原子間力顕微鏡イメージングおよびサポートされている脂質二重層のフォーススペクトロスコピー

Bioengineering

Your institution must subscribe to JoVE's Bioengineering section to access this content.

Fill out the form below to receive a free trial or learn more about access:

 

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations

Unsay, J. D., Cosentino, K., García-Sáez, A. J. Atomic Force Microscopy Imaging and Force Spectroscopy of Supported Lipid Bilayers. J. Vis. Exp. (101), e52867, doi:10.3791/52867 (2015).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

Introduction

原子間力顕微鏡(AFM)は、非常に鋭い先端を有するカンチレバー1を用いて、試料の領域を横切って走査することにより、表面の画像を生成します。カンチレバーの動きは、試料の表面形状をプローブ。液体2-5に空気やネイティブに近い状態で固定したサンプルを分析することで、その汎用性のために、タンパク質、DNA、および膜を含む- AFMは、広く生体分子に適用されています。

別にナノメートルの範囲内の高解像度の撮像能力から、AFMカンチレバーは、相互作用力(粘着力と反発力)と、試料5,6の機械的特性を調べるために、ばねとして作用します。これは、力分光法として知られています。このモードでは、プローブは、最初のサンプルに近づき、それに力を及ぼし、それはサンプル( 図1A)との接触を失うまで、後退します。生成された曲線は、アプリの両方のためのカンチレバーの距離の関数としての力を見せますゴキブリと後退。弾性率を含むいくつかの特性は、材料の硬さを測定し、そして接着力を導出することができます。

サポートされている脂質二重層は、固体支持体の上に横たわっている生体モデル膜である-通常マイカ、ホウケイ酸ガラス、石英ガラス、またはシリコン7を酸化しました。これらは、小胞の沈着、ラングミュア-ブロジェット法及びスピンコーティング8,9のような様々な技術を用いて調製されます。 AFMイメージングは、これらのサポートされている二重層10の形成は、次のとおりと異なる組成物11〜15の膜によって形成された異なる構造を探査するために使用されています。

アプローチ曲線のピークに支持された二分子層​​の結果に力分光法を行います。このピークは、二重層を貫通するのに必要な力を示しており、画期的な力と呼ばれています。二重層の厚さはまた、力曲線6を用いて測定することができます。二重層の代表的な画期的な力NN 6 1-50の範囲。これらの特性は、脂質充填(液体またはゲル相)と構造(アシル鎖長及び不飽和度)に依存し、膜活性剤16によって変更します。破裂の背後にある理論は、17を説明したが、そのようなカンチレバー柔らかさ、先端半径と接近速度などの他の実験パラメータも画期的な力15,16,18に影響与えます。力分光法は、膜21の安定性に、異なる脂質相11,19、ペプチドのような組成的変化12,20、ならびに他の生体分子の効果の特性を分析するために使用されてきました。

サポートされている二重層のオリエンテーションフラットは、より良い構造および膜の性質を特徴づけるために、表面プラズモン共鳴、蛍光顕微鏡2211,19等の他の方法でAFMを組み合わせるために有利で ​​す。

この詳細なビデオプロトCOLは、小胞の沈着を使用してサポート脂質二重層を調製し、AFMおよび力分光法を用いてそれらを分析することを意図しています。様々なサイズの小胞は、二重層を調製するために使用することができるが、このプロトコルは、小規模および大単層ベシクルに焦点を当てています。相が液体注文(L 0)と液体無秩序(L d)が相に分離支持された二分子層は11,15を特徴づけました。 2:1の比率で膜を2にジオレオイルホスファチジルコリン(DOPC)、スフィンゴミエリン(SM)、およびコレステロール(Cholで)から構成されています。この組成物モデルタンパク質輸送および選別、細胞シグナリングおよびその他の細胞プロセス23,24のための重要なプラットフォームとして動作するように提案されている脂質ラフト、。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

サポートされている脂質二重層の調製(SLB)11,12,21

  1. 脂質混合物および多層ベシクル懸濁液の調製
    1. 事前に以下の緩衝液を準備します。
      1. 2.7ミリモルのKClの濃度でPBS緩衝液を調製し、1.5mMのKH 2 PO 4、8ミリモルのNa 2 HPO 4、及び137mMの塩化ナトリウム、pHは7.2。
      2. 150mMのNaCl、10mMのHEPES、pHが7.4の濃度で、SLB(サポートされている脂質二重層)バッファを準備します。
      3. 1 MのCaCl 2の溶液を調製します。
    2. 所望の濃度でクロロホルム中、次の脂質を溶解:例えば、ジオレオイルホスファチジルコリン(DOPC)25 mg / mlの、スフィンゴミエリン(SM)で25 mg / mlのコレステロールで(チョル)に10mg / mlで。
    3. 2:1 DOPC:SM:Cholをモル比2の総脂質1mgので溶液を作るためDOPCの18.38μL、SMとのChol 11.30μlに17.10μLを取ります。 conceに基づいて、それに応じてボリュームを変化させます1.1.2で調製した脂質のntrations。 2:1 DOPC:SM:Cholを、膜25の位相特性を変化さモル比の変更などが、2のモル比を維持しています。
    4. ボルテックスで完全に溶液を混合。一つは、蛍光顕微鏡によって二重層を可視化することを望む場合、0.05モル%の蛍光脂質色素を加えます。
      注:長鎖dialkylcarbocyaninesのファミリーを行ったように、DIOとのDiIは波長の広い範囲に及ぶ、理想的には脂質膜を標識するために使用することができます。あるいは、ローダミンホスファチジルエタノールアミンまたはBODIPYコレステロールのような蛍光標識脂質を使用することができます。いずれの場合も、色素の濃度は、脂質に結合した蛍光体の高濃度は、脂質の挙動19を変更できることを念頭に置いて、顕微鏡の設定に応じて最適化する必要があります。
    5. N 2ガ ​​ス(または例えばArやHeなどの使用可能な任意の不活性ガス)を使用して、クロロホルムをオフに乾燥させます。
    6. さらにドライT彼は、少なくとも1時間真空下で混合物を脂質を含みます。
      注:この脂質混合物を保存する場合は、不活性ガスで(N 2、ArやHeを)空気をパージし、-20℃で保存します。小さな茶色のバイアル中に過剰の脂質·イン·クロロホルムを等分。 -20℃で不活性ガスを(N 2、ArやHe)の、店舗の空気を置換する、脂質混合物と同様にして乾燥させます。
    7. 10 mg / mlの濃度にPBS緩衝液中で乾燥した脂質を溶解します。
    8. ボルテックス1分に約20秒間激しく混合物は、多層小胞を含む、濁った懸濁液を取得します。バイアルの側面に付着しない脂質膜がないことを確認します。
    9. 10μlのアリコート(脂質1mgの10アリコートを作る)にこの懸濁液を配布します。
    10. さらに使用するまで-20℃で保管してください。
  2. 単層小胞の調製
    注:単層小胞のサイズは、様々な超音波処理法、押出法を用いて調製することができます。超音波処理は、Sを使用していますoundエネルギー混合物を攪拌し、多層懸濁液の層を分離します。これは濁った懸濁液の片付けで示されています。押出しは明確な孔径のメンブレンフィルターを通過する多重膜小胞を強制します。
    1. 超音波処理法
      1. 多重膜脂質懸濁液を10μlを取り、SLBバッファー150μlを添加します。
      2. (2ミリリットル)小さなキャップされたガラスバイアルに混合物を移し、パラフィルムで密封します。
      3. 10分間、またはそれは小さな単層小胞(直径50 nm以下のSUV車を)得て透明になるまで浴ソニケーター中で室温で混合物を超音波処理。
    2. 押出法
      1. 多重膜脂質懸濁液を10μlを取り、SLBバッファー150μlを添加します。
      2. 極低温チューブに懸濁液を移します。
      3. 液体窒素中で数秒間低温管を浸漬することによって脂質懸濁液をフリーズします。
      4. 解凍数分間室温または37℃の水浴中で極低温管を浸すことにより、脂質懸濁液。凍結融解工程を少なくとも10回繰り返します。
      5. 脂質懸濁液を押し出すために、200 nmの細孔サイズを有するポリカーボネート膜を使用して、商業的押出装置26(他の孔のサイズは、100ナノメートルまたは400ナノメートルのような利用可能です)。
        注:現在、2押出機の装置は市販さがあります:マニュアル押出機は、少量(数mlに200μl)を利用可能です。この場合、サンプルは、手動で2つのシリンジ間で前後にサスペンションを押して、膜を通って押し出されます。製造業者によっては、脂質のアリコートをセットアップの最小体積に到達するために結合される必要があります。大きなボリュームの場合(最大50 ml)を、より洗練されたデバイスが使用される懸濁液は、圧縮ガスを用いてポリカーボネート膜を通して押し出されます。セットアップおよび押出条件は、MODに応じて変更することができますエル。使用前にメーカーの説明書を参照してください。このプロトコルは、小容量の手動押出機を指します。
      6. 押出機に水を通過させることにより、水中の押出機を平衡化。水に膜を浸します。
      7. 2ピストン間の膜を配置し、装置を組み立て、一方のシリンジから他に、押出機を介してバッファを通過させることにより、バッファに平衡化。このステップは、さらに、システムの漏れやすさをテストすることができます。それが漏れた場合は、メンブレンを変えるそれを再度分解して組み立て直します。
      8. 押出機( '汚い'側)のいずれかの注射器を使用して、脂質懸濁液を取ります。
      9. 1室と対向室に空の注射器の脂質懸濁液を含む注射器を取り付けます。
      10. 一方の端部に注射器を押してください。膜を介して対向シリンジにソリューションを渡します。これは、1 回目のパスです。
      11. このような31回の合計のための膜を通って、それを渡します解決策は、対向するシリンジ(「クリーンサイド」)で終わること。
        注:押出成形した後、膜を確認してください。それが壊れていた場合には、押出プロセスは成功しなかったと繰り返される必要があります。
      12. 小さなチューブに注射器を空にします。大型単層小胞(LUVを)は4℃に維持した場合に1〜2日間安定です。
  3. マイカとカバーガラスの作製
    1. 洗浄は、最初に水で、次いでエタノール中でカバースリップ。空気乾燥。
    2. マイカディスクを取り、粘着テープを使用して、外側の層を剥がします。
    3. カバーガラス上にマイカディスクを取り付けます。一つは蛍光顕微鏡で二重層を確認できるように透明な光学接着剤が最適です。
    4. 光学接着剤/グリースを使用したプラスチック製のシリンダーインチ(2.5cm、外径、2センチメートル内径、及び0.5センチ高さ)を取り付けます。すべてが封入されていることと、漏れがないことを確認します。それらは容易に目から取り外すことができるように、シリンダを再利用したいときにグリースを使用Eのカバーガラスと洗浄。プラスチックシリンダーの寸法は、AFMのカンチレバーホルダーの大きさに依存し、それに応じて調整されるべきです。
  4. 固体支持体上の単層小胞の沈着
    1. ピペットでマイカ上に直接全体リポソーム溶液。 300μLの体積に到達するために、よりSLBバッファを追加します。
    2. 3ミリモルのCa 2+の最終濃度に達するように1 M塩化カルシウム溶液の0.9μLを加えます。
    3. 少なくとも10分間、2分間37℃でインキュベートし、次いで65℃で。常に緩衝液で二重層をカバーしています。空気と気泡との接触は、それを破壊します。必要に応じてインキュベーションの間に、より高い温度でインキュベートする場合は特に、より多くのバッファを追加します。
      注:インキュベーション温度は、必要な脂質混合物との相に応じて変化します。少なくとも10分間のインキュベーション時間が支持された二分子層​​を形成するために必要とされるが、それは、温度及び組成に応じて、長くなる可能性があります。
    4. ウォッシュカルシウムと融合していない小胞を除去するためのホット(65°C)SLBバッファーで二重層15-20回。バッファの下に二重層を維持するために、洗浄工程の間に特別な注意を取り、そっと二重層を壊さないように洗浄溶液をピペット。
    5. AFM測定前に室温に支持された二分子層​​を冷却します。これは、膜の異なる相を形成するだけでなく、機器の熱ドリフトを最小化するために必要とされます。

2.原子間力顕微鏡の測定11,12

  1. イメージング
    注意:接触モードまたはタッピングモードで原子間力顕微鏡イメージングを実行します。溶液中の画像支持された二分子層​​;これが二重層を破壊するように溶液が完全に蒸発することはできません。一つは、バッファで作業されるように、任意のAFM部が液体流出から保護されていることを確認することで安全上の注意事項を守ってください。
    1. 柔らかいカンチレバーを選択します(N 0.2以下/ m個のばね定数をお勧めします)とtにマウント彼AFM。カンチレバー剛性の選択は、力分光法のためのより重要である(これについては後述します)。
    2. AFMステージにサンプルをマウントし、すべての振動分離モジュールがオンになっていることを確認してください。平衡化し、システムの熱ドリフトを低減するために、少なくとも15分間待ちます。 AFMのセットアップに応じて、チューニングおよびイメージング仕様が異なる場合があります。メーカーのハンドブックを参照してください。
    3. 接触するまで、AFMチップを試料にアプローチ。
    4. 脂質二重層は、通常、高さが4 nmであるため、最高のz解像度(例えば1.5μm)を与える器具のZ範囲を使用しています。
    5. 画像の領域を選択します。脂質二重層の概要を取得するには、50ミクロン×50ミクロンまたは25ミクロン×25​​ミクロンの領域は、画像への良い出発点になります。小さい特徴が表示された場合は、小さな領域内の1つの缶の画像(10ミクロン×10ミクロン、または2ミクロン×2ミクロン)。撮像領域の選択は、作業rに依存します圧電スキャナのアンジュ。このため、機器のマニュアルを参照してください。
    6. 二重層は非常に壊れやすいように、試料との接触を維持しながら、熱ドリフトを最小限にし、正しい力を維持するために撮像中にAFMチップのセットポイントを調整します。接触モードでは、設定値を最小にします。タッピングモードでは、設定値を最大化します。
    7. 多項式レベリング機能への各走査線に当てはめることにより、プロセスイメージ。 AFM製造会社の独自のソフトウェアを使用して膜との接触を失うスキャンの行の削除を実行します。
  2. フォーススペクトロスコピー
    1. 製造業者のプロトコルに従って指示に従って、カンチレバーを校正。キャリブレーションは、フォトダイオードの電気信号の変換は( 図1B)を強制することができます。
      1. ボルトのZピエゾ(長さの単位)の移動の代わりに電気信号としてたわみを測定するために、先端の感度を調整します。
      2. 通常、AFMソフトウェアに組み込まれた熱雑音周波数法を用いてカンチレバーのバネ定数を計算します。この方法では、パワースペクトル密度のプロットを作成する、発振周波数に対するノイズの振動の振幅をプロットします。このプロットは、共振周波数付近のピークが表示されます。周波数、振幅I最大の共振周波数であるです。自動的にソフトウェアによってバネ定数を計算するために、ピークの周りにローレンツ関数を取り付けます。熱雑音の方法論のためにいくつかの有用なリソースを参照27-30に示されています。
    2. 二層の領域を画像化した後、力分光法を実行するために二層に5ミクロン×5ミクロン領域を選択します。
    3. それは、その領域の16×16のグリッドに力曲線となるように、AFMを設定します。これは、地域ごとに256の力曲線になります。隣接する二つの点の間の空間は、1ポイントプローブさの膜面積は次のポイントと一致することを回避するのに十分であるべきです。これは、先端半径に依存しています。 2点間の100 nmの距離が理想的であろう。 16×16のグリッドに5ミクロン×5ミクロンの領域に分割します。相の大きさに応じて、1つは、より小さなまたは大きな領域を選択し、それに応じてグリッドサイズを調整することができます。
    4. に設定し、Zピエゾ変位400 nmの。これは、zピエゾの最大移動範囲を決定します。それは、カンチレバーが完全に測定値間にサンプルから離れて後退していることを確認してくださいするのに十分な大きさでなければなりません。
    5. 800 nmの/秒にアプローチ速度を設定し、200 nmの/秒の速度を撤回。二層組成物及び6,16を検討する脂質相に応じて400〜6,000 nmの/秒の間の接近速度を使用します。
    6. すべてのパラメータを設定した後、AFMソフトウェアの「実行」ボタンを押すことによって、力曲線を取得します。
    7. 高さ曲線(Zピエゾの動きの測定値)対力として力曲線を保存します。これは、アカウントにするとき、試料と接触しているカンチレバーの曲がりを取ることはありません。データ処理ステップの間、AFMソフトウェアは、二層の厚さのために適切な値を与えるチップと試料の分離曲線( 図1C)、対力を得るために曲げカンチレバーの補正を可能にします。補正値は、通常calibrに組み込まれています各力曲線と一緒に保存されているエーション、。ある時点で、ピエゾ動きから垂直偏向を減算することにより、先端と試料との分離を計算します。
      注:アプローチ力​​曲線のピークは(カンチレバーの動きがアプローチサイクルに残っている場合でも、力の値がダウンする)膜の画期的な力である、このピークの位置と点の位置との差ながら、力が再び上昇し始めるところ、膜の厚さを提供します。
    8. 良好な統計情報を取得する条件ごとに、少なくとも500の力曲線を取得します。起源か、MATLABなどのプログラムを使用して値のヒストグラムをプロットし、分布のピークと幅を取得するためにガウス分布にヒストグラムをフィット。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

DOPCからなるサポートされている脂質二重層:SM:チョル(2:2:1)AFMで画像化した( 図2 AC)。ための脂質組成物、SM / CholをリッチL oおよび DOPCリッチL d の相が観察されました。 AFM画像から高さプロファイルは、膜構造に関する重要な情報を提供することができます。高さプロファイルを見ることによって、二層の厚さを提供することができる膜( 図2B)、またはL O / LがD相の高さの差の欠陥の存在下で測定することができます。また、AFMは、具体的には、これらのフェーズを表す領域を選択し、力分光法( - F図2 D)を使用して、その機械的性質を分析することができます。力分光法モード由来力曲線力曲線( 図2DおよびE)のピーク力値を見つけることによって画期的な力を測定するために使用され、そしてmembr力曲線が再び( 図2DおよびF)が上昇し始めたときに、距離値に力曲線のピークからの距離値を減算することにより、ANE厚。

AFM測定の感度は、圧電材料、電子フィードバックループに依存します。このように、実験を行う前に、設定AFMに慣れることが重要です。圧電材料用に設定された2つの一般的な機器があります:(1)チューブスキャナサンプルは、圧電材料の上に配置し、試料を不動の先端に走査されます。先端ではなく、試料の圧電材料に取り付けられているか、(2)たわみ段階。後者の場合には、圧電材料と他の電子機器は、流出から保護されています。生物学的用途のためのAFMモデルの多くは、この構成を有しています。

撮影時には、AFMチップは、試料との接触を失い、私を誤ったために可能性がありますasurements。失われたどのように多くのスキャンに応じて、画像が走査線を除去し、周囲( 図3)から新しい値を導出するために、平均輝度フィルタを用いて補正することができます。しかし、ほとんどの場合、これは良好な画像が得られない、それは単に画像を破棄することをお勧めします。監視する必要がある他のアーティファクトがあります。これらは、ブラント/破損した/ダーティのヒントだけでなく、カンチレバー31の背後にレーザスポットの回折から生じます。これらのケースでは、画像は破棄されるべきであり、AFMチップを交換する必要があります。

力分光測定の間に、いくつかの課題が発生する可能性がありますピークの(1)存在しない( 図4A)、代わりに明確に定義されたピーク( 図4B)の肩の(2)の存在、非常に低い時(3)小上昇とその後のプラトー力( 図4C - D)。ピークの不在はBILない領域での測定に帰することができますAyerのかに取得条件は、最適化されていません。これは、AFM像は、二重層が実際に測定されていることを確認するために、力分光法を行う前に取得することをお勧めします。取得条件と同様に、先端/カンチレバーの仕様は、画期的なイベント17の確率に影響を与えます。シャープ先端は簡単のような、画期的な力は低いが表示されたり、それがノイズレベル以下であるため、まったく表示されない場合があり、二層を穿刺することができます。 。接近速度を増加させることも画期的な力16を上昇させます。二重層は、先端により押圧されるように、脂質分子は、この力を放散するように反応します。下のアプローチ速度では、脂質二重層は、力の次のステップの前に平衡化するのに十分な時間を持っており、これは画期的なイベントが発生する可能性が確率が高くなります。高いアプローチ速度では、のような、脂質の反応よりも速く、力ランプが、画期的なイベントの確率は同じ力でより低いです。それはPOSSであります高いアプローチ速度を使用することにより、セットポイントが観察されないピークをもたらす二層休憩前に到達していることをible。そこに曲線上の肩の外観を説明するための報告はありませんが、我々はそれが突破口前の材料の圧縮に起因することができると仮定します。また、非常に低い力でプラトーまたは広いピークは、チップ内の汚れや緩い脂質物質の存在を示すことができます。ヒントは、いくつかの測定値のスパンで汚れや脂質材料を蓄積する可能性があります。先端に取り付けられた汚れや材料は、このように画期的な力を増加させること、それが鈍いことができます。

それは、これらの課題が発生した場合、力曲線は異なる領域に取得することをお勧めします。第二の勧告は、(これは再キャリブレーションが必要になります)のヒントを変更することです。最後に、接近速度を調整するか、異なる仕様(先端半径及び剛性)を有するチップの使用が考えられる必要があるかもしれません。画期的な力は、このような、tと、0〜50 NN 6との間で変化します彼は、カンチレバーのバネ定数は、0.05〜0.7 N / mの範囲内とすることができます。ほとんどの市販のカンチレバーは、20〜40 nmの周りの公称先端半径を有します。代わりに、従来のチップを使用するのではなく、チップレスカンチレバーも購入することができ、(通常サイズ分布の単分散である)は、既知の半径の球がそれらに取り付けることができます。再現性のあるデータを取得するには、常に実験の同じセットに同じ取得条件とカンチレバーの仕様を使用しています。

図1
図1:試料からカンチレバーの接近後退の力分光法の原理(A)配列。赤い線は、その平衡位置(黒線)からカンチレバーのたわみを示しています。 (B)は、カンチレバーの校正は、(ニュートンで)強制的に(ボルトで)を電気信号に変換します。カンチレバーセンシの買収によるtivityとバネ定数(ボルトで)垂直偏向はフックの法則を用いて、力に距離と距離に変換されます。 (C)力分光測定で接触すると、z軸ピエゾスキャンの動きは、アカウントに、カンチレバーの曲げを取ることはありません。このための補正をzピエゾ運動から(距離単位)垂直偏向、Xを減算することによって行うことができ、Z(また距離単位)。このようにして、代わりに、単にz軸圧電運動の実際のチップ - 試料の分離は、距離のより正確な測定値であり、試料の厚さを測定するために重要である、報告することができます。

図2
図2のSLBのAFMのSLBの(A)スキームDOPCから構成される:SM:Cholを(2:2:1)液体無秩序(L d )に分離し、液体秩序(L 0)フェーズ。 (B (C)は Bに黄色い四角(10ミクロン×10ミクロン)に相当します。 L oとLのD相が標識されています。ラインプロファイルは、以下の画像で黄色の線に対応しています。 LのO相はL D相よりも1〜2 nmの高い表示されます。 (D)画期的な力と膜厚が導出される方法を示すサンプルの力曲線。 (E)画期的な力および定量のためのガウスフィッティングとL dとLのO相の(F)の膜厚分布。

図3
図3:撮影時の接触の損失はにつながります。SM:画像の残りの部分に対応しない走査線AがDOPCからなる二重層をサポートチョル(2:2:1)いくつかのラインスキャン中の接触を失って。スケールバーは2μm。

図4
図4:フォーススペクトロスコピーの課題(A)一部の力曲線にはピークを持っていません。 (B)の曲線ではなく、明確に定義されたピークの肩部を有していてもよいです。プラトーにピークが存在しない場合に発生する可能性があるわずかな増加の後(C)。明確に定義されたピークと一緒に高原の(D)外観。

膜領域 画期的なフォース(NN) 膜の膜厚(nm)
LのD相 6±1 4.7± 0.5
LのO相 8±1 6±1

表1:DOPCの膜特性:SM:Cholを(2:2:1)のSLB L d の位相が6±1 NN及び4.7±0.5 [nm]の厚さの画期的な力を有しています。 L oは 8±1 NN及び6±1nmの厚さを有します。二つの相の間の高さの差は、2±1.4 nmです。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

DOPCから成るのSLB:SM:Cholを(2:2:1)塩化カルシウムにより誘導される小胞の吸着および破裂後雲母上に形成されました。この脂質組成物は、L dとLのO相に分離しました。 LのO相は、スフィンゴミエリンとコレステロールに富むとL D相 11未満の流体/より粘性( 図1A)です。 LのD相からL Oの分離は、周囲( 図1B、C)の上に上昇として円形の構造を明示する。プラットフォームは、L、D相に囲まれたL個のOの相です。膜の欠陥(または膜内の穴)にも見られている( 図1B、青い矢印)、この欠陥全体の高さプロファイルは、二層の厚さを示しています。 LのD / LのOの高さの差はまた、AFMの高さプロファイル( 図1C)を調べることによって調べることができます。

脂質の準備混合物は、組成物が二層の特性を決定するように非常に重要です。サポートされている二重層の準備中に、脂質相(ステップ1.4.5)の適切な形成のために示された温度で動作することが重要です。二重層を破壊するためにも、先端に汚れが蓄積しないように撮影時には、低力を保つことが非常に重要です。

AFMイメージングの後、SLBの領域が選択され、力分光法を用いてプローブします。力分光法は、私たちは、膜の他の特性、特に画期的な力( 図1D)をプローブすることができます。 L dとLのO相は異なる画期的な力及び厚さ( 図1E、F)を示します。特性を表1に要約されている。我々はChiantia 11と比較して、LのD相における画期的な力のために同様の値が得られたことに注意が、LのO相の下限値。これは可能性がありによる当社の膜に使用されるコレステロールの低い量に(私たちはDOPCを使用:SM:Cholを比2:2:1を、彼らは1.5の使用しながら:1.5:1)。結果の再現性に重要な要因 - これはまた、右の脂質混合比の重要性を示しています。さらに、異なる脂質(鎖長、および不飽和度)を使用しても二層6,15,18特性変化させます。

画期的な力の分布をプロットしながらすることは有用であり、すでに二層特性の違いを示すことができる、画期的な力配分の更なる分析は、ラインテンションと拡散圧力11,17,21を含む他の機械的特性を推定するために使用することができます。簡単に言えば、特定の画期的な力、Fを測定する確率、P(F)は、連続核モデル11,15,17によって記述されています。

式(1)

AはりそなありますカンチレバーのNCE周波数Kは、カンチレバーのバネ定数であり、vはアプローチの速度であり、Γは、ラインテンション(オープン膜に穴を維持するために必要なエッジエネルギー)であり、Rは、AFMの半径でありますK Bはボルツマン定数である先端部は、Tは温度であり、Sは拡散圧力または穴(膜張力の反対-孔32を開くために膜によって発揮されるために必要なエネルギー)を閉じるように関連したエネルギーです。この式は、統合することができ、DP / DFがのように計算することができます。

式(2)

、K、Rは、カンチレバーの校正を介して取得することができるAFMカンチレバー/チップの特性です。 TおよびVは実験を通して一定に維持されるべきである実験的パラメータです。 DP / DFがその後ライン張力と拡散圧力を取得するために、ヒストグラムに取り付けられています。同様に、いくつかのパラメータは、P(F)、experiに影響を与えますmentalistsは、ラインテンションや拡散圧力のための同等の値を持つ類似のヒントや取得条件を使用することをお勧めします。 (撮影中に取得した先端の汚れ融合していない小胞を含む)AFMチップの汚染は、非再現性のある結果をもたらします。また、支持体の選択は、膜20の機械的特性に影響を与えます。

脂質二重層の機械的性質を特徴づけることができる他の技術は、巨大単層小胞(GUVs)33のマイクロピペット吸引あります。この技術では、膜張力は吸引中GUVsの変形から計算されます。また、吸引を増加させることによって、人は連続核生成モデルのラインの張力に関連している可能性がでGUVの破裂(または溶解張力)34、テンションを計算することができます。この技術の一つの欠点は、異なるPHAとして、膜の相分離する膜張力の計算の複雑さでありますSESは、異なる機械的特性35を有しています。これは、個々の相を別々に特徴付けることができるAFM力分光法とは対照的です。多くGUVsが統計的に関連性の高い結果を生成するために必要とされるのに対し更に、AFMはSLBごとに分布を生成することができます。しかし、(例えば、管状および陥入用)膜リモデリングの効果がより簡単に、GUVsで可視化した機械的特性と一緒に、これらの形状に関連した効果を特徴づけるためにそれらをより良いシステムを作っています。

二重層の特性に膜タンパク質の効果を研究するためのさらなる用途では、精製されたタンパク質は、プロテオリポソー​​ムを作製するために、これらの小胞に組み込むことができます。これを行うための一つの技術は、安定化し、膜中に挿入するタンパク質を助けるために界面活性剤を使用します。透析またはサイズ排除クロマトグラフィーによるその後の精製は、溶液36中の遊離タンパク質と界面活性剤を除去します。別のアプローチは、タグ付けを必要とします精製したタンパク質(例えば、ヒスチジンまたはストレプトアビジンタグ)と(ニッケル - ニトリロ酢酸ニッケル(Ni-NTA)またはビオチン化脂質を含む)リポソーム中このタグの親和性パートナーを組み込みます。

要約すると、我々は、脂質二重層を分析する方法を記載しています。その高い解像度のために、AFMは、とりわけ、脂質相を含む膜でサブミクロン構造を明らかにすることができます。力分光法は、ここで脂質膜を特徴付けるために使用される、また、膜タンパク質および膜上に他の生体分子に用いることができます。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Disclosures

著者は、彼らが競合する金融利害関係がないことを宣言します。

Acknowledgements

この作品は(なし。0312040付与)マックス·プランク研究所、ドイツ癌研究センター、テュービンゲン大学、BundesministeriumエリーゼBildungウントForschungによってサポートされていました。

私たちは、私たちは、この原稿を注意深く読むための力曲線データと博士ヤコブSuckaleの分析を自動化を支援するためのエドゥアルドヘルマンに感謝します。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
1,2-dioleoyl-sn-glycero-3-phosphocholine Avanti Polar Lipids, Inc. 850375P Comes as lyophilized powder in sealed vials. Dissolve all powder in chloroform upon opening. Store extra as dried lipid films, under inert atmosphere, at -20 °C. Visit here for more information on storage and handling.
Sphingomyelin (Brain, Porcine) Avanti Polar Lipids, Inc. 860062P Comes as lyophilized powder in large sealed plastic containers. Dissolve a spatula point of powder powder in chloroform upon opening. Store extra as dried lipid films, under inert atmosphere, at -20 °C. Visit here for more information on storage and handling.
Cholesterol Avanti Polar Lipids, Inc. 700000P Comes as lyophilized powder in large sealed plastic containers. Dissolve a spatula point of powder powder in chloroform upon opening. Store extra as dried lipid films, under inert atmosphere, at -20 °C. Visit here for more information on storage and handling.
Sodium chloride (NaCl), 99.8% Carl Roth GmbH + Co. KG 9265.1
Potassium chloride (KCl), 88% Sigma P9541
Sodium hydrogenphosphate (Na2HPO4), >99% AppliChem GmbH A1046
Potassium dihydrogenphosphate (KH2PO4), 99% Carl Roth GmbH + Co. KG 3904.1
Calcium chloride dihydrate (CaCl2), molecular biology grade AppliChem GmbH A4689
HEPES, molecular biology grade AppliChem GmbH A3724
Glass coverslip, 24 x 60 mm, 1 mm thickness Duran Group 2355036
Punch and Die Set Precision Brand Products, Inc 40105
Optical Adhesive Norland Products, Inc. NOA 88 Liquid adhesive that hardens when cured under long wavelength UV light. 
Name Company Catalog Number Comments
Mica blocks NSC Mica Exports Ltd. These are mica pieces at least 1 sq. inches in area and thickness ranging from 0.006 inches to 0.016 inches. They are cut to a specific size by the company for shipping. Small mica discs can be punched from the mica blocks using the punch and die set.  Always handle mica with gloves or tweezers.
Laboratory Equipment Grease Borer Chemie AG Glisseal N
Liposome Extruder Avestin LiposoFast-Basic As an alternative one can also look at offers from Northern Lipids, Inc.
Adhesive Tape 3M Scotch(R) Magic (TM) Tape 810 (1-inch)
Bath Sonicator Bandelin Sonorex Digitec DT-31 No heating, Frequency: 35 kHz, Ultrasonic Peak Output: 160 W, HF Power: 40 W. (Data sheet)
Silicon Nitride AFM Cantilever  Bruker AFM Probes DNP-10 Each cantilever has four tips and their nominal tip radius is 20 nm (with possible maximum at 60 nm). Based on the specifications, we use tip D with resonance frequency of 18 kHz, and nominal spring constant of 0.06 N/m.
AFM JPK JPK Nanowizard II mounted on Zeiss Axiovert 200

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Binnig, G., Quate, C. F., Gerber, C. Atomic Force Microscope. Phys. Rev. Lett. 56, 930-933 (1986).
  2. Hansma, P. K., Elings, V. B., Marti, O., Bracker, C. E. Scanning Tunneling Microscopy and Atomic Force Microscopy: Application to Biology and Technology. Science. 242, 209-216 (1988).
  3. Gaczynska, M., Osmulski, P. A. AFM of biological complexes: What can we learn. Curr, Opin. Colloid In. 13, 351-367 (2008).
  4. Goksu, E. I., Vanegas, J. M., Blanchette, C. D., Lin, W. -C., Longo, M. L. AFM for structure and dynamics of biomembranes. BBA-Biomembranes. 1788, 254-266 (2009).
  5. Muller, D. J. AFM: A Nanotool in Membrane Biology. Biochemistry-US. 47, 7986-7998 (2008).
  6. Redondo-Morata, L., Giannotti, M. I., Sanz, F. Atomic Force Microscopy in Liquid: Biological Applications. Baró, A. M., Reifenberger, R. G., Sanz, F. Wiley-VCH Verlag GmbH. (2012).
  7. Castellana, E. T., Cremer, P. S. Solid supported lipid bilayers: From biophysical studies to sensor design. Surf. Sci. Rep. 61, 429-444 (2006).
  8. Frederix, P. L. T. M., Bosshart, P. D., Engel, A. Atomic Force Microscopy of Biological Membranes. Biophys. J. 96, 329-338 (2009).
  9. Mennicke, U., Salditt, T. Preparation of Solid-Supported Lipid Bilayers by Spin-Coating. Langmuir. 18, 8172-8177 (2002).
  10. Raviakine, I., Brisson, A. R. Formation of Supported Phospholipid Bilayers from Unilamellar Vesicles Investigated by Atomic Force Microscopy. Langmuir. 16, 1806-1815 (2000).
  11. Chiantia, S., Ries, J., Kahya, N., Schwille, P. Combined AFM and Two-Focus SFCS Study of Raft-Exhibiting Model Membranes. ChemPhysChem. 7, 2409-2418 (2006).
  12. Unsay, J., Cosentino, K., Subburaj, Y., Garcia-Saez, A. Cardiolipin effects on membrane structure and dynamics. Langmuir. 29, 15878-15887 (2013).
  13. Domènech, Ò, Sanz, F., Montero, M. T., Hernández-Borrell, J. Thermodynamic and structural study of the main phospholipid components comprising the mitochondrial inner membrane. BBA-Biomembranes. 1758, 213-221 (2006).
  14. Domènech, Ò, Morros, A., Cabañas, M. E., Teresa Montero, M., Hernández-Borrell, J. Supported planar bilayers from hexagonal phases. BBA-Biomembranes. 1768, 100-106 (2007).
  15. Garcia-Saez, A. J., Chiantia, S., Schwille, P. Effect of line tension on the lateral organization of lipid membranes. J Biol Chem. 282, 33537-33544 (2007).
  16. Alessandrini, A., Seeger, H. M., Caramaschi, T., Facci, P. Dynamic Force Spectroscopy on Supported Lipid Bilayers: Effect of Temperature and Sample Preparation. Biophys. J. 103, 38-47 (2012).
  17. Butt, H. -J., Franz, V. Rupture of molecular thin films observed in atomic force microscopy I. Theory. Physical Review E. 66, 031601 (2002).
  18. Garcia-Manyes, S., Oncins, G., Sanz, F. Effect of Temperature on the Nanomechanics of Lipid Bilayers Studied by Force Spectroscopy. Biophys. J. 89, 4261-4274 (2005).
  19. Chiantia, S., Kahya, N., Schwille, P. Raft domain reorganization driven by short- and long-chain ceramide: a combined AFM and FCS study. Langmuir. 23, 7659-7665 (2007).
  20. Canale, C., Jacono, M., Diaspro, A., Dante, S. Force spectroscopy as a tool to investigate the properties of supported lipid membranes. Microsc. Res. Techniq. 73, 965-972 (2010).
  21. García-Sáez, A. J., Chiantia, S., Salgado, J., Schwille, P. Pore Formation by a Bax-Derived Peptide: Effect on the Line Tension of the Membrane Probed by AFM. Biophys. J. 93, 103-112 (2007).
  22. Moreno Flores, S., Toca-Herrera, J. L. The new future of scanning probe microscopy: Combining atomic force microscopy with other surface-sensitive techniques, optical microscopy and fluorescence techniques. Nanoscale. 1, 40-49 (2009).
  23. Simons, K., Vaz, W. L. C. Model Systems, Lipid Rafts, and Cell Membranes1. Annu. Rev. Bioph. Biom. 33, 269-295 (2004).
  24. Pike, L. J. Rafts defined: a report on the Keystone symposium on lipid rafts and cell function. The Journal of Lipid Research. 47, 1597-1598 (2006).
  25. Kahya, N. Probing Lipid Mobility of Raft-exhibiting Model Membranes by Fluorescence Correlation Spectroscopy. J. Biol. Chem. 278, 28109-28115 (2003).
  26. Akbarzadeh, A., et al. Liposome: classification, preparation and applications. Nanoscale Research Letters. 8, 102 (2013).
  27. Butt, H. -J., Jaschke, M. Calculation of thermal noise in atomic force microscopy. Nanotechnology. 6, 1-7 (1995).
  28. Chon, J. W. M., Mulvaney, P., Sader, J. E. Experimental validation of theoretical models for the frequency response of atomic force microscope cantilever beams immersed in fluids. Journal of Applied Physics. 87, 3973 (2000).
  29. Sader, J. E. Frequency response of cantilever beams immersed in viscous fluids with applications to the atomic force microscope. Journal of Applied Physics. 84, 64 (1998).
  30. Sader, J. E., Pacifico, J., Green, C. P., Mulvaney, P. General scaling law for stiffness measurement of small bodies with applications to the atomic force microscope. Journal of Applied Physics. 97, 12490310 (2005).
  31. Canale, C., Torre, B., Ricci, D., Braga, P. C. Recognizing and avoiding artifacts in atomic force microscopy imaging. Methods Mol Biol. 736, 31-43 (2011).
  32. Lee, M. -T., Chen, F. -Y., Huang, H. W. Energetics of Pore Formation Induced by Membrane Active Peptides. Biochemistry-US. 43, 3590-3599 (2004).
  33. Henriksen, J. R., Ipsen, J. H. Measurement of membrane elasticity by micro-pipette aspiration. The European physical journal. E, Soft matter. 14, 149-167 (2004).
  34. Nichols-Smith, S., Teh, S. -Y., Kuhl, T. L. Thermodynamic and mechanical properties of model mitochondrial membranes. BBA-Biomembranes. 1663, 82-88 (2004).
  35. Tian, A., Johnson, C., Wang, W., Baumgart, T. Line Tension at Fluid Membrane Domain Boundaries Measured by Micropipette Aspiration. Phys. Rev. Lett. 98, (2007).
  36. Rigaud, J. -L. Membrane proteins: functional and structural studies using reconstituted proteoliposomes and 2-D crystals. Brazilian Journal of Medical and Biological Research. 35, 753-766 (2002).

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Usage Statistics