Waiting
Login processing...

Trial ends in Request Full Access Tell Your Colleague About Jove
JoVE Journal
Biology

A subscription to JoVE is required to view this content.
You will only be able to see the first 2 minutes.

ブロモデオキシウリジン(BrdU)標識と溶存有機の文化に依存しない識別に対する後続の蛍光活性化細胞選別カーボン分解Bacterioplankton
 
Click here for the English version

ブロモデオキシウリジン(BrdU)標識と溶存有機の文化に依存しない識別に対する後続の蛍光活性化細胞選別カーボン分解Bacterioplankton

Article DOI: 10.3791/2855
September 10th, 2011

Chapters

Summary September 10th, 2011

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the English version.

環境bacterioplanktonは、有機炭素(DOC)化合物とDNA標識試薬、ブロモデオキシウリジン(BrdU)を溶解モデルとインキュベートされています。その後、DOC分解細胞は、蛍光活性化細胞選別(FACS)を使用して自身の昇格BrdUの取り込みに基づいてバルクコミュニティから分離されています。これらの細胞は、その後の分子生物学的解析によって識別されます。

Read Article

Get cutting-edge science videos from JoVE sent straight to your inbox every month.

Waiting X
Simple Hit Counter