誘発された模倣パラダイムを使用して乳児期や幼児期にリコールメモリを調べます

Behavior

Your institution must subscribe to JoVE's Behavior section to access this content.

Fill out the form below to receive a free trial or learn more about access:

 

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations

Lukowski, A. F., Milojevich, H. M. Examining Recall Memory in Infancy and Early Childhood Using the Elicited Imitation Paradigm. J. Vis. Exp. (110), e53347, doi:10.3791/53347 (2016).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

Introduction

リコールメモリの重要性は誇張することはできません。この能力は、その日の朝、その歯医者の予約で何が起こったかのように、人間がその日の世俗的な側面について報告することができ、ならびにそのような彼らの結婚式の日または日と彼らの最も重要なライフイベント、自分の子供が生まれました。成人のリコールメモリを検査するために使用される口頭報告の方法は、言語習得前の幼児や子供との研究に用いることができないという点で、この能力の発達を理解することは、しかし、複雑です。このため、研究者は、幼児や子供たちが言語を使用して、過去を議論する前に、リコールメモリを研究するために誘発されたか、遅延模倣として知られている行動の方法を開発しました。この原稿は、生後6〜24ヶ月から幼児や子供との誘発または遅延模倣手順の一バージョンを実装するための手順を説明します。説明する手順は、個々のCOMPONのためのメモリの評価が可能になるということでユニークですイベントのエントだけでなく、時間的順序情報の記憶。

ピアジェは、遅延模倣は表現能力の指標であったことを示すために、最初のうちだった。1彼は自分の子供たちの観察に部分的にこの結論をベース。例えば、ピアジェは彼の16ヶ​​月の娘、ジャクリーンが、彼女は約12時間以前の友人によって実証見たことがかんしゃくを再制定されていることを報告しました。重要なことは、ジャクリーンは彼女の友人の不在下で、比較的長い遅延の後、イベントを真似しました。これらの理由から、ピアジェは、ジャクリーンがエンコードされている必要があることを報告し、彼女は彼女が以前目撃した何のために継続的な知覚支援の不在下で、遅延の後に再制定することができるように、イベントの表現を維持しました。この観察などに基づいて、ピアジェは、子どもたちが同時に象徴のreprに従事する能力を開発していたとして、過去を思い出す能力は、人生の2年目に出現していることを述べましたesentation(言語の進歩によって証明さと遊びをふりとして)。

さらに最近では、誘発または遅延模倣手順が標準化されており、現在広く言語習得前の早期-口頭子供にリコールメモリおよび関連する能力を研究するために使用されます。パトリシア・バウアーによって開発された手順では、2,3参加者は簡単なベースライン期間のイベントの新規配列を作成するために使用される3次元の物質と相互作用します。研究者は、その後、しばしばナレーションで、イベントのシーケンスを完了する方法を示しています。すぐに(即時模倣)または数分から数ヶ月の範囲の遅延(繰延模倣)した後、参加者は機会が真似を許可されますか。データは、子供が(a)の実証のアクションを実行し、(b)は、それらが同じセッションで発表された新規の制御配列にベースラインまたは相対への正しい時間的順序の相対で生産されているかどうか(リファレンスを参照してくださいかどうかを決定するためにコード化されています5とHarleneヘインを含む他の研究者によって開発され、使用されている。6,7

複数の引数を誘発または遅延模倣手順で評価メモリのタイプは、宣言または自然の中で明示的であることを示すために提案されている(代わりに非宣言または暗黙的なの、複数のメモリ・システムの視点での情報のための基準8を参照てください)。関連する引数の完全なリストでは、他のソースで見つけることができますが、9 -プライマリポイントの14 3は、ここで提供されています。メモリの種類が評価されていることを一つの指標は、自然の中で明示的または宣言である子どもたちは、彼らが言語へのアクセスを獲得したら模造手順の文脈で行動的に経験した出来事について話していることであり、15,16暗黙的または非宣言思い出ができないため、言語を使用してアクセスすることが、後に口頭でのアクセシビリティの証拠は、調査中のメモリの種類は宣言または明示的であることを示唆しています。別の引数は、内側側頭葉17または海馬18への損傷を持つ個人は、年齢に応じた模造タスクに損なわれているということです。宣言的または明示的な記憶が海馬および関連する内側側頭葉構造の機能に依存しているため、これらの地域への脳の損傷と個人による性能低下の19証拠を評価し、メモリの種類は宣言または明示的であることを示唆しています。その模造評価は、特にメモリをリコール示すために、3番目の引数は、時間順序情報用のメモリを頭出しするために利用可能な知覚的サポートがないことである。それ自体は、個々のターゲット・アクションのキューリコールに役立つ可能性があるシーケンス材料は13、小道具を完了するために使用イベントはtemporに関して有用な情報を提供しませんターゲット・アクションが完了する必要があるアル順。このように、時間的順序情報は、イベントのデモンストレーションの際にエンコードする必要がありますし、時間をかけて維持しました。これらの理由から、誘発模造手順は、一般的に( - 22参考文献10,13,14,20参照 )言語習得前の早期-口頭幼児や子供にリコールメモリを研究するためのゴールドスタンダードとみなされています。

誘発模造手順の使用は、人生の最初の3年間のリコールメモリの進歩を理解するための強力な基盤を提供してきました。前回のレビューで述べたように、リコールで4,23,24開発は、メモリが保持される時間の期間に、確立されたメモリの堅牢性に明らかです。持続時間の面では、研究者は6ヶ月の乳児には、最大24時間のための3ステップのイベントシーケンスの一歩を思い出す。時間幼児によって6,25は、年齢の9ヶ月であり、それらは個々のターゲットアクションを覚えていることが示されています1ヶ月2段階イベントシーケンスを含むS。時間的順序情報の26,27メモリー幼児のわずか約50%が2ステップのシーケンスが以前に実証された順序を覚えているように、よりロバストです。乳児は生後10ヶ月である場合には、個々のターゲット・アクションのためのメモリは、6ヶ月間保持され、時間的順序情報は、3ヶ月間維持されている。27のみ10ヶ月後、子供たちは年齢の20ヶ月、時間的順序情報の記憶の証拠があるときであります12ヶ月の継続時間にわたる見かけ(さらに長く明白であろう- 12ヶ月は、参加者が28をテストする上で最も長い期間でした)。

リコールのロバスト性を考慮した場合、加齢に関連した変化は保持をサポートするために必要な露光回数および柔軟学習した情報を適用することで明らかです。たとえば、6ヶ月児は24時間DELAにわたる証拠メモリに最大6エクスポージャーを必要としますY、20ヶ月児のに対し、6は 1ヶ月後にリコールを実証するために一つだけの露出を必要としています。表現の柔軟性の面では29、12ヶ月児は、色だけが異なる手本を横切って彼らの学習を一般化しないでください。十八ヶ月児は、色だけが異なる手がかりを横切って彼らの学習を一般化するが、新たな手本は、色と形の両方で異なる場合に一般化を示すものではありません。 21ヵ月の時点で、しかし、手がかり全体の一般化は、子どもたちが柔軟に両方の寸法に変わる新たな手本に彼らの学習を適用するように、より堅牢である7また、研究は、その一般化は忘却から生まれていません示唆している:子供たちは、特定の機能に関する情報を保持します彼らは柔軟に新しい状況に自分の学習を適用するように、元のイベント。30,31

この原稿の目標は、具体的にバウアーによって開発された誘発模造手順を記述することです。本明細書に記載される方法は、その中で独特です手順は、時間的な順序のために、個々の研究者によって実証されたアクションだけでなく、メモリの両方のメモリの評価が可能になります。先に示したように、特定のアクションが完了する順序を頭出しするための個々の支柱内に存在しない知覚情報が存在しないことに留意することが重要です。したがって、正しい時間的順序で完了したアクションのペアのためのメモリは、個々の標的行動の再生に比べてリコールのより厳格なテストです。

誘発模倣手順において使用される三次元の刺激は、一般に、市販のおもちゃから作成またはプラスチックおよび/または木材から構成されています。参照;刺激は、(ゴングやメリーゴーランドを作るなど)の参加者や子供がそのような赤ちゃんにミルクを与えるか、ベッドにテディベアを置くなど、以前の経験を(持っていた可能性があるとのイベントのいずれかに新規であるイベントを示していますニーモニックPを比較研究のために2,3,32参照新規イベント対おなじみの上erformance)。イベントシーケンスは、さらに、任意の関連付けを、関係を有効にさせることによって拘束されるものとして分類され、またはそれらは本質的に任意であり関係等を有効にすることによって連結されているいくつかのステップを含むように、混合されます。関係を可能にすることによって制約シーケンスのステップ(子供が任意の順序ですべてのアクションを実行できるようにシーケンスが構築されなければならないが)明らかになるためのシーケンスエンド状態に指定された時間的な順序で完了する必要があります。 図1は、3を示しています関係を可能にすることによって制約されている-stepイベントシーケンス。年齢の20ヶ月未満の子供を持つ研究のために33若い、関係を可能にすることによって、制約の配列は最も頻繁に利用され、これらの年齢の子供たちは、 すなわち (チャンス性能を実証したよう。、50%未満を完了任意団体とのシーケンス上のアクションの実証されたペアの、参考文献2,28,32参照34、異なる配列の制約を持つイベントのニーモニック性能)を比較研究のための37から35。

図1
図1: イベントシーケンスは、シェーカーを作る有効にする三段階の例は、左側のパネルには、入れ子のカップのいずれかにブロックを置くの最初の工程を示します。中央のパネルは、ネストカップを組み立てる第二工程を示しています。右側のパネルは、組み立てられた装置を振って第三の工程を示しています。アクションは、任意の順序で完了することができるように配列材が構築されているが目標行動を実現するためのシーケンスエンド状態の正しい時間的順序で実行されなければなりません。参考文献からの許可を得て複製キャプションの図および部分。33,42 プリーズEこの図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

(方法論的変化は年長児や成人17,18のテストに対応するために行うことができますが)誘発模造手順は、最も頻繁に6〜24ヶ月から年齢の範囲の乳幼児と一緒に使用されています。典型的には、開発や制御参加者は、それらが用語(38±2週)で生まれているように、一般的に動員されると、このような早産38,39などの条件として、負の脳の発達に影響を与え、メモリを思い出すかもしれない任意の前または周産期の状態を経験していませんそして、妊娠糖尿病40,41は、減少リコールに関連しています。また、研究者は口頭でラベルがシーケンスのデモ中または検索手がかりとして使用される場合は、参加者33,42のネイティブ言語を認識する必要があります。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

ここで提供される管理命令は、カリフォルニア大学アーバイン校で治験審査委員会によって以前に承認されたものと類似しています。

1.機器

  1. 3椅子(研究者のための1つ、親のための1つ、と子供のための1)の成人サイズのテーブルを持っている子供の安全な部屋でテスト参加者。別の方法として、自分のテーブルで、または研究者によって提供される携帯用のテーブルの上に自分の家の子どもたちをテストします。
  2. 彼/彼女が研究に参加している児童(オーディオおよびビデオ)を記録するために三脚上に配置されたビデオカメラを使用してください。記録が明確に参加し、彼/彼女の視線だけでなく、完成したターゲットの各アクションのオブジェクトを示しているように、ビデオカメラを置きます。

2.テスト手順

  1. 準備し始める
    1. 大人サイズのテーブルの研究者から直接渡って子供を収容。ラップOに13カ月齢未満の子供は若い座りますFA親。彼らは親の膝の上に座ってする必要がない限り、大人サイズの椅子に取り付けられたブースターシート上の年齢以上のお子様を座ら。子供がブースターシートに着座されている場合は、次の子のテーブルに親を座ります。
    2. 研究者やテスト環境での快適性を確立するために、研究とは無関係の年齢に応じたおもちゃで遊びで子供を従事する。次に、言ってアクションを語りながら、上部または市販の形状選別機のおもちゃの側に形状を配置する方法は13カ月齢未満の子どもの若いショー26,27,43」でそれを入れてください。」 - 45古い与えます子供のプラスチックボールとスリンキー。 「それをロール」言いながらテーブル越しにボールを転がし、その後、言いながらスリンキーの内側にボールを置く」でそれを入れてください。」
    3. 子供模倣する機会を許可する前に、連続して2回、各デモンストレーションを実施します。
    4. 子供はでおもちゃを相互作用し、共有した後に進みます研究者。
  2. ベースライン
    1. テーブルの上に最初のイベントのシーケンス材料を入れて、同じ標準化された順序は参加者全体で使用されていることを確認。
    2. このような、として、シーケンス物質との相互作用を促進するための一般的な口頭プロンプトを提供しながら、子供に向けた小道具を押して、「あなたはこのようなもので何ができます?」。
    3. 子供は小道具と相互作用するように彼/彼女は、ターゲット・アクションを実行したとき、彼/彼女はより一般的に、配列材料と係合されている場合、両方の、正の強化を提供します。たとえば、「良い仕事を!」と言いますまたは「それはきちんとしたアイデアです!」子供は小道具を探るよう。子供はベースラインで第一の配列と相互作用しない場合は、第2.1.2項を繰り返します。
    4. 子供が気を取ら表示された場合、彼/彼女の名前を呼ぶか、タスクに彼/彼女の注意をリダイレクトする試みで、配列材料をタップします。28小道具がある方法でタップされていないことを確認してくださいターゲット・アクションやその完了の順番を示唆する。以下のような時間的な順序情報を示唆する語句の使用は避けてください "あなたが次に何をすればいいの?」または「次に何を?」。
    5. 小道具と相互作用する1.5と2分の間に13ヶ月未満の子供は若い許可26,27,43 - 。45子は、叩いて繰り返し、小道具を悪口として反復またはオフタスク行動に従事したときにそれ以上の年齢の子供のためのベースライン期間を終了テーブルの上にそれら、または床の上にドロップ。28,31,33,42モデル各配列、その配列のための試験のベースライン相が終了した直後。
  3. 列モデリング
    1. テーブルの研究者の側に戻ってシーケンス材料を持参してください。
    2. 研究者の膝で元の、標準化された位置に配列材料を返します(そのように子は、研究者が何をしているか見ることができない)と、テーブルの上にそれらを戻します。 子供とアイコンタクトを作ります。幼児向けの音声を使用してシーケンスの名前で彼/彼女を提供します。例えば、イベントシェーカーを作るために、たとえば、「私はシェーカーを作るためにこのようなものを使用することができます。私はこのようなものでシェーカーを作る方法をご覧ください。 "
    3. ナレーションと各ターゲット・アクションを実行します。イベントシェーカーを作るために、言いながら2入れ子のカップ、のいずれかにブロックを置く "ブロックに入れてください。" 、言いながら他との入れ子のカップの1をカバーする「それをカバー。 " 「それを振る!」と言っている間に組み立て装置を振ります。
    4. 、バックテーブル上の小道具のすべてを入れて子供とのアイコンタクトを作る、と、言う "それは私がこのようなものでシェーカーを作る方法です!」。
    5. 子供は研究者が実証されたアクションのそれぞれを完了する見ていることを確認してください。子供が気を取ら表示された場合は、第2.2.4項を参照してください。
    6. 2.3.2項に示されているように元の位置に配列材料を返します。
    7. 再モデル番目Eアクションはセクション2.3.3、2.3.4、2.3.5、および2.3.6に示されているように(2デモンストレーション合計)イベントシーケンスをもう一度完了するために必要。
    8. 即時模倣が許可されていない場合は、セクション2.2、順番に残りのイベントシーケンスのそれぞれについて、2.3、および2.4を繰り返します。
  4. 即時イミテーション
    1. テーブルの研究者の側に戻ってシーケンス材料を持参してください。
    2. 元の、標準化された位置に配列材料を返します(そのように子は、研究者が何をしているか見ることができない)と、テーブルの上にそれらを戻します。
    3. 検索合図としてイベントシーケンスの名前を提供しながら、子供に向けた小道具を押してください。例えば、シェーカーを作るための即時の模倣をテストするときに、たとえば、「あなたがシェーカーを作るためにこのようなものを使用することができます。あなたがシェーカーを作るにはどうすればよい私は行ったように?」。
    4. 小道具と相互作用する1.5と2分の間に子供はより若い13ヶ月に許可します。26,27,43,44終了小さ ​​い子供向けの模造期間子供は2.2.5項に記載されている反復またはオフタスクの行動に取り組んでいます。28,31,33,42
    5. 2.2.3項に示されているように子供が配列と相互作用する正の強化を提供します。
    6. 子供が模倣期間中に気を取らと思われる場合は、セクション2.2.4を繰り返します。
    7. 即時模倣が許可された場合、セクション2.2、2.3を繰り返し、次に残りのイベントシーケンスのそれぞれについて2.4。
  5. 追加の再暴露セッション(数日から数週間の遅延の後)
    1. 2.1.2項で説明したウォームアップの手順を実行します。
    2. 2.3節で説明したように再モデル含まれるイベントシーケンス。
    3. 即時模倣が許可されている場合は、セクション2.4で説明したように、即時模倣手順を完了します。即時模倣が許可されていない場合、子はミリアンペアするように、シーケンスのデモンストレーションの間に市販のディストラクターのおもちゃで再生することができタスクの彼/彼女の関心intain。26,28,43,46
    4. 今度は残りのイベントシーケンスのそれぞれについて、セクション2.5.2と2.5.3を繰り返します。
  6. 遅延再生
    1. 2.1.2項で説明したウォームアップの手順を実行します。
    2. テーブルの上に最初のイベントのシーケンス材料を入れて、同じ標準化された順序は参加者とセッション間で使用されていることを確認。
    3. 検索合図としてイベントシーケンスの名前を提供しながら、子供に向けた小道具を押してください。例えば、シェーカーを作るための遅延再生をテストするとき、たとえば、「あなたがシェーカーを作るためにこのようなものを使用することができます。どのようにしてこのようなものでシェーカーを作るのですか?」。
    4. 小道具と相互作用する1.5と2分の間に子供はより若い13ヶ月齢許可26,27,43 - 。45子は、セクション2.2.5に記載されている反復またはオフタスク行動に従事したときにそれ以上の年齢の子供のための模倣期間を終了。28,31,33,42
    5. 2.2.3項に示されているように子供が配列と相互作用する正の強化を提供します。
    6. 繰り返しセクション2.2.4子供が遅延再生期間中に気を取ら表示された場合。
    7. 今度は残りのイベントシーケンスのそれぞれについて、2.6.6を通してセクション2.6.2を繰り返します。
  7. データ符号化と削減
    1. 各イベントのコーディング規則を作成します。コー​​ディングルールシートは、子供がアクションを完了するためにクレジットを受信したときとクレジットが授与されていないときの説明が含まれています。子供が研究者によって実証されたアクションを実現賞クレジットカードまたは子供が明らかに(意図は子供の視線を見て部分的に決定することができます)アクションを実行しようとしたとき。子供が任意の順序でターゲットアクションを完了できるように重要なのは、すべての場合において、コーディングルールを記述。
    2. データの符号化を作成します含まれるイベントシーケンスと各イベントの可能性の各ステップを示していますシート。
    3. 以前に治験責任医師または上級ラボのメンバーで符号化された研究助手コードのビデオを持っています。
    4. 動画を見ながら、アクションが生成された時間順に子が完成し、各ターゲットアクションを一周。
    5. 各契約に加えて、それぞれの不一致にマイナスを割り当てることにより、コードを比較。彼らは研究データをコーディングすることを可能にする前に、3回連続の参加者で少なくとも90%の信頼性の基準までの列車の研究助手。
    6. 符号の総数に対する契約の総数を除算することにより、全体的な信頼性を計算します。偶然または試行錯誤によって実行されるアクションのためのクレジットを受け取る可能性を低減するように、より一般的に、信頼性は、各コード化されたアクションの最初のオカレンスだけをカウントすることにより符号化されている26 - 。28,31,33,42 -
    7. 訓練されたコーダは、残りのビデオをスコアまたはそれらが収集されるテスターコードにデータを持っている(参加者は13ヶ月または29,31古い場合にのみお勧めします)。
    8. テストの各フェーズ(例えば、ベースライン、即時模倣、および遅延リコール)でイベントごとに生成されたアクションのターゲット・アクションとペアの数を決定するためにデータを減らします。偶然または試行錯誤によって生成されたアクションのための信用を授与する可能性を低減するようにのみ、各ターゲット・アクションの最初の発生は、一般的にデータ・リダクション中に考慮されている。28(配列によりコードされたユニークなターゲットアクションの数を数えます3-1-2-3):彼/彼女が次のアクションのシーケンスを生成した場合の例では、参加者は3ターゲットアクションのスコアを受け取ることになります。
    9. 唯一各ターゲットアクションが完了した最初の時間を考慮した場合のシーケンスによって完了したアクションのペアの数をカウントする(例えば、参加者が受けますアクションの1組のスコア彼/彼女は、以下の一連の動作産場合:3-1-2-3を。 1-3-2-1):彼/彼女は次のアクションのシーケンスを生成した場合、参加者はまた、アクションの1組のスコアを受け取ることになります。
      注:アクションのペアの最大数は、ターゲット・アクションの最大数は、可能マイナス1であるのに対し、可能なターゲット・アクションの最大数は、シーケンスのステップの総数です。
    10. (例えば、ベースライン、即時模倣、および遅延再生)テストの各段階で行われ、ターゲット・アクションの数を示す平均値を作成し、各条件(該当する場合)のために。
      注:誘発模造手順は研究者は、混合可能、または任意の団体でシーケンスを使用するかどうかを同じ方法で投与し、採点する28。

図2
図2: イベントシーケンスがシェーカーを作る有効にスリーステップのためにシートをコーディング strong>のサンプルデータ。3ターゲットアクションが( "、それをカバー" "、それを入れて" "と"それを振る)3相のそれぞれに対して複数回表示されますテスト(ベースライン、即時模倣、および遅延リコール)の。スペースはまた、標的行動と各段階で完了したアクションのペアの数を記録するために提供されている。 この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

最近の誘発模造研究では、リコールがエンコード(即時模倣)で、1週間後に遅れたリコールで行動的に評価したとき、子言語理解がシーケンスのデモで支え大人の言語の使用との関係を緩和するかどうかを検討した。33シックスティーン月齢の子が発表されました関係を可能にすることによって制約された6小説3段階のイベントシーケンスを持ちます。簡単なベースライン期間の後、研究者は、3つの異なる条件での2つのイベントシーケンスのそれぞれを実証しました。最大限の支援条件でモデル化された配列は、配列の名前と含まれるアクションフレーズの両方のために、これらのイベントに特異的であった言語でナレーションました。適度に支えた状態でモデル化された配列は、配列のみの名前を考慮した場合、それらのイベントに特異的であった言語でナレーションました。一般的な注目のフレーズの代わりに使用しました。特定のアクションのフレーズ。最小限の支援条件でモデル化された配列は、特定のシーケンス名とアクションフレーズの両方の代わりに、一般的な注目のフレーズとナレーションました。符号化は、モデル化が完了した後に即時模倣を用いて評価し、そして研究者は、即時模倣期間が終了した後にもう一度各イベントを実証しました。

遅延想起1週間は、二段階法で評価しました。まず、研究者は、一般的な言葉によるプロンプトと一緒にシーケンス材料と子供を提示することによってリコールを手掛かり。子供が新しいターゲットアクションを生産停止した後に第二に、研究者は、イベントの名前でリコールを手掛かり。依存措置が実行されたアクションのターゲット・アクションとペアの平均数でした。従属変数は、条件(最大限の支援適度に支え、かつ最小限の支援言語を提示する配列)であり、pによって別々に減少しました(2番目のセッションでは、シーケンス名が提供される前に、総パフォーマンス最初のセッションでは、ベースラインと即時模倣)テストの長谷。言葉とジェスチャー(MCDI)47:子供はマッカーサー・ベイツコミュニケーション開発インベントリに親に報告英語の言語理解スコアを用いて、ハイとローの理解群に割り当てました。

混合ANOVAを、エンコードの指標として、即時の模倣での性能に比べてベースラインでのパフォーマンスを分析するために実施されました。さらなる分析は、幼児が1週間遅れの上との提供するかどうかを提示された情報を思い出したかどうかを判断する(特定の迅速かつ総合的なパフォーマンスを提供する前に)第二セッションで遅延リコ​​ールテストの両相での性能にベースライン時のパフォーマンスを比較しますシーケンス名はリコールを容易にしました。

分析rを子供たちは両方のターゲット・アクションとその順序を符号化されたが、いずれも子どもの言語理解や条件は、符号化と関連していることevealed。性能差はしかし、1週間の遅延の後に発見されました。シーケンス名の提供前にパフォーマンスを検討する際に最大限の支援言語は低理解・グループの子どもたちに比べてエンコードで使用したときに具体的に、高い理解のグループの子どもたちは、より多くのターゲットアクションを生産しました。さらに、高い理解のグループの子どもたちは、最大限の支援言語が最低限の支援言語エンコードで使用した場合よりもエンコードで使用した複数のターゲット・アクションを生成し;彼らは最低限の支援言語が( 図3参照最大限に支援的な言語を使用した場合に比べてエンコードで使用した複数のターゲットアクションを生成されるような逆の効果は、低読解グループの子どもたちのために明らかでした。


図3: ターゲットアクション (平均値±標準誤差) のための具体的な動詞プロンプトの提供する前に重要なグループのx条件の相互作用に関する簡単な効果分析 。調査結果は、高い読解グループの子どもたちは、低読解グループの子どもたちに最大限の支援条件の相対的に提示する配列上の複数のターゲットアクションを実行したことを明らかにしました。反対側のパターンは、低読解グループの子どもたちのために発見されたのに対し、さらに、高い理解のグループの子どもたちは、最小限の支持条件に最大限の支援条件の相対的に提示する配列上の複数のターゲットアクションを生産しました。図とキャプションが参照から許可を得て複製。33 番目の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。図です。

MCDIと誘発模造性能から変数間に行わ相関はさらに増加言語理解とリコール性能との関連付けを確認しました。第二セッションでは、MCDIからのスコアを積極シーケンス名の提供の前に、両方の依存措置に関する合計でリコール性能と関連していました。リコールが1週間遅れではなく、即時の模倣で評価されたときに全体的に、これらの知見は、シーケンスのデモでその子言語理解の穏健派を支持する成人の言語の影響を示唆しています。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

過去30年間、多くの研究者は、乳児期や幼児期におけるリコールメモリの開発を検討するために誘発または遅延模倣手順を使用しています。模倣手順の1つの利点は、非常に汎用性であることである。そのようなものとして、それらは変性及び認知発達に関連する様々な質問に答えるように適合させることができます。符号化と統合/貯蔵プロセス及び長期再現率との関係を検討するために、例えば、誘発模倣手順は、認識記憶の電気生理学的指標と組み合わせて投与されています。誘発模造手順は実行機能として知られている認知能力の研究を可能にマイナーな手続き変更の対象となっています。そして誘発模造手順は最近、特殊な集団で、環境侮辱にさらさ幼児や子供のグループで認知発達を調べるために使用されています。研究のこれらの領域は、議論されています次。

研究者らは、まもなく長期行動リコールへのエンコードおよび統合/ストレージの証拠を関連付けるようにシーケンスのデモの後、より長時間の遅延後の事象関連電位(ERP)48の両方の記録を持つ誘発または遅延模倣手順をペアリングしています。これらの研究では、49から52の研究者は、誘発または遅延模倣パラダイムを用いた新規イベントシーケンスの乳児を提示します。シーケンスのデモの後、参加者は小さな電極を含んで伸縮性のキャップが装着されています。参加者は以前にモデル化し、新たなイベントシーケンスの写真を表示するようにERPは、記録されています。これらのシナプス後電位の記録は、刺激のプレゼンテーションに時間ロックされていると、データ収集が完了した後の状態(以前にモデル化や新規配列の絵に対する応答)により平均化されます。 ERPは、SIGのソースを決定するために使用することはできないが比較的貧しい空間分解能に最終、ERPは、それによって認知処理の時間経過にウィンドウを可能にする、ミリ秒のオーダーの時間的な情報を提供しています。48

ERPの記録との組み合わせで誘発された模造品を使用して、これまでに行われた研究は、長期的なリコールの変動の重要な供給源としての符号化後のプロセスを関与しています。例えば、ある研究50は、シーケンスのデモ直後に行わERPの評価において、以前にモデル化され、新しい刺激の差分処理によって示されるように9ヶ月の乳児は、モデル化されたイベント・シーケンスを符号化されたことを報告しました。幼児は1週間後に試験したところ、しかし、乳児はグループとして、以前にモデル化し、新規配列の差分処理の証拠を示しませんでした。その代わりに、統合/ストレージの証拠は幼児のサブセットのために発見されました。 1ヶ月遅れたリコール査定で彼らのパフォーマンスに基づいてグループ化すると正しく1週間のERPに少なくとも一つの先にモデル化されたシーケンスも差別的に処理以前にモデル化し、新しい刺激の時間的順序を思い出しのみ乳児;また、時間的な順序を覚えていませんでしたこれらの乳児は、連結/ストレージの証拠を示しませんでした。より最近の行動の仕事は、さらに乳児期から幼児期まで長期リコールメモリの変動の重要な供給源としての符号化後のプロセスが関与することにより、これらの知見を確認し拡張する53 - 56

誘発または遅延模倣手順の別の利点は、軽微な手続きの修正は、認知機能の他の側面に関する情報を提供する作業をもたらすように、それらは非常に汎用性であることです。先に示したように、研究者が1コンテキスト内でイベントシーケンスをモデル化し、他に彼らのためにメモリを評価することによって模倣パラダイムにおけるコンテキスト全体で表現柔軟性を検討しました。 30,42,45,59,60側面もありました誘発模倣パラダイムを使用して検討しました。計画は、最終的にシーケンスエンド状態を達成するために必要な前の手順を推定するためにそれらを必要とし、参加者にイベントシーケンスの唯一の最終段階をモデル化することによって評価されました。余計な刺激からの干渉に抵抗する61,62能力もで検討されています標的配列のエンドまたは目標状態を実現するための不必要で余分な材料の存在下で、以前にモデル化されたイベントのためのメモリをテストすることによって模倣パラダイム。62,63

誘発または遅延模倣手順も簡単に特別な集団での研究で実現することができるか、O環境への影響を調べるために、nは初期の認知発達。特別な集団で行われた作業を考えると、誘発または遅延模倣パラダイムは、または遺伝的異常(例えば、妊娠糖尿病、40,41初期の虐待、64または施設入所65など)環境障害は、(そのような経験している子どもたちに認知機能を調べるために使用されています)ダウン症候群66として。環境負荷の面では、研究者は手がかりを横断早期言語的経験(二カ国語対単一言語主義)と一般化との関連を検討してきた; 67,68の注目もより良い習慣的な乳児の睡眠44と睡眠との関係を理解するために専念してきましたリコールメモリ上に69を学習した後、一般化。

特に特別な集団を考慮するとき、結果が誘発模造パラダイムはリコールメモリ内のグループの違いに敏感であることを示しています。例えば、12ヶ月齢妊娠糖尿病の母親から生まれた乳児は相対的な母親を制御するために生まれた乳児に10分の遅延後にアクションの少ないペアを思い出して行う。41同様の障害を時間的順序情報のためのメモリに、一般的にダウン症候群の相対的で子供にリコールメモリを比較する際に得られています発達年齢にマッチさせた対照を開発。66早期の逆境を経験した子どもたちの研究から得られた結果は、教育と介入プログラムに影響を与える可能性があり。例えば、最近の研究は、社会的スキルの治療への参加が増加した符号化と、この介入に参加していなかった子どもたちに比べてダウン症の子供のためのターゲット・アクションのリコールを遅らせ1月に関連付けられていたことを示しています。追加の実験作業は、因果関係を特定するために必要とされます。

誘発または遅延模倣パラダイムの前述の有用性にもかかわらず、結果のFRオム模倣パラダイムは実証的な調査を計画し、研究プロトコルを管理する際には注意が取られる程度に有効です。研究者は、募集、参加者が用語で生まれたと(これらの特性は、特定の試験が進行中の研究の質問に関連している場合を除き)マイナスのリコールのパフォーマンスに影響を与える可能性のある健康状態や環境の状況を経験していないことを確認する必要があります。手順が投与されると、参加者がエンコードまたは最初に目撃されていなかったものを長期にわたって保持することが期待できないように、研究者は、参加者がイベントのデモンストレーションを見ていたことは確かである必要があります。子どもたちがデモを見ていることを確実にするために、研究者は、デモが完了すると、子供が小道具を見ているように、シーケンスデモンストレーション中に子供の視線を監視する必要があります。子供がデモ中に気を取らになると、研究者はdemonstを一時停止する必要があります小道具をタップするか、参加者の名前を呼び出すことにより、子供の注意を配給し、リダイレクトします。

批判的に、研究者はまた、模倣の段階で自分の子供を支援避けるために親を求めることにより、タスク内の親の関与を最小限に抑える必要があります。この要求は、ウォームアップ期間中に親から作られるべきであり、テスト中に必要に応じて繰り返すことができます。自分の子供が誘発模造評価に参加して両親はまた、このようなアンケートを完了するように、他の活動に従事するよう求められる可能性があります。親が子供にターゲットアクションを実証したりすることによって模倣の段階で、それらの完全なターゲットアクションを助けている場合、影響を受けるデータは分析から除外されるべきです。最後に、研究者は刺激が同じ順序でテーブルの上に置かれているように、アクションは同じようにモデル化されている参加者全体でできるだけ多くの手順を標準化しなければならない、とシーケンス名とアクションのフレーズは同じ番号を言われています倍の。

追加の作業が強化されたリコールメモリに関連した基礎となる認知プロセスの理解を向上させるためにどちらかのエンコーディング、51,54統合/ストレージに影響を与えるように設計された行動の操作を使用することにより、誘発模倣パラダイムを使用して行われ、および/ ​​または検索する必要があります53プロセスや神経心理学的手法を使用することによって。特にこの作品は介入プログラムの開発と応用のための重要な意味を持っている可能性があるので、追加の作業はまた、非定型発達の軌跡を受けている個体の認知発達の我々の理解を促進するために行われるべきです。最後に、仕事はリコールメモリおよび関連する能力に関する社会環境の影響を調べるために実施されるべきです。誘発または遅延模倣技術が単独で、またはいずれかの場合に、他の方法論と組み合わせた場合、これらの質問のそれぞれに対処するために役立つことができます技術。このため、誘発模造手順は、認知発達幼児期以降の我々の理解を促進しようとする発達科学者への幅広い関心のあるべきです。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Disclosures

著者らは、開示することは何もありません。

Acknowledgments

この原稿の草案に対する彼らのコメントと同様に原稿準備とその支援のためのUCIメモリー開発ラボの著者のおかげメンバー。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
Camcorder Canon VIXIA HF R600 HD Flash Memory Camcorder Any commercially-available camcorder that records in color and has audio will suffice

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Piaget, J. The origins of intelligence in children. International Universities Press. New York, NY. (1962).
  2. Bauer, P., Mandler, J. One thing follws another: Effects of temporal structure on on-to two-year-olds' recall of events. Dev Psychol. 25, 197-206 (1989).
  3. Bauer, P., Shore, C. Making a memorable event: Effects of familiarity and organization on young children's recall of action sequences. Cogn Dev. 2, (4), 327-338 (1987).
  4. Bauer, P., DeBoer, T., Lukowski, A. In the language of multiple memory systems: Defining and describing developments in long-term declarative memory. Short- and Long-Term Memory in Infancy and Early Childhood: Taking the First Steps towards Remembering. Oakes, L., Bauer, P. University Press. Oxford. 240-270 (2007).
  5. Meltzoff, A. Immediate and deferred imitation in fourteen- and twenty-four-month-old infants. Child Dev. 56, (1), 62-72 (1985).
  6. Barr, R., Dowden, A., Hayne, H. Developmental changes in deferred imitation by 6- to 24-month-old infants. Infant Behav Dev. 19, (2), 159-170 (1996).
  7. Hayne, H., MacDonald, S., Barr, R. Developmental changes in the specificity of memory over the second year of life. Infant Behav Dev. 20, (2), 233-245 (1997).
  8. Squire, L. Memory systems of the brain: A brief history and current perspective. Neurobiol Learn Mem. 82, (3), 171-177 (2004).
  9. Bauer, P. What do infants recall of their lives? Memory for specific events by one- to two-year-olds. Am Psychol. 51, (1), 29-41 (1996).
  10. Bauer, P. Long-term recall memory: Behavioral and neuro-developmental changes in the first 2 years of life. Curr Dir Psychol Sci. 11, (4), 137-141 (2002).
  11. Bauer, P. New developments in the study of infant memory. Blackwell Handbook of Research Methods in Developmental Science. Teti, D. Blackwell Publishing. 467-488 (2004).
  12. Bauer, P. Remembering the Times of Our Lives: Memory in Infancy and beyond. Erlbaum. (2007).
  13. Mandler, J. Recall of events by preverbal children. The Development and Neural Bases of Higher Cognitive Functions. Diamond, A. New York Academy of Science. 485-516 (1990).
  14. Meltzoff, A. The implications of cross-modal matching and imitation for the development of representation and memory in infancy. The Development and Neural Bases of Higher Cognitive Function. Diamond, A. New York Academy of Science. 1-31 (1990).
  15. Bauer, P., Wenner, J., Kroupina, M. Making the past present: Later verbal accessibility of early memories. J Cogn Dev. 3, (1), 37-41 (2002).
  16. Cheatham, C., Bauer, P. Construction of a more coherent story: Prior verbal recall predicts later verbal accessibility of early memories. Memory. 13, (5), 516-532 (2005).
  17. McDonough, L., Mandler, J., McKee, R., Squire, L. The deferred imitation task as a nonverbal measure of declarative memory. Proc Natl Acad Sci. 92, (16), 7580-7584 (1995).
  18. Adlam, A. -L., Vargha-Khadem, F., Mishkin, M., de Haan, M. Deferred imitation of action sequences in developmental amnesia. J Cogn Neurosci. 17, (2), 240-248 (2005).
  19. Squire, L., Zola-Morgan, S. The medial temporal lobe memory system. Science. 253, (5026), 1380-1386 (1991).
  20. Nelson, K., Fivush, R. The Oxford Hanbook of Memory. Tulving, E., Craik, F. Oxford University Press. Oxford. 283-295 (2000).
  21. Rovee-Collier, C., Hayne, H. Memory in infancy and early childhood. The Oxford Handbook of Memory. Tulving, E., Craik, F. Oxford University Press. Oxford. 267-282 (2000).
  22. Squire, L., Knowlton, B., Musen, G. The structure and organization of memory. Annu Rev Psychol. 44, (1), 453-495 (1993).
  23. Bauer, P., Memory, Oxford Handbook of Developmental Psychology. Zelazo, P. 1, Oxford University Press. Oxford. 505-541 (2013).
  24. Lukowski, A., Bauer, P. Long-term memory in infancy and early childhood. The Wiley Handbook on the Development of Children's. Bauer, P., Fivush, R. Wiley-Blackwell. 230-254 (2014).
  25. Collie, R., Hayne, H. Deferred imitation by 6- and 9-month-old infants: More evidence for declarative memory. Dev Psychobiol. 35, (2), 83-90 (1999).
  26. Carver, L., Bauer, P. When the event is more than the sum of its parts: 9-month-olds' long-term ordered recall. Memory. 7, (2), 147-174 (1999).
  27. Carver, L., Bauer, P. The dawning of a past: The emergence of long-term explicit memory in infancy. J Exp Psychol Gen. 130, (4), 726-745 (2001).
  28. Bauer, P., Wenner, J., Dropik, P., Wewerka, S. Parameters of remembering and forgetting in the transition from infancy to early childhood. Monogr Soc Res Child Dev. 65, (4), 1-204 (2000).
  29. Bauer, P., Leventon, J. Memory for one-time experiences the second year of life: Implications for the status of episodic memory. Infancy. 18, (5), 755-781 (2013).
  30. Bauer, P., Dow, G. Episodic memory in 16- and 20-month-old children: Specifics are generalized but not forgotten. Dev Psychol. 30, (3), 403-417 (1994).
  31. Bauer, P., Lukowski, A. The memory is in the details: Relations between memory for the specific features of events and long-term recall in infancy. J Exp Child Psychol. 107, (1), 1-14 (2010).
  32. Bauer, P., Travis, L. The fabric of an event: Different sources of temporal invariance differentially affect 24-month-olds' recall. Cogn Dev. 8, (3), 319-341 (1993).
  33. Lukowski, A., Phung, J., Milojevich, H. Language facilitates event memory in early childhood: Child comprehension, adult-provided linguistic support and delayed recall at 16 months. Memory. 23, (5-6), 848-863 (2015).
  34. Wenner, J., Bauer, P. Bringing order to the arbitrary: One- to two-year-olds' recall of event sequences. Infant Behav Dev. 22, (4), 585-590 (1999).
  35. Bauer, P. Holding it all together: How enabling relations facilitate young children's event recall. Cogn Dev. 7, (1), 1-28 (1992).
  36. Bauer, P., Fivush, R. Constructing event representations: Building on a foundation of variation and enabling relations. Cogn Dev. 7, (3), 381-401 (1992).
  37. Bauer, P., Mandler, J. Putting the horse before the cart: The use of temporal order in recall of events by one-year-old children. Dev Psychol. 28, (3), 441-452 (1992).
  38. Cheatham, C., Bauer, P., Georgieff, M. Predicting individual differences in recall by infants born preterm and full term. Infancy. 10, (1), 17-24 (2006).
  39. Rose, S., Feldman, J., Jankowski, J. Recall memory in the first three years of life: A longitudinal study of preterm and term children. Dev Med Child Neurol. 47, (10), 653-659 (2005).
  40. DeBoer, T., Wewerka, S., Bauer, P., Georgieff, M., Nelson, C. Explicit memory performance in infants of diabetic mothers at 1 year of age. Dev Med Child Neurol. 47, (8), 525-531 (2005).
  41. Riggins, T., Miller, N., Bauer, P., Georgieff, M., Nelson, C. Consequences of low neonatal iron status due to maternal diabetes mellitus on explicit memory performance in childhood. Dev Neuropsychol. 34, (6), 762-779 (2009).
  42. Phung, J., Milojevich, H., Lukowski, A. Adult language use and infant comprehension of English: Associations with encoding and generalization across cues at 20 months. Infant Behav Dev. 37, (4), 465-479 (2014).
  43. Bauer, P., Wiebe, S., Waters, J., Bangston, S. Reexposure breeds recall: Effects of experience on 9-month-olds' ordered recall. J Exp Child Psychol. 80, (2), 174-200 (2001).
  44. Lukowski, A., Milojevich, H. Sleeping like a baby: Examining relations between habitual infant sleep, recall memory, and generalization across cues at 10 months. Infant Behav Dev. 36, (3), 369-376 (2013).
  45. Lukowski, A., Wiebe, S., Bauer, P. Going beyond the specifics: Generalization of single actions, but not temporal order, at 9 months. Infant Behav Dev. 32, 331-335 (2009).
  46. Bauer, P., Hertsgaard, L., Wewerka, S. Effects of experience and reminding on long-term recall in infancy: Remembering not to forget. J Exp Child Psychol. 59, (2), 260-298 (1995).
  47. Fenson, L., Marchman, V., Thal, D., Dale, P., Reznick, J., Bates, E. MacArthur-Bates Communicative Development Inventories: User's Guide and Technical Manual. Brookes, P. H. 2nd ed, (2007).
  48. Handy, T. Event-related Potentials. A Methods Handbook. MIT Press. (2005).
  49. Bauer, P. Electrophysiological indexes of encoding and behavioral indexes of recall: Examining relations and developmental change late in the first year of life. Dev Neuropsychol. 29, (2), 293-320 (2006).
  50. Bauer, P., Wiebe, S., Carver, L., Waters, J., Nelson, C. Developments in long-term explicit memory late in the first year of life: Behavioral and electrophysiological indices. Psychol Sci. 14, (6), 629-635 (2003).
  51. Lukowski, A., Wiebe, S., Haight, J., Deboer, T., Nelson, C., Bauer, P. Forming a stable memory representation in the first year of life: Why imitation is more than child's play. Dev Sci. 8, (3), 279-298 (2005).
  52. Carver, L., Bauer, P., Nelson, C. Associations between infant brain activity and recall memory. Dev Sci. 3, 234-246 (2000).
  53. Bauer, P. Developments in declarative memory. Psychol Sci. 16, (1), 41-47 (2005).
  54. Pathman, T., Bauer, P. Beyond initial encoding: Measures of the post-encoding status of memory traces predict longterm recall in infancy. J Exp Child Psychol. 114, (2), 321-338 (2013).
  55. Bauer, P., Larkina, M., Doydum, A. Explaining variance in long-term recall in 3- and 4-year-old children: The importance of post-encoding processes. J Exp Child Psychol. 113, (2), 195-210 (2012).
  56. Pathman, T., Bauer, P. Beyond initial encoding: Measures of the post-encoding status of memory traces predict longterm recall in infancy. J Exp Child Psychol. 114, (2), 321-338 (2013).
  57. Barnat, S., Klein, P., Meltzoff, A. Deferred imitation across changes in context and object: Memory and generalization in 14-month-old infants. Infant Behav Dev. 19, (2), 241-251 (1996).
  58. Hanna, E., Meltzoff, A. Peer imitation by toddlers in laboratory, home, and day-care contexts: Implications for social learning and memory. Dev Psychol. 29, (4), 701-710 (1993).
  59. Herbert, J. The effect of language cues on infants' representational flexibility in a deferred imitation task. Infant Behav Dev. 34, (4), 632-635 (2011).
  60. Herbert, J., Hayne, H. Memory retrieval by 18-30-month-olds: Age-related changes in representational flexibility. Dev Psychol. 36, (4), 473-484 (2000).
  61. Bauer, P., Schwade, J., Wewerka, S., Delaney, K. Planning ahead: Goal-directed problem solving by 2-year-olds. Dev Psychol. 35, (5), 1321-1337 (1999).
  62. Wiebe, S., Lukowski, A., Bauer, P. Sequence imitation and reaching measures of executive control: A longitudinal examination in the second year of life. Dev Neuropsychol. 35, (5), 522-538 (2010).
  63. Wiebe, S., Bauer, P. Interference from additional props in an elicited imitation task: When in sight, firmly in mind. J Cogn Dev. 6, (3), 325-363 (2005).
  64. Cheatham, C., Larkina, M., Bauer, P., Toth, S., Cichetti, D. Declarative memory in abused and neglected infants. Advances in Child Development and Behavior. Varieties of Early Experience: Implications for the Development of Declarative Memory in Infancy. Bauer, P. 38, Elsevier. 161-183 (2008).
  65. Kroupina, M., Bauer, P., Gunnar, M., Johnson, D. Institutional care as a risk for declarative memory development. Advances in Child Development and Behavior. Varieties of Early Experience: Implications for the Development of Declarative Memory in Infancy. Bauer, P. 38, Elsevier. 137-159 (2008).
  66. Milojevich, H., Lukowski, A. Recall memory in children with Down syndrome and typically developing peers matched on developmental age. J Intellectual Disabil Res. 60, (1), 89-100 (2016).
  67. Brito, N., Barr, R. Influence of bilingualism on memory generalization during infancy. Dev Sci. 15, (6), 812-816 (2012).
  68. Brito, N., Barr, R. Flexible memory retrieval in bilingual 6-month-old infants. Dev Psychobiol. 56, (5), 1156-1163 (2014).
  69. Seehagen, S., Konrad, C., Herbert, J., Schneider, S. Timely sleep facilitates declarative memory consolidation in infants. Proc Natl Acad Sci. 112, (5), 1625-1629 (2014).

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Usage Statistics