Login processing...

Trial ends in Request Full Access Tell Your Colleague About Jove
JoVE Journal
Neuroscience

A subscription to JoVE is required to view this content.
You will only be able to see the first 20 seconds.

海馬スライス培養におけるシナプス蛋白のポストエンベディング免疫金ラベリング
 

海馬スライス培養におけるシナプス蛋白のポストエンベディング免疫金ラベリング

Article doi: 10.3791/50273
April 3rd, 2013

Summary April 3rd, 2013

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the English version.

タンパク質の局在や分布は、細胞機能を理解するための重要な情報を提供します。電子顕微鏡の優れた空間分解能(EM)は、所定の抗原に続く免疫組織の細胞内局在を決定するために使用できます。抗原性はEM研究で特に困難であった維持しながら、構造的完全性を維持し、中枢神経系(CNS)の組織について。ここでは、ラット海馬CA1錐体細胞におけるシナプスタンパク質を研究し、特徴づけるために、CNS内の構造と抗原性を維持するために使用されている手順を採用しています。

Read Article

Get cutting-edge science videos from JoVE sent straight to your inbox every month.

Waiting X
simple hit counter