Login processing...

Trial ends in Request Full Access Tell Your Colleague About Jove

Bioengineering

蛍光技術の組み合わせを用いた生細胞内力感受性タンパク質ダイナミクスの測定

doi: 10.3791/58619 Published: November 2, 2018

Summary

ここでは、プロトコルを提案フェルスター共鳴の同時使用のため力感受性の測定を有効にするタンパク質ダイナミクスを測定するため退色後蛋白質負荷と蛍光の回復を測定するエネルギー転送ベースのテンション センサー細胞内蛋白質の原動力。

Abstract

細胞感覚し、機械的刺激をメカノトランスダクションと呼ばれるプロセスで生化学的に検出可能な信号に変換することによって、環境内の物理的な手がかりに対応します。メカノトランスダクションの重要なステップは、外部と内部の環境の間の力の伝達です。強制的に送信する、一連の蛋白質蛋白質の相互作用によって作成された持続的な切れ目のない物理的なリンケージがあります。特定の蛋白質蛋白質の相互作用の機械的負荷いずれかがない場合の相互作用に及ぼす影響、相互作用の高速化解除につながる、あるいは安定の相互作用。どのように分子の負荷についての生きている細胞の蛋白質の転換は順番メカノトランスダクションにおけるその役割の解明蛋白質の力学状態に関する貴重な情報を提供できるが決まります。力感受性タンパク質ダイナミクスを測定するための既存の技術か蛋白質負荷の直接測定を欠いている、携帯電話のコンテキストの外部で実行する測定に依存します。ここでは、生きた細胞内力感受性タンパク質ダイナミクスの測定を可能にする (フレット FRAP) フォトブリーチング法後蛍光共鳴エネルギー伝達蛍光回復のためのプロトコルについて述べる。この手法は、潜在的力感受性タンパク質ダイナミクス細胞レベル下の構造の様々 な異なる種類の細胞の研究を促進する任意のフレット ベース張力センサーに適用されます。

Introduction

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

細胞外の環境は、細胞のふるまいを指示する生化学的および物理的な手がかりの豊富なソースです。特に、微小環境の物理的性質はキーの細胞などの細胞の増殖、移行、および分化1,2,3,4を仲介することができます。制御の仕組みの不全、癌5、アテローム性動脈硬化の6、および線維症7などの適切な治療をしていない多くの病気に重要なコンポーネントです。細胞が物理的な刺激を生化学的に検出可能な信号に変換する方法を完全に理解、プロセス メカノトランスダクションと呼ばれる、力の伝達、細胞の内外の両方に関わる分子メカニズムの解明が必要ですし、複数細胞内構造体。

細胞レベル下の構造の中タンパク質は常に裏返し;バインドとバインドのパートナー8との相互作用の強さに基づいてバインド解除。物理的な距離間で正常に送信される力の蛋白質蛋白質の相互作用、タンパク質の代謝回転が維持し、そのバインディング パートナー9に力を伝達できるほど低速である必要があることを意味の切れ目のない連鎖があります。相互作用はしばしば異なる条件10,の下で非連結状態に移行できるバインド済み状態として概念化蛋白質蛋白質の相互作用は一般のいくつか非共有結合性タンパク質のドメイン間をで構成、11します特定の蛋白質蛋白質の相互作用の力がなし「理想的な絆」として知られている相互作用の寿命に影響を及ぼす、「スリップの絆」として知られている相互作用の有効期限を短縮または相互作用の寿命を延ばすことが可能だ。、「キャッチ絆」10として知られています。したがって、蛋白質負荷と我々 は敏感なダイナミクスとして参照する蛋白質ダイナミクスの複雑な関係があります。

結合ダイナミクスに及ぼす荷重の解明、分子レベルで非常に有益な実験の数を行った。孤立したタンパク質やタンパク質の原子間力顕微鏡光ピンセットや磁気ピンセットなど操作技術の断片を使用して、これらの研究は関連性の高いいくつかの敏感なタンパク質間相互作用を実証しています。タンパク質11,12。両方インテグリン13とカドヘリン14、膜貫通タンパク質細胞マトリックスと細胞間の相互作用をそれぞれ形成のために重要であるロードによるダイナミクスの変化を示しています。細胞内ビンキュリンが15と α-カテニン16をタリンと両方に力依存的に募集し、アクチン17, ストレスファイバー (FAs)、アドヘレンスジャンクション (AJs ビンキュリンの重要な役割を示すキャッチ結合を形成することができます。) 負荷の下で。単一分子の研究特定タンパク質-タンパク質相互作用の分離を可能にする、彼らは細胞の環境の複雑さを考慮しない、明確な結果をもたらします。

画期的な実験実証 FAs、AJs を含む、いくつかの細胞内構造を受容が内部的に生成または外部から適用荷重18,19への応答で強化されたアセンブリを展示、 20,21,22。さらに、いくつかの理論的モデルは、力感受性タンパク質ダイナミクス23,24,25機械アセンブリを運転できることを示唆しています。生きた細胞内でこれらの敏感なダイナミクスを調べるいくつかの間接的なアプローチが取られています。縛ると関連技術は、細胞26,27,28,29タンパク質の動態を測定するため比較的単純な方法論を提供します。ただし、蛋白質負荷の測定はより制限されています。典型的なアプローチは、タンパク質の動態と全体的な細胞収縮8,30,31を減らすために使用される細胞骨格阻害剤への露出なしのセルを比較することです。概念的には、これは高負荷と低負荷の状態の比較です。ただし、いずれかの状態で蛋白質間で負荷の定量化がないと阻害剤, F-アクチン フィラメントに沿ってキー結合部位のような損失の生化学的な効果を意図しない可能性があります。別のアプローチは、FAs に固有は、分子の負荷を概算し、FA32内の単一蛋白質の動態との関係を調べる牽引力顕微鏡を用いた FA による基板上の合計の力運動を測定してきました。このアプローチは、合計の力の定量化により、分子固有の情報は提供されません。FAs はロード33を耐えることができる多くの以上の 200 の異なるタンパク質から成っています。したがって、可能性のある FA の力の合計出力の測定力伝送経路の複数の可能性が不明瞭、特定のタンパク質では負荷の測定を確実に提供されません。

フレット ベース張力センサーの出現により直接、メカノバイオロジーで従来のアプローチとは異なり細胞34,35,36生活の中の特定のタンパク質によって発生する負荷の測定。タンパク質ダイナミクスの FRAP ベース メジャーとフレット ベース張力検出器を組み合わせたプロトコルを紹介します。我々 はフレット FRAP としてこの技法を参照してください。この方法は、蛋白質負荷と細胞 (図 1) の力感受性タンパク質ダイナミクスの評価をこのように蛋白質の原動力の同時測定できます。既に、フレット FRAP テクニックは機械的リンカー蛋白質ビンキュリン37の敏感なダイナミクスの研究に適用されています。張力検出器は、様々 な細胞内構造に関連している多数の蛋白質のために開発されています。たとえば、センサーはビンキュリン タリンと34 38,39 FAs、カドヘリンと AJs40,41,42, 複雑な核のバイオスで nesprin でカテニン発現で開発されています。43α-アクチニン44フィラミン36骨格と、糖衣45、他の中の MUC 146。同様に、FRAP は一般的に使用される手法は、焦点接着斑8,31、単接合47、アクチン皮質26、および核48内の機械受容蛋白質で使用されています。今後は、これらの既存のセンサーまたは新しくフレット FRAP 技術はいずれかに広く適用する必要がありますさまざまな細胞レベル下の構造およびコンテキストの敏感な現象の測定を可能にするセンサーを開発しました。この終わりに向かってフレット FRAP 手法適用これらの異なるシステムでの実装の詳細、一般化されたプロトコルを提供します。うまくいけば、これはさまざまな力の伝達を調節する、細胞の挙動を媒介に様々 な機械受容タンパク質の機能解明の実験になります。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

1. イメージングのためのサンプルを生成します。

  1. 目的のセル型で安定高速張力センサー構造です。
    1. PRRL ベクトルまたは他のウイルスの発現プラスミドに張力センサー構造を複製します。
      注: いくつかの異なる分子クローニング ツール、拡張子とギブソン アセンブリ35重複制限酵素の使用を含むこのステップを達成するために利用できます。PRRL ベクトル遺伝子導入ウイルス伝達で使用でき、人間サイトメガロ ウイルス (CMV) のプロモーターを使用して蛋白質の生産の相当な程度。別のベクトルは、特定のコンテキストで必要ことがあります。例えば、CMV プロモーターはいくつかの細胞のタイプの49で黙らせた。さらに、のみ蛍光蛋白質を含んでいるフレット ベース センサーに不足なシーケンス相同性、mTFP1、金星 A206K など使用できます安定したセルラインを作成します。シアンの蛍光タンパク質と黄色い蛍光蛋白質を含むセンサーは相同組換え50対象でしょう。
    2. PsPax2 と標準ウイルス生産方法51を使用して pMD2.G パッケージ プラスミドを用いた人間胚性腎臓 (HEK) 293 t 細胞のレンチ ウイルスを生成します。
      注意: レンチ ウイルスは、バイオ セーフティ レベル 2 の実験室環境で適切に訓練された人員によってのみ処理する必要があります。
      注: このセルと包装プラスミドの組み合わせは pRRL で使用する適切です。他のシステムでは、, 他のベクトルが必要。
    3. 標準伝達プロトコル52を使用してウイルスの任意のセルを変換し、フローサイトメトリーを使用して並べ替えるセル53約内因性レベル37で各構成要素を表現する同種の人口を選択します。セル選択後、すぐに実験を行うことができるまたはセルを後で使用するため低温固定できます。与えられた安定したセルライン 2 凍結融解サイクルを超えないようにします。
      メモ: セルライン研究 (例えば、ビンキュリン張力センサー使用のため-/- ビンキュリン MEFs) するタンパク質の欠乏の使用は過剰発現アーティファクトを制限し同様、ノイズ比実験でフレットに信号を増加します。このような安定したマウス萌芽期の繊維芽細胞 (MEF) の行に使える表現の重要な損失の前に約 15 通路またはセンサーの劣化は明らか。ウイルスに基づく手法が必要ない場合は試薬の茄多は、一過性 pcDNA3.1 などの適切なプラスミッドの張力検出器のさまざまな種類の細胞を使って製造元のプロトコルに従って使用できます。最適な表現は、次のトランスフェクション 24-48 h になります。
  2. 細胞の播種のための基板を準備します。
    1. 4、35 mm ガラス底皿を取得します。
    2. 細胞文化フードで働いて、15 mL の標準管には、10 μ G/ml フィブロネクチンの 4 mL 細胞文化フード滅菌 PBS を使用したリン酸緩衝生理食塩水 (PBS) ソリューション。優しくミックスして解決策は細胞文化フードで 5 分間座ってみましょう一度チューブを反転します。
      注: 濃度またはタイプの ECM 蛋白質は他の細胞型の調整があります。提供条件は MEFs に適しています。
    3. 各ガラス底皿にフィブロネクチン溶液 1 mL のピペットします。
    4. 室温で 1 時間の料理にフィブロネクチン ソリューションを残したり、4 ° C で一晩
    5. フィブロネクチン ソリューションを吸引、PBS で一度洗い、1 mL の PBS を追加します。
  3. 準備された基板上に細胞を播きます。
    1. 6 cm の培養皿で継代培養に適した合流割合で興味のセルの開始します。
      メモ: 異なる種類の細胞細胞培養条件および継代培養のプロトコルが必要になります。MEFs に適したガイドラインを説明します。通常、MEFs は継代培養する前に 85% の合流点に成長しました。
    2. 細胞文化フード内での作業、3 mL の PBS で 1 回細胞をすすいでください。0.05 %1 mL を加えてトリプシン-EDTA と 37 ° C で 5 分間インキュベート
    3. 6 cm の皿に 3 mL の完全培地を追加、細胞を収集し、15 mL の円錐管に配置。
      注: 完全なメディアの構成、使用しているセルの種類によって異なります。MEFs、完全なメディアは、多くの場合 10% 牛胎児血清 1% と高グルコース ダルベッコ変更イーグル媒体として定義抗生物質真菌 (含むアムホテリシン B、ペニシリンとストレプトマイシン)、および 1% の非本質的なアミノ酸 (NEAA) ソリューション。
    4. 5 分 1000 x g でセルを回しなさい。
    5. メディアを吸引し、完全なメディアの 1 mL の細胞ペレットを再懸濁します。
    6. フィブロネクチン コーテッド ガラス皿から PBS を削除します。セルをカウントで 1.5 mL の最終的なボリュームの適切な完全なメディア各フィブロネクチン コーティング ガラスの皿に 30,000 セルをシードします。
      注: このセル密度 MEFs に適して、感動的、しかしない非常に疎ではない細胞の人口に 。正確なセル数は、他の細胞型またはその他のイメージングの商工会議所の調整する必要があります。
    7. 細胞の播種後 4 h の広がりを許可します。広がりの 2 h は、成長媒体を吸引、イメージング メディア、画像メディアの 1.5 mL のままで一度すすいでください。
      注: 今回は拡散は MEFs に適切ですが、他のセルを変更する必要があります。ただし、6 ~ 8 h より長い潜伏期間は、完全なメディアの血清から ECM タンパク質の重要な沈着に します。イメージング メディア完全なメディアとして同じ変更を含める必要がありますが、光学的クリアしない画像チャンネル、フラビンなどの任意の化合物を含んで中または蛍光、フェノールレッドなどを消すべき。一般的に有用なイメージング メディア 10 %fbs と 1 %neaa 溶液を添加した DMEM gfp 生きているセルの視覚化メディアです。バック グラウンド蛍光が許容できないほど高い場合は、血清の量を減らすことが。初期のめっき後のメディアの変更ができない場合、セルすることができます直接イメージング トリプシン阻害剤を添加したメディアで再停止。

2. イメージングのための顕微鏡を設定します。

  1. 顕微鏡を入れます。
    1. 最初、ランプをオンにします。
      注: アーク ランプは電磁パルスで、上にある他の機器に損傷を与えることができますをリリースします。
    2. フィルター ホイール コント ローラー、自動ステージ コント ローラー、顕微鏡とコンピューターのインターフェイス、およびカメラをオンにします。
    3. FRAP レーザーおよびレーザーの位置コント ローラー。
      注意: ハイパワー レーザーは、直接表示した場合、目が損傷します。サンプルに向かってレーザーを反映し、感染を防ぐ漂白中 FRAP ビームパスに鏡を移動することによって達成することができます目の部分に指示されてからレーザー励起をブロックする顕微鏡システムを構成するのにはお勧め固定観念に捕らわれています。
    4. コンピューターとオープン顕微鏡制御ソフトウエアを入れます。
    5. ランプのウォーム アップに縛るレーザー 15 分を許可します。
  2. FRAP レーザーを調整します。
    1. レーザーの設定ウィンドウを開きます。サンプルにレーザー露光に適した FRAP 照明設定する (パルス) の中に照明の設定を設定します。アクセプター分子蛍光のみをイメージングに適した照明の設定を (イメージング) の中に照明の設定を設定します。
    2. [設定] で座標系を調整する目的を選択します。校正ポイントを手動でをクリックしてをオフ、校正中に画像を表示を確認します。
    3. 10,000 μ s、100 パルス数に滞留時間を設定します。
    4. 臭化エチジウム coverslip 側を下とステージ アダプターにスライド ガラスと観察間で封の校正スライドを配置します。
      注意: エチジウム ブロマイド、変異原物質は、手袋を使用して処理する必要があります。スライドが侵害された場合、金融機関のガイドラインに従って処分します。
    5. アクセプタ照明設定を使用して、スライド、明るい信号で焦点面が特定の面に焦点を当てます。塗膜の小さな欠陥は、焦点を支援するため表示されます。
    6. 画像平面の間で制服蛍光領域にスライドを移動します。
    7. 設定を作成するをクリックします。ソフトウェアは、自動的に漂白剤と漂白のポイントの位置を検出、校正プロセスを初期化します。
    8. 3 x 3 グリッド フォーカスで均等に分散する必要があります漂白のポイントのである最終的なイメージを評価することによって成功した校正を確認します。今後の参考のため校正画像を保存します。
    9. 校正スライドを取り出して、安全に保管します。校正は各実験を開始する前に実行する必要がありますが、サンプル間で実行する必要はありません。

3. FRET イメージングのパラメーターを選択します。

  1. 10 分パラホルムアルデヒド ソリューション 4% パラホルムアルデヒドでテンション センサーを発現する細胞の生成されたサンプルの 1 つ修正しなければならないメタノール無料、蛍光タンパク質の変性を防ぐために、EM グレードと呼ばれます。固定後の PBS を場所します。
    注意: パラホルムアルデヒド ソリューション、有毒です。発煙のフードでこの手順を実行する必要があります、ソリューション制度ポリシーに従って処分すべき。
    注: この最適化はタンパク質ダイナミクスに依存しないし、固定サンプルは、細胞の健康を気にせず最大の撮像時間のことができます。
  2. すすぎ 3 回 PBS でサンプルし、PBS に残します。
    注: 最も商業的利用可能なメディアをマウントの使用がプロパティに影響 fluorophore、FRET イメージング54の不適切なサンプルを作るします。理想的には、セル、すぐにイメージ化が、4 ° C で一晩残される可能性があります。長い待ち時間は、サンプルの劣化になります。
  3. イメージングのための顕微鏡ステージ ホルダーにサンプルを配置します。
  4. 多次元買収 (MDA) ツールを開きます。3 つのチャネルの連続したイメージングの確立: アクセプターのみ励起と発光 (受容体チャネル)、ドナー励起とアクセプター発光 (フレット チャンネル) とドナーのみ励起発光 (ドナー チャネル)。
    注: さまざまなフレットの画像サンプルする方法があります。フレット ベース張力センサー55,56にはイメージング システムのキャリブレーションの FRET 効率を測定するための手段とペアの 3 チャネルまたは「3 キューブ」方法をお勧めします。このアプローチは、高速、簡単に非破壊、のみ標準的な蛍光顕微鏡をイメージングを必要としで、別の日やイメージング設定実験の比較を可能します。
  5. 500 ms の露光時間と 10% の中立的な密度 (ND) フィルターを使用してサンプルをスキャンします。興味の構造に明確な定位と張力センサーを表現する細胞を見つけます。
  6. 照射時間 500 ms またはイメージング チャネルごとに必要な長さと 100% の ND フィルターを選択し、フレット イメージ シーケンスを取得します。
  7. 各画像のチャンネルに興味の細胞レベル下の構造のセンサーの平均強度を推定します。低信号は、不適切な補正の見積もり、探知器、またはバック グラウンド信号の重要な貢献の非線形性により不正確な結果につながる可能性があります。おおよその指針をカメラのダイナミック レンジの 10% 以上の強度の目的 (すなわち。、16 ビット カメラ強度は 6,000 の上にする必要があります)。
    注: 同一光設定 (露光時間、フィルター、目標、およびカメラのゲインやビンなどの他の変数) が比較されますすべてのフレット実験のため使用する必要があります。これらの設定のいずれかを変更すると、フレットは、生成および/または顕微鏡のセットアップで検出された量の変化に します。FRET 効率測定、設定すると、これらの独立したが、FRET 効率を決定するために使用する校正要因ではありません。理論では、光のさまざまな設定から FRET 効率を生成する較正係数の様々 なセットをされる可能性がありますが、これは推奨されません。漂白または光毒性は誤った結果を作成する、さまざまな設定の異なることがあります。
  8. ビューの同じフィールドの 2 番目のフレット イメージ シーケンスを取得します。各画像のチャンネルのセンサーの平均強度を比較することでフレーム間の退色を推定します。退色を最小限、できれば少ない信号の 1-5% の損失よりも保管してください。
  9. 退色を最小限に抑えながら、強度を最大化する撮像パラメーターを調整します。粗調整で、集録時に使用している ND フィルターを変更します。細かい調整は、250 ms の手順で露光時間を変更します。
  10. 3.5 3.8 の手順を繰り返して、退色を最小限に抑えながら、十分な信号を得ることができます。
    注: 通常、ビンキュリン-/- MEFs ビンキュリン張力センサーの設定、1,500 ms、1,500 ミリ秒と 1,000 ms ドナー、フレット、および受容体チャネルのそれぞれ。最適な値は、照明システム、目的、フィルター セット、およびセンサー式レベルの型と異なります。

4. 選択のパラメーター FRAP イメージング

  1. 周辺を漂白または光損傷を原因とせず利益 (率 ROI) の地域の完全な漂白ようにレーザーの設定を最適化します。
    1. 10 分の 4% パラホルムアルデヒドでテンション センサーを発現する細胞の生成されたサンプルの 1 つを修正します。
      注: この最適化はタンパク質ダイナミクスに依存しないし、固定サンプルは、細胞の健康を気にせず最大の撮像時間のことができます。これはまたモバイル タンパク質による漂白、漂白しての発生率との間に発生する急速な拡散性の蛍光回復から任意の影響を避けること、漂白の効果の分離を可能にする回復を防ぐため、最初の後ブリーチ画像。
      注意: パラホルムアルデヒド ソリューション、有毒です。発煙のフードでこの手順を実行する必要があります、ソリューション制度ポリシーに従って処分すべき。
    2. PBS で 3 回サンプルをリンスし、PBS に残します。
      注意: 最も商業的利用可能なメディアをマウントの使用はイメージング54FRAP の不適切なサンプルを作って、fluorophore プロパティを影響します。理想的には、セル、すぐにイメージ化が、4 ° C で一晩残される可能性があります。長い待ち時間は、サンプルの劣化になります。
    3. イメージングのための顕微鏡ステージ ホルダーにサンプルを配置します。
    4. レーザーの設定ウィンドウを開きます。1,000 μ s と ROI 全体スキャン内の各スポットがフルパワー レーザーの 10,000 μ s を受け取ることを意味 10 パルス レーザー ドウェル時間の設定と開始します。
      注: 500 mW、515 nm レーザー漂白のため使用されました。これは、選択的に最大の効率で金星 A206K、受容体ビンキュリン張力センサーをブリーチに選ばれました。他の蛍光タンパク質を用いたフレット ベース張力検出器を使用している場合、採用する別タイプのレーザーがあります。
    5. 興味の構造に明確な定位と張力センサーを表現する細胞を見つけるし、イメージを取得します。
    6. 長方形の投資収益率のブリーチし、ROI の位置を格納する領域のアウトラインを描画します。パルス レーザー。サンプルの別のイメージをスナップします。
      注: ボックスのサイズは約全体の FA のサイズをする必要があります。ボックスのサイズが、実験の間で大幅に変化しないことに注意する必要があります。漂白のエリアは、タンパク質ダイナミクスが、拡散を受けます慎重に監視する必要があります。カドヘリン47, などの膜貫通タンパク質または徐々 に拡散する27,57蛋白質の潜在的な問題では。
    7. 強度がバック グラウンド レベルの近くに全体の投資収益率を漂白するをチェックすることによって退色の品質を確認してください。また、ROI 外漂白されていないことを確認します。
    8. ROI 外重要な漂白を引き起こすことがなく漂白 ROI 内のかなりの量を達成するために必要に応じて、レーザーの設定を調整します。粗調整のため上げるとステップ 100 μ s のと微調整のための滞留時間を下げる、上げる手順 5 パルスのパルスの数を減らします。
    9. 4.1.5-4.1.8 で投資収益率を完全に漂白してオフのターゲット退色せず最低限の設定に到達するまでの手順を繰り返します。
      注: FRAP 解析の重要な側面は、光毒性を引き起こすことがなく実質的な初期漂白値を達成します。固定サンプルで完全な漂白剤は、レーザーの設定を使用します。一般に、光子の最小数を使用して、所望の漂白レベルを達成するためにください。また、漂白プロトコルおく実験中に比較的一貫した変化はタンパク質ダイナミクス58の測定に影響を与える。
  2. 退色を最小限に抑えながら興味の蛋白質のダイナミクスを完全にキャプチャするための時間経過のパラメーターを最適化します。
    1. 生細胞イメージング、できれば加熱ステージ目的と CO2管理のため顕微鏡のセットアップを準備します。20 分間平衡することができます。
      注: イメージの細胞の健康を維持するために温度および pH 保持されなければなりませんイメージングの容器で。さまざまな加熱ステージと客観的ヒーターが 37 ° C で細胞の温度を維持することが容易に多くのメディア タイプのための pH の制御によって実現できますを加湿パス 5% CO2蠕動ポンプの使用 15 mL/分でサンプル上またはに HEPES を含むメディアをイメージングを使用する必要があります CO2コントロールが使用できない、ライブの場合大規模な pH の変化を防ぐため。
    2. イメージングのための顕微鏡ステージ ホルダーにテンション センサーを発現する細胞の生成されたサンプルの 1 つを配置します。10 分間平衡することができます。
    3. 取得 3-5 画像事前ブリーチ ブリーチ ROI、10-60 画像を撮り続けて、時間経過を設定 MDA ツールを使用して。
      注: ビンキュリン FAs で、イメージングのすべての 5 の 5 分後漂白剤 s は過度の漂白31を導入することがなく、ダイナミクスを観察するのに十分です。文学47,48,59,60ではイメージング速度のための有用な出発点と他の多くの蛋白質のための期間があります。
    4. 受容体イメージング興味の構造をイメージする、十分な信号対雑音比を維持しながらサンプルの光への露出を最小化する設定を使用します。良い出発点は、フレットの間に受容体のイメージングに必要な ND フィルターと露出時間の半分です。
    5. 興味の構造に明確な定位と張力センサーを表現するセルを見つけて、画像をはめ込みます。
    6. ブリーチし、ROI の位置を格納する場所を強調する長方形 ROI を描画します。コマ撮りを開始します。
    7. 潜在的な問題のイメージの結果セットを確認します。
      1. フレーム間の蛍光回復で (初期強度の 10% より大きい) 相当なジャンプが存在する場合は、フレーム間の時間ステップを減らします。
      2. ある場合 (初期強度の 5-10% を超える) 場合は、時間をかけて蛍光の重要なグローバルな損失後漂白剤を撮影した画像の数を減らすまたは光にサンプルの露出を減らすために画像の設定を変更します。
      3. コマ撮りの終わりによって頭打ちの蛍光回復しないに場合、は、コマ撮りの合計の長さを増やします。
    8. コマ撮りのパラメーターを調整し、4.2.5-4.2.7 蛍光回復はサンプルにグローバル フォト損傷することがなく取り込むまでの手順を繰り返します。

5 フレット FRAP データを取得します。

  1. 生細胞イメージング、できれば加熱ステージ目的と CO2管理のため顕微鏡のセットアップを準備します。20 分間平衡することができます。
    1. イメージ セルの状態を確認するには、イメージングの商工会議所で 37 ° c 温度を維持します。通過する蠕動性ポンプの使用は、15 mL/分、pH を維持するためにサンプルを 5% CO2を加湿しました。
    2. また、CO2コントロールを使用できない場合は、大規模な pH の変化を防ぐために HEPES を含むライブ イメージング メディアを使用します。
  2. MDA ツールを開き、FRET イメージングなど別のフィルター セットのパラメーターを設定します。
  3. この MDA をMDA_FRET_Dateの名前の実験のフォルダーに保存します。
  4. FRAP パラメーター、別のフィルター セット、時間経過の設定、仕訳帳などのイメージングと別の MDA 事前ブリーチ買収後レーザーをパルスに設定します。
  5. この MDA をMDA_FRAP_Dateの名前の実験のフォルダーに保存します。MDA のウィンドウを閉じます。
  6. 画面の上部のツールバーで、[選択ジャーナル |録音を開始
  7. MDA ウィンドウを開きMDA_FRET_Date状態を読み込む取得を押します。MDA_FRAP_Dateの状態を読み込み、取得を押します。
  8. ジャーナルを選択、画面の上部にあるツールバーで、買収の終わり |録画を停止
  9. FRETFRAP_Dateの名で実験のフォルダーにこの雑誌を保存し、簡単にアクセスできるツールバーに追加します。MDA のウィンドウを閉じます。
  10. イメージングのための顕微鏡ホルダーにテンション センサーを発現する細胞の生成されたサンプルの 1 つを配置します。10 分間平衡することができます。
  11. 取得の下の画像の取得を使用してサンプルを移動 |取得興味のセルを識別するために時間と ND フィルターの最小限の露出で。
  12. デバイスへの移動によって連続的なオート フォーカスを設定 |フォーカス。手動で正しい画像平面に到達するまで、サンプルに焦点を当てます。
  13. 継続的なフォーカスの設定] をクリックし、調整するシステムを待機連続的なフォーカスを開始をクリックします。
    注: これは必須ではありませんが、サンプルがアウト フォーカスを漂うを防ぐため FRAP 回復曲線の品質が大幅に向上します。
  14. 興味の構造に明確な定位と張力センサーを表現するセルを見つけて、画像をはめ込みます。
  15. ブリーチする場所を強調する長方形 ROI を描画します。投資収益率の場所を格納します。
  16. FRETFRAP_Dateジャーナルは、コマ撮りの FRAP の初期化に続いてフレット画像の取得が開始されますを初期化します。
  17. 10-15 画像セットが得られるまで、手順 5.14 5.16.
    注: 同じセルに測定を繰り返すことができません。退色が発生すると、フレットのデータは信頼できません。

6. フレット FRAP のデータを分析します。

  1. 選択したソフトウェアを使用してフレットのイメージを分析します。
    注: イメージを作成し、量的に表わすフレット6162レシオ メトリック フレットとフレット インデックス34,35を含むいくつかの方法があります。ただし、フレット FRAP データの解釈のための FRET 効率55,63の見積もりを使用することを強くお勧めします。このトピックのさらなる探鉱のための議論を参照してください。鋭敏化の排出と FRET 効率の計算、カスタム ソフトウェア、https://gitlab.oit.duke.edu/HoffmanLab-Public ホフマン研究室から利用できます。
  2. 漂白されたそれぞれの細胞内構造に関連するパラメーターを定量化します。これは平均フレット インデックス/効率性と平均初期受容体強度 (濃度に比例) を含める必要がありますが、また ROI サイズなどの物理パラメーターを含めることができます。
  3. 選択したソフトウェアを使用して縛る画像を分析します。
    注意: FRAP26,27,28,29を量的にいくつかの方法があります。実験的で重要な課題には、イメージング、バック グラウンド強度と焦点接着斑などの非常に動的な細胞内構造の転流の変化後の漂白剤の中に漂白のため会計が含まれます。修正と背景の照明のばらつきを漂白は、画像の非漂白および非蛍光性地域の分析から実行できます。非常に動的な細胞内構造特に過度な成長や分解ダイナミクスを示すものは標準 FRAP 解析と互換性がないと分析する必要があります。さらに、さまざまなデータを正規化する方法があります。提供されているガイドラインは、最も簡単な分析です。
  4. 漂白効果の回復データを修正し、強度をあらかじめブリーチを正規化します。回復と次方程式28,34によると携帯電話一部の半分の時間を定量化します。
    オス-メス - (MF - Ro) e-kt
    最初の回復は、 MFがモバイルの分数、 Ro k回収率。回復の半分の時間は、によって決定されます。
    Τ1/2 = ln 2/k。
    注意: これら解析64として ImageJ プラグインの様々 なを完了するための公に利用可能なソフトウェア パッケージのさまざまながあります。カスタム ソフトウェアは、ホフマン研究所 https://gitlab.oit.duke.edu/HoffmanLab-Public から可能です。拡散影響を与える複数のタイム スケールは、回復の見かけ、興味の蛋白質のダイナミクス、あるいは標準漂白ジオメトリが使用される状況のより多くの分析を使用してください。

7. フレット FRAP データを解釈します。

  1. 各投資収益率などの関連情報をコンパイル: フレット インデックス/効率、アクセプター強度、FRAP ハーフタイム、FRAP モバイル分数。
    メモ: フレット インデックスまたは効率 ROI 内タンパク質全体の平均負荷を決定する使用されます。受容体強度は、蛋白質の局所濃度を測定します。回復の半分の時間は、蛋白質の原動力の指標です。小さい半分の時間より急速な売り上げ高を示します。FRAP モバイル分数は、積極的にめくり ROI 内の蛋白質の量を測定します。大きいモバイル分数は、ROI 内蛋白質の大きい割合が裏返しになっていることを示します。
  2. ローカル濃度タンパク質離職率と量に及ぼす影響を調べるため、初期受容体強度に対して FRAP 半分時間と携帯電話一部をプロットします。
  3. タンパク質の離職率と量に及ぼす蛋白質負荷をプローブするには、フレット インデックス/効率に対して FRAP 半分時間と携帯電話一部をプロットします。
    注: によってタンパク質や構造、それことも蛋白質負荷または売り上げ高の構造体のサイズや、偏心などの物理的なパラメーターの影響を調べるは興味深い。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

フレット FRAP は、2 つの蛍光技術の組み合わせから成っている、フレットと縛る。我々 は蛋白質負荷の影響に焦点を当てて、フレット ベース張力センサー34,46を使用しました。これらのセンサーはセンシング モジュール mTFP1 と flagelliform リンカー (図 1 a) によって接続されている VenusA206K などの 2 つの蛍光タンパク質から成る緊張にしばしば基づいています。タンパク質の頭と尾のドメイン間、モジュールを配置すると、タンパク質全体の負荷を測定することが可能です。フレットのデータを分析する受容体チャネルで撮影した画像を使用張力センサー ローカリゼーションを評価してこの信号としての濃度はフレット (図 1 b) とは無関係です。クーラーの色に向かって FRET 効率の減少を示す蛋白負荷の増加、赤の範囲で FRET 効率を示す低蛋白負荷 (比色スケールで視覚化できる蛋白質負荷 FRET 効率の計算の後図 1 b)。FRAP イメージング (図 1) を時間をかけて漂白剤を単一細胞レベル下の構造とモニターの回復でアクセプタ fluorophore レーザーを使用して行われています。結果として得られる正規化 FRAP 曲線は、回復およびモバイル率 (図 1) の半分の時間を含むタンパク質ダイナミクスを記述するパラメーターを抽出する分析できます。同じセルのフレットと FRAP 解析を行った、平均蛋白質負荷および細胞レベル下の構造の転換は単一ポイントとしてプロットできます。複数のポイントをもたらす複数のセルをイメージングし、新たなトレンドは、蛋白質があるかどうかを示すことができます (図 1E) の不安定または分子荷重 (図 1 f) によって安定化します。

ビンキュリン張力センサー (VinTS) 安定ビンキュリン単位受容体チャネル イメージ (図 2 a) を見て、見られるように、null MEFs はセル全体に広がる FAs に非常に明確にローカライズします。受容体チャネル イメージは、視覚的に異なる色 (図 2 b) で指定された一意の ID と各の個々 の FA を識別するセグメンテーション マスクを作成する使用されます。分割アルゴリズムは、「水」メソッドに基づいており、前述34,65としての明るさの順に約 FAs のラベルします。領域分割結果が FRET 効率結果 (図 2) に適用される、バイナリ マスクに変換され、それぞれのユニークな FA 内平均 FRET 効率の計算 (図 2 D)。追加のプロパティは、各 FA 平均アクセプター強度、サイズ、偏心、セル内の位置など、同様の方法で計算できます。このように、FA は FRAP のどちらかを選択したかは、FA の一意の ID と関連付けられているプロパティを照合できます。

FRAP イメージングと分析はレーザーのパラメーターをイメージングなど制御することができますいくつかの要因や全体的な FA 安定性26,27,28など、制御することはできませんいくつかの要因に敏感です。 29。たとえば、タイムラプス イメージング中に光にあまりにも多くの露出は、FRAP データの解釈での主要な問題につながります。結果 FRAP 曲線が正規化輝度にディップが続く最初の回復を示しています無漂白 FAs 制御の解析は、光にサンプルのあまりにも多くの露出を時間をかけてマイナーな退色の正規化に使用できますが、指数関数に正確に収めることはできません。減少露光時間、撮像フレーム間の時間ステップを増加またはサンプルの露出を減らすために時間経過の長さを減少する撮像パラメーターの最適化が再する必要がある場合はこの効果は常にデータの観察、光。

FRAP データが正しく解釈の別の例は、photobleached をだった FA は回復28中急速に移行です。過剰な転流の代表格は、図 3に表示されます。最初のイメージでは、Roi を選択しても FA 安定性 (図 3 a) の指示は与えない。時間をかけて漂白の FA を監視、迅速に初期位置から離れるし、自動追跡はすぐに次の退色 (図 3 a) 蛍光信号のために従うことができます。結果 FRAP 曲線は、ソフトウェアが FA を検出し、投資収益率 (図 3 b) を移動するために十分に回復、蛍光がジャンプで若干の回復の初期段階を示しています。この曲線は、指数関数によって正常に合うことはできません。FA の迅速な転流はまた、FA 構造が安定している示唆しています。したがって、不安定な FAs は技術と生物学的問題のための安定した FAs として同じフレット FRAP 解析で含まれません。

満足なフレットと FRAP データで次のステップが同時に蛋白質負荷とダイナミクスを評価することによってフレット FRAP 解析を完了します。図 4 aが null 3 ビンキュリンの FRET 効率マップを示しています MEFs 安定に発現する VinTS。白で縁取られた FAs は FRAP 解析のため選ばれ、受容体強度が時間の経過と共に表示されます。これらの 3 つの FAs ビンキュリンの異なる量の下で読み込み、異なるビンキュリン リカバリ ・ プロファイルを表示があります。回復の半分の時間を計算し、各 FA での平均の FRET 効率に対してプロットによってこれらのプロパティを定量化ビンキュリン負荷が増加 (図 4 b) によって安定化されているの全体的な傾向を示します。ただし、FRET 効率に対してプロット モバイルの分数は、傾向、そのモバイル分数の分子荷重 (図 4) によって規制されていませんを示唆を示さない。アミノ酸 50 で VinTS に点変異 (A50I) を導入することは、FAs、タリン66内の主要な結合パートナーにビンキュリン結合を防ぐために示されています。ビンキュリン敏感なダイナミクスをこの蛋白質蛋白質の相互作用の変化に影響します。異なるセルと FA 形態、ロード プロファイル、および異なるビンキュリン ダイナミクス (図 4) 異なるビンキュリン ビンキュリン null MEFs 安定に発現する VinTS A50I があります。回復と FRET 効率の半分時間を定量化し、プロット、ビンキュリン タリン相互作用が妨げられるとき FAs でビンキュリンが不安定になる (図 4E) 負荷の増大によるモバイル分数を示さない傾向 (図 4 階間を示しています。).

Figure 1
図 1: フレット FRAP 法の原則です。(A) フレット ベース テンション センサ モジュール (TSMod) で挿入される興味の蛋白質とフレット信号の張力の効果の模式図。(B) 感作によるフレットを定量化するキャプチャ ドナー信号 (表示されません)、受容体シグナル フレット信号に、画像。適切な修正、フレット イメージにセンサーに適用されてどのくらいの緊張を視覚化する比色スケールを割り当てることができます。(C) FRAP 濃度に正比例している受容体の信号を使用して行われています。(D) FRAP イメージング解析は、数理モデルを使用して蛋白質の原動力を決定する合うことができる時間の経過とともに蛍光強度の曲線を生成します。(E, F)フレットと FRAP を組み合わせた力と 1 つの FA の売り上げ高を測定できます。複数のセルで複数の FAs を測定蛋白質負荷とタンパク質代謝回転の関係が得られます。この分析では、売り上げ高は増加と増加する負荷関連の関係を力不安定の状態 (E) と呼びます。この分析では、負荷の増加と相関が売り上げ高を減少させる関係を力安定状態 (F) と呼びます。この図は、ローゼンバーグから変更されています。37.この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 2
図 2: FA 同定と FRET 解析します。(A) ビンキュリン MEF 強度がビンキュリンの局所濃度を示す受容体チャネルの可視化 VinTS を表現する null を返します。スケール バー = 30 μ m. (B) FAs、各 FA が異なる色の約明るさの順序としてここに示されて、一意の ID を割り当てられて FA ID マスクを作成する受容体チャネルに基づいて分割されています。(C) FA ID マスク バイナリ マスクに変換され、FAs は FRET 効率値を表示する FRET 効率イメージに適用します。(D) 各 FA FRET 効率は、出力データ テーブルで FA ID に関連付けられている各の FA の単一の値を取得する平均は。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 3
図 3: 通過 FA の例。(A) ビンキュリン変異センサーは、カラー テーブルを受容体チャネルの可視化 VinTS A50I を表現する null の MEF は、わかりやすくするため反転。スケール バー = 30 μ m。黒のアウトライン表示 FA は、漂白に選ばれました。拡大画像は、ソフトウェアが FA を識別を示す赤いアウトラインで時間をかけて FA 進行を示しています。スケール バー = 2 μ m. (B) (A) のデータから作成された正規化 FRAP 曲線。ある、強度以下で約 5% のジャンプ ポイント 3、FA 透過すぐに FA の場所の変更を検出するソフトウェアの十分な回復する前に起因します。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 4
図 4: 結果代表フレット FRAP 。(A) ビンキュリン null MEFs セル全体の平均の FRET 効率のイメージとして表示されます VinTS を表現する (スケール バー = 30 μ m) ズームインと FRAP 回復進行を示す受容体チャンネルの画像を反転 (スケールバー = 2 μ m)。(B) FRAP 半分の回復の時間は、赤で強調表示されます (A) 内のセルを表す点で 32 セルの FRET 効率に対してプロットされます。(C) FRAP モバイル割合 (B) の同じセルに対して FRET 効率に対するプロットします。(D) ビンキュリン null MEFs セル全体の平均の FRET 効率のイメージとして表示されます VinTS A50I 変異センサーを表現する (スケール バー = 30 μ m) ズームインと FRAP 回復進行を示す受容体チャンネルの画像を反転 (スケールバー = 2 μ m)。(E) FRAP 半分の回復の時間は、赤で強調表示されます (D) 内のセルを表す点と 21 セルの FRET 効率に対してプロットされます。(F) FRAP モバイル分数 FRET 効率 (E) で同じセルに対してプロットします。ローテンベルクに発行されましたデータ37であり、新しい形式でここに可視化。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

フレット FRAP メソッドを力感受性タンパク質ダイナミクス、生きた細胞の内部を直接調べることは困難されているプロパティの直接計測できます。分子の負荷をタンパク質ダイナミクスの感度力送信機またはトランスデューサーとして蛋白質の機能に不可欠です。読み込みが内部的に生成された両方の伝送に必要なして生化学的検出信号にそれらの力の変換、メカノトランスダクションと呼ばれる外部から適用力、mechanotransmission と呼ばれます。しかし、負荷の変化蛋白質バインドされたまま期間に影響することができます、したがって、短い時間でタンパク質費やしてベアリング荷重、力は、他の蛋白質に送信または生化学的検出信号に導入し、感じた少ないチャンス。フレット FRAP メソッド広範な細胞のコンテキスト内でアクセスされる敏感なダイナミクスの分子スケールの測定が可能な分子・細胞レベルの間のギャップを橋渡しします。さらに、生化学的または機械的に細胞内や細胞外の環境の摂動しながら撮影にこれらの測定が可能です。この手法は、様々 な細胞内構造や細胞外のコンテクストで機械の状態で蛋白質の調査を可能にする任意のフレット ベース張力センサーに適用されるべき。

目的のフレット FRAP 計測取得確保する上で重要なステップは、撮像パラメーターの最適化、データ分析および解釈を含みます。プロトコルに記載されている撮像パラメーターの最適化は、所望の構造と区別するダイナミクスとフレットの計算のための十分な信号強度を可能にしながら、サンプルに光損傷を制限する必要です。特定のセルの行および興味の蛋白質のこれらの撮像パラメーターを早い段階で確立する異なる実験群間の直接比較を促進します。それは興味の蛋白質の変異や阻害剤を導入することなど、システムに変更を加えるが蛋白質のローカリゼーション (信号強度を変更すること) やダイナミクスの変化につながることができますは注目に値するです。最適化されたパラメーターする必要がありますすべての実験条件で明確で正確な測定を有効にします。そのため、役に立っているの極端な終わりでは、たとえば、されていないほとんどノイズから信号を区別することができるパラメーターを選択することをお勧めします。

このプロトコルではイメージングは落射蛍光顕微鏡と接続されている FRAP レーザー モジュールに記述されていた、フレット FRAP は他のイメージング システムに適用できます。たとえば、この方法は添付フォトブリーチング モジュールと回転ディスク共焦点顕微鏡と同様に、ライン走査共焦点顕微鏡に合わせることができます。画像設定は、光損傷または過剰な退色を引き起こすことがなく十分な信号にノイズを達成するために類似した方法で最適化する必要があります。FRET イメージングについて特に高い量子効率の検出器が蛍光体の損傷を引き起こすことがなく成功したフレット計算に十分な信号を取得する必要です。共焦点顕微鏡67,68,69、フレット FRAP イメージングのための最適化をガイドする使用ことができますを使用して別のフレットや FRAP イメージングを記述する出版物の番号があります。

次の実験データ解析を慎重に扱われるし、再現性のある、できれば自動化された方法で実行ください。単一のセルに以上 2-3 細胞内領域をあまり漂白前にブリーチできないのためのタンパク質の利用可能なプール、このテクニックのスループットが比較的限られています。したがって、データ セットは、データの一貫性のある治療を必要とする画像の複数の日にわたってしばしば結合されます。フレットと FRAP の両方は、データ分析と課題を提供しています。フレット インデックスと FRET 効率測定蛋白質負荷の定量化を可能にします。フレット インデックスは FRET 効率測定は、絶対と顕微鏡設定55,70の独立した顕微鏡の設定に大きく依存は相対値です。我々 は最近、フレット ベース張力センサー56 を使用するとき通常フレット インデックスと定量化が鋭敏化排出量の測定からフレットの効率を決定する「3 キューブ」イメージングを用いた開発済みメソッドを使用できます、示されている.張力センサーの絶対力体験の測定は計算された34FRET 効率の測定が必要です。フレット ベース張力検出器を発現している細胞、高い通路番号で特に安定した細胞は再結合、使用できなくなるフレット データ50につながる、センサーが低下します。これはの計算中に、計算のドナー ・ アクセプター比効率37,56をフレット フレット インデックスを使用して検出しにくいかもしれないが、簡単に識別されます。大量のデータ セットを取得する立ちますフレット ベース テンション センサーとを開始するとき (> 50 セル) フレット予想される範囲の効率を識別する興味の構造のフレット データだけの。また、FRAP データは非常に携帯電話、Fa は急速にスライドまたは逆アセンブルなどの構造から抽出することは困難にあります。この問題を最小限に抑える構造の亜種をオンまたはこの効果を軽減するためにセルめっき条件を最適化することができます。

コンセプトでは、フレット FRAP は、適切な最適化と、細胞内領域に任意のフレット ベース センサーに適用できます。実際には、タンパク質の力学的負荷が大きいではないまたは回復の 1.5 倍がある数秒の非常に短いタイム スケールや数十分の長いタイム スケール上の敏感なダイナミクスをキャプチャすることは困難がある場合があります。単一分子の研究からの結果は、生きている細胞内の敏感なダイナミクスを示すタンパク質を指すことができます。これまでのところ、これはいくつか骨格要素71,72,73と同様、多くの FA と AJ 蛋白質13,14,15,16を含まれます。偶然、フレット ベースのセンサーは、これらの蛋白質の46の多くの設計されています。これらの結果は、興味の蛋白質の選択を導くことができます。ただし、フレット FRAP のデータは、まさにこれらの単一分子の研究からの結果をミラー化に期待しないべき。実際には、生化学的な規制、他の蛋白質および局所の細胞骨格構造との相互作用が隠匿、あるいは改ざん、タンパク質間相互作用に及ぼす力。これらの複雑さを観察する能力はフレット FRAP アプローチのユニークな強さです。

セル操作の組み合わせと興味の蛋白質は蛋白質の原動力の調節に重要な要因を明らかにする使用できます。たとえば、それは蛋白質の転換の原動力の力によって報告された依存はないはず、力は区別しない、削除またはフォース バインド ドメイン35,74の突然変異を介してセンサーを持っているに役立つことできます。センサーです。さらに、他の重要な結合のサイトまたは蛋白質のリン酸化のサイトの突然変異は興味の蛋白質はどのように規制されているのより完全な画像を提供できます。タンパク質の力に敏感なダイナミクスに対する応答を決定を助けることができる細胞または細胞骨格阻害剤または基板のプロパティ (例: 細胞外マトリックスまたは剛性) をそれぞれ変更することによって環境にグローバル変更を加える、力学的摂動。興味の蛋白質の力学的状態を確立する蛋白質の他の生物物理学的プロパティと蛋白質負荷と敏感なダイナミクスの情報を組み合わせることができます。これは、ローカリゼーションおよび細胞レベル下の構造75,76内ローカル タンパク質相互作用を含めることができます。さらに、蛋白質は、コンテキスト76,77によって、同じ細胞構造の内であっても、異なる構造状態に存在できます。蛋白負荷、ダイナミクス、ローカリゼーション、および構造はすべて内部で生成され、外部から適用力37,76,78,79, によって同時に影響を受ける口述、力の伝達のメカノトランスダクション蛋白質の役割。フレット FRAP メソッドと様々 なタンパク質や操作の潜在的な互換性の汎用性は、バルク機械工、タンパク質のダイナミクスと機械受容信号間の相互作用の解明有効にしてください。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Disclosures

著者が明らかに何もありません。

Acknowledgments

この作品は、アメリカ心臓協会 (16GRNT30930019)、国立衛生研究所 (R01GM121739-01) ブレントン ホフマン博士と国民に授与されるからの補助金だけでなく、国立科学財団のキャリア賞 (NSF-CMMI-14-54257) によって支えられました。科学財団大学院研究奨学金キャサリン ・ ローゼンバーグに授与します。内容は著者の責任と NSF や NIH の公式見解を必ずしも表さない。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
0.05% Trypsin-EDTA Thermo Fisher 25300062
16% Paraformaldehyde Electron Microscopy Sciences 30525-89-4
60x Objective NA1.35 Olympus UPLSAPO 60XO
Antibiotic-Antimycotic Solution (100x) Gibco 15240-062
Automated Stage Prior Scientific H117EIX3
Custom Dichroic Mirror Chroma Technology Corp T450/514rpc
Custom mTFP1 Emission Filter Chroma Technology Corp ET485/20m
Custom mTFP1 Excitation Filter Chroma Technology Corp ET450/30x
Custom Venus Excitation Filter Chroma Technology Corp ET514/10x
DMEM-gfp Live Cell Visualization Medium Sapphire MC102
Dulbecco's Modified Eagle's Medium  Sigma Aldrich D5796 with L-glutamine and sodium bicarbonate
Fetal Bovine Serum HyClone SH30396.03
Fibronectin, Human Corning 47743-654
FRAPPA Calibration Slide Andor provided along with FRAPPA unit
FRAPPA System with 515 nm Laser Andor
Glass-bottomed Fluoro Dishes World Precision Instruments FD35
HEK293-T Cells ATCC CRL-3216
Hexadimethrine Bromide, Polybrene Sigma Aldrich H9268-5G
High-glucose Dulbecco's Modified Eagle's Medium Sigma Aldrich D6429
Inverted Fluorescent Microscope Olympus IX83
JMP Pro Software SAS
Lambda 10-3 Motorized Filter Wheels Sutter Instruments LB10-NW
LambdaLS Arc Lamp with 300W Ozone-Free Xenon Bulb Sutter Instruments LS/OF30
Lipofectamine 2000 Invitrogen 11668-027
MATLAB Software Mathworks
MEM Non-Essential Amino Acids Thermo Fisher 11140050
MetaMorph for Olympus Olympus
Micro-Humidification System Bioptechs 130708
MoFlo Astrios EQ Cell Sorter Beckman Coulter B25982
Objective Heater Medium Bioptechs 150819-13
OptiMEM Thermo Fisher 31985070
Phosphate Buffered Saline Sigma Aldrich D8537
pMD2.G Envelope Plasmid Addgene 12259
pRRL Vector gift from Dr. Kam Leong (Columbia University)
psPax2 Packaging Plasmid Addgene 12260
sCMOS ORCA-Flash4.0 V2 Camera Hamamatsu Photonics C11440-22CU
Sorvall Legend XT/XF Centrifuge Thermo Fisher 75004505
Stable Z Stage Warmer Bioptechs 403-1926
Venus Emission Filter Semrock FF01-571/72

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. DuFort, C. C., Paszek, M. J., Weaver, V. M. Balancing forces: architectural control of mechanotransduction. Nature Reviews Molecular Cell Biology. 12, (5), 308-319 (2011).
  2. Mammoto, T., Ingber, D. E. Mechanical control of tissue and organ development. Development. 137, (9), 1407-1420 (2010).
  3. Sun, Y., Chen, C. S., Fu, J. Forcing stem cells to behave: a biophysical perspective of the cellular microenvironment. Annual Review of Biophysics. 41, 519-542 (2012).
  4. Wozniak, M. A., Chen, C. S. Mechanotransduction in development: a growing role for contractility. Nature Reviews Molecular Cell Biology. 10, (1), 34-43 (2009).
  5. Broders-Bondon, F., Nguyen Ho-Bouldoires, T. H., Fernandez-Sanchez, M. E., Farge, E. Mechanotransduction in tumor progression: The dark side of the force. The Journal of cell biology. 217, (5), 1571-1587 (2018).
  6. Simmons, R. D., Kumar, S., Jo, H. The role of endothelial mechanosensitive genes in atherosclerosis and omics approaches. Archives of Biochemistry and Biophysics. 591, 111-131 (2016).
  7. Wells, R. G. Tissue mechanics and fibrosis. Biochimica et Biophysica Acta. 1832, (7), 884-890 (2013).
  8. Lele, T. P., et al. Mechanical forces alter zyxin unbinding kinetics within focal adhesions of living cells. Journal of Cellular Physiology. 207, (1), 187-194 (2006).
  9. Hoffman, B. D., Grashoff, C., Schwartz, M. A. Dynamic molecular processes mediate cellular mechanotransduction. Nature. 475, (7356), 316-323 (2011).
  10. Dembo, M., Torney, D. C., Saxman, K., Hammer, D. The reaction-limited kinetics of membrane-to-surface adhesion and detachment. Proceedings of the Royal Society of London B: Biological Sciences. 234, (1274), 55-83 (1988).
  11. LaCroix, A. S., Rothenberg, K. E., Hoffman, B. D. Molecular-Scale Tools for Studying Mechanotransduction. Annual Review of Biomedical Engineering. 17, 287-316 (2015).
  12. Neuman, K. C., Nagy, A. Single-molecule force spectroscopy: optical tweezers, magnetic tweezers and atomic force microscopy. Nature Methods. 5, (6), 491-505 (2008).
  13. Kong, F., Garcia, A. J., Mould, A. P., Humphries, M. J., Zhu, C. Demonstration of catch bonds between an integrin and its ligand. The Journal of Cell Biology. 185, (7), 1275-1284 (2009).
  14. Rakshit, S., Zhang, Y., Manibog, K., Shafraz, O., Sivasankar, S. Ideal catch, and slip bonds in cadherin adhesion. Proceedings of the National Academy of Sciences. 109, (46), 18815-18820 (2012).
  15. del Rio, A., et al. Stretching Single Talin Rod Molecules Activates Vinculin Binding. Science. 323, (5914), 638-641 (2009).
  16. Seddiki, R., et al. Force-dependent binding of vinculin to alpha-catenin regulates cell-cell contact stability and collective cell behavior. Molecular Biology of the Cell. 29, (4), 380-388 (2018).
  17. Huang, D. L., Bax, N. A., Buckley, C. D., Weis, W. I., Dunn, A. R. Vinculin forms a directionally asymmetric catch bond with F-actin. Science. 357, (6352), 703-706 (2017).
  18. Chrzanowska-Wodnicka, M., Burridge, K. Rho-stimulated contractility drives the formation of stress fibers and focal adhesions. The Journal of Cell Biology. 133, (6), 1403-1415 (1996).
  19. Choquet, D., Felsenfeld, D. P., Sheetz, M. P. Extracellular matrix rigidity causes strengthening of integrin-cytoskeleton linkages. Cell. 88, (1), 39-48 (1997).
  20. Liu, Z., et al. Mechanical tugging force regulates the size of cell-cell junctions. Proceedings of the National Academy of Science. 107, (22), 9944-9949 (2010).
  21. Riveline, D., et al. Focal contacts as mechanosensors: externally applied local mechanical force induces growth of focal contacts by an mDia1-dependent and ROCK-independent mechanism. The Journal of Cell Biology. 153, (6), 1175-1186 (2001).
  22. Brevier, J., Vallade, M., Riveline, D. Force-extension relationship of cell-cell contacts. Physical Review Letters. 98, (26), 268101 (2007).
  23. Bershadsky, A., Kozlov, M., Geiger, B. Adhesion-mediated mechanosensitivity: a time to experiment, and a time to theorize. Current opinion in cell biology. 18, (5), 472-481 (2006).
  24. Chan, C. E., Odde, D. J. Traction dynamics of filopodia on compliant substrates. Science. 322, (5908), 1687-1691 (2008).
  25. Wu, Z., Plotnikov, S. V., Moalim, A. Y., Waterman, C. M., Liu, J. Two distinct actin networks mediate traction oscillations to confer focal adhesion mechanosensing. Biophysical Journal. 112, (4), 780-794 (2017).
  26. Fritzsche, M., Charras, G. Dissecting protein reaction dynamics in living cells by fluorescence recovery after photobleaching. Nature Protocols. 10, (5), 660-680 (2015).
  27. McNally, J. G. Quantitative FRAP in analysis of molecular binding dynamics in vivo. Methods of Cell Biology. 85, 329-351 (2008).
  28. Wehrle-Haller, B. Analysis of integrin dynamics by fluorescence recovery after photobleaching. Methods in Molecular Biology. 370, 173-202 (2007).
  29. Carisey, A., Stroud, M., Tsang, R., Ballestrem, C. Fluorescence recovery after photobleaching. Methods of Molecular Biology. 769, 387-402 (2011).
  30. Carisey, A., et al. Vinculin regulates the recruitment and release of core focal adhesion proteins in a force-dependent manner. Current Biology. 23, (4), 271-281 (2013).
  31. Wolfenson, H., Bershadsky, A., Henis, Y. I., Geiger, B. Actomyosin-generated tension controls the molecular kinetics of focal adhesions. Journal of Cell Science. 124, 1425-1432 (2011).
  32. Dumbauld, D. W., et al. How vinculin regulates force transmission. Proceedings of the National Academy of Sciences. 110, (24), 9788-9793 (2013).
  33. Zaidel-Bar, R., Itzkovitz, S., Ma'ayan, A., Iyengar, R., Geiger, B. Functional atlas of the integrin adhesome. Nature Cell Biology. 9, (8), 858-867 (2007).
  34. Grashoff, C., et al. Measuring mechanical tension across vinculin reveals regulation of focal adhesion dynamics. Nature. 466, (7303), 263-266 (2010).
  35. LaCroix, A. S., Rothenberg, K. E., Berginski, M. E., Urs, A. N., Hoffman, B. D. Construction, imaging, and analysis of FRET-based tension sensors in living cells. Biophysical Methods in Cell Biology. 125, 161-186 (2015).
  36. Meng, F., Suchyna, T. M., Sachs, F. A fluorescence energy transfer-based mechanical stress sensor for specific proteins in situ. The FEBS Journal. 275, (12), 3072-3087 (2008).
  37. Rothenberg, K. E., Scott, D. W., Christoforou, N., Hoffman, B. D. Vinculin Force-Sensitive Dynamics at Focal Adhesions Enable Effective Directed Cell Migration. Biophysical journal. 114, (7), 1680-1694 (2018).
  38. Austen, K., et al. Extracellular rigidity sensing by talin isoform-specific mechanical linkages. Nature Cell Biology. 17, (12), 1597-1606 (2015).
  39. Kumar, A., et al. Talin tension sensor reveals novel features of focal adhesion force transmission and mechanosensitivity. The Journal of Cell Biology. 213, (3), 371-383 (2016).
  40. Acharya, B. R., et al. Mammalian Diaphanous 1 Mediates a Pathway for E-cadherin to Stabilize Epithelial Barriers through Junctional Contractility. Cell Reports. 18, (12), 2854-2867 (2017).
  41. Borghi, N., et al. E-cadherin is under constitutive actomyosin-generated tension that is increased at cell-cell contacts upon externally applied stretch. Proceedings of the National Academy of Sciences. 109, (31), 12568-12573 (2012).
  42. Conway, D. E., Williams, M. R., Eskin, S. G., McIntire, L. V. Endothelial cell responses to atheroprone flow are driven by two separate flow components: low time-average shear stress and fluid flow reversal. American Journal of Physiology-Heart and Circulatory Physiology. 298, (2), H367-H374 (2010).
  43. Arsenovic, P. T., et al. Nesprin-2G, a Component of the Nuclear LINC Complex, Is Subject to Myosin-Dependent Tension. Biophysical Journal. 110, (1), 34-43 (2016).
  44. Ye, N., et al. Direct observation of alpha-actinin tension and recruitment at focal adhesions during contact growth. Experimental Cell Research. 327, (1), 57-67 (2014).
  45. Paszek, M. J., et al. The cancer glycocalyx mechanically primes integrin-mediated growth and survival. Nature. 511, (7509), 319-325 (2014).
  46. Gayrard, C., Borghi, N. FRET-based Molecular Tension Microscopy. Methods. 94, 33-42 (2016).
  47. de Beco, S., Gueudry, C., Amblard, F., Coscoy, S. Endocytosis is required for E-cadherin redistribution at mature adherens junctions. Proceedings of the National Academy of Sciences. 106, (17), 7010-7015 (2009).
  48. Östlund, C., et al. Dynamics and molecular interactions of linker of nucleoskeleton and cytoskeleton (LINC) complex proteins. Journal of Cell Science. 122, (22), 4099-4108 (2009).
  49. Coffin, J. M., Hughes, S. H., Varmus, H. E. The interactions of retroviruses and their hosts. Cold Spring Harbor Laboratory Press. Cold Spring Harbor (NY). (1997).
  50. Komatsubara, A. T., Matsuda, M., Aoki, K. Quantitative analysis of recombination between YFP and CFP genes of FRET biosensors introduced by lentiviral or retroviral gene transfer). Scientific Reports. 5, 13283 (2015).
  51. Nasri, M., Karimi, A., Farsani, M. A. Production purification and titration of a lentivirus-based vector for gene delivery purposes. Cytotechnology. 66, (6), 1031-1038 (2014).
  52. Addgene, Generating Stable Cell Lines with Lentivirus. Available from: https://www.addgene.org/protocols/generating-stable-cell-lines (2016).
  53. Roederer, M. Spectral compensation for flow cytometry: visualization artifacts, limitations, and caveats. Cytometry: The Journal of the International Society for Analytical Cytology. 45, (3), 194-205 (2001).
  54. Malkani, N., Schmid, J. A. Some secrets of fluorescent proteins: distinct bleaching in various mounting fluids and photoactivation of cyan fluorescent proteins at YFP-excitation. PLoS One. 6, (4), e18586 (2011).
  55. Chen, H., Puhl, H. L. 3rd, Koushik, S. V., Vogel, S. S., Ikeda, S. R. Measurement of FRET efficiency and ratio of donor to acceptor concentration in living cells. Biophysical journal. 91, (5), L39-L41 (2006).
  56. Rothenberg, K. E., Neibart, S. S., LaCroix, A. S., Hoffman, B. D. Controlling Cell Geometry Affects the Spatial Distribution of Load Across Vinculin. Cellular and Molecular Bioengineering. 8, (3), 364-382 (2015).
  57. Carnell, M., Macmillan, A., Whan, R. Fluorescence recovery after photobleaching (FRAP): acquisition, analysis, and applications. Methods of Molecular Biology. 1232, 255-271 (2015).
  58. Trembecka, D. O., Kuzak, M., Dobrucki, J. W. Conditions for using FRAP as a quantitative technique--influence of the bleaching protocol. Cytometry A. 77, (4), 366-370 (2010).
  59. Lavelin, I., et al. Differential effect of actomyosin relaxation on the dynamic properties of focal adhesion proteins. PLoS One. 8, (9), e73549 (2013).
  60. Foote, H. P., Sumigray, K. D., Lechler, T. FRAP analysis reveals stabilization of adhesion structures in the epidermis compared to cultured keratinocytes. PLoS One. 8, (8), e71491 (2013).
  61. Zal, T., Gascoigne, N. R. Photobleaching-corrected FRET efficiency imaging of live cells. Biophysical Journal. 86, (6), 3923-3939 (2004).
  62. Hodgson, L., Shen, F., Hahn, K. Biosensors for characterizing the dynamics of rho family GTPases in living cells. Current Protocols in Cell Biology. 46, (1), (2010).
  63. Day, R. N. Measuring protein interactions using Förster resonance energy transfer and fluorescence lifetime imaging microscopy. Methods. 66, (2), 200-207 (2014).
  64. Rapsomaniki, M. A., et al. easyFRAP: an interactive, easy-to-use tool for qualitative and quantitative analysis of FRAP data. Bioinformatics. 28, (13), 1800-1801 (2012).
  65. Zamir, E., et al. Molecular diversity of cell-matrix adhesions. Journal of cell science. 112, (11), 1655-1669 (1999).
  66. Bakolitsa, C., et al. Structural basis for vinculin activation at sites of cell adhesion. Nature. 430, (6999), 583-586 (2004).
  67. De Los Santos, C., Chang, C. W., Mycek, M. A., Cardullo, R. FRAP, FLIM, and FRET: Detection and analysis of cellular dynamics on a molecular scale using fluorescence microscopy. Molecular Reproduction and Development. 82, (7-8), 587-604 (2015).
  68. Periasamy, A., Wallrabe, H., Chen, Y., Barroso, M. Chapter 22: Quantitation of protein-protein interactions: confocal FRET microscopy. Methods in Cell Biology. 89, 569-598 (2008).
  69. Stehbens, S., Pemble, H., Murrow, L., Wittmann, T. Imaging intracellular protein dynamics by spinning disk confocal microscopy. Methods in Enzymology. 293-313 (2012).
  70. Zeug, A., Woehler, A., Neher, E., Ponimaskin, E. G. Quantitative intensity-based FRET approaches--a comparative snapshot. Biophysical Journal. 103, (9), 1821-1827 (2012).
  71. Ehrlicher, A. J., Nakamura, F., Hartwig, J. H., Weitz, D. A., Stossel, T. P. Mechanical strain in actin networks regulates FilGAP and integrin binding to filamin A. Nature. 478, (7368), 260-263 (2011).
  72. Guo, B., Guilford, W. H. Mechanics of actomyosin bonds in different nucleotide states are tuned to muscle contraction. Proceedings of the National Academy of Sciences. 103, (26), 9844-9849 (2006).
  73. Lee, C. Y., et al. Actin depolymerization under force is governed by lysine 113:glutamic acid 195-mediated catch-slip bonds. Proceedings of the National Academy of Sciences. 110, (13), 5022-5027 (2013).
  74. Cost, A. L., Ringer, P., Chrostek-Grashoff, A., Grashoff, C. How to Measure Molecular Forces in Cells: A Guide to Evaluating Genetically-Encoded FRET-Based Tension Sensors. Cellular and Molecular Bioengineering. 8, (1), 96-105 (2015).
  75. Bertocchi, C., et al. Nanoscale architecture of cadherin-based cell adhesions. Nature Cell Biology. 19, (1), 28-37 (2017).
  76. Case, L. B., et al. Molecular mechanism of vinculin activation and nanoscale spatial organization in focal adhesions. Nature Cell Biology. 17, (7), 880-892 (2015).
  77. Chen, H., Cohen, D. M., Choudhury, D. M., Kioka, N., Craig, S. W. Spatial distribution and functional significance of activated vinculin in living cells. The Journal of Cell Biology. 169, (3), 459-470 (2005).
  78. Kim, T. J., et al. Dynamic visualization of alpha-catenin reveals rapid, reversible conformation switching between tension states. Current Biology. 25, (2), 218-224 (2015).
  79. Yao, M., et al. Mechanical activation of vinculin binding to talin locks talin in an unfolded conformation. Scientific reports. 4, 4610 (2014).
蛍光技術の組み合わせを用いた生細胞内力感受性タンパク質ダイナミクスの測定
Play Video
PDF DOI DOWNLOAD MATERIALS LIST

Cite this Article

Rothenberg, K. E., Puranam, I., Hoffman, B. D. Measurement of Force-Sensitive Protein Dynamics in Living Cells Using a Combination of Fluorescent Techniques. J. Vis. Exp. (141), e58619, doi:10.3791/58619 (2018).More

Rothenberg, K. E., Puranam, I., Hoffman, B. D. Measurement of Force-Sensitive Protein Dynamics in Living Cells Using a Combination of Fluorescent Techniques. J. Vis. Exp. (141), e58619, doi:10.3791/58619 (2018).

Less
Copy Citation Download Citation Reprints and Permissions
View Video

Get cutting-edge science videos from JoVE sent straight to your inbox every month.

Waiting X
simple hit counter