一過性脳低酸素性虚血に基づく血栓性脳卒中モデル

Medicine

GE Global Research must subscribe to JoVE's Medicine section to access this content.

Fill out the form below to receive a free trial or learn more about access:

 

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations

Sun, Y. Y., Kuan, C. Y. A Thrombotic Stroke Model Based On Transient Cerebral Hypoxia-ischemia. J. Vis. Exp. (102), e52978, doi:10.3791/52978 (2015).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

脳卒中の研究は、臨床実践に神経保護療法を変換するときに、多くの挫折に耐えてきました。これとは対照的に、現実世界の治療因子(tPAの血栓溶解)はめったに前臨床ストローク研究を支配する機械的閉塞ベースの実験モデルで利益を、生成しません。ベンチとベッドサイドの間のこの分割は、前臨床ストローク研究でのtPA応答モデルを採用する必要性を示唆しています。この目的のために、簡単かつ反応性のtPA血栓性脳卒中モデルを考案し、ここで説明されています。 37.5±0.5℃で、動物の直腸温度を維持しながら、このモデルは、30分間、成体マウスにおいて、フェイスマスクを介して片側の総頸動脈および7.5%酸素の送達の一過性閉塞から成ります。片側頚動脈または低酸素の可逆的連結各のみ一過性脳血流を抑制しているが、両方の損傷の組合せが持続する再灌流障害、フィブリンおよび血小板沈着、および大infarを引き起こし中大脳動脈が提供する地域におけるCT。重要なことには0.5で、組換えtPAの、尾静脈注射、1、または4時間後THI(10mg / kg)は死亡率および梗塞サイズの時間依存的な減少をもたらしました。この新たな脳卒中モデルが単純であり、実験結果を比較するために実験室を横切って標準化することができます。また、頭蓋骨切除術または予め形成された塞栓を導入することなく、血栓症を誘発します。これらのユニークなメリットを考えると、THIモデルは、前臨床ストローク研究のレパートリーに有用な付加です。

Introduction

血栓溶解および再疎通は、臨床診療1急性虚血性脳卒中の最も効果的な治療法です。しかし、前臨床神経保護研究の大部分は、血管閉塞を除去すると脳血流量の急速な回復を生成したtPAの血栓によるない利点のほとんどを示す過渡メカニック閉塞モデル(腔内縫合中大脳動脈閉塞)で行いました。これは、脳卒中モデルの選択は、疑わしい患者2,3に神経保護療法を変換することが困難に、少なくとも部分的に寄与することが示唆されています。したがって、前臨床研究におけるtPAの応答性血栓塞栓性脳卒中モデルを採用したため増加コールがありますが、このようなモデルはまた、技術的な問題(説明を参照)4-7を有しています。ここでは、一方的な一過性低酸素性虚血性(THI)侮辱および静脈内のtPA療法8への応答に基づいて新たな血栓性脳卒中モデルについて説明します。

THIストロークモデルは、1960年9成体ラットを用いた実験のために発明されたLevineの手順(チャンバ内の過渡的低酸素への曝露が続く一方的な総頸動脈の永久結紮)に基づいて開発されました。オリジナルのレバイン手順はあいまいに色あせたため、それが唯一の変数脳の損傷を生じたが、それは1981年10新生児低酸素性虚血性脳症(HIE)のモデルとしてロバート·バンヌッチと彼の同僚によって再導入されたときと同じ侮辱は、げっ歯類の仔で一貫性のある神経病理の原因となった。近年では、いくつかの低酸素室11内の温度を調整することにより、成体マウスの研究者の再適応レヴァイン-バンヌッチモデル。これは、元レヴァインの手順で一貫性のない脳病変は、低酸素室に大人のげっ歯類の体温の変動から生じ得ることがもっともらしいです。この仮説を試験するために、我々は、低酸素ガスを投与することにより、レヴァイン手順を改変しましたフェイスマスクを介して、手術台12の上に、37℃でげっ歯類コア温度を維持します。予想されるように、ストリンジェントな体温調節が大きくHI誘発性脳病変の再現性を増加させました。 HI傷害はまた、凝固、オートファジー、とグレーと白質損傷13をトリガします。他の研究者らはまた、脳卒中後の炎症反応14を調査するためにHIモデルを使用しています。

HIストロークモデルのユニークな特徴、それは密接に血流のうっ滞を含む、血栓形成のウィルヒョウのトライアドに従うことで、内皮損傷( 例えばによるHI-誘導される酸化ストレスに対する)、および凝固亢進(HI誘発性血小板活性化)( 1A)15。このように、HIモデルは、実世界の虚血性脳卒中に関連したいくつかの病態生理学的メカニズムを取り込むことができます。念頭に置いてこの考えでは、我々はさらに、国連の可逆的ライゲーションとHIモデルを洗練しましたilateral総頸動脈(したがって過渡HI傷害を作成する)、およびまたはエダラボンなしのtPA血栓溶解にその応答をテストしました。エダラボンは、すでに発症9の24時間以内の虚血性脳卒中を治療するために、日本で承認され、フリーラジカルスカベンジャーです。我々の実験は、短い30分の過渡HIは、血栓性梗塞をトリガし、その組み合わせのtPA-エダラボン処理が相乗便益8を与えることを示しました。ここでは、詳細な外科的手順および急性虚血性脳卒中の再灌流治療を最適化するために使用することができますTHIモデルの方法論的な考慮事項について説明します。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

このプロトコルは、エモリー大学の施設内動物管理使用委員会(IACUC)によって承認され、ケアと実験動物の使用のための健康ガイドラインの国立研究所に追従されます。

1.セットアップ

  1. 手術の前に少なくとも15分間、37℃で熱ポンプに接続された温暖化のパッドの上に手術台を準備します。手術台の上に3ミリリットルの注射器のバレルを使用して、首のロールを配置します。医療空気中2%イソフルランで麻酔ガスを準備します。
  2. オートクレーブした鉗子、はさみ、マイクロニードルホルダー、止血剤、綿棒や縫合糸を準備します。組織接着剤や眼軟膏を準備します。
  3. 加熱ランプおよび直腸プローブと低酸素システムと温度コントローラを設定します。 92.5%N 2でバランス7.5%のO 2中の2%イソフルランで低酸素ガスを準備します。
  4. 一時間手術前に、マウスを徐放メロキシカム(4.0ミリグラム/ kg)を皮下注射することによりanalgesizedされています。
<Pクラス= "jove_title"> 2。一過性脳低酸素虚血(図1B)

  1. 動物が足のスクイズに応答しなくなるまで、3%イソフルランで麻酔導入室で22〜30グラムの重さの10〜13週齢の雄のC57BL / 6マウスを麻酔し、その後電子シェーバーを使用して、右の首の毛を削除します。
  2. 2 L / minの流量で医療空気中の2%イソフルランで接続された手術台の上にマウスを置きます。セキュア前肢は、医療テープを使用して、両側にネックロールに沿って伸ばし。
  3. アルコール、その後綿棒続いベタジンで切開するための外科手術部位を清掃してください。
  4. 解剖顕微鏡下で、まっすぐ鉗子と約0.2センチ正中皮膚からの横方向のマイクロはさみを使用して0.5センチメートル右頸部切開を行います。
  5. 右総頸動脈(RCCA)を露出させるために筋膜と組織を引き離すために微細な鋸歯状の鉗子のペアを使用してください。慎重に細かいなめらかなピンセットを使用して、迷走神経からRCCAを分離します。
  6. ライブRCCA上の2つのプレカット5-0絹縫合糸(解除可能)を結び目、その後、4-0ナイロンモノフィラメント縫合糸( 図1C)を用いて皮膚を縫い合わせます。
  7. 乾燥を防ぐために、両眼に眼軟膏を適用します。
  8. 素早く低酸素システムにマウスを転送し、30分間、0.5 L /分の流速で7.5%のO 2中の2%イソフルランでフェイスマスクで鼻と口を置きます。
    1. 低酸素時には、37.5±0.5℃の直腸温度を制御する加熱ランプと温度コントローラを使用しています。 80〜120呼吸/分で呼吸速度を監視します。低酸素時に37℃以上の体温を維持することは、一貫性の脳梗塞を作成することが重要です。低呼吸数は、通常20分の低酸素症の後に発生します。フェイスマスクを外し、呼吸数は40に下回る場合、これは1〜2分を取り、30分間の低酸素症の期間にカウントされません通常の空気の供給を可能にします。
  9. 低酸素症の後、転送手術台のマウスとはRCCAから2本の縫合糸を解放します。組織接着剤を使用して傷を閉じて、ケージにマウスを返します。 2つのライブノットの両方が予期せず、低酸素後にリリースされた場合、動物を除外します。
  10. 低酸素および麻酔から回復するために5〜10分間マウスを監視します。ケージに濡れた食品を置き、動物飼育施設に戻します。
    注:THI後24時間で重度の旋回動作に軽度を示す動物は脳梗塞と相関しています。発作症状を持つほとんどの動物は、Th1 24時間後の時点前に死亡します。

3.レーザースペックルコントラストイメージング

注意:これはTHIモデルの本質的な手順ではないが、二次元のレーザースペックルコントラスト画像化システム16は、中または一時低酸素性虚血後の脳の血流(CBF)の変化を特徴づけるために使用することができます。 STの直後に、THIで、レコードをCB​​Fの変化を文書化することEP 2.6。あるいは、THI傷害後のCBFの回復を比較するために、これらの手順は、ステップ2.10以下を行うことができます。

  1. 腹臥位で麻酔したマウスを置き、頭蓋骨露出したが、未開封で、頭皮に約1cm長の正中切開を行います。
  2. 製造業者のプロトコルに従って、血流画像化装置の下で両方の大脳半球にCBFを監視し、CCAO手術(ステップ2.6)の直後に脳血流の記録を開始。 50分間続けます。
  3. 16色のパレットで任意の単位でCBF画像を表示して、製造業者の指示( 図2)は、次のMoorFLPIソフトウェアを使用してリアルタイムで選択した領域を分析します。
  4. CBF画像を記録した後、組織接着剤で頭皮を閉じて、ケージに動物を返します。

4. tPAの管理

  1. 220〜300(溶媒または10mg / kgの組換えtPAを尾静脈で動物を注入&#956; 1ミリグラム/ M TPA)のL 0.5、1、またはtCCAoプラス低酸素症後4時間で( 図4)。

いくつかの異なるオプションで5脳の損傷検出

注:THI後、脳試料を採取1でマウスを安楽死させる、4または24時間にします。

  1. in vivoでの塩化2,3,5-トリフェニルテトラゾリウム(TTC)が記載以前のようなTHI傷害後24時間目の方法で梗塞体積の定量化を行う。17
    1. 腹腔内transcardial灌流前に1.4 Mマンニトール溶液(〜0.1ミリリットル/ g体重)を30分で動物を注入します。 PBSでTranscardial散らすマウスを2%TTCを10mlました。
    2. 10分後に手術器具を用いた動物の脳を削除し、ビブラトームで、1mmの厚さに一晩固定し、セクションの4%パラホルムアルデヒド中に配置します。
    3. デジタル顕微鏡および定量によって4区分脳のスライドの一連のスナップImageJソフトウェアを使用して、損傷していない、反対側の半球の面積に対する梗塞領域(右側の白い部分)の割合としての梗塞体積をIFY。
  2. あるいは、THI傷害後の1時間後に免疫蛍光法により血栓形成を行います。
    1. OCT化合物および部分クライオスタットを用いて、12μmの厚さで脳内の固定脳をフリーズします。
    2. 蛍光顕微鏡で蛍光を観察するために:(200 1)ヤギ抗ウサギアレクサFluro 488色素により以下:(100 1)ウサギ抗フィブリノゲン抗体を用いた脳のスライドをインキュベートします。
  3. あるいは、THI傷害の後4時間で100μlの2%エバンスブルー色素の尾静脈注射により血管閉塞を行います。
    1. マウスを安楽死させるとすぐにエバンスブルー注射後、4%パラホルムアルデヒド中に脳を除去するために頭を切りました。注:これは、両方の前足の青色とエバンスブルー循環のための5-10分を取り、後肢。
    2. Secti100ミクロンの厚さで固定された脳にスライディングミクロトームを用いて、蛍光顕微鏡で680 nmの発光フィルターを用いて蛍光を観察します。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

二次元レーザスペックルコントラストイメージング(LSCI)16は、30分の過渡片側頚動脈閉塞(tCCAO)、低酸素状態に30分間露光(7.5%酸素)、および30分片側によって脳血流(CBF)の変化を比較しました低酸素症(THI)の下で連結を頸動脈。この実験は、tCCAOが通常酸素下で迅速に頸動脈閉塞( 図2AのR)のリリース後85%以上に回復し、ベースライン値の〜50%に頸動脈結紮した半球のCBFを抑制することが明らかになりました。単独の全身低酸素への曝露は、一過正常酸素雰囲気( 図2B)に戻った後〜130%にリバウンドベースライン値の約75%にCBFを減少させました。迅速めったに頸動ligatioのリリース後20分で30%以上に回復していない10分、周りにベースライン値の20%未満に、同側半球にCBF低下し、低酸素下でのコントラスト頸動脈結紮(THI)でn及び酸素正常状態に復帰します。対側半球(L)のCBFは、しかし、低酸素症の間に20〜50%の間で変動し、かつ迅速にTHI傷害( 図2C)の後に80%以上に戻りました。

24 tCCAo後の時間(30分)またはtCCAOプラス30分間の低酸素症(THI)で、 インビボ TTC染色梗塞17を検出しました。この分析は、Th1侮辱( 図3A)は、次の中大脳動脈が提供する地域にはtCCAO傷害による明らかな損傷はなく、かなりの梗塞を示さありませんでした。抗フィブリン(フィブリノーゲン)免疫染色は、1時間の回復でtCCAO-とTHI-負傷の脳を比較するために使用され、フィブリン(フィブリノーゲン)の広範囲の堆積を示し、血栓症の指標を、THI-負傷ではなく、マウスをtCCAOチャレンジされませんでした脳( 図3B、C)。エバンスブルー色素の尾静脈注射はまた、4時間の回復でtCCAO-とTHI損傷脳の血管灌流を比較しました。この分析は、減少を示しました脳灌流とTHI-負傷中のエバンスブルー色素の強烈な血管外漏出を編ではなく、tCCAOチャレンジマウスの脳( 図3D、E)。

最後に、車両の尾静脈注射を受けたマウスでTHI傷害の成果または組換えヒトtPAを(アクチバーゼ、10mg / kgの、0.5で、1、または4時間後THI)(0.5時間の回復で) 使用して比較しました24時間の回復( 図4A)でTTC染色体内 。ビヒクル処置マウスでは、24時間後THIで死亡率は23.8%だったが、1 21 THI-損傷マウスの平均と2 SD(外れ値)を超えていました。 0.5時間の回復でのtPA治療を受けたマウスにおける24時間の死亡率は8.3%に低下したが、tPAのがTHI傷害( 図4B)の後に1または4時間後に投与したとき、この効果は消失した。 図4Cは、すべての梗塞サイズをプロット4つの処置群のマウスを生き延びました。ノートの、0.5および1時間のtPA投与sの両方ignificantlyビヒクル処置と比較して梗塞サイズを減少させました。 0.5時間のtPA治療群も、4時間のtPA治療群より有意に減少し、梗塞サイズを示した。 図4Dは、各処置後の代表的なTTC染色の結果を示しました。

図1
図1:成体マウスにおける一過性脳低酸素虚血(THI)傷害の手順(A)ウィルヒョウのトライアド血栓症を推進血液の流れ、内皮損傷、および凝固能亢進のうっ滞が含まれています。 (B)THIストローク手順の概略図。マウスの直腸温を37-38℃に維持しながら、二つの解放可能な結び目は、右総頸動脈(CCA)に結び付けられ、そして30分間、ノーズコーンを介して、7.5%の酸素を送達することによって追跡しました。トランスの後ient全身低酸素症、CCA連結を解除可能な縫合糸の結び目の一端を引き出してリリースされました。 MCA、中大脳動脈。 ICA、内頸動脈、 ECA、外頸動脈、 CCA、総頸動脈。 (C)一過右CCA閉塞に対する外科的手順。 1つプレカット縫合糸(#1及び#2)は、単離された右CAA下に置きました。 2.2つの解放可能な結び目を作製しました。 3.切開線は、縫合糸#3によって閉鎖されました。縫合糸#1、#2の端部が切開線の外側親しみたことを確認します。 4.慎重に、CCAを解放するために、外部からの縫合糸#1、#2を引き出します。静かに行った場合、この手順は、CCAの裂傷を引き起こすことはありません。

図2
図2:THI傷害の間および後の脳血流の変化の分析 、二次元レーザスペックルコントラストイメージング(LS。CI)システムは、脳血流(CBF)を評価するために使用しました。 R(右)頸動脈結紮半球を示します。 L(左)は対側半球です。 (A)tCCAOは通常酸素下で抑制CBFへ〜頸動脈結紮の解放時に3分以内に85%以上に回復し、少なくとも30分間、頸動脈結紮半球(R)、ベースライン値の50%。頸動脈結紮せずに低酸素状態(7.5%酸素、30分)で(B)は 、CBFは、ベースライン値の76%に減少し、一過性酸素正常状態に戻った後の周りの130%に回復しました。低酸素下での一過性頸動脈結紮で(C)(THI、30分)、CBF頸動脈結紮オン(R)半球を迅速にベースライン値の20%未満に低下し、そしてそれはほとんどのリリース時に、30%以上に回復していませんライゲーションおよび正常酸素状態に戻っ頸動脈。これとは対照的に、CBFは反対側(L)半球に低酸素の間に20〜50%の間で変動し、すぐにベースラインの> 80%に戻します頸動脈結紮解除後の値と酸素正常状態に復帰します。各グループにおけるn> 4のための代表的なCBFの追跡が示されます。代表LSCIの写真の時点は、代表トレースの灰色の線でマークされていました。

図3
図3:脳梗塞、THI傷害後の自発的な血栓症および血管閉塞(A) インビボ TTC染色は、30分の過渡右総頸動脈(tCCAO)の連結が、添加後の24時間で目に見える梗塞を示さありませんでしたtCCAOに30分の低酸素状態(7.5%酸素)は、主に中大脳動脈供給領域に、同側半球(アスタリスク)でかなりの梗塞を生じました。 THI傷害の1時間後に免疫染色(B、C)抗フィブリン(フィブリノーゲン)がで広範囲の預金を示しました同側半球。これとは対照的に、(それぞれのn> 4)tCCAo(30分)の傷害後1時間で何のフィブリン(フィブリノーゲン)の堆積物はありませんでした。 (D、E)は、脳灌流tCCAO(30分)またはTHI(30分)傷害後4時間でのエバンスブルー色素の尾静脈注射することによって評価しました。ポストtCCAO脳では、エバンスブルー色素は、同側半球の血管のほとんどを満たしました。対照的に、後のTHIの脳において、エバンスブルー色素は、より少ない血管を充填し、実質にリークされた(N> 3)。スケールバー:250ミクロン。

図4
図4:THI脳卒中モデルでのtPA血栓溶解の効果の実験(A)の概要0.5、1、またはTHI傷害後4時間で静脈内tPAの投与(10mg / kg)の効果を比較します手術動物の数(B)まとめ、MO傷害後24時間でrtality、外れ値(平均値±2 SD外側梗塞サイズ)、および動物の数は、梗塞の大きさの比較のために含まれています。 (C)定量化は、グループ(図示は、各群の平均およびSEMである)(20%)は、車両群では平均32%の梗塞体積および0.5時間(16%)における梗塞の有意な減少と1時間を示しました。 p値は、t-検定によって決定されます。 (D)THIの侮辱によって挑戦し、損傷後の示された時点でのtPA治療を受けた動物からの代表的なTTC染色脳。 TTC染色では、生きた組織は赤色を示しました。梗塞組織は淡いました。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

脳卒中は、人口の高齢化との任意の社会の高まる重要性の主要な健康問題です。世界的には、ストロークが全死亡18の11.1%に相当する2010年の推定590万致命的なイベント、との死因の第2位です。脳卒中は障害調整生存年数(DALYs)の第三の主要な原因は、1990年19で5位から上昇し、2010年に世界的に失われたもである。これらの疫学データは、急性のより有効な治療法(虚血性)脳卒中の必要性を強調しています。しかし、前臨床神経保護治療に熱心な研究にもかかわらず、のtPA血栓溶解は、動物実験で多数回有望な神経保護剤は、臨床試験で失敗したが、米国では食品医薬品局によって承認された急性虚血性脳卒中の唯一の特定の治療法のままです。患者に神経保護療法を翻訳の難しさは、多くの要因があり、現在の重点は、良好な実験室のpractiにありCE、複数のデータセットのメタ分析、および前臨床ストローク研究20,21を改善するための国際協力。しかし、翻訳難易度が日付2,3に前臨床脳卒中の研究の大部分で機械的な血管閉塞モデルのお粗末な選択( 例えば、腔内縫合MCA閉塞)によるものであることを示唆している少数意見があります。機械的な血管閉塞モデルはほとんど血栓症を誘発しないと、脳の再灌流は、機械的閉塞の解放時にあまりにも速く行われるため、これらのモデルはいずれも、実ワード療法因子(tPAの線維素溶解)に応答することも、脳卒中患者のものと狭い治療ウィンドウを提供します。その結果、提案した救済策は、少なくとも、前臨床ストローク研究3における血栓塞栓性脳卒中モデルを含む、強調することです。

この推奨事項は、しかし、その制約を持っているので、tの現在の血栓塞栓性脳卒中モデル(外因性塞栓配信、MCA注入hrombin、および光血栓)はすべて、特定の技術的な欠点を持っている4。外因性塞栓モデル、梗塞サイズと位置の大幅な変動性の塞栓の結果、ならびにによる血餅準備4,5の違いのtPAの血栓溶解に予測不可能な応答の血管内注入のため。 MCAのブランチにトロンビンの直接注入は、頭蓋骨切除術を必要とし、血栓溶解療法を最適化するためのユーティリティが4,6であることが証明されるようにまだあります。化学的に感光色素( 例えば、ローズベンガルやエリスロシンB)の全身注射に基づいて、血栓塞栓症を開始し、露出した頭蓋骨を介して、照射は、多くの場合、血栓溶解4,7に反応しない血小板のみの凝集体を生成します。まとめると、前臨床脳卒中研究のための簡単​​で、tPAの応答性血栓塞栓症のモデルの必要性があります。

THIのパラダイムは、血栓塞栓性脳卒中モデルとして4つの固有の利点を有しています。まず、THIの侮辱を振るっ内因性の構成要素は、外因性の化学物質または予め形成された塞栓の助けを借りずにその場での血栓形成しました。このように、THIモデルにおける血栓形成は、生理学的条件に、より関連性の高いです。第二に、THIモデル(0.5および1時間後に傷害で)急速のtPA治療にではなく、(4時間目)、遅延治療に有利な応答します。この治療ウインドウは、脳卒中患者において観察されたものと同様です。したがって、THIモデルは、急性虚血性脳卒中における再灌流治療を改善することを目的とした研究のために利用することができます。腔内縫合MCA閉塞モデルと比較すると第三に、THIモデルにおける外科的処置は、単純明快です。 THIモデルにおける低酸素状態の持続時間も制御可能です。これらの属性は、異なる研究室間での手続きの変化にTHIモデルは影響を受けにくくなります。最後に、THIモデルがある、血栓溶解療法後の大規模な動脈の再疎通にもかかわらず、不完全な再灌流のメカニズムへの洞察を当てることができます心虚血1,22に比べ、脳卒中治療におけるユニークな挑戦。したがって、THIモデルは止血23の脳血管床固有の調節不全のメカニズムを研究するためのユニークなシステムを提供します。

すべての実験的脳損傷のモデルには限界があり、THIモデルも例外ではありません。 THIストロークモデルの3つの主要な技術的な制約は、実験で確認されています。まず、侮辱、脳に限定されている他のストロークモデルとは異なり、低酸素症と頸動脈閉塞の組み合わせは、末梢血管拡張および心拍出量の12のための大きな需要につながります。 THI傷害に対するマウス変異または神経保護剤の効果を比較した場合このように、心血管機能への影響も慎重に比較されなければなりません。第二に、我々は、異なるマウス近交系は、事後COMMUNの不均一な開存性が原因である可能性がありTHIモデル、可変応答を持っていることがわかりましたicating動脈24、異なる心機能、またはその両方の組み合わせ。したがって、それは2つの実験群間で性別、年齢、体重、及びマウス系統は、神経保護の研究に匹敵することが推奨されます。最後に、THIストロークを軽く麻酔条件下で低酸素ガス中で息をする動物に依存しています。脳卒中アウトカムに対する麻酔の影響を最小限に抑えると動物の一貫性が維持される必要があります。それにもかかわらず、限り研究者は、これらの技術的な詳細の警戒であり、動物に動物からの変数を減らすよう、THI脳卒中モデルはすぐに脳梗塞の高い整合性を得るために確立することができます。

要約すると、THIは、臨床的に関連する時間窓内で、現実世界の治療因子(tPAの血栓溶解)に有利に応答する、シンプルで標準化された脳卒中モデルです。この新しいモデルは、前臨床脳卒中の研究に貴重な追加された、急性虚血性で血栓溶解療法を改善するのを助けることができますストローク。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Materials

Name Company Catalog Number Comments
adult male mice Charles River C57BL/6  10-13 weeks old (22-30 g)
Mobile Laboratory Animal Anesthesia System VetEquip 901807 anesthesia
Medical air (Compressed) air tank Airgas UN1002 anesthesia
Isoflurane Piramal Healthcare NDC 66794-013-25 anesthesia
Multi-Station Lab Animal AnesthesiaSystem Surgivet V703501 hypoxia system
7.5% O2 balanced by 92.5% N2 tank Airgas UN1956 hypoxia system
Temperature Controller with heating lamp  Cole Parmer  EW-89000-10 temperature controllers
Rectal probe Cole Parmer  NCI-00141PG temperature controllers
Dissecting microscope  Olympus  SZ40 surgical setup
Heat pump with warming pad Gaymar  TP700 surgical setup
Fine curved forceps (serrated) FST 11370-31 surgical instrument
Fine curved forceps (smooth) FST 11373-12 surgical instrument
micro scissors FST 15000-03 surgical instrument
micro needle holders FST 12060-01 surgical instrument
Halsted-Mosquito hemostats FST 13008-12 surgical instrument
5-0 silk suture  Harvard Apparatus 624143 surgical supplies
4-0 Nylon monofilament suture LOOK 766B surgical supplies
Tissue glue Abbott Laboratories NC9855218 surgical supplies
Puralube Vet ointment Fisher NC0138063  eye dryness prevention 
MoorFLPI-2 blood flow imager Moor 780-nm laser source Laser Speckle Contrast Imaging
Mannitol Sigma M4125 in vivo TTC
2,3,5-triphenyltetrazolium chloride (TTC)  Sigma T8877 in vivo TTC
Vibratome Stoelting 51425 brain section for in vivo TTC 
Digital microscope Dino-Lite AM2111 whole-brain imaging
O.C.T compound Sakura Finetek 4583
goat anti-rabbit Alexa Fluro 488 Invitrogen A11008 Immunohistochemistry
Cryostat Vibratome ultrapro 5000 brain section for IHC
Evans blue Sigma E2129 Detecting vascular perfusion
Microtome Electron Microscopy Sciences 5000 brain section for histology
Avertin (2, 2, 2-Tribromoethanol) Sigma T48402 euthanasia
Fluorescent microscope Olympus DP73
Meloxicam SR ZooPharm NSAID analgesia

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Broderick, J. P., Hacke, W. Treatment of acute ischemic stroke: Part I: recanalization strategies. Circulation. 106, (12), 1563-1569 (2002).
  2. Hossmann, K. A. Pathophysiological basis of translational stroke research. Folia Neuropathol. 47, (3), 213-227 (2009).
  3. Hossmann, K. A. The two pathophysiologies of focal brain ischemia: implications for translational stroke research. J. Cereb. Blood Flow Metab. 32, (7), 1310-1316 (2012).
  4. Macrae, I. M. Preclinical stroke research--advantages and disadvantages of the most common rodent models of focal ischaemia. Br. J. Pharmacol. 164, (4), 1062-1078 (2011).
  5. Niessen, F., Hilger, T., Hoehn, M., Hossmann, K. A. Differences in clot preparation determine outcome of recombinant tissue plasminogen activator treatment in experimental thromboembolic stroke. Stroke. 34, (8), 2019-2024 (2003).
  6. Orset, C., et al. Mouse model of in situ thromboembolic stroke and reperfusion. Stroke. 38, (10), 2771-2778 (2007).
  7. Watson, B. D., Dietrich, W. D., Prado, R., Ginsberg, M. D. Argon laser-induced arterial photothrombosis. Characterization and possible application to therapy of arteriovenous malformations. J. Neurosurgery. 66, (5), 748-754 (1987).
  8. Sun, Y. Y., et al. Synergy of combined tPA-edaravone therapy in experimental thrombotic stroke. PLoS One. 9, e98807 (2014).
  9. Levine, S. Anoxic-ischemic encephalopathy in rats. Am. J. Pathol. 36, 1-17 (1960).
  10. Rice, J. E. 3rd, Vannucci, R. C., Brierley, J. B. The influence of immaturity on hypoxic-ischemic brain damage in the rat. Annals Neurol. 9, (2), 131-141 (1981).
  11. Vannucci, S. J., et al. Experimental stroke in the female diabetic, db/db, mouse. J. Cereb. Blood Flow Metab. 21, (2), 52-60 (2001).
  12. Adhami, F., et al. Cerebral ischemia-hypoxia induces intravascular coagulation and autophagy. Am. J. Pathol. 169, (2), 566-583 (2006).
  13. Shereen, A., et al. Ex vivo diffusion tensor imaging and neuropathological correlation in a murine model of hypoxia-ischemia-induced thrombotic stroke. J. Cereb. Blood Flow Metab. 31, (4), 1155-1169 (2011).
  14. Michaud, J. P., Pimentel-Coelho, P. M., Tremblay, Y., Rivest, S. The impact of Ly6C low monocytes after cerebral hypoxia-ischemia in adult mice. J. Cereb. Blood Flow Metab. 34, (7), e1-e9 (2014).
  15. Zoppo, G. J. Virchow's triad: the vascular basis of cerebral injury. Rev. Neurol. Dis. 5, 12-21 (2008).
  16. Dunn, A. K. Laser speckle contrast imaging of cerebral blood flow. Annals Biomed. Eng. 40, (2), 367-377 (2012).
  17. Sun, Y. Y., Yang, D., Kuan, C. Y. Mannitol-facilitated perfusion staining with 2,3,5-triphenyltetrazolium chloride (TTC) for detection of experimental cerebral infarction and biochemical analysis. J. Neurosci. Methods. 203, (1), 122-129 (2012).
  18. Lozano, R., et al. Global and regional mortality from 235 causes of death for 20 age groups in 1990 and 2010: a systematic analysis for the Global Burden of Disease Study. Lancet. 380, (9859), 2095-2128 (2010).
  19. Murray, C. J., et al. Disability-adjusted life years (DALYs) for 291 diseases and injuries in 21 regions, 1990-2010: a systematic analysis for the Global Burden of Disease Study. Lancet. 380, (9859), 2197-2223 (2012).
  20. Dirnagl, U., Macleod, M. R. Stroke research at a road block: the streets from adversity should be paved with meta-analysis and good laboratory practice. Br. J. Pharm. 157, (7), 1154-1156 (2009).
  21. Dirnagl, U., et al. A concerted appeal for international cooperation in preclinical stroke research. Stroke. 44, (6), 1754-1760 (2013).
  22. Khatri, P., et al. Revascularization end points in stroke interventional trials: recanalization versus reperfusion in IMS-I. Stroke. 36, (11), 2400-2403 (2005).
  23. Rosenberg, R. D., Aird, W. C. Vascular-bed--specific hemostasis and hypercoagulable states. New Eng. J. Med. 340, (20), 1555-1564 (1999).
  24. Majid, A., et al. Differences in vulnerability to permanent focal cerebral ischemia among 3 common mouse strains. Stroke. 31, (11), 2707-2714 (2000).

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Usage Statistics