Login processing...

Trial ends in Request Full Access Tell Your Colleague About Jove
Click here for the English version

Genetics

ロングリード配列決定のためのうどんこ病から高分子量のゲノムDNAの精製

doi: 10.3791/55463 Published: March 31, 2017
* These authors contributed equally

Abstract

うどんこ病菌は経済的に重要な真菌植物病原体のグループです。比較的少ないが原因よく発達し、遺伝とゲノムリソースの不足のため一部では、これらの病原体の分子生物学および遺伝学について知られています。これらの生物は、ゲノム配列決定およびアセンブリが極めて困難作った大規模な、反復ゲノムを、持っています。ここでは、1つのうどんこ病種、Golovinomyces cichoracearumから高分子量のゲノムDNAの採取、抽出、精製及び品質管理の評価のための方法について説明します記載されたプロトコルは、最適化されたフェノール/クロロホルムゲノムDNAを抽出した胞子の機械的破壊を含みます。典型的な収量は、150mgの分生子あたり7μgのDNAをでした。この手順を用いて単離されたゲノムDNAは、長いリードシーケンシング( すなわち 、> 48.5 kbpの)に適しています。品質管理対策は、ゲノムDNAの大きさ、収率、および純度を確保するためでもありますこの方法で説明します。ここで説明する品質のゲノムDNAの配列決定は、組み立てと今度はより良い理解につながる複数のうどんこ病のゲノムの比較を可能にし、この農業病原体の制御を改善します。

Introduction

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

うどんこ病は、絶対biotrophic真菌植物のグループが一緒になったときに、植物病害全世界1の最大の原因である、という病原体です。分類学的に家族Erisyphaceae 2内の5つの種族に分類されているうどん粉病の900以上述べた種が、あります。彼らの経済的重要性と、彼らは彼らのホストと発展親密な関係の両方により、うどんこ病は> 100年間の研究の対象とされてきました。感染すると、うどんこ病は、この病原体の利益のために、細胞構造、代謝およびそのホストの分子生物学の急激な変化を誘発します。 しかし 、うどんこ病の研究は、それらの偏ライフスタイルに特に困難である、と純粋培養中の真菌の成長はまだ3に記載されていない、4、5"外部参照"> 6、7、8。一過性の形質転換は、いくつかの種9、10で報告されているが、うどんこ病の信頼性の高い、安定した遺伝的形質転換はまた、まだ達成されていません。

うどんこ病のゲノムのシーケンシングおよびアセンブリが原因ゲノム自体の機能の数に困難であることが判明しました。ウドンコ病ゲノムは、大きい(120から180 MBP)他の真菌ゲノムに対して、及び60から構成- 90%の均一に分布反復エレメント11。これらの要素は、非長末端反復だけでなく、未分類の反復要素を含みます。単一うどんこ病種、 ブルメリア・グラミニス f formae speciales。 SP。 hordeiと、f。 SP。 トリチシ(BGHそれぞれBGT)ならびにブドウうどんこ病エリシフェの鉤虫、蜂を有しますN配列決定し、そしていくつかの他のもののためのドラフトゲノムは12、13、14完了しました。ゲノムの反復性は、アセンブリ困難になっており、完成BGHゲノムは2メガビット12のL50と6989 supercontigsに組み立てました。

大規模なゲノムにもかかわらず、うどんこ病は、それぞれ、BGHBGTで予測5845および6540の遺伝子と、タンパク質をコードする遺伝子の数が少ないように見えます。配列決定された粉末状のカビも生存11、12、13、14のためにそれらの宿主植物上の真菌の依存性と一致している他の真菌において必須である少なくとも99のコア遺伝子を欠いているように見えます。

テロマー、セントロメア、リボソームRN近く反復配列遺伝子配列および転移因子に富む領域が不十分ショートリード配列決定戦略から組み立てられ、アンダー表さゲノムアセンブリ15であることが多いされています。そのような領域は、ゲノム配列において生じるギャップの多くの原因であると考えられ、これは、反復エレメント16のそれらの広範な拡大にうどんこ病に適用されています。高可塑性ゲノム領域は、多くの場合、このような反復領域3に記載されています。これらは、染色体再配列の部位として機能し、しばしばそのようなエフェクタータンパク質をコードする遺伝子と二次代謝の酵素をコードする遺伝子のような強い選択圧の下で遺伝子をコードします。単一分子の長いリード配列決定技術の進歩は、ゲノム15の繰り返し領域の両端の配列決定のための潜在的な解決策を提供します。例えば、Faino ら。 (2015)を含む長い配列は技術や光Mを読み取ることがわかっappingは、遺伝子注釈の数を増加させる(及び部分的または欠落遺伝子注釈の数を減らす、ゲノム中の反復DNA配列の割合が3倍、それらは真菌植物病原体のVerticilliumのダリアの二つの株のためにギャップのないゲノム配列を生成することができ)と暴露のゲノム再編成17。

> 20 kbpの最小限のサイズでこれらの長い読みシーケンシング技術、高品質のゲノムDNAの高濃度を採用するために、必要とされています。ここでは、分生子から分生子コレクション、高分子量のDNAを精製するための私達の方法を説明し、うどんこ病種Golovinomyces cichoracearumを使用して、当社の品質管理評価はキュウリ18上に成長させました。このプロトコルはB.ケラー実験群(チューリッヒ大学、チューリッヒ、スイス)13、19に開発されたプロトコルに基づいていますそして、増加DNA収量につながったいくつかの修正およびサイズでDNA> 48.5 kbpのより高い割合を含みます。プロトコルはまた、エネルギー共同ゲノム研究所20、21、22の米国部門からの推薦に基づき、品質管理工程を含みます。

ヘンリー(2008)23に記載されるように溶解緩衝液に含まれる各試薬の機能、及び各精製工程のための理論的根拠は、です。植物および微生物組織から高分子量のゲノムDNAの単離のための利用可能な公開されたプロトコルは、このプロトコル24、25、26、27、28の設計時に相談しました。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

真菌材料の作製

  1. 成長うどんこ病
    1. 以下の条件で、成長チャンバ内の植物を育てる:22°C日の温度、20℃の夜間温度、相対湿度80%、14時間の日長および125μE/ m 2 / sの光強度(蛍光灯によって提供)。
    2. 18、29説明するようにGolovinomyces cichoracearum株 UCSC1とキュウリ植物(Cucumisにサティバ品種ブッシュチャンピオン)に感染。
  2. 収穫うどんこ病分生子
    1. 分生子が蓄積たインラインフィルター(11ミクロン)を有する小型真空を用いて接種後10日 - 7に感染した植物から収穫分生子。穏やかな圧力を適用し、分生子を収集するために、葉の表面に沿って真空ノズルを実行します。
      :G.のcichoracearumの平均収率は、高濃度infeから分生子の20 mgで地域に約130 cm 2のキュウリの葉をCTED。
    2. 清潔な紙のシート上のフィルタから(7-8感染したキュウリの葉から約375μLの体積、又は分生子)分生子の約150mgを磨きます。ここから、(液体窒素で)は、2つの32分の5インチ径予冷鋼粉砕ボールを2mLのクライオバイアルに分生子を移します。直ちに液体窒素にチューブを戻します。 -80°Cで保存チューブ。
  3. ボールミルによりオープン分生子を破ります
    1. Flashには、液体窒素中でボールミルのアルミニウム板を凍結します。ロードは、ボールミルラックにクライオバイアル。激しく30サイクル/秒(室温)で30秒間ボールミルで分生子及びスチールボールとクリオバイアルを振ります。直ちに液体窒素で凍結バイアルを再凍結。
      注:最初に、研削中の細胞壁破壊の効率を100倍の倍率で顕微鏡で分生子のサンプルにアクセスします。 B、30サイクル/ sの30秒の2回 - 必要に応じて、追加の1のために挽きますUTは最小限にラウンド数を保ちます。最適な条件が確立されていたら、この段階での顕微鏡による分生子破損のルーチン評価は不要です。

2.ゲノムDNA精製

  1. 分生子溶解
    1. 解凍分生子を避けるために素早く作業を、磁石とのクライオバイアルから鋼球を取り除きます。スラリーが形成されるまで10秒- 700μL65℃の溶解緩衝液( 表1)、ボルテックス5を加えます。
    2. 300μL(65℃)で予熱した5%(v / v)のサルコシルを添加し、穏やかに混合するために5回(3秒ごとに1反転)を反転させます。 65°Cで30分間チューブをインキュベートします。 10、20及び30分で穏やかに3回転倒。ワイドボアピペットチップを使用して、新しい2 mlのマイクロ遠心チューブに全溶液を移します。すべての後続のステップで、穏やかな、ゆっくりし、反転により混合し、ワイドボアピペットチップを用いてDNA含有溶液を移します。
  2. DNAの抽出I
    1. クロロの1つのボリュームを追加形式:イソアミルアルコール(24:1 v / v)の溶解液に、穏やかに5回混合する反転します。優しくインキュベーションの終わりに、再び中間点で5回混ぜるとする反転、室温で10分間インキュベートします。 14,000×gで15分間、室温で遠心分離。ワイドボアピペットチップを使用して、慎重に新しい2 mlのマイクロ遠心チューブに水層を移します。インターフェースからの材料を含む避けます。
  3. DNA降水I
    1. 1つの体積室温の100%イソプロパノール(約750μL)を加え、穏やかに6回混合する反転します。 14,000×gで15分間、室温で遠心分離。上清を慎重に取り除き、捨てます。
    2. 450μL予備冷却(-20°C)70%エタノールを追加します。 14,000×gで室温で5分間遠心。上清を慎重に取り除き、捨てます。注意深く微細ピペットチップで上清を除去し、廃棄し、3秒1,000×gで遠心します。 15分aのペレットを空気乾燥トンの室温。より長い15分間乾燥させないでください。
    3. 300μLのTE(10mMのトリス-Cl、1mMのエチレンジアミン四酢酸、pH8.0)中にペレットを再懸濁します。 4℃で一晩インキュベートします。静か液に行かなかった任意の残留物を再懸濁するためにフリック。
  4. RNA汚染を除去するために、10μLのRNase A(10mg / ml)を加えます。ゆっくり3回を混在させる反転。 3秒1,000×gで遠心します。 2時間37℃でインキュベートします。
  5. DNA抽出II
    1. 300μLを、フェノールを追加:クロロホルム:イソアミルアルコール(25:24:1 v / v)を、穏やかに5回混合する反転します。優しくインキュベーションの終わりに、再び中間点で5回混ぜるとする反転、室温で10分間インキュベートします。 14,000×gで室温で遠心15分。ワイドボアピペットチップを使用して、新しい1.5 mlのマイクロ遠心チューブに上清を移します。
  6. DNA降水II
    1. 0.01体積の3M酢酸ナトリウムpHが5.2(approximatelを追加Y 3μL)、そっと5回を混在させる反転。 2.5容量予め冷却(-20°C)100%エタノール(約750μL)を加えます。ゆっくり5回を混在させる反転。 -20℃で一晩インキュベート
    2. 遠心14,000×gで4℃で30分間。上清を慎重に取り除き、捨てます。
    3. 450μL予備冷却(-20°C)70%エタノールを追加します。 14,000×gで4℃で5分間遠心。上清を慎重に取り除き、捨てます。 3秒1,000×gで遠心します。慎重に細いピペットチップと廃棄で上清を除去します。
    4. 室温で30〜60分間、ペレットを空気乾燥させます。 27.5μLTEでペレットを再懸濁。 4℃で一晩インキュベートします。静か液に行かなかった任意の残留物を再懸濁するためにフリック。
    5. 品質管理試験のために22.5μLTE(最終容量25μL)にアリコート2.5μL(下記参照)。シークエンシングのために提出するまで4℃で保存DNAサンプル。長期保存、店のサンプルについてそして-80℃でせん断を防ぐために、凍結融解サイクルを最小限に抑えます。
      注:適切にピペットすることが困難な場合が高分子量のゲノムDNAとして、この段階でピペッティングする際には注意してください、そして、「QCアリコート」は、ゲノムDNAサンプルの正確な表現であることを確認することが重要です。

3.品質管理

  1. サンプル純度
    1. TEブランクを用いて、小容量の分光光度計QCアリコートの1μLをロードすることによって、DNAのサンプルの純度を評価します。録音A260 / A280およびA260 / A230の測定値。純粋なDNAは、1.8と2.2の間、約1.8のA260 / A280比およびA260 / A230比を有することになります。
  2. ゲノムDNAの定量化
    1. 製造者の指示に従って商業的二本鎖DNA定量アッセイキットを用いて、QCアリコートの定量化を行います。
  3. DNA品質評価I
    1. 負荷が約60 ngのゲノムDNAと1X TAE(40mMのトリス、20mMの酢酸、および1mM EDTA、pH8.0)中0.7%アガロースゲル上のDNAラダー。ゲノムDNAのバンドがラダーでよく、バンド分離から約2cmで明らかであるようになるまで45分 - 40、70 Vでゲル装置を実行します。これらの条件は、利用可能なゲル電気泳動装置に基づいて調整される必要があるかもしれません。
  4. DNA品質評価II
    1. 負荷は約60 0.5×TBE(44.5 mMトリス、44.5 mMのホウ酸、1mMのEDTA、pHは8.3)と1%アガロースゲル上でゲノムDNAと(パルスフィールドゲル電気泳動に適した)高分子量DNAラダーをngの16時間80 kbpの波形パルスフィールドゲル電気泳動プロトコル - 5を用いて0.5×TBEランニングバッファーで実行されます。
  5. 細菌、真菌、および植物の汚染物質の評価
    1. プライマー及び増幅条件のリストを使用してリボソーム遺伝子の適切な内部転写スペーサー(ITS)領域を増幅するためのポリメラーゼ連鎖反応(PCR)を行います表2に編。ゲル上で得られた反応のロード10μL。
      注:うどんこ病ITS領域を表すバンドは、真菌のITSプライマーを用いて増幅されるべきです。このアンプリコンおよび細菌、又は植物プライマーを用いて生成されたアンプリコンからのDNAは、汚染の起源を決定するために配列決定されるべきです。唯一のうどんこ病のITSシーケンスは、真菌アンプリコンに記載されていなければなりません。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

ゲル電気泳動を使用し、パルスフィールドゲル電気泳動を用いてアガロースゲル上G.のcichoracearum実行から精製したゲノムDNAを60ngの代表的な例は、それぞれ、 図1および 2に示されていますわずか品質管理に合格し、不合格、通過ゲノムDNA調製物が表されています。完全な品質管理に合格したゲノムDNA調製物は、長期読みゲノム配列決定アプローチを使用して配列決定のために理想的です。わずかな品質制御を渡す製剤は許容されるが、完全に渡す準備が好ましいです。品質管理に失敗準備は長い読み取りゲノム配列決定アプローチのために受け入れられません。

図1
図1:精製したゲノムDNAのアガロースゲル電気泳動。 レーン1: レーン2:品質管理に合格したゲノムDNA; レーン3:マージナルと考えられたゲノムDNA。 レーン4:品質管理に失敗したゲノムDNA。許容されると限界ゲノムDNAサンプルは、<20 kbpので最小不鮮明で20 kbpの上に実行する単一のバンドを有します。品質管理に失敗したゲノムDNAサンプルは、20 kbpの下に塗抹しており、約100塩基対(*)で低分子量の断片を含むことができます。 、パルスフィールドゲル電気泳動は、許容されると限界のDNAサンプルを区別する必要です。エチジウムブロマイドは、ゲノムDNAを可視化するために電気泳動の前にゲルに添加しました。試料を50分間60 Vで電気泳動しました。ゲルは、ゲルドキュメンテーションシステムを用いてUV光下で撮像されました。

図2
フィギュア2:精製うどんこ病ゲノムDNAのパルスフィールドゲル電気泳動(PFGEに)。 レーン1:分子量標準、48.5 kbpのに最高のバンドと8.1 kbpの最低有します。 レーン2および5:(ゲル画像の下部)20、10、7、5、4、3、2と1.5 kbpののバンドを示し、分子量標準。 レーン3:わずかなDNAサンプル、サイズが20と48.5 kbpの間のDNAの大部分を有します。 レーン4:許容されるDNA試料、DNA> 48.5 kbpの(*)の大部分を有します。サンプルは5-80 kbpのPFGE波形プログラムを使用して15時間75 Vで行いました。 DNA染色色素は、電気泳動後のゲルに添加し、ゲルは、ゲルドキュメンテーションシステムを用いてUV光下で撮像されました。

試薬 最終濃度
カリウムmetabisulfite(K 2 S 2 O 5) 0.25 M
トリス緩衝液pH7.5 0.2 M
エチレンジアミン四酢酸(EDTA) 50 mMの
塩化ナトリウム(NaCl)で 2 M
臭化セチルトリメチルアンモニウム(CTAB) 2%v / vの

表1: 溶解緩衝液 の調製 dH 2 Oで5ミリリットルの容積にもたらします

ターゲット プライマー名 たプライマー配列 TM(°C) 期待される商品サイズ(BP)
真菌ITS2 FW(ITS9) GAACGCAGCRAAIIGYGA 56から61.3 336
RV(ITS4) TCCTCCGCTTATTGATATGC 52.1
細菌の16S V4 FW(515F) GTGCCAGCMGCCGCGGTAA 63.8から66.5 331
RV(805R) GGACTACHVGGGTWTCTAAT 46.9から53.8
細菌の16S V4、V5 FW(515F-Y) GTGYCAGCMGCCGCGGTAA 60.8から66.5 450
RV(926R) CCGYCAATTYMTTTRAGTTT 43.9から53.8
真菌18S V4 FW CCAGCASCYGCGGTAATTCC 58.7から61.5 431
RV ACTTTCGTTCTTGATYRA 43.2から48.3
キュウリPDS(LOC101204524) CsPDS F GTGAGTAAGGTTACCGTTTGGGGCTTATCCCAAT 63.8 750
CsPDS R GCGTGAGCTCGGTACTCTCATCCACTCTTGCAC 66.6

表2:汚染評価のためのプライマー。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

偏biotrophicウドンコ病菌類から純粋な、高分子量のゲノムDNAを得るために、以前に記載された方法の修正版30を開発しました。この最適化されたプロトコルを使用して平均収量は150mgの分生子あたり7μgのDNAを、従来のプロトコルを用いて得られた収量の倍増です。また、平均粒径は48.5 kbpの上に約20 kbpのから増加しました。このプロトコルはcucumber- G.のcichoracearumシステムに最適化しました。他のウドンコ病における最高の品質と最高純度のDNAを入手するかbiotrophic菌類を義務付けるために、このプロトコルの追加修正が必要とされ得ます。さらなる修飾が必要とされるかもしれないが、将来的に、このプロトコルは、他の偏biotrophic菌類から長い読み取りDNA配列決定に適した高分子量のDNAを得るために使用され得ます。

抽出されたDNAの高いDNA収量及び高分子量のバランスをとることの懸念でしたこのプロトコルの最適化中。ボルテックスを含むステップは、DNAの剪断を最小限にするために除去し、そして穏やかに転倒混和することによって置換しました。この変更は、大幅に歩留まりを低下させることなく、抽出されたDNAの質を高めました。溶解工程が終了するまで溶液中にボールを離れると比較した場合、また、初めに鋼球を除去し、細胞溶解ステップが大幅にDNAの収量を増加させました。

いいえG.のcichoracearum分生子は、ステップ1.3でボールミル手順の後に無傷で残っていませんでした。高分子量のゲノムDNAの良好な収率を得るためには、真菌の細胞壁は、このステップの間、中断されることが重要です。分生子の整合性を顕微鏡で評価することができ、追加のボールミルや混乱の代替方法は、他の真菌種のために必要な場合があります。

いくつかの真菌の分生子、特にブルメリア属 、CONTできる顔料を含有DNA抽出および精製の試みアミ。これらのケースでは、我々はBourras に概説されるようにDNAの濾過工程などをお勧めします濾過工程の後(2015年)プロトコル19とTEとの追加の洗浄工程。濾過工程の付加は、DNA分解における小さいが有意な増加をもたらし、過度の色素沈着は、第二のDNA沈殿工程の後に残っている場合にのみ含まれるべきです。これらの顔料は、溶液中に残存させた場合、DNAの質および量の後の分析に干渉する可能性が潜在的に配列決定反応を妨害する可能性があります。

このプロトコルは、従来のアガロースゲル電気泳動工程とパルスフィールドゲル電気泳動ステップの両方を含みます。最初は> 20 kbpのと<20 kbpのでスミアとして実行画分であるDNAのフラクションの初期評価です。粉末ミルのために必要な下流の配列決定反応の目的のために露ゲノムDNAの一部は、<20 kbpの( 図1、 レーン4 レーン2を参照)は、最小であるべきです。パルスフィールドゲル電気泳動評価は、DNA> 20 kbpのサイズによって分離することができるようにサイズのより良好な推定値を提供します。 48.5 kbpの>のDNAは、( 図2、 レーン4参照 )、その後の配列決定反応における使用のために望ましいです。

これらの実験で使用される真菌材料は、成長チャンバー中で増殖させた汚染は、厳密な分離プロトコルおよび人員コントロールを使用して制限されました。このため、他の、非うどんこ病病原体による汚染は最小限であり、ITS領域の塩基配列決定は、真菌に特異的なプライマーを用いて増幅のみG.のcichoracearum配列を回収します。これは、これらのCASで同じ分離制御を欠いたフィールドサイトや温室から収集したうどんこ病用ケース、および汚染の評価ではないかもしれませんESは、抽出されたDNAからの高品質のゲノムのアセンブリのために重要であろう。

様々な真菌DNAの単離プロトコルの誰も変更が一意に重要ではなかったです。むしろ多くのステップでのわずかな変更は、ここで報告高分子量のうどんこ病のDNAの比較的高い収率が得られました。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Materials

Name Company Catalog Number Comments
MM400 Ball Mill Retsch 20.745.0001 Or equivalent ball mill
2 mL tubes for ball milling Sarstedt  72.694.007
5/32" stainless steel milling balls OPS Diagnostics GBSS 165-5000-01
Microprocessor controlled 280 Series Water Bath Preset to 65 °C  Thermo Fisher Scientific 2825 Or equivalent water bath
Microprocessor controlled 280 Series Water Bath Preset to 37 °C Thermo Fisher Scientific 2825 Or equivalent water bath
Eppendorf 5417R refrigerated microcentrifuge Krakeler Scientific  38-022621807 Or equivalent microcentrifuge
Chlorform:IAA (24:1 v/v) Sigma-Aldrich  C0549 Hazardous in case of skin contact or inhalation. Wear nitrile gloves, protective eyewear, lab coat and work in chemical hood
Phenol:Chloroform:IAA
(25:24:1 v/v)
Thermo Fisher Scientific 15593031 Hazardous in case of skin contact or inhalation. Wear nitrile gloves, protective eyewear, lab coat and work in chemical hood
100% Isopropanol Sigma-Aldrich  W292907
100% Ethanol Sigma-Aldrich  34923 Chill to -20 °C prior use
Sodium Acetate Sigma-Aldrich  S2889
Rnase, Dnase-free (10 mg/mL) Thermo Fisher Scientific EN0531
Potassium metabisulfite Sigma-Aldrich  P2522
Sodium Lauryl Sacroinate Sigma-Aldrich  L9150
Tris base Sigma-Aldrich  10708976001
Ethylenediaminetetraacetic acid (EDTA) Sigma-Aldrich  EDS
Sodium chloride (NaCl) Sigma-Aldrich  S9888
Cetyltrimethyl ammonium bromide (CTAB) Sigma-Aldrich  H6269
Uvex by Honeywell Futura Goggles S345C, Uvextreme Staples 423263 Or equivalent eyewear
High Five COBALT nitrile gloves, LARGE Neta Scientific HFG-N193 Or equivalent gloves
GelRed Nucleic Acid Gel Stain 10,000x in water Biotium 41003
Ethidium Bromide 10 mg/mL Biotium 40042 Hazardous in case of skin contact. Wear nitrile gloves and protective eyewear
Agarose Ultrapure Bioreagent VWR International LLC JT4063
GeneRuler 1 kb Plus DNA Ladder Thermo Fisher Scientific FERSM1332
8 - 48 kb CHEF DNA size standards Bio-Rad 170-3707
Pippin Prep Life Technologies Corporation 4472172 Or equivalent pulse-field gel aparatus
Whatman qualitative filter paper, Grade 1 Sigma-Aldrich  WHA1001042 Or equivalent growth chamber
Percival Growth Chamber Percival AR66LXC9
NanoDrop 8000 UV-Vis Spectrophotometer Thermo Fisher Scientific ND-8000-GL Or equivalent spectrophotometer
Quant-iT PicoGreen dsDNA Assay Kit Thermo Fisher Scientific P11496
TAE Buffer (Tris-acetate-EDTA) (50x) Thermo Fisher Scientific B49 Dilute 1/50 with water before use (to 1x)
TE Buffer Thermo Fisher Scientific 12090015 
Tris-Borate-EDTA, 10x Solution (Electrophoresis) Thermo Fisher Scientific BP13334 Dilute 1/10 with water before use (to 1x)
Liquid Nitrogen Liquid nitrogen (-196 °C) is a freezing hazard. It will also expand rapidly upon warming and should not keep in a tightly closed container

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Agrios, G. N. Plant Pathology. 4th, Academic Press. (1969).
  2. Braun, U., Cook, R. T. Taxonomic manual of the Erysiphales (Powdery Mildews). CBS-KNAW Fungal Biodiversity Centre Utrecht. The Netherlands. (2012).
  3. Both, M., Csukai, M., Stumpf, M. P. H., Spanu, P. D. Gene expression profiles of Blumeria graminis indicate dynamic changes to primary metabolism during development of an obligate biotrophic pathogen. Plant Cell. 17, (7), 2107-2122 (2005).
  4. Glawe, D. A. The powdery mildews: A review of the world's most familiar (yet poorly known) plant pathogens. Annu Rev Phytopathol. 46, 27-51 (2008).
  5. Fabro, G., et al. Genome-wide expression profiling Arabidopsis at the stage of Golovinomyces cichoracearum haustorium formation. Plant Physiol. 146, (3), 1421-1439 (2008).
  6. Hückelhoven, R., Panstruga, R. Cell biology of the plant-powdery mildew interaction. Curr Opin Plant Biol. 14, (6), 738-746 (2011).
  7. Micali, C. O., Neumann, U., Grunewald, D., Panstruga, R., O'Connell, R. Biogenesis of a specialized plant-fungal interface during host cell internalization of Golovinomyces orontii haustoria. Cell Microbiol. 13, (2), 210-226 (2011).
  8. Chandran, D., Inada, N., Hather, G., Kleindt, C. K., Wildermuth, M. C. Laser microdissection of Arabidopsis cells at the powdery mildew infection site reveals site-specific processes and regulators. Proc Natl Acad Sci. 107, (1), 460-465 (2010).
  9. Spanu, P. D., Panstruga, R. Powdery mildew genomes in the crosshairs. New Phytol. 195, (1), 20-22 (2012).
  10. Vela-Corcía, D., Romero, D., Torés, J. A., De Vicente, A., Pérez-García, A. Transient transformation of Podosphaera xanthii by electroporation of conidia. BMC Microbiol. 15, (20), (2015).
  11. Hacquard, S. Advances in Botanical Research. Francis, M. M. 70, Academic Press. 109-142 (2014).
  12. Spanu, P. D., et al. Genome expansion and gene loss in powdery mildew fungi reveal tradeoffs in extreme parasitism. Science. 330, (6010), 1543-1546 (2010).
  13. Wicker, T., et al. The wheat powdery mildew genome shows the unique evolution of an obligate biotroph. Nat Genet. 45, (9), 1092 (2013).
  14. Jones, L., et al. Adaptive genomic structural variation in the grape powdery mildew pathogen, Erysiphe necator. BMC Genomics. 15, 1081 (2014).
  15. Thomma, B. P. H. J., et al. Mind the gap; seven reasons to close fragmented genome assemblies. Fungal Genet Biol. 90, 24-30 (2016).
  16. Parlange, F., et al. A major invasion of transposable elements accounts for the large size of the Blumeria graminis f.sp. tritici genome. Funct Integr Genomics. 11, 671-677 (2011).
  17. Faino, L., et al. Single-molecule real-time sequencing combined with optical mapping yields completely finished fungal genome. mBio. 6, (2015).
  18. Adam, L., et al. Comparison of Erysiphe cichoracearum and E. cruciferarum and a survey of 360 Arabidopsis thaliana accessions for resistance to these two powdery mildew pathogens. Mol Plant Microbe In. 12, (12), 1031-1043 (1999).
  19. Bourras, S., et al. Multiple avirulence loci and allele-specific effector recognition control the PM3 race-specific resistance of wheat to powdery mildew. Plant Cell. 27, (10), 2991-3012 (2015).
  20. Joint Genome Institute DNA sample submission guidelines. http://1ofdmq2n8tc36m6i46scovo2e.wpengine.netdna-cdn.com/wp-content/uploads/2016/04/DNA-Preparation-Requirements-1.pdf (2016).
  21. Chovatia, M., Sharma, A. Genomic DNA sample QC version 4.0. http://1ofdmq2n8tc36m6i46scovo2e.wpengine.netdna-cdn.com/wp-content/uploads/2013/11/Genomic-DNA-Sample-QC.pdf (2014).
  22. Daum, C. iTag sample amplification QC version 1.3. http://1ofdmq2n8tc36m6i46scovo2e.wpengine.netdna-cdn.com/wp-content/uploads/2016/04/iTag-Sample-Amplification-QC-v1.3.pdf (2016).
  23. Plant genotyping II: SNP technology. Henry, R. J. CABI. Oxfordshire, UK. (2008).
  24. Healey, A., Furtado, A., Cooper, T., Henry, R. J. Protocol: a simple method for extracting next-generation sequencing quality genomic DNA from recalcitrant plant species. Plant Methods. 10, (21), (2014).
  25. Fang, G., Hammar, S., Grumet, R. A quick and inexpensive method for removing polysaccharides from plant genomic DNA. Biotechniques. 13, (1), 52-54 (1992).
  26. Jordon-Thaden, I. E., Chanderbali, A. S., Gitzendanner, M. A., Soltis, D. E. Modified CTAB and TRIzol protocols improve RNA extraction from chemically complex Embryophyta. Appl Plant Sci. 3, (5), 1400105 (2015).
  27. Murray, M. G., Thompson, W. F. Rapid isolation of high molecular weight plant DNA. Nucleic Acids Res. 8, (19), 4321-4325 (1980).
  28. Greco, M., Sáez, C. A., Brown, M. T., Bitonti, M. B. A simple and effective method for high quality co-extraction of genomic DNA and total RNA from low biomass Ectocarpus siliculosus, the model brown alga. PLoS One. 9, (5), e96470 (2014).
  29. Wilson, I. W., Schiff, C. L., Hughes, D. E., Somerville, S. C. Quantitative trait loci analysis of powdery mildew disease resistance in the Arabidopsis thaliana accession Kashmir-1. Genetics. 158, (3), 1301-1309 (2001).
  30. User Manual: Pippin Pulse Electrophoresis Power Supply. Sage Science. http://www.sagescience.com/wp-content/uploads/2014/01/Pippin-Pulse-User-Manual-RevH.pdf (2008).
ロングリード配列決定のためのうどんこ病から高分子量のゲノムDNAの精製
Play Video
PDF DOI DOWNLOAD MATERIALS LIST

Cite this Article

Feehan, J. M., Scheibel, K. E., Bourras, S., Underwood, W., Keller, B., Somerville, S. C. Purification of High Molecular Weight Genomic DNA from Powdery Mildew for Long-Read Sequencing. J. Vis. Exp. (121), e55463, doi:10.3791/55463 (2017).More

Feehan, J. M., Scheibel, K. E., Bourras, S., Underwood, W., Keller, B., Somerville, S. C. Purification of High Molecular Weight Genomic DNA from Powdery Mildew for Long-Read Sequencing. J. Vis. Exp. (121), e55463, doi:10.3791/55463 (2017).

Less
Copy Citation Download Citation Reprints and Permissions
View Video

Get cutting-edge science videos from JoVE sent straight to your inbox every month.

Waiting X
simple hit counter