肝動脈再建を用いた部分同所性肝移植のラットモデルのための外科的処置

Medicine
 

Summary

ラットにおける同所性肝移植は、生物医学研究のための不可欠な実験モデルである。ここで我々は50%の部分移植を用い肝動脈再建同所ラット肝移植のための私達の手術を提示します。

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations

Nagai, K., Yagi, S., Uemoto, S., Tolba, R. H. Surgical Procedures for a Rat Model of Partial Orthotopic Liver Transplantation with Hepatic Arterial Reconstruction. J. Vis. Exp. (73), e4376, doi:10.3791/4376 (2013).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

全体または部分的な移植を用いたラットにおける同所性肝移植(OLT)は、このような移植保全や虚血再灌流障害の1,2の研究、免疫学的応答3,4、血行動態5,6として、移植の研究に欠かせない実験的なモデルであり、小型のためにサイズの症候群7。ラットOLTは、実験的な手術の中で最も困難な動物モデルの一つであると学ぶのに長い時間がかかる高度な顕微スキルが要求されます。したがって、このモデルの使用が制限されていた。結果の信頼性と再現性は、このような複雑な動物モデルが使用されている実験の主要なコンポーネントであるため、それがこのモデルのためのよく標準化され、洗練された手順の研修を受けたことが、ラットのOLTに関与している外科医のために不可欠です。

最初のモデルはdescrib頃から様々な技術とラットにおけるOLTの修正は8報告されているが彼らは偉大な程度に再建手続きを簡略化しているため、Lee によって 1973年9、肝動脈再建10、鎌田によるカフ吻合技術の導入の排除11 、このモデルでは大きな進歩だった。鎌田によるモデルでは、肝rearterializationも解消されました。ラットは、肝移植後の肝動脈流せずに生き残ることができたので、肝動脈化の価値を超えるかなりの論争があった。しかし、arterializedモデルの生理学的優位性はますます特に胆管システム8,12及び肝臓の整合8,13,14の保全の観点から、認められてきた。

本稿では、ex vivoで肝resec後に50%の部分移植を用い肝動脈再建とOLTのラットモデルの詳細な外科的処置を提示る。各血管、胆管のための再建手続は、次の方法により行われています:7から0ポリプロピレン連続用縫合前掲と肝臓下の下大静脈、門脈用カフ技術、および肝動脈用ステント技術と胆管。

Protocol

1。基本的なテクニックと共通の手順

  1. すべての手順は、クリーンしかし非無菌条件下で行われる。
  2. ラットの腹部がオープンされたら、すべての手続きは、16倍の倍率で手術用顕微鏡下で行われる。胆管と肝動脈へのステントの挿入、および肝動脈の再建、肝臓下の下大静脈:例外は10xで行われるex vivoでの肝切除、および25倍で行われ、次の手順であり、 (IHVC)、胆管。
  3. 綿棒は、臓器、組織の鈍的切開、および圧縮止血の穏やかな操作に使用されます。乳酸加リンゲル液を浸したガーゼ綿棒(5×5センチ)は肝臓や腸を後退させるために、臓器の潤いを保つために使用されます。 Satinskyクランプは左またはIHVC周り手術野を広げるために、ラットの尾部に向かってガーゼで覆われた腸の収縮のために使用することができます。
  4. すべてのライゲーションは、4から0絹糸が使用されてex vivoでの肝切除時の肝葉の茎を除いて、6から0絹糸で実行されます。リガチャーは、第二字が最初に1までの距離で行うことができ、かつ2点間のライゲーション分裂が適切に行うことができるようにライゲーションされたポイントに十分な張力を提供するDeBakeyブルドッグクランプまたは他の楽器でプルアップすることができます。
  5. すべての静脈内注射は、陰茎静脈を介して実行されます。
  6. 肝上の下大静脈(SHVC)、門脈、肝動脈、胆管、オイルベースの​​粘土の小さな塊のための再建手続き中に末梢血管クランプやモスキート鉗子の指輪を保持するために使用されの位置にそれらを固定した状態に保ちます。

2。術前準備

  1. 230と250グラムの間で体重の雄Lewisラット肝移植のドナーとレシピエントとして使用されています。ラットはすべてです麻酔導入まで水や食品への無料アクセスを借りていた。
  2. 門脈(図1)カフ:顕微鏡下で11番メス刃で14ゲージのカテーテルを切断することによって、門脈のためにカフを準備します。カフは、本体と拡張、2mmの長さを持つ各で構成されています。スレッドが滑り落ちることなく、袖口にしっかりと固定することができるように、蚊の鉗子で円周方向にステップバイステップカフの壁をクランプしてカフ上の円周の溝を作る。
  3. 胆管と肝動脈(図1)ステント:肝動脈と胆管に5mmのために4ミリメートルの長さのカテーテルの両端にベベルを生成するために顕微鏡下でメスでカット24番ゲージのカテーテル。

3。ドナー操作

ドナーラットから肝臓の除去のスキーマを図2に示します。この手順では、約必要imately 30から35分。

  1. メンテナンスのため、2L /分で麻酔導入のための4 L / minの流速で100%酸素、1.5体積%でイソフルレン4体積%の吸入によりラットを麻酔。鎮痛剤として皮下ブプレノルフィン(0.1 mg / kg)を注入します。加熱パッド上にラットを入れ、磁気固定器退避システム(図3a)を使用して、アッパーアームを固定します。ラットの全腹部領域から毛皮を剃ると、ポビドンヨード溶液による対応する皮膚を殺菌。
  2. 二国間の拡張子を持つ正中切開により腹部を開きます。 SHVCが腹上昇しているように、ラットの背部の下で5mlの注射器を置きます。モスキート鉗子を使用して、クランプと頭に向かって剣状突起を引き、手術野(図3a)を開くために肋骨下トラクタを適用します。
  3. 鎌状靱帯と左三角靱帯を切開。次に、左横隔膜静脈を結紮し、分割します。
  4. レトリぬれたガーゼ綿棒で上向きの中央値と左横ローブを振る舞う。バイポーラピンセットを用いて、左横と前尾状葉の間にパラ食道の血管を凝固させると分割します。
  5. ラットの左側に腹部外腸を移動して、濡れたガーゼ綿棒でそれらをカバーしています。ぬれたガーゼ綿棒で上向きの右側葉を収納してください。後腹膜組織からIHVCを隔離し、ちょうど移植片を除去する前に後で分割され、右副腎静脈を結紮する。
  6. 胆管(図3b)にステントを挿入するには:
    1. 胃十二指腸動脈の分岐レベルで胆管を結紮する。胆管周囲の軟部組織をできるだけ温存すべきであり、肝動脈から総胆管の分離は、胆管に十分な動脈血供給を確保することは避けるべきである。
    2. ストレートマイクロハサミで、anteriに小さな切開を加えるまたはライゲーション点に近接した胆管の壁。左手でストレートマイクロピンセットで切開の前壁を押さえながら、右手に曲がったマイクロ鉗子を用いてダクト内にステントを挿入し、6から0絹糸で固定します。スレッドが後で吻合中に開催することができるように、カットのいずれかが胆管上のスレッドの端部は4mmの長さに保たれる。
  7. 結紮し、それらを分割することによって幽門および脾静脈から門脈を解放する。
  8. 胃十二指腸動脈を結紮し、分割し、そのルートに膵頭部から肝動脈(CHA)を分離。綿棒で右に肝臓を回転させたり、肝臓や食道の背面の周囲靭帯を切開。
  9. 肝切除のための準備が完了した時点で、リトラクター、剣状突起のために蚊鉗子、ラットの背中の下に5 mlのシリンジを取り外します。 abdominaに腸を戻すlの空洞。
  10. 陰茎静脈を介して生理食塩水2mlにヘパリンナトリウムの500 IUを注入します。約3分後、5 mlの注射器、蚊鉗子、とリトラクターをリセットします。そのルートに近位CHAをライゲーションする。カットの一つはCHA長い間結紮糸の端部が保管してください。
  11. モスキート鉗子で右腎静脈にIHVC近くにクランプした後、脾静脈の切り株下使い捨てマイクロ血管クランプで門脈をクランプします。門脈の前壁を切開し、門脈に18ゲージのカテーテルを挿入します。
  12. 20センチメートルH 2 Oの静水圧で冷ヒスチジン-トリプトファン-ケトグルタル酸(HTK)溶液60mlで、その場で肝臓を灌流その直後に、横隔膜をカットし、胸腔内下大静脈を横断すると、灌流液が肝臓(図3c)で洗い流されるのを許容するのIHVCの前壁を切り開いた。
  13. DIとIHVCクランプsposableマイクロ容器はちょうど肝臓の下にクランプします。わずかに肝臓と右腎静脈、脾静脈の切り株下門脈、横隔膜、肝臓の奥に残っている靭帯、右副腎静脈の間の中間点以下IHVCを解剖によって切除する肝​​臓をとそのルートにCHA。砕いた氷のフルプラスチックの箱に取り付けられた金属製のカップに冷たいHTK液に摘出肝臓を置きます。

4 エクスビボ移植片準備

肝移植のためのすべての手順は、氷のように冷たいHTKの溶液を充填金属カップで実行されます。 ex vivoでの移植の準備は約30分必要です。

  1. 門脈(図4)カフの取り付けのための:
    DeBakeyブルドッグクランプ付き門脈トランクをクランプします。飲みながらブリッジ位置(図4a、b)にクランプを置きます。カフを介して門脈を入れて、クランプ再び一緒に12時の位置(図4c)のカフの拡張子のついた門脈。 7時の位置にカフの外側脾静脈の切り株を配置するためにカフの上門脈の壁を裏返す(図4d)と、6から0絹糸(図4e)と門脈を確保。
  2. 肝動脈(図5)にステントを挿入するには:
    鉗子によりダイヤフラムの両端をクランプして肝臓を修正し、ストレートDeBakeyブルドッグクランプ(図5a)で結紮糸を保持することによってCHAを引き出します。ストレートマイクロハサミで、CHAの前壁に小切開を加える。左手で、ストレートマイクロピンセットで切開の前壁を保持し、右手で、湾曲したマイクロ鉗子を使用して、CHAにステントを挿入します。ステントは、以前ヘパリンナトリウム溶液(100 IU / ml)を(図5b-D)で洗浄する。 Secure 6-0絹糸でステント、4 mmの長さで糸の切断端部のいずれかを保持します。冷たいHTK液5mlと動脈カテーテルを通して肝臓をフラッシュします。
  3. 50%肝切除(図6)の場合:
    1. 代わりに、それを修正する蚊鉗子で後部尾状葉をクランプします。 4から0絹糸(図7a)とその茎を結紮した後に葉を切除。同様にして、前方の尾状葉を削除します。
    2. プラスチックの箱を90度回転させます。ダイアフラムと中葉の左部分の右端をクランプします。中葉の二国間の部分の境界線の上縁に小切開を加えて、[ライゲーション(図7b)の後に左の部分を削除します。 4から0絹糸で茎を結紮した後に左の側葉を取り除きます。バイポーラピンセットで慎重に切除した肝臓表面を焼灼する。その結果、肝臓の質量が減少しますpproximately 50パーセント15(図7c、d)である
  4. SHVCの形成術(図8)の場合:
    モスキート鉗子(図8a)と横隔膜の両方のエッジをクランプすることにより、肝臓の位置を固定する。対応するダイアフラムを除去することによってSHVCの前壁をトリムします。後で吻合(図8b)1滞在縫合糸として両隅に外側から内側へ2 7から0ポリプロピレン縫合糸を取り付けます。その後SHVCの後壁をトリムします。
  5. 4で肝臓移植を保管°冷水浴中HTKのソリューションのC。

5。受信者動作

レシピエントラットにおける移植片移植のスキーマを図9に示します。受信者の操作が肝外性の時間の10月11日分とIHVCクランプ時間の約23から24分を含む60から70分を必要とします。

  1. 場合と同じ手順を実行し二国間の拡張(図10a)なし正中切開により腹部の開口部を除いても操作(3.1〜3.4)。
  2. IHVC周り手術野を得るために、十二指腸および腸全体の右側の上に濡れたガーゼの綿棒を置きます。左横隔膜下腔に左横および中央値ローブを入れ、濡れたガーゼ綿棒で上向きの右側葉を撤回。後腹膜組織からIHVCを分離します。結紮すると右副腎静脈(図10b)を分割します。ぬれたガーゼや綿棒を使用すると、左側に肝臓を回転させたり、肝臓の背面の周囲靭帯を切開。
  3. 解剖学的位置に右の側葉を返します。上向きの中央値と左横ローブをカバーし、後退させるためにぬれたガーゼの綿棒を置きます。ちょうど尾状葉から枝下胆管を横断する。胆管周囲の軟部組織をできるだけ温存する必要があります。目の切り口の一つに保つ長さ4 mmの時、胆管結紮用をお読みください。
  4. 胃十二指腸動脈とCHAから分岐〜3 mmの距離で固有肝動脈を結紮し、分割します。その後、CHAの終わりに動脈のY構造を作る。長い4 mmで固有肝動脈結紮のためのスレッドの切断端部のいずれかを保持します。綿棒で右に肝臓を回転させると、左側から肝臓の背面の周囲靭帯を切開。
  5. 乳酸リンゲル溶液2 mlを静脈注射した後に、ちょうど右腎静脈上記金属マイクロ血管クランプでIHVCをクランプします。ラットの左側から蚊鉗子による肝門部での分岐のレベルで門脈をクランプします。末梢血管クランプによる右側から横隔膜と一緒SHVCをクランプし、オイルベースの​​粘土の塊でクランプの指輪を修正。
  6. 肝外性の時に0.4体積%イソフルランで麻酔を削減(デュレーション門脈のクロスクランプ)。消費税​​SHVC、門脈、と次のレベルでIHVC解剖で受取人ネイティブ肝臓:SHVC、SHVCと肝臓の間の国境で、ちょうど蚊鉗子の顎の上に、門脈と、前記わずかに肝臓と右腎静脈(図10c)の中間点以下IHVC、。同所性肝移植を置きます。
  7. 連続縫合(図11)によってSHVCの吻合について:
    1. 血管壁を把持または縫合針を保持するための縫合処置の間に左手に曲がったマイクロ鉗子を使用しています。まず、結び目を(またはすべての縫合の手順が完了した後にそれを結ぶことができます)に結合することにより、続いてグラフトの右上隅に添付された7から0ポリプロピレンを使用することによって、内部から外部への受信者SHVCに滞在縫合糸を配置します。次に、左側のトウモロコシで、同じ方法で、2つ目の滞在縫合糸を配置ランニングステッチ縫合の開始になりますえー、。吻合を広げるには、把握しsuperiolaterally優しい牽引(図11a、b)の両隅にDeBakeyブルドッグクランプを使用して縫合糸を維持します。
    2. ピアース密接に結び目外部へ外部から内部への移植側の壁を貫通して左の隅に縫合し、右下隅(図11c)に7から8ステッチで腔内SHVCの事後行を縫合。慎重に内部の管腔が互いに直面している最初の数ステッチを作る。外部への移植側の血管を通る右コーナーでは、ピアス7-0ポリプロピレン。
    3. 次に、約10針(図11d)と、右から左へ、外から前の行を縫合。前列の完了前に、気泡を除去するために乳酸リンゲル液で内部を洗浄してください。できるだけ近く前の行に最後のステッチを作る滞在左隅に縫合し、それらを結びつけることが可能に。
  8. カフ技術(図12)による門脈再建のために:
    1. ぬれたガーゼ綿棒で上向きの中央値と左横のローブを収納してください。右から使い捨てマイクロ血管クランプを使用して幽門静脈との合流点に、受信者の脈をクランプします。粘土でクランプが門脈そのモスキート鉗子を修正し、肝門部(図12a、b)は向かって鉗子の先端を引き出します。
    2. ちょうど蚊鉗子の顎下門脈の前壁を切開する。レシピエントの門脈と乳酸リンゲル液によるカフの内側を洗います。左手と右手に曲がったマイクロピンセットでカフの拡張子でストレートマイクロピンセットで切開の前壁を保持します。深くレシピエントの門脈にカフを挿入し、ネジで固定し円周6から0絹糸(図12c-F)。
    3. 門脈とSHVCのクランプを解放した後、肝臓をreperfuse。ラットの背部から5mlのシリンジを取り外し、0.8体積%イソフルランの濃度を増加させる。
  9. ステント技術16(図13)による肝動脈再建のために:
    1. まず、左側から蚊鉗子によって受取人固有肝動脈のスレッドを保持し、肝門部に向かってそれを引っ張って、[閉じる膵臓(図13a)に右側からの受取人CHAをクランプします。
    2. ストレートマイクロ鉗子で、漏斗状の開口部を作るために受信者CHAの末尾にY字構造の分岐点に小さな切開を加える。湾曲したマイクロピンセットで移植CHAに置かステントを保持します。ヘパリンナトリウム溶液(100 IU / ml)で各内腔を洗浄した後、再にステントをスライドcipient CHAと6から0絹糸で固定します。ので、両方一緒にCHASは吻合部(図13b)の減少テンションでお互いに近づくことを受信者CHAのこのスレッドとグラフトCHA上の4 mmの糸の一端を接続します。その後、クランプを解放します。
  10. 連続縫合(図14)によってIHVCの吻合について:
    SHVCの場合と同じ方法で吻合するが、細かい咬傷(図14a-d)でもっとステッチを使用しています。最後のステッチで縫合糸の結束を解消することができるか、抱き合わせはきつく結ぶことによって引き起こされる吻合部狭窄を回避するために、成長因子を用いて達成することができます。 declamping後、1.0体積%に麻酔の濃度を増加させる。吻合部狭窄が見える場合は、二国間の滞在縫合糸を引っ張ったり、吻合を拡大して優しく前列を広げることにより吻合部位を拡張する。
  11. 8.4パーセント重曹solutioの0.5mlを投与静脈乳酸リンゲル溶液1.0mlを持つn。
  12. 出血や胆汁の漏れを防ぐために、切除された肝臓表面を密閉するTachosilの小さな断片を適用します。
  13. ステント技術による胆管の再建のために:
    1. 左側から蚊鉗子によって受信者胆管のスレッドを保持します。粘土で蚊鉗子を修正し、肝門部に向かって鉗子の先端を引き出します。
    2. 再構築された胆管が長すぎではないように、適切なレベルでの胆管に小切開を加えます。ねじれを避けるために細心の注意を持つ受信者がダクトにグラフト胆管に入れたステントを挿入し、6から0絹糸で固定します。移植ダクトの受信者ダクトと4 mmのスレッドでこのスレッドを一緒に結ぶので、両方のダクトは吻合部の減圧テンションでお互いに近づくこと。
  14. 再建手続きが完了した時点で、1メートルを注入5%ブドウ糖溶液のリットル静脈(図15)。
  15. 十分な止血を確認した後、2層に連続4から0 VICRYL縫合で腹部切開を閉じます。

6。術後の治療とフォローアップ

使用直後、生理食塩水1.5mlの合計でフロキシムナトリウムの皮下注射(16 mg / kg)を使用して受信者のラットを治療し、ブプレノルフィン(0.1 mg / kg)を。ラットは、暖められた空気と特別な集中治療室のケージ(30〜35℃)、酸素供給の60分間に回復することができます。 3日間皮下に鎮痛剤としてブプレノルフィン(0.1 mg / kg)を12時間ごとに注入する。その後、通常のケージにラットを動かし、水と食べ物に不断のアクセスを提供します。

Representative Results

すべてのレシピエントラット(n = 20)は(各時点でn = 5)にポータル再灌流後(7日)1、3、24、および168時間後に採血のための計画的安楽死まで明らかに合併症なく生き残った。血液サンプルは、27ゲージの針で直接穿刺によりIHVCから収集された。 10分間5340 xgで遠心分離後、血清サンプルが得られ、移植後の肝細胞障害の程度を反映アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)レベルについて分析した。血清ALT値の変化の時間経過を図16に示します。 ALTレベルは24時間でピークに達した(±標準偏差平均:212.6±67.9 IU / L)をしてから168時間(33.6±6.8 IU / L)で正常範囲内に低下した。

図1
図1:1から門脈(PV)用カフ4ゲージのカテーテル、および24ゲージのカテーテルから肝動脈(HA)と胆管(BD)用ステント。

図2
図2。ドナーラットから肝臓の除去のスキーマ 、BD、胆管; HA、肝動脈、IHVC、肝臓下の下大静脈、PV、門脈、SHVC、肝上の大静脈。

図3
図3。ドナー操作。 aである。ラット固定器は、磁気リトラクションシステムと加熱パッド上に配置されます。腹部は二国間の拡張子を持つ正中切開により開かれる。ステントのb。挿入は、胆管に。門脈を介して肝臓のc。灌流。略語は説明アール図2のED。

図4
図4。門脈にカフのアタッチメント。門脈幹を握っては、b。DeBakeyブルドッグクランプは金属カップの上に配置される。カップを砕いた氷で満たさプラスチックの箱に装着されています。C。門脈、カフ通されますd。門脈の壁が7でカフ外脾静脈の切り株にカフの上に外転さ時の位置と12時の位置にカフの拡張子は。 電子。門脈はカフ上の円周6から0絹糸で固定されています。黒い矢印は、脾静脈の切り株を示す。

図5
図5。 エクスビボ肝動脈内ステントの挿入。 。肝臓は横隔膜の両エッジをクランプして固定されており、肝動脈は、直線動脈用結紮糸を保持することによってプルアップされています。bは。肝動脈に小さな切開の前壁がまっすぐマイクロ鉗子で保持されている。C、D。ステントは肝動脈に挿入し、6から0絹糸で固定されています。

図6
図6。 ex vivoで 50%肝切除のスキーマ。グレー色のローブが削除されます。 ACLは、前方の尾状葉、PCL、後部尾状葉、LLL、左側葉、LML、中葉の左部分;中葉のRML、右の部分と、SRLは、優れた右の側葉、IRL、劣って右側葉。


図7 エクスビボ 50%肝切除。中葉。cの左側部分の茎の後部尾状葉の茎のライゲーションますb。ライゲーション、50%切除前肝ますd。を50%切除後の肝。

図8
図8。肝上の大静脈 ex vivo形成術。 。肝臓は蚊鉗子で横隔膜の両エッジをクランプして固定されていますb。滞在縫合7から0ポリプロピレンとは、両方の角に取り付けられている。

図9 図9。レシピエントラットにおける移植片移植のスキーマ。再建手続き7-0連続縫合、カフ法による門脈(PV)が、肝と前掲と肝臓下の下大静脈(SHVCとIHVC)に対して実行されるステント技術による動脈(HA)と胆管(BD)。

図10
図10。ネイティブ肝臓の除去まで、受信者の操作。 。腹部正中切開で開かれますb。右副腎静脈を結紮する。cは。ネイティブ肝臓を摘出されています。略語は図2で説明されています。

図11
図11。 supraheの吻合patic大静脈。は、b。肝上の下大静脈のための末梢血管クランプはオイルベースの粘土の塊で固定されている。両隅に滞在縫合が吻合を広げるsuperiolaterally穏やかなトラクションを維持しています。cは。進行中の後方の行の連続腔内縫合ますd。進行中の前の行の連続縫合。

図12
図12。門脈の再建。カフのは、b。門脈をクランプモスキート止血鉗子は、オイルベースの粘土で固定し、肝門部に向かって引っ張られているcf。挿入門脈に。

図13
図13。肝動脈の再建。は、b。 グラム固有肝動脈(PHA)と胃十二指腸動脈(GDA)の分岐点での受信総肝動脈(CHA)へのステントの>挿入。

図14
図14。肝臓下の下大静脈の吻合。肝臓下の下大静脈の両隅に滞在縫合ますb。後の行の連続縫合するc。前の行の連続縫合ますd。再潅流。略語は図2で説明されています。

図15
図15すべての再建手続きが終了している。略語は図2で説明されています。

</ HTML"図16" SRC = "/ files/ftp_upload/4376/4376fig16.jpg" />
図16血清アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)レベルの変化の術後経時的(N = 20;各時点でn = 5)であった。。データは標準偏差を示すエラーバー付きの手段として表現さ​​れています。 ALT値は24時間(212.6±67.9 IU / L)でピークに達し、その後168時間(33.6±6.8 IU / L)で正常範囲内に低下した。

Discussion

ラットOLTの最初のモデルはLee によって報告されました。19739において、肝動脈を含む、すべての船舶は手縫いの方法により再構築され、体外脈大循環シャントが使用されたインチこのモデルは、技術的に複雑であり、実行することが困難でした。次のモデルは、1975年に10同じ著者らによって開発された肝動脈再建と体外シャントなしの1だった。その後1979年に、鎌田らは肝rearterialization 11無しのモデルカフ吻合技術を導入しました。これらの変更により、ラットにおけるOLTは、受信者の操作で短縮肝外性の時間に簡略化され、広く受け入れられた実験モデルとして使用されてきた。

動脈化は厳しい作業だったが、しかし、ラットの肝動脈化OLT 8の意義の上、それ以来かなりの論争があったディ移植後の生存率に影響を及ぼさないと思います。様々な再構成技術を用いた肝動脈化に関する多くの研究は、このような大動脈セグメントツー大動脈吻合3,9,17、カフ吻合技術18,19,20、伸縮テクニック5、ステント技術13として、8が報告されいる16、スリーブ吻合技術12,21-23。ラットOLT用技術は今日でも標準化されていないものの、arterializedモデルはますますその生理的優位8,12,13,14の点で好まれています。上記の技術の中で、実行するために簡単かつ迅速であったステント技術はレーマンによって報告された2005年の16。研究では、優れた結果を示した:全く閉塞率は、再灌流後8時間、24時間、6ヶ月目に再構築された肝動脈では観察されなかった。そこで我々は、肝動脈化のためにこの技術を採用した。

我性能SHVCとIHVCの復興のためのミリアンペア手縫い吻合。この方法では、血栓症発生率の減少8に導く最適な生理条件と吻合部位を提供し、最高の顕微手術シミュレーションおよび外科医のためのトレーニングです。また、吻合は短い容器の切り株があっても可能であることができます。 IHVCの吻合に関しては、この方法は、カフ吻合技術と比較して移植側の長いIHVCを必要としません。したがって、ドナー腎静脈が長い移植IHVCを作るために解剖されている場合、このメソッドは、このような短い肝と右横と尾ローブで構成され、30%のグラフトとして、長いIHVCを必要とする小さな移植片の移植にも適用可能であるSHVC 2なし下大静脈。

いくつかの方法をこれまでに、ラットでは肝切除の手法について報告されている、2つの主要な技術は、古典的なマス結紮技術であると血管指向技術24。我々は50%の肝切除15の古典的な結紮法を実行しますが、手術用顕微鏡下に手順を細かくし、残りのローブと構造への損傷を避けるために。

我々は、我々のモデルでレシピエントラットからの代表的な結果を説明し、ラットは明らかな合併症はなく、7日間の観察期間中に生き残った。モデルは、長期冷蔵、心臓死の後に寄付を含む長時間の温虚血、および肝障害又は疾患の実験モデルから小さい肝臓移植片または移植片の使用など、さまざまな設定を選択することにより、実験の異なる目的のために修正することができます。

;動作時間は、e失血量:我々の経験では、移植、ラットのOLTの転帰改善のための最も信頼性の高いパラメータの後に生存に影響を及ぼす可能性のあるプロシージャ全体で3つの主要な要因がありますおよび狭窄、血栓症、または出血につながる各容器の再建の妥当性、特に門脈とIHVCの時間をクランプする。このモデルの研修期間では、障害のほとんどは、おそらくこれらの要因に関連している可能性があります。このビデオの記事では、我々は肝動脈再建を持つ部分OLTの私たちのラットモデルのための外科的処置のためのステップバイステップの手順を紹介します。 OLTのラットモデルが複​​雑かつ高度な顕微スキルを必要とされていますが、この記事では、このモデルの訓練と学習のための良いガイドとなるべき実用的なたくさんの情報を提供しています。効率的に、このモデルを学習することで、学習期間を短縮する練習のために必要な動物やコストの数を減らすこと、およびそれ以降の実験で信頼性の高い結果を再現するために特に重要である。これはでRussellとBurchによって仮定された動物実験の3Rのコンセプト(交換·還元·改良)、に沿ったものである1959年25。

Disclosures

我々は、開示することは、競合する利害関係はありません。ラットは実験動物学協会(FELASA)の連盟のガイドラインによると、特定の病原体フリーの条件下で飼育されています。すべての実験は、動物の保護及び "実験動物の管理と使用に関する指針"(厚生公開番号86から23の国立研究所、1985年改訂)に関するドイツの連邦法に準拠して実施された。

Acknowledgments

作者は彼らの技術支援のためにパスカルPaschendaとMareikeシュルツに感謝します。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
Surgical microscope Leica M651
Light source Schott KL1500LCD
Cotton swabs NOBA Verbandmittel 974202
Gauze swabs (5x5 cm) Fuhrmann 10002
povidone-iodine solution Mundipharma 6108022.00.01
Oil-based clay Debika corporation 090148
TachoSil Takeda Pharmaceuticals International GmbH EU/1/04/277/001-004 Applied to resected liver surface
Scalpel blade No. 11 Pfm medical 200130011 Preparation of cuff and stents
14-gauge catheter B. Braun 4268210S Cuff for PV
18-gauge catheter B. Braun 4268130S Perfusion via PV
24-gauge catheter B. Braun 4269071S Stent for BD and HA
4-0 silk suture Resorba H3F Liver resection
6-0 silk suture Resorba H1F
7-0 Prolene (polypropylene) suture Ethicon 8701H SHVC and IHVC
4-0 Vicryl suture Ethicon V304H Abdominal closure
5-ml syringe Terumo SS+T05ES1 Back pillow
Heating pad Thermo 190 x 260 mm
Magnetic fixator retraction system Fine Science Tools Inc. 18200-01
18200-02
18200-03
18200-12
Cold water bath Huber 740.000X Graft preservation
Bipolar forceps Söring MBC-200
Mosquito forceps BONIMED 451-476-03 Two pairs used
Adson micro forceps Dimeda 10.176.12
Curved micro forceps AESCULAP FD281R
Straight micro forceps Bonimed 451-476-03
Curved micro scissors Medicon 05.15.83
Straight micro scissors AESCULAP FD12 Fine incision
Scissors AESCULAP BC211W
Micro needle holder AESCULAP FD241R Reconstruction
Mayor-Hegar Needle holder Mizuho Ikakogyo 06-798-00 Abdominal closure
DeBakey Bulldog clamp (straight) ULRICH CV3054
DeBakey Bulldog clamp (curved) CODMAN 37-1062
Satinsky clamp Mizuhoika 09-230-24
Peripheral vascular clamp Teleflex Medical 353494 Recipient SHVC
Micro vessel clamp (disposable) AROSurgical Instruments Corporation TKM-1-60 g PV, graft IHVC, and recipient HA
Micro vessel clamp (metal) Fine Science Tools Inc. 18052-01 Recipient IHVC
Lactated Ringer solution Fresenius Kabi 6150917.00.00
Normal saline solution DeltaSelect 1299.99.99
HTK solution Dr. Franz Köhler Chemie GmbH 31268.00.00 Preservation solution
Heparin-Natrium Ratiopharm 5394.02.00 500 IU before graft perfusion
8.4% sodium bicarbonate Fresenius Kabi 4399.97.99 0.5 ml after reperfusion
5% Glucose solution B. Braun 6714567.06.00 1.0 ml after reperfusion
Cefuroxim sodium Fresenius Kabi 38985.01.00 Antibiotic, 16 mg/kg
Buprenorphine Essex Pharma 997.00.00 Painkiller, 0.1 mg/kg
Intensive Care Unit Cage Brinsea Products Ltd. Vetario S10 Postoperative care

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Puhl, G., et al. Low viscosity histidine-tryptophan-ketoglutarate graft flush improves subsequent extended cold storage in University of Wisconsin solution in an extracorporeal rat liver perfusion and rat liver transplantation model. Liver Transpl. 12, 1841-1849 (2006).
  2. Yagi, S., et al. Improved Preservation and Microcirculation with POLYSOL After Partial Liver Transplantation in Rats. J Surg Res. 167, e375-e383 (2011).
  3. Engemann, R., Ulrichs, K., Thiede, A., Muller-Ruchholtz, W., Hamelmann, H. Value of a physiological liver transplant model in rats. Induction of specific graft tolerance in a fully allogeneic strain combination. Transplantation. 33, 566-568 (1982).
  4. Sumimoto, R., Shinomiya, T., Yamaguchi, A. Influence of hepatic arterial blood flow in rats with liver transplants. Examination of donor liver-derived serum class I MHC antigen in rats with liver transplants with or without hepatic arterial reconstruction. Transplantation. 51, 1138-1139 (1991).
  5. Chaland, P., et al. Orthotopic liver transplantation with hepatic artery anastomoses. Hemodynamics and response to hemorrhage in conscious rats. Transplantation. 49, 675-678 (1990).
  6. Imamura, H., Rocheleau, B., Cote, J., Huet, P. M. Long-term consequence of rat orthotopic liver transplantation with and without hepatic arterial reconstruction: a clinical, pathological, and hemodynamic study. Hepatology. 26, 198-205 (1997).
  7. Zhong, Z., Theruvath, T. P., Currin, R. T., Waldmeier, P. C., Lemasters, J. J. NIM811, a mitochondrial permeability transition inhibitor, prevents mitochondrial depolarization in small-for-size rat liver grafts. Am. J. Transplant. 7, 1103-1111 (2007).
  8. Spiegel, H. U., Palmes, D. Surgical techniques of orthotopic rat liver transplantation. J. Invest. Surg. 11, 83-96 (1998).
  9. Lee, S., Charters, A. C., Chandler, J. G., Orloff, M. J. A technique for orthotopic liver transplantation in the rat. Transplantation. 16, 664-669 (1973).
  10. Lee, S., Charters, A. C. 3rd, Orloff, M. J. Simplified technic for orthotopic liver transplantation in the rat. Am. J. Surg. 130, 38-40 (1975).
  11. Kamada, N., Calne, R. Y. Orthotopic liver transplantation in the rat. Technique using cuff for portal vein anastomosis and biliary drainage. Transplantation. 28, 47-50 (1979).
  12. Howden, B., Jablonski, P., Grossman, H., Marshall, V. C. The importance of the hepatic artery in rat liver transplantation. Transplantation. 47, 428-431 (1989).
  13. Gao, W., Lemasters, J. J., Thurman, R. G. Development of a new method for hepatic rearterialization in rat orthotopic liver transplantation. Reduction of liver injury and improvement of surgical outcome by arterialization. Transplantation. 56, 19-24 (1993).
  14. Zhao, D., Zimmermann, A., Wheatley, A. M. Morphometry of the liver after liver transplantation in the rat: significance of an intact arterial supply. Hepatology. 17, 310-317 (1993).
  15. Omura, T., Ascher, N. L., Emond, J. C. Fifty-percent partial liver transplantation in the rat. Transplantation. 62, 292-293 (1996).
  16. Lehmann, T. G., Bunzendahl, H., Langrehr, J. M., Neuhaus, P. Arterial reconstruction in rat liver transplantation--development of a new tubing technique of the common hepatic artery. Transpl. Int. 18, 56-64 (2005).
  17. Reck, T., et al. Impact of arterialization on hepatic oxygen supply, tissue energy phosphates, and outcome after liver transplantation in the rat. Transplantation. 62, 582-587 (1996).
  18. Hasuike, Y., et al. A simple method for orthotopic liver transplantation with arterial reconstruction in rats. Transplantation. 45, 830-832 (1988).
  19. Steffen, R., Ferguson, D. M., Krom, R. A. A new method for orthotopic rat liver transplantation with arterial cuff anastomosis to the recipient common hepatic artery. Transplantation. 48, 166-168 (1989).
  20. Knoop, M., Bachmann, S., Keck, H., Steffen, R., Neuhaus, P. Experience with cuff rearterialization in 600 orthotopic liver grafts in the rat. Am. J. Surg. 167, 360-363 (1994).
  21. Hickman, R., Engelbrecht, G. H., Duminy, F. J. A technique for liver transplantation in the rat. Transplantation. 48, 1080 (1989).
  22. Liu, T., Freise, C. E., Ferrell, L., Ascher, N. L., Roberts, J. P. A modified vascular "sleeve" anastomosis for rearterialization in orthotopic liver transplantation in rats. Transplantation. 54, 179-180 (1992).
  23. Li, J., et al. Modified sleeve anastomosis for reconstruction of the hepatic artery in rat liver transplantation. Microsurgery. 22, 62-68 (2002).
  24. Martins, P. N., Theruvath, T. P., Neuhaus, P. Rodent models of partial hepatectomies. Liver Int. 28, 3-11 (2008).
  25. Russell, W. M. S., Burch, R. L. The Principles of Humane Experimental Technique. Methuen & Co. Ltd. London. reprinted by UFAW (1992).

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Usage Statistics