磁気活性化細胞を分離し、滑膜液由来間葉系幹細胞が家兎モデルからの浄化戦略を並べ替え

Biology

Your institution must subscribe to JoVE's Biology section to access this content.

Fill out the form below to receive a free trial or learn more about access:

 

Summary

この記事では、簡単な分離そしてニュージーランド白ウサギ滑液からの間葉系幹細胞の浄化のためのシンプルで経済的プロトコルを示します。

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations

Jia, Z., Liang, Y., Li, X., Xu, X., Xiong, J., Wang, D., Duan, L. Magnetic-Activated Cell Sorting Strategies to Isolate and Purify Synovial Fluid-Derived Mesenchymal Stem Cells from a Rabbit Model. J. Vis. Exp. (138), e57466, doi:10.3791/57466 (2018).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

間葉系幹細胞 (Msc) は、細胞ベースの治療の主要な細胞ソースです。MSCs 関節腔滑液から軟骨組織工学用をされる可能性があります可能性があります。滑液 (SF MSCs) から MSCs は関節の再生のための有望な候補と考えられてきたし、彼らの潜在的な治療効果は重要な研究課題の後半。ニュージーランド白ウサギの膝関節腔から SF MSCs は人間の再生医療を評価するために最適化された並進モデルとして用いることができます。CD90 ベース磁気活性化細胞 (MAC) 技術を並べ替え、このプロトコルこの家兎モデルからウサギが SF MSCs (rbSF-MSCs) 正常取得ならびにさらに完全に区別するためにそれらを誘導することによってこれらの細胞の MSC の表現型を示します骨芽細胞、脂肪細胞、軟骨細胞。したがって、このアプローチは、細胞生物学の研究と簡単な装置や手順を使用してティッシュ エンジニア リングで適用できます。

Introduction

MSCs は、特に軟骨病変のための再生医療のための貴重な情報源として提案されています。MSCs では、軟骨細胞、骨芽細胞、脂肪細胞、骨格筋細胞と内臓の間質細胞を含む広くその高膨張率と多系統分化潜在的な1のための幹細胞移植の領域を展開します。MSCs は、骨格筋、滑膜、骨髄、脂肪2,3,4から分離できます。調査結果にも、あるビジョ滑液の MSCs の存在と前の研究が関節再生5,6の有望な候補として滑液由来 Msc (SF MSCs) を発見します。

しかし、研究と人間のサンプルの臨床実験は多くの倫理的な問題の対象となります。代わりに、ウサギはされているし、MSCs の移植が軟骨の損傷を修復することができますを示すために最も一般的に使用される動物種であり続けます。近年、研究者数の増加は、両方生体外でウサギ間葉系幹細胞 (rbMSCs) を研究しているし生体内で、これらの細胞は、細胞生物学、組織生理学におけると同様に人間の MSCs。同様に、rbMSCs は人間の MSCs のように軸線維芽細胞の形態を表示するプラスチックの表面に付着することがあります。さらに、ウサギ間葉系サンプル、シンプルで簡単に7を入手します。さらに、最も重要なポイントは、CD44、CD90, CD105 などの表面マーカーを rbMSCs に表現として MSC 集団の同定の基準に一致してである多系統分化の能力が維持されること細胞療法8,9国際社会によって定義されます。特に、滑膜液 chondroprogenitors、非肥大軟骨分化表現型関節軟骨再生1011、適切な細胞源のため TGF-β 1 による場合の対応 12

しかし、SF MSCs の分離は臍帯、脂肪組織、末梢血、骨髄など、他の組織から大きく異なる。現在、浄化および SF MSCs の並べ替えのための最も一般的なアプローチはフローサイトメトリー ・免疫ビーズに基づく並べ替え、フローサイトメトリー法には、特定の環境と非常に高価な楽器13が必要ですが。

この記事は、白ウサギ ニュージーランドから滑液のサンプル集のシンプルで低侵襲の手順を示します。中には、rbSF MSCs 安定拡大培養CD90 正磁気ビーズによるプロシージャで分離されたし。最後に、プロトコルは、高純度と収穫の細胞源から生存率 MSCs を取得する方法を示します。

このプロトコルでは、形態、特定のマーカーと幹細胞の多能性の式に基づいて分離 rbSF MSCs が特徴です。CD45 と CD34 の式が負の値に対し、流れの cytometry ベース診療は CD44 と CD105 の重要な肯定的な表現を明らかにします。最後に、rbSF mscsの in vitroアッセイは、これらの細胞の骨、軟骨、脂肪細胞の分化を示しています。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

地域倫理委員会ガイドラインに従ってすべての動物実験を行い、動物のすべてのプロシージャは、機関動物ケアおよび使用委員会の深セン第二人民病院、深セン大学によって承認されました。

1. 分離し、rbSF MSCs の文化

  1. 動物のプロシージャのための準備
    1. RbSF のコレクションの骨格成熟女性ニュージーランド白ウサギを準備-MSCs。 1 日麻酔と穿刺のプロシージャ前にウサギの臨床検査を実行します。
      注: 身体検査は、心拍数と呼吸数、体温 (女性) の性別 (2.0 〜 2.5 kg) の重量を含める必要があります。臨床的に健康なウサギのパラメーター間隔は 38-39 ° C の体温、心拍数 220-280 分呼吸率 30-50 分。
    2. 麻酔の前に 6 時間動物を高速です。
  2. 薬品および動物の麻酔の手順
    1. ケージでウサギを抑制 (材料の表を参照)、し、全身麻酔のための 1 mL/kg の用量で耳静脈に 3% ペントバルビ タール ナトリウムを注入します。
    2. 快適な背臥位でウサギを配置します。
    3. 麻酔中に呼吸数、心拍数、ウサギの体の温度を監視します。
    4. 麻酔中の乾燥を防ぐために、その目に眼科の軟膏を使用します。
    5. Guedel の分類14の後麻酔の深さを評価します。
  3. MSCs の分離と培養のための準備
    1. RbSF MSCs を育成する培地商業の 500 mL を準備 (材料の表を参照) を添加した商業 10% 補足 (材料の表を参照)、10% 牛胎児血清 (FBS)、および 1% ペニシリン-ストレプトマイシン。
    2. 水お風呂で 37 ° C で培養液を孵化させなさい。
    3. 電池隔離および細胞洗浄用リン酸バッファー生理食塩水 (PBS) の 500 mL を準備します。
    4. 膝窩洞穿刺プロシージャの等張生理食塩水液 100 mL を準備します。
  4. ウサギの膝関節の関節滑膜溝 uid のコレクション
    1. 膝の周囲サイズが約 5 × 5 cm の領域を選択し、安全の電気シェーバーを使用してこのエリアからウサギの毛を剃る。
    2. また、消毒手順サイト 3 ポビドン ヨード ソリューションと 75% エタノールと x。そして、地域は完全に乾燥した後に滅菌ドレープを適用します。
    3. 3-4 x 横関節領域から膝の関節腔に滅菌皮下注射器 (2 mL) を使用して、膝を移動、等張食塩水の 1-2 mL を注入し、室温ですべての滑液を吸います。
    4. 4 時間以内の任意の残骸を削除する 40 μ m ナイロン携帯こし器を通って滑膜の気体をフィルターします。
  5. RbSF MSCs の文化
    1. 50 mL 遠沈管、室温で 10 分間、1,500 rpm で遠心分離フィルターの気体を収集します。
    2. 遠心分離後に上清を破棄、PBS でペレットを洗浄、完全な培養液中でペレットを再懸濁します、プレート 100 mm 料理中。
    3. 37 ° c 5% CO2を含む加湿雰囲気で料理を孵化させなさい。
    4. 48 時間後に、任意の非付着性細胞を除去する新鮮な培地で料理を補充します。0 (P0) の通路として 2 週間週 2 回、媒体を交換します。
      注: 約 1 × 104付着性のセルが必要があります。実行可能なセル/平方フィートの ml は約 2 × 102/mL です。
    5. 初期のめっきの後 14 日後の培養皿で多くの植民地を形成している必要があります。直径 2 mm 以上のコロニーを選択します。マーク選択したコロニーが皿の底に彼らのまわりを追跡することであります。
    6. < 2 mm 幅、セルのスクレーパーを使用してコロニーを破棄します。0.25% トリプシン、クローニング シリンダーを使用しての約 5 μ L で選択したコロニーを消化し、通路 1 (P1) として植民地を新しい料理に転送します。
  6. 術後の動物の世話
    1. 術後監視と麻酔からの回復のための標準的な制度運用手順に従います。
    2. 意識を取り戻したがそれまでウサギの 10 分ごとのバイタル サインを監視します。最終的に、理性的な動物を檻に転送します。それは完全に回復するまで、他の動物の会社に手術を受けているウサギは返されません。
    3. 術後、0.1% ポビドン ヨード、3 日間の日 x 2 とサイトを消毒します。

2. CD90 正磁気活性化セルの並べ替え (MAC) rbSF MSCs と初代培養の

  1. サンプル準備
    1. セルの周りに達する場合 80% の confluency、培地を吸引、0.25% の 1-2 の mL を追加してそれぞれの皿にトリプシン-EDTA。
    2. 細胞の剥離を許可するように 2 〜 3 分の料理を孵化させなさい。
    3. 一度セルを取り外したら、トリプシンを不活化する培地の等しい量を追加します。
    4. 細胞懸濁液を 40 μ m 細胞のストレーナー通過 15 mL チューブに濾液を収集し、後、スピンダウン 600 × g 10 分間室温でのセル。
    5. バッファーを実行する MAC で細胞ペレットを再懸濁します (PBS、pH 7.2, 0.5% ウシ血清アルブミン、2 ミリメートルの EDTA) のセル数をカウントすると。
  2. 磁気ラベリング
    注: は、列、スタンド、および区切り記号 (材料の表を参照) を含むキットを並べ替え磁気活性化細胞と rbSF MSCs を並べ替えます。
    1. 診断を使用して細胞の数を決定します。
    2. 4 ° C で 10 分間 300 × g の細胞懸濁液を遠心分離します。完全に上清を吸引します。
    3. 10 の7の合計セルごと再懸濁バッファーの 80 μ L を追加します。
    4. 10 総細胞、モノクローナル抗家兎 CD90 抗体の共役のマイクロ ビーズの 20 μ L を追加します。
    5. 磁気ビーズと均等に管内細胞をミックスし、暗闇の中で 15 分間の 4 ° C でそれらを孵化させなさい。
    6. チューブに 1 mL の 10 の7セルごとのバッファーを追加し、セルを洗浄する 4 ° C で 10 分間 300 × g で遠心分離します。遠心分離後、上清を破棄します。
    7. 500 μ L の 10 の7セルごとのバッファーでペレットを再懸濁します。
  3. 磁気分離
    1. 磁気分離装置の磁気フィールドに前面に列翼を持つ列を配置します。
    2. 10 の7セルごとのバッファーの 500 μ L と磁気分離装置 (MS) 列をすすいでください。
    3. 列に単一細胞懸濁液を転送します。これらのラベルのない細胞を破棄する磁場を通過する否定的な細胞ができます。
    4. 列バッファーの 500 μ L で 1-2 x 10 の7セルごと洗って流れを破棄します。
    5. 遠心分離機管 (15 mL) に列を転送します。
    6. 列に 1 mL の 10 の7セルごとのバッファーを追加し、磁気標識細胞を洗い流すため列にプランジャーをすぐにプッシュします。
    7. CD90 の純度を高めるため MS 欄に前述の手順を繰り返して、+細胞は、溶出画分を豊かにすることができます。
    8. 300 × g 10 分で細胞懸濁液を遠心、上清を吸引、培養培地でそれを再懸濁します。
  4. 文化、CD90 の+ rbSF MSCs
    1. 磁気活性化細胞選別後 100 mm の料理の細胞を接種します。
    2. 37 ° c 5% CO2加湿セル インキュベーターで料理を孵化させなさい。
    3. 初代培養の 80-90% の合流点を達成すると、約 7-10 日で消化 0.25% トリプシン-EDTA と通路付着性のセル 2 (P2) の通路に 1:2 の希釈でそれら。
    4. 同じメソッドを使用して、細胞を通過通過 3 (P3)の in vitroアッセイに使用ことができます。
      注: サブカルチャー、浄化後約 1 × 107 rbSF MSCs が取得されます。

3. rbSF MSCs の同定

  1. フローサイトメトリーによる rbSF MSCs の表面マーカー確認
    1. MSCs が P3 で 80-90% の合流は、PBS のセルを洗浄し、0.25% の 1 mL とそれらを扱うトリプシン-EDTA。次に、セルを取り外すまで 2 〜 3 分の 37 ° C で MSCs をインキュベートします。
    2. 10 mL の PBS を使用してセルを収穫、円錐管 (15 mL) にそれらを転送、室温で 5 分間 300 × g で遠心分離機のこと。
    3. 培養上清を捨てます。500 μ L の PBS で細胞ペレットを再懸濁し、1.5 mL チューブにそれを転送します。
    4. FITC 結合し、PE 標識抗体 (アイソタイプ、FITC CD34/PE CD45、FITC CD105 PE CD44) 4 ° C で暗闇の中で 1 時間の 1: 100 希釈を孵化させなさい
    5. 室温で 5 分間 300 × g でこの混合物を遠心し、各時間 5 分 300 × g で遠心分離によって PBS で 2 回細胞を洗浄します。培養上清を捨てます。
    6. 500 μ L の PBS で細胞を再懸濁します、細胞懸濁液を丸底チューブ (5 mL) に転送し、流れの cytometer を使用してそれを分析します。
      注: 2 つの蛍光チャンネル cytometer でデータの集録: 533/30 と 585/40。各アイソタイプ蛍光アイソタイプ コントロールを使用して、適切なレーザーの電圧を調整し、ピークの左と右の両方のエッジを表示する蛍光ヒストグラムを取得するために必要な最低の強度を設定します。統計解析 10,000 イベントの最小値を収集します。
  2. RbSF MSCs の multidifferentiation
    注: 使用 P3 rbSF - multidifferentiationの in vitroアッセイの MSCs。
    1. 骨分化誘導
      1. 骨誘導培地を準備: L-アスコルビン酸-2-リン酸、α-グリセロリン酸の 10 ミリメートルと 100 の 50 mM を含む DMEM basic (1 x) デキサメタゾンの nM。
      2. 6 ウェル培養プレートの 10 の3セル/cm2で細胞を播くし、骨誘導培地でそれらを文化します。
      3. 3 週間ごとに 3 日間誘導培地を変更します。
      4. 分化が完了した後、室温で 30 分間 4% ホルムアルデヒドとセルを修正、セルの汚れ 1 %5 分洗いそれら 3 アリザリン赤と PBS15x。
    2. 脂肪細胞分化
      1. 脂肪分化誘導培地を準備: DMEM basic (1 x) インドメタシンの 100 mM、組換えヒトインスリンの 10 mg/mL、デキサメタゾン、1 mM と 0.5 mM 3-イソブチル-1 - メチルキサンチンから成る。
      2. P3 rbSF MSCs の脂肪分化誘導培地で 3 週間治療します。
      3. 3 週間後オイル赤い O を使用して脂肪細胞の分化を確認する中性脂質液胞を染色します。常温で 30 分 4% ホルムアルデヒド溶液セルを修正し、洗い、そして PBS163 x。
    3. 軟骨細胞分化
      1. 軟骨細胞誘導培地を準備: DMEM basic (1 x)、サプリメント、L-プロリン、100 nM デキサメタゾンの, ピルビン酸ナトリウムの L-アスコルビン酸-2-リン酸と 1 mM の 50 mM の 0.35 mM TGFβ1、1% の 10 ng/mL から成る。
      2. ペレット培養軟骨細胞誘導を使用します。MSCs ではペレットを形成するポリプロピレン チューブ (15 mL) で 10 分間 1500 rpm - 5 × 105 P3 rbSF を遠心します。
      3. ペレットを培養軟骨細胞誘導培地で 3 週間。
      4. 3 週間ごとに 3 日間媒体を変更します。
      5. 3 週間誘導後パラフィン包埋細胞ペレットを埋め込む、4 mm スライスにセクションおよび 0.1% を使用してそれらを染色トルイジン ブルー17部屋の温度で 30 分間。
  3. 総 RNA の抽出および量的なリアルタイムのポリメラーゼの連鎖反応 (qRT PCR) による解析
    1. 商業の RNA の抽出を使用して 3 週間分化誘導後細胞の総 RNA キット (材料の表を参照) を特定します。
      1. 培養皿で培養液を削除し、分離試薬の 1 つの mL を追加します。
      2. ソリューションが均質になるまで繰り返しピペッティングにより細胞を溶解させます。それを 3 分間室温でインキュベートします。
      3. 1.5 mL 遠心チューブに細胞ライセートを転送します。
      4. 100 μ L のクロロホルムを加えて手 15 x でそれを振る 3 分間室温で混合物を孵化させなさい。
      5. 4 ° C で 15 分間、12,000 × g でチューブを遠心分離します。培養上清を新しい 1.5 mL 遠心チューブに転送します。
      6. 500 μ L のイソプロパノールを加えて室温で 10 分間の RNA の沈殿物します。
      7. 12,000 × g で遠心する 10 minat 4 ° CRNA ペレットが管の下部に表示されます。
      8. 上澄みを除去し、75% エタノール 500 μ L を追加します。RNA ペレットを洗浄するか、数秒間管を簡単にスピンします。4 ° C で 5 分間 7,500 × g で遠心分離します。
      9. 残留エタノールを削除します。
      10. 10 μ L の DEPC 水に RNA ペレットを溶かし、氷の上にチューブを配置します。
    2. 逆 DNA 合成と cDNA に総 RNA の転写キット (材料の表を参照してください)。
      注: は、氷の上すべての次の手順を実行します。
      1. 逆のトランスクリプションのマスター ミックスを準備します。
      2. RNA の 1 μ g と各チューブに DNase 処理 RNA の 25 μ L を追加します。
      3. PCR サーマルサイクラーを使用して以下の温度で混合物を孵化させなさい: 26 ° C (ランダムな hexamers をアニールする) 10 分で 42 ° C 45 分 (逆転写) と (逆転写酵素を不活性化) に 10 分間、75 ° C。
      4. すぐに量的なリアルタイム PCR によって生成される cDNA を分析したり、-20 ° C で保存
    3. 定量的リアルタイム PCR システムと遺伝子発現解析を実行します。
      1. QRT PCR マスター ミックスを使用 (材料の表を参照) PCR を行う。Ppar γ、Agg、Runx2 GAPDH の PCR のプライマーは、表 1に表示されます。
      2. 2ΔΔCT法を用いた遺伝子発現を計算します。
      3. 標準的な統計解析ソフトウェアを使用して統計分析を行います。独立したサンプルの t 検定を使用して、グループの平均を比較します。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

分離・精製・ rbSF MSCs の文化:
このプロトコルは、rbSF-MSCs MSC 表面マーカー CD90 の式に基づいて分離するのに MAC を使用します。RbSF MSCs の分離・精製とキャラクタリゼーション ・体外培養のプロトコルのプロセス フロー図を図 1に示します。

磁気活性化細胞と CD90 (MAC) を並べ替え後細胞の形態:
まずの MAC、CD90 磁気ビーズの MSCs immunolabel。遠心分離の後冷却並べ替えバッファーの 80 μ L の 10 の7セルの最大再懸濁します、続いてボルテックスと 4 ° c 15 分インキュベーション CD90 磁気ビーズの 20 μ L を追加します。その後、並べ替えバッファーの 1 mL の細胞を洗浄し、並べ替えバッファーの 500 μ L でそれらを再懸濁します。磁気の並べ替えの前に、洗濯の手順を繰り返します。この重要な手順を図 2に示します。

並べ替え、する前に付着性ウサギ滑膜細胞集団は、多様な細胞のタイプおよびサイズ (図 3 a・ C) を含む異種の形態を表示されます。MAC では、次のセル人口は均質な形態を展示しました。細胞の数は、サブカルチャー (図 3 DF) とともに増加しました。

表面特性の MAC 濃縮 rbSF MSCs:
蛍光活性化セルの並べ替え (FACS) は CD90 と MAC で rbSF MSCs の濃縮を分析を行った.MAC の前で、セル人口は、約 40 %mscs (図 4、D;図 4 aBのアイソタイプ コントロール) から成っていた。MAC では、次は、豊かな人口は、約 > 99 %mscs (図 4 e,F) を含まれています。造血系統の細胞マーカー CD34 と CD45、0.318% 両方ほとんど表現された MAC の後 25.9% で彼らの最初の式からの減少であります。選択の前に約 28 %cd90 があった+は細胞 (図 4)。浄化、CD90 の約 98%+後細胞 (図 4 H) が得られました。

能分化ポテンシャル rbSF MSCs の:
RbSF MSCs など様々 な系統に分化する能力を特徴付ける、骨、脂肪細胞、軟骨細胞、MAC で濃縮 rbSF MSCs 同時に培養した特定分化培地と、分化培地コントロールとして機能するサイトカインなし。系統特異的マーカーを染色によって分析された誘導が完了したときと RT-PCR。アリザリン赤カルシウム化合物の染色 (図 5 a) 骨誘導条件下で 3 週間後 rbSF MSCs で石灰化結節を形作ったことを示した。脂肪分化誘導の 3 週間後脂質豊富な液胞の蓄積は細胞内オイル赤 O 染色 (図 5 b) によって検出でした。軟骨細胞誘導の 21 日間、細胞ペレットはトルイジン ブルー染色で組織学的試金。(するプロテオグリカン) 染色陽性細胞は軟骨細胞様細胞 (図 5) として見なされていた。この結果と同様に、潜在的な分化の遺伝子発現定量解析もこれらの細胞の分化能力を証明しています。Agg (軟骨細胞マーカー)、ppar γ (脂肪細胞マーカー) と Runx2 の発現量 (骨芽細胞マーカー) 誘導条件下で誘導されました。これらのデータは、trilineages (図 5) に rbSF MSCs の多能性分化能力を証明しました。

Figure 1
図 1: 分離・精製・ ニュージーランド白ウサギの SF MSCs の特性の詳細回路図この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 2
図 2: 磁気活性化細胞 (MAC) CD90 で並べ替えを行うためのプロトコルこの図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 3
図 3: 単分子膜の形態の前に rbSF MSCs を培養し、MAC と普通の下で検査後倒立顕微鏡A C)並べ替えの前に付着性ウサギ滑膜細胞集団の不均一性が表示されます。彼らには、多様な細胞の種類とサイズ、楕円形、長いスピンドル、短紡錘形状形態などが含まれています。P2 および P6 の主な形態はスピンドル形態 (A: P2、 B: P3、 C: P6)。D F)次の CD90 と MAC、細胞集団は均質な形態を展示します。サブカルチャー、細胞数増加 (D: P2, E: P3、 F: P6)。スケールバー = 100 μ m.この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 4
図 4: rbSF MSC 表面マーカーの同定します。フローサイトメトリー解析を使用して、rbSF MSCs、正に内皮細胞のマーカー CD34 と造血細胞マーカー CD45 陰性、MSC のマーカー CD44 と CD105、です。MAC の前にこれらの細胞 CD44 の CD105 陽性の低レートであります。ただし、MAC 後の陽性率は高かった。A、B)これらのトップの 2 つの画像は、アイソタイプ コントロール データを表示します。C, D)これらの結果は、マックの前に、rbSF MSC 人口が約 40 %msc 細胞で構成されているを示しています。E、F)MAC の後は、豊かな人口には > 99 %msc 細胞が含まれています。G, H)これらの画像表示、CD90 の流れフローサイトメトリー解析+マーカー、前に(G)(H) MAC 並べ替え後。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 5
図 5: 汚損によって系統特異マーカーの解析と RT-PCR。A)アリザリン赤染色 3 週間骨誘導の下で石灰化結節を形成することを示します。B)脂肪分化誘導の 3 週間後脂質豊富な液胞の蓄積が検出された細胞内オイル赤 O 染色によって。C)軟骨細胞誘導の 3 週間は、細胞ペレットは組織学的アッセイは、トルイジン ブルー染色します。(するプロテオグリカン) 染色陽性細胞は軟骨細胞様細胞とみなされました。スケールバー = 100 μ m. D) 3 週間培養後骨芽細胞マーカー (Runx2)、脂肪分化マーカー (ppar γ) と軟骨マーカー (Agg) の式は、相対 mRNA 検出.すべての解析についてp値 < 0.01 として考慮された統計的クラスカル ・ ウォリス検定を用いて有意差 (として示されて *)。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

遺伝子 プライマー (5'-3') を転送します。 逆プライマー (5'-3')
Runx2 TATGAAAAACCAAGTAGCAAGGTTC GTAATCTGACTCTGTCCTTGTGGAT
AGG GCTACACCCTAAAGCCACTGCT CGTAGTGCTCCTCATGGTCATC
PPARΓ2 GCAAACCCCTATTCCATGCTG CACGGAGCTGATCCCAAAGT
GAPDH GGAGAAAGCTGCTAA ACGACCTGGTCCTCGGTGTA

表 1:一覧遺伝子と量的なリアルタイム PCR 本研究で使用されるプライマー

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

滑液の MSCs の存在は、細胞ベースの治療のための代替を提供します。以前の研究では、受傷後の期間5と相関する可能性があります彼らの滑液で間葉系幹細胞の多量を含む傷害のサイトを示しています。滑液の MSCs は、負傷18,19後自然治癒を高めるための組織に有益な可能性があります。SF MSCs の臨床応用は主な理由は関節で SF MSCs の機構のまま未定義20ほとんど文献でカバーされています。・ ジョーンズ21膝関節の hSF MSC 数大幅 7 増加することを報告した変形性関節症 (OA) の初期段階。彼らは増加の SF MSCs が関節の生理的恒常性を維持することに貢献できると思った。

理想的な動物モデルは、再生医療を利用した治療法の開発に欠かせないツールです。ウサギ、ウサギ人間間の明らかな違いは存在が組織再生の7、従って SF MSCs の我々 の研究のためのモデルとして選択するに私たちを求める研究の動物モデルとして広く使用します。この努力で困難な障害の 1 つは、しばしば SF MSCs の分離が植民地低頻度と種類豊富な成功率の結果を以前の研究5で報告しました。したがって、多くの研究者は、成功率と MSCs SF からの分離の最適化に焦点を当てています。

この studyeffectively は CD90 の生存率やソート純度の高い MAC 手順を使用+ MACSs ウサギ滑膜液22から。この MAC システムはこの場合、特定の細胞表面抗原、CD90 に結合特異性の高い抗体を共役磁性ビーズを利用して、特定のターゲット細胞型、すなわち CD90 発現細胞の選択できます。CD90 のマイクロ ビーズを浄化する前に通常 14 日間のプライマリ rbSF MSCs を文化します。この期間中に多くのコロニーは、培養皿で形成されます。このプロトコルでは、直径 2 mm 以上のコロニーを選択することを示唆しています。植民地選択のクローニング シリンダーを使用している場合我々 は慎重に顕微鏡の下でそれを観察します。単一のコロニーは、浄化のためさらに伝達されます。

分離・精製の過程では、ラベルのない細胞を通過するのに対し、列の区切り文字の磁場印加によるラベルの貼られた磁気 CD90 発現細胞は引き付け。洗浄工程後、区切りの磁気フィールドから列を削除、標的細胞にカラムから溶出されます。この特定の MAC ビーズ アプローチにより、幹細胞表面マーカー CD44 と CD105、これらの隔離されたセルが造血細胞23ではなく、間葉系幹細胞であることを示す特異的に発現する rbSF MSCs の分離です。これらの精製 rbSF MSCs は形態学的特徴とマーカー発現の重要な変更せず長い時間をかけて体外培養できます。また、MAC で濃縮 rbSF MSCs は、複数系統の細胞で骨形成系細胞、脂肪細胞、軟骨細胞などに多能性分化能力を発揮いたします。

MAC の操作は容易に行うプロトコルであり、ベンチ23に行うことができます。また、米国食品医薬品局 (FDA) は、MAC ビーズ ベースの技術を承認した、従って臨床応用24を実行する簡単です。CD90 は間葉系幹細胞の表面マーカー、CD90 の肯定的な MSCs が良い軟骨分化能力25,26ある研究者は示した。形態および幹細胞27の特定のマーカーの表現に基づいて MSCs の多能性が特徴づけられています。

本研究では、いくつかの制限があります。このプロトコルの最初の欠点を行った表面マーカーに関連しています。国際社会によって声明に基づく細胞療法 (ISCT)、多能性 MSCs を定義するための最低限の条件は CD90 ・ CD105、CD44、CD73、正と負 CD11b、CD14、CD34、CD45 と CD79a または HLA-DR28。努力と全体のパネルをテストするために必要な費用を軽減する目的として、本研究の研究者は否定的なマーカーの 2 つと 2 つの推奨される肯定的なマーカーの慎重に選択。第二に、それはさらなる研究のために選択されるコロニーを形成する長い時間がかかります。さらに、肥大軟骨 SF MSCs体外誘導中に主要な問題では。後の段階、肥大軟骨細胞常に特急型 X コラーゲン (COLX)、マトリックスメタロプロテアーゼ 13 (MMP13)、因子 2 (Runx2)29アルカリ性ホスファターゼ (ALP) とラント関連転写。研究ことを示唆三次元 (3 D) ペレット文化、ダイナミックな文化システム、および軟骨細胞培養 MSC の利益安定軟骨分化30,31。本研究でペレット文化システムは肥大を避けるために MSC の軟骨細胞誘導のために使用されました。

結論としては、簡易分離と関節腔洗浄液からの MSCs の精製法を確立し、そこに得られる MSCs を特徴としました。このプロトコルは、探査と関節滑液由来 Msc の新規共同再生戦略の潜在的有用性の検討のためのプラットフォームを提供しています。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Disclosures

著者は、彼らは競合する金銭的な利益があることを宣言します。

Acknowledgments

この研究は次の補助金によって財政上支えられる: 中国の自然科学基礎 (号 81572198;81772394 号)深セン大学 (第 2016031638); の高レベルの医療分野建設のための基金広東省、中国 (号の医学研究の基礎A2016314);深センの科学と技術のプロジェクト (No.JCYJ20170306092215436;違います。JCYJ20170412150609690;違います。JCYJ20170413161800287;違います。SGLH20161209105517753;違います。JCYJ20160301111338144)。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
Reagents
MesenGro StemRD MGro-500 1703 Warm in 37 °C water bath before use
MesenGro Supplement StemRD MGro-500 M1512 Component of MSCs culture medium
DMEM basic Gibco Inc. C11995500BT MSCs differentiation medium
Isotonic saline solution Litai, China 5217080305 Cavity arthrocentesis procedure reagent
Phosphate-Buffered Saline (PBS) HyClone Inc. SH30256.01B PBS, free of Ca2+/Mg2+
Fetal Bovine Serum (FBS) Gibco Inc. 10099-141 Component of MSCs culture medium
Povidone iodine solution Guangdong, China 150605 Sterilization agent
75% ethanol Lircon, china 170917 Sterilization agent
0.25% Trypsin/EDTA Gibco Inc. 25200-056 Cell dissociation reagent
1% Penicillin-Streptomycin Gibco Inc. 15140-122 Component of MSCs medium
MACS Running Buffer MiltenyiBiotec 5160112089 Containing phosphate-buffered saline (PBS), 0.5% bovine serum albumin(BSA), and 2 mMEDTA
CD90 antibody conjugated MicroBeads MiltenyiBiotec 5160801456 For magnetic activated cell sorting
Sodium pyruvate Sigma-Aldrich P2256 Component of MSCs chondrogenic differentiation
Dexamethasone Sigma-Aldrich D1756 Component of MSCs osteogenic differentiation
ITS BD 354352 1%, Component of MSCs chondrogenic differentiation
L-proline Sigma-Aldrich P5607 0.35 mM, Component of MSCs chondrogenic differentiation
L-ascorbic acid-2-phosphate Sigma-Aldrich A8960 50 mM, Component of MSCs chondrogenic differentiation
3-isobutyl-1-methylxanthine Sigma-Aldrich I5879 0.5 mM, Component of adipogenic differentiation
Indomethacin Sigma-Aldrich I7378 100 mM, Component of adipogenic differentiation
TGFβ1 Peprotech 100-21 10 ng/mL, Component of MSCs chondrogenic differentiation
α-glycerophsphate Sigma-Aldrich G6751 Component of MSCs osteogenic differentiation
CD34 Polyclonal Antibody, FITC Conjugated Bioss bs-0646R-FITC Hematopoietic stem cells marker
Mouse antirabbit CD44 Bio-Rad MCA806GA Thy-1 membrane glycoprotein (MSCs marker)
CD45 (Monoclonal Antibody) Bio-Rad MCA808GA Hematopoietic stem cells marker
CD105 antibody Genetex GTX11415 MSCs marker
Isopropyl alcohol Sigma-Aldrich I9030 Precipitates RNA extraction organic phases
Trichloromethane Wenge, China 61553 Extract total RNA
Trizol Invitrogen 15596-018 Isolate total RNA
SYBR green master mix Takara Bio, Japan RR420A PCR test
cDNA synthesis kit Takara Bio, Japan RR047A Reverse-transcribed to complementary DNA
Alizarin Red Sigma-Aldrich A5533 Staining of calcium compounds
Toluidine Blue Sigma-Aldrich 89640 Staining of cartilaginous tissue
Oil Red O solution Sigma-Aldrich O1391L Lipid vacuole staining
Equipment
MiniMACS Separator MiltenyiBiotec 130-042-102 For magnetic activated cell sorting
MultiStand MiltenyiBiotec 130-042-303 For magnetic activated cell sorting
MS Columns MiltenyiBiotec 130-042-201 For magnetic activated cell sorting
Cell Strainer FALCON Inc. 352340 40 μm nylon
Hemocytometer ISOLAB Inc. 075.03.001 Cell counting
Falcon 100 mm dish Corning 353003 Cell culture dish
Microcentrifuge tube Axygen MCT-150-C RNA Extraction and PCR
Centrifuge Tubes Sigma-Aldrich 91050 Gamma-sterilized
High-speed centrifuge Eppendorf 5804R Centrifuge cells
Carbon dioxide cell incubator Thermo scientific 3111 Cell culture
Real-Time PCR Instrument Life Tech QuantStudio Real-Time quantitative polymerase chain reaction
Flow cytometer BD Biosciences 342975 Cell analyzer
Pipettor Eppendorf O25456F Transfer the liquid
Cloning cylinder Sigma-Aldrich C3983-50EA Isolate and pick individual cell colonies
Sterile hypodermic syringe Double-Dove, China 131010 Arthrocentesis procedure
Rabbit cage Zhike, China ZC-TGD Restrain the rabbit

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Oreffo, R. O., Cooper, C., Mason, C., Clements, M. Mesenchymal stem cells: lineage, plasticity, and skeletal therapeutic potential. Stem Cell Reviews. 1, (2), 169-178 (2005).
  2. Asakura, A., Rudnicki, M. A., Komaki, M. Muscle satellite cells are multipotential stem cells that exhibit myogenic, osteogenic, and adipogenic differentiation. Differentiation. 68, (4-5), 245-253 (2001).
  3. De, B. C., Dell'Accio, F., Tylzanowski, P., Luyten, F. P. Multipotent mesenchymal stem cells from adult human synovial membrane. Arthritis Rheumatology. 44, (8), 1928-1942 (2001).
  4. Zuk, P. A., et al. Human adipose tissue is a source of multipotent stem cells. Molecular Biology of the Cell. 13, (12), 4279-4295 (2002).
  5. McGonagle, D., Jones, E., English, A., Emery, P. Enumeration and phenotypic characterization of synovial fluid multipotential mesenchymal progenitor cells in inflammatory and degenerative arthritis. Arthritis & Rheumatism. 50, (3), 817-827 (2004).
  6. Jia, Z., et al. Isolation and characterisation of human mesenchymal stem cells derived from synovial fluid by magnetic activated cell sorting (MACS). Cell Biology International. (2017).
  7. Bashir, M., et al. Isolation, culture and characterization of New Zealand white rabbit mesenchymal stem cells derived from bone marrow. Asian Journal of Animal & Veterinary Advances. 10, (8), 13-30 (2015).
  8. Song, X., et al. Differentiation potential of rabbit CD90-positive cells sorted from adipose-derived stem cells in vitro. In Vitro Cellular & Developmental Biology - Animal. 53, (1), 1-6 (2016).
  9. Lee, T. C., et al. Comparison of surface markers between human and rabbit mesenchymal stem cells. PLOS One. 9, (11), e111390 (2014).
  10. Stewart, M. C., Chen, Y., Bianchessi, M., Pondenis, H. Phenotypic characterization of equine synovial fluid-derived chondroprogenitor cells. Stem Cell Biology and Research. 3, (1), (2016).
  11. Prado, A. A. F., et al. Characterization of mesenchymal stem cells derived from the equine synovial fluid and membrane. BioMed Central Veterinary Research. 11, (1), 281 (2015).
  12. Yoshimura, H., et al. Comparison of rat mesenchymal stem cells derived from bone marrow, synovium, periosteum, adipose tissue, and muscle. Cell and Tissue Research. 327, (3), 449-462 (2007).
  13. Wu, C. C., et al. Intra-articular injection of platelet-rich fibrin releasates in combination with bone marrow-derived mesenchymal stem cells in the treatment of articular cartilage defects: an in vivo study in rabbits. Journal of Biomedical Materials Research Part B: Applied Biomaterials. 105, (6), 1536-1543 (2017).
  14. John, T., Lerche, P. Anesthesia and Analgesia for Veterinary Technicians. Mosby Elsevier. St. Louis, Missouri. (2011).
  15. Koyama, N., et al. Pluripotency of mesenchymal cells derived from synovial fluid in patients with temporomandibular joint disorder. Life Sciences. 89, (19-20), 741-747 (2011).
  16. Kim, Y. S., et al. Isolation and characterization of human mesenchymal stem cells derived from synovial fluid in patients with osteochondral lesion of the talus. American Journal of Sports Medicine. 43, (2), 399-406 (2015).
  17. Vereb, Z., et al. Immunological properties of synovial fluid-derived mesenchymal stem cell-like cells in rheumatoid arthritis. Annals of the Rheumatic Diseases. 74, (Suppl 1), A64-A65 (2015).
  18. Matsukura, Y., Muneta, T., Tsuji, K., Koga, H., Sekija, I. Mesenchymal stem cells in synovial fluid increase after meniscus injury. Clinical Orthopaedics & Related Research. 472, (5), 1357-1364 (2014).
  19. Morito, T., et al. Synovial fluid-derived mesenchymal stem cells increase after intra-articular ligament injury in humans. Rheumatology. 47, (8), 1137-1143 (2008).
  20. Hegewald, A. A., et al. Hyaluronic acid and autologous synovial fluid induce chondrogenic differentiation of equine mesenchymal stem cells: a preliminary study. Tissue & Cell. 36, (6), 431-438 (2004).
  21. Jones, E. A., et al. Synovial fluid mesenchymal stem cells in health and early osteoarthritis: detection and functional evaluation at the single cell level. Arthritis & Rheumatism. 58, (6), 1731-1740 (2008).
  22. Makker, K., Agarwal, A., Sharma, R. K. Magnetic activated cell sorting (MACS): utility in assisted reproduction. Indian Journal of Experimental Biology. 46, (7), 491-497 (2008).
  23. Schmitz, B., et al. Magnetic activated cell sorting (MACS) — a new immunomagnetic method for megakaryocytic cell isolation: comparison of different separation techniques. European Journal of Haematology. 52, (5), 267-275 (1994).
  24. Reinhardt, M., Bader, A., Giri, S. Devices for stem cell isolation and delivery: current need for drug discovery and cell therapy. Expert Review of Medical Devices. 12, (3), 353-364 (2015).
  25. Gronthos, S., Zannettino, A. C. W. A method to isolate and purify human bone marrow stromal stem cells. Mesenchymal Stem Cells. Prockop, D. J., Bunnell, B. A., Phinney, D. G. Vol. 449 of Methods in Molecular Biology 45-57 (2008).
  26. Krawetz, R. J., et al. Synovial fluid progenitors expressing CD90+ from normal but not osteoarthritic joints undergo chondrogenic differentiation without micro-mass culture. PLOS One. 7, (8), e43616 (2012).
  27. Ogata, Y., et al. Purified human synovium mesenchymal stem cells as a good resource for cartilage regeneration. PLOS One. 10, (6), e0129096 (2015).
  28. Dominici, M., et al. Minimal criteria for defining multipotent mesenchymal stromal cells: the International Society for Cellular Therapy position statement. Cytotherapy. 8, (4), 315-317 (2006).
  29. Gauci, S. J., et al. Modulating chondrocyte hypertrophy in growth plate and osteoarthritic cartilage. Journal of Musculoskeletal & Neuronal Interact. 8, (4), 308 (2008).
  30. Cooke, M. E., et al. Structured three-dimensional co-culture of mesenchymal stem cells with chondrocytes promotes chondrogenic differentiation without hypertrophy. Osteoarthritis and Cartilage. 19, (10), 1210-1218 (2011).
  31. Fischer, J., Dickhut, A., Rickert, M., Richter, W. Human articular chondrocytes secrete parathyroid hormone-related protein and inhibit hypertrophy of mesenchymal stem cells in coculture during chondrogenesis. Arthritis and Rheumatism. 62, (9), 2696-2706 (2010).

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Usage Statistics