遺伝ドライブのための制御ベクトルの集団とボルバキアpipientisの使用のための人口置換戦略

Biology

Your institution must subscribe to JoVE's Biology section to access this content.

Fill out the form below to receive a free trial or learn more about access:

Welcome!

Enter your email below to get your free 10 minute trial to JoVE!





We use/store this info to ensure you have proper access and that your account is secure. We may use this info to send you notifications about your account, your institutional access, and/or other related products. To learn more about our GDPR policies click here.

If you want more info regarding data storage, please contact gdpr@jove.com.

 

Summary

このインタビューで、ジェイソンRasgonは遺伝ドライブと効果的な遺伝子の駆動システムの特性の概念を説明しています。蚊の個体数によって遺伝子を広める手段として内共生細菌、ボルバキアpipientis、、の使用が仮定される。

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations

Rasgon, J. Population Replacement Strategies for Controlling Vector Populations and the Use of Wolbachia pipientis for Genetic Drive. J. Vis. Exp. (5), e225, doi:10.3791/225 (2007).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

このビデオでは、ジェイソンRasgonはマラリアやデング熱などの動物媒介性疾病を制御するために人口置換戦略を説明します。 "人口の置き換えは、"病原体を送信するために有能ではないものと野生のベクトルの個体群(病原体を送信する能力があること)の交換です。これを行うにはいくつかの理論的な戦略があります。一つは、母性遺伝の共生細菌ボルバキアpipientisを活用することが重要です。ボルバキアは、そのホストのフィットネスの範囲で利己的に広がる広範な生殖寄生虫です。ジェイソンRasgonは、詳細に、この細菌の共生生物とベクトルを媒介とする疾病の制御に使用するために様々な方法の基本的な生物学を説明します。

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Usage Statistics