シアログリカンの代謝標識による原発神経幹および前駆細胞の細胞表面マーカーの同定

* These authors contributed equally
Neuroscience

Your institution must subscribe to JoVE's Neuroscience section to access this content.

Fill out the form below to receive a free trial or learn more about access:

 

Summary

ここでは、インビトロ神経内皮共培養システムと、一次神経幹および前駆細胞を拡張し、その表面に標識するバイオオルトホグナル機能基を持つシアログリカンの代謝組み込みを組み合わせたプロトコルです。細胞表面マーカーのイメージングまたは質量分析分析のためのサイアログリコタンパク質。

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations | Reprints and Permissions

Bai, Q. R., Dong, L., Shen, Q. Identifying Cell Surface Markers of Primary Neural Stem and Progenitor Cells by Metabolic Labeling of Sialoglycan. J. Vis. Exp. (151), e58945, doi:10.3791/58945 (2019).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

神経幹および前駆細胞(NSPC)は、脳の複雑な構造と機能の細胞基盤である。それらは生体内の専門のニッチに位置し、インビトロで単離および拡大することができ、脳損傷を修復するための細胞移植のための重要なリソースとして機能する。しかし、NSPCは不均一であり、分子レベルで明確に定義されていないか、特定の細胞表面マーカーの欠如のために精製される。以前に報告されたプロトコルは、神経内皮共培養システムと代謝グリカン標識法を組み合わせて、一次NSPCの表面シアログリコプロテオームを同定する。NSPC-内皮共培養システムは、インビトロでの一次NSPCの自己更新と拡張を可能にし、十分な数のNSPCを生成する。バイオオルトオショナル機能群。神経培養を分化する内皮共培養で拡張された自己更新型NCSPCのシアログリーコプロテオームを比較することにより、NSPCに富む膜タンパク質のリストを同定する。詳細には、プロトコルが含まれます:1)NSPC-内皮共培養およびNSPC分化培養のセットアップ;2)O-アセチル酸当たりのアジド糖を標識するN-アジドアセチルマンノサミン(Ac4ManNAz);そして3)ビオチン結合は、質量分析のための神経培養または神経培養からのタンパク質抽出の固定後のイメージングのための改変シアログリカンに対する。次いで、NSPC富化表面マーカー候補は、拡大されたNSPCと分化された神経培養の両方から質量分析データの比較分析によって選択される。このプロトコルは、出発物質中の低い豊富な膜タンパク質を同定するために非常に敏感であり、適切な修飾を有する他のシステムにおけるマーカー発見に適用することができる

Introduction

神経幹細胞は、幹細胞プールを維持し、ニューロンとグリアに分化するために自己更新することができる多能性細胞集団として定義されています。それらは神経系の主要な細胞型であり、病気および傷ついた脳への細胞移植を通じて再生医療に大きな治療の可能性を提供するかもしれない1、2。発達が進むにつれて、神経幹細胞集団は異種3、4となり、脳内の神経幹細胞の割合は徐々に5に減少する。一般的に言えば、胚性神経幹細胞および他の神経前駆細胞は、総称して神経幹および前駆細胞(NSPC)と呼ばれ、マウス6の胚ゾーン、心室ゾーン、および心室下ゾーンに位置する。胚性脳では、神経幹細胞は中間前駆細胞(IPC)を介して直接的または間接的にニューロンを生成し、一部の種では外室ゾーン前駆体(oRGs)7、8を介して生成する。特定の分子シグネチャ、形態、幹細胞ニッチにおける位置、および分化電位はすべて、脳器形成および臨床応用における各サブタイプの役割を決定する9。ただし、現在利用可能なセル サーフェス マーカーは、異なるサブタイプの NSPC を明確に区別および浄化することはできず、これらのサブタイプの理解と使用率を制限します。

プライマリ NSPC サーフェス マーカーの識別は、3 つの主要なハードルによって制限されます。1つ目は組織内のNCSPCの細胞数が限られているため、一般的な質量分析分析用の細胞表面タンパク質サンプルの調製が困難です。第2の制限は、サブタイプ特異的な膜タンパク質データを生成するための純粋な細胞サブタイプを生成する難しさです。最後に、第3の課題は、全細胞タンパク質中の細胞表面タンパク質の低比率であり、質量分析による検出感度を阻害します。

これらの問題を克服するために、シアロジリコタンパク質10を代謝的に標識することにより、一次NSPCにおける細胞表面タンパク質を選択的に濃縮し同定する化学タンパク質アプローチを開発した。十分な数のNSPCを生成するために、我々は、透過性支持体を使用してマウス脳内皮細胞株とNSPCを共培養することにより、インビトロの未分化状態における原発性胚性NSPCを拡張および維持するために確立されたプロトコルを利用した。マトリックスインサート(例えば、トランスウェル)システム11.対照的に、NPSCは内皮細胞を持たずに単独で培養し、分化した子孫11、12を生成する。したがって、これら2つの培養システムからのタンパク質サンプルを比較分析して、NCPCと分化ニューロンで分別的に発現するタンパク質を同定することができる。ほとんどの細胞表面タンパク質は、シアル酸13によって修飾されているように、非天然シアル酸前駆体アナログN-アジドアセチルマンノサミン-四面体化(Ac4ManNAz)は、内因性、新たに内因性を持つ固有の代謝経路をハイジャックするために使用された合成されたシアログリカンは、アジド基で標識され、化学ハンドル14を生成する。シオチンをシアロジカンに結合させるアジドアルキン媒介性バイオオルトゴン反応を通じて、細胞表面タンパク質は、ストレプトアビジン結合フッ素またはマトリックス14を介してプロテオミクス同定のために可視化および濃縮することができる。

ここでは、非共培養系における内皮共培養および分化細胞において拡大したNCから表面シアログリコプロテオームのSDS-PAGEゲル解析の染色を行う。我々はまた、プロテオミック比較のための2つの培養系における表面シアロジコプロテオームを選択的に精製する。当社のプロトコルは、従来の遠心分離ベースの細胞表面浄化プロトコル15と比較して、特定のタグ結合と親和性を介して表面タンパク質抽出手順を減らすことによって抽出の有効性を高めます。浄化。一方、シアルリル化は主に細胞表面タンパク質で起こることを前提に、細胞表面タンパク質の抽出純度を高めます。内皮因子は拡大されたNSPCの分化を完全に妨げることはできませんが、共培養と分化培養との比較研究は、幹細胞を含有する表面タンパク質を必要とせずに特定する便利な方法を提供します。FACS16によって精製されたNPCからのタンパク質を分析する。このアプローチは、適切な改変を伴う他のシステムにおける表面タンパク質の研究に応用できると考えています。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

この研究で使用されるすべての動物プロトコルは、清華大学のIACUC(機関動物ケアおよび使用委員会)によって承認され、IACUCのガイドラインに従って行われました。清華大学の実験動物施設は、AAALAC(ラボアニマルケアインターナショナルの評価と認定協会)によって認定されています。胚のステージングについて、同定された膣プラグの昼間は、胚日0.5(E0.5)として計算した。

注:すべての細胞は、37°Cおよび5%CO2の条件下で細胞インキュベーターで培養される。

1. 透過性支持インサートにおけるマウス内皮培養の調製

注:BEND3セルは、メーカーの指示に従って維持されます。

  1. DMEMの500 mLに50mLのFBSと5mLのペニシリン連鎖マイシンを加えてBEND3細胞培地(BM)を調製し、よく混ぜます。
  2. 皿から培地を吸引し、1mLのPBSでBEND3細胞培養物を1回洗浄する。0.25%トリプシン-EDTAの1 mLを細胞に加え、37°Cで4分間細胞をインキュベートします。
  3. トリプシン-EDTAとピペットを上下に穏やかに中和し、細胞を完全に解離するために細胞にBMの1 mLを追加します。セル懸濁液を室温(RT)で遠心分離により新しい15 mL円錐管とペレットに400 x gで5分間移します。
  4. チューブから上清を吸引し、新鮮なBMの9 mLで細胞を再懸濁し、その後、1つの透過性支持インサートに細胞懸濁液の1 mLを追加します。マトリックスの底室でよく新鮮なBMの別の2 mLを追加します。1日細胞を培養し続けます。

2. マウス原発皮質NSPC培養の準備

  1. 培養プレート、パパイン消化培地、皮質付着培地(AM)の調製
    1. 6ウェルプレートに1mLのPLL溶液を加えてポリLリジン(PLL)で6ウェルプレートをコーティングします。その後、RTでプレートを30分間インキュベートします。
    2. PLL溶液を15 mL円錐管に移します。二重蒸留水でプレートを3回洗います。プレートをエアドライし、使用するまで脇に置いてください。
    3. パパイン消化培地を50U、L-グルタミンの50μL、100mg/mLアセチル-L-システインの50μLをDMEMの5mLに加えて調製する。培地を短時間混ぜ、酵素活性化のために30分間37°Cに温める。
    4. 皮質細胞付着培地(AM):L-グルタミンの500μL、ピルビン酸ナトリウムの500μL、100mg/mLの500μL、N2の500μL、B27の1mL、および100μg/mMMMMMの5μLを加える。培地をよく混ぜ、使用前に37°Cに温める。
  2. 原発性脳皮質細胞の調製とその後のめっき
    1. 子宮頸部脱臼によるE10.5タイミング妊娠中マウスを犠牲にする。
      注:E10.5では、細胞の大半が大脳皮質のNCを増殖させ、インビトロで子孫の大きなクローンを生み出している。
    2. 腹部を75%エタノールで殺菌する。細かいはさみとマイクロサーチ鉗子を使用して、中間線の右側に沿って皮膚と下の筋肉を切断することによって腹部を開きます。子宮を皮切り鉗子でそっと腹腔から取り出し、細かいはさみで腹腔から切り取ります。
    3. 10cmペトリ皿で40mLの予冷HBSSで子宮を洗います。その後、子宮を新しい10cmペトリ皿に移し、40mLの予め冷やされたHBSSで再び洗います。
    4. 子宮を40 mLの予冷化されたHBSSの新しい10 cmペトリ皿に移す。子宮と健膜から胚を取り出し、その後、宝石のマイクロ鉗子で幹から胚の頭部を切り取ります。
    5. あらかじめ冷やされたHBSSの40 mLで頭部を洗い、予め冷やされたHBSSの40 mLの新しい10 cmペトリ皿に頭部を移す。ジュエリーマイクロフォースを使用して、脳を覆う皮膚や軟骨を剥離し、脳皮質を切り取り、予め冷やされたHBSSで15 mL円錐形のチューブに集めます。
    6. 4 °C および 300 x gで 3 分間遠心分離によるコルチクスをペレットします。チューブから上清を吸引し、次いで活性パパイン消化培地及び15μLの4mg/mL DNase Iを組織ペレットに添加する。
    7. 穏やかな渦によって組織ペレットを短時間再中断する。37 °Cで30分間組織をインキュベートします。この間、10分ごとに短い渦で組織を緩める。
      注:消化の終わりに、チューブ内に目に見える組織片があってはならない。
    8. 4 °C および 450 x gで 10 分間遠心分離によって皮質細胞をペレットします。チューブから上清を吸引し、予め冷やされたDMEMで細胞ペレットを洗浄します。この手順を 1 回繰り返します。
      注:消化と洗浄の間、強いせん断力で細胞を損傷しないように、組織と細胞ペレットを大まかにピペットしないように注意してください。
    9. チューブから上清を吸引し、チューブに予め冷やされたHBSSの1.5 mLを追加します。皮質細胞ペレットを穏やかなピペッティングで単一細胞に解離します。血球計でセル番号を数えます。
    10. 6ウェルプレートにAMの2 mLとウェルあたり2 x 104皮質細胞を追加します。37°Cと5%CO2でプレートを3時間インキュベートし、細胞をプレートに付着させます。

3. 神経内皮共培養とAc4ManNAzラベリングシステムの設定

  1. インサートにBEND3細胞をめっきした1日後に、まず底室内の培地を静かに吸引し、次に挿入する。あらかじめ温めたDMEMでインサートのエンフェイスを3回洗います。予め温めたDMEMで洗い流して、インサートの外面を洗い流します。
  2. 予め温められたAMの1 mLを1つの挿入物に加え、一次皮質細胞と井戸に挿入物を移す。12時間37°Cと5%CO2で共培養をインキュベートします。
  3. 200 mMのストック濃度を達成するためにDMSOでAc4ManNAzを溶解します。神経内皮共培養を設定した後12時間、底室あたりAc4ManNAzストックの1μLと、インサート当たり0.5μLのストックを共培養に加える。すぐにプレートを振り、穏やかに媒体をよく混ぜます。コントロール セルの場合は、DMSO の同じボリュームを追加します。
  4. 細胞を37°Cおよび5%CO2でさらに5日間培する。10x bFGF を再給餌媒体(RM)として AM を準備します。この間、1日おきに内皮および神経細胞を再供給するために、インサートあたり100 μLのRMと底室あたり200 μLのRMを加えます。再供給中は、Ac4ManNAz または DMSO をカルチャに供給しないでください。

4. 拡張原発性NSPCおよび分化ニューロンにおけるシアログリコタンパク質の免疫蛍光染色

  1. BTTAA-CuSO4×1 30xストック1.5mM CuSO4と9mM BTTAAを二重蒸留水で調製します。PBSに50μMビオチンアルキン、2.5mMのアスコルビン酸ナトリウム、および1x BTTAA-CuSO4複合体を含む新鮮なビオチン結合バッファー1を調製します。
  2. 共培養プレートからインサートを取り外します。培養培地を底部ウェルから吸引し、あらかじめ温めたPBSで神経細胞を一度洗います。
  3. 井戸からPBSを吸引する。細胞に十分に1分の予め冷やされた4%パラホルムアルデヒドPBS溶液の1 mLを加え、RTで細胞を10分間固定する。その後、予め冷やしたPBSで細胞を3回洗浄する。
  4. ウェルからPBSを吸引し、細胞にウェルあたり1 mLの新たに調製されたビオチン結合バッファー1を加えます。RTで細胞を10分間インキュベートします。
  5. 井戸から反応バッファーを吸引する。細胞をPBSで3回洗います。1%FBSおよび1 μg/mLアレクサフルオール647-ストレプトアビジンを含む染色バッファーを調製する。細胞にウェルあたり1 mLの染色バッファーを追加し、RTで細胞を30分間インキュベートします。
  6. ウェルから染色バッファーを吸引し、予め冷やしたPBSで3回洗浄した細胞。PBSに5%BSAおよび0.3%の非イオン性洗剤-100を含む遮断バッファーを調製する。細胞にウェルあたり1mLのブロッキングバッファーを追加し、RTで10分間インキュベートします。
  7. 抗ネスチンと抗β-チューブリンIII抗体をそれぞれ1:20および1:1,000の比率でブロッキングバッファーに希釈することにより、一次抗体溶液を調製する。ウェルからブロッキングバッファーを取り出し、ウェルあたり1mLの一次抗体溶液を細胞に加えます。細胞を一晩4°Cでインキュベートする。
  8. 一次抗体溶液をウェルから取り出します。細胞を予冷やしたPBSで3回洗います。Alexa Fluor 488 ヤギの抗マウス IgG1、Alexa Fluor 546 ヤギの抗マウス IgG2b、および DAPI を 1:1,000 の希釈でブロッキング バッファーに一緒に希釈して二次抗体溶液を準備します。ウェルからPBSを吸引し、ウェル当たり1mLの二次抗体溶液を細胞に加えます。RTで細胞を2時間インキュベートします。
  9. 抗体溶液をウェルから吸引し、予め冷やしたPBSで細胞を3回洗浄する。その後、セルはイメージキャプチャの準備ができています。

5. 拡張原発性NSPCおよび分化ニューロンからのシアログリコタンパク質の精製

  1. 1.5 mM CuSO4と3 mM BTTAAを含むBTTAA-CuSO4複合体2 15xストックを二重蒸留水で準備します。タンパク質再懸濁バッファーAを二重蒸留水中に4%SDSおよび10mM EDTAを含有する。pH 7.4を有する二重蒸留水中の150mM NaCl、50mMトリエタノールアミン、および1%ポリオキシエチレンオレルエーテル(例えば、Brij97)を含有するタンパク質再懸濁バッファーB。使用前に、バッファーA:バッファーB=1:8(vol/vol)を混合して、全タンパク質再懸濁バッファーを調出します。PBSに2%SDSを含むタンパク質洗浄バッファー1を調剤する。重炭酸アンモニウム(ABC)に8M尿素を含有するタンパク質洗浄バッファー2;PBSに2.5M NaClを含有するタンパク質洗浄バッファー3と。
  2. 共培養プレートからインサートを取り外します。培養剤を底部ウェルから吸引し、あらかじめ冷やされたPBSで神経細胞を一度洗います。
  3. 井戸からPBSを吸引し、プレートにウェルあたり200 μLの予め冷やされたRIPAバッファーを追加します。氷の上のプレートを5分間インキュベートし、タンパク質のライシスを1.5 mLチューブに集えます。4 °C および 12,000 x gで 10 分間遠心分離による細胞破片をペレットします。
  4. 上清を新しい1.5 mLチューブに移します。製造元の指示に従って BCA キットでタンパク質濃度を決定します。タンパク質濃度を 1 mg/mL に調整します。
  5. 100 μM アルキンビオチン、2.5 mMのアスコルビン酸ナトリウム、および1x BTTAA-CuSO4複合体2〜1mLのタンパク質溶解を加え、溶液をよく混合します。RTでミックスを1時間インキュベートします。
  6. 反応溶液を50mL円錐管に予め冷やしたメタノールの20mLに移す。よく混ぜ、一晩-30°Cでインキュベートしてタンパク質を沈殿させる。
  7. ペレットタンパク質は、4 °Cおよび4,500 x gで15分間遠心分離によって沈殿する。タンパク質ペレットを20mLの予め冷やしたメタノールで2回洗います。チューブから上清を吸引します。タンパク質再懸濁バッファーの4 mLでタンパク質ペレットを再懸濁し、新しい15 mL円錐管にタンパク質再懸濁液を移します。
  8. 50 μLのストレプトアビジンビーズを取り、PBSで3回洗浄します。洗浄したビーズをタンパク質の再懸濁液に加えます。20 rpmの回転速度で垂直回転子の上で3時間4°Cで溶液をインキュベートします。
  9. タンパク質洗浄バッファー1、タンパク質洗浄バッファー2、タンパク質洗浄バッファー3、0.5M ABC、0.25 M ABC、0.05 M ABCの6種類のバッファーでビーズを順番に洗浄します。
  10. 洗浄後、20 μLのPBSでビーズを再中断し、ビーズを新しい1.5 mLチューブに移します。ビーズに2xタンパク質負荷バッファーの20 μLを追加し、95°Cで10分間処理します。タンパク質サンプルは、SDS-PAGEに従い、製造元の指示に従ってクーマッシーブリリアントブルーR-250で染色する必要があります。質量分析のためのクーマッシーブリリアントブルーR-250によって示されているようにゲル中のタンパク質をカットします。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

一次胚性NSPCのインビトロ拡張および代謝標識の全手順には6日かかります(図1A)。BEND3セルラインと新たに分離された一次NSPCの品質は、実験を成功させる鍵となります。BEND3細胞は、NSPCの自己再生および増殖を刺激する可溶性因子の源である。BEND3細胞に汚染がないことを確認し、神経細胞と共培養する前に細胞死を最小限に抑えて積極的に分裂させる必要があります。主要なNSPCは、解離中に余分な損傷を避けるために慎重に準備する必要があります。損傷した NSPC は、依然として成長および差別化を図る可能性があります。しかし、彼らは茎を維持し、膨張するために、内皮刺激によく応答することはできません。プロトコルは一次培養培地への抗生物質の添加を示唆していないため、細胞培養中に無菌性であることが特別な注意が必要です。

内皮共培養に成功すると、NSPCは大きなシート状のクローンを形成します。このような注目のクローン形状は4日目に明らかになり、6日目には非常に典型的です。クローン内では、細胞は互いに密接に接触し続け、密接に接触します。NSPCマーカーネスチンおよびニューロンマーカーβ-チューブリンIIIに対する抗体による免疫染色は、クローンにおいて、ほとんどの細胞がネスチン+NCPCであり、非常に少数がβ-チューブリンIII+ニューロン細胞であることを明らかにする必要があります。対照的に、非共培養系で形成されたクローン中のネスチン+細胞およびβ-チューブリンIII+ニューロン細胞の割合はほぼ同じである(図1B、1D、および1E)。

化学レポーター、Ac4ManNAzは、代謝アナログであり、本質的なタンパク質の固定化経路に組み込むことができます。Ac4ManNAz の高用量は細胞に有毒です。.細胞の各特定のタイプについて、Ac4ManNAzの標識濃度は、有意な細胞毒性なしで最高の標識効率を達成するために事前にテストされるべきである。ここで、一次NSPCに対するAc4ManNAzの最適化された標識濃度は100μMである。効率的にNSPC(図1Cと1D)にラベルを付けることができる。内皮共培養および非共培養系の両方におけるNSPCのクローン形態、自己更新、および分化電位は影響を受けない(図1C、1D、および1E)。

Ac4ManNAzによるNSPCの正常な標識は、アジドとアルキンの間のバイオオルトホゴン反応によって媒介される培養物にビオチンを結合した後に調べることができる。Ac4ManNAz標識培養中のすべての細胞は、Alexa Fluor 647-streptavidinで染色され、視覚化されます。DMSO制御群におけるAlexa Fluor 647-ストレプトアビジン染色に対して陽性の細胞はない。さらに、ビオチン結合およびストレプトアビジンビーズ精製によりAc4ManNAz標識培養物から調製したタンパク質試料は、SDS-PAGEゲル中に強いクーマッシーブリリアントブルー染色シグナルを示す。一方、DMSO制御群からのタンパク質サンプルをロードしたレーンには、染色背景と非特異的結合シグナルのみが存在していました。これはまた、Ac4ManNAz(図1F)によるNSPCの効率的なラベリングを示しています。

Figure 1
図 1: 内皮共培養系および代謝性シアロジカン標識によって支援される一次NSPCの細胞表面マーカーの同定(A) プロトコルのワークフローのスケマティック。この図は Bai らから変更されています。10.BEND3 細胞は、D0 上のマトリックスインサートにシードされます。一次皮質NCSPCの調製と共培養システムのセットアップは、D1上で行われます。培養物の代謝標識はD2からD6まで続く。培養再供給はD3およびD5上で行われる。(B)内皮細胞の有無にかかわらず5日間培養後に一次NSPCによって形成されたクローンの免疫蛍光画像。スケールバーは、Ac4ManNAzまたはDMSOを用いて5日間培養した後にプライマリNSPCによって形成されたクローンの20 μm.(C)ブライトフィールド画像を示します。核はDAPIによって反染された。スケールバーは20 μmを示します。エラー バーは SEM を示します (n.s. = 有意ではありません)。(D)NSPCに対する免疫蛍光画像は、Ac4 ManNAzまたはDMSOとの内皮共培養においてクローンを形成した。破線の円は、単一のニューラルクローンを区切ります。スケールバーは、Ac4ManNAz標識またはDMSO制御を用いた内皮共培養および非共培養系におけるNSPCによって形成されたクローンにおけるNSPCおよび分化ニューロンの50 μm.(E)定量を示す。エラーバーは、SEM (***p < 0.0005; n.s. = 有意ではない) を示します。(F)内皮共培養および非共培養系においてAc4ManNAzまたはDMSOで標識された神経細胞からストレプトアビジンビーズによって精製されたタンパク質の鮮やかな青色染色。コントロール標識基における55 kDバンドは、非特異的結合タンパク質を表す。(B,C,EおよびF)このプロトコルに対応するBaiらから適合している。10.この図の大きなバージョンを表示するには、ここをクリックしてください。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

表面マーカーは、一般的にインビトロおよびインビボ17、18で特定の細胞タイプにラベルを付け、精製するために使用されます。表面マーカーの発見は、正常または病理学的組織や培養皿から幹細胞集団を選択的に濃縮する分子ツールを提供することにより、再生医療や幹細胞研究に大きく貢献し、精製細胞を提供します。臨床使用または生物学的特性の研究のためのリソース。しかし、一次組織から幹細胞を分離するのが難しいため、神経幹細胞研究用表面マーカーの開発の進展は遅くなっています。ここで説明するプロトコルは、簡略化されたインビトロプラットフォームに基づいています。内皮共培養によって拡大された一次NSPCを分化神経培養と比較することにより、膨張したNSPCで分発的に発現するタンパク質が強調表示され、さらなる同定が可能になります。我々のプロトコルはまた、バイオオルトゴン基でsialoglycanを標識する本質的な代謝経路をハイジャックすることによって細胞表面タンパク質を浄化するための代替戦略を提供する。細胞表面タンパク質を精製するための従来のプロトコルと比較して、このプロトコルの利点は、2つの特定の特徴によって支えられています:1)細胞表面タンパク質に対するシアルリル化の有病率は、細胞表面プロテオームの最大カバレッジを保証し、そして2)バイオオルトゴン基とそのリガンドとの間の反応特異性は、後天した表面プロテオームの純度を付与する。したがって、我々のプロトコルは、より少ない出発物質の場合には、より敏感なプロテオミクス分析をもたらす。このプロトコルの実現可能性をプライマリNCPc表面マーカーで実証しました。インビトロで幹細胞を拡大する上で適切な修飾により、この化学プロテオミックアプローチは、他の幹細胞タイプの表面マーカーの同定と互換性があります。Ac4ManNAzがOアセチル化当たりであるとして、それは人工Sグリコシル化につながる可能性があることは注目に値します。非アセチル化不天然糖の使用は、人工物の形成を回避し、生細胞における代謝グリカン標識の特異性および妥当性を改善することができる19。

一次皮質神経前駆細胞および内皮細胞の調製は、プロトコルの重要なステップである。まず、胚性皮質組織を消化する際には、消化時間、酵素量、取り扱い強度を慎重に制御する必要があります。過度の消化と機械的せん断力は、細胞の生存と成長のためのシグナル伝達を媒知る血漿膜および細胞表面受容体の完全性を損なうものであり、また、NCPCの刺激に対する応答性を妨げるであろう。内皮細胞とその自己再生能力。適切な消化を達成するために、実験者はパパインを完全に活性化し、組織ブロックが消えるとすぐに消化を停止する必要があります。第二に、BEND3細胞は分泌をサポートするために健全な状態で維持されなければならない。100%合流に達する前に、より少ない通路でBEND3細胞バッチを使用し、細胞を通過することをお勧めします。これは、通過中または細胞間の過密接触によって蓄積されたDNA損傷によって引き起こされる細胞周期の停止および老化を防ぐ。

高スループットシーケンシング技術は、RNA発現の解析を通じて細胞表面マーカーの同定を促進し、特に組織幹細胞を含む細胞型では、生体内に存在することが多く、プロテオーム分析を行うには小さすぎる質量分析。RNA-seq分析は、NCPCで特異的に発現される遺伝子を同定することができるが、RNA発現が常にタンパク質発現一致するとは限らないため、タンパク質発現レベルを真に反映しない場合がある。また、表面マーカーとして働くことができる非タンパク質生体分子は、トランスクリプトーミクス研究では検出できません。例えば、オリゴ糖ルイスXは、ヒト胚性幹細胞およびNSPCの標識に広く用いられているよく知られた表面メーカーであり、複数のタンパク質21と関連しきることができるにもかかわらずである。したがって、直接質量分析分析はまだ置き換え不可能であり、質量分析をより実現可能で便利にする方法の開発は、今後の研究に大きな関心を持っています。

シアリル化に加えて、他のタイプの翻訳後タンパク質修飾は、修飾タンパク質の機能を調節する上で重要な役割を果たします。これらの修飾は、立体構造、半減期、および細胞下局在化22、23などのタンパク質特性に影響を与える。いくつかのタンパク質修飾は、細胞型特異性24、25、26をっている。化学ツールボックスの成長の内容に伴い、より多くの変更タイプは、化学レポーター27との代謝ラベルに適しています。したがって、ここで説明する化学的アプローチは、幹細胞と分化細胞との間のタンパク質修飾の他の違いを研究するために使用することができ、幹細胞特性および分化の維持の背後にある分子機構を示す規制。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Disclosures

著者は開示するものは何もない。

Acknowledgments

図1B、1C、1E、1Fを白から再現他の.10歳英国王立化学会の許可を受けて私たちは、フィギュア編集のためのX.C.の研究室でYi Haoに感謝します。この研究は、中国国家自然科学財団(第91753206号からQ.S.およびX.C.、第31371093号からQ.S.、および第21425204号および第21672013号からX.C.まで)によって支援されています。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
BEND3 ATCC CRL-229
DMEM Gibco 11960044
L-glutamine Gibco 25030081 1%
Sodium pyruvate Sigma P5280 1%
N2 supplement Gibco 17502048 1 to 100
N-acetyl-L-cysteine Sigma A7250 1 mM
Papain Worthington LS003726 10 U/mL
B27 supplement Gibco 17504044 1 to 50
Poly-L-lysine Sigma P4707
Basic Fibroblast growth factor Gibco PHG0261 10 ng/mL
Penicillin-Streptomycin Gibco 15140122 1%
Fetal bovine serum Gibco 10099141 10%
HBSS Gibco 14175095
Tripsin-EDTA, 0.25% Gibco 25200056
DPBS Gibco 14190094
Transwell Corning 3450
Paraformaldehyde Sigma 158127 4%
Sucrose Sangon A100335
DAPI Gibco 62248
RIPA buffer Thermo Scientific 89900
SDS-PAGE loading buffer 2x Solarbio P1018
6-well plate Corning 3335
Tris-Glycine protein gel invitrogen xp00100box
Mouse monoclonal anti-Nestin Developmental Study Hybridoma Bank Rat-401 1 to 20
Mouse monoclonal anti-beta-tubulin III Sigma T8860 1 to 1,000
Alexa Fluor 488 goat anti-mouse IgG1 invitrogen A-21121 1 to 1,000
Alexa Fluor 546 goat anti-mouse IgG2b invitrogen A-21143 1 to 1,000
Albumin Bovine V Amresco 0332
Triton X-100 Amresco 0694
BCA assay kit Thermo Scientific 23225
Dimethyl sulfoxide Sigma D2650
Brij97 Aladdin B129088
CuSO4 Sigma 209198
Alkyne-biotin Click Chemistry Tools TA105
BTTAA Click Chemistry Tools 1236
Ac4ManNAz Click Chemistry Tools 1084 100 µM
9AzSia synthesized in lab
Sodium ascorbate Sigma A4034
Methanol Sigma 34860
EDTA Sangon A100322
NaCl Sangon A100241
SDS Sangon A100227
Alexa Flour 647-conjugated streptavidin invitrogen S21374 1 to 1,000
Triethanolamine Sigma V900257
Dynabeads M-280 Streptavidin  invitrogen 60210
Ammonium bicarbonate Sigma 9830
Coomassie Brilliant Blue R-250 Thermo Scientific 20278
Isoflurane RWD Life Science Co. 970-00026-00
DNase I Sigma DN25 12 µg/mL
Urea Sigma U5378

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Weissman, I. L. Stem Cells: Units of Development, Units of Regeneration, and Units in Evolution. Cell. 100, 157-168 (2000).
  2. Gage, F. H., Temple, S. Neural Stem Cells: Generating and Regenerating the Brain. Neuron. 80, 588-601 (2013).
  3. Gal, J. S. Molecular and Morphological Heterogeneity of Neural Precursors in the Mouse Neocortical Proliferative Zones. Journal of Neuroscience. 26, 1045-1056 (2006).
  4. Kawaguchi, A., et al. Single-cell gene profiling defines differential progenitor subclasses in mammalian neurogenesis. Development. 135, 3113-3124 (2008).
  5. Temple, S. The development of neural stem cells. Nature. 414, 112-117 (2001).
  6. Kwan, K. Y., Sestan, N., Anton, E. S. Transcriptional co-regulation of neuronal migration and laminar identity in the neocortex. Development. 139, 1535-1546 (2012).
  7. Kriegstein, A., Alvarez-Buylla, A. The Glial Nature of Embryonic and Adult Neural Stem Cells. Annual Review of Neuroscience. 32, 149-184 (2009).
  8. Wang, X., Tsai, J. W., LaMonica, B., Kriegstein, A. R. A new subtype of progenitor cell in the mouse embryonic neocortex. Nature Neuroscience. 14, 555-561 (2011).
  9. Taverna, E., Götz, M., Huttner, W. B. The Cell Biology of Neurogenesis: Toward an Understanding of the Development and Evolution of the Neocortex. Annual Review of Cell and Developmental Biology. 30, 465-502 (2014).
  10. Bai, Q. R., Dong, L., Hao, Y., Chen, X., Shen, Q. Metabolic glycan labeling-assisted discovery of cell-surface markers for primary neural stem and progenitor cells. Chemical Communications. 54, 5486-5489 (2018).
  11. Shen, Q., et al. Endothelial cells stimulate self-renewal and expand neurogenesis of neural stem cells. Science. 304, 1338-1340 (2004).
  12. Qian, X., et al. Timing of CNS cell generation: a programmed sequence of neuron and glial cell production from isolated murine cortical stem cells. Neuron. 28, 69-80 (2000).
  13. Varki, A. Glycan-based interactions involving vertebrate sialic-acid-recognizing proteins. Nature. 446, 1023-1029 (2007).
  14. Cheng, B., Xie, R., Dong, L., Chen, X. Metabolic Remodeling of Cell-Surface Sialic Acids: Principles, Applications, and Recent Advances. ChemBioChem. 17, 11-27 (2016).
  15. Lin, S. H., Guidotti, G. Purification of Membrane Proteins. Methods in Enzymology. 463, 619-629 (2009).
  16. Schmidt, J. R., et al. Pilot Study on Mass Spectrometry-Based Analysis of the Proteome of CD34+CD123+ Progenitor Cells for the Identification of Potential Targets for Immunotherapy in Acute Myeloid Leukemia. Proteomes. 6, (2018).
  17. Crisan, M., Dzierzak, E. The many faces of hematopoietic stem cell heterogeneity Development. Development. 144, 4195-4195 (2017).
  18. Uchida, N., et al. Direct isolation of human central nervous system stem cells. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 97, 14720-14725 (2000).
  19. Qin, W., et al. Artificial Cysteine S-Glycosylation Induced by Per-O-Acetylated Unnatural Monosaccharides during Metabolic Glycan Labeling. Angewandte Chemie International Edition. (2018).
  20. Gry, M., et al. Correlations between RNA and protein expression profiles in 23 human cell lines. BMC Genomics. 10, 365 (2009).
  21. Hennen, E., et al. A LewisX Glycoprotein Screen Identifies the Low Density Lipoprotein Receptor-related Protein 1 (LRP1) as a Modulator of Oligodendrogenesis in Mice. Journal of Biological Chemistry. 288, 16538-16545 (2013).
  22. Seet, B. T., Dikic, I., Zhou, M. M., Pawson, T. Reading protein modifications with interaction domains. Nature Reviews Molecular Cell Biology. 7, 473-483 (2006).
  23. O’Brian, C. A., Chu, F. ReviewPost-translational disulfide modifications in cell signaling—role of inter-protein, intra-protein, S-glutathionyl, and S-cysteaminyl disulfide modifications in signal transmission. Free Radical Research. 39, 471-480 (2005).
  24. Williamson, A. J. K., Whetton, A. D. The requirement for proteomics to unravel stem cell regulatory mechanisms. Journal of Cellular Physiology. 226, 2478-2483 (2011).
  25. Christensen, B., et al. Cell Type-specific Post-translational Modifications of Mouse Osteopontin Are Associated with Different Adhesive Properties. Journal of Biological Chemistry. 282, 19463-19472 (2007).
  26. Yanagisawa, M., Yu, R. K. The expression and functions of glycoconjugates in neural stem cells. Glycobiology. 17, 57R-74R (2007).
  27. Best, M. D. Click Chemistry and Bioorthogonal Reactions: Unprecedented Selectivity in the Labeling of Biological Molecules. Biochemistry. 48, 6571-6584 (2009).

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Usage Statistics