Login processing...

Trial ends in Request Full Access Tell Your Colleague About Jove
JoVE Journal
Immunology and Infection

A subscription to JoVE is required to view this content.
You will only be able to see the first 20 seconds.

マウスにおけるオートファジーを研究するためのモデルとして、盲腸結紮穿刺誘発性敗血症
 
Click here for the English version

マウスにおけるオートファジーを研究するためのモデルとして、盲腸結紮穿刺誘発性敗血症

Article doi: 10.3791/51066
February 9th, 2014

Summary February 9th, 2014

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the English version.

実験的敗血症は盲腸結紮穿刺(CLP)の方法を用いて、マウスにおいて誘発することができる。 CLP誘発性敗血症の文脈においてインビボでオートファジーを評価するための現在のプロトコルがここに提示されている:(GFP)-LC3マウスを用いたオートファジーを測定するためのプロトコル、および電子顕微鏡法によってオートファゴソームの形成を測定するためのプロトコル。

Read Article

Get cutting-edge science videos from JoVE sent straight to your inbox every month.

Waiting X
simple hit counter