アン

Bioengineering

Your institution must subscribe to JoVE's Bioengineering section to access this content.

Fill out the form below to receive a free trial or learn more about access:

 

Summary

ガリウム(III)5,10,15-(トリス)pentafluorophenylcorroleとその遊離塩基類似体は、低マイクロモル細胞の細胞毒性を示す。この原稿はcorrolesによる転写阻害を評価するために、UV-Vis分光法によるRNA転写反応、臭化エチジウム染色ゲルを有するイメージングRNA、および定量RNAを説明し、抗癌剤候補の特性を評価する簡単な方法を示す。

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations | Reprints and Permissions

Tang, G. Y., Pribisko, M. A., Henning, R. K., Lim, P., Termini, J., Gray, H. B., Grubbs, R. H. An In Vitro Enzymatic Assay to Measure Transcription Inhibition by Gallium(III) and H3 5,10,15-tris(pentafluorophenyl)corroles. J. Vis. Exp. (97), e52355, doi:10.3791/52355 (2015).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

化学療法は、しばしば、多くの副作用、限られた標的で広域スペクトルの細胞傷害性薬剤を含む。 Corrolesは、キレート化金属と官能基のアイデンティティーに応じて、特定の細胞株における差動細胞増殖抑制及び細胞毒性特性を示すテトラピロール大環状化合物のクラスである。特定の細胞株に向かって官能化corrolesのユニークな挙動は、標的化学療法の可能性を紹介します。

多くの抗癌剤は、RNAの転写を阻害するそれらの能力により評価される。ここでは、既知および潜在的な阻害剤の存在下で、RNA転写のためのステップバイステップのプロトコルを提示する。ゲル電気泳動およびUV-Vis分光法による転写反応のRNA産物の評価は、それらの作用機序についての複数のアッセイの改変を用いて、潜在的な抗癌剤候補の防錆特性に関する情報を提供し、。

リトルコロール細胞毒性の作用の分子メカニズムについて知られている。ガリウム(III)5,10,15-(トリス)pentafluorophenylcorrole(GA(tpfc))と遊離塩基アナログ5,10,15-(トリス)pentafluorophenylcorrole(tpfc):この実験では、我々は2つ​​のコロールの化合物を考える。 RNA転写アッセイcorrolesの防錆特性を調べた。五転写反応を調製した:アクチノマイシンD、トリプトリドで処理したDNA、ジョージア(tpfc)、[錯体]でtpfcを[テンプレートDNAベース]は、それぞれ0.01の比率、および未処理の対照。

転写反応は、アガロースゲル電気泳動およびUV-Vis分光法を使用して4時間後に分析した。 GA(tpfc)、アクチノマイシンD、およびトライドによる明確な阻害があります。

このRNA転写アッセイは、抗癌複合体、DNA、またはポリメラーゼ酵素の濃度を変えることによって、または攻殻有するDNAまたはポリメラーゼをインキュベートすることにより、より機械的な詳細を提供するために修飾することができる前のRNA転写にXES。これらの変更は、DNAや酵素が関与する阻害機構との間を区別します。 RNAの転写複合体が劣化しているかどうかをテストまたはRNAを加水分解するために使用することができた後、複合体を加える。このアッセイはまた、付加的な抗癌剤候補を研究するために使用することができる。

Introduction

化学療法は、しばしば、望ましくない副作用、限られた標的を有する広いスペクトルの細胞毒性剤を含む、まだ癌生物学の理解と、より高い癌ターゲティングの有効性および副作用の少ない抗癌剤のためのこれまでの需要が高まっている。1ヒトの癌細胞が頻繁になって生存のための単一の活性化または過剰発現され、癌遺伝子に依存しているので2、多くの抗癌剤は、RNAの転写を阻害するそれらの能力により評価される。癌細胞を排除するのに有効であり、細胞死につながるこれらの形質転換遺伝子の発現を阻止する治療法。3形質転換された細胞は、正常細胞に対応しているよりも、RNA転写の混乱に対してより敏感である。転写を阻害する4抗がん薬を選択的に阻害することが期待されている癌細胞が生存するために必要な癌遺伝子の発現。5したがって、RNA転写のinhibitionは、潜在的な抗がん薬候補を同定し、その作用機序についての詳細を学ぶために便利な方法です。このプロトコルは、GA(tpfc)は化学療法薬アクチノマイシンDとトライドと同じ程度のRNA転写を阻害することを実証している。同様の比較は、他の抗癌薬物候補をこのプロトコルを使用して作製することができる。アクチノマイシンDは、一般的に妊娠性絨毛癌、精巣癌、ウィルムス腫瘍、rhabdomyosacomaを治療するために使用されるRNA転写阻害剤であり、ユーイング肉腫6。アクチノマイシンDは、それが最初に1964.TriptolideにFDAによって承認されてからほぼ50年間の癌治療に使用されてきた30年間、インビトロおよび種々の腫瘍を有する動物モデルで研究されている選択的な転写阻害剤である。7

corrolesの両親媒性大環状性質は、そのような小分子または生物のような他の薬剤クラスに対して重要な利点を与えるsの8-14大環状文字は、このような大きな分子に期待されるよりも大きい細胞透過性を可能にし、それらは、タンパク質のもののような巨大分子表面と相互作用するのに十分な大きさである。8 Corroles生体分子との緊密な非共有結合複合体を形成することが知られているおよび薬物。コロールフレームワーク固有の細胞毒性に加えて、10は、スルホン化コロール、化学療法剤のための担体分子、特にDNAインターカレーアントラサイクリンドキソルビシンとして作用することを実証した。スルホン化コロールドキソルビシンと同時投与したとき、ドキソルビシンのIC 50の3倍の増強は、DU-145細胞で観察された。9コロールフレームワークは、安定であり、官能化され、固有の吸光度および蛍光特性を有し、固有の吸光度のシフトを受けるその特徴付けのために使用することができる。足場の10官能化は、本質的にaffecないコロールの光物理的特性トン、9-15しかし、スルホン化コロールで見られるように、選択的にコロールの枠組みの修正は、実質的にその生物学的特性を変更することができます。16我々は以前7ヒト癌細胞株に対して6 metallocorrolesを評価した。結果は、ヒト癌細胞に対する毒性が特定の金属イオン、ならびに官能基の置換に依存していることを示している。例えば、スルホン化ガリウムcorrolesが高い細胞取り込みを経験し、脳の転移性前立腺癌細胞(DU-145)の核に選択的に浸透し、それは他の細胞株の核内に侵入しないものの同じコロール、乳癌(MDA-MB-231)、黒色腫(SK-MEL-28)、および卵巣(OVCAR-3)のためのより大きな細胞毒性を示すよりも、癌細胞前立腺癌9

初期の細胞ベースのアッセイは、これらの化合物は、抗癌治療薬、フュルトメリットとして有望であることを示している作用機序にER調査。転写阻害は、特定の有機金属錯体17-27で観察し、我々はコロール家族の細胞傷害行動のための可能なメカニズムとして、このプロセスを検討することが求められている。この転写アッセイは、生細胞におけるこれらの分子の影響についての詳細な情報につながる転写阻害を、評価するための、簡単で安価な、そして容易な方法を提供する。

ここでは、ガリウムの転写阻害(III)5,10,15-(トリス)pentafluorophenylcorrole(GA(tpfc))とその遊離塩基アナログ5,10,15-(トリス)pentafluorophenylcorrole(tpfc)( 図1)がテストされます。いくつかの遷移金属錯体とは異なり、ガリウム(III)、酸化還元に不活性であり、したがって、直接酸化還元系の代謝経路のレドックスプロセスに関与しない。28かかわらず、ガリウム(III)の細胞傷害性特性を示さず、治療目的のために検討されている。ガリウムは、プラチナの後に抗癌治療のための第二の最も有望な金属であり、多くの研究や調査を受けている。硝酸塩及び塩化ガリウム塩が肝癌、リンパ腫、膀胱癌、および他の疾患に対する臨床試験で評価されている。29-34ガリウム(III)、したがって抗がんコロール研究のための理想的です。初期データとして、Ga(tpfc)とtpfcは、様々な癌細胞株( 図2参照)と、低GI 50、最大細胞増殖の50%を阻害するのに必要な薬物濃度を有し示す。これは、それらの抑制性の特性を決定するためにこれら2つの化合物に関するさらなる実験の正当性を肯定。私たちは、一般的な抗がん剤アクチノマイシンDとトライドとのこれらの化合物を比較する。アクチノマイシンDインターカレーDNAは、RNA伸長を阻害し、ピコモル濃度で、特定の細胞株においてアポトーシスを誘導する6,35-37トリプトライドは、腫瘍増殖を阻害することが示されている。人間XPB / ERCC3、サブoを特異的に結合するfの転写因子TFIIH、RNAポリメラーゼII活性の阻害につながる。6-7,38-40

それは一般的にcorrolesが細胞毒性を示すことが知られているが、機能化から生じる異なる機序についてはほとんど情報が存在する。 RNA転写のコロール阻害が生体高分子との相互作用に大きな洞察を提供するであろう。そのような二ロジウム(II、II)としてDNAに結合することが知られている他の複合体、複合体、クロム(III)錯体、ルテニウム(II)ポリピリジル錯体、ロジウム(III)錯体、および様々な他のものは、RNA転写アッセイに供した18-生体高分子との相互作用の理解になり27。この容易で広く利用可能な実験はまた、所定の分子の細胞毒性特性を評価し、それのメ​​リット、さらに生物学的試験かどうかを判断するには良い初期テストです。 RNAの転写アッセイはまた、varyinなどの多くの修正、を可能にするG化合物または使用される酵素の量は、インキュベーション時間は、反応時間とサンプル時点を変える。したがって、潜在的に大量のデータを提供し、興味のある他の変数の中で、DNA鋳型の長さおよび配列を変化させる。コンポーネントが購入し、個別に調製することができるが、この転写アッセイもまた提供されるすべての必要な反応成分と手頃なキットとして容易に入手可能である。これらの実験では、高い収率を有することが知られている市販のキットを使用して図41

アガロースゲル電気泳動およびUV-Vis分光:転写阻害を評価するために、我々は2つ​​の方法を使用しています。アガロースゲル電気泳動は、25 kbのDNA及びRNA断片に分離同定、および精製0.5-ための簡単で有効な方法である。42 UV-Vis分光法は、RNAの濃度および純度を決定するために用いることができる。43

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

注:RNAを操作する場合は、DNAとRNAを分解DNaseおよびRNaseを酵素によって汚染を避けるためにクリーンな作業環境を維持する。そのピペットチップとチューブはDNaseおよびRNaseを含まないであることを確認してください。また、除染液でなどピペット、チューブホルダー、などのラボの表面や機器を拭うと便利です。

コロール治療1. RNA転写

  1. コロールを準備し、0.01中の化合物阻害剤:[複雑な]の1のモル比:[DNA]。
    注:0.43 pmolのDNAは、使用されるDNAテンプレートは、EからLIGA遺伝子とAPET-28Cのベクトルだった:私たちの場合、比率は4.3 fmolのコンプレックスだったT7プロモーターの制御下に大腸菌 。 T7プロモーターを有する他のDNAは、転写アッセイを実行するための有効な候補である。
    1. アクチノマイシンD、きれいな、別個の容器中にジメチルスルホキシド(DMSO)中にトリプトライド、tpfc、およびGa(tpfc)を溶解する。 [cはモル比1:0.01の最終濃度を得るomplex]:ヌクレアーゼフリー水で希釈を使用して、[DNA]。
      1. 1.8ミリリットルのDMSO中に1mgのアクチノマイシンDを溶解する。別の容器に小分けし、10μlのをと1/100希釈を作成するためにヌクレアーゼフリー水で1 mlに希釈する。アリコート1別の容器に希釈μlの1 / 1,000希釈を作成するためにヌクレアーゼフリー水で1mlに希釈する。
        NOTE:アクチノマイシンDの最終溶液の濃度は、4.3 fmolである。
      2. 0.64ミリリットルのDMSO中1mgトリプトライドを溶解する。別の容器に小分けし1μlの1 / 1,000希釈を作成するためにヌクレアーゼフリー水で1 mlに希釈する。別の容器に分量の希釈を1μlと1 / 1,000秒の希釈を作成するためにヌクレアーゼフリー水で1 mlに希釈する。
        注:トリプトリドの最終溶液の濃度は、4.3 fmolである。
      3. 2.9ミリリットルDMSO中1mgのtpfcを溶かす。 10μlの別の容器へとヌクレアーゼフリー水で1 mlに希釈するアリコート1/100 Dを作成するilution。アリコート1別の容器に希釈μlの1 / 1,000希釈を作成するためにヌクレアーゼフリー水で1mlに希釈する。
        注:tpfcの最終溶液の濃度は、4.3 fmolである。
      4. 2.6ミリリットルのDMSO中の1mgのGa(tpfc)を溶解する。別の容器に小分けし、10μlのをと1/100希釈を作成するためにヌクレアーゼフリー水で1 mlに希釈する。アリコート1別の容器に希釈μlの1 / 1,000希釈を作成するためにヌクレアーゼフリー水で1mlに希釈する。
        NOTE:ジョージア(tpfc)の最終溶液の濃度は、4.3 fmolである。
        注:これらのcorrolesおよび阻害剤は​​水溶性ではなく、DMSOに予め溶解されなければならない。 (1%未満)のDMSO少量の細胞(未発表データ)で細胞毒性を誘導しない。
  2. 転写反応を開始する前に、個別に必要な試薬を準備したり、商業ベンダーからそれらを購入する。
    1. すべての凍結氷の上で解凍n個の試薬 ​​は、(凍結試薬のリストについては、表1を参照)。
    2. 彼らは完全に溶液に溶解するまで混合する10倍反応バッファーと4リボ(ATP、CTP、GTP、およびUTP)ソリューションの時間を許可する。
    3. 簡単に説明すると、チューブのリム上に材料の損失を防ぐためにすべての試薬を集める。 RTで10倍反応バッファーを維持しながら、一度、氷の上の店のリボヌクレオチドを​​解凍した。
    4. RTで転写反応のための試薬 ​​を組み合わせて(試薬のリストについては、表2を参照してください)。
      注:反応は氷上ではなく、RTで組み立てられた場合の10倍反応バッファー中スペルミジンは、鋳型DNAの共沈ができる。
    5. チューブを軽くはじくか、上下に優しく混合物をピペッティングして完全に混合。混合した後、短時間遠心し、チューブの底に反応混合物を収集する。
    6. 2-4時間の合計、37℃で反応混合物をインキュベートする。
      注:必要な反応時間は異なりますDNAテンプレートのサイズおよび配列を有する。このステップは、特定の配列の最適化が必要な場合があります。短いテンプレートはトータルRNAの高収率のために長い反応時間を必要とし得る。
    7. -20℃で各時間と店舗後の各反応から4μlをを削除します。希望する時点の必要に応じて変更します。

2. RNAスピンカラム

  1. 転写反応の後、微量互換クロマトグラフィーカラムを使用してRNAを精製する。
    注:RNAスピンカラムの使用は、80%以上の回収を超える20塩基結果とRNAを精製する44。
    注:カラムクロマトグラフィーは、RNAを精製する一般的かつ便利な方法である。クロロホルム抽出、イソプロパノール沈殿、ならびに他の市販のキット:他の精製方法はまた、塩化リチウム沈殿、フェノールとして存在する。
    1. 均等に積極的に反転させることによって、列バッファにデックス行列を再懸濁コラム3回以上。鋭く列をフリックして行います。
    2. 列からトップキャップを外します。キャップ内のいくらかの残留デックス行列があるでしょう。キャップはマトリックスで満たされている場合には、カラム上にキャップを交換し、マトリックスの大部分が列になるまで、前の手順を繰り返します。
    3. 塔の底部先端をオフにスナップ。
      注:一部の液体をカラムから逃れることがあります。
    4. 列を詰める。
      1. 無菌(RNaseおよびDNaseを無料)を1.5 mlマイクロチューブにカラムを置きます。
      2. 1分間千×gで卓上遠心機で遠心操作を行なう。
    5. カラムから溶出バッファー1.5 mlのマイクロチューブを捨てる。
    6. すぐに新しい無菌の1.5ミリリットルのマイクロチューブにカラムを配置し、カラムベッドの中央にサンプルをピペット。列の過負荷を避けるために、サンプルの20〜50μlのを使用してください。
    7. 千×gで卓上遠心機でチューブを遠心1分間。
      注:溶出液は精製されたRNAサンプルである。

3.アガロースゲル電気泳動(1%アガロースゲル)42

注:臭化エチジウムはDNAおよびRNAに結合すると蛍光を発するが、それゆえ、これらの生体分子を0.5μg/ mlのエチジウムブロマイド溶液でそれらをインキュベートすることにより、UV光で可視化することができる。

  1. 10mlの水に5mgの臭化エチジウムを溶解することにより、臭化エチジウム(0.5 mg / ml)での1,000倍のストック溶液を調製する。
  2. ゲル電気泳動のためのトリス酢酸EDTA(TAE)ランニングバッファーを準備します。 50X TAE緩衝液を作るために、0.05Mエチレンジアミン四酢酸(EDTA)で2.0 Mトリス - 酢酸を組み合わせて、pHを8.5に調整します。
  3. 1 L 1×TAE緩衝液中の10グラム超純アガロースを溶解させ、従来の電子レンジでアガロースを溶融させて1%(重量/容量)アガロースゲルを調製。それは50℃まで冷却した後、1%アガロースゲルソリューに1,000倍の臭化エチジウムを1ml加えるるが、その後、ゲルキャスティングプラットフォームにアガロース溶液を注ぎ、ゲルをRTで固化することができ、軽く旋回によって、または密閉容器内で転倒混和する。
    注:エチジウムブロマイドは変異原と潜在的な発がん性物質である。手袋を着用し、慎重にソリューションを扱う。エチジウムブロマイドの適切な取り扱い手順については、以下を参照してください。 http://www.sciencelab.com/msds.php?msdsId=9927667を
  4. ゲルが固化した後、電気泳動槽にセットゲルを置く。井戸が水没するまでゲルをカバーするのに十分なTAE緩衝液を追加します。 TAEバッファーのレベルは約1ミリメートルゲルのレベルを超えていることを確認してください。ゲル櫛を削除します。
    注:ウェルが水没した後、コームを削除するには、ウェルに捕捉されるのエアポケットを防ぐことができます。
  5. RNAサンプルを準備します。 1μlのゲルローディングバッファー(または1μlの10倍のローディングバッファーとdilutとで各々の精製試料アリコート1μlのを組み合わせるヌクレアーゼフリー水で10μlにED)とマイクロピペットでピペッティングによって十分に混合する。
    注:10倍のローディングバッファーを20%フィコール400、0.1 MのNa 2 EDTA、pHが8.0、1.0%SDS、0.25%ブロモフェノールブルーが含まれています。それはブロモフェノールブルーと同じ速〜50%が実行され、非常に長いランを監視するために有用であり得るように、0.25%キシレンシアはまた、ローディング緩衝液を添加してもよい。42
  6. 慎重に各ウェルの底に溶液をピペッティングすることによって、各サンプルでゲルをロードします。気泡を残したり、ウェル間のサンプルを混在しないように注意してください。
    注:RNAラダーはまた、転写産物のサイズを決定するために用いることができる。
  7. DNAは正極リードに向かってゲル内に移動するように、リード線を取り付けます。ゲルの典型的には、1 V〜10 / cmで、所望のレベルに電圧を設定します。しかし、長いゲルを実行分離の進行をモニターするために、染料の移行を使用して、RNA断片の間の有意な分離のために十分である。
    NOTE:150 Vで8センチメートル×8センチゲルは約20分かかりますしながら、250 Vで23センチメートル×25センチゲルは、約1時間かかります。高い電圧で実行したときに小さいRNA断片は、良好な分解能を持っている。
  8. ローディングバッファから染料がRNA断片との分離のために十分であると判断距離を移動した際に電源をオフにします。
  9. 画像臭化エチジウムが蛍光を発するようにUV光の下でRNA。
  10. 画像の写真を撮ると、各条件から精製されたRNAの蛍光強度を比較する。

UV-Vis分光経由4. RNA定量

  1. 光度計2000、または類似のマシンで2μlのH 2 Oを配置し、ブランクを測定します。
  2. 次に、分光光度計で、精製後の各RNAサンプルを2μlを配置し、800nm​​の200nmの波長範囲のUV-Visの測定。
    注:1.0のA 260読み取りがRNAの約40μg/ mlに相当し、そして純粋なRNAは、2.1のA 260 / A 280比を有する。45
  3. 吸光度が1 OD上にある場合には、1未満のODを得るために、ヌクレアーゼフリー水でサンプルを希釈する。
  4. 様々なサンプルをプロットし、260nmでODを比較するグラフソフトウェアを使用してください。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

アガロースゲル電気泳動によるRNA転写定性的に評価

アガロースゲル電気泳動は、画像に転写されたRNAが用いられる。エチジウムブロマイドは、RNAの46許可イメージング(λEMは 605ナノメートル、λEX = 210nmで、285 nmの=)を結合した際に蛍光を発する。ゲル中の暗いバンドは、RNAのより高い濃度に対応する。アクチノマイシンDは、トリプトライド、またはいずれかのコロール複合体はRNAの転写を阻害する場合、RNAの産生が減少し、バンドは明るく見えるであろう。この概念を用いて、相対的阻害を評価することができる。

0.01の[テンプレートDNA塩基]比: 図3は複雑な、アクチノマイシンDで前処理RNA転写反応のエチジウムブロマイド染色したアガロースゲル(1%)、[複雑な]でトライド、tpfc、またはGa(tpfc)を示している:1。の予想通りアクチノマイシンDとトライドは、コントロールに比べてRNAの明らかな減少を示し、これらの長期研究阻害剤。 tpfc帯域が少なく阻害を示し、対照と同じ相対強度を示し、一方のGa(tpfc)バンドはまた、RNAの非常に低いレベルを有している。

RNA転写は、UV-Vis分光によって定量化

UV-Visの測定は4時間RNAの転写を受けた後、各サンプルのために採取し、RNAスピンカラムクロマトグラフィーで精製した。波長のスペクトルが350nmと220nmでのλmaxは RNAの吸収に対応し、260 nmで発生すると、 図4に示されており、0.025(μg/ ml)を吸光係数-1 -1。 260 nmおよび280 nmの吸光度をアンAが1.0の260読み取りがRNAの約40μg/ mlと等価である。 表3に報告され、純粋なRNAは、定量的な計算を可能にし、A 260 / 2.1の280の比率有しているトランス中に生成されたRNAcription反応およびRNAスピンカラムを使用した後、RNAの純度を評価する。4阻害剤で処理した転写反応の44つだけ0.07倍のRNAを転写GA(tpfc)処理DNAと、コントロールよりも少ないRNAが得られた未処理DNAなど。 tpfc処理したDNAは、明らかな阻害を示さなかった。全てのサンプルは、比較的純粋なサンプルを示し、約2.2のA 260 / A 280比を有する。 RNAスピンカラムで精製して、短いRNAが20以下のヌクレオチド長いストランド削除されます。残存DNAまたは20ヌクレオチドより長い鎖は、精製されたサンプルと考えられているものに存在してもよい。これらのわずかな不純物は、2.1よりもわずかに大きいA 260 / A 280比をもたらすであろう。

図1
(III)5,10,15-(トリス)pentafluorophenylcorrole(GA(Tガリウムの図1の分子構造PFC))と遊離塩基アナログ5,10,15-(トリス)pentafluorophenylcorrole(tpfc)。 この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

図2
図2.細胞毒性曲線およびGI前立腺corroles 50値(DU-145)(灰色)、乳癌(MDA-MB-231)(青)、皮膚(SK-MEL-28)(オレンジ)、及び卵巣(OVCAR -3)(緑)の癌細胞株。細胞を、(A)のGa(tpfc)と共にインキュベートし、製造業者のプロトコルに従ってMTS比色細胞生存度アッセイを用いて生存率を決定することにより、続いて(B)tpfc、た。 こちらをクリックしてくださいこれの拡大版を表示するには図。

図3
インキュベーションの4時間後に転写反応の図3エチジウムブロマイド染色アガロースゲル(1%)。レーン1は、標準として千bpのDNAラダーである。 、対照(レーン2)、​​アクチノマイシンD(レーン3):レーン2-6は0.43 pmolのDNAから転写された各阻害剤の4.3フェムトモルで処理RNA(:0.01 [鋳型DNA塩基]比[錯体])を示すトリプトリド(レーン4)、tpfc(レーン5)、およびGa(tpfc)(レーン6)。

図4
図4. UV-Visの1のスペクトル:インキュベーションの4時間後での転写されたRNAの200希釈転写反応のためのDNAテンプレートがない複雑な、またはアクチノマイシンDと、トリプトライド、tpfc、またはGa(tpfc)で処理した時[複合体]:[テンプレートDNA塩基] 0.01:1の比。 RNA濃度は、260nmでのODにより測定される。

アイス上で凍結させた試薬を解凍:
アデノシン三リン酸、グアノシン三リン酸、シチジン三リン酸、およびウリジン三リン酸(ATP、CTP、GTP、UTP)の75 mMのソリューション
ヌクレアーゼフリー水
10×反応緩衝液(1×反応緩衝液:40mMのトリス-HCl、6のMgCl 2、2mMのスペルミジン、10mMのジチオスレイトール、pHは7.9)
線形化鋳型DNA(0.5μg/ mlの、1.85キロバイト)
RNAポリメラーゼ酵素(20 U /μL)

凍結した試薬の表1.リスト。

転写反応を開始するには、0.2ミリリットル薄壁PCRチューブ内の各試薬の次の量を追加します。
2μLATP溶液(75 mM)を
2μlのCTP溶液(75 mM)を
2μlのGTP溶液(75 mM)を
2μlのUTP溶液(75 mM)を
1μlのヌクレアーゼフリー水
2μlの10倍反応バッファー
0.5μgの/μlの直鎖状鋳型DNAの2μL
5μlの複合体(空白、アクチノマイシンD、トライド、tpfc、GA(tpfc)などの核物質を含まない水)
2μlのRNAポリメラーゼ(20 U /μL)

転写反応のための試薬 ​​の表2.リスト。

時点(HR) 複雑な 260 280 </ strong>の 260 / A 280 希釈係数 [RNA]:260
(μg/ ml)を
[RNA](mg / ml)で
4 コントロール 7.583 3.516 2.16 200 40 60.67
4 アクチノマイシンD 0.955 0.438 2.18 200 40 7.638
4 トリプトリド 1.794 0.816 2.2 200 40 14.35
4 tpfc 7.858 3.631 2.16 200 40 62.87
4 GA(tpfc) 0.554 0.232 2.39 200 40 4.434

紫外-可視分光法により測定し、4時間後に転写されたRNAの表3濃度および純度。吸光係数、一本鎖RNAは、0.025(μg/ ml)を-1 cm -1であるが、1.0のA 260読み取りが約等価である40μgのRNA / mlの、及び純粋なRNAは、2.1のA 280分の260比を有する。45

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

このアッセイは、ジョージア(tpfc)の添加が知られているDNA結合抗癌剤複合体アクチノマイシンDおよびトリプトライドと同等にRNAの転写を阻害することを実証している。 GA(tpfc)(GI 50 = 58.1から154.7μM)の細胞傷害性挙動は、その抑制的特性によることがあります。ない転写抑制がtpfc観察されなかったので、tpfcの細胞毒性は、RNA転写阻害によるものではないが、まだ研究されていない他の手段によって引き起こされる。

行わ4転写反応において、DNAは、で、アクチノマイシンD、トリプトライド、tpfc、またはGa(tpfc)で処理した[錯体]:[テンプレートDNA塩基]は、それぞれ0.01、または未処理対照の割合。転写反応試薬を合わせて、転写反応を37℃で4時間進行させた。転写されたRNAは、RNAスピンカラムおよびUV-Visのゲル電気泳動により分析収率で精製した。転写阻害の性質はfurtすることができる彼女は、種々変更して、これと同じ手法を用いて検討し、または化合物は、 インビトロおよびインビボ試験で代替を行うことができる。阻害の分子の性質を判断するのに役立ち得る追加実験が可能コロール-DNA付加体または転写反応の計算モデルのX線結晶解析を含む。この実験の目的は、化合物は、それらの潜在的な抗癌特性についての情報を収集するために、転写を阻害するかどうかを決定することであった。その目的は達成された:GA(tpfc)は明確な阻害とメリットさらなる研究を示しながらtpfc、阻害を示さなかった。

RNA転写アッセイは、より機械的な詳細を提供するために変更することができる。転写反応が完了した後、抗癌剤( 例えば 、コロール複合体)の添加は、複合体が分解するかどうかを表示またはRNAを加水分解することができる。別の推奨される実験は実施することであるRNAポリメラーゼ酵素を除く全ての成分を有する転写反応DNAまたは酵素が関与する阻害機構との間の区別を可能にするために、下位10倍。最後に、RNA転写の前にDNAまたは複合体とポリメラーゼとのインキュベーションは、複雑な防錆品質がそれぞれ、DNA結合またはポリメラーゼに関与しているかどうかを確認する、増加し、複雑で、それぞれの標的との結合を可能にするであろう。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Acknowledgments

私たちは心からゲル電気泳動のヘルプは博士シンディN.チウに感謝し、DNA及び制限酵素の彼らの寛大な寄付のためのアンディ周とマイケルGrodick。私たちは感謝の機器や材料への寛大なアクセスするための教授J·ヒースと教授D.プローバを認める。私たちは、役立つ提案博士カーンSorasaeneeに感謝。私たちは、ビデオ内の概略図で使用されるイラストを作成するためのメアリーH.唐に感謝。資金は、ジョンソン·エンド·ジョンソンとUSC Y86786によって提供されました。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
Actinomycin D Sigma-Aldrich A1410 Store at 2-8 °C , protect from light
Triptolide Sigma-Aldrich T3652 Store at 2-8 °C , protect from light
nuclease-free H2 Life Technologies AM9938
MEGAscript T7 Transcription Kit Life Technologies AM1334 Store at –20 °C 
Ethidium Bromide Sigma-Aldrich E7637 CAUTION: For proper handling procedures of ethidium bromide, please see: http://www.sciencelab.com/msds.php?msdsId=9927667
Tris Acetate Sigma-Aldrich T6025
Ethylenediaminetetraacetic acid (EDTA) Sigma-Aldrich EDS
UltraPure Agarose Life Technologies 16500-100
mini Quick Spin RNA Columns Roche Life Science 11814427001 Store at 2-8 °C , do not freeze
1 kb DNA Ladder New England Biolabs N3232S Store at –20 °C 

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. American Cancer Society. American Cancer Society. Atlanta. Available from: http://www.cancer.org (2014).
  2. Weinstein, I. B. Addiction to oncogenes—The Achilles heel of cancer. Science. 297, 63-64 (2002).
  3. Derheimer, F. A., Chang, C. W., Ljungman, M. Transcription inhibition: A potential strategy for cancer therapeutics. Eur. J. Cancer. 41, (16), 2569-2576 (2005).
  4. Koumenis, C., Giaccia, A. Transformed cells require continuous activity of RNA polymerase II to resist oncogene-induced apoptosis. Mol. Cell. Biol. 17, (12), 7306-7316 (1997).
  5. Stellrecht, C. M., Chen, L. S. Transcription Inhibition as a Therapeutic Target for Cancer. Cancers. 3, (4), 4170-4190 (2011).
  6. Bensaude, O. Inhibiting eukaryotic transcription: Which compound to choose? How to evaluate its activity. Transcription. 2, (3), 103-108 (2011).
  7. Liu, Q. Triptolide and its expanding multiple pharmacological functions. International Immunopharmacology. 11, (3), 377-383 (2011).
  8. Mahammed, A., Gray, H. B., Weaver, J. J., Sorasaenee, K., Gross, Z. Amphiphilic corroles bind tightly to human serum albumin. Bioconjugate Chemistry. 15, (4), 738-746 (2004).
  9. Lim, P. Differential cytostatic and cytotoxic action of metallocorroles against human cancer cells: Potential platforms for anticancer drug development. Chemical Research in Toxicology. 25, (2), 400-409 (2012).
  10. Bendix, J., Dmochowski, I. J., Gray, H. B., Mahammed, A., Simkhovich, L., Gross, Z. Structural, electrochemical, and photophysical properties of gallium(III) 5,10,15-tris(pentafluorophenyl)corrole. Angewandte Chemie-International Edition. 39, (22), 4048-4051 (2000).
  11. Hwang, J. Y., Gross, Z., Gray, H. B., Medina-Kauwe, L. K., Farkas, D. L. Ratiometric spectral imaging for fast tumor detection and chemotherapy monitoring in vivo. Journal of Biomedical Optics. 16, (6), 1-6 (2011).
  12. Agadjanian, H. Tumor detection and elimination by a targeted gallium corrole. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 106, (15), 6105-6110 (2009).
  13. Hwang, J. Y. Photoexcitation of tumor-targeted corroles induces singlet oxygen-mediated augmentation of cytotoxicity. Journal of Controlled Release. 163, (3), 368-373 (2012).
  14. Hwang, J. Y., et al. Investigating photoexcitation-induced mitochondrial damage by chemotherapeutic corroles using multimode optical imaging. Journal of Biomedical Optics. 17, (1), 11 (2012).
  15. Hwang, J. Y. A Mechanistic Study of Tumor-Targeted Corrole Toxicity. Molecular Pharmaceutics. 8, (6), 2233-2243 (2011).
  16. Saltsman, I., Mahammed, A., Goldberg, I., Tkachenko, E., Botoshansky, M., Gross, Z. Selective substitution of corroles: Nitration, hydroformylation, and chlorosulfonation. Journal of the American Chemical Society. 124, (25), 7411-7420 (2002).
  17. Gershman, Z., Goldberg, I., Gross, Z. DNA Binding and Catalytic Properties of Positively Charged Corroles. Angewandte Chemie. 46, (23), 4320-4324 (2007).
  18. Fu, P. K., Bradley, P. M., Turro, C. Stabilization of duplex DNA structure and suppression of transcription in vitro by bis(quinone diimine) complexes of rhodium(III) and ruthenium(II). Inorganic Chemistry. 42, (3), 878-884 (2003).
  19. Sorasaenee, K., Fu, P. K. -L., Angeles-Boza, A. M., Dunbar, K. R., Turro, C. Inhibition of Transcription in Vitro by Anticancer Active Dirhodium(II) Complexes. Inorg. Chem. 42, (4), 1267-1271 (2003).
  20. Aguirre, J. D., Lutterman, D. A., Angeles-Boza, A. M., Dunbar, K. R., Turro, C. Effect of axial coordination on the electronic structure and biological activity of dirhodium(II,II) complexes. Inorganic Chemistry. 46, (18), 7494-7502 (2007).
  21. Raja, N. S., Nair, B. U. Chromium(III) complexes inhibit transcription factors binding to DNA and associated gene expression. Toxicology. 251, (1-3), 61-65 (2008).
  22. Gao, F., Chen, X., Wang, J. Q., Chen, Y., Chao, H., Ji, L. N. In Vitro Transcription Inhibition by Ruthenium(II) Polypyridyl Complexes with Electropositive Ancillary Ligands. Inorganic Chemistry. 48, (13), 5599-5601 (2009).
  23. Chen, X., Gao, F., Zhou, Z. X., Yang, W. Y., Guo, L. T., Ji, L. N. Effect of ancillary ligands on the topoisomerases II and transcription inhibition activity of polypyridyl ruthenium(II) complexes. Journal of Inorganic Biochemistry. 104, (5), 576-582 (2010).
  24. Chen, X., Gao, F., Yang, W. Y., Sun, J., Zhou, Z. X., Ji, L. N. Effects of intercalative ligands on the DNA binding, DNA topoisomerase II and DNA transcription inhibition of polypyridyl ruthenium(II) complexes. Inorganica Chimica Acta. 378, (1), 140-147 (2011).
  25. Chen, X., Gao, F., Yang, W. Y., Zhou, Z. X., Lin, J. Q., Ji, L. N. Structure-activity relationship of polypyridyl ruthenium(II) complexes as DNA intercalators, DNA photocleavage reagents, and DNA topoisomerase and RNA polymerase inhibitors. Chemistry & Biodiveristy. 10, (3), 367-384 (2013).
  26. Chifotides, H. T., Fu, P. K., Dunbar, K. R., Turro, C. Effect of equatorial ligands of dirhodium(II,II) complexes on the efficiency and mechanism of transcription inhibition in vitro. Inorganic Chemistry. 43, (3), 1175-1183 (2004).
  27. Pauly, M., Kayser, I., Schmitz, M., Dicato, M., Del Guerzo, A., Kolber, I., Moucheron, C., Kirsch-De Mesmaeker, A. In vitro inhibition of gene transcription by novel photo-activated polyazaaromatic ruthenium(II) complexes. Chemical Communications. 10, 1086-1087 (2002).
  28. Richardson, D. R. Iron and gallium increase iron uptake from transferring by human melanoma cells: Further examination of the ferric ammonium citrate-activated iron uptake process. Biochimica et Biophysica Acta. 1536, (1), 43-54 (2001).
  29. Collery, P., Keppler, B., Madoulet, C., Desoize, B. Gallium in cancer treatment. Critical Reviews in Oncology / Hematology. 42, (3), 283-296 (2002).
  30. Hedley, D. W., Tripp, E. H., Slowiaczek, P., Mann, G. J. Effect of gallium on DNA synthesis by human T-cell lymphoblasts. Cancer Research. 48, (11), 3014-3018 (1988).
  31. Chitambar, C. R., Narasimhan, J., Guy, J., Sem, D. S., O’Brien, W. J. Inhibition of ribonucleotide reductase by gallium in murine leukemic L1210 cells. Cancer Research. 51, 6199-6201 (1991).
  32. Seidman, A. D. Continuous infusion gallium nitrate for patients with advanced refractory urothelial tract tumors. Cancer. 68, 2561-2565 (1991).
  33. Chitambar, C. R. Medical applications and toxicities of gallium compounds. International Journal of Environmental Research and Public Health. 7, (5), 2337-2361 (2010).
  34. Chitambar, C. R. Gallium-containing anticancer compounds. Future Medicinal Chemistry. 4, (10), 1257-1272 (2012).
  35. Trask, D. K., Muller, M. T. Stabilization of type I topoisomerase-DNA covalent complexes by actinomycin D. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 85, (5), 1417-1421 (1988).
  36. Chang, T. C., Tsai, L. C., Hung, M. W., Chu, L. L., Chu, J. T., Chen, Y. C. Effects of transcription and translation inhibitors on a human gastric carcinoma cell line. Potential role of Bcl-X(S) in apoptosis triggered by these inhibitors. Biochemical Pharmacology. 53, (7), 969-977 (1997).
  37. Mischo, H. E., Hemmerich, P., Grosse, F., Zhang, S. Actinomycin D induces histone gamma-H2AX foci and complex formation of gamma-H2AX with Ku70 and nuclear DNA helicase II. The Journal of Biological Chemistry. 280, (10), 9586-9594 (2005).
  38. Titov, D. V. XPB, a subunit of TFIIH, is a target of the natural product triptolide. Nature Chemical Biology. 7, (3), 182-188 (2011).
  39. Leuenroth, S. J., Crews, C. M. Triptolide-induced transcriptional arrest is associated with changes in nuclear substructure. Cancer Researcg. 68, (13), 5257-5266 (2008).
  40. Vispé, S. Triptolide is an inhibitor of RNA polymerase I and II-dependent transcription leading predominantly to down-regulation of short-lived mRNA. Molecular Cancer Therapeutics. 8, (10), 2780-2790 (2009).
  41. MEGAscript T7 Transcription Kit User Guide. Current Protocols in Molecular Biology. Life Technologies. Carlsbad. Available from: http://tools.lifetechnologies.com/content/sfs/manuals/1330M_G.pdf (2014).
  42. Fleige, S., Pfaffl, M. W. RNA integrity and the effect on the real-time qRT-PCR performance. Molecular Aspects of Medicine. 27, (2-3), 126-139 (2006).
  43. Quick Spin Columns Protocol. Roche Diagnostics GmbH. Mannheim. Available from: https://pim-eservices.roche.com/LifeScience/Document/95c2b1f8-7cf1-e311-98a1-00215a9b0ba8 (2013).
  44. RNA quality control. KU Leuven: Biomedical Genomics. Leuven. Available from: http://biomedicalgenomics.org/RNA_quality_control.html (2007).
  45. Sabris, R. W. Handbook of biological dyes and stains: synthesis and industrial application. Wiley. Hoboken, NJ. (2010).

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Usage Statistics