NICUネットワーク神経行動スケール:ハイリスク新生児の評価と評価

1Center for the Study of Children at Risk, Alpert Medical School, Brown University, 2Women & Infants Hospital of Rhode Island, 3University of Massachusetts, Boston
Behavior
 

Summary

NICUネットワーク神経行動尺度(NNNS)は、リスクのある幼児のためのアセスメントとして開発されました。この記事の目的は、NNNSを記述NNNS手順のビデオ例を提供し、試験が使用された方法を議論することです。

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations

Lester, B. M., Andreozzi-Fontaine, L., Tronick, E., Bigsby, R. Assessment and Evaluation of the High Risk Neonate: The NICU Network Neurobehavioral Scale. J. Vis. Exp. (90), e3368, doi:10.3791/3368 (2014).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

Introduction

新生児の神経行動の整合性の評価における長年の関心が集まっている。科学的観点からは、新生児神経行動の研究は、後の行動転帰の発生起源のモデルを知らせることができます。実用的な観点からは、貧困層の発達予後の乳児の早期検出が改善または長期的な発達赤字の深刻​​度が低くなる可能性が予防的介入の研究を招く。

NICUネットワーク神経行動スケール(NNNS)1は 、リスクのある幼児のための評価として開発され、研究と臨床現場で使用されています。これらは、そのような物質の曝露や未熟児や、貧困、栄養不良や子宮内の環境に悪影響を持つことができる出生前ケアの不足などの要因などの出生前の開発中に侮辱の貧しい発達転帰のリスクが高い乳児ですffect発育中の胎児。しかし、その製剤は、発達斜視神経行動規範とそのバリエーションを強調し、リスク条件の影響を脱線に基づいていた。このように、NNNSは、広い適用可能性を有するためのものだった。これは、神経学的整合性、行動機能、およびストレス/禁断の徴候を含む乳児神経行動性能の完全な範囲を評価する。神経学的構成要素は、新生児行動評価尺度(NBAS)からアイテムを適応行動コンポーネントを、2。アクティブとパッシブのトーン、原始反射、および乳児の中枢神経系の完全性と成熟度を反映した項目が含まれて3。4ストレス/禁断コンポーネントは、「はい」のチェックリストまたは'no'をフィネガン5の作業に基づいて臓器系により構成されたアイテムや、早産児などリスクのある乳児集団における行動の兆候の観察である。これらの神経行動の項目は概念によって囲まれている組織の行動状況(苦痛へのスリープ)のため、行動にしてあるため、彼ら、それ自体とその動態指数は、中枢神経系の整合性の彼らの減速効果の。古典的な反射神経、トーン、姿勢、社会的、自主規制能力だけでなく、ストレスや撤退の兆候、状態、組織の評価を含めることで、NNNS検査は、そのハイリスク乳児存在と缶行動の広い範囲に敏感である乳幼児のさまざまなおよび在胎齢の変化の乳児のために使用される。

試験はオープンベビーベッド/ isoletteに医学的に安定した乳児で実行する必要があります。それはおそらく、幼児未満28〜32週妊娠期間には適していません。年齢の上限はまた、(概念、年齢を補正し、 すなわち 、週在胎週誕生以来、出生プラス週で)46週間の合理的な上限は、異なる場合があります。

NNNSでは、アイテムはpackagで投与される焦点または位置の変化で始まる各パッケージでエス。投与の順番は比較的不変である。ここでは、ビデオの中で示されたプロトコルに続いて、試験の概要を提示します。事前審査の観測時には乳児は、眠っている傾向が、裸のと覆われている。初期状態はプレクトルによって記述伝統的な1-6の基準を用いてスコア化される。2ザ·レスポンスデクリメント項目(馴化)状態1または2に幼児と一緒に投与し、幼児が( 'シャットダウン')を応答を停止したときのための基準を含むスケールで符号化されているアイテムが中止されたときのために、との基準。アンラップと仰臥位の間に、乳児の姿勢、皮膚の色、そして動きが観察され、また場合によっては、含まれるスケールでスコア化ノーマル、低刺激応答性と超応答性のための基準。肌の質感も、特定の条件の存在について採点されています。 7下肢反射神経、9上肢反射神経、直立4と3を起こしやすいRESPonsesは3、4または5とは、古典的な反射神経、トーンと角度の措置が含まれる状態での乳幼児と一緒に投与され、また、適切な場合には、含まれるスケールでスコア化ノーマル、低刺激応答性と超応答性のための基準。幼児は、状態4または5に、ピックアップされ、抱きしめと腕と肩抱擁ごとに個別に採点される。 6方向の項目は、その後、審査官の膝の上に、状態4または5にまだ幼児と一緒に投与されています。配向パッケージ中の状態4または5に幼児を保持するために使用取り扱い手順の種類、配向応答と一緒に記録する。乳児は前庭の項目についてピックアップされる、反射の最終セットのためのベビーベッドに戻り、ポスト審査期間を観察した。

Protocol

1事前審査観測

  1. 初期状態観察。試験は乳児覆われ、スリープ状態1または2において眠ってから始まります。
  2. 静かなまたはアクティブ睡眠、眠気、静かな目を覚まし、アクティブ覚ましたり泣いとして乳児の初期状態を記録します。

2馴化

  1. 光、ガラガラと鐘を繰り返しプレゼンテーションに応答デクリメントを測定します。
  2. それは各刺激への応答を停止するように乳児がかかる試行回数を記録します。

3アンラップと仰臥位

  1. 仰臥位幼児と場所をアンラップし、服を脱ぎ。
  2. 姿勢:総延長、部分的な屈曲、総屈曲、あるいは異常と乳児の姿勢を記録します。
  3. スキンカラー:ノーマル青ざめ、チアノーゼやまだらなどの録音肌の色。
  4. 肌の質感:脱落や剥離、掻破痕、たるんだ皮膚や深いクレア:観測される次のスキンテクスチャ標識のいずれかを記録します目や鼻の周りのSES。
  5. ムーブメント:レコードベースライン運動活動のような非常にほとんど、あるいは全く、正常または過剰な。
  6. 足の刺激に対する応答デクリメント:それはかかとのプレスへの応答を停止するように乳児がかかる試行回数を記録します。

4。下肢反射神経

  1. 仰臥位乳児を配置し、リラックスした足と膝のすぐ下に乳児の足を保持します。
  2. 足底把握:乳児の足のボールに対してプレス親指。
  3. 弱い正常または誇張された応答がない、などの記録。
  4. バビンスキーはレフ:乳児の足の外側スクラッチ。
  5. 弱い正常または誇張された応答がない、などの記録。
  6. 足クローヌス:乳児の足のボールを背屈させる数回。
  7. 無クローヌスなどを録音、一つ、二つまたはそれ以上、または持続的なビート。
  8. 反対の足で足底把握、バビンスキー反射と足クローヌスを繰り返します。
  9. 脚抵抗と反動:乳児の両足を持って7;足の間に人差し指で片手で足首近くの足。完全フレックス腰と膝、その後太ももと脚とリリースを拡張します。
  10. なし、、少し、中程度または強いノートの速度と量大腿と下腿反動として延長に録音抵抗。
  11. アクティブ足の動きの力:あなたの人差し指と中指の間に足首の上に乳児の移動の足をつかみ、穏やかな抵抗を適用します。
  12. どれも、最小限、中程度、または強いとして重力に逆らって録音アクティブな動き。
  13. 膝窩動角度:指で乳児のかかとの底部をつかみます。一つの流体の動きで彼の腹に幼児の膝を持参してから足を延ばす。乳児の他の足で繰り返します。
  14. 左右の足のための上下脚による膝に形成された角度を記録します。

5。上肢反射神経と顔

  1. スカーフ記号:Oでちょうど胸の上に乳児の腕を置きね手。乳児の肘であなたの親指でトランク回転しないように幼児のトランクでもう一方の手を置きます。アームはスカーフのように首に遭遇するようにそっと胸にひじを押してください。乳児のもう一方の腕で繰り返します。
  2. 肘はかなりの抵抗に簡単に前に移動するに胸元にポイントを記録します。
  3. 前腕抵抗や反動:肘の両方で、乳児の手首で腕と完全フレックスの腕を持ってください。前腕を拡張し、1秒後に1秒と他の腕に片方の腕を解放する。
  4. 前腕抵抗と速度と反動の量の記録量。
  5. アクティブ腕の動きの力:あなたの人差し指と中指の間に移動する手の手首をつかみ、乳児の動きに優しい抵抗を適用します。
  6. どれも、最小限、中程度、または強いとして重力に逆らって録音アクティブな動き。
  7. 発根:片手で自分の胸に幼児の手を保持。もう一方の手で、乳児の口の角のストローク肌。
  8. どれも、離れてから電源を入れ、弱い、完全または誇張されたヘッドとしての記録の応答が刺激さ側に向ける。
  9. 手の把握:幼児の手の手のひらに置き人差し指と手の甲に触れずに手掌面を押してください。乳児のもう一方の手で繰り返します。
  10. なし、弱い、強いまたは長期などの録音応答。
  11. 体幹トーン:乳児の臀部の下に片手を置き、もう一方の手で首​​乳児の後頭部を開催しています。お尻が表面に触れないように、数センチのベビーベッドの表面上に乳児を持ち上げます。ゆっくりと前進の頭を持ってきて、座った位置に幼児にすることによって乳児のトランクを曲げる。
  12. 音なし、いくつかの音、良いトーンまたは誇張された音としてトランクの音を録音します。
  13. 座ってプル:あなたの手で、乳児の手首/前腕を持ちます。 Tで彼乳児の腕は着座位置に幼児を引き出し、拡張した。
  14. 幼児が座って引かれたように首と幼児が身体へのトランクと並列の正中線にある所定の位置に右のヘッドにしようとすると、延伸に筋肉の抵抗がある場合には、観察する。

6。アップライトレスポンス

  1. かけかた:腕の下と胸の周りに両手で直立乳児を持ちます。乳児の頭部の動きをサポートするために、親指を使用してください。足の甲を撫で、ゆっくりとベビーベッドやテーブルトップ上の縁に下方に押圧されるように、幼児を持ち上げます。他の足で繰り返します。
  2. 足が持ち上げられた場合に観察した後、「場所」にも及ぶ。
  3. ステッピング:腕の下と胸の周りに両手で直立乳児を持ちます。乳児の頭部の動きをサポートするために、親指を使用してください。足の裏は、表面に触れステッピングが発生したとして前進幼児を動かしてみましょう。
  4. 録音どれも、いくつかの、透明または誇張された踏みなどORD応答。ステッピングが誘発されなかった場合、幼児が重量を支えることができれば、足がハサミ状に交差した場合、足が硬くかに注意してください。
  5. 腹側サスペンション:ベビーベッドにわたり、乳児の胸と腹部の下に手を置くことで腹臥位での空気中の乳児を一時停止。
  6. 乳児の頭部、手足や体幹の最終位置を記録します。
  7. 湾曲:ゆっくり臀部肩から下、親指側の椎骨から数センチメートルの行をタップするか、脳卒中。反対側に繰り返します。
  8. トランクの録音応答はそれはなし、弱い、完全に開発または誇張されたような、刺激された側に凹の曲線で、横方向に曲がるように。

プローン7幼児

  1. クロール:7.1と7.3の両方が、次の演技から採点されます。頭の近く正中線と腕に幼児を起こしやすい場所ヘッドでは、ダウン掌。幼児が自然にクロールされない場合は、刺激優しく足の裏に手のひらを押して応答。
  2. なし、弱い、協調または長期のクロールと刺激が適用されたかどうかなどを記録応答。
  3. ヘッドプローンでレイズ:位置以上のことから、そのようなhyperextended首などなし、ヘッド回転、簡単なリフト、持続的なリフトや誇張された応答であるヘッドの記録リフティングを。

8幼児をピックアップ

  1. アームに寄り添う:あなたの腕の中に抱きしめた位置に幼児を保持します。ロックや幼児に話をしないでください。幼児からの積極的な参加がない場合にのみ、抱きしめる促進する。
  2. 肩に寄り添う:あなたの肩に寄り添い位置に幼児を保持します。
  3. レコード幼児の能力は、リラックスしたり、カビ、ネスレ、および抱きしめるへの耐性と同様に固執する。

9。オリエンテーション/アテンション

あなたは幼児がひざの上に休んで椅子に座るように向きのアイテムを管理します。幼児aを持っているtaはわずかに上向きの角度。

  1. 無生物ビジュアル:約10〜12インチ幼児の目から赤いボールを持ってください。乳児の焦点範囲を見つけるために、ボールを軽く引く。その後、ゆっくりと一方の側から他方の側に水平にボールを移動します。目や頭が、少なくとも一方の側に従っている場合、幼児が従うし続けるかどうかを確認するために垂直方向に、アークにボールを移動します。
  2. 視聴覚無生物は:静かに乳児の目から約10〜12インチの赤いガラガラを振る。ゆっくり一方から他方へ水平にガラガラを移動します。目や頭が、少なくとも一方の側に従っている場合、幼児が従うし続けるかどうかを確認するために垂直方向に、アークでガラガラを移動します。
  3. ビジュアルアニメーション化:乳児の顔の前にあなたの顔12〜18インチを置きます。ゆっくり一方から他方へ移動する。目や頭が、少なくとも一方の側に従っている場合、幼児が従うし続けるかどうかを確認するために垂直方向に、アークにあなたの顔を移動します。
  4. アニム視覚と聴覚を食べました。幼児の顔の前で12〜18インチあなたの顔で、柔らかい、わずかに高い甲高い声で話す。ゆっくり一方から他方へ移動する。目や頭が、少なくとも一方の側に従っている場合、幼児が従うし続けるかどうかを確認するために垂直方向に、アークにあなたの顔を移動します。
  5. 9.1、9.2、9.3および9.4の場合、警告となったオブジェクトに焦点を当て、水平または垂直方向に目や頭をたどると頭と目の動きを調整するために、レコードの幼児能力。
  6. 無生物聴覚:連続してガラガラを振って、乳児の耳から、視覚のうち、6〜12インチ。繰り返しますので、各側の2つの試験があります。
  7. 聴覚アニメイト:約6〜12インチ離れ、ビジョンの乳児のラインのあなたの顔をして乳児の耳のいずれかにそっと話す。繰り返しますので、各側の2つの試験があります。
  8. 9.6および9.7の場合は、警告になるために、記録的幼児の能力、ターンおよび/または刺激に目を向ける。
  1. 頭と目のトニック偏差:幼児の背中を中心に胸や指全体に親指、腕の下、両手で手前直立幼児を持ってください。頭のベースをサポートするために、あなたの指を使用してください。半円であなたのトランクを回転させます。他の方向に回転させます。
  2. 乳児の眼/頭の動きと眼振の存在/不在を観察します。

ベビーベッドでの仰臥位11幼児

  1. 守備的運動:乳児の頭部では正中線での、乳児の目と鼻の上の所定の位置に小さな布を保持するが、鼻孔を閉塞しない。
  2. レコード活動幼児のレベルだけでなく、布に向けて腕のnondirected /監督スワイプの存在。
  3. 非対称トニックネックレフレックス(ATNR):片側にゆっくりと乳児の顔を回して、肩の上に顎をその位置に簡単に保持する。落ち着くと姿勢ADJUを作るために幼児を待ちstment。反対側に繰り返します。
  4. 面側の乳児の腕と脚の延長の記録量。
  5. モロ反射は:ベビーベッドにわたり、頭と背中とお尻を支える一方の下に片手で手に乳児仰臥位を保持します。頭をサポートするために継続しながら、迅速に乳児を下げる。
  6. 乳児の腕の外転と内転を記録します。

12ストレス/禁欲

  1. としてイエス存在する場合、試験中のストレス/禁断の各記号をスコア。

サマリアイテム

乳児の覚醒の質と応答性、一般的なトーン、モーターの成熟度、consolability操縦が必要な、覚醒のレベル、神経過敏、自発および誘発さ活動、振戦と驚愕の量、肌の色や状態の不安定性:試験全体を通じて、次のことに注意して記録する、口の努力と自己沈静化の状態、手を優勢努力。

要約スコア

NNNSの分析は、以前に確立された要約スコア1または馴化を測定する尺度、注意、取り扱いのために必要な、動きの質、自主規制、非最適な反射神経、非対称反射、覚醒、高張性、低張性、興奮、無気力、に基づいており、ストレス/禁欲。これらのスケールの必要な心理的特性は十分に相互審査官の信頼性、内部一貫性、判別式、構築し、健全な正期産児のための規範などの予測妥当性1を含む文書化されてきた。6,7要約スコアも(プロファイルまたは類型に統合されました個別のカテゴリーに乳幼児を分類すること)を挙げることができる。8-10

Representative Results

NNNSの研究の概要と臨床応用

研究

ここでは、幼児集団の幅広い研究にNNNSを使用して発表された研究の要約を提供する。物質の広い範囲への出生前暴露した乳児は、一貫してNNNS上のパフォーマンスの低下を示している。虐待の違法および法的物質はコカイン、11、12アヘン、11メタンフェタミン、13、14、マリファナ、15アルコール、11とタバコが含まれています。16-18出生前のタバコと二次煙への出生後の曝露の両方が悪くNNNSスコアと民族性に関連していた。 NNNS上の視覚的注意の間に出生前のコカインやアヘン暴露ショー低呼吸性洞性不整脈と19乳児。20試験は、合成materiの製造に使用されるビスフェノールA、フタル酸エステル類や化学物質などのより微妙な出生前暴露に敏感であるALS通常の集団で見られる。21

その他の出生前暴露試験は、治療の研究である。 NAS用の薬理学的治療を必要とした幼児(新生児禁断症候群または離脱症状)、NASのないものよりもNNNSの詳細調節不全の挙動を示した。22、アヘン剤およびフェノバルビタールでNASの治療を23乳児だけではアヘンで処理したものよりも優れNNNSスコアを持っていた。24母親を中毒にヘロインにメタドン対ブプレノルフィンと妊娠中に起因する処理が、NASの乳児に優れていたNNNSでのパフォーマンス。23、妊娠中の24母体うつ病は、多くの場合、NNNSにマイナスの知見をもたらし的セロトニン再取り込み阻害剤(のSRI)で処理する。 25こうしてNNNSは、ない人からNASを開発乳児を判別するだけでなく、強力な( 例えば、アヘン)薬物効果が、微妙な薬の効果だけでなく、検出することができる、より穏やかな撤退-LIを示した乳児KE(のSRI)記号だけでなく、通常の環境中の化学物質の影響。

早産児では、医学的な問題が試験上の妥協神経行動につながる。26正期産児と比較した場合でも、医学的な問題が存在しない場合には、用語在胎齢での早産児がNNNS上の赤字を持っています。脳 ​​画像研究では27、早産児でNNNSで赤字を示した。彼らは病院から排出される際にNICU(新生児集中治療室)における28より良い発達ケアは早産児でNNNS上の発達転帰を改善、地域の脳容積の減少となりました。さらに29、まもなく早産児で調査結果をNNNSもっと家族中心のケア、発達ケアや親の満足度と少ない母親のうつ病や育児ストレスがあるときに、よりポジティブである。30 NICU放電する前にNNNSはNICUでのケアの発達モデルを実装するのに有用であると識別することができるでも、医療の問題もなく貧しい発達転帰のリスクが高いかもしれ乳児る。後者はNNNSの長期予測妥当性によってサポートされています。

NNNSの長期予測妥当性は、いくつかの研究で報告されている。早産児では、NNNS上の性能は24ヶ月28で18ヶ月の31とモータの状態で、精神的および運動成果に関連し、脳性麻痺や運動機能障害の後の開発にされました。に対する薬物暴露さの乳児では32 33運動スコアNNNSは18ヶ月で運動の成果を予測した。パスモデルでは、出生前の物質の曝露が悪くNNNSに関連していた神経行動、今度は、3歳と7 34で問題行動に関連した

NNNS要約スコアは、その後、長期間予測のために使用可能なプロファイルに変換することができる。各幼児は以下に基づいて相互に排他的なプロファイルまたはカテゴリに割り当てられている要約スコア全体でのスコアの彼らのパターン。 図1Aは、このような要約スコアは標準化されたスコア(標準偏差単位)として提示される出生前物質曝露と未熟児などの要因に起因するリスクのある1,200以上の乳児のサンプルから同定5つのプロファイルを示している。プロフィール5 8乳児は、異常なパターンを示した。これらの乳児は、それらは非常に動きの質の低さとストレスの兆候の数が多いと、興奮して、興奮した、大規模な取り扱い、貧しいレギュレーションが必要な貧困層の注意を持っていた。 図1(b)に示すように、プロファイル5の乳児は、ベイリースケールで2と4年半の間に異常を示すことが多かった、子供の行動チェックリスト(CBCL)上の行動上の問題、学校の準備(DIAL-R)と低IQの赤字。 NNNSプロファイルはまた、低リスクの試料9に発達転帰を予測するために使用されており、胎盤の遺伝子におけるエピジェネティックな変化に関係している。10これらの研究は防ぐ以降赤字の重症度を軽減するために十分に早く介入を予後不良のためのリスクが最も高いである乳幼児特定し、開発するNNNSを使用する可能性を高める。

図1
図1。リスク集団での他の研究では、NNNSが子宮内発育制限35心臓手術、妊娠中にコカインを使用した母親36母親のうつ病、25と思春期の母親の乳児に敏感であることが示されている。37 にはこちらをクリックしてくださいこの図の拡大版を表示します。

私たちは神経行動新生児に出生前の要因をリンクすることができたが、私たちは私を知らないこれらの効果の原因chanisms。一つの可能​​性は、遺伝子発現を制御するDNAメチル化などのエピジェネティックなメカニズムを介してである。例えば、原因DNAメチル化に胎盤におけるグルココルチコイド受容体遺伝子の活性の低下は、コルチゾールへの胎児の露出を増やし、新生児神経行動を変更することができます。最近の研究では、NNNSスコアは、胎盤のいくつかの候補遺伝子のエピジェネティックな変化、10、38-40だけでなく、ゲノムワイドエピジェネティック作用に関連している。妊娠43時の41の成長の制限42と妊産婦うつ病にも含まれてエピジェネティックな変化に関係している今度はNNNSスコアに影響を与える胎盤遺伝子。これらの研究は、精神疾患の開発を含む行動発達30、44、45のために長期的な影響を与える可能性が生まれたばかりの神経行動に関連する分子メカニズムへの洞察を提供します。46、47

NNNSもWI使用されています。方法論的な問題7、48を調べて、この集団で新生児神経行動の変動性の範囲を記述するために目の正常で健康な乳児。6、7これらの研究は、他の集団との比較のための規範的なデータを提供する。彼らは健常幼児が均質な集団ではないことを示しているので、彼らはまた、鍵となります。彼らの神経行動組織は、通常、リスクと関連していない環境での要因に影響されている。他の規範的サンプルにおいて、試験は胎児の行動、49及び幼児気質に関連して使用されてきた。50、51したがって、NNNSは、高リスクの乳児用に設計されたが、それはまた、同様に低いリスク集団における神経行動学的変動に敏感であるように思われる。

臨床応用

そのような病院の保育園、新生児フォローアップ診療所​​、薬物治療プログラムと早期介入プログラムなどの臨床現場では、NNNS検査はすることができ乳児の管理と開発のケア計画を支援するため、特定の長所とハイリスク児の脆弱性の介護者に通知するために使用。当院(女性とロードアイランド州の幼児病院)で、ますます他の病院で、試験は、標準的なNICUでのケアと自験例を含め、いくつかの病院の一部であり、原因新生児禁断症候群を受ける幼児のための標準治療の一部として評価を使用する妊娠中のアヘン剤の母体の使用に関する。看護のためのNNNSの重要性は十分に彼らは生まれたばかりの評価は、特にNICUで必要に増加視力と複雑なケアをより重要になっていることに注意サリバン 52によって記載されている。 NNNSサマリースコアの臨床的解釈のための提案は、臨床観察を報告するためのさまざまなフォーマットと一緒に34用意されています。要約スコアが計算され、パーセンタイル得点と比較して、および/またはrecoの臨床物語に記述することができ治療のためにmmendations。初期NNNS観察は、幼児の管理を支援し、介護者の育児能力に力を与える症状指向のケアプランを開発するためのベースラインを提供する。試験は乳児の能力やニーズを観察し、そして発達介入のための計画を策定中で保護者と提携する専門家のための素晴らしい機会を提供します。このように、NNNSとの協議は、乳児の神経行動機能によって駆動され、共同作業プロセスである。乳幼児の医療や神経行動状態が進化しているのでNNNS試験は時間の経過または定期的にスケジュールされた連続して行われるべき相談セッションのために繰り返すことがすることは望ましい。彼らは幼児の強みと脆弱性を高く評価する際乳児を家に取るために、より良い準備が、放電時に近い試験が家族に特に役立ちます。これは、彼らが乳児の手がかりと信号を読み取るのに役立ち、子育て中の彼らの自信を高め、より効率と途上親と乳児の関係に役立ちます。この時の試験では、診療所、地域社会の小児科医と早期介入プログラムをフォローアップするための推奨事項を退院計画を通知することも有用である。53

Discussion

小児人口の約5〜10%が発達障害を持っています。54 NNNS異常発達転帰のためにリスクの高い乳児を特定し、最適化するために、これらの乳児を特定し、介入プログラムを開発するために医学研究者や医療従事者を可能に重要な臨床ツールであることができます可能な限り早期にこれらの乳児の発達。

NNNSは、通常の新生児神経行動の貧しい発達転帰のリスク、治療、NICUにおける発生ケアの質、エピジェネティックな変化や変動を含む集団の広い範囲に敏感であることが示されている非侵襲的な新生児の評価ツールです。試験は、医療などの脳性麻痺、神経学的異常などの成果、および脳へのリスクを伴う疾患の、だけでなく、精神的、運動機能、行動上の問題、学校の準備、およびIQと発達の成果だけでなく、予測的妥当性を持っています。 米国小児科学会は、正のスクリーニング結果、以下の早期介入や特殊教育への紹介を呼びかけている。診断は、そのような紹介は必要ありません。55 NNNSプロファイルは、これらの赤字を減らすか、改善するための予防的介入の開発のための標的行動として働くことが転帰不良と関連する神経行動障害を指定します。 NNNSプロファイルは、幼児が最も危険にさらされていると、ますます限られた資源をより有効に活用を与えるリスクがすでに乳児、より大きなプールから、識別するために、私たちを可能にする。

Disclosures

私は、開示することは何もない。

Acknowledgments

NNNSの開発は博士レスターにNIHの助成金U10 DA 024119から01とU10HD27904契約N01-HD-2から3159によってサポートされていました。記事:小児科巻125、ナンバー1、2010年1月E90-E98。

References

  1. Lester, B. M., Tronick, E. Z. The NICU Network Neurobehavioral Scale (NNNS). Pediatrics (Supplement). 113, 631-699 (2004).
  2. Prechtl, H. F. The behavioural states of the newborn infant (a review). Brain Res. 76, (2), 185-212 (1974).
  3. Saint-Anne Dargassies, S. Neurological Development in the Full-Term and Premature Neonate. Elsevier North Holland. New York, NY. (1977).
  4. Brazelton, T. B. Neonatal behavior assessment scale. 2, Spastics International Medical Publications. (1984).
  5. Finnegan, L. Neonatal abstinence syndrome: Assessment and pharmacotherapy. Neonatal therapy and update. Rubatelli, F., Granata, B. Experta Medica. New York. (1986).
  6. Tronick, E. Z., Olson, K., Rosenberg, R., Bohne, L., Lu, J., Lester, B. M. Normative neurobehavioral performance of healthy infants on the Neonatal Intensive Care Unit Network Neurobehavioral Scale. Pediatrics. 113, (3 Pt 2), 676-678 (2004).
  7. Fink, N. S., Tronick, E., Olson, K., Lester, B. Healthy newborns' neurobehavior: norms and relations to medical and demographic factors. J Pediatr. 161, (6), 1073-1079 (2012).
  8. Liu, J., Bann, C., Lester, B., et al. Neonatal neurobehavior predicts medical and behavioral outcome. Pediatrics. 125, (1), 90-98 (2010).
  9. Sucharew, H., Khoury, J. C., Xu, Y., Succop, P., Yolton, K. NICU Network Neurobehavioral Scale profiles predict developmental outcomes in a low-risk sample. Paediatric and perinatal epidemiology. 26, (4), 344-352 (2012).
  10. Lesseur, C., Armstrong, D. A., Murphy, M. A., et al. Sex-specific associations between placental leptin promoter DNA methylation and infant neurobehavior. Psychoneuroendocrinology. 40, 1-9 (2014).
  11. Lester, B. M., Tronick, E. Z., LaGasse, L., et al. The maternal lifestyle study: effects of substance exposure during pregnancy on neurodevelopmental outcome in 1-month-old infants. Pediatrics. 110, (6), 1182-1192 (2002).
  12. Napiorkowski, B., Lester, B. M., Freier, M. C., et al. Effects of in utero substance exposure on infant neurobehavior. Pediatrics. 98, (1), 71-75 (1996).
  13. Smith, L. M., Lagasse, L. L., Derauf, C., et al. Prenatal methamphetamine use and neonatal neurobehavioral outcome. Neurotoxicol Teratol. 30, (1), 20-28 (2008).
  14. LaGasse, L. L., Wouldes, T., Newman, E., et al. Prenatal methamphetamine exposure and neonatal neurobehavioral outcome in the USA and New Zealand. Neurotoxicol Teratol. 33, (1), 166-175 (2011).
  15. de Moraes Barros, M. C., Guinsburg, R., de Araujo Peres, C., Mitsuhiro, S., Chalem, E., Laranjeira, R. R. Exposure to marijuana during pregnancy alters neurobehavior in the early neonatal period. J Pediatr. 149, (6), 781-787 (2006).
  16. Law, K. L., Stroud, L. R., LaGasse, L. L., Niaura, R., Liu, J., Lester, B. M. Smoking during pregnancy and newborn neurobehavior. Pediatrics. 111, (6), 1318-1323 (2003).
  17. Stroud, L. R., Paster, R. L., Papandonatos, G. D., et al. Maternal smoking during pregnancy and newborn neurobehavior: effects at 10 to 27 days. J Pediatr. 154, (1), 10-16 (2009).
  18. Yolton, K., Khoury, J., Xu, Y., et al. Low-level prenatal exposure to nicotine and infant neurobehavior. Neurotoxicol Teratol. 31, (6), 356-363 (2009).
  19. Barros, M. C., Mitsuhiro, S. S., Chalem, E., Laranjeira, R. R., Guinsburg, R. Prenatal tobacco exposure is related to neurobehavioral modifications in infants of adolescent mothers. Clinic. (Sao Paulo, Brazil). 66, (9), 1597-1603 (2011).
  20. Conradt, E., Sheinkopf, S. J., Lester, B. M., et al. Prenatal substance exposure: neurobiologic organization at 1 month. J Pediatr. 163, (4), 989-994 (2013).
  21. Yolton, K., Xu, Y., Strauss, D., Altaye, M., Calafat, A. M., Khoury, J. Prenatal exposure to bisphenol A and phthalates and infant neurobehavior. Neurotoxicol Teratol. 33, (5), 558-566 (2011).
  22. Velez, M. L., Jansson, L. M., Schroeder, J., Williams, E. Prenatal methadone exposure and neonatal neurobehavioral functioning. Pediatr Res. 66, (6), 704-709 (2009).
  23. Jones, H., O’Grady, K., Johnson, R., Velez, M., Jansson, L. Infant Neurobehavior Following Prenatal Exposure to Methadone or Buprenorphine: Results From the Neonatal Intensive Care Unit Network Neurobehavioral Scale. Subst Use Misuse. 45, (13), 2244-2257 (2010).
  24. Coyle, M. G., Ferguson, A., LaGasse, L., Liu, J., Lester, B. Neurobehavioral effects of treatment for opiate withdrawal. Archives of Disease in Childhood: Fetal Neonatal Edition. 90, (1), F73-F74 (2005).
  25. Salisbury, A. L., Lester, B. M., Seifer, R., et al. Prenatal cocaine use and maternal depression: effects on infant neurobehavior. Neurotoxicol Teratol. 29, (3), 331-340 (2007).
  26. Brown, N., et al. Alterations in Neurobehavior at Term Reflect Differing Perinatal Exposures in Very Preterm Infants. Pediatrics. 118, (6), 2461-2471 (2006).
  27. Montirosso, R., Del Prete, A., Cavallini, A., Cozzi, P. Neurobehavioral profile in a group of healthy preterm infants. Utilization of the NICU Network Neurobehavioral Scale (NNNS). Child Development & Disabilities - ESSAYS. 3, 1-21 (2009).
  28. Brown, N. C., Inder, T. E., Bear, M. J., Hunt, R. W., Anderson, P. J., Doyle, L. W. Neurobehavior at term and white and gray matter abnormalities in very preterm infants. J Pediatr. 155, (1), 32-38 (2009).
  29. Montirosso, R., Del Prete, A., Bellu, R., Tronick, E., Borgatti, R. Level of NICU quality of developmental care and neurobehavioral performance in very preterm infants. Pediatrics. 129, (5), e1129-e1137 (2012).
  30. Lester, B., Miller, R., Hawes, K., et al. Infant Neurobehavioral Development. Seminars in Perinatology. 35, (1), 8-19 (2011).
  31. El-Dib, M., Massaro, A., Glass, P., Aly, H. Neurobehavioral assessment as a predictor of neurodevelopmental outcome in preterm infants. J Perinatol. 32, 299-303 (2013).
  32. Stephens, B. E., Liu, J., Lester, B., et al. Neurobehavioral assessment predicts motor outcome in preterm infants. J Pediatr. 156, (3), 366-371 (2010).
  33. Miller-Loncar, C., Lester, B. M., Seifer, R., et al. Predictors of motor development in children prenatally exposed to cocaine. Neurotoxicol Teratol. 27, (2), 213-220 (2005).
  34. Lester, B. M., Bagner, D. M., Liu, J., et al. Infant neurobehavioral dysregulation: behavior problems in children with prenatal substance exposure. Pediatrics. 124, (5), 1355-1362 (2009).
  35. de Moraes Barros, M., Guinsburg, R., Mitsuhiro, S., Chalem, E., Laranjeira, R. Neurobehavior of full-term small for gestational age newborn infants of adolescent mothers. J Pediatr (Rio J). 84, (3), 217-223 (2008).
  36. Massaro, A. N., Glass, P., Brown, J., et al. Neurobehavioral abnormalities in newborns with congenital heart disease requiring open-heart surgery. J Pediatr. 158, (4), 678-681 (2011).
  37. de Moraes Barros, M. C., Guinsburg, R., Mitsuhiro, S., Chalem, E., Laranjeira, R. R. Neurobehavioral profile of healthy full-term newborn infants of adolescent mothers. Early human development. 84, (5), 281-287 (2008).
  38. Bromer, C., Marsit, C. J., Armstrong, D. A., Padbury, J. F., Lester, B. Genetic and epigenetic variation of the glucocorticoid receptor (NR3C1) in placenta and infant neurobehavior. Developmental psychobiology. 55, (7), 673-683 (2013).
  39. Maccani, M. A., Padbury, J. F., Lester, B. M., Knopik, V. S., Marsit, C. J. Placental miRNA expression profiles are associated with measures of infant neurobehavioral outcomes. Pediatr Res. 74, (3), 272-278 (2013).
  40. Paquette, A. G., Lesseur, C., Armstrong, D. A., et al. Placental HTR2A methylation is associated with infant neurobehavioral outcomes. Epigenetics. 8, (8), 796-801 (2013).
  41. Marsit, C. J., Lambertini, L., Maccani, M. A., et al. Placenta-imprinted gene expression association of infant neurobehavior. J Pediatr. 160, (5), 854-860 (2012).
  42. Marsit, C. J., Maccani, M. A., Padbury, J. F., Lester, B. M. Placental 11-beta hydroxysteroid dehydrogenase methylation is associated with newborn growth and a measure of neurobehavioral outcome. PloS One. 7, (3), e33794 (2012).
  43. Conradt, E., Lester, B. M., Appleton, A. A., Armstrong, D. A., Marsit, C. J. The roles of DNA methylation of NR3C1 and 11beta-HSD2 and exposure to maternal mood disorder in utero on newborn neurobehavior. Epigenetics. 8, (12), 1321-1329 (2013).
  44. Lester, B. M., Conradt, E., Marsit, C. J. Are epigenetic changes in the intrauterine environment related to newborn neurobehavior? Epigenomics. 6, (2), 175-178 (2014).
  45. Lester, B., Tronick, E., Nestler, E., et al. Behavioral epigenetics. Ann NY Acad Sci. 1226, 14-33 (2011).
  46. Lester, B., Marsit, C., Bromer, C. Behavioral Epigenetics and the Developmental Origins of Mental Health Disorders. Infant & Early Childhood Mental Health: Core Concepts and Clinical Practice. Brandt, K., Perry, B., Seligman, S., Tronick, E. American Psychiatric Publishing, Inc. Washington, DC. 161-173 (2013).
  47. Lester, B., Conradt, E., Marsit, C. Epigenetic basis for the development of depression in children. Clinical Obstetrics and Gynecology. 56, (3), 556-565 (2013).
  48. Xu, Y., Yolton, K., Khoury, J. Earliest appropriate time for administering neurobehavioral assessment in newborn infants. Pediatrics. 127, (1), e69-e75 (2011).
  49. Salisbury, A., Duncan-Fallone, M., Lester, B. M. Neurobehavioral Assessment From Fetus To Infant. The NICU Network Neurobehavioral Scale and The Fetal Neurobehavior Coding Scale. Mental Retardation and Developmental Disabilities Research Reviews. 11, 14-20 (2005).
  50. Bagner, D. M., Sheinkopf, S. J., Miller-Loncar, C., et al. The effect of parenting stress on child behavior problems in high-risk children with prenatal drug exposure. Child Psychiatry Hum Dev. 40, (1), 73-84 (2009).
  51. Desantis, A., Harkins, D., Tronick, E., Kaplan, E., Beeghly, M. Exploring an integrative model of infant behavior: What is the relationship among temperament, sensory processing, and neurobehavioral measures? Infant Behav Dev. 34, (2), 280-292 (2011).
  52. Sullivan, M. C., Miller, R. J., Fontaine, L. A., Lester, B. Refining Neurobehavioral Assessment of the High-Risk Infant Using the NICU Network Neurobehavioral Scale. J Obstet Gynecol Neonatal Nurs. 41, (1), 17-23 (2012).
  53. Boukydis, C. F., Bigsby, R., Lester, B. M. Clinical use of the Neonatal Intensive Care Unit Network Neurobehavioral Scale. Pediatrics. 113, (3 Pt 2), 679-689 (2004).
  54. Simeonsson, R., Sharp, M., et al. Developmental delay: Signs and symptoms. PrimaryPediatricCare. Hoekelman, R. 2nd, Mosby Co. St. Louis. (1992).
  55. Marks, K., Glascoe, F. P., Aylward, G. P., Shevell, M. I., Lipkin, P. H., Squires, J. K. The thorny nature of predictive validity studies on screening tests for developmental-behavioral problems. Pediatrics. 122, (4), 866-868 (2008).

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Usage Statistics