同種免疫により誘導される血管拒絶反応および移植動脈硬化症のマウスモデル

Medicine

Your institution must subscribe to JoVE's Medicine section to access this content.

Fill out the form below to receive a free trial or learn more about access:

 

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations

Enns, W., von Rossum, A., Choy, J. Mouse Model of Alloimmune-induced Vascular Rejection and Transplant Arteriosclerosis. J. Vis. Exp. (99), e52800, doi:10.3791/52800 (2015).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

Introduction

過去30年以上にわたり、免疫抑制剤の進歩は、急性拒絶反応に移植片拒絶反応を減少しているが、慢性拒絶反応は、主な課題のままです。慢性心臓移植拒絶反応の主な症状は、移植動脈硬化(TA)1,2です。この状態は、同種移植片の動脈の内膜過形成および血管運動機能障害を特徴とし、レシピエントの免疫系による内皮および平滑筋細胞の免疫学的標的化の結果として発生されます。ホスト容器3を温存しつつ、外来ペプチド主要組織適合遺伝子複合体(MHC)の認識にグラフト血管系の特定の標的化は、排他的に移植動脈におけるTAの開発によって強調表示されます。これを踏まえて、レシピエントがドナー場合や、受信者は、T細胞とB細胞4を欠くと遺伝的に同一である場合にTAが実験的に発生しない観察です。免疫媒介血管損傷とdysfunctionがTA 5に、内膜肥厚や線維症の発症、ならびに脂質およびECMタンパク質の異常な蓄積を引き起こします。内膜肥厚は、全動脈樹の4-6を通して同心になる傾向があります。移植片喪失と死は通常、同種移植片の動脈4の管腔閉塞に起因する進行性虚血の結果として発生します。

1991年には、Mennander 7は、TAをモデル化するために、ラットにおいて大動脈介在モデルを開拓してきました。いくつかのグループが、その後、マウスで使用するために、この手順を適応しています。このモデルでは、同種移植片の大動脈セグメントは、臨床移植において観察されたTAと同等の機能を持っている病変を発症します。これは、平滑筋様細胞とレシピエントの白血球7の蓄積を特徴と内膜肥厚が含まれています。過去20年にわたり、このモデルは、血管損傷、拒絶反応及びTAのメカニズムに重要な洞察を生成するために使用されてきました。それは私たちすることができますEDは動脈病態中の免疫および血管応答に関連した質問を調べました。抗原のミスマッチの影響の選択適切にこれらの質問に対処する能力。

完全なMHCバリヤーを横切る移植は、臓器移植拒絶反応に関与することが知られている免疫応答の総合的な評価を可能にします。これは、移植片由来の細胞によって提示直接CD4とCD8 T細胞認識と外国ペプチドMHCの標的を含み、間接的CD4(および場合によってはCD8)T細胞認識および細胞を提示レシピエント抗原によって提示された移植片由来のアロ抗原の標的化、および抗体血管細胞表面8上の同種抗原の媒介認識。しかし、完全MHC不適合実験における損傷に対する血管反応は、臨床的に観察されるものとは異なる場合があります。ジョンソン 9は示したが、その中で最も完全なMHCミスマッチ関門を移植大動脈介在移植片、内新生内膜細胞は、レシピエント由来ではなく、ドナー由来のものです。これは、ほとんどの内膜平滑筋細胞がドナー由来9,10であるヒト移植において観察されるものとは異なります。この制限を考慮するために、マイナー組織適合抗原不一致を横断グラフト伴う代替の実験モデルは、より密接に臨床移植11で観察されるものに似ている血管の応答を誘発するように開発されてきました。これらの代替モデルは重要な結論を可能にしながら、TA、完全に臨床設定で発生するものを再降伏しないマイナー組織適合抗原不一致の移植片における血管拒絶反応を引き起こす免疫学的プロセスの開発を推進血管応答について行われます。例えば、マイナー組織適合性抗原は、グラフト反応する抗体12によって不十分認識されています。上記の注意事項を考えると、それは病的クエスティを考慮することが重要です大動脈介在モデルで使用する抗原のミスマッチの種類を選択する際には、検査されています。ここでは、マウスの大動脈介在移植のための詳細なプロトコルを記述します。我々は完全MHC不適合マウスが、同じプロトコルが他の抗原不一致のマウス系統全体でグラフト化のために使用されている間の介在移植について説明します。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

この研究におけるすべてのプロトコルを見直し、サイモンフレーザー大学の動物のケア倫理委員会によって承認されました。使用したBalb / cYJ(H2 d)はドナーマウス及びC57BL / 6(H2 b)はレシピエントマウスは、同種の反応を調べました。マウスは、8〜12週齢の間で実験に使用されています。女性または男性のいずれかのマウスを使用してください。同系のコントロールは、C57BL / 6レシピエントにC57BL / 6ドナーからの大動脈のセグメントで構成されています。

1.ドナーとレシピエントの準備

注:ドナーとレシピエントの両方を麻酔し、移植片の虚血を最小にするために手術前に用意されています。注射用麻酔薬は、吸入麻酔薬の送達のために必要な機器によって、動物の閉塞を防止するためのプロトコルで使用されています。しかし、所望ならば、吸入麻酔薬は、適切な代替手段です。麻酔薬の最初の注射から、全体の手順が完了するのに約90分かかります。移植片の虚血性時間が少ない股関節ですnは30分。

  1. ケタミンの腹腔内注射でマウス麻酔た(100mg / kgで、10 mg / mlで)およびキシラジン(10mg / kgの、1 mg / mlで)。マウスは、10〜15分以内に鎮静剤を投与されます。動物フットパッドの脂肪部分をつまんで麻酔の深さを評価します。必要に応じて、動物が引っ込め反射を示さなくなるまで、麻酔薬カクテルの元の量の1/3を管理します。すべてのカクテルを投与された後に密接に呼吸速度を監視します。手術中に、ピンセットで前腹壁をつまんで麻酔のレベルを15分ごとに評価します。マウスは、60〜90分間、深く麻酔をかけままにしてください。
  2. 麻酔下ながら乾燥を防ぐために、眼軟膏とマウスの目に注油してください。
  3. 恥骨に半ば胸部から腹部腹側領域上にできるだけ皮膚に近い髪を剃ります。任意の皮膚ではないニックに特に注意してください。それは私に吸収することができるので、脱毛クリームを使用しないでください皮膚NTOおよび炎症性である可能性があります。
  4. 加熱テーブルまたはパッド上記のタオルの上に仰臥位で動物を置きます。
  5. 2%クロルヘキシジンを用いた予備スクラブで手術部位を清掃してください。手術野を最大化するために大規模な作業領域を準備します。手術部位の中心にスクラブ起動し、直鎖状または環状に外側に移動します。ガーゼを処分。この手順を少なくとも5回以上繰り返します。同じ領域にアルコール準備パッドを適用します。アルコールが乾燥した後、滅菌ガーゼでベタジン溶液とドレープで清潔な場所を準備します。

2.エンドツーエンドの吻合手順

  1. ドナー操作
    1. 操作を通して無菌技術を維持します。使用前に0.5%に加速過酸化水素溶液とのすべてのカウンターと手術台の表面を清掃してください。使用前にすべての手術器具、ガーゼ、ドレープやガウンを包み、オートクレーブ。スチームで楽器の無菌性を確認各パックに入れ滅菌インジケータストリップ。無菌手術用手袋を使用し、手術の間の配置されています。複数の手術のために、高温のガラスビーズ滅菌器での使用の間に手術器具を滅菌します。
    2. 8-30Xの倍率で手術用顕微鏡下で滅菌ドレープで包み、きれいな薄いプレキシガラスボード上の仰臥位でドナーマウスを置きます。
    3. セクション1.1に概説されるように、適切な外科的麻酔を確認した後、手術を続行します。
    4. 滅菌はさみを使用して、恥骨から剣状突起に、単一正中線下縦腹部切開を行います。
    5. 小さなリトラクタを使用して、空洞を露出するために腹壁を開きます。
    6. 滅菌綿を使用すると、静かに、動物の左に上方腸を撤回し、生理食塩水で湿らせたガーゼでカバーし、アプリケーターをひっくり返しました。下方生殖器官を移動し、腎臓下の大動脈と下大静脈(IVC)を見つけます。 Moisの定期的に生理食塩水で10露出した組織。
    7. 医療号5鉗子を使用して、分岐部に左腎動脈のレベルから、IVCから大動脈を分離します。大動脈近くの小さな枝を結紮する10-0ポリアミドモノフィラメント縫合糸を使用してください。
    8. ドナーの大動脈は、IVCから分離された後、湿らせたガーゼで露出キャビティを覆い、無菌領域に別にドナーセット、生理食塩水で容器を飽和させます。ドナー(呼吸と心臓血管機能、および麻酔深度)15分毎の状態を確認してください。 (ステップ2.2.7へ2.2.1)以下に説明するように、大動脈を単離し、レシピエントで動作を開始します。
    9. 受信者の大動脈は、IVCから分離し、別に設定された後、顕微鏡下でドナーを返します。 2つの4ミリの微小血管クランプで約5mmのクロスクランプ(興味のあるセグメントの近位および遠位)ドナー大動脈、。
    10. Vannas-テュービンゲンmicroscissorsを使用して、腹部大動脈の小さなグラフトセグメント(長さ3〜4ミリメートル)を横断します。
    11. 注射器に取り付けられた25 G 5/8針を用いて、ヘパリン化(100 U / ml)で切除された大動脈をフラッシュ食塩水。針の先端が血管に接触しないことを確認してください。
    12. 氷上ヘパリン化に入れ大動脈(100 U / ml)を生理食塩水、脇に置きます。まだ深い麻酔下で、微小血管クランプを解除している間。瀉血によってドナーを安楽死させます。
    13. 切除の30分以内にドナー血管を移植します。それは大動脈の大きい長さを切り出すことにより、複数の受信者のための1つのドナー容器を使用することも可能ですが、30分未満に虚血時間を保ちます。
  2. 受信者の操作
    1. ドナー動作と同様に、操作全体で無菌技術を維持します。
    2. 8-30Xの倍率で手術用顕微鏡下で滅菌ドレープで包まれ薄いプレキシグラスボード上の仰臥位でレシピエントマウスを置きます。
    3. AF動物が引っ込め反射を示さないときに、十分な麻酔を確保terを、手術を進めます。
    4. 滅菌はさみを使用して、恥骨から剣状突起に、単一正中線下縦腹部切開を行います。
    5. 小さなリトラクタを使用して、空洞を露出するために腹壁を開きます。
    6. 滅菌綿を使用すると、静かに、動物の左に上方腸を撤回し、生理食塩水で湿らせたガーゼでカバーし、アプリケーターをひっくり返しました。下方生殖器官を移動し、腎臓下の大動脈とIVCを探します。食塩水で定期的に露出した組織を湿ら。
    7. 分岐部に左腎動脈のレベルから、IVCから大動脈を分離します。必要に応じて、大動脈近くの小さな枝を結紮する10-0ポリアミドモノフィラメント縫合糸を使用しています。
    8. 2つの4ミリの微小血管クランプで約5mmのクロスクランプ(興味のあるセグメントの近位および遠位)大動脈、。
    9. Vannas-テュービンゲンmicroscissorsを使用して、単一の水平大動脈切開を行い、ドナー大動脈移植片を収容するために腹部大動脈の小セグメント(0.5mm以下)を切除します。
    10. ヘパリン化(100 U / ml)を生理食塩水で摘出した大動脈をフラッシュします。ドナー大動脈移植片は、受信者の横切大動脈端部を接続するために適切な長さのものであるべきです。
    11. 同所の位置にドナー大動脈移植片を配置し、受信者のそれとのそれぞれの移植片の解剖学的向きに一致する、受信者の最後に、ドナーの移植片の端を吻合。
    12. 静かに容器の外膜をつかみ、少し医学5番の鉗子を使用してそれを裏返します。ピンセットを使用して、受信者の切除容器にドナー大動脈グラフトを確保するために、血管壁の全厚を通して10-0ポリアミドモノフィラメント縫合糸に取り付けられた針を駆動します。容器の開口部がオフによるT閉じられていないことを確認するために注意してください容器の後壁のO不注意ステッチ。
    13. 連続ステッチのために、移植片の上端と下端の両方で9時位置にステー縫合糸を配置します。 3時からの移植片の上端から開始し、2ランニング縫合糸で切除端を吻合し、ステー縫合糸に縫合糸を固定します。
      1. 以上の移植片を裏返して、容器の一部を背ために実行している縫合糸を続け、原点ステー縫合糸を満たします。容器に多くの圧力を適用せずに固定します。下の吻合のための縫合を繰り返します。
        注:結節縫合容器に、ステー縫合糸の間に3つの分離されたステッチと吻合していることを除いて連続縫合と同じように起動します。吻合時間は通常20分です。
    14. 吻合が完了すると、逆行性血が流れ、吻合部位の漏れをチェックできるようにするために、遠位微小血管クランプを解放します。漏れがある場合、immediatelyは欠陥部位を閉じるためにステッチを配置します。部位で出血がない場合は、近位クランプを解放。
    15. 移植を調べて、移植片には、血液障害、および受信者の血管の近位および遠位部分がないことを確認してください。ドナーのと受信者の両方の容器内の積極的なパルスパターンは、血液が自由に流れていることが主な指標です。ピンセットを使用して、穏やかにステー縫合糸の一端を把持し、少し容器の後壁を検査するための容器を裏返します。
      注:吻合部位の両端に血管壁のないパッカリングがあってはなりません。クランプの除去後の貧しい血流が血栓症の兆候です。
    16. 綿先端のアプリケーターを用いて、腹腔内に腸を返します。
    17. Castroviejo針ホルダとグレーフェの鉗子で、連続縫いを使用して5-0ポリプロピレン縫合糸で腹壁を閉じます。同じでスキン層を閉じます皮内クロージャを使用して、縫合糸。
    18. 移植が完了するとすぐにTorbugesic(1ミリグラム/ kg)の筋肉を管理します。
    19. ためには、すぐに与え、アチパメゾール(1mgの/ kg)を、ケトプロフェン(5mg / kg)および乳酸リンゲル液を皮下に温めました。
    20. 手術直後に、水ブランケット一晩(12時間)下で加熱し、ケージにマウスを置きます。麻酔回復期間中は、清潔で乾燥した障害物のない領域に一人で動物を配置します。清潔なペーパータオルでラインケージ(オートクレーブ処理)と約20℃から22℃まで水ブランケットの温度を調整します。ケージの床の乾燥および湿潤キブルを自由に提供します。
      注:手術後のケアの重要な要素は、麻酔や手術からの回復時に、必要に応じて、動物と適切な介入の観察です。監視の必要な強度は動物によって異なり、COなどの即時麻酔回復期間中に高くなることがあります後で術後の回復にmpared。
    21. 継続的に、彼らは完全に回復するまでモニター施さ麻酔を持つ動物を監視します。動物は、補助なし胸骨横臥位を維持できるようにする必要があり、それが放置される前に、それは穏やかで、痛みのない表示される必要があります。
    22. 両方の皮下に、3日間の期間、ブプレノルフィン(0.1 mgの/ kgのBID)とケトプロフェン(5ミリグラム/ kgのSID)を得ました。
    23. 3日間の最低麻酔からの回復中に心血管および呼吸機能、体温、および術後の痛みや不快感を監視します。その他の手入れは、脱水や電解質の損失を最小限に抑えるために、このような鎮痛剤および他の薬剤の投与、および非経口流体として、必要になることがあります。
    24. 後肢の運動機能を観察することにより、移植手術の成功を評価します。移植の完全な成功は、アニメーションの回復時に即時でなければならない後肢と尾に遮るもののない血流を伴いますら、2日目に後肢のない麻痺との完全な回復

3.組織収集

注:予め定めエンドポイントは、所望の分析の種類および抗原ミスマッチの性質に応じて3-60日の範囲です。一般的には、内膜肥厚は、完全なMHCミスマッチのマウス系統全体の移植後30日目に堅牢です。

  1. ケタミンの腹腔内注射でマウス麻酔た(100mg / kgで、10 mg / mlで)およびキシラジン(10mg / kgの、1 mg / mlで)。動物フットパッドの脂肪部分をつまんで麻酔の深さを評価します。動物が引っ込め反射を示さないときに手術を続行します。
  2. 水で手術部位を清掃し、70%アルコールで終わります。
  3. 吸収パッドを敷いたトレイの上に仰臥位で動物を置きます。
  4. 大きな正中縦切開して腹腔を開きます。空洞を露出させる自己保持リトラクターを配置し、IVC AN腹部大動脈をdは。
  5. 静か医療号5ピンセットを使用して、隣接IVCから移植ドナー大動脈セグメントを分離します。移植血管の外膜を除去しないように特に注意してください。
  6. 胸椎の両側に沿ってリブを介して胸郭入口にすべての方法を切断して胸腔を公開します。心膜を露出させ、止血鉗子のペアで胸郭を確保するために上方に前胸壁を反映しています。
  7. 心臓が露出されると、左心室に(注射器に取り付けられている)25 G 5/8針を挿入し、ヘパリン化(100 U / ml)を0.1mlの生理食塩水でフラッシュ。
  8. ハサミを使用して、血液、ヘパリン化生理食塩水、および固定液は、灌流中に身体を残すことができるように、右心房を削除します。 4%パラホルムアルデヒド5mlで又は流体ラン透明になるまで動物を灌流。安楽死を確実にするために心を削除します。
  9. 物品血管セグメントを移植し、4%パラに浸します1時間を超えないため、ホルムアルデヒド。 10月(最適切断温度)行列とフラッシュ凍結に移植血管を設定します。セクション8ええと厚に設定クライオスタット下容器。ヘマトキシリン​​&エオシンおよび/またはVerhoeff-ファン·ギーソン(ファン·ギーソン)弾性染色で染色切片。

移植片の4形態素解析

注:TAは、内膜肥厚13によって特徴付けられます。このモデルでは、内膜肥厚及び内腔の大きさの減少は、結果として得られる免疫媒介血管損傷の重症度を反映しています。同種移植片コントロールは同種免疫応答の非存在下での血管のベースライン特性を決定するために使用されます。これらの制御はまた、外科的処置の結果として生じる、動脈損傷の評価を可能にします。 syngraftsには内膜肥厚があってはなりません。

  1. 内膜肥厚と管腔閉塞を調べるために、内皮細胞内の面積を測定層、弾性ファン·ギーソンに内部弾性板(IEL)及び外弾性板(EEL)は、画像解析ソフトを用いて動脈セグメントを染色しました。以下のパラメータは、TAの反射動脈の変化を決定することができます。
    1. - 内皮細胞層内の領域内弾性板内の面積:絶対内膜面積を測定します。これは、TAの特徴である内膜の膨張の絶対測定を提供します。
    2. 内弾性板内の領域 - 外弾性板内の面積:絶対内側の領域を測定します。これは、時折血管壁のこの領域への免疫媒介性変化の結果として発生する可能性があります内側の低下や成長の絶対測定を提供します。
    3. 外弾性板内の領域として全血管面積を測定します。これは、免疫学的損傷の結果として動脈の膨張や収縮を伴う血管リモデリングの測定を提供します。
    4. メジャー(内弾性板内の領域 - 内皮細胞層内の領域)/(外弾性板内の領域 - 内部弾性板内の領域):内膜/メディア。これは、内膜増殖の相対的な尺度を提供し、容器の大きさの差を正規化します。
    5. %腔ナローイングを測定します:[(内弾性板内の領域 - 内皮細胞層内の領域)内弾性板と/面積)] * 100。これは、血管壁の内膜の拡大と改造(内側または外側)の組み合わせから生じる管腔閉塞の程度の尺度を提供します。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

このモデルでは、のBalb / cYJマウスの腹部大動脈を、C57BL / 6レシピエントの腎臓下の大動脈に介在されています。これは、同種移植片の動脈を対象と同種免疫応答の総合的な評価を可能にします。このモデルにおいて、免疫媒介血管損傷は内膜肥厚、管腔狭窄および免疫細胞の動員に終わる血管修復応答を開始( 図1および2)。これらの基準は、その後、同種免疫応答の重症度、血管拒絶反応、およびTAのための読み出しとなります。手順の成功は、同種移植動脈セグメントの堅牢な内膜肥厚の開発および同種移植片のコントロールで内膜肥厚が存在しないことによって評価することができます。臨床的に関連する免疫抑制は、より密接に臨床移植に似るように、このモデルで使用することができます。このモデルはまた、同種免疫応答に特異的なタンパク質/経路の効果を研究するために、トランスジェニック動物で使用することができますの我々は14を行っています。

同種移植片の大動脈セグメントは、内膜肥厚を開発します

免疫媒介性の同種移植片血管損傷の量は、1日30移植後にグラフトされた大動脈のセグメントに内膜肥厚と管腔狭窄を定量することによって調べました。同種移植動脈セグメントは、有意な内膜肥厚と管腔閉塞を開発し、変更は同種移植片対照動脈セグメント( 図1)で観察されません。

同種移植片の大動脈セグメント中の白血球の蓄積。

同種移植片の動脈における白血球の蓄積は、CD4 T細胞、CD8 T細胞、およびマクロファージ(MAC-3)免疫組織化学15の数を定量することによって調べました。マック-3は、F4 / 80などの他のマーカーは、また16を使用することができるが、この研究では、マクロファージを染色するために使用しました。 CD4 T細胞は、CD8 T細胞及びマクロファージで検出されました同種移植片の動脈の内膜( 図2)

図1
図1:グラフトされた動脈の組織学的分析(A)同系および同種異系マウスからの腹部大動脈セグメントは、C57BL / 6マウスの腹部大動脈切除に介在させましたグラフトされた動脈を30日目移植後に回収しました。弾性バンギーゼン染色動脈の代表的な顕微鏡写真が示されています。スケールバー= 0.1ミリメートル= 100ミクロン(B)図の容器の異なる層を測定する方法を描いた、L:ルーメン、E:内皮層、I:内膜、M:メディア、A:の外膜(C)定量内膜/メディア比および30日の同系から狭く%の管腔(N = 3)および同種(N = 6)移植、* P <0.05。= "_空白">この図の拡大版を表示するには、こちらをクリックしてください。

図2
図2:同種移植動脈における免疫細胞の蓄積 。同種移植片の大動脈セグメントの代表的な顕微鏡写真で免疫組織化学のMac-3(A)CD4、(B)CD8、および(C)について染色し、ヘマトキシリンで対比染色を示します。スケールバー= 0.1ミリメートル=100μmである。 この図の拡大版を表示するには、こちらをクリックしてください。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

我々は、免疫介在性血管拒絶反応やTAを研究するために有用であるマウスにおける大動脈介在移植するためのプロトコルを記述しています。このモデルは、TAの原因だけでなく、新規治療戦略の開発を研究するために使用することができます。これは、適応免疫、細胞傷害性T細胞応答、サイトカイン媒介性CD4 T細胞エフェクター応答、およびTA 14,17-21における抗体媒介性移植片損傷の重要な役割を確立するために過去に使用されています。マウスにおける動脈移植が原因で動物の明らかなサイズが小さいために困難です。しかし、練習とデューデリジェンスと、成功した手術を行うことができます。成功は、血管の開存性に依存します。これは、移植片が不適切に、血管内腔の鉗子で血管、くびれを処理容器の後壁と、同じサイトの繰り返しの縫合を縫合することによって破損していないことを確実にすることを含みます。容器の漏れも問題があると電子に注意が必要ですステッチの数と位置は、血管壁の周りに均等に分割されているnsure。これは、グラフト虚血は30分未満に最小化されることが不可欠です。これにより、95%以上の成功率を達成することができます。

大動脈はので、この手順は、このモデル動物における血管拒絶反応を調査するための最も簡単な顕微的なアプローチであるマウスで最大の動脈です。また、大動脈セグメントは、生理学的に関連する場所にグラフトされ、正常な血流を経験し、内膜肥厚は、急速に開発しています。血管性拒絶反応及びTAの評価のために使用される他の主要なモデルは、冠状動脈およびTAのための最も関連する臨床シナリオで心臓移植の文脈におけるTAの開発を検討するという利点を有する異心臓移植です。しかし、異心臓移植(通常大静脈に吻合本体内に非生理的な位置に配置され、腹部の大動脈)と心臓が原因で移植された心臓への血液供給の逆行性のために心室を通って血液を送り出すません。このように、冠動脈ツリーを通る血流の性質は、通常、冠状血管系22,23によって経験されるものと異なっていてもよいです。さらに、戦略は、心臓の急性拒絶反応は、動脈の変化を評価するために組み込まれなければならない克服します。両方のモデルでは、慎重に適切に血管拒絶およびTAに関連する特定の質問に対処することができるようにするために利用される抗原ミスマッチのタイプを選択することが重要です。

要約すると、大動脈介在移植は免疫媒介性動脈損傷とTAを調査するための強力な手法です。それは、日常的に研究者の一部の練習と勤勉で習得することができます。マスターと、この手順は、頚動脈、第などの他の動脈セグメントの介在移植のために修飾することができますには、追加の科学的問題の検討を可能にすることができます。また、このモデルの使用は、移植の研究を超えて拡張することができます。改変から動脈の介在グラフトは、動脈のセグメントを導入するために使用され得る( 例えば 、トランスジェニックまたは脂質供給)非修飾対応物にマウス、またはその逆に、非動脈壁細胞24対動脈壁細胞への分子の生物学的効果を分離します、25。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Acknowledgements

この作品は、ヘルスリサーチとハートとBC&ユーコンの脳卒中財団(JCC)のカナダの研究所からの助成金によってサポートされていました。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
C57BL/6J (H-2b) Jackson Laboratories, Bar Harbour ME Strain# 000664
Balb/cBYJ Jackson Laboratories, Bar Harbour ME Strain# 001026
Ketamine Hydrochloride Injection USP 100 mg/ml Ketalean DIN 00612316
Xylazine Injection 20 mg/ml Rompum DIN 02169592
Ketoprofen Injection 100 mg/ml Anafen DIN 01938126
Butorphanol Tartrate injection 10 mg/ml Torbugesic DIN 008450000
Buprenorphine Injection 0.3 mg/ml Reckitt Benckiser B.N. 5241
Atipamezole hydrochloride sterile injectable solution Antisedan DIN 02237744
Heparin Sodium Injection, USP, 1,000 units/ml McKesson Distribution DIN 02264315
Tears naturale ophthalmic ointment Alcon DIN 02082519
Stereomicroscope Leica M80
0.9% Sodium Chloride, sterile Baxter Corporation
Lactated Ringer’s solution, sterile Baxter Corporation
0.9% Sodium Chloride Injection, sterile, 10 ml Baxter Corporation
Alcohol Prep Pads Loris
Povidone Iodine Betadine
Chlorohexidine Gluconate 4% w/v Germi-Stat
Black Polyamide Monofilament AROSurgical Instruments T4A10Q07
Suture, 10-0 suture, 70 microns Corporation
Blue monofilament suture 5-0, P3 needle Ethicon 8698G
1 ml Syringe BD REF 309659
10 ml Syringe BD REF 309604
1cc TB insulin syringe with 28 G 1/2 BD REF 309309
25 G 7/8, hypodermic needle BD REF 305124
27 G 1/2, hypodermic needle BD REF 305109
Colibri Retractor- 1.5 cm spread 4 cm Fine Science Tools 17000-04
S&T CAF-4 Clip applying forceps, without lock Fine Science Tools 00072-14
Supergrip forceps, S&T Fine Science Tools 00632-11
Medical No.5 forceps Fine Science Tools 11253-20
Lexer Baby Scissors Fine Science Tools 14078-10
Micro Adson forceps serrated Fine Science Tools 11018-12
Vannas-Tubingen microscissors Fine Science Tools 15003-08
Micro clamps, b-1; 3.5mm x 1mm; 7mm length Fine Science Tools 00396-01
Graefe-forceps, 10cm 1x2 teeth Fine Science Tools 11054-10
Castroviejo with lock and tungsten jaws Fine Science Tools 12565-14
Hot glass bead sterilizer Inotech 250 IS-250 - Steri-250
Non-woven gauzes Progene
Cotton Tipped Applicators Puritan
Beard Trimmer Wahl
Heating pad Sunbeam

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Billingham, M. E. Graft coronary disease: the lesions and the patients. Transplant Proc. 21, 3665-3666 (1989).
  2. Foegh, M. L. Chronic rejection--graft arteriosclerosis. Transplant Proc. 22, 119-122 (1990).
  3. Libby, P., Pober, J. S. Chronic rejection. Immunity. 14, 387-397 (2001).
  4. Tellides, G., Pober, J. S. Interferon-gamma axis in graft arteriosclerosis. Circulation research. 100, 622-632 (2007).
  5. Johnson, D. E., Gao, S. Z., Schroeder, J. S., DeCampli, W. M., Billingham, M. E. The spectrum of coronary artery pathologic findings in human cardiac allografts. The Journal of heart transplantation. 8, 349-359 (1989).
  6. Gao, S. Z., Alderman, E. L., Schroeder, J. S., Silverman, J. F., Hunt, S. A. Accelerated coronary vascular disease in the heart transplant patient: coronary arteriographic findings. Journal of the American College of Cardiology. 12, 334-340 (1988).
  7. Mennander, A., et al. Chronic rejection in rat aortic allografts. An experimental model for transplant arteriosclerosis. Arterioscler Thromb. 11, 671-680 (1991).
  8. Choy, J. C. Granzymes and perforin in solid organ transplant rejection. Cell Death Differ. 17, 567-576 (2010).
  9. Johnson, P., Carpenter, M., Hirsch, G., Lee, T. Recipient cells form the intimal proliferative lesion in the rat aortic model of allograft arteriosclerosis. Am J Transplant. 2, 207-214 (2002).
  10. Minami, E., Laflamme, M. A., Saffitz, J. E., Murry, C. E. Extracardiac progenitor cells repopulate most major cell types in the transplanted human heart. Circulation. 112, 2951-2958 (2005).
  11. Yu, L., et al. AIP1 prevents graft arteriosclerosis by inhibiting interferon-gamma-dependent smooth muscle cell proliferation and intimal expansion. Circ Res. 109, 418-427 (2011).
  12. Miller, C., DeWitt, C. W. Cellular and humoral responses to major and minor histocompatibility antigens. Transplant Proc. 5, 303-305 (1973).
  13. Tsutsui, H., et al. Lumen loss in transplant coronary artery disease is a biphasic process involving early intimal thickening and late constrictive remodeling: results from a 5-year serial intravascular ultrasound study. Circulation. 104, 653-657 (2001).
  14. Rossum, A., Enns, W., Shi, P., MacEwan, G. E., Choy, J. C. Bim regulates allogeneic immune responses and transplant arteriosclerosis through effects on T cell activation and death. Arterioscler Thromb Vasc Biol. 34, 1290-1297 (2014).
  15. Ho, M. K., Springer, T. A. Tissue distribution, structural characterization, and biosynthesis of Mac-3, a macrophage surface glycoprotein exhibiting molecular weight heterogeneity. J Biol Chem. 258, 636-642 (1983).
  16. Inoue, T., Plieth, D., Venkov, C. D., Xu, C., Neilson, E. G. Antibodies against macrophages that overlap in specificity with fibroblasts. Kidney international. 67, 2488-2493 (2005).
  17. Shi, C., et al. Immunologic basis of transplant-associated arteriosclerosis. Proc Natl Acad Sci U S A. 93, 4051-4056 (1996).
  18. Skaro, A. I., et al. CD8+ T cells mediate aortic allograft vasculopathy by direct killing and an interferon-gamma-dependent indirect pathway. Cardiovasc Res. 65, 283-291 (2005).
  19. Tellides, G., et al. Interferon-gamma elicits arteriosclerosis in the absence of leukocytes. Nature. 403, 207-211 (2000).
  20. Wang, Y., et al. Interferon-gamma induces human vascular smooth muscle cell proliferation and intimal expansion by phosphatidylinositol 3-kinase dependent mammalian target of rapamycin raptor complex 1 activation. Circ Res. 101, 560-569 (2007).
  21. Soulez, M., et al. The perlecan fragment LG3 is a novel regulator of obliterative remodeling associated with allograft vascular rejection. Circ Res. 110, 94-104 (2012).
  22. Choy, J. C., Kerjner, A., Wong, B. W., McManus, B. M., Granville, D. J. Perforin mediates endothelial cell death and resultant transplant vascular disease in cardiac allografts. Am J Pathol. 165, 127-133 (2004).
  23. Choy, J. C., et al. Granzyme B induces endothelial cell apoptosis and contributes to the development of transplant vascular disease. Am J Transplant. 5, 494-499 (2005).
  24. Reis, E. D., et al. Dramatic remodeling of advanced atherosclerotic plaques of the apolipoprotein E-deficient mouse in a novel transplantation model. Journal of vascular surgery. 34, 541-547 (2001).
  25. Potteaux, S., et al. Suppressed monocyte recruitment drives macrophage removal from atherosclerotic plaques of Apoe-/- mice during disease regression. J Clin Invest. 121, 2025-2036 (2011).

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Usage Statistics