Waiting
Login processing...

Trial ends in Request Full Access Tell Your Colleague About Jove
Click here for the English version

Medicine

細胞集団分析スキン発がん中

Published: August 21, 2013 doi: 10.3791/50311

Summary

発癌は、癌細胞とがん微小環境との相互作用を伴うプロセスである。分子事象を分析するためには、癌の開発中の異なる段階で異なる細胞集団を単離する必要がある。基底細胞癌のマウスモデルを用いて、発癌の間に、細胞分析のためのプロトコールを述べる。

Abstract

癌の開発は、癌の前駆細胞、免疫細胞、線維芽細胞および内皮細胞を含む多くの細胞型を含む多段階プロセスである。セルの各タイプは、発癌の間のシグナリングおよび機能的変化を受ける。多くの癌の研究者の現在の課題は、 インビボでの多段階プロセス中に各細胞型の変化を分析することである。ここ数年では、著者はK14creER/R26-SmoM2 YFPマウスを用いた皮膚癌の開発中の異なる細胞集団を分離するための手順のセットを開発しました。研究(このプロトコルでK14creER +とR26-SmoM2 YFP +マウス)に適したマウスを生成する1)、2)マウス皮膚における誘導SmoM2 YFP発現 、3)マウスの皮膚生検の準備、4)を単離:手順は、6部に分かれています皮膚の表皮; 5)表皮から単一細胞を調製する工程と、6)フローサイトメトリー分析のための単一の細胞集団を標識する。右の遺伝子型を持つマウスに十分な数の生成は、2ヶ月かかることがあり、このプロトコルでの律速段階です。手順の残りの部分は数日に数時間かかる。このプロトコルの中では、我々はまた、トラブルシューティングのためのセクションが含まれています。我々は、皮膚癌に焦点を当てているが、このプロトコルは、ヒトの疾患の他の動物モデルに適用するように変更することができる。

Introduction

ヒト癌の最も一般的なタイプとしては、基底細胞癌(BCC)は、約2万人のアメリカ人が年間1に影響与えます。ヘッジホッグ(HH)シグナル伝達の異常な活性化を示す証拠を蓄積すると、BCCの開発を(2,3の投稿)の基礎となる原動力となっています。 BCCのにシグナリングのHhの変更は不活PTCH1 4-6の突然変異、SMO 7-9の機能獲得型変異、およびHh経路転写因子GLI1 10およびGLI2 11または負の調節因子蘇(フーの珍しい不活化変異の異常発現を含む)12。すべてのこれらの及び他の研究を通じ、連邦医薬品局(FDA)は最近、転移性および局所進行BCCの13-15を治療するためのHhシグナル伝達阻害剤Vismodegibの使用を承認した。

これらすべての成果を16にもかかわらず、我々はまだHhシグナル伝達がCARCを駆動する分子や細胞のメカニズムを理解していないinogenesis。 Hhシグナル伝達の組織特異的な活性化を用いた動物モデルを確立することは、これらの研究のために、薬剤耐性の我々の理解のためには重要です。マウスでは、野生型マウスでも、発がん性紫外線や電離放射線の重い線量下のBCCを発症しない。対照的に、PTCH1 + / -マウスは、BCC現像17,18の影響を受けやすい。通常の状態で保たれている場合、マウスめったに完全に成長したのBCCを開発しない- PTCH1におけるBCC開発の浸透度+ / - + /はPTCH1ものの、 マウスは 50%以上である18,19。 - / - PTCH1の胚致死により、PTCH1の組織特異的ノックアウトは、一般に、調査20のために使用される。また、発癌SmoM2 YFP(Krt14-クレエ:R26-SmoM2 YFPまたはKrt14-CRE:R26-SmoM2 YFP)の条件皮膚特異的発現は、のための簡単な遺伝的アッセイを提供する、非常に早い年齢で多数の微視的のBCCの形成につながるhhはないシグナリングSMO 21 wnstream。

BCC生物学の知識で三大問題があります。まず、のBCCの細胞起源は完全に明確ではありません。いくつかの研究は、幹細胞サイト22-24として毛包のびくともをサポートしていますが、ユセフ 25は、毛包に、間濾胞表皮領域内になるように皮膚HH-主導腫瘍の起源のマウス細胞ではなくローカライズ、ROSA26主導ジェニック変異SMOの発現を活性化する細胞特異的Creをを使用します。第二に、BCC開発中の細胞間相互作用はよく理解されていない。これは、活性化されたHhシグナル伝達とケラチノサイトはBCCの​​の形成をもたらすことが知られているが、他の細胞の変化は、よく理解されていない。さらに、マウスでSmoの拮抗薬の治療は、薬剤耐性26-28につながることができます。 BCCのためこのように新たな目標を大幅に必要とされている。これら3つの問題を理解することはcarcinog中にマウスの細胞の変化の分析を必要とするenesis。いくつかの方法がケラチノサイト培養、フローサイトメトリーおよび皮膚幹細胞の単離29-31で公開されているが、マウスのBCCにおける細胞分析のための包括的な手順は現在存在しない。のBCCのマウスモデル、表皮の分離、組織および細胞分析からの単一細胞の生成のための方法を組み合わせることにより、我々は、BCC開発中に細胞のシグナル伝達、細胞および分子間相互作用を研究するために一連の手順を読者に提供する。私たちは、このプロトコルは、読者がそれぞれの手続きがどのように達成されるか見ることができると信じています。また、結果がどのように見えるべきかを説明するためにいくつかのデータを提供され、読者はこれらの手順を実行する間、困難を克服するのに役立つトラブルシューティング。

Protocol

この研究は、医学インディアナ大学でIACUC委員会によって承認されています。

1。正しい遺伝子型を持つマウスを作製

  1. のBCCのマウスモデルを確立します。メイトK14-クレエマウスR26-SmoM2 YFPマウス (ジャクソン研究所ストック番号005130)(18)と(ジャクソン実験室ストック番号005107)K14-クレエ+とR26-SmoM2 YFP +マウスを生成する。
  2. ジェノタイピングを行います。 1 mg / mlのプロテ​​イナーゼKとdirectPCRテール溶解液に浸し尾検体(0.5センチ)55℃で振とうしながら一晩。翌日、マイクロ遠心機(ジェノタイピングのために上清を維持するため)で最高速度で遠心分離することにより、組織の破片を除去。ベンダが推奨するプライマー及び条件で各PCR反応のために上清の1μlを使用する。 FO右遺伝子を有するマウスを選択してください(3-6週齢で、0.05〜0.1 mg / kg体重でブプレノルフィンは2〜3日ごとに8-12時間尾中略後SQを介して適用されます)rは、手順2。

2。皮膚のケラチノサイトにおけるSmoM2の発現を誘導する

給餌針(20ゲージを湾曲)と強制経口投与を経由して5日間連続してタモキシフェン(各給餌における植物油50ml中5μgの/ kg体重)の経口投与によるケラチノサイトにおけるSmoM2発現を誘導する。

3。皮膚標本の準備

一般的には、表現型はK14creER/R26SmoM2 GFPマウス耳としっぽでより深刻である。細胞分析の準備をするために、我々は最初の機関承認手続(CO 2プラス頸椎脱臼)と動物の犠牲の後にマウスの皮膚を収穫。

4。表皮を分離

  1. 承認手続き(ステップ3を参照)犠牲マウスの後、トリマーを使用してファーを取り外します。 37℃でディスパーゼ溶液(10%FBSを含むDMEMで5 mg / ml)で1〜2時間(未満8週齢と2時間マウスで1時間Cに浸し皮膚標本)8週より齢のマウスのために。
  2. 以下のディスパーゼ処理、鉗子によって真皮から分離表皮。

5。単一細胞を作製

  1. 37℃で1〜2時間、コラゲナーゼIV溶液(10%FBSを含むDMEM中で1 mg / mlの)に浸した後、単一の細胞集団を得るはさみによって表皮をミンチとする°〜50 mlチューブでC。優しく渦管の細胞解離を助けるために20分ごとにしてみてください。
  2. 顕微鏡下で細胞解離を点検。単一細胞はコラゲナーゼ媒体に検出することができる場合には、細胞収率を高めるためにさらに30分間試料をインキュベートする。一般的には、マウスを一から表皮は、10 7個まで得ることができる。
  3. ベンチトップ遠心分離によって1,500 rpmで、セルストレーナー(細孔径70μm)を経由して、組織の混合、スピン細胞をダウンフィルタリングし、PBSで1回時間を洗う。

6。ラベルの細胞およびフローサイトメトリー解析を実行

  1. 10%FBSで細胞を再懸濁しPBSで非特異的結合をブロックするために2.5×10 6細胞/ ml(30分間氷上で)少なくとも
  2. 特定の抗体標識用の1.5ミリリットルマイクロチューブのそれぞれに細胞のアリコートを取る。 2μgの/ mlの最終濃度で各チューブに異なる抗体を加える。数秒間穏やか頂点を経由して細胞と抗体を混合し、1mlのPBSで洗浄後、30分間氷上にそれらを残す。 (詳細については、試薬を参照)ビメンチン-FITC(線維芽細胞)のCD11b-PEプラスGr1と-APC(骨髄細胞や骨髄由来のサプレッサー細胞):BCC標本のために、我々は次のバイオマーカーのための抗体を使用していました。
  3. 細胞内染色のために、我々はキットを使用します(詳細については試薬を参照)ベンダーの説明書に従ってください。我々は、細胞表面マーカーを分析するために新たなセルを使用。表面マーカー染色後、細胞を洗浄し、PBSに再懸濁し。 1μgの/ mlの最終濃度で細胞混合物にDAPIを追加する。 DAPIはさらに分析からゲーテッド外となり死んだ細胞を染色します。
  4. 納入仕様を使用してデータを分析するCソフトウェア。我々は最初のFSC対SSCプロットに基づいて単一のセルを選択して、さらに分析するためにDAPI陰性人口(生細胞)を使用します。

Representative Results

これは、マウスがヘッジホッグシグナル伝達活性化を除き、基底細胞癌を発症しないことが知られている。 図1は、発癌性の誘導発現平滑化、SmoM2 YFP後の皮膚の表現型を示している。 図2は、正常および腫瘍担持マウスにおける骨髄細胞の分析を示す。のCD11b + Gr1とは+細胞骨髄細胞に由来しており、そのうちのいくつかを導出サプレッサー細胞を骨髄されています。通常の状況では、のCD11b + Gr1と+細胞集団はほとんど検出されたが、炎症や腫瘍の発達に応じて増加します。我々の、CD11b + Gr1と+細胞の増加で皮膚結果にSmoM2YFPと誘導発現を示した。現在、BCCののこの変化の根底にある分子メカニズムは明らかではない。

図1
図1。 Morphologicaマウス皮膚におけるSmoM2YFP誘導後のLに変更されます。トップは、マウスの遺伝子型の図を示します。中央のパネル:タモキシフェンで治療K14creER +とR26-SmoM2 YFP +マウスはH&Eセクション(左)にひどくお肌に異常(右)と同様に、皮膚腫瘍を示した。下のパネル:マウスSmoM2YFP誘導せず、正常な肌(右)とH&Eセクション(左)のない異常な形態を示した。

図2
図2のCD11b + Gr1と+細胞のフロー分析。皮膚癌の開発中のCD11b + Gr1と+細胞の変化を調べるためには、我々の、CD11bおよびGr1とする蛍光標識抗体を用いた単一細胞で染色を単離した。 FlowJoと分析の後、我々は、タモキシフェンで処置したマウスから皮膚組織におけるこの細胞集団の増加に気づい。

Discussion

我々は、BCCの内の細胞集団を分析するための方法を記載している。腫瘍組織は、多くの細胞型の一貫しており、各細胞型は、in vitro条件下最高の下でも取り戻すことは非常に困難である、発がん性のある時点で動作が異なります。このプロトコルを用いて、基底細胞癌の開発が表皮幹細胞の増殖、なら​​びに骨髄細胞の動員を伴っていることが示された。種々の細胞型に特異的な抗体が利用可能であるので、免疫組織化学または免疫蛍光解析と比較して、細胞集団の分析は、細胞集団の変化をより定量的な評価を与える。

遺伝子から誘導表現型の変化は時間を要するので、このプロトコルのために、10週間の研究を完了するために必要とされる。これは、事前に実験を計画することが重要である。細胞単離および分析のために、丸2日が必要とされてもよい。生きた細胞をanalysに使用されるためES、それは前もってFACSキャリバーを確保することが重要です。このプロトコルを使用して作業する場合、我々はまた、(下記参照)一般的な問題を記載しております。

我々の経験では、以下は、我々が遭遇した共通の問題である:

  1. 表皮の分離不良:これは不完全なディスパーゼ処理(diapase処理の時間を増加してください)​​または不十分なディスパーゼ溶液(皮膚が完全にディスパーゼ溶液に浸漬する必要がある)によって引き起こされる可能性がある。我々は1マウス用ディスパーゼ溶液を少なくとも5ミリリットルを使用しています。ボリュームは、皮膚のサイズに基づいて異なる場合があります。
  2. 細胞数の低収率:これはコラゲナーゼIVと不完全消化のためかもしれない。最初のチェックコラゲナーゼ濃度や有効期限をお願いします。これは、使用される表皮の不十分な量によって引き起こされ得る。さらに、酵素消化を°C(消化を実行する前に温度を調節してください)​​振とうしながら37で実行されるべきである。
  3. 細胞塊:これは(皮膚細胞に対してピペット細胞は非常に一般的ですストレーナー(遠心分離前)、又はMg 2 +の存在と+溶液中(細胞洗浄のため Mg 2 +およびCa 2 +フリーPBSを使用してください)のCa 2を通過した後に数回。
  4. あまりにも多くの死細胞:これは(新鮮な組織を使用してください)​​劣化した組織の結果であるかもしれない、または過剰消化(ディスパーゼとコラゲナーゼIVと拡張インキュベーションを避けるため)。

このプロトコルは、骨髄移植または細胞起源を調べるために組織移植と組み合わせることができる。例えば、致死的に放射線照射したマウスに骨髄細胞をGFP発現の移植は、私たちは、腫瘍関連線維芽細胞と骨髄細胞の骨髄細胞の寄与を調べることができるようになります。同様に、皮膚腫瘍は、腫瘍 - 宿主相互作用を調べるために新しいマウス宿主に移植することができます。

発癌中に細胞集団の変化を調べることに加えて、このプロトコルはまた、研究者が調べることを可能にする腫瘍環境における細胞への薬物治療の効果。このプロトコルは発癌皮膚中に細胞集団の分析のために使用するように設計されているが、わずかな変更は、他の癌のタイプのために行うことができる。

皮膚癌のマウスモデルのサマリー、細胞集団の解析では悪性形質転換、変換プロセスのさまざまな細胞事象における細胞生物学のよりよい理解につながる、発癌の間に私達に動的な細胞変化を与えることができます。

Disclosures

著者は、彼らが競合する経済的利益を持っていないことを宣言します。

Acknowledgments

本研究は、NCI(R01-94160とR01-155086)、IUサイモンがんセンターと小児研究ウェルズセンターによってサポートされていました。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
directPCR lysis reagent (tail) Viagen Biotech 102-T store @ 4 °C
proteinase K Sigma P2308 store @ -20 °C
ApliTag 360 taq polymerase Applied biosystems N8080155 store @ -20 °C
Tamoxifen Sigma T5648 store @ 4 °C
Feeding needle (20 gauge) Fisher scientific 01-290-9B
Dispase Roche Diagnostic 04942078001 store @ 4 °C
Collagenase IV Worthington LS004189 store @ -20 °C
Cell strainer Fisher scientific 08-771-2
Anti-CD11b-PE eBioscience 12-0112-81 store @ 4 °C
Anti-Gr1-APC eBioscience 17-5931-81 store @ 4 °C
Anti-vimentin-FITC eBioscience 11-9897-80 store @ 4 °C

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Rogers, H. W., et al. Incidence estimate of nonmelanoma skin cancer in the United States. Arch. Dermatol. 146, 283-287 (2006).
  2. Epstein, E. H. Basal cell carcinomas: attack of the hedgehog. Nat. Rev. Cancer. 8, 743-754 (2008).
  3. Yang, L., Xie, G., Fan, Q., Xie, J. Activation of the hedgehog-signaling pathway in human cancer and the clinical implications. Oncogene. 29, 469-481 (2010).
  4. Johnson, R. L., et al. Human homolog of patched, a candidate gene for the basal cell nevus syndrome. Science. 272, 1668-1671 (1996).
  5. Hahn, H., et al. A mammalian patched homolog is expressed in target tissues of sonic hedgehog and maps to a region associated with developmental abnormalities. J. Biol. Chem. 271, 12125-12128 (1996).
  6. Hahn, H., et al. Mutations of the human homolog of Drosophila patched in the nevoid basal cell carcinoma syndrome. Cell. 85, 841-851 (1996).
  7. Xie, J., et al. Activating Smoothened mutations in sporadic basal-cell carcinoma. Nature. 391, 90-92 (1998).
  8. Reifenberger, J., et al. Missense mutations in SMOH in sporadic basal cell carcinomas of the skin and primitive neuroectodermal tumors of the central nervous system. Cancer Res. 58, 1798-1803 (1998).
  9. Lam, C. W., et al. A frequent activated smoothened mutation in sporadic basal cell carcinomas. Oncogene. 18, 833-836 (1999).
  10. Nilsson, M., et al. Induction of basal cell carcinomas and trichoepitheliomas in mice overexpressing GLI-1. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 97, 3438-3443 (2000).
  11. Sheng, H., et al. Dissecting the oncogenic potential of Gli2: deletion of an NH(2)-terminal fragment alters skin tumor phenotype. Cancer Res. 62, (2), 5308-5316 (2002).
  12. Reifenberger, J., et al. Somatic mutations in the PTCH, SMOH, SUFUH and TP53 genes in sporadic basal cell carcinomas. Br. J. Dermatol. 152, 43-51 (2005).
  13. Guha, M. Hedgehog inhibitor gets landmark skin cancer approval, but questions remain for wider potential. Nat. Rev. Drug Discov. 11, 257-258 (2012).
  14. Sekulic, A., et al. Efficacy and safety of vismodegib in advanced basal-cell carcinoma. N. Engl. J. Med. 366, 2171-2179 (2012).
  15. Tang, J. Y., et al. Inhibiting the hedgehog pathway in patients with the basal-cell nevus syndrome. N. Engl. J. Med. 366, 2180-2188 (2012).
  16. Aszterbaum, M., et al. Ultraviolet and ionizing radiation enhance the growth of BCCs and trichoblastomas in patched heterozygous knockout mice. Nat. Med. 5, 1285-1291 (1999).
  17. Pazzaglia, S., et al. Modulation of patched-associated susceptibility to radiation induced tumorigenesis by genetic background. Cancer Res. 64, 3798-3806 (2004).
  18. Athar, M., et al. Inhibition of smoothened signaling prevents ultraviolet B-induced basal cell carcinomas through regulation of Fas expression and apoptosis. Cancer Res. 64, 7545-7552 (2004).
  19. Mancuso, M., et al. Basal cell carcinoma and its development: insights from radiation-induced tumors in Ptch1-deficient mice. Cancer Res. 64, 934-941 (2004).
  20. Ellis, T., et al. Patched 1 conditional null allele in mice. Genesis. 36, 158-161 (2003).
  21. Mao, J., et al. A novel somatic mouse model to survey tumorigenic potential applied to the Hedgehog pathway. Cancer Res. 66, 10171-10178 (2006).
  22. Wang, G. Y., Wang, J., Mancianti, M. L., Epstein, E. H. Basal cell carcinomas arise from hair follicle stem cells in Ptch1(+/-) mice. Cancer Cell. 19, 114-124 (2011).
  23. Grachtchouk, M., et al. Basal cell carcinomas in mice arise from hair follicle stem cells and multiple epithelial progenitor populations. J. Clin. Invest. 121, 1768-1781 (2011).
  24. Kasper, M., et al. Wounding enhances epidermal tumorigenesis by recruiting hair follicle keratinocytes. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 108, 4099-4104 (2011).
  25. Youssef, K. K., et al. Identification of the cell lineage at the origin of basal cell carcinoma. Nat Cell Biol. 12, 299-305 (2010).
  26. Yauch, R. L., et al. Smoothened mutation confers resistance to a Hedgehog pathway inhibitor in medulloblastoma. Science. 326, 572-574 (2009).
  27. Buonamici, S., et al. Interfering with resistance to smoothened antagonists by inhibition of the PI3K pathway in medulloblastoma. Sci. Transl. Med. 2, 51ra70 (2010).
  28. Dijkgraaf, G. J., et al. Small molecule inhibition of GDC-0449 refractory smoothened mutants and downstream mechanisms of drug resistance. Cancer Res. 71, 435-444 (2011).
  29. Guo, Z., Draheim, K., Lyle, S. Isolation and culture of adult epithelial stem cells from human skin. J. Vis. Exp. (49), e2561 (2011).
  30. Li, L., Fukunaga-Kalabis, M., Herlyn, M. The three-dimensional human skin reconstruct model: a tool to study normal skin and melanoma progression. J. Vis. Exp. (54), e2937 (2011).
  31. Anacker, D., Moody, C. Generation of organotypic raft cultures from primary human keratinocytes. J. Vis. Exp. (60), e3668 (2012).
細胞集団分析スキン発がん中
Play Video
PDF DOI DOWNLOAD MATERIALS LIST

Cite this Article

Gu, D., Fan, Q., Xie, J. Cell Population Analyses During Skin Carcinogenesis. J. Vis. Exp. (78), e50311, doi:10.3791/50311 (2013).More

Gu, D., Fan, Q., Xie, J. Cell Population Analyses During Skin Carcinogenesis. J. Vis. Exp. (78), e50311, doi:10.3791/50311 (2013).

Less
Copy Citation Download Citation Reprints and Permissions
View Video

Get cutting-edge science videos from JoVE sent straight to your inbox every month.

Waiting X
Simple Hit Counter