接着および非接着性の哺乳動物細胞 in situ細胞下分画

Published 7/23/2010
0 Comments
  CITE THIS  SHARE 
Biology

Your institution must subscribe to JoVE's Biology section to access this content.

Fill out the form below to receive a free trial or learn more about access:

Welcome!

Enter your email below to get your free 10 minute trial to JoVE!





By clicking "Submit", you agree to our policies.

 

Summary

顕微鏡のカバーグラス上に、哺乳動物細胞 in situ細胞下分画ではタンパク質の局在を可視化できる。

Cite this Article

Copy Citation

Sawasdichai, A., Chen, H., Abdul Hamid, N., Jayaraman, P., Gaston, K. In situ Subcellular Fractionation of Adherent and Non-adherent Mammalian Cells. J. Vis. Exp. (41), e1958, doi:10.3791/1958 (2010).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

Protocol

分別のためのI.準備

このセクションでは、ポリ- L -リジンコートした顕微鏡のカバーガラスと分画の前に細胞の添付ファイルの準備について説明します。必要に応じて細胞は一過性に付着前または後に、タンパク質の発現ベクターをトランスフェクトすることができます。

ポリ- L -リジンコートしたカバースリップのA.の準備

  1. 蒸留水で1mg/mlポリ- L -リジンの溶液を調製します。
  2. 22にロッキングプラットフォーム上で少なくとも1時間溶液中でそれらをインキュベートすることによりポリ- L -リジンでコーティングクリーンカバースリップ℃に
  3. 二回滅菌蒸留水でコーティングされたカバーガラスを洗浄し、96%エタノールを持つ単一の洗浄に従ってください。
  4. 空気はフィルター紙の上にコーティングされたカバーガラスを乾燥させ、将来の使用のためのドライコンテナ(一度乾燥、それらを積層することができます)に保管してください。

カバーガラスにB.添付細胞

非接着細胞(ここでは、K562細胞を使用)

  1. 上向きにコーティングされた表面を有する6ウェルプレートのウェル中のポリ- L -リジンコートしたカバースリップを配置。
  2. /よくダルベッコ変法イーグル10%ウシ胎児血清(FBS)を添加した培地(DMEM)、およびPS(ペニシリン100units/ml、ストレプトマイシン100mg/ml)の7 × 10 5細胞の密度でシードK562細胞。 K562細胞の場合には一過性トランスフェクションは、細胞を播種する前に、エレクトロポレーション(250V /975μFでのメディアの200μlの中の1 × 10 7細胞と0.4センチメートルエレクトロポレーションキュベット)を使用して実行することができます。
  3. 37℃、5%のC CO 2で24時間細胞をインキュベートする。
  4. 培地を捨て、生理食塩水(PBS)バッファリングされた氷冷リン酸で細胞を2回洗浄する。
  5. 細胞下分画プロトコルで従ってください。

接着細胞(ここでは、Cos - 7細胞を使用)

  1. 6ウェルプレートのウェルにコーティングされていないカバースリップを配置。
  2. PBSで2回洗浄は37℃で温した
  3. 37℃でPBS中のトリプシン(0.03%EDTA、0.25%トリプシン)で消化して細胞を剥離℃で2〜5分間。細胞を過剰消化するために、主に個々の浮遊細胞が存在するとすぐに消化を停止しないことが重要です。
  4. /ウェル、10%FBSとPSG(ペニシリン100単位/ ml、ストレプトマイシン100ug/mlとL -グルタミン292ug/ml)を添加したDMEMで6穴プレートに3 × 10 5細胞の密度で細胞を播種による消化を停止する、通常のカバースリップ上で。接着細胞は、一般的に必要に応じしかし、ポリ- L -リジンコートしたカバースリップを使用することができる、通常の顕微鏡のカバースリップの上にも添付する。
  5. 37℃、5%CO 2で24時間細胞をインキュベートする。の場合Cos - 7細胞で一過性トランスフェクションは、トランスフェ6(Roche社)であれば、必要なと37℃でさらに24時間℃、5%のCO 2を回収するために左のセルを用いて行うことができる。
  6. 培地を捨て、氷冷したPBSで細胞を2回洗浄する。
  7. 細胞下分画プロトコルで従ってください。

II。細胞下分画

その場分数回路図を図1に示すように、と変更以前に7と以下の詳細なプロトコールに記載してこれまで5に記載の方法に基づいているに応じて実行されます。それは、液体を除去する前にカバーを取り外し、各分画ステップの後、新鮮な6ウェルプレートにカバースリップを転送することをお勧めします。わずか4カバースリップが撮像が必要であるが、追加のカバースリップは、これは並列に実行する場合は、ウェスタンブロッティングのための全細胞抽出液と核マトリックスの分画を生成するために必要とされています。

  1. 10mMのPIPES、300mmのスクロース、100mMの塩化ナトリウム、3mmののMgCl 2、1mMのEGTA:細胞骨格のバッファ(CSK)を準備し、フィルタ。 CSKバッファーは、新鮮な分別の日に準備する必要があります。
  2. 必要な場合は、1つのカバースリップから細胞を穏やかに直接カバーガラスの上に200ulのTESバッファー(1%SDS、2mMのEDTA、20mMのトリス- HCl pH7.4)を配置し、1〜2分間インキュベートすることにより、ウェスタンブロッティングのために全細胞抽出液を調製するために使用することができます。 22℃全細胞抽出液を除去し、タンパク質は、1Mの250ul(NH 4)2 SO 4を添加すると、他の西部のサンプルが準備が整うまで氷上でインキュベートすることにより、沈殿させることができる。
  3. 22℃傾けて6ウェルプレートに2〜3回で二回1ミリリットルの氷冷PBSで残りのカバーグラスを洗ってください。
  4. 細胞全体と新鮮な6 - ウェルプレートへの転送を表すカバーを取り外します。細胞の固定と免疫蛍光プロトコルに従ってください。
  5. 静かに残りのウェルからPBSを取り除く。
  6. + 0.1%(V / V)トリトンX - 100は、それぞれの残りのカバーグラス上に直接静かに200ulのCSKのバッファを配置することにより、細胞質と緩く保有核タンパク質を抽出し、上でインキュベートする1分間氷。
  7. 細胞質を削除し、緩く、ステップ2で説明した核抽出液と沈殿物を開催しました。
  8. 22で二回1ミリリットルの氷冷PBSでカバーグラスを洗う° Cを傾け6ウェルプレートで。
  9. しっかりと開催された核物質を表すカバーを取り外して、細胞の固定と免疫蛍光プロトコルに従ってください。
  10. 優しく+ 0.5%(V / V)トリトンX - 100は、残りの各カバースリップ上に直接優しく200ul CSKのバッファを配置することによって、しっかりと保持しタンパク質を抽出し、20分間氷上でインキュベート後、残りのウェルからPBSを取り除く。
  11. しっかりと開催されたエキスを取り出して、ステップ2で説明したように沈殿する。
  12. 22で二回1ミリリットルの氷冷PBSでカバーグラスを洗う° Cを傾け6ウェルプレートで。
  13. クロマチン画分を表すカバーを取り外して、細胞の固定と免疫蛍光プロトコルに従ってください。
  14. そっとして場所200ul CSKバッファー+ 100ug/ml DNase Iの30分の残りのカバーガラスとインキュベート上で37℃、残りのウェルからPBSを削除する
  15. クロマチンエキスを削除し、手順2で説明したように沈殿する。
  16. ° C傾け6ウェルプレート22に回氷冷PBSでカバーグラスを洗ってください。
  17. 核マトリックス画分を表すカバーを取り外して、細胞の固定と免疫蛍光プロトコルに従ってください。
  18. 必要に応じてマトリックスタンパク質は、ステップ2で説明したように200ulのTES緩衝液を用いてウェスタンブロットのための追加的な行列のカバースリップから削除することができます。
  19. ウェスタンブロット用サンプルは4℃ベンチトップ遠心機で13000rpmで遠心分離されるべき℃、40ul SDSローディングバッファー(62.5mMトリス- HCl、pH6.8、2%SDS(w / v)の、50mMのDTT、中に再懸濁したペレットSDS - PAGEによる分析の前に10%グリセロール、0.01%ブロモフェノールブルー(W / V))。
    図1
    図1。回路図上皮細胞下分画の表現。細胞骨格のバッファ(CSK)は、10mMのPIPES、300mmのスクロース、100mMの塩化ナトリウム、3mmのMgCl 2を 、1mMのEGTAで構成されています。 TESバッファーは、1%SDS、2mMのEDTA、20mMのトリス- HCl pH7.4の構成されています。

III。細胞の固定と免疫蛍光

  1. ゆっくりと30分間、4℃でそれぞれカバーしてインキュベート° Cに4%ホルムアルデヒド/ PBSを1mlを加える。
  2. 各カバースリップ22のPBSを1mlと軽く2〜3回℃を洗う
  3. 10分間22℃でそれぞれカバーしてインキュベートして、0.1%トリトンX-100/PBSの400ulを追加。
  4. 各カバースリップ22のPBSを1mlと軽く2〜3回℃を洗う
  5. 潜在的なバックグラウンド染色を低減するために20分間22℃で3%ウシ血清アルブミン(BSA)/ PBSとインキュベートの400ulを追加。
  6. 各カバースリップ22のPBSを1mlと軽く2〜3回℃を洗う
  7. 直接1時間22℃でカバースリップとインキュベート上にPBSで一次抗体の代わりに100ul。一次および二次抗体は、所望の濃度にPBSで希釈してください。これは、使用される各抗体のために最適化する必要があります。
  8. 各カバースリップ22のPBSを1mlと軽く2〜3回℃を洗う
  9. 22のPBSとインキュベートにおける二次抗体の代わりに200ul℃で1時間離れて軽いからC。
  10. 各カバースリップ22のPBSを1mlと軽く2〜3回℃を洗う
  11. DAPI(4',6 -ジアミジノ-2 - フェニル塩酸塩)を含むVectashieldマウンティング培地を用いてガラスの顕微鏡スライド上に各カバースリップを(細胞がダウンして)マウントする。
  12. ペーパータオルを使用してカバースリップの周りから余分な封入剤をふき取り、少なくとも30分の光を避け、22℃でスライドをインキュベートする。
  13. 透明なアクリルのマニキュアを使ってガラススライドにカバースリップを修正。
  14. 蛍光顕微鏡による可視化する前に離れて光からスライドしてください。

IV。代表的な結果

図2
図2。非トランスフェクトしたCOS - 7細胞の細胞下分画。分別したCos - 7細胞をホルムアルデヒドで固定し、DAPIを含む封入剤で処理しTRITCに共役/ C抗体α-チューブリン、α-ヒストンH1またはα-ラミンを使用して免疫染色を行った。画像は、10倍接眼レンズとライカ共焦点顕微鏡を使用して63x対物レンズで取得した。細胞核は、マーカー抗体で染色した同じ分野の細胞中にDAPIフィルターセットを用いて可視化したTRITCフィルターセットを用いて可視化した。

図3
図3。 GFP - 6E2融合タンパク質は核マトリックスに関連付けられています。ヒトパピローマウイルス(HPV)タイプ6に融合された緑色蛍光タンパク質(GFP)で構成される融合タンパク質を発現しているCOS - 7細胞の細胞下分画E2タンパク質(GFP - 6E2)。トランスフェクトされた細胞におけるGFP - 6E2の局在は、GFP蛍光を経由して直接視覚化された一方細胞核はDAPI染色を介して可視化した。ラミンA / Cは、α-ラミンTRITCおよびTRITCフィルターセットに結合したA / C抗体を用いて可視化した。マージのイメージは、GFP - 6E2タンパク質の一部は核マトリックス(右下のパネル)に関連付けられていることを明らかにする。図2で説明したように画像が得られた。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

一般的な問題や提案:

すべてまたは細胞のほとんどは、洗浄中に失われます。洗浄ステップ中に液体がカバースリップを避ける6ウェルプレートの側に徐々に追加する必要があります。同様に液体を慎重に傾けプレートによって除去されるべきであると徐々に余分な水分をオフにピペッティング。細胞接着は、ポリ- L -リジンコートしたカバースリップを使用して増やすことができます。

ゲノムDNAを完全に消化されていません。いくつかの細胞型のためにDNase Iによる消化工程では、ゲノムDNAの完全な除去を達成するために拡張され、/またはDNase Iの濃度が増加する必要があります。

固定と分別アーティファクト。いくつかのタンパク質が固定または分画6でrelocalizeできることに注意することは重要です。例えば、核膜の核は、次の崩壊から放出されたタンパク質は、そうでない場合は十分に分離区画に置かれるサイトにバインドできます。これらの効果は、ホルムアルデヒドの代わりにパラホルムアルデヒドを用いて、例えば別の固定法を用いて得られた結果を比較することによって最小限に抑えることができます。ライブセルイメージングには、少なくとも3全体の細胞にも役立ちます。

この手法は、GFPの融合タンパク質の検出に適しています。しかし、融合タンパク質は、タグなしのタンパク質と同様の方法で動作することを確認することが重要です。過剰発現が劇的にサブ細胞内局在を変えることができるタンパク質ので、タンパク質が同等のレベルで発現されていることを滴定によって確認することも重要です。

技術のアプリケーション:

この活用されていない技術は、タンパク質の局在化が異なる細胞内ドメインや構造物の十分に特徴付けられたマーカーを参照して決定することができ、細胞生物学の多くの分野にまたがってアプリケーションを持っています。例えば、多くの転写因子は、細胞質に局在して緩く開催核質、クロマチンおよび/ ​​または核マトリックス1,2,4の複雑な分布を表示します。これらの各ドメインの局在は、タンパク質の機能だけでなく、タンパク質の代謝回転と翻訳後修飾に影響を与えることができる。

このような核マトリックスなどの特定のドメインへのタンパク質の共局在は、タンパク質の機能についての洞察を提供することができます。特定の信号および/ ​​またはパートナーのタンパク質の発現に応答してタンパク質の再局在化は、タンパク質の機能の1,4に光を当てることができる。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Disclosures

利害の衝突は宣言されません。

Acknowledgements

Anyaporn SawasdichaiとNazefahアブドゥルハミドは、博士号のためにそれぞれタイ王国政府とマレーシア政府に感謝しています奨学金。この作品は、PSJとKGに授与ウェルカムトラストのプロジェクトの助成金によって賄われていた。我々はまた、ブリストルウォルフソンのバイオイメージング施設の大学に感謝しています。

Materials

Name Type Company Catalog Number Comments
BSA Chemical Sigma-Aldrich A9647-100G
DNase I Chemical Sigma-Aldrich DN25-1G
poly-L-Lysine Chemical Sigma-Aldrich P-8920
Trypsin Chemical
EGTA Chemical Sigma-Aldrich E4378-25G
Fomaldehyde Chemical VWR 284216N
PIPES Chemical Sigma-Aldrich P-6757
Sucrose Chemical Fisher Scientific S/8600/53
Triton X-100 Chemical Sigma-Aldrich T-6876
Mounting Medium with DAPI Chemical Vector Laboratories H-1200
Fugene 6 Transfection Reagent Chemical Roche Group 11814443001
Histone H1 Antibodies Santa Cruz Biotechnology, Inc. SC-8030
Lamin A/C Antibodies Santa Cruz Biotechnology, Inc. SC-20681
Tubulin-α Antibodies Santa Cruz Biotechnology, Inc. SC-32293

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Donaldson, M. M., Boner, W., Morgan, I. M. TopBP1 regulates human papillomavirus type 16 E2 interaction with chromatin. J Virol. 81, 4338-4342 (2007).
  2. Javed, A., Guo, B., Hiebert, S., Choi, J. Y., Green, J., Zhao, S. C., Osborne, M. A., Stifani, S., Stein, J. L., Lian, J. B., van Wijnen, A. J., Stein, G. S. Groucho/TLE/R-esp proteins associate with the nuclear matrix and repress RUNX (CBF(alpha)/AML/PEBP2(alpha)) dependent activation of tissue-specific gene transcription. J Cell Sci. 113, 2221-2231 (2000).
  3. Kowalczyk, A. M., Roeder, G. E., Green, K., Stephens, D. J., Gaston, K. Measuring the induction or inhibition of apoptosis by HPV proteins. Methods Mol. Med. 119, 419-432 (2005).
  4. McLarren, K. W., Theriault, F. M., Stifani, S. Association with the nuclear matrix and interaction with Groucho and RUNX proteins regulate the transcription repression activity of the basic helix loop helix factor Hes1. J Biol. Chem. 276, 1578-1584 (2001).
  5. McNeil, S., Guo, B., Stein, J. L., Lian, J. B., Bushmeyer, S., Seto, E., Atchison, M. L., Penman, S., van Wijnen, A. J., Stein, G. S. Targeting of the YY1 transcription factor to the nucleolus and the nuclear matrix in situ: the C-terminus is a principal determinant for nuclear trafficking. J Cell Biochem. 68, 500-510 (1998).
  6. Melan, M. A., Sluder, G. Redistribution and differential extraction of soluble proteins in permeabilized cultured cells. Implications for immunofluorescence microscopy. J Cell Sci. 101, 731-743 (1992).
  7. Zou, N., Lin, B. Y., Duan, F., Lee, K. Y., Jin, G., Guan, R., Yao, G., Lefkowitz, E. J., Broker, T. R., Chow, L. T. The hinge of the human papillomavirus type 11 E2 protein contains major determinants for nuclear localization and nuclear matrix association. J. Virol. 74, 3761-3770 (2000).

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Video Stats