管形成術と外尿道口狭窄の外科的管理

Published 11/30/2010
2 Comments
  CITE THIS  SHARE 
Medicine

Your institution must subscribe to JoVE's Medicine section to access this content.

Fill out the form below to receive a free trial or learn more about access:

Welcome!

Enter your email below to get your free 10 minute trial to JoVE!





By clicking "Submit", you agree to our policies.

 

Summary

管形成術、外尿道口狭窄の外科的管理。

Cite this Article

Copy Citation

Wang, M. Surgical Management of Meatal Stenosis with Meatoplasty. J. Vis. Exp. (45), e2213, doi:10.3791/2213 (2010).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

外尿道口狭窄は、割礼後の一般的な泌尿器科合併症です。子どもたちは、逸脱した尿の流れの苦情、困難な目的は、痛みを伴う排尿、および頻尿とそのプライマリケア医師に提示する。臨床試験では、ピンポイントの道を明らかにし、子供が排尿するように要求されている場合、彼は通常不完全な排尿との上位、薄い、時折力強い尿の流れを持つことになります。経営の柱は管形成術(遠位尿道/道の再建)です。この教育ビデオでは、これを実行する方法を説明します。

Protocol

はじめに:

生殖器の疾患は一般的にプライマリケア医のオフィスで遭遇する。外尿道口狭窄、尿道口の異常狭窄(尿道口)が9%、男性の10%を発生する割礼後の一般的な合併症である。この疾患は、上向きに偏向さ、尿の流れ、排尿障害、切迫感、頻、および長時間の排尿に困難な目的とによって特徴付けられる。放置しておくと、これは尿路感染症や腎臓の問題を引き起こす可能性があります。外科尿道口切開術/管形成術は治癒的である。

治療/診断の手順:

ルーチンの尿検査では頻尿の潜在的な原因として尿路感染症や糖尿病を除外されます。

詳細な病歴と身体検査は、診断を確定する、排尿の観察などがあります。

外来手術/管形成術は治癒的である。手続きは5分〜10分の麻酔下で行われます。

術中の準備は、外科ルーペの倍率、蚊の止血剤、微細な先端プラスチック顕微はさみ、Castroviejo針ホルダー、および7から0 vicryl縫合糸が含まれています。

  1. 子は、仰臥位に配置されます。
  2. 性器の最小限の皮膚の準備とドレープ。いいえ予防的抗生物質は必要ありません。
    • Betadineポビドンヨード液は、陰部をスクラブするために使用され、最初の切開の前に約3分間維持するために許可されています。
    • ペニスは、滅菌タオルでオフ覆われるべきである。
  3. 右利きの外科医は患者の左側に立っていると、よく潤滑蚊の止血剤はその後、約2〜3 mmの深さまで尿道口の先端/腹側面に導入されているいずれかの顎になります。腹側組織は、止血剤を閉じることによって粉砕される。合計クランプ時間は60秒になります。
  4. 砕いた腹側組織は、顕微はさみで急激に切開している(図1)と内側の尿道粘膜とglanular組織は、中断の方法で7〜0 vicryl縫合(Castroviejo針ホルダーの図2)を使ってreapproximatedされています。

回復時間は最小限であり、不快感のために、必要に応じて子はタイレノールと一緒に家に送信されます。ワセリンは、創傷3-4x/dayに適用されます。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

結果:

症候性外尿道口狭窄は、子供と家族のためにイライラさせられる。放置しておくと、慢性的な不完全な排尿の可能性は、尿路感染症とその後の腎障害の臨時の開発と、そこにあります。

再建管形成術は治癒的である、と簡単な麻酔下で行うことができます。

結論:

外尿道口狭窄は、割礼の一般的な合併症である。徹底的な病歴と身体は、外尿道口狭窄の診断を明らかにする。外科的管理は、治癒的治療法である。好調管形成術は、最小インストゥルメンテーションを行うことができます。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Disclosures

利害の衝突は宣言されません。

Acknowledgements

著者は、ジョンズホプキンス大学の手術室のスタッフに感謝し、ジョンズホプキンスの小児病院で小児科の部門のメディアリレーション。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
Betadine
Mosquito hemostat
Microsurgical scissor
Castroviejo needle driver
7-0 vicryl suture Ethicon Inc.

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Van Howe, R. S. Incidence of meatal stenosis following neonatal circumcision in a primary care setting. Clin Pediatr (Phila). 45, (1), 49-54 (2006).
  2. Litvak, A. S., Morris, J. A., McRoberts, J. W. Normal size of the urethral meatus in boys. J Uro. 115, (6), 736-737 (1976).
  3. Brown, M. R., Cartwright, P. C., Snow, B. W. Common office problems in pediatric urology and gynecology. Pediatr Clin North Am. 44, (5), 1091-1115 (1997).
  4. Smith, C., Smith, D. P. Office pediatric urologic procedures from a parental perspective. Urology. 55, (2), 272-276 (2000).
  5. Frank, J. D., Pocock, R. D., Stower, M. J. Urethral strictures in childhood. Br J Urol. 62, (6), 590-592 (1988).
  6. Persad, R., Sharma, S., McTavish, J. Clinical presentation and pathophysiology of meatal stenosis following circumcision. Br J Urol. 75, (1), 91-93 (1995).
  7. Stenram, A., Malmfors, G., Okmian, L. Circumcision for phimosis: a follow-up study. Scand J Urol Nephrol. 20, (2), 89-92 (1986).
  8. Hinman, F., Baskin, L. Chapter 155. Hinman s Atlas of Pediatric Urologic Surgery. 2nd ed., 773-775 (2008).
  9. Belman, A. B., King, L. R., Kramer, S. A. Clinical Pediatric Urology. 4th ed, 214-215 (2002).
  10. Wein, A. J., Kavoussi, L. R., Novick, A. C., Partin, A. W., Peters, C. A. Campbell-Walsh Urology. 9th ed, 1044-1045 (2007).

Comments

2 Comments

  1. what is the incidence of glanular hypospadius post meatoplasty?

    Reply
    Posted by: Majed S.
    December 11, 2010 - 2:44 PM
  2. This should not occur, if only the ventral scar tissue is excised.

    It is possible hypospadias was missed on initial diagnosis.

    Reply
    Posted by: Anonymous
    December 12, 2010 - 9:45 PM

Post a Question / Comment / Request

You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

Video Stats