人間の胚または誘導多能性幹細胞からの網膜色素上皮細胞の急速な監督の分化

Developmental Biology
 

Summary

このプロトコルでは、多能性幹細胞からの網膜色素上皮細胞 (RPE) を生成する方法について説明します。メソッドは、分化誘導細胞の未熟な網膜色素上皮に 14 日で成熟し、機能的な RPE 3 ヵ月後に成長因子および小さい分子の組み合わせを使用します。

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations | Reprints and Permissions

Foltz, L. P., Clegg, D. O. Rapid, Directed Differentiation of Retinal Pigment Epithelial Cells from Human Embryonic or Induced Pluripotent Stem Cells. J. Vis. Exp. (128), e56274, doi:10.3791/56274 (2017).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

分化多能性幹細胞の網膜色素上皮細胞 (RPE) を直接する手法について述べる.詳細かつ徹底的なプロトコルを提供する目的は、各ステップを明確に示すことと、分野の研究者が容易に閲覧できるようにします。このプロトコルは、必要最小限のまたは手動の郭清を伴う RPE の均質な層の結果します。ここで紹介した方法のため有効であることが示されている誘導多能性幹細胞 (iPSC) とヒト胚性幹細胞。さらに、長期保管を許可する銀行や中間細胞の凍結保存法について述べる。このプロトコルを使用して生成された RPE は iPSC 皿での疾患モデリングまたは臨床アプリケーションの役に立つかもしれない。

Introduction

網膜色素上皮は色素細胞の単層感光体の重要なサポートを提供します。網膜色素上皮細胞 (RPE) ビジョン、光吸収、栄養とイオン輸送、サイクリング、レチノイドを含む視細胞外節貪食に多数の機能があるし、成長因子の分泌1。RPE とビジョン、加齢黄斑変性症、網膜色素変性症などの損失の結果の機能に影響を与える網膜ジストロフィーのさまざまながあります。多能性幹細胞から RPE の世代はこれらの目の病気を理解するための研究を促進するかもしれないし、細胞療法2RPE の無制限のソースを提供することができます。実際には、複数の臨床試験は進行中 RPE 由来の多能性幹細胞3を使用しています。

この分化プロトコル ブッフホルツ4によって記述されていた、クレッグ5から以前に公開された方法に基づいていた。プロシージャを模倣塩基性繊維芽細胞成長因子 (FGF-2; インスリン成長因子 (IGF) の操作を介して RPE 運命に向かって未分化の多能性幹細胞を直接に通常体内の発達過程FGF-basic)、成長因子 β (TGF-β) および wnt シグナル経路4,5に変換します。プロトコルは、97.77% ± 0.1% 前色素タンパク質 (ブイデータ) 肯定的な細胞が得られたし、xeno 無料条件6,7に適応されているプロトコル後半 WNT 経路アゴニストの添加により向上します。結果 RPE は、適切な極性で知られている網膜色素上皮成長因子を分泌して、視細胞外側セグメント8の貪食能を遂行する成績証明書および蛋白質レベルでの RPE マーカーを表現するために示されています。このプロトコルより迅速かつ信頼性の高い塩基性繊維芽細胞成長因子8の簡単な除去を伴う分化の「自然な」プロトコルよりもです。さらに、RNA 塩基配列解読 RPE は、このプロトコルを使用して取得したデータを示してより一般的な自発的なアプローチ8を使用して得られたものに似ています。14 日メソッドは、マッツォーニ9 (色素性、偏光、貪食、分裂、多角形)9によって述べられる"5 P の"に合った RPE を生成します。この手順は、複数のラボで再現可能なことを証明して中を近年1011,12に掲載されているいくつかの追加の分化方法を認めることを願う,13

Protocol

1 プロトコルの日 14 日 0 の試薬の準備

  1. 次のメディア コンポーネントの準備: 100 x N2 サプリメント、2 mL の 1 mL を追加することによって
    1. 網膜の分化の作る 100 mL 中 (RDM)。50 x B27 サプリメント、ダルベッコの 96 mL に非必須アミノ酸 (NEAA) x 100 の 1 mL ' s 変更必須培地/栄養混合物 F12 9 (DMEM/F12).
    2. 1 M ニコチン酸アミド (NIC) 8 mL の滅菌水、ボルテックス、ボリュームを 10 mL の滅菌水にもたらすに NIC の溶解 1.221 g の
    3. を作る 10 mL。無菌フィルター ソリューションです
  2. 次成長因子および小さい分子の準備:
    1. 西川遺伝子組換えマウスの頭、人間 dickkopf WNT シグナル伝達経路阻害剤 1 (デンマーク クローネ-1) と 100 μ g/ml ごとに 0.1% ウシ血清アルブミン IGF-1(BSA) リン酸緩衝液 (PBS) で。必要に応じての約数と最大 3 カ月の-20 ° C でストア
    2. は、10 μ G/ml と組換えヒト ・ マウス ・ ラット アクチビン A 100 μ g/ml 各に PBS で 0.1 %bsa に FGF basic を再構成します。必要に応じて因数と 1 年間-80 ° c ストア
    3. 再構成 SU 5402 (FGF 受容体のチロシンキナーゼ阻害剤) と CHIR99021 (グリコーゲン合成酵素キナーゼ 3、GSK-3 β 阻害剤) ジメチルスルホキシド (DMSO) で 10 mm。約数と最大 1 年間または 6 ヶ月の-20 ° C でストアそれぞれ
  3. 0 日目や日 14:1 x ethylenediaminetetraacetic 酸 (EDTA) 溶液 (0.2 g PBS の 1 L あたり EDTA)-/- 1x PBS の次を取得 (カルシウムやマグネシウム、pH 7.4 PBS)、1 x 解離トリプシン様酵素 (TDE) DPBS (ダルベッコ ' s PBS)、Y-27632 (RSM)、中小企業を支援する RPE 二塩酸塩 (10 μ M で使用します).

2。: 日 0 分化多能性幹細胞の通路の

継前におよそ 80% 合流するフィーダー フリー、無血清条件
  1. 成長幹細胞コロニー
    。 注: この手順の最適化に関する詳細については議論を参照してください
  2. は、メーカーの推奨事項に従って細胞外マトリックスによるハイドロゲル (ECMH) と 12 ウェル プレートをコートします。4、または一晩室温で 1 時間を設定できるように ° C
  3. 因数 RDM と PBS-/- 成長因子を追加する前に 0、37 ° c の水浴は暖かい日の必要量。部屋の温度に EDTA をもたらすします
  4. は、暖められた RDM 10 mM NIC、50 ng/mL 頭、10 ng/mL デンマーク クローネ-1 および 10 ng/mL IGF-1 の 0 日の必要な成長因子を追加します。手順 1.2 株から RDM の 10 mL に NIC の 100 μ L、5 μ l の頭のデンマーク クローネ-1 の 1 μ L、IGF-1 の 1 μ L を追加します
  5. は、差別化のため継代するが幹細胞からの形態に基づいてすべての差別化された植民地を削除する選択します。P10 ピペット先端部を使って、分化した細胞を手動で削除します
    。 注: コロニーとコロニー内で不透明な細胞間の線維芽細胞は、分化した細胞を削除するを示します。分化した細胞の詳細についての議論を参照してください
  6. 12 ウェル プレート (1:4) の 4 の井戸に 6 ウェル プレートの単一の井戸を通路
    。 注: この段階で幹細胞を継詳細についての議論を参照します。
    1. 幹細胞から幹細胞の培地を吸引し、予め温めておいた PBS-/- の 2 mL で一度洗浄します
    2. 吸引 PBS-/- と各 3 回も EDTA 6 ウェル プレートのウェルあたり 1 mL でリンスします
    3. は軽くプレートを傾け、EDTA を吸引します。途中でセルを持ち上げることを避ける方法でプレートを揺り動かしてはいけない
    4. 第 3 洗浄後 EDTA の 1 mL を追加し、3-5 分のためのフードに室温で孵化させなさい。この潜伏中にプレートを邪魔しないでください
    5. は、EDTA を吸引し、余分な媒体の 0.5 mL とシードがよくあたり RDM の 1 mL を追加します。たとえば、4 の井戸 12 ウェル プレートにプレートに RDM の 4.5 ml 6 ウェル プレートの 1 を洗うです
    6. は、注意深く取り外しますセルにセル スクレーパーを使用します。円錐管のすべてのセルを収集し、上下に 5 回ピペッティングによる RDM のセルをカップ刻んだ。細胞の大きな塊を解離がない単一細胞懸濁液をカップ刻んだか。均等にピペットで細胞を配布します。プレートへの再付着を防ぐためにすぐにこの手順を完了します
    7. 細胞外マトリックス コート 12 ウェル プレート (ウェルあたり細胞懸濁液の 1 mL) のセルをシードします
    8. プレートを井戸全体に均等に細胞を配布する前後に傾け。次の媒体の変更まで 37 ° C、5% CO 2 で細胞文化のインキュベーターをそっと置きします
    9. では、正確な時間を注意してください。毎日同じ時刻に変更中です

3。1 に 14 日目: 成長因子添加

  1. 日 1: すべての井戸 (ウェルあたり 1 mL) に媒体を変更 (手順 2.4 参照) 0 日目の成長因子配合で RDM を使用します
  2. 日 2: 10 ng/mL IGF-1、10 ng/mL デンマーク クローネ-1 10 ng/mL 頭 5 ng/mL FGF basic RDM (ウェルあたり 1 mL) 10 mm NIC を使用してメディアを変更します。手順 1.2 株から RDM の 10 mL に NIC、FGF basic の 5 μ L、1 μ L の頭の 1 μ L の DKK1、IGF1 の 1 μ L の 100 μ L を追加します
  3. 日 4: 100 ng/mL アクチビン A, 10 ng/mL デンマーク クローネ-1 10 ng/mL IGF-1 と RDM (ウェルあたり 1 mL) を使用してメディアを変更します。手順 1.2 株から RDM の 10 mL にアクチビン A、1 μ L の DKK1、IGF-1 の 1 μ L の 10 μ L を追加します
    。 注意: この段階で細胞が合流するに従ってください
  4. 日 6: 5402 100 ng/mL アクチビン A と 10 μ M SU RDM (ウェルあたり 1 mL) を使用してメディアを変更します。手順 1.2 株からアクチビン A の 10 μ L と SU の 10 μ L の RDM 5402 に 10 mL を追加します
  5. 日 12、10、8: 3 μ M、10 μ M SU 5402、100 ng/mL アクチビン A RDM (ウェルあたり 1 mL) を使用してメディアを変更 CHIR99021。手順 1.2 株から RDM の 10 mL にアクチビン A、SU 5402 10 μ CHIR99021 の 3 μ L の 10 μ L を追加します

4。日の濃縮の RPE の通過 0

  1. コート成長因子 6 ウェル プレートは、製造元の推奨事項に従って ECMH を削減します。4、または一晩室温で 1 時間を設定できるように ° C
  2. 因数 DPBS 必要のボリュームと RDM の濃縮と 37 に水浴の暖かい井戸ごとに 1 ミリリットル ° C. 持参部屋の温度と暖かい必要なボリュームに RSM、抗菌剤、Y-27632 の 37 に TDE ° C
  3. 追加抗菌試薬と Y-27632 0.5 倍と RSM をそれぞれ 10 μ M の組成を得るします。最初の 4-7 日添付ファイルを改善するためにこのメディアを使用します
  4. すべてから培地を使った吸引井戸し、予め温めておいた RDM (成長因子は必要) の井戸あたり 1 mL を追加します
  5. 解剖顕微鏡を使用して、手動で分析し、P10 のピペット チップを使用してすべての非網膜色素上皮細胞を削りします
    。 メモ: は、代表的な結果については、例を参照してください
  6. 郭清後、吸引 RDM とすべてのセルの残骸。予め温めておいた DPBS ウェルあたりの 1 つの mL で 2 回洗浄します
  7. は、TDE 12 ウェル プレートのウェルあたり 0.5 mL を加えるし、5 分優しくプレートからセルを削除する使用細胞スクレーパーの 37 ° C で孵化させなさい。優しく上下に 3-4 回をピペッティングにより細胞/TDE サスペンションをカップ刻んだ P1000 ピペットを使用して均一な懸濁液を作成します
  8. は 1:10 Y-27632 せず、予め温めておいた RSM でセル/TDE の懸濁液を希釈します。室温で 5 分間 173 x g で細胞を懸濁液を遠心します
  9. 細胞ペレットから培地を吸引し、RSM で 10 μ m の細胞を再懸濁します Y-27632 (1 mL あたり濃縮井戸).
  10. は、40 μ m の孔を持つナイロン メッシュの携帯ストレーナを使用してセルを痛めます。診断を使用して、指定したボリュームのセルの数を数えるし、緊張したソリューション内のセルの濃度を計算します
  11. シード細胞成長因子の減少 1 × 10 5 セル/cm 2 4 mL RSM の 10 μ m で細胞外マトリックス コート プレート Y-27632
  12. は、10 μ m、RSM を置き換える Y-27632 細胞播種後 48 時間ごとに 3-4 日 (例えば 月曜日と木曜日) メディアの交換を続けると。10 μ M を交換しないでください 4-7 日後 Y-27632
  13. は、37 ° C および 5% の CO 2 の 28 から 35 日で成熟するセルを許可します。RSM を交換して 3-4 日おき (例えば 月曜日と木曜日) 続けます

5。成熟: 通路 1 と RPE の 2

注: かっこで示されているように、ボリュームは 1 6 ウェル プレートや T75 フラスコのよく示されます

  1. 0 の通路の 28 に 35 日間コートの製造元の推奨事項に従って ECMH と 6 ウェル プレート (T75 フラスコ).
  2. 因数 DPBS と RSM 必要と 37 に水浴の暖かいボリューム部屋の温度 ° c. をもたらす TDE
  3. 吸引井戸から媒体および洗浄の各も二度と一緒に過ごした 2 mL (10 mL) に予め温めておいた DPBS
    。 注: は、10 μ M を使用しないでください Y-27632
  4. 吸引 DPBS TDE の 1 mL (5 mL) を追加。5 分で 37 ° C、5% CO 2 インキュベーターに配置します。インキュベーション後、セルを確認する倒立顕微鏡上のビューのセルを契約およびデタッチします
  5. 井戸やフラスコの底から細胞を取り除く適切に大きさで分類された細胞スクレーパーを使用して優しく
  6. P1000 tip (10 mL の血清ピペット) を使用して優しくカップ刻んだセル/TDE サスペンション上下に 3-4 回に均一な懸濁液を作成します
  7. は、細胞懸濁液 1:10 RSM で希釈します。まあ/フラスコを洗浄し、希薄化後の細胞懸濁液を加える RSM の 2 mL (5 mL) を予約します
    。 注: こと酵素露光時間 25 分を超えることはできません
  8. 室温で 5 分間 173 x g で細胞懸濁液を遠心します
  9. 細胞ペレットから培地を吸引し RSM の 1 mL (5 mL) に細胞を再懸濁します
  10. は、40 μ m の孔を持つナイロン メッシュの携帯ストレーナを使用してセルを痛めます。診断を使用して、指定したボリュームのセルの数を数えるし、緊張したソリューション内のセルの濃度を計算します
  11. 種子 1 x 10-5 セル/cm 2 RSM の 4 mL (15 mL) ECMH コーティング プレート上のセル
  12. は、30 日間成熟するセルを許可します。RSM を変更するごとに 3-4 日間続ける
  13. 2 に 1 の通路から細胞を通路に 30 日 (ステップ 5.2 5.11) の上記の手順を繰り返します

6。中間の細胞バンクの作成: 凍結の通路 2 日 3-5 RPE

注: 10mj/cm ^2 (50%)、顔料を取り戻していない間に細胞を凍結します

  1. 3 × 10 6 セル/mL の濃度で細胞を再懸濁しますに必要な 10 %dmso を凍結保存培地量を計算するセルの数に基づいて、.
  2. 手順 5.2 に 5.8。3 x 10 6 セル/mL に 10 %dmso を凍結保存培地で細胞ペレットを再懸濁します、1.2 mL セラム チューブに細胞懸濁液の 1 mL を転送します
  3. は-1 ° C/分で冷却し、一晩-80 ° C で設計された冷凍コンテナーにセラム チューブを配置します。長期保存用液体窒素に転送します
    。 注: これらの細胞は、融解時に通路 3 になります。評価の前に 30 日以上の培養します。シード通過 1.5 x 10 で 3 網膜色素上皮融解時に cm 2 あたり 5 2, 4, 6, 7

Representative Results

このメソッドは、RPE の均一、色素、および立方単分子膜の生産の結果します。図 1のタイムラインは、図 2に示されている画像に対応します。図 2 aのように、幹細胞のコロニーは定義されたエッジとコロニーとコロニー内で不透明な細胞も線維芽細胞きつくパックされました。図 2 bは、10mj/cm ^2 は、未熟な RPE の表現を提供します。セルは、この段階ですでに合流場合、彼らは分化過程に重要な予測を拡張できません。厳しく 10mj/cm ^2 のセルは単分子層を確立し、タイトな接合、上皮の特徴を形成することができません。この合流点を最適化する方法の詳細については、ディスカッション セクションで概説されます。図 2は、この分化過程中に生じる可能性のある非 RPE の 2 つの最も一般的なタイプの形態を示しています: 神経または線維芽パッチ。定義、芽のようなパッチが管の内径にほぼ半透明に対しこれらの神経のパッチが解剖顕微鏡で特に不透明な表示されることに注意してくださいすることが重要です。それはより簡単に化合物の光学顕微鏡と解剖顕微鏡の両方でそれらを識別するためにエタノール実証ラボ ペンで組織培養プレート上のこれらの領域をマークすることができます。図 2 D-Fを示す特徴的な明るい罫線、石畳の形態、RPE の健全な成熟文化を示す色素沈着。図 3は、位相差顕微鏡および明るいフィールド顕微鏡によって描かれた完全に成熟 RPE の別の外観を表示する高倍率の画像です。通路で 3 日間 30、セルが RNA、貪食2,4,6 や成長因子の分泌蛋白質の表現式を含む以前の出版物に記載されている評価の準備ができて ,7。これらの特徴づけは、これらの画像で表されるセルがだけでなく色素立方、しかしも貪食後分裂と、偏光であることを示します。

Figure 1
図 1: します。成長因子添加と網膜色素上皮の成熟のためのタイムライン。成長因子は 0-14 日目から 12 ウェル プレートに追加されます。成熟 RPE 6 ウェル プレートや濃縮の日から 30 日間解凍後 (3 日間 30 の通路) に T75 フラスコで培養しています。矢印を示す酵素細胞継します。(A ~ E) の下のタイムラインが図 2の画像に対応します。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 2
図 2: 代表的な形態と成熟 RPE の合流します。誘導多能性幹細胞分化 (A) の通過の直前に。未熟な RPE 細胞サブコンフルエント日 2 (B) で、14; の日にピックアップを削除する濃縮前に、非 RPE パッチ (白い矢印で示されます) は、パッチまたは不透明な「リボン」(C) として表示されます。RPE 0、1、および 3 日 30 通路 (D、E、およびF)。スケール バー = 200 μ m.この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 3
図 3: 3 の通路で RPE を成熟: 日 30位相コントラスト (A) に描かれている立方形態と色素沈着明るいフィールド (B) に描かれています。スケールバー = 50 μ m.この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Discussion

このプロトコルでは、多能性幹細胞からの網膜色素上皮細胞を生成する方法について説明します。メソッドはフィーダー フリー、無血清培養法から両方人間の胚および誘導多能性幹細胞を使用して最適化されていました。1998 年にヒトの胚性幹細胞の初期の分離、2007 年に誘導多能性幹細胞 (iPSC) の導出方法がされている幹細胞文化の多数開発14,15,16 17。これらのメソッドは、この分化に影響を受けている幹細胞コロニーを生成するために十分なはずです。適切に派生し、維持された多能性幹細胞にこのメソッドの適用性への既知の制限があります。

最も重要な手順は、幹細胞の分化 (ステップ 2.5) の 0 日目へのプロセス (手順 4.5) の 14 日で手動の郭清の必要性継です。幹細胞のコロニーから分化した細胞を削除するを選択、ケントの18の画像を参照します。示されるように、コロニーとコロニー内で不透明な細胞と線維芽細胞は分化した細胞はこのプロトコル18を開始する前に削除する必要があるを示します。定義されたエッジを持つ未分化、堅く詰められたコロニーだけは、差別化のため継代する必要があります。

幹細胞/ウェル (ステップ 2.6.7) シードの数は幹細胞通過時に単一細胞懸濁液に物できない診断を使用して正確に数えることができないという事実によって複雑になります。80% コンフルエントの細胞の近似 6 ウェル プレートの継 1 12 ウェル プレートの 4 井戸に適応があります。成長率などの幹細胞ラインの違いは、どのように迅速に未熟な網膜色素上皮に到達 0 に 4 日間合流に及ぼします。幹細胞は正確な合流点に関係なく RPE を生成しますが、この段階であまりにもスパース セルになる場合に、細胞収率は否定的影響を。未熟な網膜色素上皮細胞は、1 日目でほぼ 100% 合流 4 日目で約 40-50% の合流をする必要があります。セルは、4 または 6 日コンフルエント単層を生産されていません、プロトコルは 0 日で, 播種密度が高いで繰り返してください。たとえば、6 ウェル プレートの 1 は 0 日目で 12 ウェル プレートの 4 の井戸に継代、未熟な網膜色素上皮が 4 日目で 100% 合流、日 0 1:3、1:2 通路にシードを減らすかより合流になる幹細胞を許可します。前継。複数のセルの行を比較するときに一貫した播種密度を確立する重要です。

14 日で手動の解剖手順は、非網膜色素上皮細胞が文化 (図 2) に存在する場合にのみ必要です。プロトコル CHIR99021 のに加えて、以来多くの多能性幹細胞ラインほとんどない手動の郭清が必要です。いくつかの準備がある神経のパッチの発症率が高いと、それらのセルを削除することが重要。RPE 通路 3 通過 0 で実行可能な場合は、すべて非網膜色素上皮細胞を削除するための十分な時間を割いて分化プロトコルを繰り返すことは不可能です。これは多くの場合、発生しませんが、それは必要なときに 14 日目に解剖手順を最適化できることに注意してくださいにここに記載されています。

様々 な網膜色素上皮分化プロトコルのコストと同様に培養法、効率、定量化、相違があるし、されている後者の機能の評価は2を徹底的に見直します。我々 はここでの詳細な有効性、適応性、およびセル行4,7,8の広い範囲への適用性のため 14 日方法を好みます。このプロトコルでは凍結保存手順はまた実験でロットごとに変動を回避する将来の使用のための中間細胞バンクの作成の主要な利点を提供します。12 ウェル プレートのだけ 4 井戸、通路 0 6 ウェル プレート、1 と 2 の通路で T75 フラスコに拡大する可能性があります。通路 2 日 3-5、セルはまだ 10mj/cm ^2 して顔料を取り戻していないときに、セルの数千万を凍結し、3 日間 30 通路を指定、成熟 RPE を解凍、RNA 発現、タンパク質発現、成長因子をチェックすることが可能です。分泌、貪食など。最大 13 の通路19の RPE を展開するプロトコルを定めています。

楽しみにして、このメソッドは、iPSC 眼疾患のモデル化と世代 RPE の細胞療法のための役に立つでしょう。IPSC 疾患モデリングに関してこのプロトコルは、現在使用されているラボで CRISPR 修正行同じ患者から非修正コントロールから RPE を生成します。さらに、このプロトコルは、合成基質と細胞療法に必要な優れた製造基準を遵守するために役立つ無料の xeno の条件に適応されます。

Disclosures

博士クレッグは再生パッチの技術 LLC の共同創設者です。

Acknowledgments

この作品は、生薬 (CIRM; TG2 01151、FA1 00616 TB1 01177 CL1 00521 DR1 01444 の補助金)、バーモント州コミュニティ財団、財団ブローのビジョン、カリフォルニア工科大学のガーランド イニシアチブによって支えられたと、財団失明ウィン ・ ガンド橋渡し研究加速プログラムとの戦い。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
SterilGARD III laminar flow biosafety cabinet Baker model: SG603A-HE, type: A2, class: 2 6' Baker laminar flow biosafety cabinet
Dissection Hood Labconco Model 3970405 laminar flow bench top
dissecting microscope Nikon SMZ 1500 heated stage
air-jacketed CO2 incubator Sanyo MCO-17AIC 37 oC and 5% CO2
inverted phase contrast microscope Olympus IX53
Name Company Catalog Number Comments
Media Components
DMEM/F12 Gibco 10565042
N2 Supplement Gibco 17502048
B27 Supplement Gibco 17504044
NEAA Gibco 11140050
Name Company Catalog Number Comments
Growth Factors and Reagents
Nicotinamide Sigma N0636
Recombinant mouse noggin R&D systems 1967-NG-025
Recombinant human DKK-1 R&D systems 5439-DK-010
Recombinant IGF-1 R&D systems 291-G1-200
FGF-basic Peprotech 100-18B
Recombinant human/mouse/rat Activin A Peprotech 120-14E
SU5402 FGF inhibitor Santa Cruz Biotechnology sc-204308
Name Company Catalog Number Comments
Substrates
Matrigel Basement Membrane Matrix, Phenol Red-Free, LDEV-Free Corning 356237 extracellular matrix-based hydrogel (ECMH)
Matrigel hESC-Qualified Matrix, LDEV-Free Corning 354277 growth factor reduced ECMH
Name Company Catalog Number Comments
Other reagents
1X Versene (EDTA) Gibco 15040066
DPBS Gibco 14190250
1X PBS (no calcium, no magnesium) Gibco 10010023
TrypLE (trypsin-like dissociation enzyme, TDE) Gibco 12563011
X-VIVO 10 (RPE supporting medium) Lonza BW04-743Q
Y-27632 Tocris 12-541-0 (1254)
CryoStor CS10 BioLife Solutions 210102 cryopreservation medium
1.2 mL Cryogenic Vial Corning 430487
Mr. Frosty (freezing container) Nalgene 5100-0001 freezing container
Normocin Invivogen ant-nr-2 antimicrobial reagent
Name Company Catalog Number Comments
Other Equipment
Pipet-aid Drummond 4-000-101
12-well culture plate Corning CLS3516 Used during differentiation.
T75 flask Corning 430641 Used during RPE maturation.
6-well culture plate Corning CLS3513 Used during RPE maturation.
cell scraper Corning 08-771-1A Used during passages.
cell strainer Falcon 352340 Used during passages before cell count.

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Strauss, O. The retinal pigment epithelium in visual function. Physiol. Rev. 85, (3), 845-881 (2005).
  2. Leach, L. L., Clegg, D. O. Concise Review: Making Stem Cells Retinal: Methods for Deriving Retinal Pigment Epithelium and Implications for Patients With Ocular Disease. Stem Cells. 33, (8), 2363-2373 (2015).
  3. Pennington, B. O., Clegg, D. O. Pluripotent Stem Cell-Based Therapies in Combination with Substrate for the Treatment of Age-Related Macular Degeneration. J. Ocul. Pharmacol. Ther. 32, (5), 261-271 (2016).
  4. Buchholz, D. E., Pennington, B. O., Croze, R. H., Hinman, C. R., Coffey, P. J., Clegg, D. O. Rapid and efficient directed differentiation of human pluripotent stem cells into retinal pigmented epithelium. Stem Cells Transl. Med. 2, (5), 384-393 (2013).
  5. Clegg, D. O., Buchholz, D., Hikita, S., Rowland, T., Hu, Q., Johnson, L. V. Retinal Pigment Epithelial Cells: Development In Vivo and Derivation from Human Embryonic Stem Cells In Vitro for Treatment of Age-Related Macular Degeneration. Stem Cell Res. Ther. (Chapter 1), 1-24 (2008).
  6. Leach, L. L., Buchholz, D. E., Nadar, V. P., Lowenstein, S. E., Clegg, D. O. Canonical/β-catenin Wnt pathway activation improves retinal pigmented epithelium derivation from human embryonic stem cells. Invest. Ophthalmol. Vis. Sci. 56, (2), 1002-1013 (2015).
  7. Pennington, B. O., Clegg, D. O., Melkoumian, Z. K., Hikita, S. T. Defined culture of human embryonic stem cells and xeno-free derivation of retinal pigmented epithelial cells on a novel, synthetic substrate. Stem Cells Transl. Med. 4, (2), 165-177 (2015).
  8. Leach, L. L., et al. Induced Pluripotent Stem Cell-Derived Retinal Pigmented Epithelium: A Comparative Study Between Cell Lines and Differentiation Methods. J. Ocul. Pharmacol. Ther. 32, (5), 317-330 (2016).
  9. Mazzoni, F., Safa, H., Finnemann, S. C. Understanding photoreceptor outer segment phagocytosis: use and utility of RPE cells in culture. Exp. Eye Res. 126, 51-60 (2014).
  10. Sonoda, S., Spee, C., Barron, E., Ryan, S. J., Kannan, R., Hinton, D. R. A protocol for the culture and differentiation of highly polarized human retinal pigment epithelial cells. Nat. Protoc. 4, (5), 662-673 (2009).
  11. Choudhary, P., et al. Directing Differentiation of Pluripotent Stem Cells Toward Retinal Pigment Epithelium Lineage. Stem Cells Transl. Med. 6, (2), 490-501 (2017).
  12. Maruotti, J., et al. Small-molecule-directed, efficient generation of retinal pigment epithelium from human pluripotent stem cells. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 112, (35), 10950-10955 (2015).
  13. Lane, A., et al. Engineering efficient retinal pigment epithelium differentiation from human pluripotent stem cells. Stem Cells Transl. Med. 3, (11), 1295-1304 (2014).
  14. Thomson, J. A., et al. Embryonic stem cell lines derived from human blastocysts. Science. 282, (5391), New York, N.Y. 1145-1147 (1998).
  15. Yu, J., et al. Induced pluripotent stem cell lines derived from human somatic cells. Science. 318, (5858), New York, N.Y. 1917-1920 (2007).
  16. Takahashi, K., et al. Induction of pluripotent stem cells from adult human fibroblasts by defined factors. Cell. 131, (5), 861-872 (2007).
  17. Amit, M., Itskovitz-Eldor, J. Derivation and spontaneous differentiation of human embryonic stem cells. J. Anat. 200, (Pt 3), 225-232 (2002).
  18. Kent, L. Culture and Maintenance of Human Embryonic Stem Cells. J. Vis. Exp. (34), e1427-e1427 (2009).
  19. Croze, R. H., et al. ROCK Inhibition Extends Passage of Pluripotent Stem Cell-Derived Retinal Pigmented Epithelium. Stem Cells Transl. Med. 3, (9), 1066-1078 (2014).

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Usage Statistics