同時にデュアルカメラエミッション分割システムを使用して、2つの発光チャンネルにリアルタイム画像のキャプチャ:アプリケーションは、接着性を細胞する

1Department of Chemical and Biomolecular Engineering, Russ College of Engineering and Technology, Ohio University, 2Biomedical Engineering Program, Ohio University
Bioengineering

Your institution must subscribe to JoVE's Bioengineering section to access this content.

Fill out the form below to receive a free trial or learn more about access:

Welcome!

Enter your email below to get your free 10 minute trial to JoVE!





We use/store this info to ensure you have proper access and that your account is secure. We may use this info to send you notifications about your account, your institutional access, and/or other related products. To learn more about our GDPR policies click here.

If you want more info regarding data storage, please contact gdpr@jove.com.

 

Summary

二色蛍光顕微鏡用のデュアルカメラ発光分割システムは、優れた光学的および時間的解像度、パラレルプレートフローチャンバー接着アッセイを含む特定の生細胞アッセイの要件にリアルタイム画像シーケンスを生成する。ソフトウェアは同時に取得放出チャネルからの画像を合成するために使用された場合、疑似色画像シーケンスが生成される。

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations

Carlson, G. E., Martin, E. W., Burdick, M. M. Simultaneously Capturing Real-time Images in Two Emission Channels Using a Dual Camera Emission Splitting System: Applications to Cell Adhesion. J. Vis. Exp. (79), e50604, doi:10.3791/50604 (2013).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

細胞膜に特異的な分子を検出するための多色免疫蛍光顕微鏡は、動的流動条件下での細胞接着を支配するメカニズムを調べるために平行プレートフローチャンバーアッセイと結合することができる。例えば、複数のフルオロフォアで標識された癌細胞は、癌転移のメカニズムをモデル化するために潜在的に反応性の基板上に灌流することができる。しかしながら、リアルタイムの生細胞分析のための画像取得におけるマルチチャネル単一カメラシステムとカラーカメラの欠点を呈する。これらの制限を克服するために、我々は同時に、フローチャンバー内の蛍光標識された細胞のリアルタイム画像シーケンスをキャプチャするために、デュアルカメラ発光分割システムを使用した。デュアルカメラ発光分割システムフィルタ定義された波長は、それによって、同時に2つの空間的に同一であるが、フルオロフォア固有の画像を取り込む2のモノクロCCDカメラ、にわたる。続いて、1チャンネルの画像を単一に統合されpsuedocoloredリアルタイムは、関心領域を横切って急速に移動する細胞上の複数の標的分子を明らかにすることができる配列をマージ。

Introduction

例えば、免疫染色、細胞表面上の分子の分析のための方法、化学的標的分子の検出を可能にする、フルオロフォアにコンジュゲートされたプローブを用いる。生細胞イメージングおよび流体力学的フローベースの細胞接着アッセイは、典型的には、細胞および/ ​​または分子レベル1、2で生理学的プロセスを捕捉するように設計されたモノクロCCDカメラで記録される。これらのカメラは、高速フレームレート(1秒あたりのより大きい30フレーム)を提供し、(原因速いフレームレートと短い露光時間に)非常に優れた時間分解能を提供する、非常に敏感である。しかし、モノクロカメラは、画像のみを収集するために(シングル蛍光体を検出する)、単一の放出チャネルをキャプチャすることができます。単一のカメラ発光分割システムは、複数の放射チャネルを捕捉するために組み込まれたが、多くの場合、視野を低減し、全チャンネルを画像化するために同じ露光時間を必要とすることができる。 multipで標識した細胞から完全なカラースペクトラムをキャプチャするにはルフルオロフォア、カラーカメラは、代替として使用することができる。しかしながら、カラーカメラは、一般に、特定の用途において生細胞イメージングのために所望の時間分解能を提供することができない。別の撮像装置は、高時間分解能を維持しながら、複数の波長で画像生細胞に有利である用途のために必要とされる。プライミング実験のアプリケーションは、細胞が潜在的に反応性の基板1,3の上に生理学的に関連する条件下で灌流された平行板フローチャンバー接着アッセイである。このような接着分子または表面に吸着細胞外マトリックスタンパク4,5を発現する細胞単層のような特定の細胞表面分子を発現する細胞をフロー内の基板上に付着し、ロールよい。ローリング細胞は、第二の画分に回転および並進運動を受けることができる。このような細胞表面分子のクラスターとしてローリングおよび接着細胞上の分子の機能も、ポテンショを有する細胞表面上で活性の再編成を受けるらこれにより、撮像システムは、6,7の圧延セルのステップバイステップの進行を示す画像シーケンスを生成するために、例外的な時間分解能(秒以上と露光時間「ゼロに近い」毎秒30フレーム)を提供しなければならない。デュアルカメラ発光分割システムは、複数のフルオロフォアで標識された細胞を画像化するためのこれらの要求を満たすことができる。

デュアルカメラ発光分割システムは、全視野を維持しながら、同時に2つの空間的に同一であるが、フルオロフォア固有の画像を捕捉するつの類似のカメラに蛍光チャネルを分割し、フィルタ。この技術は、各チャネルの実時間で撮像した画像の直接比較を可能にし、ユーザが迅速に異なる撮像機能を備えたカメラモデルの間で切り替えることができる。この特徴は、より良いシステムをキャプチャすることを可能にする1つのカメラで画像キャプチャ設定を調整する場合に有用である異なる強度、寿命、および吸光係数8と蛍光団。イメージングソフトウェアと相まって、二重カメラ放出分割システムは、複数の波長の生細胞イメージングアッセイのリアルタイム記録を可能にし、細胞の挙動を研究するために蛍光を使用するin vitroアッセイを高めることができる。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

1。ソフトウェアのインストール

  1. 購入StreamPix SimulPixモジュールまたはモノクロCCDカメラで撮影した画像を収集し、組み合わせることのできる他のイメージングソフトウェアを使用して5マルチカメラソフトウェア。
  2. StreamPix 5の最小要件は次のとおりです。2ギガバイト以上のRAMと2.4 GHz以上でのCore 2 Duoを搭載したパソコン。サポートIEEEデジタルまたはアナログのカメラと互換性のあるフレームグラバー。 Windowsは、32ビットまたは64ビットをXP/7/Vista。解像度102​​4×768以上をサポートするモニタ。優れた2D性能を備えたグラフィックアダプタ(OCUは16倍以上が推奨されて発現する)と7,200 RPMのRAID-0構成で記録するためのハードディスクドライブ。

2。 2色同時リアルタイムイメージングが可能なデュアルカメラシステムの設置

  1. MICRのビデオポートにDC2 Cマウントアダプターをスライドさせて顕微鏡に、DC2フォトメトリック放射スプリッタ、または同様のデュアルカメラ発光分割装置を接続デバイス上の二色性の筐体がアクセス可能であることなどOSCOPE。
  2. 女性Cマウント1に2のモノクロCCDカメラを挿入し、女性2 Cマウント。同一のカメラが好ましい。同様のカメラを用いることができるが、互換性は、CCDイメージセンサ、最も重要なのは、内部ハードウェアに依存する。
  3. 両方のカメラからの画像を表示するには、画像処理ソフトウェアを使用してください。次の手順(2.3.1 - 2.3.4)SimulPixモジュールとStreamPix 5に適用され、他のマルチカメラ画像処理ソフトウェアに適応しなければならない。
    1. オープンStreamPix 5とタスクリボンの「ワークスペース」を選択します。
    2. 開いた「ワークスペース·マネージャ」画面の右端に位置しており、「新しいワークスペース」を選択します。
    3. カメラに名前を付けた後、ソフトウェアがあらかじめ入力リストからグラバーを選択するように指示に従います。カメラモデルと一致グラバーを選択し、第2のカメラワークスペースの繰り返し。マージされたワークスペースには、もう一度繰り返しますが、エラーM "すべてのカメラが使用されている」essageが表示されます。このメッセージは正常です。
    4. マージされたワークスペースがロードされると、視聴画面の右側に配置され、ドッキングパネルでマージされたワークスペースにワークスペース1とワークスペース2からカメラを割り当てます。
  4. デュアルカメラの排出分割システムでカメラの位置を合わせます。
    1. 明視野またはPlanApo対物レンズ40倍(またはそれ以上)を使用して、メーカーが提供するキャリブレーショングリッド位相コントラストにカメラの位置を合わせます。
    2. 顕微鏡ステージ上で、製造業者によって提供された金属でコーティングされたキャリブレーショングリッドを配置し、顕微鏡の接眼レンズに光を送信し、顕微鏡ステージ上のグリッドを二乗。
    3. 焦点にグリッドを持参してください。
    4. 変位が、カメラ1(バイパスカメラ)を整列させるために、ダイクロイックハウジングを削除しないでください。ビニングなしで自動スケーリングせずにグリッドを表示します。 Cマウントポート1に焦点調整ダイヤルを使用して画像の焦点を合わせる。
    5. デュアルchanneにダイクロ住宅をプッシュ完全リットル取得装置、画像が両方のカメラにダイクロによって分割されるようになっている。
    6. 3 64分の5」のネジを設定し、グリッドの向きが両方のイメージで同じになるまで、女性のCマウント2に第2のカメラを回転させます。Cマウントポート2上で焦点調整ダイヤルで、カメラからの画像を持って緩め焦点に2。
    7. イメージングソフトウェアのマージされたワークスペースに合成された画像を使用して配置を完成させる。これは1キャリブレーショングリッドの二つの画像をリアルタイムで疑似カラーオーバーレイを見ることができます。 DC2の右側にのみ、R / Lのノブを使用して合成された画像位置を調整します。画像の左/右の縦の境界を正確に整列されるまで、このノブを調整します。
    8. 水平格子棒が適切に整列されるまで、第2の画像のアップ/ダウンの配置を調整するために、U / Dノブを使用してください。
    9. 上/下の位置合わせの際に若干のカメラの回転は3 64分の5 "インチSCREを緩めて、正しいこの問題が発生した場合カメラ2のためのWSと表示された画像が適切に整列されるまで回転させます。

3。平行板フローチャンバー接着アッセイのためのがん細胞の調製

  1. 最小必須培地(MEM)中で培養BT-20乳癌細胞を、10%ウシ胎児血清(FBS)および1%ペニシリン-ストレプトマイシン、37℃で、およびCO 2は 、先2に記載5.0%で媒体を完了するために補充した。
  2. 希薄トリプシン処理で収穫癌細胞および血球計算板を用いて細胞を数える。
  3. 洗浄とカルシウムとマグネシウム(DPBS +)とのDPBS中ウシ血清(BSA)、0.1%のアルブミン中の10 7細胞/ mlで細胞を懸濁。
  4. 0.1%BSA、DPBS +での所定の最適濃度に、一次抗体、精製マウス抗ヒトCD24および精製ラットHECA-452(抗シアロフコシル化抗原)希薄。 30分9、10のために細胞をインキュベートします。
  5. 1,200 rpmで遠心分離細胞は、細胞ペレットを得た。 ASPI一次抗体を評価し、0.1%BSAをDBPS +で細胞を2回洗浄します。
  6. 0.1%BSA DPBS +で所定の最適濃度は、二次抗体、ヤギ抗マウスIgGのAlexaFluor 568(発光最大値、603ナノメートル)、およびヤギ抗ラットIgM抗体のAlexaFluor 488(発光最大519 nm)を、希釈する。 30分間、細胞をインキュベートします。
  7. 細胞を2回洗浄し、0.1%BSA、DPBS +で10 6細胞/ mlで、0.1%のBSA、DPBS +で一時停止。

4。平行板フローチャンバー接着アッセイのための反応基質の調製

  1. 35mm組織培養皿内に収まるパラレルプレートフローチャンバーの入口および出口ポートにチューブを2つの別々の長さを接続する。 Oneチューブを所定の流量で流体を撤退するシリンジポンプに0.1%BSA DPBS +およびその他の中に懸濁標識細胞のリザーバに接続します。
  2. フローチャンバー1に真空ラインを接続します。
  3. 35ミリメートルの組織培養ディ経由でフローチャンバーを配置するshのE-セレクチン(CHO-E)を発現するチャイニーズハムスター卵巣細胞の単層を含有する。 CHO-E細胞を、37℃でMEM完全培地中で増殖させ、5.0%CO 2れた。
  4. 適切な真空シール1を確保するために、フローチャンバーおよび/ ​​またはフローチャンバーガスケットを調整します。
  5. 適切なシール及び気泡の発生1の視覚的な証拠なしのフローチャンバアセンブリを監視する、リザーバから流体を引き出す。
  6. 顕微鏡(ライカDMI 6000B)のフローチャンバアセンブリを配置する1。

5。 2色画像を取得

  1. 光ガイド内に高強度の光と結合する、それを生成するために電力ライカEL-6000小型の光源、又は同様の装置。所望の色/輝度の蛍光プローブを励起するため、フィルターキューブコンビネーションフィルターキューブ、 すなわち G / R(緑/赤)を介して、この光を通過させるように倒立顕微鏡を使用してください。
  2. ダイクロハウジング(押し下げ)が正しい動作位置にあることを確認し、バイパス·モードではありません。
  3. 蛍光モードで顕微鏡を操作して、適切な蛍光フィルターキューブ(緑/赤)を選択します。
  4. カメラ1の露光時間、ゲイン決定(赤、620±60 nm)であり、カメラ2(緑; 535±40nmで)。
    1. 両方の赤と緑の発光チャンネルの画像を取得するために、ダイクロイックを押し下げる。赤色のみフルオロフォアで標識された細胞を用いたフローチャンバーアッセイを使用して、イメージングソフトウェアの「ライブ設定」にカメラ1の露光時間を調整することにより、赤のチャネル画像を得る。
    2. カメラ1の露光時間にカメラ2の露光時間と一致する。画像は緑チャネルにおいて観察された場合、ブリー​​ドスルーアーチファクトが存在し、両方のカメラの露光時間を短縮する必要がある。
    3. ブリードスルーアーチファクトが緑色チャネルに見えなくなるまで、露光時間を短縮せず、カメラ1とカメラ2の露光時間と同等に保つ。イメージを改善するために、カメラ1の利得を調整visibilit必要に応じて、赤チャンネルのY。
    4. 唯一の緑の蛍光体で標識した細胞で5.4.3が、カメラ1が収集し、赤のチャンネルでのブリードスルーのアーティファクトなしに緑のチャンネルで画像セルにカメラ2で露光時間を定義する - を繰り返して、5.4.1を繰り返します。
    5. ブリードスルー場合アーチファクトRetitrate抗体が11を除去することができない、又は、カメラ1とカメラ2の露光時間は、マージされた画像が時間的にずれてもよいように、実質的に異なっている場合。
  5. 同時にフローチャンバー実験における2モノクロCCDカメラから撮影した画像を表示するには、画像処理ソフトウェアを使用してください。
  6. Streampix 5のSimulPixモジュールまたは代替ソフトウェアパッケージを使用して両方のカメラから収集された画像を合成。
  7. 必要に応じて、空間的にマージされた画像を位置合わせするためにSimulPixにおけるデジタル補正の調整や別のソフトウェアを使用してください。画像は、水平、垂直のためSimulPixモジュールを補正することができる、および回転の調整。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

パラレルプレートフローチャンバー接着アッセイは、同時に2つの発光チャネル( 図1)内のリアルタイム画像シーケンスをキャプチャし、デュアルカメラ放出分割システムを実証するために使用した。デュアルカメラの排出分割システムは、蛍光抗ヒトCD24およびHECA-452(シアロフコシル化抗原を検出する)モノクローナル抗体および適切な二次抗体( 図2)で標識したBT-20細胞を検出した。赤信号(CD24)まだ検出できない緑信号(HECA-452)を表示し、いくつかのローリング細胞は、他の人は、緑信号と検出できない赤の信号を表示し、さらに他の細胞( 図2)赤と緑の両方の信号を示した。マージされた放出チャネルは、BT-20細胞の表面上でローリングし、CHO-E単層( 図3及び図4)に付着した上でCD24とシアロフコシル化分子の分布と共局在を明らかにした。デュアルカメラの排出SPLI準備システムは、もともとにより、カメラの位置合わせに若干の画像の位置合わせの誤差を持っていましたが、このエラーはStreamPix 5のSimulPixモジュールを使用してデジタル調整します( 図5)で修正されました。要するに、二重カメラ放出分割システムは、空間的、時間的、およびそのような細胞が視野を通して急速に移動したフローチャンバー接着アッセイのような用途における細胞及び分子の特徴を明らかにするために必要とされる光学的分解能を有する。

図1
図1。パラレルプレートフローチャンバー接着アッセイで画像を取得するためのデュアルカメラ発光分割システムの図示。シリンジポンプは平行板フローチャンバー内の基板上に細胞を灌流するために使用される。倒立落射蛍光顕微鏡に接続されているデュアルカメラエミッション分割システムは、ダイクロイックMを使用しています2台のカメラに放出チャンネルを分割し、フィルタリングするirrorとフィルタキューブ。これらのカメラは、同時に2つの空間的に同一であるが、フルオロフォア固有のイメージシーケンスをキャプチャします。マルチカメライメージングソフトウェアを備えたコンピュータは、各発光チャネルから画像シーケンスをマージし、記録するために使用される。

図2
図2。デュアルカメラ発光分割システムは、平行板フローチャンバー接着アッセイのリアルタイム同時イメージングのために使用した。(1)抗ヒトCD24および抗マウスIgGのAlexaFluor 568(疑似カラー赤、発光最大で標識されたBT-20細胞は、 603 nmの、カメラ1、620±60 nm)を(2)HECA-452および抗ラットIgM抗体のAlexaFluor 488(緑疑似カラー、エミッション最大519ナノメートル、カメラ2、535±40 nm)は、CHO-Eの単層上で灌流した壁せん断応力= 1ダイン/ cm 2で。デュアルカメラ、私をマージメイジは、ローリング細胞集団内の不均一性を明らかにし、細胞表面分子の発現に基づいてローリング挙動を特徴付けるために使用することができる。 = 100ミクロンスケールバー。 10倍の対物レンズで取得した画像。

図3
図3。壁せん断応力= 1ダイン/ cm 2でCHO-E単層上を転動CD24(赤色疑似カラー)およびシアロフコシル化分子(緑色疑似カラー)を発現するBT-20細胞を示す二重カメラ放出分割システムによって捕捉マージされた画像の時間シーケンス。カメラは、それが流れの方向に反応性基材上に巻かれた「端の上終了」タンブリング細胞上の細胞の機能を追跡するために、光と時間分解能を維持した。白い矢印は、細胞表面分子の追跡されたクラスタを示している。各チャネルの発光信号は、Iで疑似カラーと合併しmagingソフトウェア。共局在の信号が黄色/オレンジ色表示されていることに注意してください。静止画像は、図示の時点でのリアルタイム画像シーケンスからエクスポートされた。 =10μmのスケールバー。 40Xの目的で取得した画像。

図4
図4。デュアルカメラ発光分割システムは、BT-20乳癌細胞は、CHO-E単層上を転動代表で表されるCD24の共局在(赤色疑似カラー)およびシアロフコシル化分子(緑色疑似カラー)を明らかにする。(A)CD24および(B)シアロフコシル化の異機種発現細胞表面上の分子が各画像において強調される。赤と緑の疑似色の発光チャンネルがマージされたときに、黄色/オレンジ色の斑点を疑似カラーのような分子の(C)共局在が表示されます。気泡径は約10μmである。 WIを取得した画像40X目標を番目。

図5
図水平に5.Adjustments、垂直、カメラ1とカメラ2で撮影された画像の回転空間の設定がマージされた画像の空間配置を改善することができます。適切な位置合わせが正確に接着アッセイでは、細胞が付着した圧延方法を描写することが重要です。 (A)シングルBT-20細胞のマージされた画像は、カメラの位置にずれている。 (B)空間位置合わせはStreamPix 5のSimulPixモジュール内のソフトウェア変更で改善される。 (C)さらに、ソフトウェアの調整はほぼ完璧な位置合わせを実現しています。スケールバー=2μmである。 40Xの目的で取得した画像。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

デュアルカメラ発光分割システムは、細胞または分子の動きが速い用途で高品質の画像をキャプチャするために必要な空間的、時間的、および光学的分解能を有する。代表的な結果を生成する際に、ソフトウェアの設定やカメラ設定を含むデュアルカメラ発光分割システム、のパラメータは、ローリングおよび接着細胞は、空間的および時間的に整列されたマージされた画像シーケンスを得るために最適化した。ミスアライメントが適切に両方の緑と赤のチャネルで展開することが観察さ例えば 、単一のセルがマージされたワークスペースで2ローリングのセルとして表示されることがあり、調査中の物理現象を伝えていないイメージになることができるように、この最適化ステップは、非常に重要です。プロトコールのステップ2.4​​で説明したようにカメラが物理的に並んでいるとき、空間的な位置合わせは、デュアルカメラエミッション分割システムのセットアップで達成されるべきである。画像CAPTの空間配置にデジタル修正カメラによるuredは、イメージングソフトウェア(工程5.7および図5)におけるデジタルアライメント設定を介して(複数の)水平、垂直、または回転オフセットを適用することができる。

露光時間、オフセット、ゲイン:カメラ1とカメラ2により撮像された画像間の時間的な位置合わせは、カメラの「ライブ設定」を調整することによって達成することができる。利得およびオフセットは、マージされた画像の時間位置合わせに影響を与えることなく調整することができ、まだ、カメラ間のユーザ定義の露光時間のずれは、位置ずれをもたらすことができる。このようにゲイン、各カメラ内の画像を収集するために使用される露光時間との間の差を補償するために調整することができる。ゲイン調整が大幅に画質を損なうように見えるとき理想的には、カメラ間の露光時間の違いのみ許可する必要があります。あるいは、抗体滴定実験は、各カメラによって必要とされる露光時間の差を補償するために、細胞標識を最適化するために行うことができる(a)に起因するため、各抗体/蛍光団により検出された分子の発現レベルの差が各フルオロフォアまたは(b)の固有の特性である。しかし、それはまた、抗体滴定実験は、ブリードスルーアーチファクト(ステップ5.4.5)11とを防止するためのベスト·プラクティスであることに留意されたい。

デュアルカメラ発光分割システムを同時に画像別個の発光チャネルにおける2つの標的分子に使用したが、代替技術は、同時に複数の発光チャネルにおいて画像をキャプチャすることができる。この撮像システムは、単一のカラーカメラからの共焦点顕微鏡の範囲で、それぞれが画像品質、速度、および12〜17の費用に対して利点と欠点を有する。特に、共振スキャナを組み込む最先端のレーザー走査型共焦点顕微鏡は、秒あたりのフレーム数百の画像を取得可能な印象的なマルチスペクトル画像化システムである。これらの共焦点システムは、非常に強力であるしかし、そのコストは、中核施設を通じてこれらのシステムへのアクセス権を持っている研究者の数を制限することができる。最終的に、マルチチャネルイメージングシステムが最も適切である各ラボディクテーションの治験ニーズおよびリソース。

本明細書に記載される方法は、デュアルカメラ発光分割システムおよびイメージングソフトウェアを使用して2つの発光チャネル内のリアルタイム画像シーケンスを取得する方法を説明する。類似したモノクロCCDカメラで2つの発光チャネルにおいて撮影された画像の空間的および時間的整合は、同時に複数の細胞上の標的分子を明らかにし、高品質のリアルタイムマージ画像シーケンスの産生に必須である。デュアルカメラ発光分割システムのためのアプリケーションは、流動アッセイ、細胞表面分子のトランスロケーション、細胞骨格リモデリング、小胞輸送、および3D粒子として、全視野の非常に優れた光学的および時間分解能を要求する任意の2色の生細胞分析を含む追跡。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Disclosures

著者は、彼らが競合する経済的利益を持っていないことを宣言します。

Acknowledgements

著者は、洞察力に富んだ議論や論文審査のために博士ダグラス·ゲッツ(化学と生体分​​子工学専攻、オハイオ大学)博士ファビアンBenencia(医歯薬学総合研究科、オハイオ大学)に感謝したい。また、役立つ技術的な議論(W. Nuhsbaum社)博士クリストファーHuppenbauerに感謝します。この作品は、国立科学財団(CBET-1106118)と国立衛生研究所(1R15CA161830-01)からの補助金によって支えられている。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
Reagent/Material
BT-20 cells ATCC HTB-19
CHO-E cells Gift from Dr. R. Sackstein (Brigham and Women’s Hospital, Harvard Medical School)
MEM Thermo Scientific SH30024.01
FBS Thermo Scientific SH30396.03
Penicillin-streptomycin Thermo Scientific SV30010
0.25% Trypsin / 0.1% EDTA Thermo Scientific SV30031.01
DPBS Thermo Scientific SH30028.02
DPBS+ Life Technologies 14080-055
BSA Sigma A9647
HECA-452 monoclonal antibody BD Biosciences 555946
Anti-human CD24 monoclonal antibody BD Biosciences 555426
Anti-rat IgM AlexaFluor 488 Invitrogen A21212
Anti-mouse IgG AlexaFluor 568 Invitrogen A11004
Name Company Catalog Number Comments
Equipment
EXi Blue Fluorescence Microscopy Digital CCD Camera Q Imaging EXI-BLU-R-F-M-14-C
Retiga EXi FAST 1394 Digital CCD Camera Q Imaging RET-EXi-F-M-12-C
DC2 Emission Splitter Photometrics DC2
Inverted Fluorescence Microscope Leica DMI6000 B
Streampix 5 software Norpix

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Wiese, G., Barthel, S. R., Dimitroff, C. J. Analysis of physiologic E-selectin-mediated leukocyte rolling on microvascular endothelium. J. Vis. Exp. (24), e1009 (2009).
  2. Shirure, V. S., Reynolds, N. M., Burdick, M. M. Mac-2 binding protein is a novel e-selectin ligand expressed by breast cancer cells. PLoS One. 7, (9), e44529 (2012).
  3. Burdick, M. M., McCaffery, J. M., Kim, Y. S., Bochner, B. S., Colon Konstantopoulos, K. carcinoma cell glycolipids, integrins, and other glycoproteins mediate adhesion to HUVECs under flow. Am. J. Physiol. Cell Physiol. 284, (4), C977-C987 (2003).
  4. Resto, V. A., Burdick, M. M., Dagia, N. M., McCammon, S. D., Fennewald, S. M., Sackstein, R. L-selectin-mediated lymphocyte-cancer cell interactions under low fluid shear conditions. J. Biol. Chem. 283, (23), 15816-15824 (2008).
  5. Shirure, V. S., Henson, K. A., Schnaar, R. L., Nimrichter, L., Burdick, M. M. Gangliosides expressed on breast cancer cells are E-selectin ligands. Biochem Biophys. Res. Commun. 406, (3), 423-429 (2011).
  6. Tees, D. F., Goetz, D. J. Leukocyte adhesion: an exquisite balance of hydrodynamic and molecular forces. News Physiol. Sci. 18, 186-190 (2003).
  7. Chang, K. C., Tees, D. F., Hammer, D. A. The state diagram for cell adhesion under flow: leukocyte rolling and firm adhesion. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 97, (21), 11262-11267 (2000).
  8. Lichtman, J. W., Conchello, J. A. Fluorescence microscopy. Nat. Methods. 2, (12), 910-919 (2005).
  9. Kummitha, C. M., Shirure, V. S., Delgadillo, L. F., Deosarkar, S. P., Tees, D. F., Burdick, M. M., Goetz, D. J. HECA-452 is a non-function blocking antibody for isolated sialyl Lewis x adhesion to endothelial expressed E-selectin under flow conditions. J. Immunol. Methods. 384, (1-2), 43-50 (2012).
  10. Burdick, M. M., Henson, K. A., Delgadillo, L. F., Choi, Y. E., Goetz, D. J., Tees, D. F., Benencia, F. Expression of E-selectin ligands on circulating tumor cells: cross-regulation with cancer stem cell regulatory pathways? Front. Oncol. 2, 103 (2012).
  11. Hoffman, G. E., Le, W. W., Sita, L. V. The Importance of Titrating Antibodies for Immunocytochemical Methods. Current Protocols in Neuroscience. John Wiley & Sons, Inc. (2001).
  12. Weinberg, S., Lipke, E. A., Tung, L. In vitro electrophysiological mapping of stem cells. Methods Mol. Biol. 660, 215-237 (2010).
  13. Kong, K. V., Leong, W. K., Lim, L. H. Osmium carbonyl clusters containing labile ligands hyperstabilize microtubules. Chem. Res. Toxicol. 22, (6), 1116-1122 (2009).
  14. Vermot, J., Fraser, S. E., Liebling, M. Fast fluorescence microscopy for imaging the dynamics of embryonic development. HFSP J. 2, (3), 143-155 (2008).
  15. Bullen, A., Friedman, R. S., Krummel, M. F. Two-photon imaging of the immune system: a custom technology platform for high-speed, multicolor tissue imaging of immune responses. Curr. Top. Microbiol. Immunol. 334, 1-29 (2009).
  16. Worth, D. C., Parsons, M. Advances in imaging cell-matrix adhesions. J. Cell Sci. 123, 3629-3638 (2010).
  17. Xiao, Z., Visentin, G. P., Dayananda, K. M., Neelamegham, S. Immune complexes formed following the binding of anti-platelet factor 4 (CXCL4) antibodies to CXCL4 stimulate human neutrophil activation and cell adhesion. Blood. 112, (4), 1091-1100 (2008).

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Usage Statistics