミリリットル滅菌変態チューブに小分けした細胞の30μLを、細胞に消化されたDNAの1μlを添加します。チューブの側面をタップして混ぜます。氷上で20分間インキュベートします。
    2. 45秒間42ºCの水浴中にチューブを配置し、2分間氷上に戻って置きます。 incuで細胞を400μlの滅菌SOC培地を追加して振ります1時間37ºCでウランバートル。
    3. プレートカナマイシン(50μM)および1%グルコースを含有するLBプレート上に細胞100μl。 37ºCでプレートO / Nインキュベートします。
    4. プレートから単一コロニーを採取し、5mlのLB /カナマイシン培地を含有するO / N培養に接種します。インキュベーターシェーカーで37ºCでの文化O / N(〜16時間)インキュベートします。
    5. ミニプレパレーション37によってO / N培養物からDNAを抽出します。 260 nmの波長で吸光度を測定することによって分光光度計を用いてDNAの収量を定量化します。 200 ngの/μL - 濃度は〜100でなければなりません。標準的な組換えDNAシークエンシング戦略38,39によって変異の存在を確認してください。

2. GLICの発現および精製

  1. 変換
    1. GLをコードする遺伝子を含有するプラスミドの - (200 ngの/μL〜100)のセクション1.2に記載の手順に続いて、1μlのC43コンピテントセル30μlのを変換しますヒトライノウイルス(HRV)-3℃のプロテアーゼ切断部位と一緒にIC 35(ステップ1.2.5から)(プラスミドと遺伝子の配列については、補足テキストを参照してください)。
    2. プレート1%グルコースおよび50μg/ mlのカナマイシンを含むLB寒天プレート上の細胞を100μl、およびインキュベーターで37ºCでO / N(〜16時間)、それらをインキュベートします。
    3. コロニーを視覚的に確認し、それらが過成長していないことを確認またはサテライトコロニーの存在を示します。速やかにパラフィルムでプレートをシールし、4ºCで保管してください。
  2. O / N培養物および増殖培地の調製の設定
    1. ループ接種ワイヤーを使用して、単一の孤立コロニーを採取し、滅菌1%グルコースおよび50μg/ mlカナマイシンを補充したルリアブロス(LB)培地20ミリリットルを含む100ミリリットルの滅菌フラスコに移します。 250 rpmで振とう機で37ºCでO / N(〜16時間)、それらをインキュベートします。
    2. 2.8でオートクレーブ900ミリリットルテリフィックブロス(TB)メディア(メディアおよびバッファー組成を参照してください)20分間、121ºCでの蒸気サイクルにおける細菌培養用のLフェルンバッハガラスフラスコ。
  3. 大きな成長の文化を設定します
    1. オートクレーブ処理TB培地に滅菌リン酸カリウム緩衝液の100ミリリットルを(メディアおよびバッファー組成を参照)を追加ます。滅菌グルコース(0.2%最終濃度)、カナマイシン(50μg/ ml)、およびO / N培養の10ミリリットルを追加します。 250 rpmで振とう機で37ºCでインキュベートします。
    2. それが0.5(〜2時間)に達するまで濃度計や分光光度計毎時を使用して、600 nmの波長(OD 600)での光学密度を確認してください。この時点で、回転数150rpmに速度が低下し、18ºCに温度を下げます。それが0.8(〜1時間)に達するまでOD 600 30分毎に監視します。
    3. ( - 30分〜15) -グリセロールの50ミリリットルを追加し、OD 600が 1.0に達するまで振とう培養し続ける1.2。
      注:これらの条件の下で、それは37ºCから18ºCに到達するための培養のための時間ほどかかります。それはインプですそれは18ºCに冷却した後にグリセロールを培養物に添加することortant。
    4. 200μMのIPTG(イソプロピルチオβ-D-ガラクトシド)で細胞を誘導し、戻って250回転にシェーカーをリセットし、18ºCで〜16時間、さらにインキュベートします。
  4. タンパク質精製
    1. 8500×gで、15分間の4.0ºCで回転させることにより、1.0Lの遠心ボトル内のセル18収穫- 16〜16時間の終わりにOD 600であること確認してください。上清を除去し、細胞ペレットとボトルの重量を量ります。総重量から空のボトルの重量を差し引くことにより、ペレットの重量を計算します。
      注:期待される細胞ペレットの重量は約30である - 56 G / L。が、変異体の両端の最終OD 600細胞ペレットの重量の変動があってもよいことに留意すべきです。
    2. 文化の1.0 Lあたりの氷冷緩衝液Aの150ミリリットル(100mMのNaCl、20mMのトリス、pH7.4)中の細菌ペレットを再懸濁します。 DNアーゼI(100μg/ ml)およびプロテアを追加E阻害剤(フェニルメチルスルホニルフルオリド(1ミリモル)、ロイペプチン(2.0 / mlの)、アプロチニン(2.0 / mlの)、および(1 / mlのペプスタチン))。
    3. 4.0ºC低温室で細胞破砕を通すことによって、細胞を均質化。細菌のほとんどが溶解されるように、プロセスを3回繰り返します。 15分間14,000×gで細胞を遠心分離し、上清をピペットで清潔な遠心管に移します。未溶解細胞および封入体が含まれているペレットを、捨てます。
    4. 1時間168,000×gで上清を遠心。慎重に膜ペレットを乱すことなく、上清をデカントします。
    5. 50mlを最終体積の緩衝液A(10%グリセロールを補充した)中に培養物1 Lの膜ペレットをプールし、再懸濁します。 4.0ºCで2時間膜懸濁液とうなだれるにn型ドデシル-β-D-マルトピラノシド(DDM)の0.5グラムを追加します。
    6. 膜可溶化した後、centrifugによって溶解物から細胞破片を除去1時間のために168,000×gでエーション。その間にアミロース樹​​脂を準備します。転写空ポリプロピレンクロマトグラフィーカラムにピペットを用いて樹脂を3ml。 0.5 mMのDDMを含む緩衝液Aの10ベッドボリュームで、次に水で3倍の10ベッドボリュームを通過して樹脂を洗浄します。
    7. 遠心分離した後、静かにピペットを用いて上清を取り出し、きれいな50mlコニカルチューブに移します。バッチ式結合のために、コニカルチューブに予め平衡化アミロース樹​​脂を追加します。 4.0ºCで2時間混合物を章動により、アミロース樹​​脂に抽出したタンパク質をバインドします。
    8. クロマトグラフィーカラムを通してスラリー全体をパスし、フロースルーを収集します。その後、樹脂を介して結合最大化するための第2の時間を全体の収集フロースルーを渡します。
    9. 未結合のタンパク質を除去するために、0.5mMのDDM、0.5 mMのトリス(2-カルボキシエチル)ホスフィン(TCEP)および1mMエチレンジアミン四酢酸(EDTA)を用いて緩衝液Aの10ベッドボリュームを通過します。
    10. BUF 10mlでGLICタンパク質を溶出0.5 mMのDDMおよび0.05 mMのTCEPに加えて、40mMのマルトースを含むFER A。 TCEPは、システイン側鎖の酸化を防止します。全体の溶出を収集します。
    11. 4に遠心濃縮器(分子量カットオフ= 50キロダルトン)を使用して溶出したタンパク質を集中 - 6 mg / mlでとHRV-3Cプロテアーゼ(200μgの10 1mgあたりタンパク質)を追加し、4.0ºCでO / Nインキュベートします。
      注:SDS PAGEゲル上でサンプルを実行することにより、プロテアーゼ消化の完了を確認する(ステップ2.5.5および図1を参照してください)。
  5. 部位特異的スピン標識
    1. DMSO中の(1-オキシル2,2,5,5-テトラメチルΔ3-ピロリン-3-メチル)MTSL 40の200 mMストックを約100μlを行い、25μlのアリコートで-20ºCでの在庫を保管してください。
    2. MTSLとスピン標識するためのプロテアーゼ消化されたサンプルを使用してください。 MTSLスピンラベルの10倍モル過剰(1:10モル比でMTSL GLICモノマー)を追加します。氷上で1時間インキュベートします。 5倍モル過剰でスピンラベルのセカンドショットを追加します。比、さらに1時間インキュベートします。
      注:( 後述する低スピン標識効率で)埋設位置について、スピン標識の30倍モル過剰を添加し、タンパク質を6時間インキュベートします。
    3. GLIC五量体から切断されたMBPおよび過剰のフリースピンラベルを分離するために、緩衝液Aおよび0.5mM DDMで予め平衡化されたサイズ排除高速タンパク質液体クロマトグラフィー(FPLC)カラムに通してサンプルを渡します。 30ミリリットルの溶出の合計1mlの画分を収集します。 GLIC五量体( 図1)を含む画分をプール。 FPLCを実行するには、製造元の指示に従ってください。
    4. 280 nmの波長での吸光度を測定することによって分光光度計を用いて試料の濃度を決定します。モル吸光係数とGLICモノマーの推定分子量は、49850 M -1 cm -1でそれぞれ36380ダあります。 (分子を遠心濃縮器を用いてタンパク質溶液を濃縮〜8-10 mg / mlとし、氷の上に置き、最終濃度に量カットオフ= 50キロダルトン)。サンプルは現在、再構成のための準備ができています。
    5. 追加の品質チェックは準備が生化学的に均質であることを確実にするためにしたように、還元(1.0%β-ME)SDS-PAGEゲルを実行します。
      注:クーマシー染色ゲルは〜33 kDaのGLICモノマーに対応する( 図1)で単一のバンドを示すべきです。
    6. 、双極性の広がりを示す疑いのあるスピン標識変異体については反磁性ラベル41の存在下でサンプルを下に、ラベルを付けます。 0.1倍のMTSLで溶出したタンパク質をインキュベートし、1.0時間氷上でインキュベートします。その後、反磁性ラベル(1-アセトキシ2,2,5,5-テトラメチルΔ3-ピロリン-3-メチル)メタンチオスルホネートの20倍モル過剰を追加します。
      注:ここで使用される反磁性試薬は、同一の標識化学と常磁性標識にイソ立体的です。
    7. 2時間氷上でサンプルをインキュベートします。 SIZを通して試料を渡しますステップ2.5.3のように緩衝液Aおよび0.5 mMのDDMで予め平衡化された電子の排除クロマトグラフィーカラム。
  6. スピンラベリングの効率
    1. スピン標識効率は、システイン側鎖(GLICモノマー)の濃度にスピンラベル濃度の比として定義されます。サンプルのスピン標識の効率を決定するために、サンプルの積分強度は、較正プロットを使用して、既知の濃度の標準と比較されます。水に溶解して - (250μM10)濃度の範囲内:(TEMPOなど2,2,6,6-テトラメチル-1- piperidinyloxyl)EPR標準のソリューションを作成します。
    2. これらの溶液の各々のためのEPRシグナルを測定し(ステップ6.1に記載されるように)各濃度の曲線下面積(EPR信号の二重積分)を決定します。 TEMPO濃度の関数として測定された領域をプロットし、直線でフィッティングすることにより検量線を生成します。
      注:アールデリバティブEPR信号の下のピーク振幅にピークよりもスペクトル強度の優れた記述です。最初の誘導体のEPR信号は吸収スペクトルを与える統合、第2積分は、その後、(スピン濃度に比例する)吸収スペクトル下の面積を与えます。スペクトルの低磁場および高電界領域における一定の基準の両方を確認してください。
    3. (ステップ2.5.4のように)分光光度計を使用して、洗剤中のスピン標識タンパク質の濃度を測定します。これで、サンプルのEPR信号を測定した後、6.1節の手順に従って、EPR信号の二重積分の面積を決定します。較正プロットを使用して、測定されたEPR信号に対応するラベルの濃度を決定します。スピン標識、タンパク質濃度のモル比として、スピン標識効率を算出します。

アゾレクチン膜3. GLIC再構築

  1. クロロホルム5mlで清潔な25ミリリットル丸底フラスコをすすぎ、ドラフト内でN 2ガ ​​スの流れの中で、フラスコを乾燥。フラスコに移すアゾレクチン10mgの(クロロホルム中ダイズ極性抽出物を25mg / mlストック)とN 2ガ ​​スの連続的な流れの下で脂質を乾燥させます。
    注:再構成のための脂質の選択は、セクション4での実験からの知見に基づくものです。
  2. クロロホルムが蒸発するときに、完全な乾燥を確実にするために、1時間真空中でフラスコを置きます。乾燥した脂質に再構成緩衝液Aの1ミリリットルを加え、懸濁液中に脂質ペレットを得るためにフラスコを激しくボルテックス。
  3. ( - 15分およそ10)を単層小胞を調製するために、小胞のソリューションは、多かれ少なかれ半透明になるまで、冷浴超音波処理における脂質懸濁液を超音波処理し、何の塊が観察されません。この混合物に、4 mMの最終濃度にDDMを追加し、室温で30分間インキュベートします。
<LI>再構成
  1. 脂質混合物へのステップ2.5.4から精製したタンパク質を追加します。
    注:タンパク質対脂質比は、実験の種類に依存します。巨視的な電流測定のために、1 10,000比が使用されます。信号を最大化するために:EPR研究のために、再構成は、脂質比(2500 1)へのより高いタンパク質で行われます。先にこれらの濃度では、横方向の凝集が42観察されないことが示されています。
    注:プローブした位置に基づいて、より少ない量も同様に動作しますが、EPRのためのGLICの典型的な作業量は、約1 mgです。
  2. その後、緩衝液Aで15ミリリットルにサンプルを希釈し、穏やかに回転させながら1時間、4ºCでサンプルをインキュベート
    注:この手順は、臨界ミセル濃度(CMC)以下の界面活性剤濃度をもたらします。
  3. (そのトラップ洗剤疎水性細孔を有する)ポリスチレンビーズを添加することにより、懸濁液中の残留洗剤を取り除きます。きれいなビーズ80mgのを追加し、liposをインキュベート4ºCでの旋回装置上の青梅サスペンションO / N。
    1. 使用するためにビーズを準備するには、〜100mgの重量を量ると50ミリリットルコニカルチューブに移します。メタノール10mlを加え、激しく振る、2分間8000×gでビーズをスピンダウンし、メタノールをデカント。メタノールのこのプロセスを3回洗浄繰り返します。 3回洗浄し、脱イオン水30mlで同じプロセスを繰り返します。
  4. 翌日、ビーズを除去し、さらに25ミリリットルにサンプルを希釈するために列フィルタを使用して25ミリリットル超遠心分離管にリポソームを移します。 2時間168,000×gでサンプルを遠心。上清を除去し、緩衝液Bの100μLを使用してペレットを再懸濁

4. FRETによって再構成するための最適な脂質組成を決定します

  1. タンパク質は、単分散の維持膜組成を決定するために、蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)ベースのアッセイを使用します。
  2. 重量を精製
  3. 各脂質組成物は、試験するための3つの異なるサンプルを準備し、再構成のためのセクション3.2の手順に従って、 まず 、1のモル比でGLICをフルオレセイン標識:1500(五量体:脂質) 第二に 、ローダミン標識モル比でGLIC 1500:1の(ペンタマー:脂質)。 (1:1モル比)第三に、GLICラベルされた洗剤可溶化されたフルオレセインおよびローダミンを混ぜます。 1に、この混合物を再構成:750(五量体:脂質)比。
    注:アゾレクチン、POPC:POPG(3:1のモル比)、およびE.我々は、三脂質系を使用し大腸菌極性抽出物。 (1:1と比較して750:1,500 EPR研究のために使用される)FRET実験におけるタンパク質の脂質に対する再構成比は、EPR測定のために使用されるものよりも高いです。
  4. 希薄(光散乱信号を低減するために、緩衝液Aの995μlの中〜5μl)をリポソーム懸濁液は、その後、石英キュベットに試料をピペットし、蛍光光度計に入れてください。
  5. (:フルオレセインドナーの吸収極大に相当)490の励起波長を設定します。製造元の指示を用いて、500ナノメートルから660ナノメートルに発光スペクトルを記録します。
    注:フルオレセイン標識GLICのサンプルでは、​​(ローダミン発光に対応)572 nmのピークと518 nmの(フルオレセイン発光に対応する)にピークが表示されます。ローダミン標識GLICのサンプルでは、​​518 nmではなく、490nmのローダミンの直接励起に起因する572 nmのピークは表示されません。フルオレセインおよびローダミンラベルの両方を含有する試料については、フルオレセインのピーク強度の減少およびローダミンのピークの対応する増加は、おそらく、膜上のタンパク質の横凝集の指標であるFRETシグナルです。
  6. モニター最初の6時間毎時間で記録した後、O / Nインキュベーション後( 図2) - (24時間0から)様々な時間間隔で572 nmでのローダミン発光の振幅。各間隔について、(ローダミン用:Ia)で572 nmでの蛍光強度を測定し、518 nmで(フルオレセイン用:同上)。 Iaの(IAC)からの直接ローダミン活性化(ステップ4.3のサンプル2)の寄与を引きます。 Iacを/(IAC + Ib)のようFRET比を決定します。異なる時間間隔で、異なる脂質組成物全体にFRETの比較。
    注:コントロールとして、洗剤可溶化サンプルのためのステップ4.5および4.6を実行し、再構成したリポソームからのものに発光スペクトルを比較します。 (ステップ4.3で説明)、界面活性剤で標識したタンパク質の等モル混合物を使用し、緩衝液Aで希釈して0.5 mMのDDMを補いました。洗剤サンプルを最小限のFRETシグナルを示すことが期待されます。

パッチクランプ記録5.機能測定

  1. 広報の準備EPRの研究(3.1節)とまったく同じ方法でパッチクランプ測定のためoteoliposomes。
    注:(巨視的録音対シングルチャネル)行われた測定のタイプに基づいて脂質比:しかし、タンパク質を調整します。使用するまで-80ºCで液体窒素とストア内のプロテオリポソー​​ムをフラッシュ凍結。単一チャネル記録のための50,000モル比:巨視的な電流および1のための脂質(モル比):万タンパク質:一般的に、1にGLICを再構成。
  2. 氷上で解凍リポソーム。水とエタノールできれいなガラススライドをすすぎ、完全に乾燥。真空下で4°Cのでデシケーター中でスライドし、乾燥O / Nの中心にプロテオリポソーム10μlのドロップを置きます。
  3. 緩衝液B(150mMのNaCl、10mMのHEPES、pHは7.0)の20μLを添加することにより、乾燥したプロテオリポソー​​ムを水和物-Reおよび湿った濾紙の上にpetriplateでスライドを配置します。プレートをカバーし、再水和は、約2時間進行させます。
    注:このプロセスyieLDSからパッチを適用することが助長されている巨大なマルチラメラリポソーム。
  4. メーカーの推奨するピペットプラー上の設定を使用して - (2ミクロンの先端径〜1)薄肉ホウケイ酸ガラスキャピラリーからパッチピペットを引き出します。ヒートポリッシュ1.5の抵抗に火鍛造を使用して - 緩衝液Bで満たされたときに2MΩ
  5. ピペットを用いて、緩衝液Bで記録チャンバーを記入し、銀/塩化銀の接地電極を取り付けます。 2μlのピペットチップを使用して、静かに記録チャンバーにサスペンションのエッジと転送1μlのからリポソームを取り除きます。リポソームは底に沈殿するまで数分間待ちます。
  6. 非金属注射針を用いて、緩衝液Bとパッチピペットを記入し、アンプのヘッドステージにマウントします。パッチへの単一の単離された小胞を識別します。目詰まりからパッチピペットを防止するために、わずかな正の圧力を適用し、記録室に先端を挿入します。
  7. ピペットresistaを測定するための試験パルスを適用しますNCEとオフセットピペット電圧を補償します。ベシクルに接近し、接触が行われたとき、穏やかにギガオームのシールを形成するパッチピペットに対して小胞を引くわずかな負圧を適用します。
  8. 全体の処理中にピペットの抵抗を監視します。ギガオームのシールが形成されると、インサイドアウトパッチを形成するために慎重に離れてリポソームからピペットを撤回。テストパルスをオフにします。
  9. -100mVのに保持電位を設定し、そしてpHパルスを適用します。低pHは、10mMのクエン酸ナトリウム緩衝液C(150​​mMのNaCl、10mMのクエン酸、pHが3.0)を用いて得ました。 ( 図3)
    注:録音は、肉眼では10 kHzからシングルチャンネル測定のための40kHzのサンプリング周波数で作られています。

6. EPR測定

  1. 連続波EPR分光
    1. 200μlのチューブにステップ3.2からリポソーム懸濁液を移し、遠心分離機を用いてサンプルをペレット化。 supernataを破棄NTおよびサンプルは、EPR測定のための準備ができています。
      注:EPR測定のためには、できるだけリポソーム試料からできるだけ多くのバッファを除去することが重要です。水性サンプルは、加熱及び感度の低下をもたらすマイクロ波の電気部品を吸収するからです。
    2. バッファー交換を行うために、マイクロチューブにピペットを用いてリポソームペレットを20μlを移します。緩衝液D(100mMのNaCl、10mMのクエン酸、pHは3.0)の180μl添加し、5分間42ºC水浴でインキュベートします。遠心分離機のサンプルは、完全なバッファー交換を確実にするために3回をピペットを用いて上清を除去し、プロセスを繰り返します。
      注:あるいは、バッファー交換は、複数の凍結/解凍サイクルに試料を供することによって作製することができます。
    3. ガス透過性プラスチックキャピラリーはスペクトル線、形や溶媒接近の両方の測定に適しています。内部のサンプルを描き、骨ワックスで終了を密封するためにペレット化プロテオリポソー​​ムに毛細血管をタップします。
      NOTE:典型的なサンプル量は、約5マイクロリットルであり、望ましいスピン濃度は150μMです。目的は、単独行の形状を測定することである場合は、1が0.4ミリメートルOD石英キャピラリー管を使用することができます。必要であれば、ピペット、毛細管内の試料を充填するために使用することができます。
    4. 分光器を操作
      1. メーカーの取扱説明書に従って、誘電体共振器を搭載したXバンド分光計で - RT(297 K 292)でCW-EPR測定を行います。
      2. 水チラー、電源、およびマイクロ波ブリッジのコンソールをオンにします。熱記録前に、約30分間平衡化するシステムを可能にします。取得ソフトウェアを開きます。
      3. 共振器内に試料管/キャピラリを挿入し、サンプルを充填した管のセクションでは、共振器空洞の中心にあることを確認してください。チューン分光計のマニュアルの指示に従って、共振器。
      4. フィールド掃引によって一次微分吸収スペクトルを記録します1.0ミリワット、100キロヘルツの変調周波数の入射マイクロ波電力と100 Gの掃引幅は、累進飽和実験一次微分CWのピーク高さを行うことにより、実験のための最適な電力を決定しますEPR信号は、入射マイクロ波電力の平方根の関数として測定されます。
        注:下のマイクロ波電力で、電力の平方根に比例して、信号の強度が増す限り、スピン状態の平衡人口は影響を受けません。電力がさらに増加する場合には、スピン - 格子緩和は、もはや2つのスピン状態の平衡人口差を維持することができない、信号振幅がプラトーまたはし始める「飽和します」。この点を超えて、信号振幅は、実際によるスピンsatesの反転分布に電力を観察増加とともに減少することができます。また、大規模な翼を持つ、より広いスペクトルのために明確に定義されたフラットなベースラインがviのない場合面積の損失を防ぐために200 G - sible、150に掃引幅を拡張します。
      5. 1.0 Gの変調振幅を使用して起動します
        注:この値は試料に依存し、信号の低周波ノイズを減少させるように調整されます。あまりにも大きい値が使用される場合、それは、信号を歪ませるか、広げることができます。
      6. 1024ポイントに20.97秒、および解像度に掃引時間、20.48ミリ秒までの時間定数と変換時間を設定します。
        注:時定数は、サンプルに基づいており、高周波ノイズを除去するように調整されます。
      7. 最初のスキャンの後、EPR信号の中央にセンターフィールドを設定し、トレースがどちらかの側の信号と十分なベースラインを含むように、掃引幅を選択します。
        注:また、信号/雑音比を改善するEPR信号の強度に基づいて、スキャンの数を増加させます。掃引幅と点の数を含めます
      8. 衝突リラックスエージェントにスピンラベルのアクセシビリティを測定するO 2 27を使用してエチレンジアミン酸(NiEDDA)。
        注:以前に26記載されているようNiEDDAを準備します。
      9. まず(O 2を洗い流すために)5分間N 2でキャビティ内にサンプルを灌流。 30 G.の掃引幅で3デシベルのステップで35デシベル - 5間の各マイクロ波電力のためのスペクトルを測定します
      10. 次いで、キャビティ内に試料を灌流 ステップ6.1.4.9のように - (3デシベルのステップで35デシベル5)異なるマイクロ波電力でスペクトルを10分間空気および測定します。
      11. 5分間42ºCの水浴中(緩衝液Bまたは緩衝液Dで)50 mMのNiEDDAの180μlのリポソームペレットを20μlをインキュベートします。サンプルを遠心し、ピペットを用いて上清を除去します。キャピラリーにサンプルをロードし、共振器空洞に配置します。手順を繰り返し6.1.4.9。
        注:この実験の原理は、その常磁性リラキシンとの相互作用ハイゼンベルグスピン交換を通じてグラム・エージェントは、信号と反転分布の飽和を防止するであろう。水溶NiEDDA及び脂溶性分子O 2を水(両方のバルクとintraprotein前庭)のためのレポーターとして使用され、膜がそれぞれ、タンパク質上の位置を暴露しました。
  2. データ分析:
    注:EPRデータの分析は、次の手順を実行します。14,22,23,25-27
    1. スピンプローブの移動度を算出する(ΔHO -1)、一次微分吸収スペクトルの中心線幅の逆数として。 ΔHoは -1運動の自由またはプローブのダイナミクスを反映しています。
    2. 以下で説明する手順を使用して、他の常磁性衝突リラックス薬へのプローブの接近の推定値であるアクセシビリティパラメータ(П)を、計算します。
      注:常磁性リラックス薬剤とのスピンプローブの相互作用ハイゼンベルグスピン交換によりニトロキシドのスピン-格子緩和率(T 1)を強化します。27
      1. 一次微分EPRスペクトルの中心線の垂直ピーク・ツー・ピーク振幅は、異なるマイクロ波電力で測定されたパワーの飽和実験(6.1.4.8)からアクセス可能パラメータ(П)を推定25プロット信号の振幅マイクロ波電力の平方根の関数として、次式27に合います。
        式(1)
        :Aは信号の振幅であり、(通常は0.5と1.5の間である)共鳴線の飽和の均一性の尺度であり、Iは、スケーリング係数であり、Pは、入射電力であり、かつ表します値は、一次導関数の振幅が、その不飽和値の半分です。
  3. ΔPを計算します2またはNiEDDA)および非存在下で1/2値は、常磁性弛緩薬の(N 2で灌流)。式を用いて、アクセシビリティパラメータ(П)を計算します。
    式(2)
    注:P 1/2 基準及びΔHo基準 27(例えば、DPPH(2,2-ジフェニル-1-ピクリルヒドラジル)など)の参照標準のために、それぞれ、半最大電力飽和値と中心線幅です。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

スピン標識GLICの変異体の生化学的特徴

培養の12ミリグラム/ L - 上述のプロトコールに従って、典型的には10の範囲でGLIC-MBP融合タンパク質を生じます。この値は、特にタンパク質内に埋め込ま位置について、異なる変異体を横切って変化することができるが、収率が著しく損なわれる可能性があります。これらの場合には、培養容積はスケールアップが必要な場合があります。融合の切断HRV3Cプロテアーゼによる構築物は、便宜上、O / Nで行われます。 60分 - SDS PAGEゲル上でサンプルを実行することによって、我々は、この切断が30以内に完了したことを見出しました。 ( 図1A)。サイズ排除ゲル濾過カラム上で精製されたGLICは11.3ミリリットルの保持容量を持つ五量体として主に溶出します。 MBP画分を15 mlで溶出し、凝集体はカラム(〜7.0 ml)での空隙容積で溶出します。スピンラベルがでてきます溶出の終わり(〜24ミリリットル)( 図1B)

様々な膜脂質にGLIC再構成の凝集をモニタリングするために基づくアッセイをFRET

FRETアッセイは、図2に示すように(フルオレセインまたはテトラメチルローダミンのいずれかで標識されたC27と、)GLIC重量からのデータを 。(距離、膜上の<50オングストローム以内に一緒に来た)再構成された小胞にGLICの五量体の凝集を評価するために使用し、E中で再構成され、 .coli極性脂質、POPC:POPG(3:1)、POPE:POPG(3:1)またはアゾレクチン。蛍光測定は、アゾレクチンで再構成GLIC無FRETを示さず、さらに/サンプル(凝集を促進することが知られている条件を)解凍凍結FRETレベル43における最小の変化を生じたことを示しています。この理由のため、アゾレクチンこれらSTUに使用される機能と、分光測定のための選択の脂質混合物であります死にます。

プロテオリポソーム内GLICの巨視的挙動

精製GLICの機能特性は、再構成されたプロテオリポソー​​ムにパッチクランプ測定によって特徴付けられます。 pHがジャンプに応じて、インサイドアウトパッチからGLIC重量からの代表的な巨視的な電流の記録は、図3に示されている-100 mVの電位を保持し、3.0バッファが急速に活性化内向き電流生成pHに切り替える。(10から100ミリ秒)のことを秒43内のピーク振幅の約10%まで減衰する(1から3秒、 図3)。電流は、中性pHに戻って切り替えることにより、この巨視的な崩壊または脱感作からの回復します。インサイドアウトパッチのチャネルは、浴のpHの変化に感受性であったが、ピペット溶液中のpH変化の効果はなかった(データは示していない)GLICは主悲惨ないずれかに配向していることを示唆していますパッチで細胞外ドメインはバス/ソリューション・交換に直面するようなction。

チャネル活性化の間に構造的な再編成

RTで、スピンプローブは、複数の回転異性体の立体構造を採用することができ、およびスペクトル形状は、ペプチド骨格に比べてスピンラベル側鎖の動きに、だけでなく、バ​​ックボーンの変動へとグローバルなタンパク質の動きのみならず敏感です。したがって、EPRのlineshapesの変化は、タンパク質の立体構造変化を監視するための優れた診断ツールであることを証明することができます。位置L241(17)で、図4に示すスペクトルを R1細孔ライニングM2領域の外疎水性領域内(位置は中の黒丸として強調図4、pHが7.0およびpH 3.0での挿入図 )。両方の信号振幅との範囲内の2つの条件の下でのスペクトルショーの違い、運動の広がり。機能の測定値42と同様に、EPR信号によって報告されたコンホメーション変化はまた、完全に可逆的です。スペクトルの広がりは、プローブの運動の制約によって、および双極子カップリングの両方によって影響されます。 2の寄与を決定するために、L241(17)は、反磁性スピンラベルで同時標識されています。下の標識と完全に標識されたスペクトルは、pH 7.0およびpH 3.0( 図4B)で比較されています。チャンネルが異なるサブユニット間のスピンラベルの間の相互作用を示している、ラベルされた下にあるときに、この位置での双極性の広がりの程度が減少します。

図5は 、チャネルの周囲に配置されているM4ヘリックス上の二つの位置のためのスペクトルを示します。 ΔHO -1(挿入図に示される)中心線幅の逆数として測定されます。ニトロキシド回転運動が減少すると、ASは、形成中に目撃します任意の特定の運動ジオメトリの第三級または第四級接触、線幅が増加する(したがってΔHO -1減少)の。逆に、動きのプローブの自由度の増加につながる構造的な運動が-1 OΔHの増加として反映されています。 R296R1が不動である間F312R1はそれぞれ、その露出され、非常に制約のある環境と一致して、複数の移動です。

アクセシビリティパラメータに基づいて、タンパク質上の特定の位置でスピンラベルは、次のいずれかに分類することができます。水溶液に露出された表面上の、またはに、水または脂質のいずれかにアクセスできないタンパク質コア内に埋め表面脂質に暴露され( 図5及び6)。連続した部位の一連の取得アクセシビリティパラメータは、タンパク質 - タンパク質の領域、プローブ領域の二次構造を決定することができます接触、膜内タンパク質の傾きを測定する界面ループの浸漬深さを推定し、膜貫通ヘリックス内の水の玄関と脂質結合ポケットを識別します。26例として、 図6の電力飽和曲線をF312R1が持っているショーO 2は比較的高いP 1/2、R296R1と比較して、位置F312で側鎖を示唆する脂質露出しています。また、F312R1は、脂質 - 水界面でのその位置と一致R296R1と比較してもNiEDDAによりアクセス可能です。一方、細胞外ドメインのループC領域におけるL180R1は、モバイルとNiEDDAにアクセス可能な、水に暴露されたループ内での位置と一致しています。

指定した位置にプローブ動態とアクセシビリティデータは、全体的なタンパク質倍内のその特定の位置についての局所的な構造情報を提供します。これらのパラメータは、アルのために決定しますタンパク質に沿った残基のinear配列は、さらに方法をフーリエ変換に基づいた分析手法を用いて分析することができます。これらの分析は、EPR環境パラメータの周期的変動を評価すると、二次構造を予測し、配向に導くために有用です。特定のタンパク質のセグメントについて、離散フーリエ変換は、パワースペクトルP(ω)は、そのセグメント内の隣接する位置(ω)との間の角度の関数として算出される変換します。このプロットは、その後スペクトルの主角周波数成分を決定するために使用されると予想されるαヘリックス用(ω)の値(80から120º)と比較されるまたはβストランド(150から180º)。
式3
ここで、P( 'ω')はフーリエ変換は、角周波数ωの関数としてのパワースペクトルを変換し、n個のセグメント内の残基の数であり、位置の環境パラメータである。P('ω')は値ωのために評価されます= 式6それは、P( 'ω') 最大化します。

さらに、周期性指数パラメータは、スペクトルの全領域と所定の構成要素を表す角度ためのパワースペクトルの下の面積の比として計算される(予測二次構造の重要性を与えます)。スライディングウィンドウ法は、その後、最初と所定の二次構造要素の終わりを識別するために使用されます。タンパク質の残りの部分に対する相対的な向きこのセグメントがP( 'ω')モーメントの方向から推定することができます。

αヘリックスの場合:

式4

式(5)

これらの方法は、正常な三次元トポロジーを決定し、タンパク質機能14,23,24,41,44-53の基礎なるコンホメーション変化を予測するために、いくつかのシステムに適用されています。

EPRからの距離の分布を決定します

サブユニット間のニトロキシド距離は、電子 - 電子双極子相互作用から決定することができます。 CW-EPRでは、 図4に示すように、スルースペース双極子相互作用は、スペクトル広がりをもたらし、ラベル間の近接性の関数です。 15〜までの距離について - Å20、(完全に標識されたスペクトルとの下で標識されたスペクトルとの間で比較)の広がりの程度は半定量的に使用して距離を推定するために使用することができますフーリエデコンボリューション法。28,29

サブユニット間の距離(<50オングストローム)ダブル電子-電子共鳴(DEER)メソッドを使用して測定することができる。30-34 DEERデータがあるため、リポソーム54にこれらの測定値に関連する制限の洗剤サンプルに回収またはナノディスクに再構成されています。 0.5 mMのDDMとの緩衝液Aで洗浄剤中のスピン標識サンプル(〜100μM)については、30%(重量/容量)グリセロールを凍結保護のために使用されます。双極時間発展データは、標準的なDEER 4パルスプロトコルを(π/ 2)を使用して、83 Kで得られるMW1-τ1-(π)MW1-τ1-(π)MW2-τ2-(π)MW1-τ2エコー55 Qバンド周波数(33.9ギガヘルツ)で動作するパルスEPR分光計。 (π/ 2)MW1と(π)MW1のためのパルス長は、それぞれ、10および20ナノ秒であり、かつ(π)MW2のための40ナノ秒。 DEER信号は、その後、背景は3D均質backgroを想定して補正されますウントとの距離の平均距離と分布を決定するためにチホノフ正則31,56によって分析しました。

。GLICペンタマー内の5スピン標識は、少なくとも2つの距離が予想されるがあるので、pH7.0でDEER実験によって決定M4(F314R1)における代表的な位置のための分子内距離は、図7に示されています。追加のピークが代替回転異性体のスピンの向きから生じるかもしれないが、隣接するサブユニットに対応し、隣接していないサブユニットから他の1。鹿信号が減衰すると、対応する確率分布が示されています。第近距離ピーク(〜42A)は、隣接サブユニット間の距離を表し、第二のピーク(〜53A)は、非隣接距離に相当します。対角距離のピークは短い距離であるように見えるが、これは60オングストロームを超えた信頼性の高い測定ので、過小評価される可能性がありますバックグラウンド補正との技術的な問題に起因する実験条件下では実現不可能です。

図1
図1. 生化学的特徴のスピン標識GLICの変異体(A)MBPタグのタンパク質分解切断後のスピン標識GLICの代表的なゲル濾過クロマトグラム。ピークはGLICの五量体および遊離MBPに対応しています。 (B)ゲルろ過からプールノーカット単量体(ゲルろ過前)GLIC-MBP融合タンパク質およびMBPとGLIC画分を示すSDS-PAGE。 この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

図2
図2. FR ET基づくアッセイ様々な膜脂質にGLIC再構成の凝集状態を監視する。測定は、O / Nの再構成(左)の後に、サンプル(右)を解凍/凍結後のサンプルについて示されているFRET。 (元図から変更された)。43 この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

図3
プロテオリポソームにおける GLICの 3 巨視的挙動を。小胞アゾレクチン再構成し、GLICをpHによって活性化されるから切り出しインサイドアウトパッチでは、迅速な解決策交換器を使用してジャンプします。 3秒 - チャンネルは約10ミリ秒で活性化し、1の時定数で脱感作することが見られます。 (元図から変更された)。43ig3large.jpg "ターゲット=" _空白 ">この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

図4
チャネルの活性化の間に 、図4 の構造再編成。M2ヘリックスを裏打ちし、細孔内の位置のための(A)代表CW-EPRスペクトル、pH変化に応じて、振幅およびライン形状の変化を表示します。それぞれの場合において、スペクトルは、スピンの数に正規化されます。スピン標識位置は、黒丸で示されています。 2つだけのサブユニットは、明確にするために示されています。 (B)EPRspectraスピン-スピン相互作用により双極広がりを示しています。破線内のスペクトルは(反磁性ラベルの存在下で)下で標識されたチャネルからのものであったと実線で完全に標識されたチャネルからのものでした。挿入図は、振幅正規化されたスペクトルのオーバーレイを示しています。完全に標識された条件の下で拡大することは高く、矢印で点灯。スキャン幅は150 G.(元図から変更された)。36である。この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

図5
パワー飽和により測定 図5. 残留具体的な環境パラメータ。膜貫通ドメインのM4ヘリックス内の2つの対照的なポジションのスペクトル幅(ΔH0)および溶媒接近(P 1/2)の測定。 拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。この図の。

図6
6. 環境 GLICの細胞外ドメインにおける代表ループC残留。スピン正規化をCW-スペクトルとL180R1に対応するアクセシビリティ測定。 この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

図7
Phe314の位置を示すと隣接および非隣接サブユニットのためのCβ-Cβ距離を対応するパルス-EPRアプローチ(DEER)。GLIC構造による 図7. 距離測定 。この位置のためのCW-スペクトルは右側に示されています。減算DEER-強度エコーの背景には、進化の時間に対してプロットし、洗剤中のサンプルに対してモデルフリーチホノフ正則を使用してフィットされています。対応するインタースピン距離分布( )。PLOAD / 54127 / 54127fig7large.jpg "ターゲット=" _空白 ">この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

EPR分光法はネイティブに近い環境での膜タンパク質の立体構造変化を定量化するに比類のない構造的アプローチであることが証明されました。このアプローチは、私たちにX線結晶構造解析とクライオ電子顕微鏡から高解像度の構造に隠されているタンパク質のダイナミクスの分子の詳細にのぞき見することができます。しかし、他のシステムへの一般的な適用に影響を与える可能性があり、また、心の中で道に沿って潜在的な実験的な障害を保つために、このアプローチの技術的な制限を考慮することが重要です。私たちは、以下のトラブルシューティングのための推奨戦略に沿って、これらの態様のいくつかを議論します。

1は、大規模な突然変異摂動を伴う技術で遭遇した、より一般的な問題の中でタンパク質の収率が低く、貧しいオリゴマー安定性があります。このようなイオンチャネルのような複雑な多量体膜タンパク質で作業するときに、この態様はさらに悪化します。それは番目です広範囲の突然変異誘発に着手する前に、これらの2の生化学的な側面を最適化することが重要erefore。私たちは、有毒なGLIC変異体の発現がBL21細胞のC41とC43株における忍容性であることがわかった3,36また、15に誘導後の温度を低下させる- 。、18ºC100μMのIPTG濃度の減少、および5%グリセロールを含みます誘導中のタンパク質発現の速度を遅くし、ミスフォールディングの程度を減少させることによって、おそらくタンパク質の凝集を低下させることに役立つと思われます。 (特に、透過経路における)特定の位置にシステイン突然変異はチャネルの構成的活性を増加させることが示されており、これらの変異体は、発現に大きな障害をもたらす可能性があります。二価の細孔遮断薬の使用-誘導時(10 25ミリモルのBa 2+)、毒性を軽減し、細胞増殖を向上57これらの戦略は、歩留まりを向上させるタンパク質凝集を低下させ、オリゴ向上に多くの場合に有効であることが証明されています。量体安定性。36,58

SDSLにおける別の重要なステップは、ラベリング処理の効率です。表面に露出したシステインがMTSL反応性(> 90%ラベリング利回り)で問題ないべきであるが、システイン側鎖が埋設され、アクセスできません位置は、より高いスピンラベルの濃度およびより長いインキュベーション時間を必要とするかもしれません。 30倍モル過剰のスピンラベルの濃度を増加させ、4ºCでO / Nでインキュベートして標識効率を向上させることに役立ちます。また、バッ​​クグラウンドの寄与を決定するために、標識されたシステインのないテンプレートのスペクトルを測定することも重要です。不十分なラベル付けされているサイト(<10%)の場合は、バックグラウンドシグナルは、全体的なスペクトルを圧倒する。スピン標識効率を決定しながら、精度がサンプル容積、試料毛細管の直径は、共振器内の毛細管の位置決め、キャビティ温度、及び共振器Qを含む多くの要因によって影響されることに注意してください値(アウト散逸エネルギーを介してその中に蓄積されたエネルギーの比率です)。ケアは、サンプルと標準の間で同一これらの条件を維持するために注意しなければなりません。また、スペクトルは本質的に広範である不動部位ため、標識の測定精度がさらに低下することに留意すべきです。代替的に、飛行エレクトロスプレーイオン化質量分析(LCT-ESI-MS)の液体クロマトグラフィー時間は、直接分子量を決定し、したがって、効率を標識するために使用することができます。しかし、MS感度は洗剤でしっかりと折りたたまれた膜タンパク質のためのサンプルのために危険にさらされています。

突然変異体は均質な集団として精製されると、調製物の機能性を確認することが重要です。チャネルの主要地域におけるスピン標識変異株のパッチクランプ測定は、リガンド親和性およびチャネルゲーティングに対する摂動の影響を明らかにします。また、チャネル特性はブラックLで研究することができますIPID膜(BLM)59または卵母細胞へのプロテオリポソームを注入し、2電極電圧クランプによって電流を測定することによって。59-61特定の位置でシステイン置換およびスピンラベルのリガンド感受性またはゲーティング動態を変化させることが判明した場合チャネルは、実験条件(リガンド濃度、モジュレーター、脂質組成物)は、調査中の立体配座状態を安定化させるために適切に変化させることができます。また、EPR測定は、定常状態の条件下で製造されるため、チャネルの急速な速度の変化は、構造の解釈に影響を与える可能性が低いことに留意すべきです。

明らかに、この手法の主な利点は、定義された組成物の膜内のチャネルのダイナミクスを研究するための直接ダイナミクスの脂質媒介効果は、チャネル機能を変化させる方法をプローブする能力です。しかし、制限がいくつかの脂質組成物は、チャネルoの横方向の凝集を引き起こす可能性があることですN膜とは、したがって、脂質の適合性を確認する必要がある。45原因凝集を行う条件については、タンパク質対脂質比を低下させる低温での再構成を行うこと、および再構成時間の持続時間を短縮するチャネルを維持するのに役立つことができます単分散62代わりに、チャネルは両親媒性の膜骨格タンパク質(アポリポタンパク質A1)の弁輪に囲まれたナノスケールの脂質集合であるナノディスクに再構成することができる。63チャネルタンパク質、脂質成分、および膜骨格タンパク質のモル比を最適化することにより、個々のナノディスクに組み込まれ、単一のチャネルユニットの均質かつ単分散集団を得ることができます。このシステムは、ナノディスクが光学的に透明であり、細胞内および細胞膜の細胞外両側に簡単にアクセスを提供することで、いくつかの追加の利点を有しています。

最後に、レベルでEPR測定の、1は、特に多成分のスペクトルを表示する位置について、解釈することは簡単ではありませんCW-EPRスペクトルに直面する可能性があります。このようなコンフォメーションの不均一性は、ゆっくりと所定のタンパク質の立体構造中のタンパク質および/またはスピンラベルの複数の方向の立体配座を交換から生じ得ます。 2つのシナリオの相対的な寄与を決定することは容易ではありません、代替スピンラベル誘導体、または実験温度を変え、64気圧、65電界強度/マイクロ波周波数、66またはオスモライトの摂動によっての使用を必要とするかもしれない。67

さらに、リポソーム中の鹿の測定は感度が低く、強化された分子間相互作用に起因する高いバックグラウンドの寄与、および測定可能距離範囲(<50Å)の減少を含む多数の要因によって制限される場合があります。一般的に、より長い距離(<50オングストローム)のために、偉大な存在であります不足による双極進化倍に距離分布の幅の小胞体の不確実性。しかし、(減少した固有ダイナミクスと)二官能性スピン標識とのQバンド(34 GHzの)マイクロ波周波数とラベリングの使用は、これらの制限の一部を緩和することが示されている。ナノディスク54再構成も大幅によってDEER感度を改善することが示されています分子間双極子相互作用から生じるバックグラウンドの寄与を減少させる。15

特に、いくつかのネイティブのシステインを有するシステムでは、これらの制限、SDSL / EPRの研究にもかかわらず、著しく有益であることが判明しています。今後の技術の進歩は、変異ネイティブシステインが実現可能ではないかもしれない、より複雑な人間のチャンネルを研究するために、この強力なアプローチを適応に向けています。この点で、部位特異的な非天然アミノ酸の組み込み、68またはSYNTに基づくものなどの代替の標識戦略の開発他のアミノ酸をターゲットにしているラベルのhesis、69は偉大約束を保持するように見えます。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Acknowledgments

私たちは、原稿上の重要な読書とコメントChakrapaniラボの現在および過去のメンバーに非常に感謝しています。 この作品は、国立衛生研究所の助成金(1R01GM108921)とアメリカ心臓協会(NCRPサイエンティスト開発グラント12SDG12070069)によって、およびSCにサポートされていました。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
Site-Directed Mutagenesis and Cys mutations
10x PfuUltra HF reaction buffer Agilent Technologies 600380-52
dNTPS New England BioLabs Inc‎ N0447L 10 mM each dNTP
pfu Ultra DNA polymerase Agilent Technologies 600380-51 2.5 U/ul
DPNI New England BioLabs Inc‎ R0176S 20,000 U/ml
XL10 GOLD Agilent Technologies 200314
SOC media New England BioLabs Inc‎ B9020S
Kanamycin Fisher Scientfic BP905
LB media Invitrogen 127957084
Miniprep kit QIAGEN 27106
C43 competent cells Lucigen 60446
Expression and Purification
Glucose Fisher Scientfic D16
Tryptone Fisher Bioreagents BP1421-500
Yeast extract Amresco J850
Glycerol Fisher Bioreagents BP229
K2HPO4 Amresco 0705
K2HPO4 Amresco 0781
IPTG (isopropyl-thio-β-galactoside) Gold Biotechnology I2481C25
Trizma Base Sigma Life Science T1503
NaCl Sigma-Aldrich S7653
DNase I Sigma Life Science DN25
PMSF Amresco M145
Leupeptine Amresco J580
Pepstatin Amresco J583
DDM (n-Docecyl-β-D-Maltopyranoside) Anatrace D310S
Amylose resin New England BioLabs Inc‎ E8021L
TCEP Amresco K831
EDTA Fisher Scientfic BP118
Maltose Acros Organics 329915000
Superdex 200 GL GE Healthcare 17-5175-01
Empty polypropylene Chromatography column BioRad 731-1550
Site-Directed Spin Labeling
MTSL (1-oxyl-2,2,5,5-tetramethyl-3-pyrroline-3-methyl) Methanethiosulfonate Toronto Reaserch chemicals Inc O873900
(1-acetoxy-2,2,5,5-tetramethyl-Δ3-pyrroline-3-methyl) methanethiosulfonate Toronto Reaserch chemicals Inc A167900
DMSO J.T. Baker 9224-01
Reconstitution
Asolectin lipid Avanti polar lipids Inc 541602C
Biobeads (Polystyrine beads) Bio Rad 152-3920
Methanol Fisher chemicals A413
FRET
Fluorescein-maleimide ThermoFisher Scientific F-150
Tetramethylrhodamine-maleimide ThermoFisher Scientific T-6027
POPC Avanti polar lipids Inc 850457C
POPG Avanti polar lipids Inc 840457C
E.coli polar lipid extract Avanti polar lipids Inc 100600C
HEPES Sigma Life Science H3375
EPR measurement
TPX plastic capillaries Bruker ER221
EDDA (Ethylenediamine-N, N'-diacetic acid) Aldrich 158186
Ni(OH)2 Aldrich 283622

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Tasneem, A., Iyer, L. M., Jakobsson, E., Aravind, L. Identification of the prokaryotic ligand-gated ion channels and their implications for the mechanisms and origins of animal Cys-loop ion channels. Genome Biol. 6, 4 (2005).
  2. Hilf, R. J., Dutzler, R. X-ray structure of a prokaryotic pentameric ligand-gated ion channel. Nature. 452, (7185), 375-379 (2008).
  3. Bocquet, N., et al. X-ray structure of a pentameric ligand-gated ion channel in an apparently open conformation. Nature. 457, (7225), 111-114 (2009).
  4. Hibbs, R. E., Gouaux, E. Principles of activation and permeation in an anion-selective Cys-loop receptor. Nature. 474, (7349), 54-60 (2011).
  5. Miller, P. S., Aricescu, A. R. Crystal structure of a human GABAA receptor. Nature. 512, (7514), 270-275 (2014).
  6. Hassaine, G., et al. X-ray structure of the mouse serotonin 5-HT3 receptor. Nature. 512, (7514), 276-281 (2014).
  7. Du, J., Lu, W., Wu, S., Cheng, Y., Gouaux, E. Glycine receptor mechanism elucidated by electron cryo-microscopy. Nature. (2015).
  8. Sunshine, C., McNamee, M. G. Lipid modulation of nicotinic acetylcholine receptor function: the role of neutral and negatively charged lipids. Biochim Biophys Acta. 1108, 240-246 (1992).
  9. Fong, T. M., McNamee, M. G. Correlation between acetylcholine receptor function and structural properties of membranes. Biochemistry. 25, (4), 830-840 (1986).
  10. daCosta, C. J., Baenziger, J. E. A lipid-dependent uncoupled conformation of the acetylcholine receptor. J Biol Chem. 284, (26), 17819-17825 (2009).
  11. Criado, M., Eibl, H., Barrantes, F. J. Functional properties of the acetylcholine receptor incorporated in model lipid membranes. Differential effects of chain length and head group of phospholipids on receptor affinity states and receptor-mediated ion translocation. J Biol Chem. 259, (14), 9188-9198 (1984).
  12. Hubbell, W. L., Lopez, C. J., Altenbach, C., Yang, Z. Technological advances in site-directed spin labeling of proteins. Curr Opin Struct Biol. 23, (5), 725-733 (2013).
  13. Columbus, L., Hubbell, W. L. A new spin on protein dynamics. Trends Biochem Sci. 27, (6), 288-295 (2002).
  14. Hubbell, W. L., Cafiso, D. S., Altenbach, C. Identifying conformational changes with site-directed spin labeling. Nat Struct Biol. 7, (9), 735-739 (2000).
  15. McHaourab, H. S., Steed, P. R., Kazmier, K. Toward the fourth dimension of membrane protein structure: insight into dynamics from spin-labeling EPR spectroscopy. Structure. 19, (11), 1549-1561 (2011).
  16. Bordignon, E. Site-directed spin labeling of membrane proteins. Top Curr Chem. 321, 121-157 (2012).
  17. Klare, J. P., Steinhoff, H. J. Spin labeling EPR. Photosynth Res. 102, (2-3), 377-390 (2009).
  18. Drescher, M. EPR in protein science : intrinsically disordered proteins. Top Curr Chem. 321, 91-119 (2012).
  19. Perozo, E., Cuello, L. G., Cortes, D. M., Liu, Y. S., Sompornpisut, P. EPR approaches to ion channel structure and function. Novartis Found Symp. 245, 146-158 (2002).
  20. Fanucci, G. E., Cafiso, D. S. Recent advances and applications of site-directed spin labeling. Curr Opin Struct Biol. 16, (5), 644-653 (2006).
  21. Sahu, I. D., McCarrick, R. M., Lorigan, G. A. Use of electron paramagnetic resonance to solve biochemical problems. Biochemistry. 52, (35), 5967-5984 (2013).
  22. Hubbell, W. L., McHaourab, H. S., Altenbach, C., Lietzow, M. A. Watching proteins move using site-directed spin labeling. Structure. 4, (7), 779-783 (1996).
  23. Altenbach, C., Marti, T., Khorana, H. G., Hubbell, W. L. Transmembrane protein structure: spin labeling of bacteriorhodopsin mutants. Science. 248, (4959), 1088-1092 (1990).
  24. McHaourab, H. S., Lietzow, M. A., Hideg, K., Hubbell, W. L. Motion of spin-labeled side chains in T4 lysozyme. Correlation with protein structure and dynamics. Biochemistry. 35, (24), 7692-7704 (1996).
  25. Farahbakhsh, Z. T., Altenbach, C., Hubbell, W. L. Spin labeled cysteines as sensors for protein-lipid interaction and conformation in rhodopsin. Photochem Photobiol. 56, (6), 1019-1033 (1992).
  26. Altenbach, C., Greenhalgh, D. A., Khorana, H. G., Hubbell, W. L. A collision gradient method to determine the immersion depth of nitroxides in lipid bilayers: application to spin-labeled mutants of bacteriorhodopsin. Proc Natl Acad Sci U S A. 91, (5), 1667-1671 (1994).
  27. Altenbach, C., Froncisz, W., Hemker, R., McHaourab, H., Hubbell, W. L. Accessibility of nitroxide side chains: absolute Heisenberg exchange rates from power saturation EPR. Biophys J. 89, (3), 2103-2112 (2005).
  28. Rabenstein, M. D., Shin, Y. K. Determination of the distance between two spin labels attached to a macromolecule. Proc Natl Acad Sci U S A. 92, (18), 8239-8243 (1995).
  29. Altenbach, C., Oh, K. J., Trabanino, R. J., Hideg, K., Hubbell, W. L. Estimation of inter-residue distances in spin labeled proteins at physiological temperatures: experimental strategies and practical limitations. Biochemistry. 40, (51), 15471-15482 (2001).
  30. Borbat, P. P., McHaourab, H. S., Freed, J. H. Protein structure determination using long-distance constraints from double-quantum coherence ESR: study of T4 lysozyme. J Am Chem Soc. 124, (19), 5304-5314 (2002).
  31. Chiang, Y. W., Borbat, P. P., Freed, J. H. The determination of pair distance distributions by pulsed ESR using Tikhonov regularization. J Magn Reson. 172, (2), 279-295 (2005).
  32. Jeschke, G. DEER distance measurements on proteins. Annu Rev Phys Chem. 63, 419-446 (2012).
  33. Jeschke, G., Polyhach, Y. Distance measurements on spin-labelled biomacromolecules by pulsed electron paramagnetic resonance. Phys Chem Chem Phys. 9, (16), 1895-1910 (2007).
  34. Jeschke, G., Wegener, C., Nietschke, M., Jung, H., Steinhoff, H. J. Interresidual distance determination by four-pulse double electron-electron resonance in an integral membrane protein: the Na+/proline transporter PutP of Escherichia coli. Biophys J. 86, (4), 2551-2557 (2004).
  35. Hilf, R. J., Dutzler, R. Structure of a potentially open state of a proton-activated pentameric ligand-gated ion channel. Nature. 457, (7225), 115-118 (2009).
  36. Velisetty, P., Chalamalasetti, S. V., Chakrapani, S. Conformational transitions underlying pore opening and desensitization in membrane-embedded Gloeobacter violaceus ligand-gated ion channel (GLIC). J Biol Chem. 287, (44), 36864-36872 (2012).
  37. Birnboim, H. C., Doly, J. A rapid alkaline extraction procedure for screening recombinant plasmid DNA. Nucleic Acids Res. 7, (6), 1513-1523 (1979).
  38. Sanger, F., Nicklen, S., Coulson, A. R. DNA sequencing with chain-terminating inhibitors. Proc Natl Acad Sci U S A. 74, (12), 5463-5467 (1977).
  39. Sanger, F., Coulson, A. R. A rapid method for determining sequences in DNA by primed synthesis with DNA polymerase. J Mol Biol. 94, (3), 441-448 (1975).
  40. McHaourab, H. S., Kalai, T., Hideg, K., Hubbell, W. L. Motion of spin-labeled side chains in T4 lysozyme: effect of side chain structure. Biochemistry. 38, (10), 2947-2955 (1999).
  41. Gross, A., Columbus, L., Hideg, K., Altenbach, C., Hubbell, W. L. Structure of the KcsA potassium channel from Streptomyces lividans: a site-directed spin labeling study of the second transmembrane segment. Biochemistry. 38, (32), 10324-10335 (1999).
  42. Velisetty, P., Chakrapani, S. Desensitization mechanism in a Prokaryotic ligand-gated ion channel. J Biol Chem. 287, (22), (2012).
  43. Velisetty, P., Chakrapani, S. Desensitization mechanism in prokaryotic ligand-gated ion channel. J Biol Chem. 287, (22), 18467-18477 (2012).
  44. Chakrapani, S., Cuello, L. G., Cortes, D. M., Perozo, E. Structural dynamics of an isolated voltage-sensor domain in a lipid bilayer. Structure. 16, (3), 398-409 (2008).
  45. Cuello, L. G., Cortes, D. M., Perozo, E. Structural dynamics of the KvAP pore domain lacking the voltage sensing domain. Biophysical Journal. 88, (1), 19-20 (2005).
  46. Perozo, E., Cortes, D. M., Cuello, L. G. Structural rearrangements underlying K+-channel activation gating. Science. 285, (5424), 73-78 (1999).
  47. Chakrapani, S., Sompornpisut, P., Intharathep, P., Roux, B., Perozo, E. The activated state of a sodium channel voltage sensor in a membrane environment. Proc Natl Acad Sci U S A. 107, (12), 5435-5440 (2010).
  48. Vasquez, V., Sotomayor, M., Cordero-Morales, J., Schulten, K., Perozo, E. A structural mechanism for MscS gating in lipid bilayers. Science. 321, (5893), 1210-1214 (2008).
  49. Perozo, E., Cortes, D. M., Sompornpisut, P., Kloda, A., Martinac, B. Open channel structure of MscL and the gating mechanism of mechanosensitive channels. Nature. 418, (6901), 942-948 (2002).
  50. Kim, M., Xu, Q., Murray, D., Cafiso, D. S. Solutes alter the conformation of the ligand binding loops in outer membrane transporters. Biochemistry. 47, (2), 670-679 (2008).
  51. Kazmier, K., Sharma, S., Islam, S. M., Roux, B., McHaourab, H. S. Conformational cycle and ion-coupling mechanism of the Na+/hydantoin transporter Mhp1. Proc Natl Acad Sci U S A. 111, (41), 14752-14757 (2014).
  52. Durr, K. L., et al. Structure and dynamics of AMPA receptor GluA2 in resting, pre-open, and desensitized states. Cell. 158, (4), 778-792 (2014).
  53. Borbat, P. P., et al. Conformational motion of the ABC transporter MsbA induced by ATP hydrolysis. PLoS Biol. 5, (10), e271 (2007).
  54. Zou, P., McHaourab, H. S. Increased sensitivity and extended range of distance measurements in spin-labeled membrane proteins: Q-band double electron-electron resonance and nanoscale bilayers. Biophys J. 98, (6), 18-20 (2010).
  55. Pannier, M., Veit, S., Godt, A., Jeschke, G., Spiess, H. W. Dead-time free measurement of dipole-dipole interactions between electron spins. J Magn Reson. 142, (2), 331-340 (2000).
  56. Jeschke, G., et al. DeerAnalysis2006-a comprehensive software package for analyzing pulsed ELDOR data. Applied Magnetic Resonance. 30, (3-4), 473-498 (2006).
  57. Ruta, V., Jiang, Y., Lee, A., Chen, J., MacKinnon, R. Functional analysis of an archaebacterial voltage-dependent K+ channel. Nature. 422, (6928), 180-185 (2003).
  58. Velisetty, P., Chalamalasetti, S. V., Chakrapani, S. Structural basis for allosteric coupling at the membrane-protein interface in Gloeobacter violaceus ligand-gated ion channel (GLIC). J Biol Chem. 289, (5), 3013-3025 (2014).
  59. Dellisanti, C. D., et al. Site-directed spin labeling reveals pentameric ligand-gated ion channel gating motions. PLoS Biol. 11, (11), e1001714 (2013).
  60. Labriola, J. M., et al. Structural sensitivity of a prokaryotic pentameric ligand-gated ion channel to its membrane environment. J Biol Chem. 288, (16), 11294-11303 (2013).
  61. Kinde, M. N., et al. Conformational Changes Underlying Desensitization of the Pentameric Ligand-Gated Ion Channel ELIC. Structure. 23, (6), 995-1004 (2015).
  62. Vasquez, V., Cortes, D. M., Furukawa, H., Perozo, E. An optimized purification and reconstitution method for the MscS channel: strategies for spectroscopical analysis. Biochemistry. 46, (23), 6766-6773 (2007).
  63. Bayburt, T. H., Sligar, S. G. Membrane protein assembly into Nanodiscs. FEBS Lett. 584, (9), 1721-1727 (2010).
  64. Hanson, S. M., Francis, D. J., Vishnivetskiy, S. A., Klug, C. S., Gurevich, V. V. Visual arrestin binding to microtubules involves a distinct conformational change. J Biol Chem. 281, (14), 9765-9772 (2006).
  65. McCoy, J., Hubbell, W. L. High-pressure EPR reveals conformational equilibria and volumetric properties of spin-labeled proteins. Proc Natl Acad Sci U S A. 108, (4), 1331-1336 (2011).
  66. Mobius, K., et al. Combining high-field EPR with site-directed spin labeling reveals unique information on proteins in action. Magn Reson Chem. 43, Spec no. 4-19 (2005).
  67. Lopez, C. J., Oga, S., Hubbell, W. L. Mapping Molecular Flexibility of Proteins with Site-Directed Spin Labeling: A Case Study of Myoglobin. Biochemistry. 51, (33), 6568-6583 (2012).
  68. Fleissner, M. R., et al. Site-directed spin labeling of a genetically encoded unnatural amino acid. Proc Natl Acad Sci U S A. 106, (51), 21637-21642 (2009).
  69. Lorenzi, M., et al. Tyrosine-targeted spin labeling and EPR spectroscopy: an alternative strategy for studying structural transitions in proteins. Angew Chem Int Ed Engl. 50, (39), 9108-9111 (2011).
サイト監督スピン標識および五量体リガンド依存性イオンチャネルのEPR分光研究
Play Video
PDF DOI DOWNLOAD MATERIALS LIST

Cite this Article

Basak, S., Chatterjee, S., Chakrapani, S. Site Directed Spin Labeling and EPR Spectroscopic Studies of Pentameric Ligand-Gated Ion Channels. J. Vis. Exp. (113), e54127, doi:10.3791/54127 (2016).More

Basak, S., Chatterjee, S., Chakrapani, S. Site Directed Spin Labeling and EPR Spectroscopic Studies of Pentameric Ligand-Gated Ion Channels. J. Vis. Exp. (113), e54127, doi:10.3791/54127 (2016).

Less
Copy Citation Download Citation Reprints and Permissions
View Video

Get cutting-edge science videos from JoVE sent straight to your inbox every month.

Waiting X
Simple Hit Counter