ニトロセルロース結合アッセイを用いて細菌ヒスチジンキナーゼ自己リン酸化の定量化

Biochemistry

Your institution must subscribe to JoVE's Biochemistry section to access this content.

Fill out the form below to receive a free trial or learn more about access:

 

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations

Fischer, J., Johnson, R. A., Boon, E. Quantification of Bacterial Histidine Kinase Autophosphorylation Using a Nitrocellulose Binding Assay. J. Vis. Exp. (119), e55129, doi:10.3791/55129 (2017).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

Introduction

適応応答は、細菌の生存のために重要です。検出し、環境変化に対応するためには、細菌は、二成分情報伝達として知られている刺激応答システムを使用しています。典型的な2成分系では1,2は 、ヒスチジンキナーゼは、同族の刺激を検出し、その保存されたヒスチジン残基を自己リン酸化し、その後、応答調節タンパク質のレシーバ・ドメインに保存されたアスパラギン残基にリン酸を転送します。 3このイベントは、下流の効果を刺激するレスポンスレギュレーターの活性の変化を誘発します。 4,5したがって 、細菌は、センスおよびローカル環境の変化に適応することができます。いくつかの二成分シグナリングシステムは、この原型から逸脱します。いくつかのケースでは、ヒスチジンキナーゼの感覚ドメインに直接感覚入力を検出し、タンパク質 - タンパク質相互作用を介してキナーゼ活性を修飾するスタンドアロンのタンパク質です。しかし8、ファンド- 6amentalプロセスおよびシステムの全体的な役割は変わりません。二成分シグナル伝達は、細菌の生存に必須であるユビキタス刺激応答システムであって、ヒスチジンキナーゼは、シグナルの伝達に重要な役割を果たしています。 9

細菌の生物学へのヒスチジンキナーゼの重要性にもかかわらず、彼らは特徴付けが乏しいまま。これは、ホスホの固有の不安定性、および自己リン酸化を測定するための実用的な方法が不足しているためです。ホスホはホスホセリン、ホスホスレオニン、およびホスホチロシンよりも不安定です。 10はこのように、一般にセリン/スレオニン/ Tyrのキナーゼを分析するために使用されている技術は、ヒスチジンキナーゼには適用されません。ヒスチジンキナーゼを研究するためのインビトロアッセイにおいて 、11は、 SDS-PAGEオートラジオグラフィーに限られていました。 12,13この方法では、[γ-32 P] -ATPをキナーゼとインキュベートし、キナーゼのリン酸化がPOLによって分析されますyacrylamideゲル電気泳動(PAGE)は、ゲルのオートラジオグラフィーを行いました。この方法は、キナーゼの自己リン酸化、ならびにキナーゼからの応答レギュレーターのリン酸転移をモニターするために使用することができます。しかし、この方法では、顕著な欠点があります。ページベースのアッセイは、ロースループットおよび時間がかかります。このような制限は、タンパク質を特徴付けるし、その動態パラメータを確認に資するではありません。最近公開されたヒスチジンキナーゼを研究するための別の方法は、自己リン酸化を検出するためにホスホ抗体を利用します。 14この方法は、検出のために使用した測定方法に応じて、1-ホスホおよび3-ホスホとを区別するという利点を有しているが、この方法は、大きなダイナミックレンジまたは検出の高い上限を提供しない場合があります。したがって、これらの重要なタンパク質を研究するために使用することができるより速く、より少ない労力であり、より高感度のアッセイが必要とされています。

ここでは、説明すると、dインビトロでの精製の細菌ヒスチジンキナーゼの自己リン酸化を定量化するために使用することができる慎重に開発され、ニトロセルロース結合アッセイをemonstrate。このアッセイは、より高いスループットおよびPAGEベースのアッセイよりも時間がかかります。この方法はまた、検出と大きなダイナミックレンジの高い上限を提供していますホスホ定量化のためのチェレンコフ放射を利用します。アッセイは、ヒスチジンキナーゼの動力学的パラメーターを決定するために用いることができます。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

注意:このプロトコルは、放射性物質の使用および取り扱いに適切なトレーニングを必要とします。ベータ放射線遮蔽を含め、このアッセイを行う際に必要な個人用保護具を使用してください。廃棄物の大量の実験の洗浄段階中に生成される放射性廃棄物は、慎重に取り扱わなければなりません。廃棄物は、このような簡単に倒したりこぼしされることはありません大きなバケツや瓶などの直立コンテナに格納されていることを確認してください。実験が終了したら、慎重に適切に放射性廃棄物容器をマークしするすべての廃液を転送します。注意してすべての材料を処理し、汚染のワークスペースを監視するために近くのガイガーカウンターを保持します。

注:このプロトコルは、私たちのグループから、以前に報告されたアッセイの改訂版です。 H 3 PO 415ホスホ安定性は、この方法を使用する前に、任意の特徴付けられていないヒスチジンキナーゼのためにテストする必要があります。ホスホST機能試験は、以前に記載されています。 15キナーゼが含まれている必要があります含まれていないネガティブコントロール。これは、各サンプルからのバックグラウンド信号を減算し、[γ-32 P] -ATPを十分膜から洗浄されることを確実にするために必要です。

試薬および材料の作製

  1. このアッセイを使用する前に、細菌培養物からヒスチジンキナーゼを精製します。
    1. このアッセイの開発のための腸炎ビブリオ (EB101、ATCC 17802)からヒスチジンキナーゼ(遺伝子ID 1189383)を精製します。 NdeIおよびXhoI制限部位を用いて発現ベクターpET-23aHis-TEVにキナーゼのクローンを作成し、Vp1876のD499Aを構築変異体を生成する部位特異的変異誘発を実施しています。
    2. 大腸菌 BL21(DE3)pLysS中にプラスミドを形質転換し、37℃でTB培地中で細胞を成長させます。アンピシリン(100μg/ mL)とクロラムフェニコール(34μg/ mL)で補足文化、そして攪拌しながら成長しますOD 0.6の600(250回転)。
    3. 25μMの最終濃度までIPTGでタンパク質発現を誘導し、そして16℃で一晩培養物を成長させます。細胞の残骸(18000 XG)を除去するために遠心分離(5,000×gで)、超音波処理により溶解し、遠心分離により細胞を回収します。
    4. Ni-NTAアガロースを用いて、His標識キナーゼを精製します。 SDS-PAGEにより純度を確認します。各タンパク質について精製を最適化し、このアッセイを使用する前に純度を確認。
  2. 25mMのH 3 PO 4の洗浄溶液を準備します。蒸留脱イオン水1Lに、25mMの最終濃度までH 3 PO 4を加えます。この溶液のpHは約2.0です。氷上で25mMのH 3 PO 4を配置します
  3. キナーゼ反応を停止するために使用される325 mMのH 3 PO 4、の13Xストック溶液を調製します。この溶液のpHは約1.5です。氷の上に325 mMのH 3 PO 4を配置します
    注:H 3 PO 4
  4. 160 mMトリス塩酸pH8.0の、600のKCl、16mMのMgCl 2を、40%グリセロールを含む4×反応緩衝原液を準備します。
  5. 確立されたタンパク質濃度法(ブラッドフォード、UV可視、 )によってヒスチジンキナーゼの濃度を定量します。 16,17 4倍の所望の最終濃度である濃度のヒスチジンキナーゼ溶液を調製します。十分な信号を得るためには、反応中の最終タンパク質濃度は、理想的には少なくとも5μMでなければなりません。
  6. 実験のための非標識比:適切な4倍の非標識ATPの濃度と標識と4倍の放射性標識[γ-32 P] -ATP溶液を調製します。
    注:このミックスに含まれるべきである[γ-32 P] -ATPの量はどのくらいに依存しています[^7; - 32 P] -ATPは、最終的に各反応のためにスポットされます。反応あたり5μCiの - 私たちは、0.1の間の範囲の最終濃度で十分な信号を取得しています。非標識ATP比与えられた実験における全ての反応のために一定に保つこと:標識をすることが重要です。すべての濃度全体の非標識ATP比を一定:複数のATP濃度が所望されるとき、これがよく、標識を保つように連続希釈液を、なされるべきです。最終ATP濃度は、典型的には10μM、少なくとも1 mMの範囲、そして各濃度を信頼性のある運動データを取得するために三連でアッセイされるべきです。
  7. 96ウェルドットブロット装置
    1. ニトロセルロース膜(孔径0.2μm)の8センチメートル×12センチの部分をカットします。
    2. 膜は、装置が密封され、全てのウェルが完全に膜で覆われるように収まることを保証し、ドットブロット装置における位置ニトロ、。正しく組み立てられた場合、真空APPLとき、空気の漏れがあってはなりませんIED。
    3. ろ液を収集するには、二次側アームフラスコに装置を接続します。バルブステムから、装置が快適二フラスコを傾けずに使用することができるように、適切なチューブを接続します。
    4. アスピレーター/真空源に二次サイドアームフラスコを接続します。
    5. 装置が完全に装置に真空を適用することにより、密閉されていることをテストします。装置が正しく組み立てられている場合は、強い真空がすべてのウェル中に存在するであろう。すべての配管接続は、密封を確実にするためにパラフィルムやサランラップでラップすることができます。
    6. 必要に応じて、1つのウェルに、真空、反応バッファーのピペット100μLをテストします。真空がよく通って、膜上にすべての液体を引き出すのに十分強くなければなりません。
    7. 全てのサンプルがメンブレン上にスポットする準備が整うまで、真空をオフにします。

2.反応の開始と消光

  1. 反応成分の混合
    1. 前のinitiへエーション、4倍のストック溶液として4つのすべての反応成分の準備:反応バッファー(1.4節を参照)、ヒスチジンキナーゼ(1.5)、[γ-32 P] -ATP(1.6)、およびのddH 2 Oを
    2. 反応緩衝液、ヒスチジンキナーゼ、およびのddH 2 Oを等量混ぜ、これらの反応成分は、短時間(10分)、室温で平衡状態にします。
      注:最終反応容積は、実験は、時間依存性、酵素依存性、または基質依存性であるかどうかに依存しています。複数のアリコートを同じ反応から採取し、所望の時点で急冷されているように、時間依存の反応は、大きくなければなりません。反応容量は、所望の時点の数に依存します。アッセイは、反応の30μLを含有するニトロセルロース膜上の各スポットのために最適化されています。 10時間のポイントが必要な場合このように、反応容量が少なくとも300μLでなければなりません(高いボリュームは、次のような330μLは、任意のピペット操作エラーが発生した場合に好ましいであろう)。酵素と基質に依存する実験は、小さい反応容量を必要とします。このニトロセルロース膜上にスポットされ、最終的な体積であるように、これらの実験のための反応容量は、30μLのように小さくすることができます。
    3. 反応を開始するために、反応の[γ-32 P] -ATP液の1ボリュームを追加し、ピペッティングにより混合します。タイマーで経過反応時間を追跡し、反応が所望の時間進行させます。
    4. 、反応をクエンチ反応を氷冷325 mMのH 3 PO 4の総反応容量の1/13を追加し、ピペッティングにより混合すること。また、325 mMのH 3 PO 4への反応のアリコートを追加します。
      注:H 3 PO 4の最終濃度が十分に反応を停止するために25mMのでなければなりません。例えば、30μLの反応に2.5μLの325 mMのH 3 PO 4を追加、または<30μL反応2.5μLの325 mMのH 3 POを追加サブ> 4。反応物の最終pHは約4.0です。 H 3 PO 4のこの濃度は、テストの結果、ホスホを劣化させることなく、このバッファ内のキナーゼ反応をクエンチすることが確認されています。
      1. 例えば、7.5μL[γ-32 P] -ATPとの反応を開始する7.5μL4×反応緩衝液、7.5μL4倍のヒスチジンキナーゼ、および7.5μLのddH 2 Oを混ぜます。 2.5μLの325 mMのH 3 PO 4で反応をクエンチ。
    5. 全ての反応が終了するまで、直ちに氷上で急冷反応を置きます。
      注:効率を最大化するために、すべての反応が開始されるまで、および所望の反応時間が経過した後に全てが急冷されるまで、一つの反応ごとに15または20秒を開始するために、一つの反応毎に15または20秒を停止ことが望ましいです。初めてのアッセイを使用している人のために、より長い間隔がより管理することができます。

3.スポッティングoをニトロセルロース上のF急冷反応

  1. 96ウェルドットブロット装置に真空を開始します
    1. 二次容器に事前に組み立てられ、96ウェルドットブロット装置(セクション1.7)を配置します。装置および膜は、使用後に放射性であるように、装置が簡単で分解するためにこのコンテナは十分大きくなければなりません。
    2. 96ウェルドットブロット装置に真空を適用します。
    3. 装置が真空下にあると、注意深く各ウェルにおけるニトロセルロース膜上に直接クエンチ反応をピペット。全ての反応は、膜上にロードされるまで繰り返します。ニトロセルロースの結合容量が(74 - 110μgの/ cm 2)を、正しくロードされたときに、ほぼ全てのキナーゼは、膜に結合すると仮定することができるスポットするヒスチジンキナーゼの量よりも大きいです。
      注:使用する装置に応じて、注意がニトロセルロースを穿刺しないように注意する必要があります。反応の全てが目と接触したことを観察電子ニトロセルロース。いくつかまたは反応のすべてが順調の壁に固執し、ニトロセルロースに届かないことが容易です。
    4. 氷冷25mMのH 3 PO 4の100μLでウェルを洗浄します。これは、すべての反応の完全なロードを確保し、膜に到達するために十分に閉じ込められている可能性のある反応容積をできるようになります。ボリューム全体が膜を通って流れることを可能にします。
  2. 装置を分解し、ニトロセルロース膜に転写
    1. 慎重に真空を遮断する前に、装置を分解。装置およびニトロセルロース膜の両方が、この時点で放射性であることを助言すること。この時点で第2の容器から任意の装置構成要素を削除しないでください。
    2. ピンセットで、慎重に約200mLの25mMの氷冷H 3 PO 4の容器に装置からニトロセルロース膜を転送します。洗浄はラディであるように、このコンテナに蓋を置きoactive。このとき、真空を遮断することができます。

4.ニトロセルロース処理

  1. ニトロセルロース洗浄
    1. ロッカー上の洗浄膜を有する容器を置きます。膜は静かに20分間揺らしすることができます。
    2. 20分後、 慎重に一時的廃棄物貯蔵のために使用される大型バケットに用いる洗浄液をデカントします。膜およびリピートに氷冷した25mMのH 3 PO 4の200ミリリットルを追加します。
      注:少なくとも3 20分間の洗浄は、膜からのバックグラウンド[γ-32 P] -ATP信号を除去するために必要です。 3回目の洗浄後、ガイガーカウンターで放射線のために使用される洗浄液をテストします。上記のように無信号が洗浄溶液中に存在しなくなるまで、膜を洗浄し続けます。
  2. ニトロセルロース乾燥
    1. 膜が十分に洗浄した後、短時間空気乾燥さ膜を可能にします。これは、典型的には5分以下かかります。

ストレージ蛍光スクリーンへ5.暴露

注:このセクションはオプションです。蛍光面に膜を公開することは、膜上の各スポットでの放射性標識されたキナーゼの強度の可視化を可能にすることで有益です。これらのスポットの相対強度は、各スポットでのリン酸化ヒスチジンキナーゼの量に正比例します。強度は、画像処理ソフトウェアを用いて定量することができ、これらの結果はさらに、セクション7から生成されたものと比較することができ、このステップは、品質管理を可能にします。このスキャンで見られる異常はシンチレーション計数から得られた不規則な結果を説明するかもしれません。

  1. 蛍光体スクリーンの準備
    1. ストレージ蛍光スクリーンに膜を公開する前に、少なくとも5分間、白色光に蛍光面を露出させます。これは、画面によって保持することができる任意の残像が消去されることを保証します。
    2. 画面がきれいであることを確認してくださいそして、ドライ。必要に応じて、そっとスクリーンメーカーによって承認された蛍光体スクリーン洗浄液でスクリーンを清掃し、乾燥を拭きます。
  2. ニトロセルロース膜の調製
    1. 慎重に蛍光体スクリーンにダメージを与えるから残留水分を防ぐために、薄いプラスチックラップで乾燥したニトロセルロース膜を包みます。シワや気泡がないことを確認します。
  3. 蛍光体スクリーンへの暴露
    1. 、記憶蛍光体スクリーンカセットに包まれたニトロセルロース膜を配置した膜上にスクリーンフェースダウンを置き、カセットを閉じます。カセットを開けたり、露光中の膜シフトが二重または画像流れが捕捉されるようになりますように、蛍光体スクリーンをスキャンする時間になるまで、膜を移動しないでください。
    2. 限り、蛍光体スクリーンメーカーが示唆するように、少なくとも4時間露出させ、または。
    3. 露光が完了すると、蛍光スクリーンを走査し、蛍光スキャナを用いて画像をキャプチャします。

シンチレーション計数のためにニトロセルロースメンブレンの準備6.

  1. ポンソーS染色と脱色
    1. 簡潔にはポンソーS染色溶液中でニトロセルロース膜浸漬(0.1%ポンソーSを(W / V)の5%酢酸中)1 - 2分。脱色の前に染色で膜全体を濡らします。
    2. 膜から過剰ポンソーSをデカント。
    3. ヒスチジンキナーゼからのスポットのみが染色されるまでのddH 2 Oで膜を洗浄します。全てのスポットは、タンパク質の検出可能な量が含まれている場合は、この手順にのみ動作することに注意してください。
      注:この手順は、キナーゼは、ニトロセルロースに結合していることを確認する必要がある、とそのタンパク質負荷があってもすべてのスポット全体です。また、斑点のキナーゼが簡単膜から切り出すことができるようになります。
  2. スポットを切り出します
    1. はさみを使用して、ニトロセルロース膜上の各スポットを切り出します。完全にALONを切断する必要がありませんグラム染色されたスポットの縁。膜を十分に洗浄した場合、原因を切り出しスポットの様々な大きさの背景には、無視することができるであろう。各反応のためのスポット全体をカットすることだけが重要です。
    2. 鉗子を使用して、慎重にシンチレーションバイアルに各スポットを転送します。 32 Pは、チェレンコフ放射によって容易に検出可能であるようになしシンチレーションカクテルは必要ありません。
      注:別の方法として、スポットが先鋭化コルクボーラーを使用して切り出すことができます。コルクボーラーでニトロセルロースから各スポットを外し、ピンとシンチレーションバイアルに押し込みます。この方法では、膜は、さらに、放射線被曝を最小限に抑え、タッチする必要はありません。
  3. [γ-32 P] -ATP液のCPM /ピコモルの決定
    1. 1センチメートルニトロセルロースの×1センチメートルの正方形の上に[γ-32 P] -ATP溶液(1.5節)のスポットいくつかの希釈。簡単に言えば空気乾燥。
    2. 鉗子を使用して、慎重にシンチレーションにそれぞれの正方形を転送バイアル。いいえシンチレーションカクテルは必要ありません。これらのサンプルはATP溶液のCPM / pmolのを決定するための標準曲線を作成するために使用されます。

7.シンチレーション計数

  1. シンチレーションカウンターカセットにすべてのシンチレーションバイアルをロードします。シンチレーションカウンターにカセットをロードします。
  2. 各バイアルのためのCPMを測定するためにシンチレーション計数プログラムを実行します。これらのデータは、(セクション6.3からの)放射性標識ATPミックスCPM / pmolのと共に、各スポット中に存在するリン酸化ヒスチジンキナーゼの量、及び自己リン酸化の、従って速度を計算するために使用することができます。 18,19

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

代表的なデータセットは、蛍光イメージャー( 図1)ニトロセルロース膜を、ポンソーS染色( 図2)、およびシンチレーション計数データ( 図3)で撮影した画像の特徴を生成しました。 図3Aは、ラインウィーバー・バークプロット中の酵素反応速度定数を示しています。これらの結果は、グラム陰性種腸炎ビブリオ (遺伝子ID 1189383)から精製されたヒスチジンキナーゼを用いて得ました。このキナーゼを精製するために使用されるプロトコルは、セクション1.1に記載されています。反応の最終キナーゼ濃度は7.5μMでした。最終ATP濃度は、0μMから1.28 mmの範囲でした。 [γ-32 P] -ATP溶液は171.97 CPM /ピコモルのATPました。これらのデータはすべて、我々が説明した手順を使用して、一日で生成することができます。

/55129/55129fig1.jpg "/>
図1:ニトロセルロース膜のポンソーS染色。ニトロセルロース膜に結合したキナーゼを示すポンソー染色。膜は、ATPの種々の濃度が、一定のキナーゼ濃度を含有する反応物をスポットしました。いいえタンパク質が無キナーゼコントロールスポット(4 回目と8 行目 )に検出されません。ポンソーS染色溶液を5%酢酸中(w / v)の0.1%ポンソーSで構成されました。 この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

図2
図2: 蛍光光度結果。ニトロセルロース膜に暴露された蛍光体スクリーンイメージをスキャンしました。膜は、詐欺を含む反応液をスポットしました。定キナーゼ濃度、及びATPの種々の濃度。各濃度を3回アッセイしました。各濃度において、無キナーゼ調節(4 番目と8 行目 )放射性標識ATPを完全に洗浄工程の間に膜から除去されることを実証するために含まれていました。 この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

図3
図3: シンチレーション計数データ。ヒスチジンキナーゼの自己リン酸化のA)をダブル逆数プロット。基板依存性曲線は、シンチレーション計数から生成されました。ホスホ形成はまた、皮下で生成された図3B(CPM /ピコモルのATP)の勾配を用いて計算しました。intillation分析。 ATPのCPM /ピコモルのB)標準曲線。傾斜は、各試料中に存在するホスホ(ピコモル)の量を計算するために使用されます。 この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

我々が説明したニトロセルロース結合アッセイは、ヒスチジンキナーゼを特徴付ける以前に使用されている方法に比べて多くの利点を有しています。従来のSDS / PAGEに基づくオートラジオグラフィーと比較して、我々の方法は、より高いスループットおよびより少ない時間がかかります。ニトロセルロース膜は、SDSゲルよりも取り扱いが容易であり、かつ固定される必要はありません。タンパク質スポットを可視化するために、ニトロセルロースを染色ポンソーができます。これは、シンチレーション計数のための各スポットを切り出し、タンパク質負荷がすべてのスポット全体で一貫していることを決定する簡単な方法を提供します。各スポットのシンチレーション計数を容易に、図3Bに示される標準曲線の勾配を使用して反応速度に変換することができる正確な結果を提供します。

ストレージ蛍光スクリーンにニトロセルロース膜を露出することは、実験の全期間に時間を追加されていますが、このステップでは、ブロッティングの成功への洞察を提供しています。どれかシンチレーション計数データで注目された矛盾は、潜在的に相補的な蛍光画像によって説明することができます。例えば、膜が十分に洗浄されなかった場合、蛍光画像は、この情報を明らかにする。膜のフルオログラフィーは、このステップからの結果は、補足情報の貴重な作品であることができるように、このアッセイを使用することを計画して誰にもお勧めします。

このアッセイの別の重要な利点は、シンチレーションカウントからのデータを生成する機能です。シンチレーション計数のために各個々のスポットを切断することは、典型的には、ページベースのアッセイのために行われているように、バンドの強度を定量化する画像処理ソフトウェアを使用することが好ましいです。上限および検出のためのダイナミックレンジは、シンチレーションカウンティングではるかに高いです。生データから自己リン酸化の速度を計算することが簡単にCPM /ピコモルのATPを決定するための標準曲線を作成します。この方法を用いて、正確に検出することができますリン酸化生成物のピコモル。

本手法を用いて多くの利点にもかかわらず、それには限界がないわけではありません。私たちの方法は、1-ホスホおよび3-ホスホ区別しません。ホスホ抗体は、これらのリン酸化された製品を区別するために使用することができるが、我々の方法は未だにリン酸化を定量化するチェレンコフ放射を利用するという利点を有します。チェレンコフ放射は、広いダイナミックレンジと高い検出上限を提供します。検出方法に応じて、より少ない上限とダイナミックレンジに苦しむことができるホスホ形成を定量化するために抗体を使用します。我々の方法はまた、精製されたタンパク質と一緒に使用されることに制限され、in vivoでリン酸化するキナーゼを検出するために使用することができません。我々の方法は、放射能のために装備されていないラボを抑止することができる放射性標識された基板を、必要とします。最終的に、この方法は、すでに処理するために装備されているラボのために主に適しています放射能、および頻繁にヒスチジンキナーゼを研究するためにSDS-PAGE技術を使用するための代替を消費し、より高いスループットと短い時間に興味を持っています。セリン/スレオニン/ Tyrのキナーゼを研究している人たちも、これらのタンパク質を研究するための代替方法の相対量にもかかわらず、この方法は有用であることがあります。

方法の進歩は、キナーゼの他の種類を定量するためにもかかわらず、ヒスチジンキナーゼの特徴付けは、長い間とらえどころのないありました。このアッセイでは、我々はこれらの生物学的に関連し、まだよくわかっていないタンパク質を特徴づけるために始めることができます。ヒスチジンキナーゼ自己リン酸化を定量化するための方法論のこの進歩は、最終的に細菌2成分シグナル伝達の我々の理解を改善します。我々は、同族の刺激および種々の二成分シグナル伝達経路中のヒスチジンキナーゼ活性のタンパク質 - タンパク質相互作用の効果を探るように、このアッセイは、貴重なツールです。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Disclosures

著者らは、開示することは何もありません。

Acknowledgements

この作品は、国立ニードプログラム(P200A100044)の分野で大学院支援を通じて教育省によってサポートされていました。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
Phosphoric acid VWR AAAA18067-AP For quenching reactions and washing nitrocellulose
Tris base RPI T60040-5000.0 Tris-HCl pH 8.0, for kinase reaction buffer
Potassium chloride RPI P41000-2500.0 For kinase reaction buffer
Magnesium chloride RPI M24000-500.0 For kinase reaction buffer
Glycerol RPI G22020-4000.0 For kinase reaction buffer
5'-ATP Promega E6011 Kinase substrate
[γ-32P]-5'-ATP Perkin Elmer NEG002Z250UC  6,000 Ci/mmol
96-well dot blot apparatus Bio-rad 1706545 For spotting reactions
Nitrocellulose Whatman 32-10401396-PK For spotting reactions
Ponceau S Sigma aldrich P3504-50G For staining nitrocellulose

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Stock, A. M., Robinson, V. L., Goudreau, P. N. Two-component signal transduction. Annu. Rev. Biochem. 69, 183-215 (2000).
  2. Jung, K., Fried, L., Behr, S., Heermann, R. Histidine kinases and response regulators in networks. Curr. Opin. Microbiol. 15, (2), 118-124 (2012).
  3. Parkinson, J. S., Kofoid, E. C. Communication modules in bacterial signaling proteins. Annu. Rev. Genet. 26, 71-112 (1992).
  4. Laub, M. T., Biondi, E. G., Skerker, J. M. Phosphotransfer profiling: systematic mapping of two-component signal transduction pathways and phosphorelays. Methods Enzymol. 423, 531-548 (2007).
  5. Ronson, C. W., Nixon, B. T., Ausubel, F. M. Conserved domains in bacterial regulatory proteins that respond to environmental stimuli. Cell. 49, (5), 579-581 (1987).
  6. Szurmant, H., Bu, L., Brooks, C. L., Hoch, J. A. An essential sensor histidine kinase controlled by transmembrane helix interactions with its auxiliary proteins. Proc. Natl. Acad. Sci. USA. 105, (15), 5891-5896 (2008).
  7. Price, M. S., Chao, L. Y., Marletta, M. A. Shewanella oneidensis MR-1 H-NOX regulation of a histidine kinase by nitric oxide. Biochemistry. 46, (48), 13677-13683 (2007).
  8. Zhulin, I. B. The superfamily of chemotaxis transducers: from physiology to genomics and back. Adv. Microb. Physiol. 45, 157-198 (2001).
  9. Robinson, V. L., Buckler, D. R., Stock, A. M. A tale of two components: a novel kinase and a regulatory switch. Nature Struct. Biol. 7, (8), 626-633 (2000).
  10. Attwood, P. V., Piggott, M. J., Zu, X. L., Besant, P. G. Focus on phosphohistidine. Amino acids. 32, (1), 145-156 (2007).
  11. Kee, J. -M., Muir, T. W. Chasing phosphohistidine, an elusive sibling in the phosphoamino acid family. ACS Chem. Biol. 7, (1), 44-51 (2012).
  12. Tawa, P., Stewart, R. C. Kinetics of CheA Autophosphorylation and Dephosphorylation Reactions. Biochemistry. 33, (25), 7917-7924 (1994).
  13. Marina, A., Mott, C., Auyzenberg, A., Hendrickson, W. A., Waldburger, C. D. Structural and mutational analysis of the PhoQ histidine kinase catalytic domain. Insight into the reaction mechanism. J. Biol. Chem. 276, (44), 41182-41190 (2001).
  14. Fuhs, S. R., et al. Monoclonal 1- and 3-Phosphohistidine Antibodies: New Tools to Study Histidine Phosphorylation. Cell. 162, (1), 198-210 (2015).
  15. Ueno, T. B., Johnson, R. A., Boon, E. M. Optimized assay for the quantification of histidine kinase autophosphorylation. Biochem. Biophys. Res. Commun. 465, (3), 331-337 (2015).
  16. Bradford, M. A rapid and sensitive method for the quantitation of microgram quantities of protein utilizing the principle of protein-dye binding. Anal. Biochem. 7, (72), 248-254 (1976).
  17. Stoscheck, C. M. Quantitation of protein. Methods Enzymol. 182, 50-68 (1990).
  18. Funt, B. L., Hetherington, A. Scintillation counting of beta activity on filter paper. Science. 131, (3413), 1608-1609 (1960).
  19. Bem, E. M., Bem, H., Reimchüssel, W. Determination of phosphorus-32 and calcium-45 in biological samples by Čerenkov and liquid scintillation counting. Int. J. Appl. Radiat. Isot. 31, (6), 371-374 (1980).

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Usage Statistics