発生中のマウス胚性皮質における有糸分裂のライブイメージング

Neuroscience

Your institution must subscribe to JoVE's Neuroscience section to access this content.

Fill out the form below to receive a free trial or learn more about access:

 

Summary

神経前駆有糸分裂は、神経新生の重要なパラメータである。神経前駆糸分裂の我々の理解の多くは、固定された組織の分析に基づいている。胚性脳スライス内のライブイメージングは​​、制御された環境で、高い時間·空間分解能で有糸分裂を評価するための汎用的な手法である。

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations | Reprints and Permissions

Pilaz, L. J., Silver, D. L. Live Imaging of Mitosis in the Developing Mouse Embryonic Cortex. J. Vis. Exp. (88), e51298, doi:10.3791/51298 (2014).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

短期間であるが、有糸分裂は、脳を含む臓器の開発のための基本的な複雑で動的な多段階プロセスである。大脳皮質では、神経前駆細胞の異常な有糸分裂は、脳の大きさと機能の欠陥を引き起こす可能性があります。したがって、神経前駆有糸分裂のメカニズムを理解するためのツールのための重要な必要性がある。げっ歯類における皮質の開発は、このプロセスを研究するための優れたモデルです。神経前駆糸分裂は、一般的に固定された脳切片で検討されている。このプロトコルは、具体的にex vivoでの胚の脳切片における有糸分裂のライブイメージングのためのアプローチを説明します。脳の抽出、埋め込む脳、脳スライス、スライスの染色および培養し、タイムラプスイメージングのビブラトーム切片を:私たちは、これは、この手順のための重要なステップを説明します。次に、有糸分裂のポスト取込み分析を実行する方法を詳細に示し、説明する。我々は、代表的な結果のFRを含みOMこのアッセイは、生体色素Syto11、トランスジェニックマウス(ヒストンH2B-EGFPおよびセントリン-EGFP)を使用して、 子宮内電気穿孔(mCherry-α-チューブリン) あった。我々は、この手順では、最良の最適化することができるか、それが有糸分裂の遺伝的調節の研究のために変更する方法を説明します。脳スライスにおける有糸分裂のライブイメージングは​​、制御された環境で、年齢、解剖学および遺伝的摂動の影響を評価するために、高い時間的·空間分解能で大量のデータを生成するために、柔軟なアプローチである。したがって、このプロトコルは、神経前駆糸分裂の分析のための既存のツールを補完する。

Introduction

このプロトコルの全体的な目標は、胚の脳スライスの神経前駆細胞の有糸分裂のライブイメージングを実行する方法を説明することである。培養液中の脳スライスのライブイメージングを使用して、このプロトコルは、 生体内の設定に非常に近い環境で、神経前駆細胞の有糸分裂を複数の側面を分析するための簡単な方法を提供する。なお) 子宮内エレクトロポレーション用い1-5操作された突然変異動物および/ ​​または脳の脳に適用することができる。この技術は、単に培養培地に薬剤を添加することによって、神経前駆細胞」は、有糸分裂に薬理学的物質の効果を試験することも理想的である。要するに、この記事では、神経新生を研究したものと技術的に困難なプロトコルにアクセスできるようになります。

神経発生時には、明確な神経前駆細胞集団は、最終的には6-8新皮質大人の6皮質層に寄与する神経細胞を生成するために、正確な部門を経験。神経上皮(NE)細胞は自己複製に対称的に分割し、早けれ皮質開発では、神経前駆プールが展開されます。 NEの細胞は、その後放射状グリア細胞(RGCは)に変換。当初、RGCを、2つの新しいのRGCを生成するために対称的に分割し、ただし、神経発生の大部分の間に、分裂のRGCは「メインモードは非対称である。非対称分裂では、1 RGCは、新たなRGCいずれか有糸分裂後のニューロン、またはより専門的な前駆細胞(いずれか短い神経前駆(SNP)、外側放射状グリア(ORG)、または中間前駆細胞(INP)を生じさせる2,3,7,9。INPS、SNPを、そしてORGSは、サブ心室、心室の神経細胞を生成することができ、かつ皮質の基底領域がそれぞれあるので、前駆細胞の細胞分裂は、神経細胞を生成するための基本的なプロセスであり、新皮質。

多くの研究は、特定の有糸分裂のRGCの特性と娘細胞の運命の間の相関関係を指摘している。ハイダルおよび高橋RGC分裂期間および神経発生が進行するにつれて、細胞周期の長さの増加は、発見が追跡中の研究10-13をエコーすることを示した。多くの研究は、心室への有糸分裂紡錘体の向きが3,10,14-16それぞれ、脳内で生成された子孫の場所ニューロンのタイプを含む神経発生およびcorticogenesisの態様を、影響することを示唆している。劈開面方位が直接細胞の運命に影響するかどうかは議論の余地があるが、結論は、この有糸分裂のパラメータに影響を与え、神経発生のまま。さらに、有糸分裂の重要性を強調することは、有糸分裂のメカニズムに関与する多くの遺伝子が神経発生のために、適切な脳の発達に重要である17〜20という観察である。

有糸分裂は、動的なプロセスであり、まだ今日までに、神経前駆有糸分裂を詳述するほとんどの研究は、 インビトロでの細胞培養を介して固定された組織切片の分析または神経前駆細胞の画像化を利用する。このように、有糸分裂を評価するための主流の方法は、このプロセスのスナップショットを提供し、細胞が組織内でどのように動作するかを明らかにすることができない。神経前駆有糸分裂のライブイメージングは​​ますます神経前駆機能を理解するための重要なツールとなっています。例については、これらの参照を参照してください4,8,10,21-25。いくつかの優れたプロトコルは、脳スライス26,27の製造およびイメージングのために公開されている。しかしこれまでに、有糸分裂のイメージングおよび分析のための総合的なプロトコルは、ビデオで説明も証明されていない。

この手法は、脳切片の固定分析に比べていくつかの重要な利点を提供しています。脳スライスの経時的分析は、柔軟な方法で分析することができるかなり多くのデータ点を生成することができる。まず、データは、数分または数時間にわたって個々の時点で収集される。一つは、(静的なモンタージュを作成するために)個々の時点を分析することができるか、ムービーに異なる時点を組み合わせることができます。第二に、スライスの共焦点イメージングは​​、脳スライス内の別のZのセクションでデータを生成することができる。その結果、個々の部分を分析することができる。あるいは、個々のセクションのスタックは、最大強度投影中に組み合わせることができる。第三に、分析は、細胞が隣接細胞と構造体と比較して分割の仕方が明らかに、組織のコンテキストで実行されます。第四に、それは、有糸分裂の欠陥のいくつかの証拠を示す突然変異体の分析に理想的に適している。一緒にこのプロトコルは、独自の研究室で神経前駆有糸分裂のライブイメージングを実施したい研究者を支援するための重要なステップを明確にするのに役立ちます。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

メディアの1。作製(図1、ステップ1)

  1. スライス培養培地
    1. スライス培養培地25mlをウェル当たり2スライスを5ガラスボトムディッシュを調製するのに十分である。
    2. 50ミリリットルコニカルチューブに、100×N2液250μLおよびビタミンA 22.5ミリリットルの容積にDMEM/F12を追加することなく、50倍のB27溶液500μlを加える。
    3. フィルタは、ソリューションを殺菌し、その後、熱不活性化ウマ血清およびウシ胎児血清の1.25ミリリットルの1.25ミリリットルを追加。
    4. スライスの調製の間、37℃の水浴中で溶液をインキュベートする。
    5. 成長因子(FGFとEGF、10の最終濃度を追加 ng / mLで、それぞれ20 ng / mLの)直前に培養の開始まで。この培地の組成は培養中の細胞の生存を促進し、神経前駆細胞の増殖速度を増加させるために最適化されている。これは、このようにする可能性を最大化しますスライスに分裂細胞を観察します。
  2. フルHBSS解剖ソリューション
    1. 、10×50mlのHBSS、1 M Hepes緩衝液(pH7.4、FC 2.5 mM)を1.25mlのを添加することにより、完全なHBSSを500mlを調製2.5 M D-グルコース(FC 30 mM)を6 mlの0.9 M NaHCO 3を2.2mlの(FC 4 mM)を500 mlの最終容量までのdiH 2 Oをオートクレーブ処理。
    2. 妊娠中のマウスから子宮角のコレクションまで4℃で濾過滅菌液と店。この溶液は、数週間、4℃に保つことができる。
    3. 全体解剖手順の間、氷上でHBSSを保管してください。
  3. 埋め込みソリューション
    1. 4胚の脳の埋め込むための、完全なHBSS溶液中の3%低融点アガロースの30ミリリットルを用意。 50ミリリットルコニカルチューブに、30ミリリットルに低融点アガロースとフルのHBSS 0.9グラムを加える。
    2. ボルテックスミキサーで溶液を混合し、チューブに立って、キャップ開放と電子レンジで溶かす。
    3. マイクロ波中、pまで溶液をモニターしながら過度の沸騰によるreventにオーバーフロー。開始沸騰する場合は、電子レンジを止めて、解決策をボルテックスする。
    4. すべてのアガロースが溶融するまで、これらの手順を繰り返します。
    5. 42℃の水浴中でチューブを格納

胚の2。解剖(図1、ステップ2)

  1. 妊娠中のマウスを慎重に安楽死の後、子宮角を収集し、冷たいフル1X HBSSを含む10cm 2のペトリ皿にそれらを転送します。胚の年齢は、研究に応じて変えることができる。このプロトコルは、E17.5に、胚日E12.5から脳スライスの培養に成功して使用されてきた。サイズによっては、若い脳を用いて動作することがより困難になる傾向がある。
  2. 2大脳半球と後脳および前脳を含む完全な胚の脳が得られるまで、胚を収集し、ラットおよびマウス26,27で前述したように、胚の脳を解剖する。これらは、することができますすべての脳を解剖されるまで、室温に保った。
  3. 2大脳半球と後脳および前脳を含む完全な胚の脳が得られるまで、胚を収集し、ラットおよびマウス26,27で前述したように、胚の脳を解剖する。全ての脳を解剖されるまで、これらは、RTに保つことができる。

3。胚の脳の埋め込み(図1、工程3)

  1. バケット含む氷に埋め込み金型に挿入した氷に穴を作成します。
  2. プラスチック金型内に、3%アガロース培地を注ぎ、氷で下穴にその金型を配置します。
  3. 温度が35℃に達するまで、デジタル温度計の先端でアガロース培地をかき混ぜる
  4. 速やかに埋媒体中に脳を移す。
  5. 重要なステップ:慎重に、脳とアガロースとの間の界面に過剰のHBSSを削除するには、ゆっくりと繰り返し/脳を回転タンブルピンセットで埋め込み、溶液中。
  6. アガロースゲル化のクッションは、氷と接触して、金型の底に形成することになる。脳を撹拌しながらクッションが鉗子の先で感じることができるようになると、背側を上にして、脳を配置。脳は、金型の非常に底に沈むべきではありません。

アガロースブ​​ロックの4。作製(図1、ステップ4)

  1. アガロースは、少なくとも5分間氷で硬化してみましょう。
  2. カミソリの刃を使用して、セクションの金型の隅。
  3. 慎重にカミソリの刃を用いて脳の周りにアガロースブ​​ロックを彫る。埋め込まれた脳への影響を回避するためにするためにカット数を最小限に抑えるようにしてください。
  4. 切片台座の上にブロックの安定性を高めるために( 図1、ステップ4を参照して、吻側部位に対して)ブロックは、脳の尾領域でのより大きな表面積を有することを確認してください。
  5. 最後のカット​​は、脳の尾側の1でなければなりません。このカットは、ビブラトームで正しい切片平面を定義します。
  6. 脳とアガロースブ​​ロックの吻側 - 尾側軸に垂直な刃を合わせて行ってください。吻側 - 尾側軸に沿って尾側に刃を下にスライドさせ、約5ミリメートル離れて、脳の最も尾側の領域から最後のカット​​を行います。
  7. 余談アガロース/脳ブロックを設定し、他の脳の埋め込みを繰り返します。

ビブラトームのトレイに組み込み脳の5。転送(図1、ステップ5)

  1. ビブラトームトレイの底部に接着剤の滴を追加します。アガロースブ​​ロックが振動する刃の届く範囲に配置されるように接着剤を配置します。
  2. ヘラの端にブロック転倒の約50%で、ヘラの端にアガロース/脳ブロック尾側を下に置きます。
  3. のりにアガロースブ​​ロックの尾の顔を適用し、Sとトレーの底部までのアガロースブ​​ロックを維持し、離れてヘラをスライドピンセットのhoulder。ヘラを直接接着剤に連絡させてはいけない。
  4. 接着剤は、5分間室温で固化う。

組み込みの脳の6。セクショニング(図1、ステップ6)

  1. HBSSでビブラトレイを埋める。
  2. ビブラトームブレードの開始と終了位置を定義します。
  3. 250ミクロンのスライス - 200を生成します。 - 4、周波数8速度2:VT1000sのビブラトームで、次のパラメータを使用します。
  4. これらがカットされるように、慎重にビブラトームからスライスを削除します。フルHBSSで満たされた12ウェル皿にヘラやピンセットのバックエンドとスライスを転送します。別の方法として、いくつかの研究者は、ピンセットの代わりに絵筆を使用しているツボを:転送中、脳スライスは、周囲のアガロースに付着したまま、その世話をする。

スライスの7。Syto11染色(図1、ステップ7)

  1. の最終濃度にSyto11を希釈0.5 - 成長因子を補充したスライス培養培地中に1μM。
  2. 12ウェルプレートのウェル中で、37℃で1時間染色溶液2.5mlを、1つの脳からのスライスをインキュベートする
  3. 20分間溶液を染色することなく、スライス培養培地の2.5ミリリットルのスライスを洗ってください。

8。(図1、ステップ8 9)ガラスボトムディッシュにスライスをマウントする

  1. スライスごとのコラーゲン溶液を埋め込む15μLを準備します。 10×DMEM、1 MのNaOH 9.4μlを、そしてH 2の290μlのO. 75μlの3 mg / mlのコラーゲンタイプI溶液の375μLを混合することにより、1.5 mg / mlのコラーゲン溶液を調製氷の上に保管してください。
  2. 35ミリメートルのガラス底マイクロウェル皿の底のコラーゲン溶液の15μlのドロップを置きます。スライスのサイズに合わせて、ピペットチップとそれを広げる。
  3. ピンセットのヘラやペアでのコラーゲンの減少にスライスを転送キーポイント:異なるにおける複数のスライスをマウントするENT料理はイメージングに適したスライスを取得する可能性が高くなります。異なるスライスを介してスクリーンと最高の「代表的な結果」に以下の基準を満たすものを選択。
  4. 切片を、5%CO 2、37℃のインキュベーターにそれらを転送する前に室温で10分間インキュベートしましょう。
  5. 20分後、グラスボトムマイクロウェル皿にスライス培養培地の1.2ミリリットルを追加。一度の培地600μLを加え、ピペットチップとそれを広げる。
  6. スライスの解剖学的レベルと整合性を記録するために脳切片の低倍率の画像をキャプチャします。

スライスの9。ライブイメージング(図1、10、11をステップ)

  1. スライスはライブイメージングの前に、5%CO 2、37℃で少なくとも1時間、30分間培養器で回復しよう。
  2. Syto11は光退色に非常に傾向があることを念頭に置いて選択した顕微鏡画像のスライス、。ここにインバーテッド·スピニングディスク共焦点顕微鏡が(アンドールXD回転スピニングディスク共焦点顕微鏡)に使用されます。あるいはレーザー走査共焦点顕微鏡を使用することができる。以下のパラメータは、スピニングディスク顕微鏡セットアップのためのものである。
  3. 全体ライブイメージングセッションの間に、顕微鏡に取り付けられた加湿培養室で、37℃、5%CO 2でスライスを維持する。
  4. 300μmの作動距離60Xシリコンオイル対物レンズと、1.3の開口数を持つ画像セル(例については、 図3B、図3C、3E、3F、4A、4Bを参照こと)。 130ミクロンの作動距離を有する100×油浸対物1.4の開口数(例えば、 図4Cを参照)を使用することもできる。カメラの解像度は512×512である。
  5. 約40μmのスライスの表面の下にあるzスタックの中心と画像が30μmのzスタック内のセル、。深部組織にイメージしようとする目的は、追加することがありますスライス上機械的圧力。これは、脳切片の完全性に影響を与えることができる。細胞の3次元再構成を行うことを計画している場合は、これ以上2μm以下のz間隔を使用しています。
  6. 光退色を制限するために、レーザパワーと露光時間を調整する。 Syto11信号の強度に応じて、30から200ミリ秒までの露光時間を使用。
  7. 電動ステージで、複数のスライス間での画像の複数の位置は、1皿に取り付けられた。例えば、画像1つの皿に4異なるスライスに散らばって20箇所まで。
  8. ライブイメージングのために、有糸分裂の異なる相の同定を可能にするために5分未満の時間分解能を使用しています。 Syto11および/またはヒストンH2B-EGFPを使用して、4 - ライブイメージングの5時間は、有糸分裂細胞のかなりの数を観察するのに十分である。イメージングはまばら(例えば子宮内電気穿孔インによって実現されるような)有糸分裂細胞をラベルされた場合は、より長い撮像パラメータは、(一晩)が適切であると私たちの作品LL。
    注意:このプロトコルを使用して、我々は一般的に、位置毎の平均10有糸分裂細胞で観察します。上述したように、複数の撮像スライスが成功した実験を有する確率を増大取り付けられている。このアプローチでは、我々は一般的にSyto11またはヒストンH2B-EGFPで行わ事実上、全ての実験において有糸分裂細胞を同定。

10。有糸分裂のポスト獲得分析(図2)

このセクションのすべての手順は、無料のオープンソースソフトウェアであるため、有利であるフィジー(ImageJの)に最適化されています。他のソフトウェア·ソリューションは、をMetamorph、IMARIS、およびアミラとして、同じタスクを実行するために利用可能である。

  1. フィジーの有糸分裂像の同定
    1. 「hyperstack」として一つの位置のデータセットを開いた後に、組織、細胞が健康に見える場所(ディスカッションセクションの基準を参照)(スクロールバーの位置については、図2A参照 )1 z平面を選択します。それが識別するための最も簡単な分裂期であるように、後期を経由する細胞を同定するために時間次元をスクロール。
    2. 細胞が有糸分裂(DNA凝縮)に入る時点を識別するために、時間を遡ってスクロールします。細胞は、z平面を横切って移動することができるが、時間分解能及び前述のzスタックパラメータは、このプロセスを有効にするために最適化されている。
    3. スプレッドシートでは、有糸分裂に入ると(フィジーインタフェースでこれらの数字の位置を可視化するために、図2Aを参照して、X、Y、Zおよび時間)4Dはhyperstackのセルの座標を記録する。これらの座標を知ることは、同じセルに数回を数えなくなります。
    4. 時間内に前方にスクロールし、細胞を別の段階まで進行時間を記録します。 1指定されたセルのための各分裂期の期間を文書化します。
    5. フルセット(ポジション内および全体で複数のセル)間で、他のセルに進みます。
  2. 3D再構築細胞のイオンと中期中の回転の定量(ヘイダル 、2003年から適応)( 図2B)。
    1. 中期の初めまで、複数の有糸分裂細胞を同定した後、セルの座標を使用し、時間内に前方にスクロール。
    2. 心室の境界線は、(「イメージ/変形/回転...」コマンドを使用して)、平面になるように全体を「hyperstack」を回転させます。この回転のために適用するために角度を決定するために、「角」ツールを使用します。
    3. 目的の細胞が最も表示されているz平面を特定します。その面では、全細胞が含まれる選択を描画するために「矩形選択」ツールを使用します。
    4. 目的の細胞を含み、Z平面を特定します。 「サブスタック」を作成するために「イメージ/複製」コマンドを使用します。ダイアログボックスで、チェックする「重複hyperstack "を残す。 「スライス(Z)」パラメータは、全体のCEを含むZ-平面に対応しているllの、および「フレーム(t)は "パラメータは、現在の時刻に対応する。
    5. 分解能が悪い場合には、「画像/調整/サイズ... "コマンドを使用して「サブスタック」のサイズを増やします。
    6. 「Image/Stacks/3Dプロジェクト...」コマンドを使用して、現在の時点での細胞の3次元再構成を生成します。このコマンドのパラメータは、 図2(b)に表示されます。 「スライス間隔は、「z平面画像(μm)とのそれぞれの間の間隔に対応する。重要:サブスタックの物理的な寸法(μm)が保存されていることを確認してください。そうでない場合は、z次元における画素の補間は不正確になり、3次元再構成は不正確になります。
    7. 中期板の縁部が見えるようにスクロールバーを用いて、得られた三次元再構成を回転させる。フレームの数は、 図3(b)に記載されベータ角に対応し、この番号を記録します。使い方「角」ツールと「分析/測定...」コマンド、水平および中期板に垂直( 図2B)を二等分線との間の角度を測定します。これは、角度αである。
    8. 目的の細胞の全て中期時点について、これらの角度を記録します。時点(t)および(t-1)との間の回転角(t)における角度との差の絶対値に等しく、(t-1)と少なくともこの角度。
  3. 切断面の配向を測定する
    1. 図3Dは、中期板の3D再構成のために記載の指示に従って、後期中に1つの時点で目的の細胞を再構成する。
    2. 分離染色体によって形成された2枚のエッジが表示されるまで再構築を回転させます。
    3. 水平(心室エッジ)と分離染色体によって形成された2枚の平行な線の間の角度を測定するために、角度ツールを使用して、。これは、劈開面( 図2C)の角度である。
  4. 作品の生成
    1. 細胞は多くの場合、異なるZ-プレーンにわたって移動すると、ライブイメージングセッション中にセルが占有するZプレーンを識別します。 「イメージ/スタック/ Zプロジェクト...」コマンドを使用して、これらのz-平面の「最大強度投影」を生成します。 「。TIF」ファイルとして結果のスタックを保存します。
    2. フィジーようにImageJの1.45バージョンでこのファイルを開く」。MOV "や"。AVI」ファイルを生成するための安定したプラグインが含まれていません。
    3. 「ファイル/ / ...名前を付けて保存」あなたのダウンストリーム·アプリケーションと互換性のある形式でムービーを生成するためにはImageJのコマンドを使用します。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

このアッセイの成功と1のライブイメージングセッション中に複数の有糸分裂細胞の観察は、主整合性や買収が行われたスライスの解剖学的なレベルの両方に依存します。以下に説明するように、スライスの解剖学的レベルが重要な因子であり、図3Aは吻側-尾側を示し、内側-外側我々は、最も成功している場所。このテーマの追加の議論についてはNoctor 26を参照してください。スライスの整合性は、スライスの異なる領域を変えることができる。これは前に(ステップ7.6のようにスライス全体のイメージングを使用)タイムラプスの先頭に決定することができる。 E13.5の脳の良い地域では以下の観察を行うことができます。多くの有糸分裂細胞が脳室の境界にありますが、間期の核は楕円形ではなく丸い形になり、間期核が脳室の境界線に柱状の相対表示されます。脳のあまり望ましくない領域では、核は( 図3Bおよび3Cを比較し、十分に搭載されたスライスの画像については、図3Dを参照)丸みを帯びた、やや混乱していきます。

理想的な状態が達成されると、このアッセイは、有糸分裂の異なるフェーズの定性的識別を可能にします。これらは、(頂端有糸分裂の各段階での分裂細胞の例については、 図3Eを参照)DNAパターンの分析によって検出することができる。前期中に、DNA凝縮がまばらに標識DNA(DNAが豊富な核内のDNAの乏しい領域)の外観を持つことになります。中期の間に、染色体は細胞体の赤道で平面を形成する。平面の向きに応じて、DNAのパターンは太い線( 図3E、ビュー1)、中でのDNAの乏しい領域と(II)「ロゼット」( 図3E、ビュー2)は、(i)である。染色体が分離する際に後期の間に、彼らは "手"のように見える;つまり、反対方向に移動する。買収のY平面 - このフェーズは、劈開面をXのときに識別することが難しいことができます。終期の間に、DNAが核膜改革として楕円形状を緩和し、獲得する。個々の時点( 図3F参照) 経時的に有糸分裂を視覚化するために収集することができる。

頂端割る前駆細胞の有糸分裂を画像化することに加えて、このアッセイは、基底にこのようなORGSやINPSなどの細胞画像分割に使用することができ、後者の可能性が最も高い図3Gに示されているこのような細胞は、SVZの除算のための彼らの位置によって識別可能である層。しかし、本当にそれが( 図4B-D参照)に結合するように、細胞プロセスや運命をラベル蛍光マーカーの発現と解析に最適ですこれらのセルをマークします。 INPSはどちらも頂端でも、基礎プロセスを持って、ORGSは外層にあり、その細胞体と基礎プロセスを持ち、RGCをBAになりますVZの層に位置するその細胞体とSALのプロセス。

前駆細胞の有糸分裂は、代替的な方法を用いて可視化することができます。 図4(a)は、すべての分裂細胞の染色体を標識するヒストンH2B-EGFPトランスジェニックマウスの使用方法を示します。これはSyto11と同様のパターンで細胞をマークします。 図4Bは、EGFP-α-チューブリンおよびヒストンH2B-mCherryでエレクトロ子宮内での脳で行っ画像を描いている。実証されたように、これは、微小管と染色体の両方を視覚化するために1つを可能にし、さらに細胞体および基底プロセス。 図4Cは、mCherry-チューブリンおよびヒストンH2B-EGFPでエレクトロ子宮内 、セントリン-EGFPマウスの脳で行わイメージングを示す。実証されたように、これは、緑のチャネルの画像染色体および中心小体に1を可能にし、有糸分裂紡錘体細胞及び/プロセスは、赤チャンネルに。 図4Dは、脳で行わイメージングを示す子宮内で SはまばらCMV-CreをとCALNL-EGFP 28でエレクトロ。この技術は、個々の分裂細胞の解析が容易になり、まばらにラベル割る前駆細胞に1を可能にします。しかし、エレクトロポレーションを使用する場合、このメソッドはサイクリング細胞2,12かなり同期化されたコホートを対象としていることに留意してください。これは、エレクトロポレーションした細胞の集団は、撮像セッションの開始時に、有糸分裂に近づくように、エレクトロポレーションに対してライブの撮像タイミングを調整する必要があることを意味する。そうでない場合は、任意の有糸分裂細胞の同定に実験の成功は、短期的なイメージングセッションに損なわれる可能性があります。

理想的な条件が達成されると、有糸分裂の重要な特徴を定量的に全体的な有糸分裂の持続時間、各相の持続時間、中期面および切断面方位の回転を含めて測定することができる。記載された条件では、1時間の平均の全体的な有糸分裂の持続時間を観察した胚日で30分(E)13.5および14.5。前述のように、分裂中期のDNA面の回転は、個々の時点で累積的に又は全体中期2,6,9,10の期間にわたって測定することができる。これは、各時点での細胞の分裂中期面の3次元再構成を用いて心室にDNAの相対的な角度を測定達成することができる。我々は成功し、少なくとも3時間、細胞に従うことが、本論文での方法を適用している。

図1
図1。プロトコルのステップの模式図。各ステップに必要な時間は、各ステップの下に表示されます。これらのステップの各々についての詳細は、「プロトコル」に記載されている。こんにちはからスライスを撮影するときには、ステップ7をバイパスすることができますのでご注意ください石H2B-EGFP胚、または有糸分裂のためのマーカーを発現するプラスミドでエレクトロポレーションした脳からスライス。

図2
中期の細胞の3次元再構成に関与して図2。フィジーの分析に利用さまざまなツールのフィジー (ImageJは)。A)の場所でのタイムラプスビデオ顕微鏡データセットのポスト獲得分析。B)異なるステップ。 3Dでの劈開面方位の各手順の詳細は、「プロトコル」に記載されている。C)測定は、後期で細胞を再構成された。 Bステップ6とC内の数字は、シーケンスは、角度を測定するために、次に示すことに注意してください。D)distributioを示す代表的なデータE13.5の脳スライス中の心室の境界で観測され、有糸分裂細胞のグループの中期期間のN(N = 35)。E)の心室の境界にE13.5の有糸分裂細胞中の分裂中期プレートの累積回転を示す代表的なデータ。 拡大画像を表示するにはここをクリックしてください。

図3
図3。ライブイメージング解析からの代表的なデータの例。 RGCの基礎プロセスが短く、ビブラトームによって切断される、従ってにくいのでA)背腹軸に沿って、有糸分裂が最も容易に、脳スライスの背側領域に結像される。吻側 - 尾側軸に沿って、背側皮質の尾側の地域でのスライスは与える我々の手の中で最も一貫性のある結果)。BおよびC実施例は、良好な領域(B)と撮像の悪い領域(C)で示されている。良い地域では、核は楕円(円で囲まれた領域)に成形され、多くの有糸分裂細胞の前タイムラプスイメージング(矢印)に心室の境界で観測される。悪い地域では、非常に少数の有糸分裂細胞が脳室(シングル矢印)の境界で観測されており、核は(円で囲まれた領域)のラウンドです。D)画像表示に先立って低倍率の顕微鏡で観察し、良好なスライスの例。E) 。MM):F)異なる色でマークされた2神経前駆細胞は、有糸分裂の異なるフェーズを経る心室の境界での領域のモンタージュ、(時間、HH述べたようにSyto11の例としては、有糸分裂の異なるフェーズに標識細胞。地域のG)のモンタージュは、神経前駆離れ心室国境から中分割(B)に強調した。モンタージュ(D)及び(E)において、CEのLLSは、擬似異なる分裂期を強調するためにフォトショップを用いて着色された。 (スケールバー:A、B、C、F:10ミクロン、D:1ミリメートル、E、G:5ミクロン)。

図4
図4。神経前駆細胞の有糸分裂を可視化するための代替ツールの例。 E13.5でのヒストンH2B-EGFPトランスジェニック胚の脳スライスにおける心室の境界での領域のA)のモンタージュ。それが有糸分裂。、Bの異なるフェーズを通して進むにつれて、前駆細胞が観察されたEGFP-チューブリンおよびH2B-mCherryを発現するベクターを、E13.5でエレクトロポレーションした脳のスライスにおけるE14.5でVZのモンタージュ。 EGFP-チューブリンができます有糸分裂の間の微小管ダイナミクスの可視化(B1-B2)での心室領域のC)モンタージュmCherry-チューブリンおよびH2B-EGFPを発現するプラスミドをE14.5でエレクトロポレーションしたセントリン-EGFPトランスジェニック胚からn個のE15.5脳。セントリン-EGFPは、(C 1とC 2)有糸分裂の間に中心小体ダイナミクスの可視化を可能にする。D)細胞がまばらに低いとE13.5でエレクトロポレーションにより標識したE14.5の脳切片のIZを示す地域のモンタージュのCreとCre組換え28の後にEGFPを発現するプラスミドの標準濃度を発現するプラスミドの濃度。このモンタージュ内の分裂細胞は、長い基底プロセス(ピンクの矢印)とRGosvzの形態および無頂端プロセス9を持っています。ライブの(A)の撮像及び(B)の実施例に使用される目的は、60Xシリコンオイル対物レンズ、例えば100倍油浸対物(C)、及び例えば10X空気目的であるD.画像に使用される時間分解能(A) 、(B)、(C)及び(D)の例は、それぞれ、4分、4分、30秒、5分であった。 VZ:心室Z1、IZ:中間ゾーン、RGosvz:外側脳室帯ラジアルグリア様細胞。 (スケールバー:A:15ミクロン、B、C、D:5ミクロン、C 1、C 2:2.5μm)拡大画像を表示するにはここをクリックしてください。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

我々が記載したプロトコルの主な利点は、それが神経前駆細胞の有糸分裂の動的な時間分解能を提供することである。典型的には、発達中の脳における有糸分裂を可視化するためのアッセイは、固定組織切片の免疫蛍光を用いて行われる。しかし、このアプローチは、1つの時点での有糸分裂のスナップショットを提供する。

脳スライス内の有糸分裂を画像化するための最も重要ないくつかのステップがあります。1)脳スライスを転送し、実装時の脳切片の完全性を保つために、アガロースに結合したまま必要があります。 2)スライスの生成と画像化のために、吻側 - 尾側レベルの制御が重要となる。これらのスライスに、RGCの基礎プロセスは細胞にとって健康的である、そのまま保持されるため、尾側脳スライスは、一般的に最高です。 3)ライブイメージングのために、60Xの目的とした共焦点回転ディスクの顕微鏡を使用すると、両方の高解像度に最適ですし、sの光退色を避けるために、Syto11色素で発生する可能性がamples、。 4)ライブイメージングのために、収集の時間的なパラメータが重要である。使用される顕微鏡装置に依存して、時間経過毎分〜10分毎に至るまで行うことができる。以上10分、典型的には、有糸分裂の高解像度のダイナミクスを達成するには長すぎる。

このプロトコルは、一定の制限があります。実験はex vivoで組織を用いて行われる。これは、脳切片においてなされた観察は、インビボで異なる可能性が考えられる。異なる日に行われた実験間の比較を行うか、異なる試料を使用した場合、したがって、次のパラメータが一定に保たれるべきである:同様の吻側 - 尾側及び背側方レベルの使用、メディアの内容、顕微鏡及び取得パラメータの使用。さらに、光毒性は、長期イメージングが可能である。したがって複数の実験は、結論を行う前に行われるべきである。また、Syto11自体が強力な可能性ially特に変異体バックグラウンドでの有糸分裂のイベントに影響を与える。そのためには、1がSyto11に基づいて有糸分裂についての結論を行ったときに、彼らはまた、図4に記載されたマーカーとしての独立したアッセイを使用して、調査結果を確認することをお勧めします。

プロトコールに記載されているように、有糸分裂は、様々な方法で染色体および細胞骨格をマーキングした後に画像化することができる。他SYTO色素は、他の蛍光チャネルにおける有糸分裂を可視化するために使用することができる。DNAを可視化するSyto11染色を使用する代わりに 、スライスは、蛍光トランスジェニック系統から生成することができる。例えば、示されているように、ヒストンH2B-EGFPトランスジェニック系統29を用いることができる。ヒストンH2B-EGFPの使用は、特に有用でSyto11治療で観察任意の表現型を確認することをお勧めします。さらに、それはまた、Syto11に光退色に関連する課題を克服するために有用であり得る。このようなことができセントリン-EGFP 30などの他のトランスジェニック系統の使用中心小体、中心体の成分を可視化するために使用することができる。これらだけでは、有糸分裂を可視化するには十分ではないだろうが、それらは、染色体や微小管の他のマーカーと組み合わせてうまく機能します。このようなマーカーは、 子宮内エレクトロポレーション4,5,10,31,32 におけるによって導入することができる。示されるように、切開の一日前に融合タンパク質の発現は、このアプローチのために有用であり得る。我々の経験では、CAGプロモーター下に構築物を発現することが多い1日以内に強い発現を得ることができる。たとえば、私たちは、このアプローチを使用して、胚の脳にα-チューブリンおよびヒストンH2B-EGFPを導入しました。

この技術を習得されると、将来の実験のために作製することができる追加の改変がある。 子宮内エレクトロポレーションでは 、遺伝子発現を操作するために使用することができる。例えば、shRNAのまたはcDNAの導入が与える影響を決定するために有用であり得る機能喪失または過剰発現神経progの際、目的の遺伝子の有糸分裂33 enitor。加えて、スライスは、有糸分裂の際にシグナル伝達経路34,35又は分子を阻害する影響を測定するための化学的薬剤または小分子で治療することができる。

私たちの手順では、回転するディスク共焦点を使用して実行イメージングを説明します。スピニングディスク共焦点顕微鏡の主な利点は、取得速度である。これは、高時間分解能で1ライブイメージングセッションで異なる脳スライスからの複数の位置の画像化、および合理的な画像品質を可能にします。例えば、多光子レーザー走査共焦点顕微鏡のような他の設定は深い放射状グリア細胞が基底プロセスのレベルで切断されにくい組織に高品質の画像を獲得する可能性を与える。したがって、これはイメージ健全神経前駆細胞への確率が増加します。しかし、これは通常、取得速度を犠牲に関連付けられている。これは、順番にnum個に制限されますつのライブイメージングセッション中に撮像できる位置のBER、ならびに時間分解能。有糸分裂の撮像はまた、広視野顕微鏡で行うことができる。これらの試薬の全体的な明るさは、撮影がはるかに困難になるだろうとして、H2B-EGFPまたはSyto11ヒストンとは対照的に、しかしこの場合には、まばらに標識された細胞の画像のがベストです。また、ここで説明するプロトコルは、倒立顕微鏡を使用しています。倒立顕微鏡の主な利点は、高解像度の油の目標と顕微鏡は、電動ステージと結合される移動の自由を使用する可能性である。結論として、実験者は、特定のセットアップと実験の目的の長所と短所のバランスを見つける必要があります。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Disclosures

著者は、彼らが競合する金融利害関係はありません宣言します。

Acknowledgments

著者らは、NINDS / NIH、R00〜NS064197およびNINDS / NIH、R01NS083897(DLSの両方)からの資金を認める。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
100X N2 Life technologies 17502048 for culture medium
50X B27 without vitamin A Life technologies 12587010 for culture medium
DMEM/F12 Life technologies 11320033 for culture medium
Heat-inactivated horse serum Sigma Aldrich H1138-500ml for culture medium
Heat-inactivated calf serum Sigma Aldrich F4135-500ML for culture medium
FGF R&D Sytems 3139-FB-025 for culture medium
EGF for culture medium
10X HBSS Life technologies 14065-056 for the dissection of the embryos
Hepes Free Acid Sigma Aldrich H4034 dilute to 1 M (pH 7.4)
2.5 M D-Glucose Sigma Aldrich G8769 for the dissection of the embryos
0.9 M NaHCO3 Life technologies 25080-094 for the dissection of the embryos
Low-melting agarose Fisher BP165-25 for generating slices
Syto11 Life technologies S7573 Make 5µl aliquots
3 mg/ml collagen type I Life technologies A1048301 for culturing slices
Glass bottom dish MatTek P35G-1.5-14-C for culturing slices
Petri dishes for dissection of the embryos
Digital thermometer to measure the temperature of the agarose
Spatula to transfer brains
Paintbrush alternative to transfer brains
Vibratome Leica VT1000s for generating slices
Dissecting microscope dissecting out embryos
Imaging microscope A confocal microscope is required, it needs to be equipped with an incubation chamber

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Gal, J. S., et al. Molecular and morphological heterogeneity of neural precursors in the mouse neocortical proliferative zones. J Neurosci. 26, 1045-1056 (2006).
  2. Stancik, E. K., Navarro-Quiroga, I., Sellke, R., Haydar, T. F. Heterogeneity in ventricular zone neural precursors contributes to neuronal fate diversity in the postnatal neocortex. Journal of Neuroscience. 30, 7028-7036 (2010).
  3. Konno, D., et al. Neuroepithelial progenitors undergo LGN-dependent planar divisions to maintain self-renewability during mammalian neurogenesis. Nat Cell Biol. 10, 93-101 (2008).
  4. LoTurco, J. J., Manent, J. -B., Sidiqi, F. New and improved tools for in utero electroporation studies of developing cerebral cortex. Cereb Cortex. 19 Suppl 1, (2009).
  5. Shimogori, T., Ogawa, M. Gene application with in utero electroporation in mouse embryonic brain. Dev Growth Differ. 50, 499-506 (2008).
  6. Lui, J. H., Hansen, D. V., Kriegstein, A. R. Development and evolution of the human neocortex. Cell. 146, 18-36 (2011).
  7. Englund, C., et al. and Tbr1 are expressed sequentially by radial glia, intermediate progenitor cells, and postmitotic neurons in developing neocortex. Journal of Neuroscience. 25, 247-251 (2005).
  8. Noctor, S. C., Flint, A. C., Weissman, T. A., Dammerman, R. S., Kriegstein, A. R. Neurons derived from radial glial cells establish radial units in neocortex. Nature. 409, 714-720 (2001).
  9. Wang, X., Tsai, J. -W., Lamonica, B., Kriegstein, A. R. A new subtype of progenitor cell in the mouse embryonic neocortex. Nat Neurosci. 14, 555-561 (2011).
  10. Haydar, T. F., Ang, E., Rakic, P. Mitotic spindle rotation and mode of cell division in the developing telencephalon. Proc Natl Acad Sci USA. 100, 2890-2895 (2003).
  11. Takahashi, T., Nowakowski, R. S., Caviness, V. S. The cell cycle of the pseudostratified ventricular epithelium of the embryonic murine cerebral wall. J Neurosci. 15, 6046-6057 (1995).
  12. Pilaz, L. -J., et al. Forced G1-phase reduction alters mode of division, neuron number, and laminar phenotype in the cerebral cortex. Proceedings of the National Academy of Sciences. 106, 21924-21929 (2009).
  13. Calegari, F., Huttner, W. B. An inhibition of cyclin-dependent kinases that lengthens, but does not arrest, neuroepithelial cell cycle induces premature neurogenesis. J Cell Sci. 116, 4947-4955 (2003).
  14. LaMonica, B. E., Lui, J. H., Hansen, D. V., Kriegstein, A. R. Mitotic spindle orientation predicts outer radial glial cell generation in human neocortex. Nature Communications. 4, 1665 (2013).
  15. Postiglione, M. P., et al. Mouse Inscuteable Induces Apical-Basal Spindle Orientation to Facilitate Intermediate Progenitor Generation in the Developing Neocortex. Neuron. 72, 269-284 (2011).
  16. Silver, D. L., et al. The exon junction complex component Magoh controls brain size by regulating neural stem cell division. Nat Neurosci. 13, 551-558 (2010).
  17. Pulvers, J. N., et al. Mutations in mouse Aspm (abnormal spindle-like microcephaly associated) cause not only microcephaly but also major defects in the germline. Proc Natl Acad Sci USA. 107-16595 (2010).
  18. Feng, Y., Walsh, C. A. Mitotic spindle regulation by Nde1 controls cerebral cortical size. Neuron. 44, 279-293 (2004).
  19. Megraw, T. L., Sharkey, J. T., Nowakowski, R. S. Cdk5rap2 exposes the centrosomal root of microcephaly syndromes. Trends Cell Biol. 21, 1-11 (2011).
  20. Bond, J., et al. A centrosomal mechanism involving CDK5RAP2 and CENPJ controls brain size. Nat Genet. 37, 353-355 (2005).
  21. Shu, T., et al. Doublecortin-like kinase controls neurogenesis by regulating mitotic spindles and M phase progression. Neuron. 49, 25-39 (2006).
  22. Nelson, B. R., Hodge, R. D., Bedogni, F., Hevner, R. F. Dynamic Interactions between Intermediate Neurogenic Progenitors and Radial Glia in Embryonic Mouse Neocortex: Potential Role in Dll1-Notch Signaling. Journal of Neuroscience. 33, 9122-9139 (2013).
  23. Hu, D. J. -K., et al. Dynein recruitment to nuclear pores activates apical nuclear migration and mitotic entry in brain progenitor cells. Cell. 154, 1300-1313 (2013).
  24. Noctor, S. C., Martínez-Cerdeño, V., Ivic, L., Kriegstein, A. R. Cortical neurons arise in symmetric and asymmetric division zones and migrate through specific phases. Nature Publishing Group. 7, 136-144 (2004).
  25. Tyler, W. A., Haydar, T. F. Multiplex Genetic Fate Mapping Reveals a Novel Route of Neocortical Neurogenesis, Which Is Altered in the Ts65Dn Mouse Model of Down Syndrome. Journal of Neuroscience. 33, 5106-5119 (2013).
  26. Noctor, S. C. Time-Lapse Imaging of Fluorescently Labeled Live Cells in the Embryonic Mammalian Forebrain. CSH Protoc. (2011).
  27. Elias, L., Kriegstein, A. R. Organotypic slice culture of E18 rat brains. Journal of visualized experiments : JoVE. (2007).
  28. Shitamukai, A., Konno, D., Matsuzaki, F. Oblique radial glial divisions in the developing mouse neocortex induce self-renewing progenitors outside the germinal zone that resemble primate outer subventricular zone progenitors. Journal of Neuroscience. 31, 3683-3695 (2011).
  29. Hadjantonakis, A. -K., Papaioannou, V. E. Dynamic in vivo imaging and cell tracking using a histone fluorescent protein fusion in mice. BMC Biotechnol. 4, 33 (2004).
  30. Higginbotham, H., Bielas, S., Tanaka, T., Gleeson, J. G. Transgenic mouse line with green-fluorescent protein-labeled Centrin 2 allows visualization of the centrosome in living cells. Transgenic Res. 13, 155-164 (2004).
  31. Walantus, W., Castaneda, D., Elias, L., Kriegstein, A. R. In utero intraventricular injection and electroporation of E15 mouse embryos. Journal of visualized experiments : JoVE. (2007).
  32. Saito, T., Nakatsuji, N. Efficient gene transfer into the embryonic mouse brain using in vivo electroporation. Dev Biol. 240, 237-246 (2001).
  33. Yang, Y. -T., Wang, C. -L., Van Aelst, L. DOCK7 interacts with TACC3 to regulate interkinetic nuclear migration and cortical neurogenesis. Nat Neurosci. 15, (2012).
  34. Siegenthaler, J. A., et al. Retinoic Acid from the meninges regulates cortical neuron generation. Cell. 139, 597-609 (2009).
  35. Schenk, J., Wilsch-Bräuninger, M., Calegari, F., Huttner, W. B. Myosin II is required for interkinetic nuclear migration of neural progenitors. Proceedings of the National Academy of Sciences. 106, 16487-16492 (2009).

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Usage Statistics