ヒト多能性幹細胞から終脳のグルタミン酸作動性ニューロンの仕様

Neuroscience

Your institution must subscribe to JoVE's Neuroscience section to access this content.

Fill out the form below to receive a free trial or learn more about access:

 

Summary

この手順では、人間の発達の間に観察されるものと類似しているチェックポイントを通過することによって終脳のニューロンを生成します。細胞は、自発的に区別するために許可されている神経系統に向かってそれらをプッシュする要因にさらされて、分離され、最終分化と成熟を可能にするためにカバーガラス上にメッキが施されています。

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations

Boisvert, E. M., Denton, K., Lei, L., Li, X. J. The Specification of Telencephalic Glutamatergic Neurons from Human Pluripotent Stem Cells. J. Vis. Exp. (74), e50321, doi:10.3791/50321 (2013).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

ここでは、効率的にヒト多能性幹細胞(PSCの)から終脳のグルタミン酸作動性ニューロンを生成するための段階的な手順が記載されている。分化過程は、細胞が浮遊培養に置かれたときに凝集体を形成するために切り上げ塊に人間のPSCを壊すことによって開始されます。凝集体は、その後自発的分化を可能にするために日1月4日からのhESC培地で栽培されています。この間、細胞は三胚葉のいずれかになるための能力を持っている。日5月8日から、細胞は、神経系統にプッシュした神経誘導培地に置かれます。 8日目ごろ、細胞を6ウェルプレートに取り付け、その間神経上皮細胞の形の間を区別するために許可されています。これらの神経上皮細胞は、17日目に単離することができる。彼らはカバースリップ上に播種できるようになるまで細胞はその後ニューロスフェアとして保持することができる。任意caudalizing要因なしに基本的な培地を用いて、神経上皮細胞はspecifieアールその後、さらに効率的に背側終脳前駆細胞とグルタミン酸作動性神経細胞に分化させることができる終脳前駆体にD。全体的に、我々のシステムは、これらのニューロンの開発とそれらに影響を与える疾患を研究する研究者のための人間のグルタミン酸作動性ニューロンを生成するためのツールを提供しています。

Introduction

ヒト胚性幹細胞(hESC)や人工多能性幹細胞(性IPSC)の両方を含む、ヒト多能性幹細胞(PSCの)、1-3ニューロンを含む体のあらゆる細胞の種類を生成する能力を持っている。人間のPSCからの様々な神経細胞サブタイプの監督の分化は、再生医療におけるこれらの細胞のアプリケーションのための鍵を握っている。開発中の機能的なニューロンのサブタイプの世代は、神経系統の誘導、rostro -尾軸に沿った地域の前駆体の仕様、および4,5地域の前駆細胞から有糸分裂後ニューロンタイプの分化を伴う複雑なプロセスである。 2001年以降、いくつかのシステムは、ニューロンのサブタイプ6,7の次の世代のためのプラットフォームを提供してきたヒトES細胞から神経系統を生成するために設立されました。発達の原理、そのような脊髄の運動ニューロン8-12、中脳DOPのようないくつかのニューロンタイプに基づいアミン作用性のニューロン13から15、および神経網膜細胞16,17を効率的人間のPSCから指定されています。これは、 生体内で開発中にこれらのニューロンタイプの仕様のために重要である重要なモルフォゲンを適用することによって行われていた。他のプロトコルはまた、分化21を促進するためにこのような小さな分子として、または他の種類の細胞と共培養することにより、追加の要因18から20のいずれかを使用して、神経細胞にヒトES細胞の分化を促進するために開発されている。

人間の大脳新皮質は、高度に発達し、学習、記憶、認知機能22,23において重要な役割を果たしているグルタミン酸作動性ニューロンを含む多くの種類の細胞が含まれています。培養中のグルタミン酸作動性ニューロンを生成するための最初のステップは終脳前駆細胞を指定することです。芳樹さんのグループは、第一の無血清サスペンシオを使ってマウスのESC(​​mESCs)から終脳前駆体の分化を指示報告n個のDKK1の存在下で培養(Wntシグナル伝達を阻害する)、ならびにLeftyA(Nodalシグナル伝達を阻害する)24。その後、自験例を含め、いくつかのグループはまた、無血清培地中で25から27までの人間のPSCから終脳前駆体の仕様を報告している。人間のPSCから終脳前駆体の生成は、外因性のモルフォゲンの使用を必要としないと、これらの前駆体を生成するのに効率がmESCs 26,27からのそれよりはるかに高いです。ここでは、よくZhangさんのグループ7によって確立された神経誘導のために化学的に定義されたシステムが記載されている。外因caudalizing因子の添加なしで、このプロトコルは、効率的に人間のPSC 27日から終脳前駆体を生成します。これらの前駆細胞は、その後、Wntとソニックヘッジホッグ(Shh)のシグナル伝達を調節することにより、背や腹前駆細胞に分化させることができる。背前駆細胞はさらに、グルタミン酸作動性ニューロンに分化することができる電子fficiently 27。また、このプロトコルはまた、作用機序、ならびに疾患の大規模な配列のための潜在的な治療法を模索するために利用することができる患者固有ニューロンの生成を可能にする人間性IPSC 28日からのグルタミン酸作動性ニューロンの生成に適しています。また、我々のシステムはまた、終脳の多様なニューロンタイプの開発と仕様を探るためのプラットフォームを提供します。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

1。ヒト多能性幹細胞凝集体の生成(D1〜D4)

  1. ヒト多能性幹細胞は、塩基性線維芽細胞増殖因子(bFGF、4 ng / mlで)を補充したhESC媒体の存在下でマウス胚線維芽細胞(MEF)フィーダー上で培養される。文化の中で5から7日後、コロニーが大きいが、それでも未分化である場合、それらは、次のステップのための準備が整いました。
  2. 酵素液が最初に用意されるべきである。 50 mlチューブで、DMEM/F12培地に1 mg / mlの濃度でディスパーゼ(またはコラゲナーゼ)を溶かす。温めたときにこれらのソリューションは、最高のミックスなので、10〜15分間37℃の水浴中に培地と酵素を含むチューブを配置し、Steriflipフィルタを使用して、それを殺菌する。
  3. 細胞から培地を吸引、DMEM/F12でそれらをすすぎ、そして同様に、このオフを吸引除去する。ヒトES細胞のための3-5分(性IPSCの場合は最大10分)のためのインキュベーター内で各ウェル場所にディスパーゼの1ミリリットルを追加します。顕微鏡下で細胞を見て、時エッジが少し丸く/ビット暗くなり、細胞は次のステップのための準備が整いました。 3分後に細胞を確認し、必要な場合にそれらを戻すことが最善です。初めてこのプロトコルを使用する場合、それはできるだけ早くディスパーゼから細胞を除去することが重要であると同時に、細胞の1プレートのみで開始するのが最善です。
  4. 細胞からディスパーゼを吸引。穏やかに(細胞がこの段階では非常に脆弱であり、比較的容易に板から外れます)ディスパーゼを洗い流すために、各ウェルにDMEM/F12培地の1.5 mlを加える。 DMEM/F12を吸引し、各ウェルにhESCの培地1.5mlを加える。
  5. 細胞を剥離し、別れること、(垂直)の右下隅に向かって10mlガラスピペットの先端を配置ウェル(細胞に触れる)とピペットを上下に移動して - 上向きのストロークが近くになければなりません手続下向きストロークへ。井戸の反対側に到達すると、水平方向の悲惨で繰り返すction。
  6. セルの全てが懸濁状態にされたら、15 mlチューブに置き、2分間200 xgでそれらを遠心分離します。チューブの底部での細胞のペレットがあるはずです。ペレット上から培地を吸引。
  7. 凝集体を保つために利用されるべきである細胞培養フラスコの大きさは細胞の元の量に依存します。 hESCの培地50mlを活用すべきでhESCの6ウェル(1プレート)は、一つの非組織培養は、T75フラスコを治療した。ステップ1.6から37でフラスコとインキュベート℃にセルを転送
  8. 細胞の破片を取り除くためには、細胞培地、フラスコを約12時間後に交換する必要があります。これを行うには、(2分間200×g)で細胞をスピンダウンして、50 mlチューブに培地/細胞のすべてを置いて、古い培地を吸引。次に、新しいT75フラスコに細胞、場所に新鮮なhESCの培地50mlを加える。次いで、細胞を、これと同じ手順(5日まで)続く毎日供給することができます。

  1. 50mlチューブに細胞/培地を移し、200×gで2分間細胞を遠心分離する。次に、上清を吸引し、神経誘導培地(NIM)50mlでT75フラスコ新しい(処理非組織培養)にセルを転送します。
  2. 細胞はNIMに入ったら、培地の半分が一日おきに交換する必要があります。凝集体は、彼らが数分後に自分で50 mlコニカルチューブの底(ない遠心分離は必要ありません)に沈んでしまう場所に十分に大きくなるはずです。 NIM(D7-D8の合計)で2〜3日後、細胞をプレートに準備ができているはずです。ラミニンまたはウシ胎児血清(FBS)は、細胞がプレートに取り付けるために利用することができます。
  3. 各集合が他のものに触れることなく、いくつかのより多くの日をプレート上で増殖することができるはずとして必要とされている6ウェルプレートに扱わ組織培養の数は、細胞の密度に依存します。平均して、1からセルT75フラスコは細胞の価値は約4-6 6ウェルプレートをもたらすでしょう。
    1. ラミニンを使用している場合は、コート10〜20μg/ mlの6ウェルプレート(ウェル〜0.5ミリリットル/)にNIMでそれを希釈してください。 2〜3時間のためにコーティングした後、6ウェルプレート(ウェル当たり約20から30凝集体)上にプレート細胞凝集体。凝集体が取り付けられた後、NIMの1.5 mlを加える。
    2. FBSを使用している場合は、90%のNIMおよび10%FBS(1.5 ml /ウェル)の混合物を準備します。各ウェルに細胞と培地1.5mlを加え、穏やかに集計を広げるためにプレートを前後に振ると、細胞がインキュベーターにO / Nを添付することができます。 FBSを削除するには、次の朝培地(2 ml /ウェルNIMの)を変更してください。
  4. メッキであることの一日か二日後、各集合は単分子膜を形成するために広がるでしょう。数日以内に、これらの細胞のほとんどの中心は形態学的に円柱状の細胞(細長い)のように表示されます。この期間中、一日おきにNIMを変更します。いくつかのPSCライン(特別なLY IPSC)、あまり効率的柱状細胞を形成することができる。この問題が発生した場合、ステージ2の間のBMPおよびTGF阻害剤(2μMでDorsomorphin 29、SB431542 19)の添加が役立つことがあります。
  5. 日14から17の周りに、円柱状の細胞がよりコンパクトに表示されます。時には、これらの細胞は内部に見えるルーメンと尾根や環を形成する。円柱状の形態に加えて、この段階での細胞は、このようなPAX6とSOX1 12,26として神経上皮マーカーを発現する。
  6. 分離を開始する前に、1は最初に存在する任意の非神経上皮細胞があるかどうかを判断するために細胞を調べなければなりません。客観的マーカーは、非上皮コロニーを示すために利用することができます。これらは、その後ピペットチップでそれらを掻き落として除去することができます。

3。終脳前駆細胞の生成(D17-D24)

  1. コロニーの中心は神経上皮細胞が含まれており、植民地の他の部分から隔離されるべきである。これは、使用して行うことができますマイクロピペットと滅菌1mlをピペットチップを濾過した。圧力少量のコロニーの中心部に適用されると、それは一般的に極めて容易にオフに持ち上げる。コロニーの外側部分が同様に切り離すことができないように慎重になる。センターでは、頑固なされているし、自分で抜けない場合は、無菌フードで顕微鏡下で針を使用してそれらを切り出すことにより削除することができます。 2分間、200×gで15 mlのチューブとスピンにコロニーの中心部分を転送します。
  2. 培地を細胞から吸引されるべきである。 (ビタミン、1:50なし)B27の添加によりNIMの10ミリリットルを含むT25フラスコを処理した細胞の価値がある二つのプレートは、その後、非組織培養に転送することができます。細胞の1プレート当たり培地の5〜10 mlを使用します。
  3. 細胞は翌日見たときに、彼らは外見のような球を持っている必要があります。それはしばしば末梢細胞であるとして、それは新しいフラスコ(NIMとB27の存在下で、午前1時50分)に、これらの細胞を移すことが必要であるでこっそりとフラスコの底に付着している。
  4. ニューロスフィアは、その後B27(1:50)を補っNIMを使用して一週間の浮遊培養しなければならない。セルの耐久性を促進し、増殖、サイクリックAMP(cAMP、1μM)と同様にインスリン成長因子(IGF-1、10 ng / ml)をするために、懸濁培養中の培地に添加することができる。この時点では、ニューロスフィアは、終脳前駆細胞が含まれている(FOXG1 +)と最終分化のためにカバースリップ上に播種する準備が整いました。

4。終脳のニューロン(D25 +)にさらに分化

    1. 細胞をメッキするpoly-ornithine/lamininコーティングされたカバーガラス(24ウェルプレート中)を用意します。カバーガラスを最初にクリーニングされ、その後、策略-オルニチン(0.1 mg / mlの、37℃、O / N、および冷凍庫に保存されている)でコーティングされています。
      ポリオルニチンコーティング:
      1. カバースリップを滅菌:のカバーガラスを置き硝酸の入ったビーカー、優しく1時間ドラフト内で振る。 、硝酸を注ぐDI水で数回すすぎ、少なくとも15分間のDI流水でカバースリップのままにしておきます。 95%エタノールでカバーガラスを置き、どちらのRTで30分間(直ちに使用している場合)またはエタノールの店のために振る。
      2. 無菌フードでは、6ウェルプレートのふたに滅菌カバースリップを含む50 mlチューブの中身を注ぐ。滅菌ピンセットを用いて、一度に1つのカバーグラスをピックアップし、24ウェルプレートの1ウェル内に立設。各ウェルにカバースリップを持つように繰り返します。
      3. カバースリップは各ウェルでフラット落ちているまで、彼らが完全に乾いた後、プレートをタップします。次の各カバースリップにポリオルニチンμlの100を(滅菌のdH 2 Oで0.1 mg / ml)を追加し、37℃でプレートO / Nをインキュベート℃に
      4. 翌日、インキュベーターからプレートを取り外し、それらを室温まで冷まします。 (tの端から各カバースリップのオフポリオルニチンアスピレート彼カバースリップ)は、プロセス内のカバーガラスに触れたり、傷を付けないことを確認して。カバーガラスは、洗濯前に約30分間乾燥させます。
      5. 各ウェルに1 mlの滅菌dH 2 Oを追加し、10分間放置し、各ウェルから水を吸引。この洗浄工程を2回繰り返します。プレートが完全に乾燥した後、(休業はフードでオフカバー)アルミホイルで覆い、上にふたを置き、-20℃で保存する
      1. ラミニンでコートしたカバーガラスをして、唯一のカバースリップ自体を(触れる液体を持つように注意しながら、各ポリオルニチン扱わカバースリップに神経分化培地およびラミニン(20μg/ mlの最終濃度)の混合物50μlを加えるとこぼしていないオフ)。添付ファイル用の細胞を準備する前に1〜2時間37℃でそれらをインキュベートする。
  1. 15mlチューブで2分間200 xgでニューロスフィアを収集し、遠心分離する。上清を吸引。
  2. <LI>
    1. DMEM-F12で細胞を洗浄し、再び細胞を遠心分離する。ニューロスが正しくアタッチするには大きすぎる場合は、この段階でAccutaseと解離させることができる。
    2. Accutaseを使用する場合と:DMEM-F12で細胞を洗浄した後、ニューロスフェアはAccutase(約2ミリリットル)を加え、3分間37℃で細胞をインキュベートすることにより、小さなクラスターに解離する。次に、トリプシンインヒビター(〜2ミリリットル)の同量を追加し、3分間200 xgで細胞を遠心分離します。次いで、細胞を、NDMに再懸濁し、P200のピペットを用いて分割する必要があります。小さなクラスターは、その後、予め被覆カバーガラス上にめっきすることができる。
  3. 媒体の大半を吸引し、それらを選択すると、より簡単になるように培地に数滴6cmのシャーレ上にセルを配置する。各プレコーティングされたカバースリップに約4-5ニューロスフェアを追加します。第一ラミニンを吸引する必要はありません。
  4. ニューロスフィアは、少なくとも2〜4時間のために添付しましょう​​。かつて彼らは持っているよくttached、もっと培地(0.5ミリリットル/カバースリップ)を追加する必要があります。それは、神経B27(1:50)を補充した分化培地は、cAMP(1μM)、および神経栄養因子(BDNF、GDNF、およびIGF、すべてのng / mlで10℃)で構成する必要があります。この時点で、培地の半分は一日おきに変更することができ、これらの細胞は数ヶ月の間維持することができる。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

ここでは、いくつかの重要な工程を経て終グルタミン酸作動性ニューロンへの人間のPSCを区別するために、プロトコル:終脳のニューロンへのPSC凝集体の形成、神経上皮細胞の誘導、終脳前駆細胞の生成、およびこれらの前駆細胞の最終分化( 図1)があります記載されて。このシステムは、終脳前駆細胞とグルタミン酸作動性ニューロンの生成に堅牢かつ効率的です。例( 図2)として、caudalizing因子を添加することなく、ヒトES細胞は、神経系統27に分化させた。 24日後の分化では、神経前駆細胞の大半はFOXG1(終脳によって発現する転写因子)が陽性であったが、HOXB4に負(後脳と脊髄細胞のマーカー)終脳前駆細胞を示唆して成功した( 図2D)を生成した。これらの前駆細胞は終脳の電話 PAX6(背前駆細胞によって発現されるマーカー)( 図2E)ではなく、NKX2.1(腹前駆細胞のマーカー)( 図2F)の発現によって示されるように、背の表現型をossess。さらなる差別化に続いて、これらの終脳背側前駆細胞はグルタミン酸作動性マーカーTBR1(約80%)27陽性であったグルタミン酸作動性ニューロンに分化した。 TBR1に対して陽性に染色されたニューロンも神経マーカーβIII-チューブリン( 図2G)または微小管結合タンパク質2(MAP2、 図2H)陽性であった。これらの細胞は、培養中終グルタミン酸作動性ニューロン( 図2I)の効率的な生成を示唆する小胞性グルタミン酸輸送体1(性ニューロン)、成熟したグルタミン酸作動性ニューロンのマーカーを発現した。

highres.jpgは "src =" / files/ftp_upload/50321/50321fig1.jpg "/>
図1。神経分化プロセスの概略図タイムライン。

図2
図2。神経分化の間に、いくつかの重要な段階でセルを強調画像(A)ヒトESCを4日間培養した。 ESCの凝集体(B)と神経上皮細胞(C)の形成を示す位相画像。ヒトES細胞から分化した後24日目には、NE細胞の大部分はFOXG1 +はHOXB4た- (D)です 。終脳前駆細胞(FOXG1 +)はPAX6 +(E)が、NKX2.1た- (F)は 、分化の1ヶ月後。 2追加した後、カバースリップ上で細胞を分化の週(6週計)、それらのほとんどは、グルタミン酸作動性マーカーTBR1(G、H)と同様に神経マーカーβIII-チューブリン(G)およびMAP2(H)に対して陽性に染色された。分化の8週間後、細胞が成熟したグルタミン酸作動性マーカー、性ニューロン(I)は陽性であった。スケールバー:100μm以下()50μm(BI)。 (DIは、許可を得て、私たちの前の発行27日から適応されている)。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

神経分化プロセスの間に、いくつかの重要なステップがあります。そうでなければ細胞はすでに非神経系統になってきに偏っている可能性があるため、人間のPSCが多能性であることを確認することが重要です。これは、あるOct4、Sox2は、Nanog遺伝子、及びTRA-1-60 1から3のように多能性マーカーに対する抗体を用いた人間のPSCを染色することによって確認することができます。人間のPSCは、それらを継代した後、非常によく結合しなかった場合、ROCK阻害剤(Y27632)を助けるために添加することができる。その細胞の多能性を維持が困難な人のために、いくつかの潜在的な問題は、品質/密度MEF細胞のと同様に、バッチ毎に変動があり得るとして使用されてKOSRがたくさんあり​​ます。 MEFフィーダー細胞は、上記のプロトコルでのPSCを維持するために使用されてきたが、この方法はまた、フィーダーフリーシステムを使用して培養するPSCのために動作します。

細胞はPSCの凝集体を形成する分割されているとき、それはLIMに重要であるそれはほんの数分へのディスパーゼ露出(エッジは切り上げます)。性IPSCの縁が(最大10分)のESC(​​3-5分)のそれより通常長くなる前にかかる時間の長さ。それは、細胞が、これは害あるいは細胞を殺すことができるようにあまりにも長い間、酵素に含まれていないことを確認する時に人間のPSCの唯一の1プレートにディスパーゼを追加するために最適である。細胞はPSCの集約の段階でされた後、それは低密度で細胞を維持することが重要です。 PSCの凝集体がメッキされたときに密度も非常に重要です。これらの細胞は数日間板上に展開されますと注意点は、彼らが大きく成長した後、彼らは手を触れないように注意すべきである。アタッチメントステップ(2.2)の間に、それはこれが遺伝子発現に影響を​​及ぼす可能性があるので、細胞がFBSに長時間さらされていないことを保証するために不可欠です。神経上皮細胞を単離する前に、より純粋をもたらすために非ニューロンクラスターを掻き毟ることも重要である細胞の集団。一つは、その細胞が神経系統に入っているかどうかを特徴づけるしたいのであれば、様々な要因がPAX6またはSox1などで検索することができます。 PAX6は、神経分化の際に周りの10日目になり、Sox1ターン分化12,26,30後2週間までに。

このプロトコルは、神経分化の最前線にあり、それが再現する人間の神経系の発達の間に起こる多くの手順を実行している。 caudalizing要因(レチノイン酸、塩基性FGF)を使用しなくても、神経上皮細胞は、効率的に外胚葉細胞が最初にin vivoでの開発における 31時の吻側表現型を獲得すると一致終脳前駆細胞へと分化する。これらの前駆細胞は終脳細胞27を dorsalizes内因性Wntシグナル伝達に起因する背表現型を持っています。このシステムは、さらに、グルタミン酸の細胞に分化させることができる背前駆細胞を生成sである。この細胞型は非常に重要ですが、それは、このシステムが形成可能であることを唯一の細胞型をしたものではまったくない。例えば、SHHの加算は、それらがGABA作動性細胞に27,32を区別することができ、細胞を腹側化することが示されている。それも、これらのhESC由来するGABA作動性ニューロンをマウスに移植し、彼らは脳病変32に起因する運動の欠陥を修正することができることができることが実証された。この記事で紹介されているプロトコルを段階的にチェックポイントを通過しますので、それは単に開発の我々の理解と私たちの想像力によって制限されている人間の神経系内での細胞の広い配列を生成するためのツールを提供しています。

極成層圏雲から人間の神経細胞を形成する能力は、基礎科学だけでなく、臨床の両方の観点からドアを多数開く。死後組織源は限られており、人間のPSCの分化は、研究者が生み出すことができるのに対し、品質が変わることができますで動作するように細胞の無制限と安定供給。誘導多能性幹細胞(IPSC)技術1,3,33,34の出現により、今では35から38まで様々な疾患を有するものを含む患者の線維芽細胞からのhESC細胞様細胞を得ることが可能である。私たちのグループ28だけでなく、多くの他の人が示すように、IPSCからニューロンの正常な生成がされており、長い病気と開発のための人体モデルの後に求められている人のためのユニークで便利なツールであり続けるだろう。加えて、いくつかのグループは、PSC由来ニューロンは、疾患プロセス36,37,39-42の特定の側面をモデル化することができるので、治療用化合物43をスクリーニングするために利用することができることが示されている。良いモデルシステムなしでは、中枢神経系のための候補薬剤をテストするため、これは特にそれらの唯一の約8%は44、臨床的に有効であることが示されている、奨励している。しかし、この方法とその類似品は劇的に目を改善するために役立つかもしれない番号です。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Disclosures

著者らは、彼らが競合する経済的利益を持っていないことを宣言します。

Acknowledgements

著者が惜しみなくFOXG1抗体を提供するための博士Y.笹井に感謝したいと思います。この作品は、コネチカット幹細胞研究助成金(08-SCB-UCHC- 022と11-SCB24)と痙性対麻痺財団によってサポートされていました。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
Dulbecco's modified eagle medium with F12 nutrient mixture (DMEM/F12) Gibco 11330-032
Knockout Serum Replacer Gibco 10828-028
L-glutamine (200 mM) Gibco 25030
Non Essential Amino Acids Gibco 1140-050
2-Mercapt–thanol (14.3 M) Sigma M-7522
Neurobasal medium Gibco 21103-049
N2 Gibco 17502-048
B27 Gibco 12587-010
Heparin Sigma H3149
Poly-L-ornithine hydrobromide (polyornithine) Sigma 116K5103
Laminin (human) Sigma L-6274
Laminin (mouse) Invitrogen 23017-015
FBS Gemini 100-106
Bovine serum albumin (BSA) Sigma A-7906
Dispase Gibco 17105-041
Collagenase Invitrogen 17104-019
Accutase Innovative Cell Technologies AT104
ROCK Inhibitor Stemgent 04-0012
SB431542 Stemgent 04-0010
Dorsomorphin Stemgent 04-0024
Fibroblast growth factor 2 (FGF2, bFGF) Invitrogen 13256-029
Trypsin inhibitor Gibco 17075
0.1% gelatin Millipore ES-006-B
Foxg1 antibody Dr. Y. Sasai
Hoxb4 antibody (1:50) Developmental Studies Hybridoma Bank I12
Pax6 antibody (1:5000) Developmental Studies Hybridoma Bank PAX6
Nkx2.1 antibody (1:200) Chemicon MAB5460
Tbr1 antibody (1:2000) Chemicon AB9616
vGLUT1 antibody (1:100) Synaptic Systems 135302
Brain derived neurotrophic factor (BDNF) PrepoTech Inc. 450-02
Glial derived neurotrophic factor (GDNF) PrepoTech Inc. 450-10
Insulin growth factor 1 (IGF1) PrepoTech Inc. 100-11
Cyclic AMP (cAMP) Sigma D-0260
Sonic hedgehog (SHH) R&D 1845-SH
50 ml tubes Becton Dickinson (BD) 352098
15 ml tubes BD 352097
6 well plates BD 353046
24 well plates BD 353047
T25 flasks (untreated) BD 353009
T75 flasks (untreated) BD 353133
Coverslips Chemiglass Life Sciences 1760-012
6 cm Petri dishes BD 353004
9'' glass pipetes Fisher 13-678-20D
Steriflip filters (0.22 μM) Millipore SCGP00525
Stericup filters 1,000 ml (0.22 μM) Millipore SCGPU10RE
Phase contrast microscope (Observer A1) Zeiss R2625
Carbon dioxide incubator (Hera Cell 150) Thermo Electron Corporation
Biosafety hood (Sterilgard III Advance) The Baker Company
Centrifuge (5702 R) Eppendorf

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Takahashi, K., Tanabe, K., et al. Induction of pluripotent stem cells from adult human fibroblasts by defined factors. Cell. 131, 861-872 (2007).
  2. Thomson, J. A., Itskovitz-Eldor, J., et al. Embryonic stem cell lines derived from human blastocysts. Science. 282, 1145-1147 (1998).
  3. Yu, J., Vodyanik, M. A., et al. Induced pluripotent stem cell lines derived from human somatic cells. Science. 318, 1917-1920 (2007).
  4. Jessell, T. M. Neuronal specification in the spinal cord: inductive signals and transcriptional codes. Nat. Rev. Genet. 1, 20-29 (1038).
  5. Wilson, S. I., Edlund, T. Neural induction: toward a unifying mechanism. Nat. Neurosci. 4, 1161-1168 (2001).
  6. Reubinoff, B. E., Itsykson, P., et al. Neural progenitors from human embryonic stem cells. Nat. Biotechnol. 19, 1134-1140 (2001).
  7. Zhang, S. C., Wernig, M., Duncan, I. D., Brustle, O., Thomson, J. A. In vitro differentiation of transplantable neural precursors from human embryonic stem cells. Nat. Biotechnol. 19, 1129-1133 (2001).
  8. Hu, B. Y., Weick, J. P., et al. Neural differentiation of human induced pluripotent stem cells follows developmental principles but with variable potency. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 107, 4335-4340 (2010).
  9. Singh Roy, N., Nakano, T., et al. Enhancer-specified GFP-based FACS purification of human spinal motor neurons from embryonic stem cells. Exp. Neurol. 196, 224-234 (2005).
  10. Lee, H., Shamy, G. A., et al. Directed differentiation and transplantation of human embryonic stem cell-derived motoneurons. Stem Cells. 25, 1931-1939 (2007).
  11. Boulting, G. L., Kiskinis, E., et al. A functionally characterized test set of human induced pluripotent stem cells. Nat. Biotechnol. 29, 279-286 (2011).
  12. Li, X. J., Du, Z. W., et al. Specification of motoneurons from human embryonic stem cells. Nat. Biotechnol. 23, 215-221 (2005).
  13. Perrier, A. L., Tabar, V., et al. Derivation of midbrain dopamine neurons from human embryonic stem cells. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 101, 12543-12548 (2004).
  14. Roy, N. S., Cleren, C., et al. Functional engraftment of human ES cell-derived dopaminergic neurons enriched by coculture with telomerase-immortalized midbrain astrocytes. Nat Med. 12, 1259-1268 (2006).
  15. Yan, Y., Yang, D., et al. Directed differentiation of dopaminergic neuronal subtypes from human embryonic stem cells. Stem Cells. 23, 781-790 (2005).
  16. Meyer, J. S., Shearer, R. L., et al. Modeling early retinal development with human embryonic and induced pluripotent stem cells. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 106, 16698-16703 (2009).
  17. Osakada, F., Ikeda, H., et al. Toward the generation of rod and cone photoreceptors from mouse, monkey and human embryonic stem cells. Nat Biotechnol. 26, 215-224 (2008).
  18. Carpenter, M. K., Inokuma, M. S., et al. Enrichment of neurons and neural precursors from human embryonic stem cells. Exp. Neurol. 172, 383-397 (2001).
  19. Chambers, S. M., Fasano, C. A., et al. Highly efficient neural conversion of human ES and iPS cells by dual inhibition of SMAD signaling. Nat. Biotechnol. 27, 275-280 (2009).
  20. Chambers, S. M., Qi, Y., et al. Combined small-molecule inhibition accelerates developmental timing and converts human pluripotent stem cells into nociceptors. Nat. Biotechnol. 30, 715-720 (2012).
  21. Kawasaki, H., Mizuseki, K., et al. Induction of midbrain dopaminergic neurons from ES cells by stromal cell-derived inducing activity. Neuron. 28, 31-40 (2000).
  22. Rubenstein, J. L., Beachy, P. A. Patterning of the embryonic forebrain. Curr. Opin. Neurobiol. 8, 18-26 (1998).
  23. Hevner, R. F., Hodge, R. D., Daza, R. A., Englund, C. Transcription factors in glutamatergic neurogenesis: conserved programs in neocortex, cerebellum, and adult hippocampus. Neurosci. Res. 55, 223-233 (2006).
  24. Watanabe, K., Kamiya, D., et al. Directed differentiation of telencephalic precursors from embryonic stem cells. Nat. Neurosci. 8, 288-296 (2005).
  25. Watanabe, K., Ueno, M., et al. A ROCK inhibitor permits survival of dissociated human embryonic stem cells. Nat. Biotechnol. 25, 681-686 (2007).
  26. Pankratz, M. T., Li, X. J., et al. Directed neural differentiation of human embryonic stem cells via an obligated primitive anterior stage. Stem Cells. 25, 1511-1520 (2007).
  27. Li, X. J., Zhang, X., et al. Coordination of sonic hedgehog and Wnt signaling determines ventral and dorsal telencephalic neuron types from human embryonic stem cells. Development. 136, 4055-4063 (2009).
  28. Zeng, H., Guo, M., et al. Specification of region-specific neurons including forebrain glutamatergic neurons from human induced pluripotent stem cells. PLoS One. 5, e11853 (2010).
  29. Kim, D. S., Lee, J. S., et al. Robust enhancement of neural differentiation from human ES and iPS cells regardless of their innate difference in differentiation propensity. Stem Cell Rev. 6, 270-281 (2010).
  30. Zhang, X., Huang, C. T., et al. Pax6 is a human neuroectoderm cell fate determinant. Cell Stem Cell. 7, 90-100 (2010).
  31. Stern, C. D. Initial patterning of the central nervous system: how many organizers. Nat. Rev. Neurosci. 2, 92-98 (2001).
  32. Ma, L., Hu, B., et al. Human embryonic stem cell-derived GABA neurons correct locomotion deficits in quinolinic acid-lesioned mice. Cell Stem Cell. 10, 455-464 (2012).
  33. Li, W., Wei, W., et al. Generation of rat and human induced pluripotent stem cells by combining genetic reprogramming and chemical inhibitors. Cell Stem Cell. 4, 16-19 (2009).
  34. Lowry, W. E., Richter, L., et al. Generation of human induced pluripotent stem cells from dermal fibroblasts. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 105, 2883-2888 (2008).
  35. Dimos, J. T., Rodolfa, K. T., et al. Induced pluripotent stem cells generated from patients with ALS can be differentiated into motor neurons. Science. 321, 1218-1221 (2008).
  36. Ebert, A. D., Yu, J., et al. Induced pluripotent stem cells from a spinal muscular atrophy patient. Nature. 457, 277-280 (2009).
  37. Lee, G., Papapetrou, E. P., et al. Modelling pathogenesis and treatment of familial dysautonomia using patient-specific iPSCs. Nature. 461, 402-406 (2009).
  38. Park, I. H., Arora, N., et al. Disease-specific induced pluripotent stem cells. Cell. 134, 877-886 (2008).
  39. Chamberlain, S. J., Chen, P. F., et al. Induced pluripotent stem cell models of the genomic imprinting disorders Angelman and Prader-Willi syndromes. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 107, 17668-17673 (2010).
  40. Kiskinis, E., Eggan, K. Progress toward the clinical application of patient-specific pluripotent stem cells. J. Clin. Invest. 120, 51-59 (2010).
  41. Koch, P., Tamboli, I. Y., et al. Presenilin-1 L166P mutant human pluripotent stem cell-derived neurons exhibit partial loss of gamma-secretase activity in endogenous amyloid-beta generation. Am. J. Pathol. 180, 2404-2416 (2012).
  42. Walsh, R. M., Hochedlinger, K. Modeling Rett syndrome with stem cells. Cell. 143, 499-500 (2010).
  43. Egawa, N., Kitaoka, S., et al. Drug Screening for ALS Using Patient-Specific Induced Pluripotent Stem Cells. Sci. Transl. Med. 4, (2012).
  44. Kola, I., Landis, J. Can the pharmaceutical industry reduce attrition rates. Nature Reviews Drug Discovery. 3, 711-716 (2004).

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Usage Statistics